超ワールドサッカー

ボローニャのFWマンコーズがMLSのモントリオール・インパクトに完全移籍2017.03.03 21:33 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のモントリオール・インパクトは2日、ボローニャのイタリア人FWマッテオ・マンコーズ(32)の加入を発表した。契約期間は2年間となる。

▽マンコーズは、2015年1月にトラパニからボローニャへと移籍。その後はカルピへのレンタルを経て、2016年7月にモントリオール・インパクトにレンタル移籍していた。昨シーズンのMLSでは15試合出場3得点4アシストを記録。ボローニャでは昨シーズンのセリエAで21試合出場2得点を記録していた。

▽なお、マンコーズの獲得には、リーグ機構から補強資金が分配される制度(Targeted Allocation Money)を用いたとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

アメリカでの充実した生活を楽しむシュバイニーがカブス戦で初の始球式…ノーバン投球を披露

▽シカゴ・ファイアーに所属する元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーが、上原浩治が所属するシカゴ・カブスの試合で始球式を務めた。 ▽シュバインシュタイガーは、2日にカブスの本拠地リグレー・フィールドで行われたシカゴ・カブスvsフィラデルフィア・フィリーズの試合で、自身初となる始球式を務めた。 ▽アメリカではMLS(メジャーリーグ・サッカー)の選手が始球式を行うことはよくあり、先日はシアトル・レインに所属する元なでしこジャパンFW川澄奈穂美がシアトル・マリナーズvsマイアミ・マーリンズの試合で始球式を務め、マリナーズの岩隈久志をキャッチャーに置きノーバン投球を見せていた。 ▽サッカーでは2014年のブラジル・ワールドカップを制するなど、名声を残したシュバインシュタイガー。ピッチングはというと、ストライクはとれなかったものの、ノーバン投球を披露していた。なお、試合は8-3でカブスが勝利していた。 ▽先日はNHLの試合を観戦するなど、妻で元プロテニスプレーヤーのアナ・イバノビッチさんと充実したアメリカ生活を送っているシュバインシュタイガー。本業でもMLSで5試合に出場し2得点を記録しており、ここまでは移籍の選択は間違っていなかったようだ。 ◆シュバイニーの投球が気になる方は… https://twitter.com/MLS/status/859570503241084928 2017.05.03 20:25 Wed
twitterfacebook
thumb

クリンスマンはMLSと衝突していた…元アメリカ代表コーチのヘルツォークが明かす

2011年からアメリカ代表の監督を務めたユルゲン・クリンスマンは、ロシア・ワールドカップの北中米カリブ海地区予選で苦戦したことにより、2016年11月に代表の指揮官を解任された。<br><br>オーストリア出身で現役時代には&ldquo;アルプスのマラドーナ&rdquo;の異名を取ったことでも知られ、クリンスマンの右腕としてアメリカ代表のアシスタントコーチを経験したアンドレアス・ヘルツォークが、クリンスマンとMLSの関係が良好ではなかったとアメリカ大手メディア『ESPN』に対して語っている。<br><br>「アメリカのリーグであるMLSは、近年目に見えてレベルが上がっているし、盛況していると思う。ただ、ユルゲンがMLSをサポートしようと発言したところ、リーグ側から反発された。クリンスマンは(MLSコミッショナーの)ドン・ガーバーとうまくいってなかったんだ」<br><br>ヘルツォークによると、クリンスマンは代表とMLSの相乗効果を狙ってMLS発展のための進言をしていた。しかし、MLSの幹部からの反対もあり、事態は好転しなかったようだ。<br><br>その一方で、アメリカ代表のアシスタントコーチを務めたことについてヘルツォークは「率直に言って楽しかったよ。5年にわたってアメリカで素晴らしい経験ができた。彼らは僕たちを更迭したけど、僕らは誰に対しても怒っていないよ。新しい挑戦と素晴らしい経験ができたんだ。感謝の気持ちしかない」と語り、アメリカ代表での指導経験がポジティブなものだったと回顧した。<br><br>また、ヘルツォークは「ユルゲンはアメリカでも実績を残した。今後はプレミアリーグのクラブか、他の代表チームを率いるんじゃないかな」とクリンスマンの今後の道について予想している。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.18 10:21 Tue
twitterfacebook
thumb

MLSオールスターズがレアル・マドリーと対戦!! 8月3日に開催!!

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)オールスターズが、アメリカツアーを実施するレアル・マドリーと対戦することが決定した。MLS公式サイトが伝えている。 ▽発表によると、MLSは2017年のオールスター選手を選出し、マドリーとのフレンドリーマッチを実施。シカゴのソルジャー・フィールドで現地時間8月2日21時(日本時間で8月3日11時)に行われるようだ。 ▽今回の対戦を受けて、オールスターチームの指揮官を務めることが決定しているシカゴ・ファイアーのヴェリコ・パウノヴィッチ監督は次のようにコメントしている。 「MLSを代表して、非常に名誉なことだと思っている。マドリーという偉大なチームと対戦する機会を与えてもらえてうれしく思っているよ。誰にとっても特別な試合で、選手やファンも楽しみに待っている」 ▽なお、同時期にマドリーはアメリカツアーを実施。現地時間7月23日(日本時間7月24日)にロサンゼルスでマンチェスター・シティ、同26日(同37日)にサンタクララでマンチェスター・ユナイテッドと対戦。さらに同29日(同30日)にはマイアミでバルセロナとのクラシコが予定されている。 2017.04.16 09:15 Sun
twitterfacebook
thumb

GKハワードがファンと揉め3試合の出場停止&罰金処分

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のコロラド・ラピッズに所属するアメリカ代表GKティム・ハワードが3試合の出場停止処分を受けた。MLS公式サイトが伝えた。 ▽ハワードは、10日に行われたスポルティング・カンザスシティ戦に先発出場。試合は3-1で敗れていたが、試合後にハワードがファンと一悶着。ファンに対し不適切な発言をし、さらにファンのことを掴んでいる映像が見つかっているとのことだ。ハワードはこれにより、リーグ戦3試合の出場停止処分と罰金処分を受けることとなった。 ▽所属するコロラド・ラピッズは今回の件に関して声明を発表。リーグの決定を受け入れると発表した。 「ティム・ハワードは不運にも残念な間違いを犯し、MLSから処分を受けています。これはティムの特徴的なことではないものの、我々はこの様な行動を許しません」 「我々はリーグの決定を受け入れ、時が過ぎるのを待ちます。先週末のスポルティング・カンザスシティ戦で起こったことは、コロラド・ラピッズやティム、そしてピッチ内外での信念を表すものではありません」 ▽マンチェスター・ユナイテッドやエバートンでプレーしたハワードは、2016年7月にコロラド・ラピッズへと移籍。今シーズンはMLSで3試合に出場していた。 2017.04.15 15:10 Sat
twitterfacebook
thumb

アメリカでの生活を楽しむシュバイニー、イバノビッチ婦人とお揃いジャージでNHL観戦

▽3月にマンチェスター・ユナイテッドからメジャーリーグ・サッカー(MLS)のシカゴ・ファイアーに移籍した元ドイツ代表MFバスティアン・シュバインシュタイガーだが、早速アメリカでの生活を楽しめているようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽シュバインシュタイガーは、3月21日に1シーズン半過ごしたユナイテッドを離れシカゴ・ファイアーへ移籍。MLSデビュー戦となった4月1日のモントリオール・インパクト戦では、いきなりゴールを見せるなど、新天地で好調なスタートを切っていた。 ▽そんなシュバインシュタイガーだが、13日に早速アメリカならではの楽しみを見つけたようだ。この日行われたNHLのシカゴ・ブラックホークスvsナッシュビル・プレデターズの試合を観戦。婦人で元プロテニスプレーヤーのアナ・イバノビッチさんと共にスタンドで観戦した。 ▽さらに、2人はシカゴ・ブラックホークスのホームジャージを着用。背中にはシュバインシュタイガーが好んでつけている背番号「31」があしらわれ、シュバインシュタイガー、イバノビッチのネームが入っていたようだ。 ▽なお、試合は1-0でナッシュビル・プレデターズが勝利していた。 2017.04.15 13:20 Sat
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース