ヘント久保裕也が2戦連続ゴール! 加入後6戦4発《ベルギー・ジュピラーリーグ》2017.03.05 10:20 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘントに所属する日本代表FW久保裕也が、4日に行われた試合でリーグ2戦連発の今シーズン4ゴール目を決めた。

▽ヘントは同日、ベルギー・ジュピラーリーグ第29節でワースラントとアウェイで対戦。先発した久保は2-2で迎えた72分、バイタルエリア中央でボールを受けると、左足のシュートをゴール右隅に沈めた。

▽結局、久保の加入後6戦4発目となるゴールが決勝点となり、ヘントが3-2で勝利。リーグ2連勝を飾り、7位に浮上している。

コメント

関連ニュース

thumb

ラニエリ率いるナント、ヘントから久保裕也同僚FWを獲得!

▽ナントは19日、ヘントからマリ代表FWカリファ・クリバリ(25)を完全移籍で獲得したことを発表した。背番号は26に決定。契約期間は2022年6月30日までの5年となる。 ▽197cmの大型ストライカーの獲得に成功したクラウディオ・ラニエリ監督は、「彼は強烈なヘディングと素晴らしいクオリティを持ったビッグプレーヤーだ。彼が多くのものをもたらしてくれると願っている」と、クラブ公式サイトで語った。 ▽パリ・サンジェルマン下部組織出身のクリバリは、2014年にベルギーのシャルルロワに完全移籍。その翌年にはヘントに加入し、昨シーズンは公式戦47試合に出場して18ゴール3アシストの記録を残していた。 2017.08.20 18:12 Sun
twitterfacebook
thumb

久保裕也にライバル到着…ディナモ・キエフのウクライナ代表FWヤレムチュクがヘントに完全移籍

▽日本代表FW久保裕也が所属するヘントは16日、ディナモ・キエフのウクライナ代表FWロマン・ヤレムチュク(21)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は4年間となる。 ▽ヤレムチュクはディナモ・キエフの下部組織出身で、2017年1月にトップチームに昇格。2016-17シーズンはウクライナ・プレミアリーガで23試合に出場し5ゴール1アシストを記録していた。 ▽世代別のウクライナ代表を経験しているヤレムチュクは、今年3月にアンドリー・シェフチェンコ監督の下、ウクライナ代表候補に招集されていた。 2017.08.16 21:28 Wed
twitterfacebook
thumb

「まだスターじゃない」久保裕也が語る日本代表での現在地…ハリルの要求にもやりがい

ヘントに所属するFW久保裕也は、8月31日に控えるロシア・ワールドカップアジア最終予選のオーストラリア戦に向けて意欲を燃やしている。FIFA公式サイトのインタビューで語った。<br><br>日本代表の次代のスターと見られているのが久保だ。中田英寿、中村俊輔、本田圭佑の系譜を継ぐのは、昨シーズンにベルギーでゴールを量産した久保だと、FIFAは見ている。今予選で2ゴールを挙げる久保は「ゴールチャンスが来たときに、逃さないよう努力している」と語りつつ、このようにも話す。<br><br>「それほど悪くない仕事ができていると思います。でもスターになったとは思っていない。改善すべき点がたくさんありますし、まだまだ努力する必要があります」<br><br>また、勝利すればロシア行きを決められるという大一番のホーム・オーストラリア戦について重要性は理解していると話す。<br><br>「僕らにとって非常に重要な試合です。全員が各々準備しなければならないことはわかっています」<br><br>話は久保に厳しい注文をつけることでも知られるヴァイッド・ハリルホジッチ監督にも及び、指揮官からの要求にやりがいを感じているとした。<br><br>「監督は僕に前線で、ディフェンスラインを切り裂くことを求めています。攻撃だけでなく、ミスがあれば守備でも貢献することも要求されます。タフな仕事ですけど、やるのは好きですね」<br><br>今シーズンはヘントで公式戦いまだノーゴールと、結果を残せていない久保。日本代表に招集されるか不透明な状況だが、大一番に向けて並々ならぬ闘志を燃やしていることは間違いない。<br><br><br>提供:goal.com 2017.08.15 21:13 Tue
twitterfacebook
thumb

久保先発も決定機逸… ヘントは開幕3戦勝利なし《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽ヘントは6日、ジュピラー・プロ・リーグ第3節でメヘレンとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。FW久保裕也は79分までプレーしている。 ▽リーグ戦連敗スタート、ヨーロッパリーグ予選敗退と開幕から躓いている公式戦3連敗中のヘントは、久保が前節に続き[3-4-3]の左ウイングで先発となった。 ▽2分けスタートのメヘレンに対し、立ち上がりから一進一退の攻防が続く中、ヘントは29分に久保にチャンス。ロングフィードに抜け出してネットを揺らしたが、オフサイドに阻まれた。 ▽続く30分にカルーが鋭い枠内シュートを浴びせたヘントは、33分に先制ゴールを奪いきる。久保の頭でのパスを受けたボックス左のクリバリの左クロスをカルーが合わせた。 ▽さらに40分には久保に決定機。右サイドからのアーリークロスを受けたボックス左の久保は胸トラップから左足でシュート。しかし、わずかに枠の上を越えていった。そして43分には右クロスにアンドリアジェビッチがヘディングで合わせたシュートが枠を捉えたが、GKの好守に阻まれ、1点のリードで前半を終えた。 ▽迎えた後半も互角の攻防で立ち上がった中、62分に久保に決定機。しかし、右クロスをフリーの状態で久保が頭で合わせたシュートは枠の左に外してしまった。逃げ切りを図りたいヘントは79分に久保を下げ、守備に重きを置いていく。 ▽しかし87分、意表を突いたFKからボックス中央のマティーズにミドルシュートを決められ、同点とされてしまう。終盤にかけて勝ち越しを目指したヘントだったが決定機を生み出すには至らず1-1で終了。開幕からリーグ戦3試合勝利なしと厳しいスタートとなっている。 2017.08.13 02:54 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘント、昇格組相手にホーム開幕戦を落とし連敗スタート…久保は今季リーグ初先発も不発に終わる《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽ヘントは6日、ジュピラー・プロ・リーグ第2節でロイヤル・アントワープFCと対戦し、0-1で敗戦した。ヘントの日本代表FW久保裕也は、今季リーグ戦初先発でフル出場したが不発に終わった。 ▽公式戦3試合白星のないヘントは久保を左ウィングに配置した[3-4-3]の布陣を採用。立ち上がりからポゼッションで上回るヘントは23分、スローインを受けたブロンの右クロスをファーサイドから走り込んだ久保が頭で合わせたが、これはゴール右に外れた。 ▽すると37分、ヘントはミスからアントワープに先制を許す。最終ラインでの横パスをジャーディにカットされると、そのままボックス内まで持ち込こまれ、シュートをゴール右隅に決められた。 ▽ハーフタイムで2枚替えを敢行したヘントは、49分に最初のチャンス。中盤からドリブルで仕掛けたシラがボックス手前で倒され、FKを獲得。このFKをミリチェビッチが直接狙うも、ボールは相手GKのセーブに阻まれた。 ▽同点ゴールの遠いヘントは、66分にミリチェビッチを下げて長身のクリバリを投入し、パワープレーを敢行。すると、82分に決定機。ボックス手前で獲得したFKをシラが直接狙うと、相手GKの弾いたボールが久保の下へ。しかし、久保のニアを狙ったシュートはサイドネットに外れた。 ▽結局、試合はそのまま0-1で終了。昇格組相手にホーム開幕戦を落としたヘントが、開幕連敗スタートとなった。 2017.08.06 23:33 Sun
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース