昨季J1得点王FWピーター・ウタカ、期限付き移籍でFC東京へ2017.03.01 17:15 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽FC東京は1日、サンフレッチェ広島に所属する元ナイジェリア代表FWピーター・ウタカ(33)の期限付き移籍加入を発表した。加入期間は2017年3月1日~2018年1月1日まで。背番号は「9」に決定した。同期間中、サンフレッチェ広島と対戦する全ての公式戦に出場することはできない。

▽ピーター・ウタカは2015年、清水エスパルスに加入。2016年から期限付き移籍で広島に加わると、明治安田生命J1リーグ33試合19ゴールで、ヴィッセル神戸のFWレアンドロと共に自身初のJ1得点王を獲得した。しかし、その活躍による高年俸がネックとなり、所属先が決まらず、不透明な状況となっていた。

▽2月28日付けで広島に完全移籍した後、FC東京に期限付き移籍することになったピーター・ウタカは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。

◆FC東京
「FC東京に加入することができて大変うれしく思います。チームメイトや熱狂的なファン・サポーターのみなさんにお会いできるのが楽しみです。まずは自分のコンディションを上げるために、一生懸命トレーニングに励みたいと思います。一試合一試合に全力を尽くし、FC東京のために戦いますので、応援よろしくお願いします」

◆サンフレッチェ広島
「ピッチ内外で支えてくれたスタッフやチームメイトに感謝いたします。ケガなく良いシーズンになるよう願っております。そして、常に支えてくれた広島のサポーターの皆さん、ありがとうございました。サンフレッチェ広島の幸運をお祈りいたします」

コメント

関連ニュース

thumb

興梠の2Gで浦和が連勝! FC東京は6試合ぶり敗戦《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第23節、浦和レッズvs FC東京が19日に行われ、2-1で浦和が勝利を収めた。 ▽前節のヴァンフォーレ甲府戦から、スルガ銀行チャンピオンシップのシャペコエンセを挟んで挑む8位の浦和(勝ち点33)。そのシャペコエンセ戦から榎本、森脇、宇賀神、ラファエル・シルバ、ズラタンを、西川、遠藤、菊池、李、興梠に代えて挑んだ。 ▽一方、浦和と同じ勝ち点で並ぶ9位のFC東京(勝ち点33)は、前節のヴィッセル神戸戦から、東に代えて米本を起用。ここ5戦無敗の勢いで勝利を目指す。 ▽悪天候のため1時間遅れでキックオフされた試合は、中盤にタレントを揃える両チームの潰し合いが続く。そんな中、ホームの浦和が先制する。17分、駒井が右サイドを突破すると、アーリークロスを選択。これをゴール前の武藤がワンタッチで落とし、詰めていた興梠がボレーで叩き込んだ。 ▽先制されたFC東京もすぐさま反撃。22分、敵陣中央でボールを持った大久保が、ボックス右の室屋に展開。室屋はこれをワンタッチで中に折り返すと、走り込んだ橋本が押し込んで同点に追いついた。 ▽しかし喜びも束の間、FC東京は再びリードを許してしまう。30分、柏木から李、武藤とワンタッチで繋いでディフェンスラインの中央の切り裂くと、最後は興梠が右足で流し込んで、浦和に2点目をもたらした。 ▽迎えた後半、追いつきたいFC東京は、頭から前節1ゴールのピーター・ウタカを投入。その後も永井、中島を次々と交代させ攻撃力を高める。しかし、決定機を作ったのはリードしている浦和だった。68分、カウンターから武藤がボックス左に侵攻し、左足を振り抜いてゴールを狙うが、GK大久保択の正面を突く。 ▽終了間際には、太田のFKや、途中出場の中島のミドルシュートからFC東京も惜しい場面を迎えるが、結局ネットを揺らすことができなかった。そして、試合は2-1のまま終了。興梠の2ゴール守り切った浦和がリーグ戦2連勝を飾った。 2017.08.19 22:01 Sat
twitterfacebook
thumb

FC東京が中央大FW矢島輝一の来季加入内定を発表

▽FC東京は15日、中央大学FW矢島輝一選手(22)の来季加入内定を発表した。 ▽2008年にFC東京のU-15むさしに入団した矢島は、2014年からは中央大学に活躍の場を移すと、2016年には全日本大学選抜に選ばれた。187cmという体躯を活かしたポストプレーや柔軟性を武器にするストライカーは、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「来シーズンからFC東京に加入することになりました、矢島輝一です。FC東京のエンブレムをつけることは大きな夢の1つだったので、言葉では表すことのできない喜びを感じています。現在は怪我でチームを離脱していますが、復帰後は活躍している姿をお見せできるよう、感謝の気持ちを忘れずに心を込めてリハビリに取り組んでいきます。応援よろしくお願いします」 2017.08.15 13:45 Tue
twitterfacebook
thumb

FC東京がMF田邉草民とMFジャキットの負傷を発表…田邉は手術で4カ月の離脱

▽FC東京は15日、MF田邉草民とタイ人MFジャキットが負傷したことを発表した。 ▽クラブの発表によると田邉は、7月14日に行われたトレーニング中に負傷。経過観察を行っていたが、チームドクターの診断を受けて、8月10日に埼玉県内の病院にて手術を行った模様。術式は左肩関節脱臼観血的整復術で全治まで4カ月を要する。 ▽一方のジャキットは今月5日のトレーニング中に負傷。チームドクターの診断結果、左ヒザ内側側副じん帯損傷により全治は3~4週間となる。 ▽なお、田邉は今シーズンの明治安田生命J1リーグで14試合に出場し1ゴールをマーク。また、今シーズンにバンコク・ユナイテッドから期限付き移籍でFC東京に加入しているジャキットは、リーグ戦に出場していない。 2017.08.15 11:25 Tue
twitterfacebook
thumb

試合終盤のウタカ弾でFC東京が2連勝!! 敗れた神戸はポルディ不発で3連敗…《J1》

▽13日に明治安田生命J1リーグ第22節のFC東京vsヴィッセル神戸が味の素スタジアムで行われ、1-0でFC東京が勝利した。 ▽9日で3試合を行う過密日程のラストマッチでは、10位のFC東京(勝ち点30)と11位の神戸(勝ち点29)による、中位に並ぶ2チームの対戦となった。 ▽前節の大宮アルディージャ戦で7試合ぶりの白星を飾ったFC東京は、その試合から4人を変更。GK林、DF吉本、MF米本、FW中島に代えてGK大久保択、DF徳永、MF東、FW大久保嘉を起用した。 ▽対する神戸は前節、鹿島アントラーズに敗れて2連敗。その試合から変更は1名だけで、MF大森に代えて田中を起用した。なお、元FC東京のMF高橋、FW渡邉は揃って先発出場となっている。 ▽試合は神戸が良い入りを見せると、3分にはルーカス・ポドルスキが倒されて得たFKを自身で狙う。しかしこのシュートは壁に当たり、こぼれ球を拾った藤田のシュートもディフェンダーにブロックされた。押し込まれるFC東京は、大久保嘉が積極的に裏を狙う姿勢を見せると、9分にはGK大久保択のロングボールに抜け出す。しかしここはオフサイドの判定でチャンスを作れない。 ▽神戸は15分、左サイドからのロングスローを起点にセカンドボールを拾った橋本がクロス。渡部がこのボールに頭で合わせるが枠を捉えきれず。19分にはスルーパスに抜け出した小川がボックス内からシュートを放つがGK大久保択の飛び出しに阻まれた。FC東京は27分に決定機を作り出すが、高萩のパスに抜け出した東のトゥキックはGKキム・スンギュがブロックしてゴールとはならず。 ▽その後も神戸が主導権を握り、チャンスを作っていったがゴールを奪えない。FC東京は前半終盤の40分に右サイドの室屋が入れたグラウンダーのマイナスのクロスに東が合わせたが、ボールはクロスバーを大きく越える。結局前半はそのままゴールレスで終えた。 ▽神戸はハーフタイムで小川を下げてハーフナー・マイクを投入するなど前線のユニットを変更。対するFC東京は前半の11人が後半もピッチに立った。すると最初のチャンスはFC東京で、49分にボックス手前でボールを受けた前田が、中央に流れながら右足を振り抜く。しかしこのシュートはGKキム・スンギュに弾かれてゴールとはならなかった。 ▽対する神戸は52分、自陣からのロングボールを相手陣内左でルーカス・ボドルスキがキープ。後方から走り込んだ渡邉がこの落としを受けてシュートを狙うが、GK大久保択の正面をついた。すると今度はFC東京にチャンス。55分にボックス左でパスを受けた高萩が右足でシュートを狙う。しかしボールは枠を捉えきれず、FC東京は先制のチャンスを逸した。 ▽一方の神戸は70分に渡邉が頭ですらしたボールに抜け出したハーフナー・マイクがループシュートを沈める。しかし、ハーフナー・マイクがDFを倒した場面でファウルを取られており、ノーゴールの判定となった。神戸はさらに74分、ルーカス・ポドルスキを起点として渡邉がシュートチャンスを迎えたが、DFにブロックされてボールを飛ばせず。 ▽FC東京も76分に、途中出場のピーター・ウタカが出したスルーパスに室屋が反応。ボックス右から中央にパスを入れて、最後は橋本が合わせたがディフェンダーのスライディングに阻まれた。しかし試合終盤の88分、遂に動く。大久保嘉のスルーパスから右サイドの深い位置まで侵入した室屋がグラウンダーのボールを入れる。最後はピーター・ウタカが楽々と押し込んでFC東京が先制した。 ▽結局このゴールが決勝点となり、FC東京は2連勝を飾り、神戸は3連敗となった。 2017.08.13 21:12 Sun
twitterfacebook
thumb

FC東京の元日本代表FW前田遼一がJ1通算400試合出場を達成! 今季リーグ戦初ゴールを記録

▽9日、FC東京の元日本代表FW前田遼一(35)がJ1通算400試合出場を達成した、史上16人目の400試合出場となる。 ▽前田は9日に行われた明治安田生命J1リーグ第21節の大宮アルディージャ戦に先発出場。30分にはCKの流れから今シーズンのリーグ戦初ゴールを決めるなど、チームの7試合ぶりの勝利に貢献した。 ▽暁星高校から2000年にジュビロ磐田へと入団した前田は、同年5月3日に行われた1stステージ第10節の川崎フロンターレ戦で初出場。4年目の2003年からレギュラーとして活躍すると、2009年にはJリーグ得点王を獲得。2010年には2年連続の得点王に輝いていた。 ▽2015年にFC東京へ完全移籍すると、ここまでリーグ戦74試合に出場し16得点を記録していた。 ◆歴代出場数ランキング 1位:楢崎正剛(名古屋グランパス)/631試合 2位:中澤佑二(横浜F・マリノス)/558試合 3位:遠藤保仁(ガンバ大阪)/555試合 4位:阿部勇樹(浦和レッズ)/525試合 5位:伊東輝悦(アスルクラロ沼津)/517試合 6位:小笠原満男(鹿島アントラーズ)/509試合 7位:曽ヶ端準(鹿島アントラーズ)/508試合 8位:山田暢久(浦和レッズ)/501試合※ 9位:明神智和(AC長野パルセイロ)/497試合 10位:山口智(京都サンガF.C.)/448試合※ 11位:新井場徹(セレッソ大阪)/423試合※ 11位:森崎和幸(サンフレッチェ)/423試合※ 13位:川口能活(SC相模原)/421試合 14位:藤田俊哉(ジェフユナイテッド千葉)/419試合※ 15位:今野泰幸(ガンバ大阪)/402試合 16位:前田遼一(FC東京)/400試合 ※は現役引退選手。カッコ内は最終所属クラブ 2017.08.09 22:30 Wed
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース