昨季J1得点王FWピーター・ウタカ、期限付き移籍でFC東京へ2017.03.01 17:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FC東京は1日、サンフレッチェ広島に所属する元ナイジェリア代表FWピーター・ウタカ(33)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2017年3月1日~2018年1月1日まで。背番号は「9」に決定した。同期間中、サンフレッチェ広島と対戦する全ての公式戦に出場することはできない。

▽ピーター・ウタカは2015年、清水エスパルスに加入。2016年から期限付き移籍で広島に加わると、明治安田生命J1リーグ33試合19ゴールで、ヴィッセル神戸のFWレアンドロと共に自身初のJ1得点王を獲得した。しかし、その活躍による高年俸がネックとなり、所属先が決まらず、不透明な状況となっていた。

▽2月28日付けで広島に完全移籍した後、FC東京に期限付き移籍することになったピーター・ウタカは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆FC東京
「FC東京に加入することができて大変うれしく思います。チームメイトや熱狂的なファン・サポーターのみなさんにお会いできるのが楽しみです。まずは自分のコンディションを上げるために、一生懸命トレーニングに励みたいと思います。一試合一試合に全力を尽くし、FC東京のために戦いますので、応援よろしくお願いします」

◆サンフレッチェ広島
「ピッチ内外で支えてくれたスタッフやチームメイトに感謝いたします。ケガなく良いシーズンになるよう願っております。そして、常に支えてくれた広島のサポーターの皆さん、ありがとうございました。サンフレッチェ広島の幸運をお祈りいたします」

コメント

関連ニュース

thumb

岐阜、FC東京から期限付き移籍で加入していたMF野澤英之の満了を発表「ここで学んだことを次の場所で」

▽FC岐阜は11日、今シーズンFC東京から期限付き移籍で加入していたMF野澤英之(23)の期限付き移籍期間の満了を発表した。 ▽2013年にFC東京U-18からトップチームに昇格した野澤。今シーズンは岐阜に加入して明治安田生命J2リーグに14試合、天皇杯に2試合出場した。 ▽期限付き移籍期間の満了が決定した野澤は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この1年間FC岐阜の一員としてみなさんと一緒に戦えたことをとても嬉しく思います。ここで学んだことを次の場所でも活かして頑張っていきたいです。ありがとうございました」 2017.12.11 15:16 Mon
twitterfacebook
thumb

A代表デビューのDF室屋成「ここから。喜びはない」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽EAFF E-1サッカー選手権2017に参戦中の日本代表は10日、都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、DF室屋成がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。9日に行われた北朝鮮代表との初戦でA代表デビューを果たしたが、「ここからなので、喜びはない」と気を引き締めた。 ◆DF室屋成(FC東京) ──改めて北朝鮮戦を振り返って 「まず勝てたことが全て。なかなか難しい試合だったけど、チームで耐えて耐えて最後に得点できた」 ──A代表デビューについて 「一歩だと思うが、ここからなので、喜びはない」 ──監督が勇み足になっていたと寸評していたが 「ボールを奪いに行こうとして、強くあたり過ぎたり、前半は少し固くなってしまった。でも、後半はうまく修正できたと思う」 ──低い位置でカウンターを食らうシーンが多かったが 「特に、前半にそういうシーンがあった。僕も前半に高い位置を取り過ぎていたので、後半から位置を変えてカウンターをさせないように心がけた。試合の中でコントロールできていたので、あまり問題はなかった」 ──A代表の雰囲気は 「レベルの高い選手がたくさんいる中で試合にも出させてもらっているので、良い経験になっているし、楽しい。個人として成長できる機会だと思うので、日々を大事にしていきたい」 2017.12.10 15:41 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京、FW永井謙佑ら4選手と契約更新!

▽FC東京は9日、FW永井謙佑(28)、MF平岡翼(21)、MF内田宅哉(19)、MF鈴木喜丈(19)の4選手と2018シーズンの契約合意に達したと報じた。 ▽日本代表選出歴も持つ永井は、今シーズン加入。明治安田生命J1リーグ30試合に出場して1ゴールをマークした。 ▽プロ4年目の平岡は出番なし。FC東京U-18から今シーズン昇格の内田と鈴木は、共にU-23を主戦場とし、それぞれJ3リーグ27試合2ゴール、31試合出場を記録した。 2017.12.09 10:45 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1クラブ通信簿】豪華補強後の許されない低迷・・・最後までチームとしての戦い方示せず《FC東京》

▽歴史が動き、シーズンが閉幕した2017明治安田生命J1リーグ。最終節まで優勝争い、残留争いが繰り広げられ、最後まで目が離せない白熱したシーズンとなった。 ▽「DAZN」マネーにより、シーズンの成績で今後のクラブ強化に大きな影響を及ぼすこととなった2017シーズン。超ワールドサッカー編集部は、J1全18クラブを総括。トピックやチームMVP、補強成功度、総合評価で振り返る。第6弾は大型補強を敢行も下位に低迷したFC東京を総括する。 <span style="font-weight:700;">◆シーズン振り返り</span> <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171207tokyo_2.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.</div> <hr><span style="font-weight:700;">【主なトピック】</span> ●日本人最多得点のFW大久保嘉人&昨季得点王ピーター・ウタカら大型補強 ●前半戦で守備の要・主将DF森重真人が全治4カ月の負傷 ●MF中島翔哉がポルティモネンセに期限付き移籍 ●篠田善之監督の解任、及び安間貴義コーチの新監督就任 ●FW石川直宏の引退、DF徳永悠平のV・ファーレン長崎への移籍が発表 ●FW久保建英、MF平川怜の2名がトップチームデビュー<hr>▽昨年の7月から指揮を執る篠田監督に率いられて2年目を迎えたFC東京は、年間9位という順位で終えた昨シーズンを払拭するべく大型補強を敢行。FW大久保嘉人、FW永井謙佑、MF高萩洋次郎、DF太田宏介、GK林彰洋ら実力者を続々と獲得し、一躍優勝候補に躍り出た。 ▽そして迎えた開幕戦で、昨シーズン王者の鹿島アントラーズに1-0で勝利。幸先の良いスタートを切ったクラブは、3月には昨シーズンの明治安田生命J1リーグ得点王であるピーター・ウタカを補強し、さらなる飛躍を期待させた。 ▽しかし、4月に入ると昇格組である北海道コンサドーレ札幌に敗北を喫するなど、暗雲が立ち込め始める。その後、3戦連続完封勝利などマッシモ・フィッカデンティ体制時を彷彿とさせるような戦いぶりで盛り返したものの、徐々に得点力が鳴りを潜め始めると第15節から第20節の6試合では3分け3敗。また、その間にはチームの要であるDF森重真人が負傷するなど、最悪の状態で折り返した。 ▽また、夏には攻撃でアクセントになっていたMF中島翔哉がポルトガル1部のポルティモネンセへ期限付き移籍。戦力のダウンに加え、夏の中断期間中にドイツ遠征を行い練り上げた、DF太田宏介やDF室屋成を生かす新システム[3-1-4-2]も機能せず、泥沼の中で篠田監督は退任することに。 ▽さらに、後任に据えられた安間監督は初陣こそ勝利したものの、クラブを立て直すことはできず。同監督の下で得た勝利は初陣の1勝のみに終わり、さらに攻撃に特色を持つ監督であるにも関わらず、就任後の複数得点は無く平均得点は0.67得点と篠田監督時代の1.24得点を大きく下回った。 ▽リーグ終盤にはMF石川直宏の引退、DF徳永悠平の長崎への移籍が明らかに。優勝、AFCチャンピオンズリーグ出場、降格、全てのチャンスとピンチが消滅している中でも、退団する両功労者への花向けに発起が期待されたが、最終節のガンバ大阪戦もゴールレスドローで終了。最後の8試合で4分け4敗と、光明が見出せぬままシーズンを終えることとなった。 <span style="font-weight:700;">◆チームMVP</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171207tokyo_3.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>MF高萩洋次郎(31) 明治安田生命J1リーグ30試合出場(先発29試合)/1得点<hr>▽数字を参考にすればFW大久保とFWウタカがリーグ8得点で並んでいるものの、チームMVPにはMF高萩を選出。アタッキングサードで攻撃にクオリティを発揮することが持ち味な高萩だが、今シーズンのFC東京ではやや下がり目の位置での起用が目立った。 ▽ゴールに直結するプレーという部分では鳴りを潜めたものの、左右への散らし、ボールを受ける動きという面では持ち味を発揮。さらに特筆すべきは、スペースを埋める動きだ。ややチームとしてのまとまりに欠ける印象の強いFC東京の中で、他の選手のチャレンジ時には細かくポジションを修正。高萩の動きに周囲が連動していれば、もう少々上の順位で終えることも可能だっただろう。 ▽来シーズンに向けてクラブが向上していくためには、最重要選手として捉えるべき選手だと主張したい。今のFC東京に必要なものは何か、といったことを示し続けていた高萩は、チームの崩壊をギリギリの所で止める防波堤のように数字以上の多大な貢献をしていた。 <span style="font-weight:700;">◆補強成功度「E」</span>(評価:S~E)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171207tokyo_4.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>▽優勝が期待された陣容で、終わってみれば13位。当初からの期待値を考えれば補強は失敗と評価せざるを得ない。しかし最低評価ではあるものの、活躍していた選手もまた今シーズン加入組だ。 ▽MVPに挙げたMF高萩を筆頭として、GK林彰洋はリーグ序盤から中盤にかけて勝ち点に直結するようなセーブを披露。FW大久保、FWウタカはそれぞれ8得点でチーム得点王タイに。FW永井も攻撃の選択肢を増やすという意味では貢献しており、DF太田はセットプレーなどでチームの得点に大きく関わっていた。期待値の高かった加入組は所によりクオリティを発揮していただけに、起用法等のマネジメント面で失敗したという印象を拭えない。 <span style="font-weight:700;">◆総合評価 「E」</span>(評価:S~E)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171207tokyo_5.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽幾度も触れなくてはならないのは、豪華な選手層と最終順位のギャップだろう。FW3名、MF5名、DF5名、GK1名の計14名。これは、日本代表経験者の数だ。DF森重やFW大久保を負傷で欠いたとしても、それを低迷の理由にできる選手層ではない。 ▽昨シーズン終盤の勢いを引き継いでか、序盤こそ勝ち星を拾えていたものの、中盤、終盤と日程を消化していくごとに低迷。チームの戦い方をみていくと、守備のプレッシングでは単発で終わることが多いため、相手にかわされる場面が目立ち、ボックス前ではプレスの判断やマークの受け渡しに難が感じられ、ショートパスで崩されるといった状態が散見された。 ▽さらに攻撃面では、FC東京の全37得点の内、約35%の13得点がセットプレーからのものだ。次に多かったのはクロスからの得点で、これは10得点と約25%を占める。確かにキックの精度が高い選手が豊富なため、こういったパターンが多いのは頷けると共に、リーグ3位のセレッソ大阪もかなり近い分布となっている。 ▽必ずしも悪い数字ではないが、併せて考えなくてはならないのは総得点が37得点という部分だ。C大阪の場合はリーグ2位となる65得点を決めており、セットプレーやクロス以外の得点も多い。しかし、FC東京は「攻撃の形」が定まっていないが故に、攻撃の大部分を選手の質に依存していたのではないだろうか。 ▽指揮官交代後、安間監督は篠田監督の終盤の流れを引き継ぎ、チームの布陣をDF室屋やDF太田をウィングに上げる[3-1-4-2]にほぼ固定。だが、この固定が功を奏するかに思えたのは束の間、狙いのはっきりとしたサイド攻撃、アンカーを務めたMF高萩の両脇に空いたスペースに相手クラブが対策を用意し始めると、未勝利の泥沼へと足を踏み入れることとなった。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/20171207tokyo_6.jpg" style="max-width: 100%;" class="yui-img"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽さらに、クラブに魂を注入してきたMF石川、DF徳永が今シーズン限りで退団。チームに発破をかけられる貴重な選手が抜けることに。それでもリーグ終盤、第32節では17歳6カ月29日でMF平川怜が、第33節では16歳5カ月22日でFW久保建英がJ1リーグデビュー。確かな才能を持った2名がピッチ上で堂々としたプレーを披露し、新たな時代の幕開けを感じさせた。 2017.12.07 21:35 Thu
twitterfacebook
thumb

トップ下でのプレーが見込まれるFC東京MF高萩洋次郎「トップ下ぐらいの位置の方がやりやすい」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は7日、8日から開幕するEAFF E-1サッカー選手権2017に向けて都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF高萩洋次郎(FC東京)がミックスゾーンで記者の取材に応対。トップ下でのプレーが予想されることについては「やりやすい」とコメントした。 <span style="font-weight:700;">◆MF高萩洋次郎</span>(FC東京) <span style="font-weight:700;">──日本代表の雰囲気はどうか</span> 「雰囲気にはなれています。国内組の選手だけということもあって、選手同士は対戦していますし、距離感は近いなと感じています」 <span style="font-weight:700;">──トップ下でのプレーになると思うが</span> 「トップ下ならトップ下なりの良さを出せればと思っています」 <span style="font-weight:700;">──どんなプレーをしたいか</span> 「ゴールに絡めるように、ゴール前で仕事ができるようにしたいです」 <span style="font-weight:700;">──今シーズンはボランチでプレーして来たがトップ下の方が良いか</span> 「どちらかというと2列目の後ろよりは、トップ下ぐらいの位置の方がやりやすいかなと思います」 <span style="font-weight:700;">──9月に日本代表に招集された時にデュエルを伸ばさなくてはと言っていたが、今はどうか</span> 「そこも含めて、全部プレーでアピールしないと生き残っていけないと思います。チームが勝つことプラスアルファで自分の良さを出していきたいです」 <span style="font-weight:700;">──欧州遠征の試合を見たかと思うが、強豪国相手のプレーはどう見たか</span> 「良い守備から早い攻撃ができればと思うので、トップ下でもボランチでも、しっかりと守備のところで良いポジションを取ってボールを奪うことをして、そこから前に行ければと思います」 <span style="font-weight:700;">──ハリルホジッチ監督からはどんなことを求められているか</span> 「ディフェンスラインと中盤の間でボールを受けられる位置にいればというイメージがあると思います」 2017.12.07 21:00 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース