昨季J1得点王FWピーター・ウタカ、期限付き移籍でFC東京へ2017.03.01 17:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FC東京は1日、サンフレッチェ広島に所属する元ナイジェリア代表FWピーター・ウタカ(33)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2017年3月1日~2018年1月1日まで。背番号は「9」に決定した。同期間中、サンフレッチェ広島と対戦する全ての公式戦に出場することはできない。

▽ピーター・ウタカは2015年、清水エスパルスに加入。2016年から期限付き移籍で広島に加わると、明治安田生命J1リーグ33試合19ゴールで、ヴィッセル神戸のFWレアンドロと共に自身初のJ1得点王を獲得した。しかし、その活躍による高年俸がネックとなり、所属先が決まらず、不透明な状況となっていた。

▽2月28日付けで広島に完全移籍した後、FC東京に期限付き移籍することになったピーター・ウタカは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆FC東京
「FC東京に加入することができて大変うれしく思います。チームメイトや熱狂的なファン・サポーターのみなさんにお会いできるのが楽しみです。まずは自分のコンディションを上げるために、一生懸命トレーニングに励みたいと思います。一試合一試合に全力を尽くし、FC東京のために戦いますので、応援よろしくお願いします」

◆サンフレッチェ広島
「ピッチ内外で支えてくれたスタッフやチームメイトに感謝いたします。ケガなく良いシーズンになるよう願っております。そして、常に支えてくれた広島のサポーターの皆さん、ありがとうございました。サンフレッチェ広島の幸運をお祈りいたします」

コメント

関連ニュース

thumb

【J1開幕直前クラブガイド】長谷川体制始動、心機一転を図る新シーズン《FC東京》

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初の金曜開催の23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来を先駆けて、超WS編集部が今シーズンのJ1を彩る全18クラブを徹底分析。チームのノルマ、補強達成度、イチオシ選手、予想布陣をお届けしていく。第6弾はFC東京を紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆“3冠監督”の下でのリスタート</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【ノルマ:ACL出場権争い】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_fctokyo_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽2017シーズンはリーグ屈指の大型補強を行い優勝候補に名乗りを上げたが、最後までポテンシャルを発揮することなく、終わってみれば13位。仕切り直しを図る新シーズンに向けては、ガンバ大阪時代に2014シーズンの3冠を含む6度のタイトル獲得にチームを導いた長谷川健太監督を招へいし、新体制発表会でも優勝を掲げていた。とはいえ、昨シーズン終盤の状態を考えれば攻守ともに課題は多い。特にリーグ13位の37得点に留まった得点数について、長谷川監督は「50得点以上を目指す」、「そういった数字をクリアしなければタイトルには手が届かない」と口にしており、優勝を目指すには劇的な改善が求められる。FW大久保嘉人、FWピーター・ウタカと、昨シーズンそれぞれ8得点でチーム内得点王となった2選手が退団していることもあり、攻撃の構築には時間がかかるだろう。まずは長谷川監督が基軸とする守備組織を熟成させた上で、一歩ずつ着実に前進していくことが必要だ。 <span style="font-weight:700;">◆長谷川体制構築に向けた補強</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【補強達成度:C】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_fctokyo_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽即戦力としての補強はMF大森晃太郎、FW富樫敬真、FWディエゴ・オリヴェイラに留まった。しかし、長谷川監督が「ポテンシャルの高い選手が多い」と口にしていた通り戦力的に十分と考えたために、昨シーズンのような派手な補強は控えたのだろう。逆に監督のスタイルに合致した、求める選手のみをピンポイントで補強したとも表現できる。とはいえ、FW大久保嘉人、FWピーター・ウタカといったスコアラーや、MF石川直宏、DF徳永悠平の両ベテランが抜けた精神的な穴は大きい。特にDF徳永悠平の放出に際して、右サイドバックのバックアッパーを獲得しなかったことは、不安要素となりそうだ。<hr>【IN】 MF大森晃太郎(25)←ヴィッセル神戸/完全 MF品田愛斗(18)←FC東京U-18/昇格 FW富樫敬真(24)←横浜F・マリノス/期限付き FWディエゴ・オリヴェイラ(27)←柏レイソル/期限付き FW原大智(18)←FC東京U-18/昇格 FW矢島輝一(22)←中央大学/新加入 【OUT】 DF徳永悠平(34)→V・ファーレン長崎/完全 MFユ・インス(23)→アビスパ福岡/期限付き MF野澤英之(23)→愛媛FC/期限付き MF佐々木渉(21)→カマタマーレ讃岐/完全 MF石川直宏(36)→引退 FW大久保嘉人(35)→川崎フロンターレ/完全 FWピーター・ウタカ(34)→サンフレッチェ広島/期限付き満了<hr><span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_fctokyo_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>MF大森晃太郎(25) 2017シーズン(J1) 26試合出場4得点<hr>▽キープレーヤーは、ガンバ大阪時代に長谷川監督の指導の下でタイトル獲得に貢献したMF大森晃太郎だ。中盤でのダイナミックな動き、攻撃に推進力を持たせられる点が魅力な選手であり、監督も「ああいうタイプの選手はいなかった」と述べている通り、FC東京に変化を持たせることができる。恩師が直々に補強を持ち掛けたことも伝えられており、飛躍を遂げるためにはこの選手の活躍が鍵となることは間違いない。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズンの予想布陣</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_fctokyo_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズン用いていた[3-1-4-2]ではなく、[4-4-2]もしくは[4-4-1-1]を基軸とする可能性が高い。最前線には、自ら仕掛けてチャンスを作ることができるFWディエゴ・オリヴェイラがファーストチョイスとなり、相方にFW前田遼一、FW富樫敬真、FW永井謙佑の候補が挙がる。相性を考えれば、衛星のような動きができ経験にも秀でているFW前田遼一が有力だ。 ▽中盤に関しては、サイドハーフの一枚はMF大森晃太郎に。逆サイドにはMF東慶悟とFW永井謙佑が競合するが、プレシーズン中の試合ではより推進力のあるFW永井謙佑を右に置き、MF東慶悟はボランチで起用されていた。中盤中央の2枚には、ゲームをコントロールするためにもMF高萩洋次郎は欠かせない。ボール奪取から積極的に最前線に顔を出すMF橋本拳人がその相方となり、MF東慶悟は状況に応じた起用となるだろう。 ▽バックラインに関しては、両サイドバックのDF太田宏介、DF室屋成は固い。センターバックには負傷から回復したDF森重真人、その相方にはDF丸山祐市ではなく新キャプテンに任命されたDFチャン・ヒョンスが収まる可能性は高い。 2018.02.18 15:10 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FM戦勝利も、内容重視のFC東京MF高萩洋次郎「ボールが奪える場面を作れれば」

▽17日に味の素スタジアムで行われたJリーグプレシーズンマッチのFC東京vs横浜F・マリノスは、ホームのFC東京が1-0で勝利した。 ▽FC東京で2シーズン目を迎えているMF高萩洋次郎は、長谷川健太新監督の下、この日は先発フル出場を果たした。攻撃的なサッカーを展開した横浜FMとの対戦を、試合後に以下のように振り返った。 ◆MF高萩洋次郎(FC東京) 「自分たちの前で(ボールを)回させる分には問題なかった。その中でうまくボールを奪える場面が作れれば良いと考えていた」 ──中盤やセンターラインをタイトに保っていたが 「中はしっかり閉めてボールを通させないようにした。外に出た時はしっかりスライドして対処することを意識していた」 ──相手の布陣に対して人数的なミスマッチがあったように見えたが 「右サイドではそのような場面があったが、前半のうちに修正することができた」 2018.02.17 18:33 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京新主将のDFチャン・ヒョンス「楽しみなシーズンに」

▽17日に味の素スタジアムで行われたJリーグプレシーズンマッチのFC東京vs横浜F・マリノスは、ホームのFC東京が1-0で勝利した。 ▽今シーズンから主将を務めるDFチャン・ヒョンスは試合後、メディア陣の囲み取材に対して次のように応対。キャプテンマーク継承発表後、初めて臨んだ試合を振り返り、「楽しみなシーズンになる」と語った。 ◆DFチャン・ヒョンス(FC東京) ──試合を振り返って 「一人ひとりがよく走り、守備からしっかり守っていく一体感を持って、みんなプレーした。チームが良い方向に進めるように、良い結果を手にできるように、一つになって戦うことができたと思っている」 ──キャプテン就任について 「まだピッチ内外でキャプテンとしてやるべきことがたくさんある。まずは自分が姿勢を示して、チームを引っ張っていけたら良い」 ──キャプテン就任を受けた当時の心境について 「最初は動揺したし、驚いた。でも、自分の中で何をすべきかをよく考えるようになった」 ──今日の試合はキャプテンとしての第一歩になったが 「個人としては、まだ試合を振り返ってみないとわからない。ただ、結果を見てのとおり、チームの方向性を示すことができた。これから楽しみなシーズンになると思っている」 ──前キャプテンのDF森重真人とのコミュニケーションについて 「具体的に、キャプテンについての話はない。まだまだキャプテンとしての器が不足している分、たくさんいる良い選手たちに助けてもらいながら、チームを引っ張っていきたい」 2018.02.17 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

決勝点のFC東京FW前田遼一「勝てたのは良かったが残りの1週間でさらなる成長を」

▽17日に味の素スタジアムで行われたJリーグプレシーズンマッチのFC東京vs横浜F・マリノスは、ホームのFC東京が1-0で勝利した。 ▽この試合で5分に決勝点を挙げたFW前田遼一。その得点シーンを振り返るとともに、23日に開幕を控える明治安田生命J1リーグ初戦の浦和レッズ戦についても言及した。 ◆FW前田遼一(FC東京) ──得点シーンについて 「(大森)晃太郎がいたのでトラップしようと思ったが、ゴールが空いてたのでダイレクトで狙った。落ち着いて決めることができた」 ──ここまでキャンプと練習試合を合わせての仕上がり具合は 「チームで勝てているのはいいことだが、始まってみないとわからない」 ──この勝利で(開幕戦)浦和レッズとの試合に気持ち良く臨めると思うが 「気持ち良く臨めることは確かだが、レッズもいいチーム。残りの1週間でさらに成長できればと思う」 2018.02.17 18:30 Sat
twitterfacebook
thumb

開幕戦を見据えるFC東京FWディエゴ・オリヴェイラ「サポーターの声が力になる」

▽17日に味の素スタジアムで行われたJリーグプレシーズンマッチのFC東京vs横浜F・マリノスは、ホームのFC東京が1-0で勝利した。 ▽今シーズン、柏レイソルから期限付きでFC東京に移籍してきたFWディエゴ・オリヴェイラ。ゴールを奪うことはできなかったものの、なんどもチャンスを演出。試合後にミックスゾーンで後半の自身のチャンスシーンを振り返った。 ◆FWディエゴ・オリヴェイラ(FC東京) 「後半に一度チャンスがあったが、相手のGKの反応が良くて決められなかった。この試合に関しては、ゴールよりも自分のコンディションやチーム全体の動きを重視していた。もちろん、勝つことが大事なのでその中でゴールを決めることができれば嬉しい」 ──ここまでお互いの良さをどれぐらい理解しあえているか 「今のところは問題ない。コンディションは日に日に良くなっている。(J1開幕まで)あと1週間あるので、より良い連携を図りたい」 ──最後にメッセージを 「今日の試合は非常に難しいものだったが、来週のJ1開幕戦はさらに厳しいと思う。僕たちも『勝つ』という意気込みで取り組んでいる。サポーターの応援は僕たちの力になる。ぜひ、一緒に戦いたい。応援をよろしく」 2018.02.17 18:25 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース