デポルティボ、元ベティス指揮官ペペ・メル氏の新監督就任を発表2017.03.01 01:40 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽デポルティボは2月28日、ペペ・メル氏(53)の新監督就任を発表した。契約期間は今シーズン終了までとなる。

▽デポルティボは、24試合を終えたリーガエスパニョーラで、降格圏の18位スポルティング・ヒホンと2ポイント差の17位と苦戦。25日に行われた前節レガネスとの残留争いでは、0-4と完敗し、4連敗となっていた。この状況を受けてクラブは先月27日、今季から監督に就任したガイツカ・ガリターノ監督(41)を解任していた。

▽デポルティボの新監督に就任したメル氏は、これまでヘタフェやラージョ、WBAなどの監督を歴任。2014年から2016年1月までは自身2度目の就任となったベティスを率いていたが、以降はフリーの状態が続いていた。

▽なお、メル氏は、3月2日に行われるリーガエスパニョーラ第25節のアトレティコ・マドリー戦からトップチームを率いることになる。

コメント

関連ニュース

thumb

デポルティボ、DFアリーバスがメキシコ移籍

▽デポルティボは9日、スペイン人DFアレハンドロ・アリーバス(28)がリーガMXに所属するプーマスに移籍することを発表した。 ▽ラージョ・バジェカーノの下部組織出身のアリーバスは、オサスナ、セビージャを経て2015年にデポルティボに加入。同クラブではここまで公式戦60試合に出場し、4ゴールを記録していた。 ▽なお、堅実さが売りのスペイン人センターバックが加入するプーマスには、かつてリーガエスパニョーラで活躍したチリ代表MFマルセロ・ディアスやスペインMFアブラハムが在籍している。 2017.12.10 04:20 Sun
twitterfacebook
thumb

低調な出来もトーマスの値千金AT弾でアトレティコが公式戦4試合ぶりの白星!! 《リーガエスパニョーラ》

▽アトレティコ・マドリーは4日、リーガエスパニョーラ第11節でデポルティボとアパンカ・リアソールで対戦し1-0で勝利した。 ▽ここまで5勝5分けと取りこぼしが目立つ3位のアトレティコ(勝ち点20)は、ミッドウィークに行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループC第4節でもカラバフと1-1のドローに終わり、決勝トーナメント進出に黄信号が点灯している。嫌な流れを断ちたいチームは、2点を変更。フィリペ・ルイス、ガメイロを外してリュカ、A・フェルナンデスを起用し、14位と下位に沈むデポルティボ(勝ち点11)とのアウェイゲームに臨んだ。 ▽前線にコレアとグリーズマンを並べる[4-4-2]で試合に入ったアトレティコがボールを持つ展開となる。しかし、デポルティボがアトレティコのお株を奪うようなインテンシティの高い戦いを選択したことで立ち上がりはお互いのファイナルサードで試合が進む落ち着かない状況が続いた。 ▽ゴール前での攻防が続く両チームだが、ボックス手前での崩しが乏しく決定機を作れない。すると21分にデポルティボがこの試合最初のチャンスを作る。ボックス手前右の位置でFKを獲得すると、キッカーのL・ペレスはサインプレーから中央にボールを流す。受けたカルタビアはキックフェイントからさらに左へとボールを流し、最後はバッカリがボックス手前から狙っていったが、ここは枠を捉えきれなかった。 ▽一方、攻め手を欠くアトレティコは24分、ボックス左からドリブルを仕掛けたグリーズマンがするすると相手をかわして、コレアにラストパス。しかしコレアの出足が一瞬で遅れると、ボールはGKパンティリモンの手に収まった。さらに29分にはボールを運んだサウールがそのまま左足でミドルシュートを狙っていくが、ボールは枠外へ。その後も決定機を作り出せない両チームは、ゴールレスのまま後半へと突入した。 ▽するとアトレティコはハーフタイムで、前半に目立ったパフォーマンスを見せられなかったコレアを下げてガイタンを投入する。するとキックオフ直後からアトレティコが攻め立てると、中央をショートパスで切り抜けて裏に抜け出したグリーズマンがボックス右に流れてシュート。しかし、ファーポストのコースを消された状態でニアに放ったシュートはGKパンティリモンが正面でセーブした。 ▽後半最初の決定機を決めきれなかったアトレティコだが、前半よりも出足が鋭くセカンドボールを拾えるようになり、2次攻撃、3次攻撃でデポルティボを自陣にくぎ付けにする。51分には左CKからゴディンがダイビングヘッドでシュートを放つが、ボールはわずかに枠の外へと転がっていった。 ▽一方のデポルティボもチャンスでは前線に人数をかけてゴールを目指す。54分には右サイドの深い位置まで攻め上がったフアンフランのグラウンダーのクロスに、ボルジェスが詰める。しかしこのチャンスでボルジェスはシュートを空振りしてしまい、決定機をミスで逸した。 ▽後半立ち上がりはお互いにアグレッシブだったものの、時間の経過とともに再び停滞。両チームともに勝負のパスが繋がらない。するとアトレティコは61分にA・フェルナンデスを下げてガメイロを送り出し、前線の活性化を狙う。一方のデポルティボは75分にボルジェスが負傷し、モスケラとの交代を余儀なくされた。さらに同タイミングでバッカリを下げてアンドネも送り出す。 ▽お互いに選手を入れ替えて流れを掴みにかかるが、劇的に試合の流れが変わることはなく。アトレティコは80分にグリーズマンを下げてホセ・ヒメネスを投入するなど消極的な采配を見せる。デポルティボもルイジーニョを下げてフェルナンド・ナバーロを送り出すなど、バックラインに最後の交代枠を割いた。 ▽試合終盤は疲れからか精彩を欠いたプレーが散見される。後半アディショナルタイムにはゴール正面の位置でアトレティコがFKを獲得。このチャンスでキッカーのガビが横に出したボールを、後方から走り込んだトーマスが右足でシュート。壁の枠をすり抜けたボールはそのままゴールネットを揺らし、アトレティコが遂に試合を動かした。追いかけるデポルティボは少ない時間でパワープレーに入るが、追いつくことはできず。アトレティコが土壇場で敵地から勝ち点3を持ち帰った。 2017.11.05 02:05 Sun
twitterfacebook
thumb

デポルティボがペペ・メル監督解任! 後任はクライフ・バルサの一員クリストバル氏

▽デポルティボは24日、ペペ・メル監督(54)の解任を発表した。 ▽これまでラージョやベティス、WBAなどを率いてきたメル監督は、今年2月に降格争いに巻き込まれていたデポルティボの新指揮官に就任。昨シーズンを最終的に15位で終え、シーズン終了後には契約延長を勝ち取った。 ▽しかし、今季は第9節終了時点で2勝5敗2分けの16位と低迷しており、クラブはシーズン序盤の早い段階でメル監督の更迭に動いた。 ▽また、デポルティボはメル監督の後任として、リザーブチームを率いるクリストバル・パラッロ監督(50)が今季終了まで暫定指揮官を務めることを併せて伝えている。 ▽なお、現役時代にスペイン代表でもプレーしたクリストバル氏は、バルセロナのカンテラ出身で故ヨハン・クライフ氏の下でジョゼップ・グアルディオラと共にプレーした右サイドバック。エスパニョールやパリ・サンジェルマンでも活躍している。 2017.10.25 00:32 Wed
twitterfacebook
thumb

デポルティボが32歳左SBルイジーニョと2020年まで契約延長

▽デポルティボは9日、ポルトガル人DFルイジーニョ(32)と2020年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽2013年夏にベンフィカからデポルティボに加入した左サイドバックのルイジーニョは、これまでデポルティボで公式戦128試合に出場して5ゴール11アシストをマーク。今季はリーガエスパニョーラ全7試合にフル出場して1ゴール1アシストを記録し、主力として活躍している。 2017.10.10 00:53 Tue
twitterfacebook
thumb

ルーマニア代表GKパンティリモンがデポルティボへレンタル移籍

▽デポルティボ・ラ・コルーニャは1日、ワトフォードのルーマニア代表GKコステル・パンティリモン(30)をレンタル移籍で獲得したことを発表した。レンタル期間は1年間となる。 ▽パンティリモンは、2011年8月にルーマニアのティミショアラからマンチェスター・シティへとレンタル移籍。2012年1月には完全移籍で加入。控えGKとして公式戦29試合に出場していた。2014年7月にはサンダーランドへ移籍すると、2016年1月にワトフォードへと加入。ワトフォードでも第2GKの立ち位置を払拭できず、2016-17シーズンはプレミアリーグで2試合の出場に留まっていた。 ▽ルーマニア代表としても2008年にデビューし、ここまで25キャップを記録している。 2017.09.02 11:25 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース