ボローニャのFWマンコーズがMLSのモントリオール・インパクトに完全移籍2017.03.03 21:33 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のモントリオール・インパクトは2日、ボローニャのイタリア人FWマッテオ・マンコーズ(32)の加入を発表した。契約期間は2年間となる。

▽マンコーズは、2015年1月にトラパニからボローニャへと移籍。その後はカルピへのレンタルを経て、2016年7月にモントリオール・インパクトにレンタル移籍していた。昨シーズンのMLSでは15試合出場3得点4アシストを記録。ボローニャでは昨シーズンのセリエAで21試合出場2得点を記録していた。

▽なお、マンコーズの獲得には、リーグ機構から補強資金が分配される制度(Targeted Allocation Money)を用いたとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

元アメリカ代表GKフリーデルがMLSでクラブ監督初挑戦! 元日本代表MF小林大悟のボスに!

▽メジャーリーグサッカー(MLS)のニューイングランド・レボリューションは9日、かつてトッテナムやブラックバーンで活躍した元アメリカ代表GKブラッド・フリーデル氏(46)の新監督就任を発表した。 ▽今シーズン、MLSの東カンファレンスを7位で終えたNE・レボリューションは、ジェイ・ヒープス監督を解任。その後任にクラブチームでは監督初挑戦となるフリーデル氏を指名した。 ▽フリーデル氏は、NE・レボリューションの新監督就任に際して以下のようなコメントを残している。 「私のスタッフを含め、ニューイングランド・レボリューションに雇ってもらったことを光栄に思っている」 「今回のチャレンジを心から楽しみにしている。同時に、我々のスタッフとプレーヤーがクラブ、我々のファンのために100パーセントを捧げることを保証したい。2018シーズンに向けて、このクラブを正しい形で構築していくことがいまから待ち切れないよ」 ▽現役時代にブラックバーンやアストン・ビラ、トッテナムでプレーしたフリーデル氏は、プレミアリーグ連続出場記録(310試合)を樹立するなど、長きにわたってリーグ屈指のGKとして活躍。また、アメリカ代表では2002年の日韓ワールドカップでベスト8進出の原動力になるなど、通算82キャップを誇るレジェンドだ。 ▽2015年にトッテナムで現役引退を発表して以降は、同クラブの北米アンバサダーを務める一方、解説者としても活動。2016年1月からはU-19アメリカ代表監督を務めていた。 ▽なお、フリーデル氏を新指揮官に迎えたNE・レボリューションは、かつて東京ヴェルディや大宮アルディージャで活躍した元日本代表MF小林大悟やMLS屈指の点取り屋、シエラレオネ代表FWケイ・カマラなどが在籍している。 2017.11.10 02:24 Fri
twitterfacebook
thumb

「僕がプレーした唯一足に手がついている選手」エブラ、現役引退のピルロに賛辞

▽マルセイユに所属する元フランス代表DFパトリス・エブラが、今シーズン限りで現役を引退した元イタリア代表MFのアンドレア・ピルロ氏に称賛の言葉を送った。 ▽ブレシアユースのピルロ氏は、1998年にインテル入りすると、2001年にミランへと移籍。カルロ・アンチェロッティ監督の下、レジスタとして素質が開花し、2度のチャンピオンズリーグ制覇やセリエA優勝を経験した。2011年にはフリーでユベントスに加入。チームをオーガナイズする役割を与えられ、セリエA4連覇などを成し遂げた。その後、2015年からメジャーリーグサッカー(MLS)のニューヨーク・シティで2年間プレー。6日に現役引退を表明した。 ▽ユベントス在籍時にピルロと共にプレーしたエブラは、8日に自身のインスタグラム(patrice.evra)を更新。写真と共にセリエA優勝を分かち合った稀代のレジスタに賛辞を送った。 「マエストロ。ピルロ、あなたは僕がプレーした中で唯一足に手がついている選手だった。偽りのない事実だよ」 2017.11.09 20:01 Thu
twitterfacebook
thumb

38歳ピルロ、現役ラストマッチを終える…指揮官は「若手の良い手本だった」

ニューヨーク・シティに所属する元イタリア代表MFアンドレア・ピルロが、現役最後の試合を終えた。<br><br>ピルロは先月『ガゼッタ・デッロ・スポルト』のインタビューで、今シーズン限りで現役を退くことを発表。コンディションに問題を抱えていることを明かし、12月31日まで残されている契約を延長しない意思を表明していた。<br><br>そして今季、ニューヨーク・シティはレギュラシーズンを東地区2位で終え、MLSカップ(プレーオフ)1回戦へ進出。相手はワイルドカードから勝ち上がってきたコロンバス・クルーとなった。<br><br>敵地での一戦目を1-4で落としていたニューヨーク・シティは、ホームでの二戦目でダビド・ビジャらがゴールを挙げて2-0とリード。あと1点で逆転という状況で、パトリック・ヴィエラ監督は終盤にピルロを投入し、攻勢をかけるが、ゴールは生まれず。2-0と勝利したものの、敗退が決定した。<br><br>結果的にピルロのラストマッチはアディショナルタイムの数分間に。アメリカでの2年半で62試合19アシストを記録した世界王者は、38歳でスパイクを脱ぐこととなった。<br><br>なお、試合後にヴィエラ監督は「彼は本当にプロフェショナルで、若手の良いお手本だった。アンドレアのような選手がチームにいれば、若手は良いキャリアを送ることができる」と感謝を述べた。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.06 15:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ジョビンコが試合中にビールをゴクり!? 試合でも華麗な同点FKを決める!

▽世界に誇るフリーキックの名手でもあるトロントFCの元イタリア代表FWセバスティアン・ジョビンコが、試合中にビールを口にした。 ▽23日に行われたメジャーリーグ・サッカー(MLS)のアトランタ・ユナイテッドvsトロントFCにて事件は起こった。1-0でアトランタ・ユナイテッドがリードした60分、ロングボールに抜け出したアメリカ代表FWジョジー・アルティドールが技ありのゴール。これでトロントFCは追いついた。 ▽アルティドールは、ゴールを喜ぶためにゴール裏のスタンドへ。すると、スタンドに居たアトランタ・ユナイテッドのファンと見られる人物から、プラスチックのカップが投げ込まれる事態に。アルティドールは懸命にヘディングしようとしたが、わずかに届かなかった。 ▽すると、後ろからゴールを喜びに追いかけてきたジョビンコがおもむろにカップを拾い上げ、そのままゴクり。ビールがどれほど入っていたかは定かではないが、怒りを露わにせずにユーモアで返していた。 ▽なお、試合はその後アトランタ・ユナイテッドが再びリードを奪うも、84分にそのジョビンコがボックス手前からのFKを直接叩き込み2-2のドロー。ビールの効果?があったのかもしれない。 2017.10.23 21:00 Mon
twitterfacebook
thumb

「望むのであれば…」サンパウロ会長、オーランド・シティ退団発表のカカ復帰を歓迎

▽サンパウロの会長を務めるカルロス・アウグスト・バロス氏は、メジャーリーグ・サッカー(MLS)のオーランド・シティに所属する元ブラジル代表FWカカ(35)の復帰を歓迎している。イギリス『スカイ・スポーツ』が報じた。 ▽サンパウロでプロキャリアをスタートさせたカカは、ミランやレアル・マドリーでプレーした。その後、2013年9月にミランへの復帰を経て、2014年7月の時点で2015シーズンからオーランド・シティへ加入することが発表された。シーズンが開幕する2015年3月までの半年間は古巣であるサンパウロに復帰している。 ▽オーランド・シティ加入後、これまで公式戦78試合で28ゴール19アシストを記録していたカカ。そんな中、11日には契約満了となる今季限りでのクラブ退団が発表されていた。また同選手は、退団を発表する前に現役引退を示唆するコメントを残したものの、のちに「次に何が起きるかは僕にもわからない」と今後の去就に含みを持たせている。 ▽これに対して、サンパウロの会長を務めるバロス氏は、カカ本人が望むのであれば「なんでもする」とコメントしている。 「まだ何もないが、可能性はある。彼はサンパウロの歴史に関係の深い選手だ。復帰を望むのであれば、我々は実現に向けてなんでもするだろうね」 2017.10.17 11:23 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース