超ワールドサッカー

レバークーゼンがシュミット監督を解任…今季は9位と低迷2017.03.05 23:19 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レバークーゼンは5日、ロジャー・シュミット監督(49)の解任を発表した。後任は現時点では未定とのこと。

▽シュミット監督はパーダーボルンやザルツブルクで指揮を執り、2014年7月にレバークーゼンの指揮官に就任。就任1年目はブンデスリーガで4位となると、昨シーズンは3位と躍進していた。ブンデスリーガでは通算43勝18分け26敗を記録。チャンピオンズリーグでは通算7勝8分け6敗を記録した。

▽今シーズンはここまで苦戦が続き、23節終了時点で勝ち点30の9位に位置。4日に行われたドルトムント戦では、6-2と大敗を喫していた。

▽レバークーゼンの代表を務めるミヒャエル・シャーデ氏は「痛みを伴うが、我々は非常に細かく分析を行った結果、チームの発展と目標達成を考え、解任することを決断した」とコメントした。

▽また、スポーツディレクターのルディ・フェラー氏は「ロジャー・シュミットは絶対的なトップのトレーナだと思っている。信念を持って、彼を起用してきた。しかし、我々は完全に目標を失うわけには行かなかったため、すぐに行動に移らなければいけなかった」とコメント。苦渋の決断であったことを明かした。

コメント

関連ニュース

thumb

レバークーゼンが若手GKロンボとの契約延長を発表

▽レバークーゼンは23日、ドイツ人GKニクラス・ロンボ(23)との契約を2020年6月30日まで延長したことを発表した。 ▽ロンボはレバークーゼンの下部組織出身で、2012年12月に昇格すると同年12月に行われたヨーロッパリーグのローゼンボリ戦でトップチームデビュー。その後は、クラブの3番手GKとして主にセカンドチームでプレー。 ▽2015-16シーズンには、ブンデスリーガ3部のプロイセン・ミュンスターで公式戦39試合に出場したが、復帰した今シーズンはオーストリア代表GKラマザン・エーズガンの加入もあり、再びセカンドチームでのプレーが続いていた。 2017.06.24 00:55 Sat
twitterfacebook
thumb

レバークーゼン、モンペリエの天才MFブデブス獲得に関心か

▽レバークーゼンがモンペリエのアルジェリア代表MFリヤド・ブデブス(27)の獲得に動き出したようだ。フランス『レキップ』が報じている。 ▽今夏の移籍市場でトルコ代表MFハカン・チャルハノール(23)やドイツ代表MFユリアン・ブラント(21)に移籍の噂があるレバークーゼンは、リーグ・アンで最もスペクタクルなプレーヤーの1人と評されるモンペリエの天才MFの獲得に動き始めたようだ。 ▽ニューカッスルやラツィオも関心を寄せるブデブスの獲得に向けて、レバークーゼンのルディ・フェラーSD(スポーツ・ディレクター)は、1200万ユーロ(約15億円)のオファーを準備して交渉にあたる模様。ただ、モンペリエはエースの放出条件を1500万ユーロ(約18億6000万円)に設定しており、今後の交渉でその溝を埋めていくことになる。 ▽2015年にバスティアからモンペリエに加入したブデブスは、卓越した左足の技術と創造性を併せ持つ攻撃的MF。モンペリエでは在籍2シーズンで公式戦73試合に出場し、13ゴール22アシストを記録している。その卓越したパスセンスはアーセナルのドイツ代表MFメスト・エジル、トリッキーな仕掛けはアルジェリアの同胞であるレスター・シティMFリヤド・マフレズを彷彿とさせる。 2017.06.18 14:20 Sun
twitterfacebook
thumb

レバークーゼンの新指揮官が元ドイツ代表FWハイコ・ヘルリッヒに決定

▽レバークーゼンは9日、トップチームの新指揮官に元ドイツ代表FWハイコ・ヘルリッヒ氏(45)を招へいしたことを発表した。契約期間は2019年6月30日まで。 ▽レバークーゼンは2016-17シーズン、3月にロジャー・シュミット監督を解任。タイフン・コルクト氏が暫定的に指揮を執っていた。 ▽新監督のヘルリッヒ氏は、現役時代にレバークーゼンやボルシアMG、ドルトムントでプレー。1995年から2004年までプレーしたドルトムントでは、2度のブンデスリーガや1996-97シーズンのチャンピオンズリーグ優勝を経験した。 ▽2004年に引退後、アンダー世代のドイツ代表やバイエルンユースなどを指揮。2015-16シーズンからドイツ3部のレーゲンスブルクを率いて、今季に3位に入った後、昇格プレーオフに勝利し、チームを2部昇格に導いた。 2017.06.09 20:28 Fri
twitterfacebook
thumb

トゥヘル、来季のレバークーゼン監督就任はなし…代理人は海外行きも示唆

元ドルトムントのトーマス・トゥヘルが来シーズン、レバークーゼンを率いることはないようだ。代理人のオラフ・マインキング氏がドイツ『FAZ』で語っている。<br><br>レバークーゼンは現在、新監督を探している真っ最中だ。3月にロジャー・シュミットの後を継いだタイフン・コルクトだが、状況を上向かせることはできず、クラブは続投させないことを決めている。ここ数日、レバークーゼンの新監督候補には常にトゥヘルの名前があったが、代理人はその可能性を否定した。<br><br>「トーマスがレバークーゼンを率いることはない。休みの後にどう進展していくのか見ていこうじゃないか。海外に行く可能性だってあるからね」<br><br>トゥヘルはドルトムントでDFBポカールを制した後に実質上の解任。チームを追われ、現在はフリーとなっている。<br><br>提供:goal.com 2017.06.05 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

スペイン復帰を望むチチャリート、セビージャ興味も可能性は低いか

▽レバークーゼンの“チチャリート”ことメキシコ代表FWハビエル・エルナンデス(29)が、スペイン復帰を望んでいるようだ。スペイン『Don balon』が伝えている。 ▽伝えられるところによれば、かつてレアル・マドリーに所属していたエルナンデスは、再びスペインでのプレーを望んでいるようだ。その同選手に対しては、セビージャが興味を持っているとされており、バレンシアやアトレティコ・マドリーからの打診を断ったとされるエルナンデスの移籍先の候補として挙げられている。 ▽しかし、セビージャはエルナンデスの他に、今夏でのアーセナル退団を希望しているスペイン人FWルーカス・ペレス(28)にも興味を持っているという。同選手に対しては、昨夏からすでに話し合いの場が持たれていたとされており、移籍金などの観点から見ると、エルナンデスよりも現実的な補強かもしれない。 ▽クラブとの契約期間が来年までとなっているエルナンデスは、果たしてスペイン復帰を成功させることができるのだろうか。 2017.06.01 22:10 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース