九州リーグのテゲバジャーロ宮崎が元磐田FW森島康仁、元岐阜MF髙地系治の加入を発表2017.03.03 20:30 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽九州サッカーリーグに所属するテゲバジャーロ宮崎は3日、昨シーズンまでジュビロ磐田に所属していたFW森島康仁(29)、同じく昨シーズンまでFC岐阜に所属していたMF髙地系治(36)の加入を発表した。

▽森島は、滝川第二高校から2006年にセレッソ大阪に入団。その後は大分トリニータ、川崎フロンターレ、ジュビロ磐田と渡り歩いた。J1では通算83試合出場13得点、J2通算165試合出場37得点を記録した。

▽髙地は大宮東高校からブラジルへと渡り、2001年に東京ヴェルディ1969に加入。その後は、沖縄かりゆしFC、FC琉球、サガン鳥栖、横浜FCと渡り歩き、2014年からFC岐阜でプレーしていた。両選手はクラブを通じてコメントしている。

◆FW森島康仁
「この度ジュビロ磐田から移籍しました森島です。テゲバジャーロ宮崎をJFLに昇格させる為、全力で頑張ります」

◆MF髙地系治
「FC岐阜から来ました髙地系治です。自分が持っている全ての力を出して、JFLに昇格できるよう貢献したいです。応援、よろしくお願いします!」

コメント

関連ニュース

thumb

大分、主将MF山岸智ら3選手との契約満了を発表

▽大分トリニータは18日、元日本代表MF山岸智(34)、DF黒木恭平(28)、FW大津耀誠(22)の3選手と来シーズンの契約を更新しないことを発表した。 ▽山岸は、これまでジェフユナイテッド千葉や川崎フロンターレ、サンフレッチェ広島で活躍し、日本代表でも11試合に出場した輝かしい経歴を持つ。2016年に当時J3に所属した大分に加入すると、リーグ戦こそ18試合の出場にとどまったものの、キャプテンとしてチームをまとめ上げ1年でのJ2復帰に貢献した。今季はJ2リーグで26試合に出場したが、今季限りでクラブを去ることになった。 ▽また、サガン鳥栖や愛媛FCに在籍していた黒木は、レノファ山口FCから今シーズンに加入。ここまではリーグ戦9試合に出場し1ゴールを挙げていた。 ▽セレッソ大阪の下部組織出身でザスパクサツ群馬でプロデビューを飾った大津は、2016年に大分に完全移籍で加入。今季はリーグ戦5試合に出場し3ゴールを記録していた。 ▽今季限りで退団する3選手のコメントは以下のとおり。 ◆MF山岸智 「2年間という短い期間でしたが、大分トリニータのキャプテンとして戦えたことを誇りに思います。残念ながら来年は一緒に戦うことはできませんが、これからは陰ながら応援しています。この2年間支えてくださった皆様に心から感謝しています。本当にありがとうございました!」 ◆DF黒木恭平 「1年間でしたが、大分トリニータでプレーできたことを誇りに思います。フロント、監督、スタッフ、選手、ファン・サポーター全ての人に感謝しています!熊本戦はこのメンバーで最後の試合になります。悔いのないように選手一丸となって戦いますので最後まで応援よろしくお願いします!」 ◆FW大津耀誠 「2年間本当にありがとうございました。なかなか力になることができなかったですが、大分に来てすごく成長できたと思います。これからは陰ながら大分トリニータを応援します。僕も頑張るので応援よろしくお願いします」 2017.11.18 20:23 Sat
twitterfacebook
thumb

YS横浜、樋口靖洋監督の来季続投を発表! 「3年目となる来季はジャンプの年に」

▽Y.S.C.C.横浜は18日、樋口靖洋監督(56)が2018シーズンも監督として続投することを発表した。 ▽これまでモンテディオ山形や大宮アルディージャ、横浜FC、横浜F・マリノス、ヴァンフォーレ甲府の指揮官を歴任してきた樋口監督は、2016年からYS横浜の指揮官に就任。就任1年目はJ3リーグを16位で終え、今シーズンはJ3第29節消化時点で14位に位置している。 ▽来シーズンも引き続きチームを率いることになった樋口監督は、公式サイトで新シーズンに向けた意気込みを語っている。 「来シーズンも引き続き指揮を執ることとなりました。こうしてクラブよりオファーをいただくことができ、監督を続けることができるのは、選手とスタッフが真摯にサッカーと向き合い、努力を積み重ねてくれた結果だと心から感謝を申し上げます」 「3年目となる来季は、ホップ・ステップ・ジャンプでいえばジャンプの年になります。これまで積み上げてきたものを、しっかりと結果に結びつけて、1つでも上の順位を目指して戦える魅力あるチームになっていく、そういった1年にしたいと強く思っております」 「引き続きYSCCへご支援、ご声援をいただき、多くの皆様がスタンドへ足を運んでいただけるように魅力あるチームになるよう頑張っていきたいと思います。宜しくお願い致します」 2017.11.18 13:36 Sat
twitterfacebook
thumb

京都、DF牟田雄祐の復帰を発表! 今年8月からFC今治に期限付き移籍

▽京都サンガF.C.は18日、今年8月からJFLに所属するFC今治に期限付き移籍していたDF牟田雄祐(27)が期限付き移籍期間満了に伴い、復帰することを発表した。 ▽2016年に名古屋グランパスから京都に加入した牟田だが、在籍1シーズン半を通じたリーグ戦の出場は6試合にとどまっていた。そして、今年8月に期限付き移籍で加入したFC今治では、JFLで10試合に出場していた。 ▽なお、牟田は退団の決まったFC今治の公式サイトで以下のようなメッセージを残している。 「今シーズン限りで退団することになりました。J3昇格の為に加入しましたが、その目標が達成できず本当に申し訳ありません。それでもいつも温かい声援を送って頂いたサポーターの前でプレーできたことは,自分にとって財産になりました。ありがとうございます」 「また岡田オーナー、監督、スタッフ、チームメイトをはじめ,FC今治に関わるたくさんの人たちのおかげで素晴らしい経験をすることができました。この経験をこれからに生かし感謝の気持ちをプレーで表現していきたいと思います。短い期間でしたが本当にありがとうございました」 2017.11.18 13:21 Sat
twitterfacebook
thumb

水戸、西ヶ谷隆之監督の今季限りでの退任を発表! 「また皆さんと再会できるようもっと力をつけていきたい」

▽水戸ホーリーホックは18日、西ヶ谷隆之監督(44)が2017シーズンをもって退任することになったと発表した。 ▽現役時代に名古屋グランパスエイトやアビスパ福岡、ヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)、ジェフユナイテッド市原(現ジェフユナイテッド市原・千葉)、アルビレックス新潟でプレーした西ヶ谷監督は、古巣東京Vユースコーチや中京大学サッカー部監督、新潟のヘッドコーチを経て2013年から水戸のヘッドコーチに就任。そして、2015年6月からは水戸の監督に就任した。 ▽水戸では途中就任となった2015シーズンのJ2で19位、2016シーズンを13位で終え、今シーズンは最終節を残した段階で13位と3シーズン連続でJ2残留に導いていた。 ▽西ヶ谷監督は、今季限りでの退任に際して以下のようなコメントを残している。 「今シーズンをもって水戸ホーリーホックを離れることになりました。コーチ、監督として5年間、ホーリーホックに関わる方々に支えて頂きながら仕事をすることができました。感謝の気持ちでいっぱいです。監督としては、残留争いをした2015 シーズンから今シーズンまで、苦しいこと、嬉しいこと、様々な経験をさせて頂きました。成長してくれた選手たちを誇りに思いますし、自分自身もチームと共に成長できたと実感しています。そして全ては、サポーターの皆さんの応援があってこそでした」 「もうケーズデンキスタジアム水戸で皆さんと一緒に戦うことができなくなることは寂しいですが、また皆さんと再会できるようもっと力をつけていきたいと思います。皆様、本当にありがとうございました」 「ただ、シーズンはまだ終わっていません。最終節の試合終了のホイッスルが鳴るまで、水戸らしいアグレッシブな試合をお見せしたいと思います。サポーターの皆さん、最後にもうひと押し、チームにパワーをください。よろしくお願いします!」 2017.11.18 13:10 Sat
twitterfacebook
thumb

金沢、所属7選手との契約満了を発表

▽ツエーゲン金沢は17日、所属する選手7名との契約を満了し、今シーズンで終えることを発表した。 ▽契約満了となった7選手の今シーズン成績、通算成績、コメントは以下のとおり。 ◆DF阿渡真也(27) 今シーズン成績:出場記録なし 通算成績:明治安田生命J2リーグ34試合、明治安田生命J3リーグ29試合1ゴール 選手コメント 「この度ツエーゲン金沢を退団することになりました。5年間在籍させてもらい、色々な経験をできたことは僕の財産です。またどんな状況でも応援してくださったサポーター、パートナーの皆様には感謝の気持ちでいっぱいです。ツエーゲン金沢がJ1に上がり、さらに素晴らしいクラブになることを願っています。本当にありがとうございました」 ◆DF太田康介(35) 今シーズン成績:明治安田生命J2リーグ28試合、天皇杯1試合 通算成績:明治安田生命J2リーグ141試合10ゴール、明治安田生命J3リーグ33試合7ゴール 選手コメント 「今シーズンをもちまして、契約満了でチームを去ることになりました。まずは4年間、どんなときもたくさんの応援ありがとうございました。J3で優勝し、ツエーゲン金沢をJ2に昇格させたこと、そしてチームをJ2に残すことで、自分の持っている最大限の力をこの金沢で出しきったと思っております。この先ツエーゲン金沢がJ1に上がり、飛躍してくれることを期待しております!」 「最後に5番のユニフォームを着ていつも熱い応援をしてくれたみなさん、本当にありがとうございました!みなさんに応援してもらったことでどんなに辛い時でも頑張ることができました!本当にありがとうございました!またどこかでお会いできることを楽しみにしております!」 ◆MF秋葉勝(33) 今シーズン成績:明治安田生命J2リーグ4試合 通算成績:明治安田生命J1リーグ87試合4ゴール、明治安田生命J2リーグ337試合26ゴール、カップ戦12試合3ゴール 選手コメント 「2年半の間ありがとうございました。昨年チームを離れ、また戻ってきた時に温かく迎えいれてもらえて嬉しかったです。今シーズンはチームに貢献することができず悔しかったですが、いいときも悪いときも温かく応援してくださり力になりました。この経験をこれからの人生に活かしていきたいと思います。本当にありがとうございました」 ◆MF富田康仁(27) 今シーズン成績:明治安田生命J2リーグ3試合、天皇杯1試合 通算成績:明治安田生命J2リーグ13試合、明治安田生命J3リーグ23試合3ゴール 選手コメント 「ツエーゲン金沢という素晴らしいクラブで5年間プレーさせていただき、本当に幸せな日々でした。どんなときも温かく全力で応援してくださったサポーター・パートナーの皆様には、ただただ感謝しかありません。本当にありがとうございました」 「在籍した5年間色々な事がありましたが、JFL・J3・J2という道を、このチームと共に歩めたことは僕の誇りであり、とてつもなく大きな財産です。 大好きな金沢を離れるのは辛いですが、この経験を糧にもっともっと成長出来るように頑張ります。いつの日かツエーゲン金沢がJ1の舞台で戦うことを願っています。そして心から応援しています。5年間、本当にありがとうございました!」 ◆DF嶺岸佳介(26) 今シーズン成績:出場記録なし 通算成績:明治安田生命J2リーグ13試合、明治安田生命J3リーグ12試合 選手コメント 「今シーズンをもって金沢を離れることになりました。この4年間良い時も悪い時も、いつも温かい声援を送り続けてくれたファン・サポーターの皆様には本当に感謝しています。1年目のJ3初年度優勝にはじまり、沢山の経験をさせてもらえたこと、そして素晴らしい仲間に恵まれたことは僕にとっての財産になりました。またいつか成長した姿を見せられるように頑張りますので応援して頂けたら嬉しいです。ツエーゲン金沢が今以上に魅力あるクラブになって地元金沢・石川の皆様にもっともっと愛されるクラブになることを願っております。4年間本当にありがとうございました」 ◆MF星野有亮(25) 今シーズン成績:出場記録なし 通算成績:明治安田生命J2リーグ25試合1ゴール 選手コメント 「3年間という短い時間でしたが、ツエーゲン金沢の一員として戦えたことを誇りに思います。またサポーターの皆様、いつも温かい声援を送っていただきありがとうございます。成長した姿を見せられるようにこれからも頑張っていきます。3年間ありがとうございました!」 ◆GK原田欽庸(31) 今シーズン成績:出場記録なし 通算成績:明治安田生命J2リーグ90試合、明治安田生命J3リーグ33試合 選手コメント 「ツエーゲン金沢でのプレーは、今シーズン限りとなりました。4年間という短い間でしたが、熱い応援ありがとうございました!J3の時からツエーゲン金沢に加入させてもらい、J2昇格をサポーターのみなさん・選手・コーチ・監督と分かち合えた事が僕の最高の思い出です!去年はJ2残留という目標になってしまいましたが、みんなが1つになって戦えた事が嬉しくて楽しかったです!」 「今年は自分に力がなく試合に出ることができず、ツエーゲン金沢の力になれずに申し訳ない気持ちでいっぱいです。残り1試合ですが、チームのため全力で戦います! 4年間、本当にありがとうございました!」 2017.11.17 16:56 Fri
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース