超ワールドサッカー

昨季J1得点王FWピーター・ウタカ、期限付き移籍でFC東京へ2017.03.01 17:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FC東京は1日、サンフレッチェ広島に所属する元ナイジェリア代表FWピーター・ウタカ(33)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2017年3月1日~2018年1月1日まで。背番号は「9」に決定した。同期間中、サンフレッチェ広島と対戦する全ての公式戦に出場することはできない。

▽ピーター・ウタカは2015年、清水エスパルスに加入。2016年から期限付き移籍で広島に加わると、明治安田生命J1リーグ33試合19ゴールで、ヴィッセル神戸のFWレアンドロと共に自身初のJ1得点王を獲得した。しかし、その活躍による高年俸がネックとなり、所属先が決まらず、不透明な状況となっていた。

▽2月28日付けで広島に完全移籍した後、FC東京に期限付き移籍することになったピーター・ウタカは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆FC東京
「FC東京に加入することができて大変うれしく思います。チームメイトや熱狂的なファン・サポーターのみなさんにお会いできるのが楽しみです。まずは自分のコンディションを上げるために、一生懸命トレーニングに励みたいと思います。一試合一試合に全力を尽くし、FC東京のために戦いますので、応援よろしくお願いします」

◆サンフレッチェ広島
「ピッチ内外で支えてくれたスタッフやチームメイトに感謝いたします。ケガなく良いシーズンになるよう願っております。そして、常に支えてくれた広島のサポーターの皆さん、ありがとうございました。サンフレッチェ広島の幸運をお祈りいたします」

コメント

関連ニュース

thumb

磐田FW小川航基がプロ初弾を含むハットトリックの活躍でFC東京を一蹴《YBCルヴァンカップ》

▽26日、JリーグYBCルヴァンカップ グループA第3節のジュビロ磐田vsFC東京がヤマハスタジアム(磐田)で行われ、3-1で磐田が勝利した。 ▽ここまで2試合を戦い、2連敗で最下位の磐田と消化試合が1試合ながら1勝で3位につけるFC東京の一戦。直近のリーグ戦からは互いにメンバーを入れ替え、控えメンバーを中心的に起用した。 ▽試合はホームの磐田がいきなり動かす。11分、右サイドからのクロスをアダイウトンがボックス中央で豪快にヘッド。GKが弾くも、こぼれ球に反応した小川航がしっかりと詰めてプロ初ゴール。これで磐田が先制する。 ▽先制を許したFC東京は14分、高萩のロングパスをディフェンスライン裏に抜け出した阿部がボックス内右からシュート。これは枠を捉えるもGK志村がしっかりとセーブする。 ▽磐田は18分、左サイドからのボールをディフェンスラインの裏に抜けたアダイウトンがトラップ。すると、これをGK大久保が倒してしまい一発退場。これにより、ネイサン・バーンズに代えてユース昇格組のルーキーGK波田野を入れる。しかし、PKを小川航がしっかりと右隅に沈め、磐田が2点のリードを得る。 ▽思わぬアクシデントに見舞われたFC東京は26分、FC東京はボックス手前でFKを獲得。これを中島が直接狙うとシュートは壁を超えてゴールへ。しかし、左ポストを直撃し、得点とはならない。 ▽磐田は31分、上田が自陣からロングボールを送ると、これを裏に抜けた小川航が受けてボックス内右からシュート。しかし、これはGK波田野が触り、クロスバーに防がれてしまう。 ▽62分、上田のシュート性のボールをボックス内で受けた小川航が落ち着いて蹴り込み、ハットトリックを達成する。 ▽88分、中島のパスに抜け出したピーター・ウタカがドリブルで持ち込みシュート。しかし、これは左ポストに嫌われる。89分には中島のシュートがゴールに向かうも、クロスバーに嫌われる。 ▽ボックス内右から齋藤がシュートもGK波田野がセーブ。こぼれ球を松井がバイシクルで狙うも、ファウルを取られてしまう。FC東京は86分、左CKからのクロスに吉本が頭で合わせて1点を返すも反撃はここまで。3-1で勝利した磐田が、グループステージ初勝利を飾った。 2017.04.26 21:05 Wed
twitterfacebook
thumb

FC東京のMF佐々木渉が入籍を発表

▽FC東京は24日、MF佐々木渉(20)が入籍したことを発表した。なお、相手は一般女性で、氏名、年齢等の公表は控えるとのこと。 ▽佐々木はクラブの公式サイトを通じて以下のようにコメントを残している。 「このたび、4月21日(金)に入籍をいたしました。これまで以上に責任感を持ち、サッカー選手として、そして一人の人間として、もっと成長できるように努力していきます。引き続き応援をよろしくお願いします」 ▽FC東京のユース出身の佐々木は2014年に第二種登録選手としてトップチームデビュー。その後はFC東京U-23のメンバーとして明治安田生命J3リーグで活躍。今季はここまで出場機会はない。 2017.04.24 20:47 Mon
twitterfacebook
thumb

太田の直接FK弾含む3発で新潟撃破! FC東京、3試合ぶりの白星《J1》

▽22日に明治安田生命J1リーグ第8節のアルビレックス新潟vsFC東京がデンカビッグスワンスタジアムで行われ、3-0でFC東京が勝利した。 ▽第7節を終えて、1勝2分け4敗で16位につける新潟と、3勝1分け3敗で8位につけるFC東京の一戦。2-0で勝利した前節のヴァンフォーレ甲府戦で今シーズン初勝利を飾った新潟は、その一戦と同様のメンバーを起用した。 ▽一方、前節の浦和レッズ戦で0-1の黒星を喫して今季初の連敗を喫したFC東京は、その一戦から先発メンバーを3人変更。室屋と永井、阿部に代えて太田と河野、大久保嘉人を起用した。 ▽試合は、立ち上がりからホームの新潟が前線のスピードを活かした攻撃で果敢に相手陣内へと攻め入るも、FC東京の固いディフェンスを前にシュートチャンスを作ることができない。 ▽前半半ばが経過すると、ここまで押し込まれていたFC東京がセットプレーから先制する。28分、ボックス手前やや左でFKを獲得すると、太田が左足を振り抜く。ゴール左上隅を狙ったシュートはGK大谷が伸ばした手をかすめることなく、ゴールネットに吸い込まれた。 ▽先制を許した新潟が攻勢を強めると31分、山崎の落としを受けたロメロ・フランクがボックス手前から右足でシュート。さらに32分、チアゴ・ガリャルドのパスでボックス右へと抜け出したホニが右足を振り抜くも、どちらも枠を捉えることができない。 ▽立て続けにチャンスを作った新潟は直後に決定機を迎える。34分、こぼれ球を拾ったチアゴ・ガリャルドがボックス手前から右足を振り抜く。これがゴール右隅を捉えるも、GK林がわずかに触れて右ポストに嫌われてしまい、1-0でFC東京がリードして試合を折り返す。 ▽後半に入ると1点ビハインドの新潟が攻撃を加速させる。62分、最終ラインからの縦パスに反応した加藤がボックス右に抜け出すと、相手DFにブロックされるもこぼれ球をホニが右足でシュート。しかし、これはGK林に正面でキャッチされる。 ▽その後も攻勢を続ける新潟だったが、一瞬の隙からFC東京が追加点を奪う。69分、高萩の縦パスに抜け出した太田が左サイド敵陣深くからグラウンダーのクロスを供給。これをボックス中央に走り込んだ橋本が右足で合わせ、ゴール左上に突き刺した。 ▽終盤に差し掛かると、リードを広げたFC東京がダメ押しのチャンス。80分、最終ラインからのボールを敵陣中央やや右で永井がヘディングで縦に流すと、ポストプレーに入った前田が潰れてボールはボックス右手前へと転がる。これに反応した大久保嘉人が抜け出すと、ソン・ジュフンに倒されてしまう。すると、ボックス外でのファウルにも見えたが、これがPKの判定。これを大久保嘉人自らが真ん中に沈め、3-0と新潟を突き放す。 ▽一矢報いたい新潟は終盤、ソン・ジュフンを前線に上げパワープレーに出るも、猛攻は実らず。3-0で快勝したFC東京は、3試合ぶりの勝利。一方の新潟は、今季初の連勝とはならなかった。 2017.04.22 18:07 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京MF平岡翼が右ヒザ前十字靭帯損傷及び内側半月板損傷で今季絶望か…

▽FC東京は21日、MF平岡翼が右ヒザ前十字靭帯損傷及び内側半月板損傷と診断され、20日に埼玉県内の病院にて手術を行ったことを発表した。全治は約8カ月とのこと。 ▽平岡は、3月29日のトレーニング中に負傷し、ここまで経過を観察していた。 ▽2014年に作陽高校からFC東京に入団した平岡は昨シーズン、U-23チームとして明治安田生命J3リーグで28試合に出場し、1ゴールを記録。今シーズンは、ここまでリーグ戦での出場はない。 2017.04.21 17:38 Fri
twitterfacebook
thumb

久保建英の最年少得点記録更新でスペインにも衝撃…『スポルト』が報道

バルセロナの下部組織に在籍していたことでも知られる久保建英が、明治安田生命J3リーグ第5節でゴールを挙げた。史上最年少ゴール記録を打ち立てた久保にバルセロナ&ldquo;偏重&rdquo;としても知られるスペイン紙『スポルト』が注目している。<br><br>明治安田生命J3リーグ第5節が15日に行われ、セレッソ大阪U-23対FC東京U-23は、1-0でFC東京U-23が勝利を収めた。2試合連続で先発出場した久保は38分、左サイドで3人のDFをかわし、豪快な左足のシュートでこの試合唯一の得点をマークしている。<br><br>『スポルト』では、「タケフサ・クボがJリーグで最年少得点記録保持者となった」と見出しを打ち、注目。試合後のフラッシュインタビューのコメントも紹介している。<br><br>なお、久保のゴールは世界中に衝撃を与え、スペインの他、イタリアやドイツのメディアでも紹介された。15歳での得点もさることながら、豪快なゴールが世界に与えたインパクトは小さくなかったようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.17 13:27 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース