超ワールドサッカー

ベルギーメディアが「久保のおかげ」とヘント勝利を報道…プレーオフ進出に望みをつなぐ2017.03.05 13:40 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
ベルギーリーグ第29節ワースラントvsヘントの一戦は、3-2でヘントが勝利を収めた。日本代表FW久保裕也は先発出場し、73分に決勝ゴールとなるグラウンダーのミドルシュートを決めている。これでベルギーリーグでは加入後6試合4ゴールとなった。

ヘントの勝利について、ベルギー各メディアも紹介している。

地元メディア『voetbalkrant』は「久保がペナルティーエリア外でボールを受けると、走り込みながら左足で低い弾道のシュートを決めた」と報道。

ベルギー『nieuws.vtm』は「(ジェレミー)パーベットと久保のゴールのおかげでワースラントを撃破。プレーオフに進める可能性を残した」と伝えている。

『sporza』はヘントのハイン・ファンハーズブルック監督の言葉を紹介。「ワースラントは早々に10人になったことで、とても守備的に戦ってきたから、崩すのが本当に難しかった。この試合で勝利できたことは本当に大きい。ただ、まだ次の週にしなければならない困難なミッションがある。ホームの大観衆の前で試合ができることは大きな利点となるが、何としても結果を残さないと」と発言。

ヘントは12日にベルギーリーグ第30節のメヘレン戦が控えている。勝ち点47で現在7位のヘントは、勝ち点48で5位のメヘレンを下せば、自動的にプレーオフ進出圏内(6位以上)に順位が上がる。果たして、ヘントはプレーオフ進出を左右するメヘレン戦で勝利できるのか、大一番での久保の活躍に期待が懸かる。


提供:goal.com

コメント



コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース