昨季J1得点王FWピーター・ウタカ、期限付き移籍でFC東京へ2017.03.01 17:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FC東京は1日、サンフレッチェ広島に所属する元ナイジェリア代表FWピーター・ウタカ(33)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2017年3月1日~2018年1月1日まで。背番号は「9」に決定した。同期間中、サンフレッチェ広島と対戦する全ての公式戦に出場することはできない。

▽ピーター・ウタカは2015年、清水エスパルスに加入。2016年から期限付き移籍で広島に加わると、明治安田生命J1リーグ33試合19ゴールで、ヴィッセル神戸のFWレアンドロと共に自身初のJ1得点王を獲得した。しかし、その活躍による高年俸がネックとなり、所属先が決まらず、不透明な状況となっていた。

▽2月28日付けで広島に完全移籍した後、FC東京に期限付き移籍することになったピーター・ウタカは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆FC東京
「FC東京に加入することができて大変うれしく思います。チームメイトや熱狂的なファン・サポーターのみなさんにお会いできるのが楽しみです。まずは自分のコンディションを上げるために、一生懸命トレーニングに励みたいと思います。一試合一試合に全力を尽くし、FC東京のために戦いますので、応援よろしくお願いします」

◆サンフレッチェ広島
「ピッチ内外で支えてくれたスタッフやチームメイトに感謝いたします。ケガなく良いシーズンになるよう願っております。そして、常に支えてくれた広島のサポーターの皆さん、ありがとうございました。サンフレッチェ広島の幸運をお祈りいたします」

コメント

関連ニュース

thumb

FC東京アカデミーコーチを務めるGK榎本達也がブラインドサッカー日本代表に選出!

▽NPO法人日本ブラインドサッカー協会(JBFA)は18日、ブラインドサッカー日本代表の強化指定選手を発表した。かつて横浜F・マリノス、ヴィッセル神戸、徳島ヴォルティス、栃木SC、FC東京でプレーし、現在はFC東京アカデミーコーチのGK榎本達也が選出されている。 ▽ブラインドサッカー日本代表は、11月3日から5日にかけて強化合宿を開催。その後、12月9日から18日にかけてマレーシアで行われるIBSA ブラインドサッカーアジア選手権 2017に出場し、アジアチャンピオン、2018年6月にスペインのマドリードで開催される世界選手権2018出場権獲得を目指す。 ▽ブラインドサッカー日本代表に選出された榎本は、FC東京のクラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「日本代表に選出していただき、大変光栄です。代表メンバーとして初めて臨む公式戦ですが、日本のために力を尽くして頑張ります。アジア選手権は世界選手権への切符もかかっている大会なのでその切符を勝ち取れるように、まずはアジアのチャンピオンを目指して戦いたいと思います」 ▽今回選出されたブラインドサッカー日本代表メンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">●ブラインドサッカー日本代表メンバー(9名/FP:7名、GK:2名)</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">佐藤大介</span>(たまハッサーズ) <span style="font-weight:700;">榎本達也</span>(FC東京アカデミーコーチ) <span style="font-weight:700;">FP</span> <span style="font-weight:700;">川村怜</span>(Avanzareつくば) <span style="font-weight:700;">田中章仁</span>(たまハッサーズ) <span style="font-weight:700;">黒田智成</span>(たまハッサーズ) <span style="font-weight:700;">日向賢</span>(たまハッサーズ) <span style="font-weight:700;">加藤健人</span>(埼玉T.Wings) <span style="font-weight:700;">寺西一</span>(松戸・乃木坂ユナイテッド) <span style="font-weight:700;">佐々木ロベルト泉</span>(Avanzareつくば) 2017.10.18 12:12 Wed
twitterfacebook
thumb

リッピ・ヴェローゾが決勝点!FC東京U-23が鳥取を下し3連勝!《J3》

▽明治安田生命J3リーグ第27節、FC東京U-23vsガイナーレ鳥取が16日に行われ、1-0でFC東京U-23が勝利した。 ▽現在2連勝中のFC東京U-23と、6連敗中の鳥取との一戦。序盤から積極的に攻めるFC東京U-23は9分に、ボックス左に侵入した小川がGK強襲のシュートを見舞うなど、次々と鳥取ゴールに迫る。 ▽徐々にペースを掴み始めた鳥取も32分に前田のパスを受けた河合がボックス左から枠内シュートを放つものの、GK波多野が立ちふさがる。互いにチャンスを作れた前半だったが、ネットを揺らせずゴールレスで後半を迎えた。 ▽後半はよりオープンな展開となる。66分に、鳥取がカウンターから岩元がGKと一対一の場面を迎えるが、ファーストタッチが長めに出てしまい、GKをかわしきれずシュートを打てなかった。続く72分には再びチャンスを迎えた岩元のシュートはわずかにゴールの右に外れてしまう。 ▽試合が動いたのは74分。鳥取のパスミスから敵陣中央でボールを奪った鈴木がすかさず前方の小林幹へボールを預けると、小林幹はボックス右にスルーパス。そこに走り込んで来たリッピ・ヴェローゾが冷静に流し込み、後半はやや劣勢だったFC東京U-23が先制点を奪った。 ▽試合はこのまま終了。貴重な先制点を守ったFC東京U-23が1-0で勝利し、3連勝を飾っている。 2017.10.16 21:02 Mon
twitterfacebook
thumb

甲府、10人の FC東京に追いつかれドロー止まり《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第29節のヴァンフォーレ甲府vsFC東京が15日に山梨中銀スタジアムで行われ、1-1で終了した。 ▽ここまで6勝9分け13敗で16位に位置する甲府(勝ち点27)と、10勝7分け11敗で11位のFC東京(勝ち点37)が激突した。ホームの甲府は、1-0で勝利した前節の柏レイソル戦と同様のスターティングイレブンをチョイス。対するFC東京は、0-0で引き分けた前節のジュビロ磐田戦からGK林、大久保嘉、前田に代えてGK大久保択、ピーター・ウタカ、ユ・インスを起用した。 ▽雨が降る中で始まった試合は、開始からポゼッションを高めて能動的に攻めるFC東京が序盤は押し気味に進める。すると、20分に決定機を演出。ゴール正面のペナルティアーク付近で高萩からの浮き球をトラップした永井が、うまく反転してシュート。これが枠を捉えたが、GK河田の好セーブに遭って先制点とはならない。 ▽やや苦しい展開となった甲府だが、23分にセットプレーからチャンスをモノにする。右サイドで得たFKでキッカーの島川がゴール前にクロスを入れると、正面のリンスが打点の高いヘッドで合わせる。このヘディングシュートがゴール右に決まり、甲府がリードした。 ▽ハーフタイムにかけては同点弾を狙うFC東京が前に出る。40分にはゴール正面でウタカが粘って、最後はユ・インスがシュート。DFにディフレクトしたボールがゴールに向かったが、これはバーにヒットして同点弾とはならなかった。 ▽圧力を強めたいFC東京だったが、前半終了間際にアクシデント。ポストプレー中のウタカが背後に背負っていたマーカーの田中に肘打ち。これが悪質なプレーと判断され、レッドカードを提示された。ビハインドを背負うFC東京が数的不利を強いられる。 ▽迎えた後半は、ボールを保持するFC東京に対して甲府がカウンターを狙う展開となる。55分には、その甲府がカウンターからチャンス。縦パスを受けたドゥドゥがドリブルで仕掛けてボックス左に侵入し、シュートに持ち込む。しかし、このシュートはわずかに枠の右に外れた。 ▽すると、スコアを動かしたのは10人のFC東京だった。60分、左サイドで得たFKでキッカーの太田がゴール前に鋭いクロスを入れる。これに正面で合わせた丸山がヘディングシュートでネットを揺らし、FC東京が1-1のタイスコアに持ち込む。 ▽終盤にかけても展開は変わらない。勝ち越し弾を狙うFC東京は88分、ペナルティアーク手前から太田がゴール右を捉える直接FKでゴールを襲うも、GK河田の好セーブに阻まれる。 ▽結局、試合はそのまま1-1で終了。両者譲らず、勝ち点を分け合った。 2017.10.15 15:57 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京vs磐田は互いに見せ場を欠きゴールレスドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第28節のFC東京vsジュビロ磐田が30日に味の素スタジアムで行われ、0-0のドローに終わった。 ▽前節、柏レイソルに大敗した11位のFC東京(勝ち点36)と、大宮アルディージャを相手に3試合ぶりの勝利を手にした6位の磐田(勝ち点46)による一戦。FC東京は柏戦から先2人を変更し、柳と橋本に代えて室屋、古巣対戦の前田を起用。対する磐田は大宮戦から藤田に代えて復帰後初先発となる山田を起用し、[4-2-3-1]の布陣を採用した。 ▽新布陣を採用した磐田の出方に注目が集まった中、試合は序盤から拮抗した展開に。ホームのFC東京はボランチでの起用となった東を起点に背後を狙う永井へのシンプルな縦パス、両ウイングバックの攻め上がりを生かしながら、相手ゴールに迫る。 ▽一方、新布陣がなかなか機能しない磐田は、23分にアダイウトンが長い持ち上がりからボックス左に持ち込んでシュートを放つが、これはGK林の正面を突く。 ▽互いになかなか決定機を作り出せない中、41分に前半最大の決定機。中村俊のアウトスウィングの右CKがGK林の判断ミスを誘い、被ったボールがゴール前の川又の足元に。だが、川又のシュートはクロスバーを叩き、絶好の先制機を逸した。 ▽迎えた後半、最初の決定機はFC東京に訪れる。53分、ボックス中央でクリアボールを拾った高萩が右足を振り抜くが、これは枠の上に外れる。さらに58分にはボックス左ゴールライン際で見事なドリブル突破を見せた永井がグラウンダーで折り返すが、これは味方に合わない。 ▽後半に入っても流れを掴み切れない磐田は57分、精彩を欠いた山田を諦めて松浦を投入。さらに64分には川又を下げて齊藤をピッチに送り出す。後半も中村俊を起点としたパスワークでチャンスを窺うが、フィニッシュに結び付けることができない。 ▽ホームで勝ち切りたいFC東京は、永井、室屋、前田を下げてピーター・ウタカ、小川諒、梶山を続けて投入。ウタカの強さを活かして幾つかチャンスを作るが、こちらも攻撃に厚みを加えられない。 ▽結局、前後半を通じて互いに攻撃面での停滞感が目立った一戦は、ゴールレスドローで終了。ACL圏内浮上を目指す磐田にとっては厳しい取りこぼしとなった。 2017.09.30 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京、ユース所属のMF品田愛斗&FW原大智の来季新加入内定を発表

▽FC東京は24日、MF品田愛斗(18)、FW原大智の来シーズン新加入内定を発表した。 ▽両選手は、それぞれFC東京U-18に在籍。来シーズンのトップチーム入りを受けて、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 ◆MF品田愛斗 「来シーズンからトップチームに昇格することが決まりました。小学生のころから育ててもらったこのクラブで、夢だったプロサッカー選手になれることができ、大変嬉しく思います。今まで支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れず、チームにタイトルをもたらすことのできる選手になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 ◆FW原大智 「このたび、トップチームへの昇格が決まりました。小さい頃から大好きなチームでプロサッカー選手としてプレーできることに、嬉しい気持ちでいっぱいです。ここから、さらに厳しい世界に入りますが、常に目標と自信を持って、日々成長していきたいと思います。そして小さい頃からお世話になっているFC東京に恩返しするために、少しでも早くJ1にピッチに立ちたいです。応援よろしくお願いします!」 2017.09.25 09:50 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース