超ワールドサッカー

昨季J1得点王FWピーター・ウタカ、期限付き移籍でFC東京へ2017.03.01 17:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FC東京は1日、サンフレッチェ広島に所属する元ナイジェリア代表FWピーター・ウタカ(33)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2017年3月1日~2018年1月1日まで。背番号は「9」に決定した。同期間中、サンフレッチェ広島と対戦する全ての公式戦に出場することはできない。

▽ピーター・ウタカは2015年、清水エスパルスに加入。2016年から期限付き移籍で広島に加わると、明治安田生命J1リーグ33試合19ゴールで、ヴィッセル神戸のFWレアンドロと共に自身初のJ1得点王を獲得した。しかし、その活躍による高年俸がネックとなり、所属先が決まらず、不透明な状況となっていた。

▽2月28日付けで広島に完全移籍した後、FC東京に期限付き移籍することになったピーター・ウタカは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆FC東京
「FC東京に加入することができて大変うれしく思います。チームメイトや熱狂的なファン・サポーターのみなさんにお会いできるのが楽しみです。まずは自分のコンディションを上げるために、一生懸命トレーニングに励みたいと思います。一試合一試合に全力を尽くし、FC東京のために戦いますので、応援よろしくお願いします」

◆サンフレッチェ広島
「ピッチ内外で支えてくれたスタッフやチームメイトに感謝いたします。ケガなく良いシーズンになるよう願っております。そして、常に支えてくれた広島のサポーターの皆さん、ありがとうございました。サンフレッチェ広島の幸運をお祈りいたします」

コメント

関連ニュース

thumb

FC東京、オーストラリア代表FWネイサン・バーンズの契約満了を発表

▽FC東京は23日、オーストラリア代表FWネイサン・バーンズ(29)が6月30日で契約満了となり、更新をしないことを発表した。 ▽2015年7月にニュージーランドのウェリントン・フェニックスから加入したネイサン・バーンズは、移籍1年目となった2015シーズンの明治安田生命J1リーグの10試合に出場し、2得点を記録。また、同年9月に行われたロシアW杯アジア2次予選第3戦のバングラデシュ代表戦では、代表初ゴールを挙げ、オーストラリア年間最優秀選手にもノミネートされた。 ▽しかし、その後クラブでは好不調の波があり、レギュラー定着は叶わず。今シーズンはトップチームでの出場はここまでYBCルヴァンカップの4試合のみ。U-23としては明治安田生命J3リーグに3試合していた。J1通算26試合3得点、J3通算6試合、リーグカップ戦通算6試合、天皇杯通算1試合、AFCチャンピオンズリーグ通算5試合1得点を記録にとどまっていた。 ▽契約満了が決定したネイサン・バーンズは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントした。 「このたび、FC東京を離れることになりました。クラブを去るのはとても寂しいですし、仲間と別れることを残念に思います。FC東京での2年間は自分にとって貴重な経験の連続でした。もちろん良い時もあれば、そうでない時もありましたが、そのどれもが自分にとって大切な思い出です」 「そして、FC東京の16番のユニフォームに袖を通せたことを誇りに思います。いつも明るく接してくれたチームメイト、いつも選手のことを一番に考えてくれたコーチングスタッフ、たくさんの良い仲間に恵まれました。このチームで、この仲間でJ1、J3、ACLを戦えたことを本当に嬉しく思います。また、素晴らしいファン・サポーターのみなさんには、いつも支えていただき、感謝しています。みなさんの声援がいつも僕に力を与えてくれました」 「FC東京のこれからの活躍を心から願っています。将来、何かの形でまたFC東京に関われることを心から楽しみにしています。試合結果も毎試合楽しみにチェックしようと思います。素晴らしい時間、素晴らしい思い出、素晴らしい日々をありがとうございました」 「最後になりますが、これからも僕のサッカー人生は続いていきます。これからもネイサン バーンズを応援していただけると嬉しいです。このクラブで出会った全ての人を忘れません。さよならは言いません。また会う日まで。ありがとうございました。GO!F.C.TOKYO!」 2017.06.23 15:08 Fri
twitterfacebook
thumb

天野の値千金弾でFC東京撃破の横浜FMが3連勝!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第15節、FC東京vs横浜F・マリノスが18日に行われ、1-0でアウェイの横浜FMが勝利を収めた。 ▽上位対決となったこの試合、ホームの4位FC東京(勝ち点24)は、前節大久保の2得点で勝利した清水エスパルス戦から、前田遼に代えて、ピーター・ウタカを先発に起用。2連勝を目指す。対する7位横浜FM(勝ち点23)はここ4試合で3勝1分けと好調。2-0で勝利した前節の川崎フロンターレ戦から、松原、ミロシュ・デゲネクを栗原と山中に代えて試合に臨んだ。 ▽雨天に見舞われた今節屈指の好カードは、前線にタレントを揃えるFC東京がやや優勢に試合を運ぶ。5分、大久保嘉がボックス手前左からゴール前へ速いパスを送ると、ディフェンスラインの裏に抜け出した東が押し込んでネットを揺らす。しかし、これはオフサイドというやや厳しい判定で先制点とはならなかった。 ▽対する横浜FMも20分、齋藤の突破から、ウーゴ・ヴィエイラが狙うが枠へ飛ばず。23分には右サイドからボックスに侵入した齋藤が、左足で狙うが枠を捉えることができず。その後は横浜FMがボールを支配する展開となる。 ▽しかし、FC東京は効率よくチャンスを作り出す。37分、ボックス右に侵入した室屋が中へ切り返して左足を振り抜くが、DFのブロックに遭ってしまう。44分には前半最大の決定機。中島の縦パスから、ウタカがゴール前の大久保嘉にラストパス。しかし、フリーの大久保嘉は狙いすぎたか、シュートはゴールの右に逸れてしまった。 ▽迎えた後半も、FC東京がチャンスを演出する。61分、ボックス外左の中島が右足でクロス。大久保嘉が頭で合わせるが、ゴールの右へ逸れてしまう。続く65分には、東、大久保嘉、ウタカのパスワークから最後はウタカがシュートを放つが、威力の弱いシュートはGK飯倉がしっかりセーブ。 ▽雨も激しさを増す後半半ばの75分、FC東京がカウンターから決定機を迎える。自陣でボールを奪った高萩が、右のウタカに展開。ウタカはゴール前にアーリークロスを送ると、大久保嘉が頭で合わせるもクロスバーの上へ外れてしまう。 ▽FC東京の流れが続く試合だったが、意外にも先制点はアウェイの横浜FMに。試合も終盤に差し掛かった88分、左サイドの扇原のパスをボックス手前で受けた天野が富樫に繋ぐ。富樫はダイレクトで天野へ返すと、天野がボックス手前中央から右足を振り抜く。グラウンダーの鋭いシュートがゴールの左に突き刺さりネットを揺らした。 ▽試合終了間際にはボックス手前中央からのFKを太田が狙うが、壁に当たりそのまま 終了の笛が鳴った。天野の値千金のゴールで少ないチャンスをモノにした横浜FMが1-0で勝利。リーグ戦3連勝を飾った。 2017.06.18 20:39 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京が7月にドイツ遠征実施! 宇佐美所属アウグスブルク&ボルシアMGと対戦

▽FC東京は15日、7月17日から21日にドイツ遠征を実施することを発表した。 ▽7月18日には日本代表FW宇佐美貴史が所属するアウグスブルク、20日にはボルシアMGと対戦することが決定している。日程は以下の通り。 ◆7月18日(火) 現地時間:19:00~ アウグスブルク vs FC東京 [インパルス・アレーナ] ◆7月20日(木) 現地時間:15:00~ ボルシアMG vs FC東京 [シュタディオン・イム・ボルシア・パルク] ▽また、同遠征では応援ツアーを実施することも併せて発表している。詳細などは決まり次第、公式サイトでお知らせするとのことだ。 2017.06.15 18:00 Thu
twitterfacebook
thumb

FC東京GK廣末陸が交通事故、双方にケガなし

▽FC東京は9日、GK廣末陸が同日に交通事故を起こしたことを発表した。 ▽クラブの発表によると、事故は9日の午後6時20分頃に発生。普通乗用車を運転する廣末は、交差点において青信号へ変わったため前進したところ、後方から入り込んできたバイクを避けるためブレーキを踏み少し右に逸れた際、後方から前進してきた隣車線のトラックと接触したという。 ▽なお、クラブは廣末と接触した車輌に乗車されていた方にケガはないことも併せて報告。事故発生後、速やかに警察等、関係各所に連絡をして対応したとしている。廣末はクラブ公式サイトを通じて次のようにコメントしている。 「この度、私の不注意により事故を起こしてしまい、申し訳ございませんでした。接触した車輌に乗車されていた方をはじめ、たくさんの方々にご迷惑をおかけしたことを心よりお詫び申し上げます。今後このようなことを二度と起こさないよう、再発防止に努めてまいります。ご迷惑をお掛けし、本当に申し訳ございませんでした」 2017.06.10 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京のFW阿部拓馬が右前距腓じん帯損傷で全治約3〜4週間

▽FC東京は6日、FW阿部拓馬の負傷を発表した。 ▽クラブの発表によると、阿部は5月31日に行われた2017JリーグYBCルヴァンカップグループステージ第7節の清水エスパルス戦で負傷。チームドクターの診察の結果、右前距腓じん帯損傷と診断され、全治は3〜4週間とのことだ。 ▽阿部は、今シーズンの明治安田生命J1リーグで8試合に出場。ルヴァンカップでは、6試合に出場し2得点を記録していた。 2017.06.06 12:00 Tue
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース