熊本がヴィトーリアからFWモルベッキを完全移籍で獲得2017.03.02 11:22 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
▽ロアッソ熊本は2日、ブラジルのヴィトーリアからFWガブリエウ・モルベッキ(19)が完全移籍で加入することを発表した。

▽モルベッキは、ヴィトーリアの下部組織出身で、U-20チームでプレーしていた。185cm、78kg。モルベッキはクラブを通じてコメントしている。

「ロアッソ熊本に加入することになり、嬉しく思います。チームのJ1昇格に貢献できるよう頑張ります。よろしくお願いします」

コメント

関連ニュース

thumb

熊本の猛攻を凌いだ大分が今季3勝目! 熊本は今季初の連敗...《J2》

▽明治安田生命J2リーグ第5節のロアッソ熊本vs大分トリニータが26日にえがお健康スタジアムで行われ、1-0で大分が勝利した。 ▽4節終了時点で、1勝1敗2分で12位につける熊本と2勝2敗で10位につける大分が激突した一戦。両者ともにけん制し合う中で、大分は6分に中盤でボールを奪った三平がハーフウェイライン付近からロングシュートを放つが、ゴール右に外れる。対する熊本は14分、ボックス右手前でパスを受けた嶋田がフリーで左足を振り抜くも、相手DFに当たってわずかにゴール右へと外れる。 ▽互いに決定機を作り切れない展開が続くと、徐々に大分が熊本を押し込み始める。42分、右サイドのパス回しから松本がクロスを供給。これを後藤が頭で合わせると、左ポストに嫌われる。その直後、右サイドでボールを受けた松本がグラウンダーのクロス。ボックス内で後藤がシュートを放つと、一度はGK佐藤に弾かれるも、こぼれ球に素早く反応した伊佐が押し込んだ。 ▽後半に入ると、1点ビハインドの熊本が攻勢を強める。51分、ボックス手前で嶋田がパスを受けると、左足でシュート。さらに68分、途中出場の安柄俊がボックス右外でボールを受けると、カットイン。左足でシュートを放つも、枠を捉えることができない。 ▽それでも得点が奪えない熊本は74分、平繁に代えてグスタボを投入し、攻撃に推進力を加える。すると80分、敵陣中央でパスを受けた上里がロングシュート。これがGK佐藤のパンチングを誘い、林が反応するも、決め切ることができない。その後もサイドからゴール前に迫るも、クロスの精度を欠き、大分ゴールを脅かすには至らず。一方の大分は終盤、後藤に代えて坂井を投入して、試合をシャットアウト。1点を守り切った大分が今季3勝目を挙げた。一方の熊本は連敗を喫している。 2017.03.26 15:33 Sun
twitterfacebook
thumb

冨安J初弾にウェリントン3戦連発の福岡が10人の熊本撃破で3連勝《J2》

▽19日にレベルファイブスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第4節のアビスパ福岡vsロアッソ熊本は、ホームの福岡が2-1で勝利した。 ▽開幕から2勝1敗で7位の福岡と、1勝2分けで8位の熊本が激突した。試合はアウェイの熊本が前に意識を高めたことで、一進一退の攻防戦が繰り広げられていく展開となる。 ▽こう着状態のまま後半を迎えた試合は54分に動く。右CKから駒野がクロスを上げると、ウェリントンの競り合いから生まれたルーズボールを冨安が頭で押し込んだ。 ▽冨安のJ初ゴールで均衡を破った福岡だが、その後も熊本に押し込まれる苦しい展開が続き、流れを完全に引き寄せることができない。 ▽すると、熊本は66分、左サイドからドリブルを仕掛けた片山がボックス左深くからクロス。ファーサイドに詰めていた巻が頭で叩き込んだ。 ▽追いつかれた福岡は73分、57分から途中出場のウィリアン・ポッピ独力のカウンターを発動。これをファウルで止めた黒木に一発退場が命じられ、福岡が数的優位となる。 ▽アドバンテージを得た福岡は76分、石津が左サイドから右足でセンタリングを供給。これに反応したゴール正面のウェリントンが頭でボールを流し込んだ。 ▽ウェリントンの3試合連続となる一発で勝ち越した福岡は、リスクを冒して前がかりに出てきた熊本の反撃を凌ぎ切り、2-1で勝利。リーグ戦3連勝を飾った。 2017.03.19 15:56 Sun
twitterfacebook
thumb

熊本のDF小谷祐喜、DF三鬼海が負傷離脱…小谷は山形戦で負傷

▽ロアッソ熊本は14日、DF小谷祐喜、DF三鬼海の負傷を発表した。 ▽小谷は12日に行われた明治安田生命J2リーグ第3節のモンテディオ山形戦で負傷。20分に競り合いで痛めると、26分にDF光永祐也と交代していた。検査の結果、左第7、8肋骨骨折、気胸と診断され、全治は約4週間の見込みとなっている。 ▽三鬼は10日の練習中に負傷。左ヒザ外側側副じん帯損傷と診断され、全治は約6週間とのことだ。 ▽小谷は今シーズンの開幕戦から3戦連続で出場。第2節のファジアーノ岡山戦ではゴールを記録していた。三鬼は今シーズンから加入。しかし、ここまで出場機会はなかった。 2017.03.14 15:49 Tue
twitterfacebook
thumb

熊本を退団したDF藏川洋平が東海サッカーリーグ1部の鈴鹿アンリミテッドFCに加入

▽ロアッソ熊本は21日、DF藏川洋平(39)が東海社会人サッカーリーグ1部の鈴鹿アンリミテッドFCへ完全移籍することを発表した。 ▽藏川は愛知学院大学から2000年に横浜F・マリノスへ入団。しかし、1年で退団しFCホリコシ(現アルテ高崎)に移籍すると、2006年に柏レイソルに移籍。徐々に出場機会を増やしレギュラーを獲るも2011年に契約満了。2012年から熊本でプレーしていた。 ▽5シーズンを過ごした熊本ではJ2で132試合に出場し5得点を記録していた。藏川は鈴鹿を通じてコメントしている。 「この度、鈴鹿アンリミテッドFCに加入する事になりました藏川です。まだ現役でやれる事を嬉しく思います!JFL昇格の力になれるように頑張りたいと思います!ファン・サポーター・三重県の皆様、応援よろしくお願いします!」 2017.02.21 16:41 Tue
twitterfacebook
thumb

新戦力躍動の北九州が快勝!! 熊本は後半チャンス作るも決めきれず未勝利で大会終える《DAZNニューイヤーカップ》

▽11日に2017 JリーグDAZNニューイヤーカップの鹿児島ラウンド第3節のロアッソ熊本(J2)vsギラヴァンツ北九州(J3)が行われ、3-0で北九州が勝利した。 ▽ここまでの2試合で1分け1敗の熊本と、同じく1分け1敗の北九州による“バトル・オブ・九州”。九州地方を襲った記録的寒波の影響で、ピッチの至る所に雪が残った状態でキックオフを迎えた。お互いに白星で大会を終えたい2チームの一戦は、お互いに[4-4-2]のフォーメーションを採用して臨んでいる。 ▽試合は開始2分、上里が出した浮き球のパスに平繁が反応。ボックス内でシュートを試みるが、戻った刀根がスライディングでブロックした。北九州も左サイドでボールを受けた神崎が右足で狙うなど、お互いに攻撃的な姿勢を見せる入りとなった。 ▽その後は北九州がやや押し込む形を見せる。左サイドを起点にピッチの幅を使いながら熊本を押し込むと、23分にはこぼれ球を拾った中原が積極的にミドルシュートを狙う。熊本は、前線の動き出しと中盤からのパス出しが合わない場面が目立ち、相手陣内にボールを運んでもハイプレスに出る北九州の網にかかる。 ▽すると40分、ボックス右でボールを受けた茂が縦に突破して右足でクロスを入れると、ニアで平井が合わせる。これはうまくミートできなかったものの、平井がこぼれたボールを自分で押し込んで北九州が先制する。しかし北九州は直後にイムが足を負傷し、米原と交代でベンチへと下がり前半を終えた。 ▽追いかける熊本はハーフタイムで村上を下げて上村を投入する。しかし48分、GK野村のクリアミスを拾った平井がボールを収めてゴール前にボールを配給。池元のシュートはうまくミートできなかったものの、茂がこぼれ球をシュート。一度はGK野村に防がれたが、こぼれ球を茂が押し込んで北九州が2点目を奪った。 ▽2点を追う展開となった熊本は、前線の平繁や田中が裏を狙い、そこに中盤からロングボールが出るようになるも、攻撃をフィニッシュで終われない場面が続く。それでも57分には田中のスルーパスから裏に抜け出した岡本がシュート。しかしこの一対一の場面はGK高橋に軍配が上がった。 ▽しかしこのプレーで勢いが増した熊本は岡本がやや中央に絞った位置でプレーしてゲームをコントロール。66分にはその岡本がパス交換でマークを剥がしてボックス外から狙うも、ボールは枠を捉えきれなかった。 ▽終盤にかけてはお互いに選手を入れ替えて流れを変えようとする。しかし熊本が優位に試合を進める展開は変わらず、84分には岡本のスルーパスに抜け出した途中出場の八久保がボックス内からシュートを狙うが、GK高橋が止める。 ▽チャンスを外し続けていた熊本に対して北九州は86分、ボックス右でFKを獲得するとこの流れから鈴木が頭でゴールネットを揺らしてダメ押しとなる3点目を奪った。 ▽その後は北九州が危なげない試合運びを見せて終了のホイッスル。北九州が新戦力の活躍で今大会初勝利を飾った。一方の熊本は後半にチャンスを作るも決めきれず、未勝利で大会を終えた。 ロアッソ熊本 0-3 ギラヴァンツ北九州 【北九州】 平井将生(40) 茂平(48) 鈴木翔登(86) 2017.02.11 12:55 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース