レバークーゼンがシュミット監督を解任…今季は9位と低迷2017.03.05 23:19 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽レバークーゼンは5日、ロジャー・シュミット監督(49)の解任を発表した。後任は現時点では未定とのこと。

▽シュミット監督はパーダーボルンやザルツブルクで指揮を執り、2014年7月にレバークーゼンの指揮官に就任。就任1年目はブンデスリーガで4位となると、昨シーズンは3位と躍進していた。ブンデスリーガでは通算43勝18分け26敗を記録。チャンピオンズリーグでは通算7勝8分け6敗を記録した。

▽今シーズンはここまで苦戦が続き、23節終了時点で勝ち点30の9位に位置。4日に行われたドルトムント戦では、6-2と大敗を喫していた。

▽レバークーゼンの代表を務めるミヒャエル・シャーデ氏は「痛みを伴うが、我々は非常に細かく分析を行った結果、チームの発展と目標達成を考え、解任することを決断した」とコメントした。

▽また、スポーツディレクターのルディ・フェラー氏は「ロジャー・シュミットは絶対的なトップのトレーナだと思っている。信念を持って、彼を起用してきた。しかし、我々は完全に目標を失うわけには行かなかったため、すぐに行動に移らなければいけなかった」とコメント。苦渋の決断であったことを明かした。

コメント

関連ニュース

thumb

チチャリート、ユナイテッドに未練か…ユーザー投稿の復帰懇願ツイートに「いいね」

▽レバークーゼンに所属するメキシコ代表ハエル・エルナンデス(28)は、まだ古巣のマンチェスター・ユナイテッドに未練を残しているのかもしれない。イギリス『エクスプレス』がエルナンデスのある行動を話題に取り上げた。 ▽エルナンデスは2010年夏、才能を評価していたアレックス・ファーガソン元監督率いるユナイテッドと契約。ユナイテッドで公式戦通算158試合59ゴール20アシストを記録したが、レギュラー定着に至らず、レアル・マドリーからレンタル復帰後にレバークーゼンへと活躍の場を移した。 ▽しかし、今回の報道によれば、エルナンデスは自身のツイッター(@CH14_)を通じて、見知らぬユーザーの「どうか、チチャリートと再契約して私たちを喜ばせてください。彼を売るべきじゃなかった」とのツイートに「いいね」を投じ、ユナイテッド復帰を匂わせるような行動を起こしたという。 ▽なお、先日にイギリス『BBC』でインタビューを受けたユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督は、ルイス・ファン・ハール前監督下で行われた選手の入れ替えを批判。自身が指揮を執っていたら売却しなかった選手の1人として、エルナンデスの名前を挙げていた。 2017.03.23 10:45 Thu
twitterfacebook
thumb

チチャリート、CL敗退に失望あらわ「ボールが枠に入ってくれなかった」

15日のチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグでアトレティコ・マドリーとスコアレスドローを演じたレバークーゼンは、2試合合計スコア2-4で敗退が決まった。FWハビエル・エルナンデスは、敗戦に悔しさをにじませている。<br><br>&ldquo;チチャリート&rdquo;の愛称で親しまれるJ・エルナンデスは、試合後のミックスゾーンで「難しくなるとは思っていた。相手は優勝候補で、世界最高のチームのひとつだからね」と語り、準々決勝進出を決めたアトレティコを祝福した。<br><br>一方、チチャリートは「1stレグに比べれば、僕たちは良かった」とチームが改善を見せたことを評価している。それでも「僕は常に向上を望んでいる。敗退して、満足することなどできない」と失望感をあらわにした。<br><br>この試合の69分には、試合を決定付ける場面があった。相手DFホセ・ヒメネスのパスミスから、MFユリアン・ブラントがGKヤン・オブラクと1対1に。だがこれを決め切れず、こぼれ球に詰めたMFケヴィン・フォラントのシュートも2度にわたりアトレティコ守護神のスーパーセーブに遭った。チチャリートは以下のように振り返っている。<br><br>「残念だけど、ボールが枠(ゴール)に入ってくれなかった。僕たちには決定力が欠けていた。これからはブンデスリーガに集中して、チャンピオンズリーグかヨーロッパリーグの出場権を獲得できるようにしたい」<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.16 22:15 Thu
twitterfacebook
thumb

レーティング:アトレティコ・マドリー 0-0(AGG:4-2) レバークーゼン《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグの:アトレティコ・マドリーvsレバークーゼンが15日に行われ、0-0で終了した。この結果、2戦合計スコア4-2でアトレティコが4年連続ベスト8進出を決めている。超WSの選手採点結果と寸評は以下の通り。 ▽アトレティコ・マドリー採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170316_7_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 13 オブラク 6.5 68分まで枠内シュート0本だったが、突如訪れたピンチで好守連発 DF 16 ヴルサリコ 6.0 前半は機を見て攻撃参加を図った 24 ホセ・ヒメネス 5.0 68分に大ピンチを招くなど、やや不安定だった 2 ゴディン 6.0 さすがのソリッドさで守備を締める 19 リュカ 6.0 守備重視のプレーでベララビを抑える MF 6 コケ 6.0 攻守にさぼらず 22 トーマス 6.0 守備の強度を上げた 8 サウール・ニゲス 6.0 トーマスと共にクサビのパスを遮断 10 カラスコ 5.0 攻撃面で違いを生み出せず (→サビッチ -) FW 7 グリーズマン 6.0 コレアをうまく生かしていた 11 コレア 6.0 決定的なシュートを3本放って牽制 (→ガイタン -) 監督 シメオネ 6.0 堅実な采配で確実にベスト8進出を果たした ▽レバークーゼン採点<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170316_6_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK 1 レノ 6.5 前半終盤に2つの好守を見せた DF 13 ヒルバート 5.5 攻め上がらずカラスコを監視 16 イェドバイ 5.5 集中した対応を続けた 6 ドラゴビッチ 5.5 1stレグのような軽率なミスは見られなかった 18 ヴェンデウ 5.5 持ち味の攻撃力は見せられず MF 38 ベララビ 5.0 リュカの前に打開できず 15 バウムガルトリンガー 5.5 守備に重点のプレーぶり 44 カンプル 5.5 もう少し攻撃に絡みたかった 19 ブラント 5.5 中寄りでプレーし、創造性を生かそうとした (→ベイリー -) FW 7 エルナンデス 5.0 スキンヘッドにイメチェンも決定的な仕事はできず (→メーメディ -) 31 フォラント 5.5 68分の決定機は決めたい 監督 コルクト 5.5 アトレティコの堅守を打ち破れなかった ★超WS選定マン・オブ・ザ・マッチ! オブラク(アトレティコ・マドリー) ▽レバークーゼンのGKレノも好パフォーマンスを発揮したが、アウェイゴールを割らせなかったオブラクを選出。とりわけ68分の3度訪れたセーブ場面は見事だった。 アトレティコ・マドリー 0-0(AGG:4-2) レバークーゼン 2017.03.16 06:41 Thu
twitterfacebook
thumb

アトレティコが1stレグのアドバンテージ生かして4年連続ベスト8進出《CL》

▽チャンピオンズリーグ(CL)決勝トーナメント1回戦2ndレグのアトレティコ・マドリーvsレバークーゼンが15日に行われ、0-0で終了した。この結果、2戦合計スコア4-2でアトレティコが4年連続ベスト8進出を決めている。 ▽先月21日に敵地で行われた1stレグを4-2と制したアトレティコは、0-2の敗戦でも突破となる中、その後のリーグ戦では2勝2分け1敗の戦績でここ2試合は連勝中と結果が出ている。そのアトレティコは1-0と勝利した直近のグラナダ戦のスタメンから4選手を変更。ゴディン以外のバックライン3枚とガイタンに代えてコレア、ホセ・ヒメネス、リュカ、ヴルサリコを起用した。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><a href="https://goo.gl/o0KYa2" target="_blank"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20170308atletico.jpg" style="max-width: 100%;"></a></div> ▽一方、ホームでの1stレグで厳しい敗戦を喫し、逆転のためには少なくとも3点が必要なレバークーゼンは、その後のリーグ戦でも不調が続き、1分け2敗の戦績。2-6の屈辱的な大敗を喫したドルトムント戦後にはロジャー・シュミット前監督を解任する決断を下した。そのレバークーゼンはコルクト新監督の初陣となった直近のブレーメン戦(1-1)のスタメンから2選手を変更。負傷したトプラクと出場停止のヘンリクスに代えてイェドバイとヒルバートを起用した。 ▽共にフラットな[4-4-2]で臨んだ一戦。開始4分にフォラントが際どいシュートを浴びせたレバークーゼンに対し、トーマスを起用して守備の強度を重視した布陣で臨んだアトレティコが試合の主導権を握っていく。守備のバランスを崩さないアトレティコは15分、コレアが決定的なシュートを浴びせてけん制。 ▽その後も自陣に引いて安定した試合運びを見せ、打ち合いに持ち込ませないアトレティコが試合をコントロール。すると38分、コレアに再び決定機、グリーズマンの落としを受けたアルゼンチン代表FWはボックス右へ侵入。枠の右隅へシュートを放ったが、GKレノのファインセーブに阻まれた。続く40分にはコケのミドルシュートがゴール左隅を捉えるも、ここもGKレノの好セーブに阻止され、前半をゴールレスで終えた。 ▽レバークーゼンに枠内シュートを1本も打たせずに迎えた後半も、アトレティコは慎重な戦い方を崩さない。そんな中、55分にはカウンターに転じてコレアが決定的なシュートを浴びせると、続く57分にはグリーズマンがループシュートでゴールに近づいた。 ▽引き続き自陣に引いて構えるアトレティコに対し、レバークーゼンは68分にビッグチャンス。まずはブラントがホセ・ヒメネスからパスカットして独走し、GKとの一対一からシュート。しかし、オブラクに止められると、ルーズボールを拾ったフォラントが立て続けに2本シュート。しかし、これもオブラクに止められ、ゴールを割るには至らなかった。 ▽守護神に救われたアトレティコはカラスコに代えてサビッチを投入。ホセ・ヒメネスを中盤アンカーに上げ、守備の強度をさらに上げにかかった。80分には途中出場のベイリーに、直後にはカンプルにそれぞれ際どいミドルシュートを浴びるも、ここもGKオブラクが好守で立ちはだかった。 ▽このまま0-0で90分を終了。アトレティコが思惑通りにシャットアウトし、2戦合計スコア4-2で4年連続ベスト8進出を決めた。 2017.03.16 06:40 Thu
twitterfacebook
thumb

シメオネ、“奇跡の逆転劇”に気を取られず「我々は身に着けるユニフォームの価値を高めるだけ」

アトレティコ・マドリーは15日、チャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦2ndレグで本拠地ビセンテ・カルデロンにレバークーゼンを迎える。ディエゴ・シメオネ監督は重要な一戦を前に気を引き締めている。<br><br>敵地の1stレグを4-2と制しているアトレティコだが、油断はできない。今季のチャンピオンズリーグでは、バルセロナがパリ・サンジェルマン相手に奇跡の逆転劇を演じたのを筆頭に、ボルシア・ドルトムントやレスター・シティもスコアをひっくり返してラウンド突破を決めている。<br><br>しかし、シメオネ監督に慢心はない。指揮官の前日会見のコメントをスペイン『アス』が伝えている。<br><br>「私の試合の解釈の仕方は常に同じだ。大会の重要性は関係ないよ。我々は身に着けるユニフォームの価値を高めるのみだ。チャンピオンズリーグ、コパ・デル・レイの決勝、リーガ、親善試合...。常に同じ意思でプレーする」<br><br>「我々は明日の試合でスピードのあるカウンターを武器とするチームと対峙する。ドイツでの試合は非常に難しかった。カップ戦の試合には、常に危険性がある。私はいつもそう言ってきた。我々は試合開始直後から強く行き、快適にプレーできるよう主導権を握らなければいけない」<br><br>またレバークーゼン戦での懸念材料について聞かれたシメオネ監督は、次のように答えた。<br><br>「何を懸念するか? すべてだ。試合では同じ現象は二度と起こらない。どんな状況に陥っても、それを解決できる準備ができているチームでなければいけない。1stレグの試合は、2ndレグで何の役にも立たない」<br><br>「チームに意思が宿り、スタジアムの観衆が意欲的に参加してくれるなら...明日の試合でカルデロンが満員になることを期待している。そういったことが、ヨーロッパのベスト8に入るという意味を大きくする」<br>提供:goal.com 2017.03.15 23:33 Wed
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース