清水にブラジル人FW加入へ…アル・ヒラル、期限付き移籍を発表2017.03.03 16:43 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
▽アル・ヒラル(サウジアラビア)は3日、ブラジル人FWチアゴ・アウベス(24)が清水エスパルスに期限付き移籍で加入することを発表した。

▽アル・ヒラル側は、英語版のクラブ公式ツイッター(@Alhilal_EN)で「チアゴ・アウベスの清水エスパルスへのローン移籍が完了した」と伝えている。

▽181cmのサイドアタッカーであるチアゴ・アウベスは、ブラジルの名門サントスでキャリアをスタート。韓国クラブなどを渡り歩き、昨夏からアル・ヒラルに籍を置いていた。

コメント

関連ニュース

thumb

【J1クラブ中間評価】誤算に悩まされ堅守速攻体現できず《清水エスパルス》

▽2017シーズンの明治安田生命J1リーグは早くも折り返し地点に。DAZNマネーで増加した分配金などを巡る争いも背景に存在していることから、優勝争いのみならず、例年以上に戦いが激化している。超ワールドサッカー編集部は、このタイミングでJ1全18クラブを中間評価。今回は清水エスパルス編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆負傷者と低調な新戦力で安定を欠いた守備</span> 勝ち点18/4勝6分7敗<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/shimizu_senseki_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> ▽昨シーズンのJ2で圧倒的な攻撃力を見せつけた清水は、2年ぶりのJ1でも攻撃力を発揮。2枚看板のFW大前元紀が大宮アルディージャに移籍したことで得点力不足が懸念されたが、大エースFW鄭大世、10番を継承したMF白崎凌兵、そしてシーズン途中加入のFWチアゴ・アウベスの活躍もあり、前半戦で19ゴールを記録した。 ▽攻撃陣が一定の結果を残した一方で、守備陣は不安定さを露呈。DF犬飼智也、DF角田誠でスタートしたセンターバックコンビを固定できず、ボランチも開幕前にMF竹内涼、開幕戦にMF河井陽介が相次いで離脱。守備組織の構築に定評のある小林伸二監督の手腕をもってしても、安定感を生み出すことができなかった。 ▽さらに、新加入のDFフレイレ、DFカヌもチームにフィットせず、守備の強度を欠くことに。メンバーを固定できないことで攻守のバランスを保つことができず、第7節から第15節までの9戦で6分け3敗、先制しながらも勝ち切れずに多くの勝ち点を取りこぼした。 <span style="font-weight:700;">◆ポジション別採点</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170715_20_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> 【GK&DF】30/100点満点 ▽日本代表経験のあるGK六反勇治を最後尾に据えたものの、J1クラブの攻撃力に守備陣が対応できず25失点。特に試合終盤での失点に悩まされた。果敢な攻撃参加で相手の嫌な存在になりつつあるDF松原后と守備面でバランスがとれるDF鎌田翔雅の両サイドバックが好調なだけに、センターバック2枚の固定は急務だ。その中で、新加入のカヌが徐々に良さを発揮。第15節から採用されているDF二見宏志とのコンビが安定への兆候を見せている。 【MF】30/100点満点 ▽序盤からボランチで負傷者を抱える中、新戦力のフレイレとMF野津田岳人もポジションを確保するだけのパフォーマンスを見せられず、指揮官の頭を悩ませた。竹内の復帰後は、MF六平光成とボランチを組んだものの、バランサータイプの2人では小林伸二監督が掲げる「堅守速攻」を体現できず。特に、守備での力強さ、攻撃での展開力に欠けた印象だ。MF枝村匠馬、白崎、FWミッチェル・デュークと両サイドハーフが献身的なプレーで攻守に奮闘していただけに、中央で攻守両面のサポートができなかったのは痛い。屈強なフィジカルと低い位置からの組み立てを得意とするフレイレを中断期間でフィットさせ、安定感をもたらせたい。 【FW】60/100点満点 ▽個人技に長けたチアゴ・アウベスの加入で、攻守において存在感が大きい鄭大世のマークを分散させた。不動の2トップを形成し、2人で11ゴールを記録。後半戦に向けては好連携を築き、得点力により磨きをかけたい。一方で、ベンチに控える前線のメンバーは、運動量に長けているもののFW金子翔太(2得点)、FW北川航也(0得点)、FWミッチェル・デューク(1得点)と得点力に欠けた。2枚看板に次ぐ存在がいないことが不安材料となる。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内GOODプレーヤー</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170715_19_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div> FWチアゴ・アウベス(24歳/No.8) 明治安田生命J1リーグ:10試合(先発7回)/4ゴール ▽加入直後から鄭大世と共にオレンジ軍団の前線を牽引。果敢なドリブルと高精度かつ強烈な左足のキックで攻撃にアクセントを加え続けた。清水が専守防衛を取らずに済んだのは彼の存在が大きく、後半戦にかけては連携面や判断力を高めていきたい。貴重な戦力には変わりなく、噂される全北現代への移籍が気になるところだ。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内BADプレーヤー</span> MF野津田岳人(23歳/No.14) 明治安田生命J1リーグ:11試合(先発8回)/0ゴール ▽攻撃の強化に期待を寄せられて加入したレフティーモンスターだが、右サイドでは左足のシュートも空砲に終わり、ゴールという形で結果を残せなかった。また、負傷者を抱えたボランチの位置で起用されるも、チャンスメイク力と展開力が息を潜め、速攻の起点になりきれなった。起用の問題もあったが、本来のパフォーマンス見せられず、苦しい前半戦となった。 <span style="font-weight:700;">◆守備改善で勝ち点上積みへ</span> ▽前半戦は勝ち点の取りこぼしが目立ったが、J1復帰元年をひとまず残留圏内の13位でシーズンを折り返すことができた。目標である「9位以内」も射程圏内に捉えており、まずは守備面の改善に手をつけたい。そのためには、センターバックの固定とボランチの守備力向上が必要となる。 ▽さらに、ゲームメイクも改善が必要となり、中盤での支配率を高めて自分たちの攻撃の時間を増やしていきたい。戦いも安定させ、不用意に勝ち点を落とす試合を減らしたいところだ。 ▽攻撃面ではチアゴ・アウベスに移籍の噂が挙がっており、チームを去ることとなれば、新たな得点源が必要となる。控え選手が現状のパフォーマンスに終われば、一気に降格圏内へ巻き込まれる可能性も十分にあり得る。鄭大世のマークが再び厳しくなるだけに、控え組の奮起に期待したい。 2017.07.15 22:30 Sat
twitterfacebook
thumb

代表でアピールしクラブでの出場機会確保を狙う清水DF立田悠悟「ここで結果を出しながらクラブの方で試合に絡めたら」《AFC U-23選手権》

▽U-20日本代表は11日、千葉県内で今月19日〜23日にかけてカンボジアで行われるAFC U-23選手権予選に向けたトレーニングを実施した。 ▽練習後、トゥーロン国際大会を経てU-20日本代表に招集されたDF立田悠悟(清水エスパルス)が、メディア陣のインタビューに応対。今回の予選を足掛かりにクラブでの出場機会の増加と自身の成長に繋げたいとアピールを誓った。 <span style="font-weight:700;">◆DF立田悠悟</span>(清水エスパルス) <span style="font-weight:700;">──選出されたことについて</span> 「U-20ワールドカップのメンバーには選ばれず、その中から選ばれたというのは、自分が一つレベルアップできるチャンスをもらえたということ。それは嬉しかったですけど、所属クラブの方で結果を残せておらず、今回も天皇杯のメンバーに入れなかったので、嬉しい気持ちと悔しい気持ちの両方あります」 <span style="font-weight:700;">──トゥーロン国際大会は自身にとってどういう大会だったか</span> 「トゥーロンは、自分の中でも久しぶりの代表でした。それに並行してU-20ワールドカップもやっていたので、そのメンバーに入れなかった悔しさを出しました。自分の中では良いパフォーマンスができてたと思いますし、そのおかげで今回選ばれたと思っています。自分の中では良いフィーリングでできました」 <span style="font-weight:700;">──グループステージで1勝もできなかったが、世界との差はどんなところにあると思うか</span> 「やはり点を取るべきところで取らないと厳しい戦いになります。あとは、一瞬のスピードという部分で違いを感じました」 <span style="font-weight:700;">──今シーズン、J1デビューを果たしたが</span> 「正直、自分ができたなと思ったのはデビュー戦の時だけでした。それでも酷かったですけど。あとの2試合は自分の持ち味も出せなかったし、終始ビビってプレーしてしまいました。当然、試合に出るチャンスも失いました。こういうところで結果を出しながらクラブの方で試合に絡めたらと思います」 <span style="font-weight:700;">──13日には天皇杯に招集されていたメンバーも合流するが</span> 「明後日に合流するメンバーは自分より経験もありますし、実力的にも上だというのは分かっています。そういう選手たちから良い部分を吸収して、自分の成長に繋げられたらと思います。ここに来ている以上は、試合に出たいというのがあるので、ちゃんとアピールしてやっていきたいです」 2017.07.11 22:19 Tue
twitterfacebook
thumb

清水、痛快勝利で今季ホーム初連勝! G大阪は飛車角落ちの相手に黒星で今季初連敗《J1》

▽8日にIAIスタジアム日本平で行われた明治安田生命J1リーグ第18節の清水エスパルスvsガンバ大阪は、ホームの清水が2-0で勝利した。 ▽4勝6分け7敗の13位でリーグ戦を折り返した清水と、9勝5分け3敗の4位で後半戦を迎えたG大阪が激突した。 ▽この『クラブ創設25周年記念マッチ』で2試合ぶりの勝利を狙う清水は、出場停止の鄭大世、負傷離脱のチアゴ・アウベスといった攻撃の2枚看板が欠場。代わって、5日に30歳の誕生日を迎えた長谷川と、金子がスタートから起用された。 ▽一方、後半戦白星スタートを見据えるG大阪は、0-1で落とした前節の鹿島アントラーズ戦から中2日ということで、ローテーションを採用。藤春、今野、アデミウソン、長沢に代えて、初瀬、遠藤、泉澤、呉屋をスタメン起用した。 ▽試合は、開幕からアウェイ戦でわずか1敗のG大阪が立ち上がりからボールの主導権で巧者に。しかし、清水も13分、高い位置でのボール奪取からミッチェル・デュークがゴールに迫るなど、G大阪よりもスムーズな攻撃を展開する。 ▽ボールポゼッションで優位に立ちながらも攻撃の活路を探る状況が続くG大阪。20分を過ぎても、いっこうにシュートを打てずにいると、29分に被弾する。右CKから金子のクロスにファーサイドの松原が合わせ、清水が先制した。 ▽続く31分にも松原にネットを揺らされたG大阪だが、この場面はオフサイドの判定。しかし、G大阪がルーズボールの処理をもたついた40分には、竹内がボックス左深くから折り返し、鎌田のヘディングシュートで清水が2点目を手にした。 ▽2点ビハインドで試合を折り返したG大阪は、後半の頭から遠藤、初瀬を下げて、長沢、藤春を投入する2枚替え。テンポを上げて、倉田や長沢、泉澤、呉屋が積極的にシュートを放っていくが、GK六反の牙城を崩せない。 ▽72分に早くもアデミウソン投入で3枚目の交代カードを切ったG大阪。76分には、アデミウソンを起点にした攻撃から藤春の折り返しにニアサイドの長沢が頭で合わせるが、これも枠に飛ばせない。 ▽その後も波状攻撃を展開したG大阪だが、ファビオのパワープレーもむなしく、2戦連続の完封負けで今シーズン初の連敗。攻守に手堅さが光った清水は、今シーズン初のホーム連勝で後半戦白星スタートを切った。 2017.07.08 19:55 Sat
twitterfacebook
thumb

金沢が清水の韓国人DFビョン・ジュンボンを期限付き移籍で獲得「練習から全力を尽くしたい」

▽ツエーゲン金沢は2日、清水エスパルスの韓国人DFビョン・ジュンボン(26)が期限付き移籍で加入することを発表した。期限付き移籍期間は2018年1月1日までとなり、清水との公式戦に出場することができない。背番号は「33」に決定した。 ▽ビョン・ジュンボンは、韓国の建国大学から2014年にサンフレッチェ広島に加入。2016年から清水に期限付き移籍すると、同年8月に完全移籍で加入した。今シーズンは明治安田生命J1リーグでの出場はなく、ルヴァンカップで4試合に出場していた。ビョン・ジュンボンは両クラブを通じてコメントしている。 ◆ツエーゲン金沢 「このたび、エスパルスより移籍してきましたビョン・ジュンボンです。チームの勝利のために、まずは練習から全力を尽くしたいと思います。ツエーゲンのサポーターの皆さん、これからよろしくお願いします」 ◆清水エスパルス 「エスパルスのユニフォームを着ることができて、すごく嬉しかったです。去年は試合に出場することができ、また、最後にみんなで喜び合うことができて本当に良かったと思っています。残念ながら今年はなかなか試合に出場することができず、今回移籍することになりましたが、サポーターの皆さんには本当に感謝しています。金沢では一所懸命に頑張りたいと思います。これまで、温かく応援いただき、ありがとうございました」 2017.07.02 13:27 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘイス2戦連発の札幌、清水撃破で連敗を「6」でストップ《J1》

▽1日に札幌ドームで行われた明治安田生命J1リーグ第17節の北海道コンサドーレ札幌vs清水エスパルスは、ホームの札幌が1-0で勝利した。 ▽勝点12で16位の札幌が同18で13位につける清水を迎え撃った。リーグ6連敗中で降格圏に沈む札幌は、前節を出場停止で欠場した福森が先発復帰。前節、ホーム初勝利で第6節以来の白星を手にした清水は、チアゴ・アウベスを負傷で欠く一方で、発熱で出場が危ぶまれたミッチェル・デュークがスタメン入りした。 ▽試合は、ここ7戦不発の都倉を基準点とした攻めで清水が立ち上がりからペースを握る展開でスタート。その札幌は6分、後方からのフィードがカヌと相手GKの連携ミスを誘う。その流れからボックス右でボールを拾った都倉が相手DFを引きつけて中央にパスを出すと、これに反応したヘイスがワントラップから左足でシュート。相手のミスを突いた札幌が先制した。 ▽立ち上がりから全体的に後ろに重い戦いが続く清水は、その後も攻勢の札幌に苦戦を強いられる。その中で、19分には枝村のスルーパスに反応した金子が最終ラインのスペースを抜け出すが、シュートはGKク・ソンユンの正面。続く23分には、右サイドの鎌田が上げたクロスにボックス中央のミッチェル・デュークが頭で合わせるが、ここもGKク・ソンユンに阻まれしまう。 ▽ヘイスの2戦連発となるゴールで1点リードの札幌は、迎えた後半も立ち上がりに都倉、菅のシュートでゴールに迫るなど良い入りを見せるが、対する清水も縦に鋭い仕掛けやセットプレーから反撃。せめぎ合いの試合展開となる。しかし、試合は互いに攻めきれない攻撃が続いたことで停滞。スコアに動きなく、時間だけが過ぎていく。 ▽活路を見いだしたい清水は、後半の半ばを過ぎて、金子、枝村、鎌田を諦め、村田、長谷川、北川といった攻撃的な選手を投入。兵藤、菊地、ヘイスに代えて早坂、キム・ミンテ、河合にスイッチした札幌のカウンターを受けながら、攻撃的な姿勢を強めていくが、ゴールが遠い。結局、札幌が今シーズン2度目の無失点勝利で連敗を「6」でストップ。清水は3試合ぶりの黒星を喫した。 2017.07.01 15:55 Sat
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース