ヘント久保裕也が2戦連続ゴール! 加入後6戦4発《ベルギー・ジュピラーリーグ》2017.03.05 10:20 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘントに所属する日本代表FW久保裕也が、4日に行われた試合でリーグ2戦連発の今シーズン4ゴール目を決めた。

▽ヘントは同日、ベルギー・ジュピラーリーグ第29節でワースラントとアウェイで対戦。先発した久保は2-2で迎えた72分、バイタルエリア中央でボールを受けると、左足のシュートをゴール右隅に沈めた。

▽結局、久保の加入後6戦4発目となるゴールが決勝点となり、ヘントが3-2で勝利。リーグ2連勝を飾り、7位に浮上している。

コメント

関連ニュース

thumb

久保裕也が今季6ゴール目! 逆転勝利のヘント5連勝《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽日本代表FW久保裕也が所属するヘントは9日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第18節でコルトライクと対戦し、2-1で勝利した。久保はフル出場。2試合ぶりのゴールをマークした。 ▽4連勝中のヘントは、開始7分に先制を許したが、そのわずか3分後にヤレムチュクがゴール。ヘントがすぐさま追いつく。 ▽27分には久保が味方の縦パスから裏を取り、ヤレムチュクとのワンツーでボックス右に侵攻。相手GKとの一対一を制し、勝ち越した。 ▽結局、久保のシーズン6ゴール目となる一発が決勝点となり、ヘントが逆転勝利で5連勝を飾っている。 ヘント 2-1 コルトライク 【ヘント】 ヤレムチュク(前10) 久保裕也(前27) 【コルトライク】 シュバリエ(前7) 2017.12.10 08:15 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘント久保、体張ったキープで先制点に絡む! チームも4連勝で5位浮上《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽日本代表FW久保裕也が所属するヘントは3日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第17節でズルテ・ワレヘムと対戦し、1-0で勝利した。久保は75分までプレーした。 ▽前節今シーズン初の3連勝を飾った7位のヘントはREムスクロン戦同様に久保をトップ下に配置した布陣で試合に臨んだ。ヘントは29分に先制点。味方がスローインをフリックしたボールを自陣中央右で久保が身体を張ってキープすると、エシティが拾って縦へスルーパスを供給する。抜け出したシラがボックス右に侵攻してシュートフェイントからラストパスを送り、走り込んだシモンが流し込んだ。 ▽先制に成功して1-0でリードして試合を折り返したヘントは47分、ボックス右手前でFKを獲得。これをキッカーの久保が右足で直接ゴールを狙ったが、これは壁に阻まれてしまう。 ▽75分に久保を下げたヘントはその後、90分にエシティがこの日2枚目のイエローカードで退場し、数的不利の状況を強いられたがそのまま試合終了。ヘントが4連勝を飾って5位に浮上している。 2017.12.04 08:46 Mon
twitterfacebook
thumb

ベルギーメディアが久保裕也の得点を第16節ベストゴールに選出「驚きをもたらす存在」

ベルギーのジュピラー・リーグ第16節で、ヘントはムスクロンと激突した。この試合で日本代表FW久保裕也は39分にドリブルからのシュートでゴールを奪い、今季5ゴール目をマーク。久保の得点が決勝点となり、ヘントは3-1で勝利を収めた。<br><br>ベルギーメディア『levif』は、第16節のゴールトップ10を発表し、久保のゴールを&ldquo;ベストゴール&rdquo;に選出している。<br><br>記事では「久保は(3月の)ベベレン戦で素晴らしい個人技を駆使してゴールを決めてみせた。彼はその時のようなトップフォームを取り戻しつつある」と伝えた。<br><br>「今季やっと5ゴール目を決める形になったが、彼は驚きをもたらす存在であり、チームでも最高の得点源だ。また、この試合ではアシストもマークしている」<br><br>第7節のオーステンデ戦までリーグ戦ノーゴールと、シーズン序盤こそ得点から遠ざかっていたが、その後久保はゴールを量産。調子を取り戻しつつあると強調している。<br><br>ヘントは12月1日に第17節ズレテ・ワレヘム戦、同8日に第18節コルトライク戦が控えている。果たして優勝争いから遠ざかっている2チームに連勝して、ヘントは上位争いに弾みをつけることができるのか。久保の連続ゴールにも期待が懸かるところだ。<br><br>&nbsp;<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.28 13:10 Tue
twitterfacebook
thumb

ヘント久保裕也のゴールに、ムスクロンの敵将も絶賛「素晴らしいクオリティだった」

ベルギーのジュピラー・リーグ第16節でヘントはムスクロンと戦い、3-1で勝利を収めた。<br><br>この試合で日本代表FW久保裕也は39分にドリブルからのシュートでゴールを奪い、追加点を記録。74分にはディラン・ブロンのゴールをアシストし、1ゴール1アシストで勝利に貢献している。<br><br>試合後、ムスクロンの敵将ミルチェア・レドニク監督が久保について賛辞のコメントを残している。地元メディア『SPORZA』が報じた。<br><br>「我々は悪くないスタートを切ったが、久保のゴールでリードを許してしまった。素晴らしいクオリティのゴールだったね。素晴らしいものだった」<br><br>久保の独力による決勝点に、ルーマニア人指揮官レドニクも手放しで称賛のコメントを発している。<br><br>また、ベルギーメディア『dhnet』は39分に記録した久保のゴールについて「長い距離のスラロームを見せ、素晴らしいゴールを飾った」と伝え、ヘントの勝利に貢献した久保の活躍を強調している。<br><br>ヘントはムスクロン戦の勝利で暫定6位に浮上している。<br><br>提供:goal.com 2017.11.25 09:50 Sat
twitterfacebook
thumb

久保の1G1Aの活躍でヘントがリーグ戦3連勝《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽日本代表FW久保裕也が所属するヘントは24日、ベルギー・ジュピラー・プロ・リーグ第16節でREムスクロンと対戦し、3-1で勝利した。久保はフル出場、39分に今季5ゴール目を記録した。 ▽前節、今季初のリーグ戦連勝を飾った9位のヘントは、ロケレン戦同様に久保をトップ下に配置した布陣で試合に臨んだ。試合が動いたのは29分、モーゼズ・サイモンがPKをゴール左に沈めヘントが先制に成功した。 ▽33分に自陣でのミスパスからタイウォに同点ゴールを許したヘントだが、40分に勝ち越す。センターライン付近でボールを受けた久保がドリブルでボックス内まで切り込むと、相手DFを3人かわしシュート。これを相手GKが弾くも、ボールはそのままゴール右隅に吸い込まれた。 ▽迎えた後半は一進一退の攻防が続く中、ヘントが75分に追加点。ボックス右でボールを受けた久保が、ペナルティアーク右横のブロンへパスを供給。これを受けたブロンは、ワントラップからコントロールシュートをゴール左上に突き刺した。 ▽結局、試合はそのまま3-1で終了。1G1Aと躍動した久保の活躍でヘントがリーグ戦3連勝を飾った。 2017.11.25 06:25 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース