神戸加入決定のポドルスキが思いを綴る「人生において新しいことに取り組むための決断」2017.03.02 18:24 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヴィッセル神戸への完全移籍が発表されたガラタサライの元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが自身のインスタグラムを更新。ファン・サポーターへのメッセージを綴った。

▽2日、ガラタサライ、ヴィッセル神戸ともにポドルスキの移籍を発表した。ケルンの下部組織で育ったポドルスキは、バイエルンやアーセナル、インテルでプレー。2015年7月にガラタサライに加入していた。

▽ポドルスキは、自身のインスタグラム(poldi_official)でメッセージを更新。自身が神戸移籍を決断したことを明かしつつ、残りシーズンをガラタサライのために戦うことを誓った。

「シーズンが終わったら、日本のJリーグのチームであるヴィッセル神戸に移籍することを共有したい。これはガラタサライの決定ではなく、僕が人生において新しいことに取り組むための決定だ」

「その時がきたら、僕から詳しい説明をする。でも、僕が今集中しているものは、ガラタサライと素晴らしいサポーターを助け続けることです」

コメント

関連ニュース

thumb

大島が負傷交代の川崎F、神戸にドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節のヴィッセル神戸vs川崎フロンターレが23日にノエビアスタジアム神戸で行われ、0-0で終了した。 ▽ここまで11勝3分け12敗で11位の神戸と、首位の鹿島アントラーズから勝ち点6差の2位につける川崎Fが対戦した。神戸は、2-0で勝利した前節の北海道コンサドーレ札幌戦と同様の先発を起用。一方の川崎Fは、0-3で勝利した前節の清水エスパルス戦から長谷川と森谷に代えてエドゥアルド・ネットと阿部を起用した。 ▽先に決定機を迎えたのは神戸だった。8分、ボックス右手前でポドルスキが左足でクロスを入れると、正面の田中順がヘッド。このヘディングシュートが枠を捉えるも、GKチョン・ソンリョンのビッグセーブに遭って先制点とはならない。 ▽ハーフタイムにかけては好勝負が展開される。より前に出て行ったのは中村を中心に仕掛ける川崎Fだが、神戸の守備陣も粘り強く対応して得点を許さない。結局、オープンな展開も両者ゴールチャンスの少なかった前半はゴールレスのまま終了する。 ▽迎えた後半、川崎Fは55分にアクシデント。負傷でプレー続行不可能となった大島が担架でピッチを後にすることになり、代わりに森谷が投入される。 ▽すると、ペースを掴み始めた神戸が決定機を迎える。味方浮き球パスをゴールエリア右付近の渡邉がハーフボレー気味に叩く。しかし、ニアサイドを狙ったこのシュートは右ポストに直撃し、先制点とはならない。 ▽終盤にかけても一進一退の攻防が続く。川崎Fは78分、カウンターから最後はゴール正面の森谷が枠内シュートに持ち込む。だが、これはコースが甘く、神戸GKキム・スンギュのセーブに阻まれる。対する神戸は85分、ゴールエリア左付近のポドルスキが枠内シュートに持ち込むも、GKチョン・ソンリョンも好セーブを披露して得点を許さない。 ▽結局、試合は最後までスコアが動かないまま試合終了。両者が勝ち点を分け合っている。 2017.09.23 20:55 Sat
twitterfacebook
thumb

田中順&渡部弾の神戸が札幌に快勝《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第26節のヴィッセル神戸vs北海道コンサドーレ札幌が16日に神戸総合運動公園ユニバー記念競技場で行われ、2-0で神戸が勝利した。 ▽ここまで10勝3分け12敗で11位の神戸と、7勝5分け13敗で14位に位置する札幌が激突した。神戸は1-2で勝利した前節のガンバ大阪戦から大森に代えて田中順を起用する1点を変更。対する札幌は、2-1で勝利した前節のジュビロ磐田戦と同様のスタメンで臨んだ。 ▽試合は、早々に神戸がスコアを動かす。4分。ボックス左手前で中に切れ込んだポドルスキが右足でミドルシュート。GKク・ソンユンが正面ながらもこのシュートを弾くと、こぼれ球を田中順が押し込み、神戸が先行した。 ▽出鼻を挫かれた札幌だが、9分には反撃。チャナティップの浮き球スルーパスで正面に抜け出したヘイスがGKをはずすシュートを放つ。無人のゴールにボールが向かうも、これはカバーリングに入ったDF岩波の好クリアに遭って同点弾とはならない。 ▽すると、22分には神戸が突き放す。藤田が蹴った左CKにニアサイドの渡部がヘッド。このシュートが決まり、神戸がリードを2点に広げた。 ▽さらに神戸は41分にもゴールに近づく。左サイドから三原がクロスを入れると、ペナルティアークの小川がバウンドしたボールを左足ボレー。このシュートが枠を捉えたが、GKク・ソンユンのファインセーブに阻まれた。 ▽迎えた後半も好勝負が展開される。札幌はハーフタイム明けから都倉に代えてジェイを投入。一方の神戸はポドルスキが積極性を見せる。そのポドルスキは62分、ボックス左でDFに囲まれながらも強引に仕掛けて左足を振り抜く。しかし、強烈なシュートは枠に飛ばない。 ▽終盤にかけても手を緩めないポドルスキは果敢にゴールを狙う。88分には独力で仕掛けてボックス左から枠内シュート。しかし、これもGKク・ソンユンのセーブに阻まれる。 ▽結局、ポドルスキにゴールは生まれなかったものの、そのまま神戸がシャットアウト勝ち。前節のG大阪に続く白星を手にした。 2017.09.16 21:04 Sat
twitterfacebook
thumb

ポドルスキがELでの地元クラブvs古巣クラブの対決に「素晴らしいことだ」

▽ヴィッセル神戸の元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが、自身が育ったクラブと古巣クラブの対決についてコメントした。ドイツ『キッカー』が報じた。 ▽2017-18シーズンのヨーロッパリーグが、14日に開幕する。ポドルスキの故郷であり、育ったクラブでもあるケルンは、3シーズンを過ごしたアーセナルとアウェイで対戦する。 ▽日本とは時差がある中、ポドルスキは古巣同士の対戦を観るとコメントした。 「僕は常にクラブに忠実だよ。試合もよく観ている。でも時差(7時間)があるから、バカみたいにいつも試合は夜なんだ。それでも、僕は試合を観るよ」 「素晴らしいことだね。僕はケルンファンだ。でも、アーセナルのことも見ている。素晴らしい3年間を過ごしたし、ファンとクラブと素晴らしい経験をした」 ▽今回はアーセナルのホームであるロンドンでの試合となるが、リターンマッチではケルンにアーセナルを迎えることとなる。ポドルスキは、地元にアーセナルがやってくることを幸せに感じているようだ。 「ケルンにとっては大変なことだと思う。アーセナルは過去50年間になかった、ミュンガースドルフ(スタジアムのある地域)でプレーする。このようなクラブ同士が対戦することは、僕にとって幸せだよ」 2017.09.14 21:14 Thu
twitterfacebook
thumb

神戸、吉田体制初勝利 “古巣戦”大森弾含む2発で覇気なしのG大阪撃破《J1》

▽9日に市立吹田サッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第25節のガンバ大阪vsヴィッセル神戸は、アウェイの神戸が2-1で勝利した。 ▽7位につけるG大阪は、7日に長谷川監督の今シーズン限りでの退任を発表。連勝を狙う今節は、東口、三浦、井手口の代表組3人が先発出場した。一方、直近5試合で1分け4敗と苦しむ神戸は11位に位置。先発には、代表帰りのキム・スンギュが名を連ねた。 ▽ルヴァンカップ2試合を含めて同一カード3連戦中の両者が舞台をJリーグに変えた一戦は、序盤からG大阪ペースに。だが、バイタルエリアに差し掛かった攻撃は、最後の崩しで神戸の守備網に引っかかり、なかなかシュートチャンスに結び付かない。 ▽そうした中、神戸は粘り強い守備から7分にルーカス・ポドルスキ、10分に古巣対戦となる大森がゴールチャンスを演出。徐々にG大阪ゴールに迫ると、18分には右サイドを縦に仕掛けた藤谷のクロスから渡邉のワンタッチシュートが決まり、神戸が先制する。 ▽リードを許したG大阪は、失点後もボールの主導権を握るが、ペースが上がらない。39分には遠藤が右足シュートで神戸ゴールに迫るが、惜しくもクロスバーの上。その後も攻撃に圧力を強めたが、出足の鋭い守備に苦しみ、難しい戦いを強いられてしまう。 ▽後半の立ち上がりからペースを上げたいG大阪。だが、次にネットを揺らしたのも神戸だった。55分、右サイドの藤谷が低いクロスを供給。これがファビオの中途半端なクリアを誘い、こぼれ球に反応した大森が右足シュートをゴール左に沈め、神戸が引き離した。 ▽どこか元気のないG大阪は2失点目の直後、泉澤とファン・ウィジョを立て続けに起用。63分には、ファン・ウィジョがボックス左で相手のファウルを受けてPKのチャンスを獲得する。これを倉田が落ち着いてゴール左隅に決め切り、G大阪が1-2とした。 ▽倉田の2戦連発となるシーズン8得点目で1点を返したG大阪は、残る交代枠で米倉を投入するが、守りを堅めた神戸から2点目を奪えず、2試合ぶりの黒星。逃げ切った神戸は、吉田体制発足後初白星を手にしている。 2017.09.09 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

神戸FWレアンドロに再び悪夢…左ヒザ再手術で全治8~9ヶ月

▽ヴィッセル神戸は8日、ブラジル人FWレアンドロが8月中旬に左ヒザ前十字じん帯損傷の重傷を負い、今月7日に手術を受けたことを発表した。なお、全治は8~9ヶ月が見込まれる。 ▽レアンドロは、今年2月25日に敵地で行われた明治安田生命J1リーグ開幕節の清水エスパルス戦(1-0で神戸が勝利)で負傷交代。その後の検査で、全治6カ月の左ヒザ前十字じん帯および外側半月板の損傷が判明した。 ▽その後、母国での治療を経て日本に戻ったレアンドロだったが、8月中旬にいぶきの森球技場で行われた練習中に負傷し、神戸市内の病院にて検査を行った結果、左ヒザ前十字じん帯損傷と診断され、今月7日に同病院にて手術を行った。 ▽今夏、獲得した元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキや元日本代表FWハーフナー・マイクが適応に苦しむ中、昨シーズンのJ1リーグ得点王の復帰を心待ちにしていた神戸だったが、痛恨のエース再離脱となった。 2017.09.08 15:46 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース