レバークーゼンがシュミット監督を解任…今季は9位と低迷2017.03.05 23:19 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レバークーゼンは5日、ロジャー・シュミット監督(49)の解任を発表した。後任は現時点では未定とのこと。

▽シュミット監督はパーダーボルンやザルツブルクで指揮を執り、2014年7月にレバークーゼンの指揮官に就任。就任1年目はブンデスリーガで4位となると、昨シーズンは3位と躍進していた。ブンデスリーガでは通算43勝18分け26敗を記録。チャンピオンズリーグでは通算7勝8分け6敗を記録した。

▽今シーズンはここまで苦戦が続き、23節終了時点で勝ち点30の9位に位置。4日に行われたドルトムント戦では、6-2と大敗を喫していた。

▽レバークーゼンの代表を務めるミヒャエル・シャーデ氏は「痛みを伴うが、我々は非常に細かく分析を行った結果、チームの発展と目標達成を考え、解任することを決断した」とコメントした。

▽また、スポーツディレクターのルディ・フェラー氏は「ロジャー・シュミットは絶対的なトップのトレーナだと思っている。信念を持って、彼を起用してきた。しかし、我々は完全に目標を失うわけには行かなかったため、すぐに行動に移らなければいけなかった」とコメント。苦渋の決断であったことを明かした。

コメント

関連ニュース

thumb

主力温存バイエルン、10人のレバークーゼンからゴールを奪えず《ブンデスリーガ》

▽バイエルンは15日、ブンデスリーガ第29節でレバークーゼンとのアウェイ戦に臨み、0-0で引き分けた。 ▽前節ドルトムント戦を攻撃陣揃い踏みで4-1と快勝して勝利を取り戻した首位バイエルン(勝ち点68)は、3日前に行われたチャンピオンズリーグ(CL)のレアル・マドリー戦をビダルのPK失敗とハビ・マルティネスの退場などで1-2と痛恨の逆転負けを喫した。そのレアル・マドリー戦のスタメンから5選手を変更。ロッベンやリベリ、ラームにシャビ・アロンソ、J・ボアテングらに代えて控え選手を起用した。 ▽コルクト監督就任後も復調できない12位レバークーゼン(勝ち点35)に対し、2列目に右からコマン、チアゴ、ドグラス・コスタと配す[4-2-3-1]で臨んだバイエルンが敵陣でボールを保持していく。 ▽そんな中、14分にカンプルのミドルシュートがGKノイアーを強襲するも、19分にボックス左のベルナトがGKレノを強襲するシュートを浴びせて応戦。 ▽前半半ば以降も一方的に押し込むと、37分には右クロスにゴール至近距離のコマンが合わせる決定機を演出。しかし、GKレノのビッグセーブに阻まれる。 ▽後半も押し込むバイエルンは59分、ディフェンスライン背後を突いたミュラーがイェドバイに倒されて2枚目のイエローカードを誘発させ、数的優位となった。 ▽数的優位となったバイエルンはドグラス・コスタに代えてロッベンを投入。レバークーゼンに圧力をかけていくと、85分にはミュラーの右クロスにニアのラームがシュート。しかし、わずかに枠の左に外して0-0のままタイムアップ。勝ち点1獲得に留まり、2位ライプツィヒとの勝ち点差が8ポイントに縮まっている。 2017.04.16 03:44 Sun
twitterfacebook
thumb

10人のライプツィヒが終了間際のY・ポウルセン弾で3連勝! 2位を堅守《ブンデスリーガ》

▽ライプツィヒは8日、ブンデスリーガ第28節でレバークーゼンをホームに迎え、1-0で辛勝した。 ▽前節マインツ戦を3-2と勝利して2連勝とした2位ライプツィヒ(勝ち点55)が、前節ダルムシュタット戦でコルクト監督就任後4試合目にして初勝利を挙げた10位レバークーゼン(勝ち点35)をホームに迎えた一戦。 ▽2トップにヴェルナーとバーク、中盤右にサビツァー、左にフォルスベリを配す[4-4-2]で臨んだライプツィヒが立ち上がりから攻勢に出ていく。すると開始3分に右クロスに合わせたサビツァーのシュートが枠を捉えたが、GKレノの好守に阻まれた。続く10分にはフォルスベリのスルーパスから再びサビツァーがボックス右からGKを強襲するシュートを浴びせ、ライプツィヒが圧力をかけていく。 ▽しかし、序盤を過ぎると徐々にレバークーゼンに盛り返され、試合は一進一退の攻防にもつれ込んでいく。とりわけベララビのスピードに苦戦し、40分にはそのベララビに際どいシュートを打たれるが枠を外れ、ゴールレスで前半を終えた。 ▽迎えた後半から負傷の影響かベララビに代えてベイリーを投入してきたレバークーゼンに対し、ライプツィヒは開始3分にボックス右へ抜け出したヴェルナーが決定的なシュートを放つも、わずかに枠の左へ外れる。 ▽しかし、レバークーゼンの圧力が強まった後半は押し込まれる状況が続き、ヴェルナーのスピードで牽制する以外に攻め手のない状況が続いた。 ▽劣勢のライプツィヒは73分にY・ポウルセンを投入した後は攻勢に転じていたが、88分にオルバンが2枚目のイエローカードを受け、退場となってしまう。引き分けでもやむなしと判断したハッセンヒュッテル監督は、ヴェルナーに代えてセンターバックのウパメカーノを投入。 ▽しかし、試合終了間際の追加タイム3分、フォルスベリがボックス右へ抜け出して折り返すと、ファーサイドのY・ポウルセンがスライディングシュートで押し込み、ライプツィヒが劇的勝利。3連勝で2位の座を堅守している。 2017.04.09 00:51 Sun
twitterfacebook
thumb

モウリーニョ、チチャに未練タラタラ? 「私なら売らなかった」発言に続き絶賛

▽マンチェスター・ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が、得点力不足に悩めるチーム状況に触れ、かつて同クラブでプレーしていたレバークーゼンのメキシコ代表FWハビエル・エルナンデスを絶賛した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽エルナンデスは2010年夏、才能を評価していたアレックス・ファーガソン元監督率いるユナイテッドと契約。ユナイテッドで公式戦通算158試合59ゴール20アシストを記録したが、レギュラー定着に至らず、レアル・マドリーからレンタル復帰後にレバークーゼンへと活躍の場を移した。 ▽先日、「私なら売らなかった」選手としてMFアンヘル・ディ・マリア、FWダニー・ウェルベックとともにエルナンデスの名前を挙げたモウリーニョ監督。来シーズンのストライカー人事について次のようにコメントしたという。 「我々には、ゴールと恋に落ちていない選手が何人かいる。彼らは良い選手だし、クリエイティブでチャンスを作り出すこともできる。しかし、キラーではない」 「例を挙げよう。我々はオールド・トラフォードでプレーするとき、相手のボックス内で相手を支配する。チチャリートだったら簡単に(シーズン)20点は決めているだろう。残り10分、20分の途中出場だったとしてもね」 2017.04.08 11:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ブラント父、バイエルン加入報道を完全否定! リバプールなどプレミア勢に朗報!

▽レバークーゼンに所属するドイツ代表MFユリアン・ブラント(20)の父親が、先日にドイツ『ビルト』が報じたバイエルン加入報道を完全否定した。ドイツ『キッカー』が伝えている。 ▽先日に『ビルト』は、2019年までレバークーゼンと契約を残すブラントの獲得を望むバイエルンが、1250万ユーロ(約14億8000万円)に設定されている契約解除金の倍額以上となる3000万ユーロ(約35億6000万円)で獲得することで合意に至ったと報道していた。 ▽だが、ブラントの代理人も務める父親は『キッカー』の取材に対して、「ユリアンがバイエルン移籍で合意したというニュースは全くの嘘だ。現時点で彼がそうする理由はどこにもない」と、『ビルト』の報道を完全に否定した。 ▽その一方で、同氏は「ユリアンはこの夏にレバークーゼンと将来に向けた話し合いを行う予定だ。また、彼に関してバイエルンを始め、幾つかのクラブから問い合わせが来ていることは事実だ。しかし、具体的な話はないし、彼は(バイエルンCEOの)ルンメニゲや(バイエルンSDの)レシュケ、アンチェロッティなど、いかなる幹部とも話していない」と、ブラントが今夏自身の去就に関して何らかの決定を行うことを示唆している。 ▽ブラント父の今回の発言は、今夏の獲得を狙うリバプールやトッテナムなど、プレミア勢にとって、朗報となったようだ。 2017.04.04 04:06 Tue
twitterfacebook
thumb

ドイツ代表MFブラントがバイエルン入りと独紙…契約解除金の倍額以上を支払いか

バイエルンがレバークーゼンに所属するドイツ代表MFユリアン・ブラントを獲得することで、合意に至ったとドイツ紙『ビルト』が報じている。<br><br>ブラントは5月で21歳となるドイツ期待のウインガーだ。バイエルンは、2014年からレバークーゼンでプレーする同選手を長く追い、ついに交渉をまとめたと伝えられる。<br><br>ブラントは2019年でレバークーゼンとの契約が満了し、契約解除金は1250万ユーロ(約14億8000万円)に設定されていると報じられていた。しかし、バイエルンはその倍額以上となる3000万ユーロ(約35億6000万円)を支払うことでレバークーゼンを納得させたとみられる。なお、今夏に加入するのか、2018年の夏に加わるのかは明らかになっていない。<br><br>一方で、バイエルン側にも不可解な点はある。ウィンガーがスカッドに対して多すぎるからだ。アリエン・ロッベン、フランク・リベリの後釜としてはすでにドグラス・コスタ、キングスレー・コマンが在籍し、ブラントは5人目のサイドアタッカーとなる可能性がある。<br><br>すでにバイエルンは、今夏にホッフェンハイムからニクラス・ズーレ、セバスティアン・ルディが加入することが決まっており、ブラントの獲得も決まれば、一度にドイツ代表選手が3人加わることとなる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.01 22:57 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース