ボローニャのFWマンコーズがMLSのモントリオール・インパクトに完全移籍2017.03.03 21:33 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のモントリオール・インパクトは2日、ボローニャのイタリア人FWマッテオ・マンコーズ(32)の加入を発表した。契約期間は2年間となる。

▽マンコーズは、2015年1月にトラパニからボローニャへと移籍。その後はカルピへのレンタルを経て、2016年7月にモントリオール・インパクトにレンタル移籍していた。昨シーズンのMLSでは15試合出場3得点4アシストを記録。ボローニャでは昨シーズンのセリエAで21試合出場2得点を記録していた。

▽なお、マンコーズの獲得には、リーグ機構から補強資金が分配される制度(Targeted Allocation Money)を用いたとのことだ。

コメント

関連ニュース

thumb

英2部バーミンガムがアシュリー・コール獲得に関心! ビラDFテリーとダービーで激突も

▽チャンピオンシップ(イングランド2部)に所属するバーミンガムが、メジャーリーグサッカー(MLS)のロサンゼルス・ギャラクシーに所属する元イングランド代表DFアシュリー・コール(36)の獲得に関心を示しているようだ。イギリス『バーミンガム・メール』が伝えている。 ▽これまでアーセナルやチェルシーで活躍した、かつての世界最高の左サイドバックは、ローマ退団後の2016年からLAギャラクシーでプレーしており、今年12月に同クラブとの契約が終了する。 ▽バーミンガムを率いるハリー・レドナップ監督は、そのコールに関して獲得に関心を持っていることを認めている。 「アシュリー・コールは未だに偉大なプレーヤーだ。私にとって、チェルシー時代の彼は世界最高の左サイドバックだった。彼のことはよく知っているし、未だにこのレベルでプレーできると考えている」 「個人的に私はチームに2、3人の偉大なベテランプレーヤーを抱えたいと思っている。経験豊富なプレーヤーの存在は若手の成長を促すという部分で非常に有効だ」 「しかし、クラブが公式に獲得を目指しているとか、そういうことではない。私は今回のことに関して言及し、そのときだけのものになることを望んでいる」 ▽バーミンガムでは先日、LAギャラクシーを退団した元アイルランド代表FWロビー・キーン(37)獲得報道も出ており、仮にイングランド国内で豊富な経験を持つ百戦錬磨のベテラン2選手が加入すれば、プレミア昇格に向けた大きな補強となるはずだ。 ▽なお、バーミンガムのローカルライバルのアストン・ビラではコールのチェルシー時代の同僚である元イングランド代表DFジョン・テリー(36)が在籍しており、仮にコールの加入が決定すれば、ブルーズのレジェンド同士による白熱のバーミンガム・ダービーが期待できそうだ。 2017.07.16 15:17 Sun
twitterfacebook
thumb

MLSのサンノゼ・アースクウェイクスのブラジル人MFマテウス・シウバが水難事故で重体

▽メジャーリーグ・サッカー(MLS)のサンノゼ・アースクウェイクスは4日、ブラジル人MFマテウス・シウバ(20)が水難事故に遭い、重体であることを発表した。 ▽クラブの発表によると、マテウス・シウバはカリフォルニア州とネバダ州の間にあるタホ湖で水難事故に遭ったとのこと。人命救助措置を受け、タホ湖近くの病院に運ばれたとのことだ。その後、リノにあるリナウン・リージョナル・メディカル・センターに移送。重篤な状態とのことだ。 ▽マテウス・シウバは、2017年3月からUSL(ユナイテッド・サッカーリーグ)のレノFCへとレンタル移籍。ここまでリーグ戦2試合に出場していた。 2017.07.05 13:42 Wed
twitterfacebook
thumb

ラスベガスで奮闘するMF田島翔、MLS参入に向け「夢ではなく実現できるよう必死に頑張る」

▽MLS(メジャーリーグ・サッカー)への参入を目指し2016年に設立されたラスベガスシティFCに所属する日本人MF田島翔(34)から近況が届いた。 ▽ラスベガスのプロスポーツとして初めて日本企業がスポンサーになったラスベガスシティFC。スポンサーには、昨年会社設立20周年を迎えた観光ツアー会社・ネバダ観光サービス(代表 依田和恵)がつき、それを記念してチームから背番号「20」の新ユニフォームがプレゼントされたとのことだ。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/taji20170627_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:left;font-size:x-small;">設立20周年を迎えたネバダ観光サービスの依田和恵社長(前列右)らと記念撮影<hr></div>▽ネバダ観光サービスの依田社長は、田島について「ラスベガスで頑張る日本人を応援したいですし、ラスベガスを盛り上げてもらいたい」と激励。田島は「アメリカでまだ実績のない僕に、応援と期待でチームスポンサーになってくださり、ただただ感謝しかありません。ラスベガスのユニフォームに誇りと責任を持ってプレーしています」と感謝の気持ちを述べた。なお、田島は、今後ネバダ観光サービスとともに、日本・ラスベガスの子供たちのサッカー交流、様々な体験学習など企画していく予定とのことだ。 ▽FC琉球やロアッソ熊本などでプレーした田島が所属するラスベガスシティFCは、5月に監督が交代。これまでコーチを務め、現役時代はロサンゼルス・ギャラクシーでもプレーしたことがあるメキシコ人指揮官のチェオ氏が就任。田島はこれまでトップ下でプレーをしてきたが、左サイドでのプレーを直訴。そのパフォーマンスを見たチェオ監督も評価し、田島は左サイドでプレーすることとなり、鍵を握る選手として厚い信頼を寄せられ「次期リーグ戦では全試合90分出場してもらう」と期待を寄せている。 ▽田島はサイドでのプレーについて「気温45度の中、34歳の僕が何度もダッシュを繰り返すポジションになったのはキツさもありますが、やっぱりサイドは楽しい」と語り、チームのウィークポイントでもあったサイドでのプレーに自信をうかがわせた。 ▽また、チェオ監督は田島の俊敏性、判断力、テクニックを評価しているとのこと。田島は「毎年オフに地元・北海道のフットサルチームのエイトビートに所属し(2013年にはシュライカー大阪サテライト所属)、フットサルに取り組む事でそれらが養われ、ラスベガスで本当に生かされている」と語り、トレーニングとしてフットサルを取り込む重要性を感じているようだ。 ▽アメリカではインドアサッカーも盛んであり、「サッカーのトレーニングの一環として、フットサル同様、インドアサッカーも取り組むつもり」と田島はコメント。「34歳で技術的な向上は緩やかかもしれませんが、これまでと違うトレーニングの取り組みや食事改善などでまだまだ進化できると思いますし、現役へのこだわりはラスベガスでさらに強くなりました」と、新天地であるラスベガスで更なるサッカー人生を歩む決断をしたようだ。 ▽また、MLSを目指すラスベガスシティFCにとって朗報も。現在は5部に相当する独立リーグUPSL(ユナイテッド・プレミアサッカーリーグ)に所属するラスベガスシティFCだが、来シーズンから3部に相当するNPSL(ナショナル・プレミアサッカーリーグ)に昇格することが決定。100チーム以上が所属するリーグに所属し、MLSへの参入を目指すことになる。 ▽田島はクラブの目標でもあるMLS参入に向け「Jリーグなどとは違い、入れ替え戦のないアメリカサッカー。だからこそ、MLS参入を夢ではなく実現できるよう必死に頑張ります」とコメント。また、「日本人の僕はラスベガス在住の日本人の方々に注目や応援をしていただけるようにグランドでのプレーはもちろん、グランド外でもサッカー教室など活動の幅を広げていきたいと思います」と語り、ホームタウンであるラスベガスでのサッカーの発展に尽力することを誓った。 ▽UPSLは6月24日をもってリーグ戦が一時中断。9月から再び行われる。田島はここまでのリーグ戦で2ゴール1アシストを記録している。 2017.06.27 21:00 Tue
twitterfacebook
thumb

PSVのメキシコ代表MFグアルダード、来季MLS新規参入のロサンゼルスFC移籍へ

▽PSVのメキシコ代表MFアンドレス・グアルダード(30)が、2018年からメジャーリーグサッカー(MLS)に新規参入するロサンゼルスFCに加入するようだ。『ESPN』が伝えている。 ▽2018年6月にPSVとの契約が終了するグアルダードだが、現時点でクラブとの契約延長に応じる意思はなく、今夏の退団が有力視されている。 ▽そして、『ESPN』が伝えるところによれば、グアルダードは2018年からMLSに新規参入するロサンゼルスFCと4年契約で合意に至ったようだ。 ▽なお、グアルダードはMLSの新シーズン開幕に合わせて来年1月にアメリカへと旅立つ予定で、それまではPSVでプレーを続ける見込みだ。 ▽2015年にバレンシアからPSVに加入したグアルダードは、中盤のアンカーポジションで新境地を拓き、ここまで公式戦102試合に出場し、4ゴール22アシストの記録を残している。 2017.06.18 14:15 Sun
twitterfacebook
thumb

元熊本MF田島翔がアメリカUPSLのラスベガスシティFC入団会見「ラスベガスと日本をサッカーで繋げ盛り上げていきたい」

<div style="font-size:x-small;text-align:right;">写真提供:Las Vegas City FC<hr></div>▽MLS(メジャーリーグ・サッカー)への参入を目指し2016年に設立されたラスベガスシティFCが、かつてロアッソ熊本に所属したMF田島翔(34)の入団会見を行った。 ▽田島は、函館工業高校を卒業後、シンガポールのクレメンティ・カルサFC(現バレスティア・カルサFC)と練習生契約。その後、2004年に沖縄県リーグ1部のFC琉球と契約すると、九州サッカーリーグ、JFLを経験。2009年に地元・北海道サッカーリーグのノルブリッツ北海道に入団した。 ▽その後は、当時スペイン5部のTSKロセスにテスト入団しプレー。2012年にはロアッソ熊本に加入し、日本では初のプロ契約を結ぶ。熊本は1年での退団となったが、翌年にフットサルに転向し、Fリーグのシュライカー大阪のサテライトチームと契約。半年で退団すると、2014年にはクラブ・ワールドカップの常連であるオークランド・シティ(ニュージーランド)に加入した。 ▽2015年に再び日本に復帰し、北海道サッカーリーグの十勝フェアスカイFCに加入すると、2016年にはアメリカに渡り、NPSL(ナショナル・プレミアサッカーリーグ)のマイアミ・ユナイテッドFCに入団。元ブラジル代表FWアドリアーノともチームメイトとなった。そして2017年にラスベガスシティFCに加入した。 ▽田島はこれまで5試合に出場し4試合はトップ下で先発。2ゴール1アシストを記録するなど、すでに結果を残している。田島は今回のラスベガスシティFC移籍について意気込みを語った。 「ラスベガスという魅力のある場所で、MLS参入を目指すために新設されたクラブでプレーするのは、自分の集大成であり大きなチャレンジだと思いました。プレーでの貢献はもちろん、ラスベガスと日本をサッカーで繋げ盛り上げていきたいです。今季はプレーオフ出場と個人的には二桁得点を目標としています」 ▽アメリカ5部に相当する独立リーグUPSL(ユナイテッド・プレミアサッカーリーグ)に所属するラスベガスシティFCは、かつてブラジル代表として活躍し、日本代表監督も務めたジーコ氏がアドバイザーを務めており、昨年5月には元ブラジル代表MFロナウジーニョがゲスト加入してエキシビジョンマッチに出場するなど話題のクラブ。5年以内でのMLS参入を目指し、UPSLを戦っている。 ▽オーナーのラファエル・モレノ氏は、田島の獲得について「近い将来、日本でラスベガスシティFCのサッカースクール開校プランもあり、日本と積極的に交流を進めていきたい。ショウのプレーを気に入ってるし、満足している」とコメント。田島の能力を認めるとともに、日本との交流を深めたい狙いも明かした。 ▽また、ラスベガスのプロスポーツとして初めて日本企業がスポンサーになることも決定。観光ツアー会社・ネバダ観光サービス(代表 依田和恵)がスポンサーとなり、ユニフォームの背中にロゴが入ることも決定した。 ▽ネバダ観光サービスがラスベガスシティFCのスポンサーとなった理由は、日本人である田島の活躍を願ってのこと。田島を応援する理由として、「ラスベガスで同じ日本人として新たなチャレンジを行っていることに共感した」とコメント。また、「ラスベガスに強いインパクトを与えて頂きたい」と期待を語った。 「ここラスベガスで同じ日本人として新たなチャレンジを行っている田島選手に強く共感を覚えたためです。弊社も日本を母国とするスタッフが殆どですが、ラスベガスにて日本人の美徳、誠実さ、正直さを一人でも多くの外国の方々に認知してもらえるよう意識をして日夜業務を行っています」 「田島選手にも、フィジカル部分はなかなかアメリカで優位に出ることは難しいと思いますが、テクニックは勿論、戦術の理解度やチームメイトとの調和、監督の描くチームイメージ実現への努力、といった日本人の力が大いに発揮できる分野でラスベガスに強いインパクトを与えて頂きたいと期待しています」 ▽また、ラスベガスシティFCについてもコメントし、ギャンブルのイメージが強い街の魅力の多様化へのチャレンジを期待していると語った。 「まだ発足間もないチームですし、ラスベガスのサッカー人気もまだまだこれからといったところですが、NHLやNFLの誘致が決定するなどようやくプロスポーツが芽生えてきたラスベガスで是非メジャーリーグサッカーへの参戦を実現して頂きたいです」 「まだまだギャンブルのみのイメージが強い(実際は全く異なりますが)街ですので、魅力の多様化にとっても大変大事なチャレンジだと思います」 ▽日本とラスベガスの架け橋になることも期待されている田島。世界を渡り歩いた男の集大成となる挑戦は始まったばかりだ。 2017.05.26 21:00 Fri
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース