ヘントFW久保裕也が移籍後3ゴール目《ベルギー・ジュピラーリーグ》2017.02.27 12:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘントに所属する日本代表FW久保裕也が、26日に行われた試合でリーグ3試合ぶりのゴールを決めた。

▽ヘントはベルギー・ジュピラーリーグ第28節でREムスクロンと激突。先発した久保は1点リードで迎えた30分、バイタルエリア左で相手2人をワンタッチで抜き去り、左足のシュートをゴール右に沈めた。

▽結局、久保に移籍後3ゴール目も生まれたヘントが3-1で勝利。リーグ4試合ぶりの白星を手にしたヘントは3月4日に行われる次節、アウェイでワースラントと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

FW久保裕也、引いてくることが予想される相手に「サイドが起点になる」《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ヴァイッド・ハリルホジッチ監督率いる日本代表は27日、埼玉スタジアム2002でトレーニングを実施した。 ▽練習終了後、FW久保裕也(へント/ベルギー)がミックスゾーンでメディア陣のインタビューに応対。引いてくることが予想されるタイとの試合をサイドが起点になると強調し、得点に絡むことでチームの勝利に貢献することを意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆FW久保裕也</span>(へント/ベルギー) <span style="font-weight:700;">──タイ戦に向けて</span> 「得点に絡むのが仕事だと思う。しっかり貢献できるようにしたい」 <span style="font-weight:700;">──状態はどうか</span> 「まだまだコンディションは上がると思うし、監督からもフィジカルが足りないとは言われている」 <span style="font-weight:700;">──大迫勇也選手(ケルン/ドイツ)が抜けて、前線の顔ぶれが変わると思うが</span> 「選手の特徴とかはあると思う。その試合に出るメンバーでしっかりとコミュニケーションを取れていけたらと思う」 <span style="font-weight:700;">──タイは引いてくることが予想されるが</span> 「サイドが起点になるのかなと思う。そこで枚数をかけて崩せたらチャンスが作れると思う」 <span style="font-weight:700;">──クラブでは中央からの突破や裏への抜け出しなど多くのパターンから得点を決めているが</span> 「いろいろなイメージがある。状況によって変わるとは思うが、とにかくいろいろなことを試しながらやっていけたらと思う」 <span style="font-weight:700;">──本田圭佑選手(ミラン/イタリア)には右サイドでのプレーについてアドバイスをもらったか</span> 「前回の試合前にはポジショニングについては言われた」 <span style="font-weight:700;">──長友佑都選手(インテル/イタリア)が久保選手を観ていると昔のギラギラしていた頃の自分を思い出すと言っていたが</span> 「それは僕が判断することではないので、長友さんの意見だと思う」 <span style="font-weight:700;">──クラブを変えたことでプラスになったことは</span> 「結果もついてきているし、その部分はクラブを変えて良かったと思う。スタイルが違うので比べることはできない」 2017.03.27 22:15 Mon
twitterfacebook
thumb

ヘント久保裕也の4人抜き弾が週間ベストゴールに…得票率は驚異の50%

ヘントに所属する日本代表FW久保裕也のKVメヘレン戦での得点が週間ベストゴールに選ばれている。ベルギー『HLN』が報じた。<br><br>ヘントは12日、ベルギーリーグ第30節でKVメヘレンと対戦。久保は3トップの一角として先発出場を果たし、1点リードで迎えた前半終了間際にドリブルから4人を置き去りとするスーパーゴールを決めてみせた。久保自身も「確かにきれいなゴールでした」と振り返る加入後5点目はチームにとって貴重な追加点となっている。<br><br>ベルギーメディアによって「クボのソロゴール」と名付けられたスーパーゴールは、第30節のベストゴール候補5つの中にノミネートされ、『HLN』の投票でトップを獲得。4292票を集め、得票率は50%、2位の23%に大きく差をつけた。<br><br>なお、レギュラーシーズンを終えたベルギーリーグでは、31日からプレーオフが開始する。ヘントの初戦は2日のクラブ・ブルージュ戦となるが、久保は短期決戦でも結果を残すことはできるのだろうか。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.17 13:15 Fri
twitterfacebook
thumb

アスパス弾などで快勝のセルタがベスト8進出! ベシクタシュとヘンクも8強入り!《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)ラウンド16・2ndレグ、FCクラスノダールvsセルタが16日に行われ、アウェイのセルタが2-0で勝利した。この結果、2戦合計4-1としたセルタがベスト8進出を決めた。 ▽スペイン勢4連覇が期待されるセルタは、ホームでの1stレグで試合終了間際にボーヴュが決めた劇的勝ち越し弾で2-1の勝利を収め、敵地での2ndレグに向けてアドバンテージを手にした。 ▽ただ、直近のリーグ戦では4試合勝利がなく、今週末には宿敵デポルティボとの重要な“ガリシア・ダービー”を控えており、今回の2ndレグに心身のコンディションを整えられるかが、勝敗のカギを握った。ベリッソ監督はこの重要な一戦に向けて、ビジャレアル戦で温存したイアゴ・アスパスやグイデッティ、ヴァスなど主力を先発に復帰させた。 ▽1stレグ同様に前半立ち上がりから拮抗した展開が続く試合。互いにセットプレーからセルタのヴァス、クラスノダールのマウリシオ・ペレイラというFKの名手が直接FKで相手ゴールに迫るが、相手GKの好守もあり、前半はゴールレスで終了した。 ▽迎えた後半、徐々に試合のペースを握り始めたアウェイのセルタは、52分にゴール前の混戦からアスパスのシュートのこぼれ球に反応したマージョがボックス右から強烈な右足のシュートを流し込み、貴重なアウェイゴールを手にした。 ▽先制後も持ち味のハイインテンシティのプレーで主導権を渡さないセルタは、80分にグイデッティの浮き球パスに抜け出したアスパスが冷静にGKとの一対一を制し、試合を決定付ける2点目を奪った。その後、危なげなく試合をクローズしたセルタが、2戦合計4-1でベスト8進出を決めた。 ▽同時刻に行われたベシクタシュvsオリンピアコスのチャンピオンズリーグ常連チーム対決は、ホームのベシクタシュが4-1で勝利した。この結果、2戦合計5-2としたベシクタシュがベスト8進出を決めた。 ▽オリンピアコスホームの1stレグを1-1のドローで終えた両チーム。迎えたベシクタシュホームの2ndレグでは、ホームの大歓声を後押しにしたベシクタシュが開始10分にアブバカルの2試合連続ゴールで先制に成功。さらに、22分には今季途中に加入したバベルのゴールで点差を広げる。だが、31分にエルヨナッシのゴールでオリンピアコスに1点を返されると、前半終了間際の39分にはボールに関係ないところで相手に暴力行為を働いたアブバカルにレッドカードが掲示され、1点リードのホームチームが数的不利を背負うことになった。 ▽迎えた後半、数的優位を手にしたオリンピアコスが一方的に押し込む展開が続くが、先にゴールをこじ開けたのは1人少ないベシクタシュ。75分、カウンターからボックス付近でボールを持ったバベルの右足シュートをGKレアリが弾き切れず、ベシクタシュに決定的な3点目が入った。その後、より前がかりになったオリンピアコスの猛攻を跳ね返し続けたベシクタシュは、84分にも途中出場のトスンがゴールを決め、数的不利を背負いながらも4-1で快勝した。 ▽また、ヘンクvsヘントのベルギー勢対決は、1-1のドローで終了した。この結果、2戦合計6-3としたヘンクがベスト8進出を決めた。敵地での1stレグを5-2で大勝したヘンクは、ホームでの2ndレグでも先制に成功。その後、ヘントに意地のゴールを決められて2連勝を逃すも、1stレグのアドバンテージを生かしてベスト8進出を決めた。 ◆ELラウンド16・2ndレグ結果(日本時間27時開催) FCクラスノダール 0-2(AGG:1-4) <span style="font-weight:700;">セルタ</span> <span style="font-weight:700;">ベシクタシュ</span> 4-1(AGG:5-2) オリンピアコス <span style="font-weight:700;">ヘンク</span> 1-1(AGG:6-3) ヘント 2017.03.17 04:52 Fri
twitterfacebook
thumb

ヘント久保裕也、圧巻の4人抜きドリブルから3戦連発《ベルギー・ジュピラーリーグ》

▽ヘントの日本代表FW久保裕也が12日に行われた試合でリーグ3試合連続となる今シーズン5ゴール目を記録した。 ▽ヘントは同日、ベルギー・ジュピラーリーグ第30節でメヘレンと激突。先発の久保はチームが1点リードの45分、ハーフウェイライン付近でボールを受けた流れでそのままドリブルを仕掛けて相手4選手の守備を掻い潜ると、ボックス中央から右足のシュートをゴール右隅に決めた。 ▽3戦連発の久保は今冬の加入以降、リーグ戦7試合で5発。なお、その後も1点を加えたヘントは3-0の快勝でリーグ3連勝。4位でレギュラーシーズンを終えたため、上位6クラブによるプレーオフ進出を果たしている。 2017.03.13 08:30 Mon
twitterfacebook
thumb

ベルギーメディアが「久保のおかげ」とヘント勝利を報道…プレーオフ進出に望みをつなぐ

ベルギーリーグ第29節ワースラントvsヘントの一戦は、3-2でヘントが勝利を収めた。日本代表FW久保裕也は先発出場し、73分に決勝ゴールとなるグラウンダーのミドルシュートを決めている。これでベルギーリーグでは加入後6試合4ゴールとなった。<br><br>ヘントの勝利について、ベルギー各メディアも紹介している。<br><br>地元メディア『voetbalkrant』は「久保がペナルティーエリア外でボールを受けると、走り込みながら左足で低い弾道のシュートを決めた」と報道。<br><br>ベルギー『nieuws.vtm』は「(ジェレミー)パーベットと久保のゴールのおかげでワースラントを撃破。プレーオフに進める可能性を残した」と伝えている。<br><br>『sporza』はヘントのハイン・ファンハーズブルック監督の言葉を紹介。「ワースラントは早々に10人になったことで、とても守備的に戦ってきたから、崩すのが本当に難しかった。この試合で勝利できたことは本当に大きい。ただ、まだ次の週にしなければならない困難なミッションがある。ホームの大観衆の前で試合ができることは大きな利点となるが、何としても結果を残さないと」と発言。<br><br>ヘントは12日にベルギーリーグ第30節のメヘレン戦が控えている。勝ち点47で現在7位のヘントは、勝ち点48で5位のメヘレンを下せば、自動的にプレーオフ進出圏内(6位以上)に順位が上がる。果たして、ヘントはプレーオフ進出を左右するメヘレン戦で勝利できるのか、大一番での久保の活躍に期待が懸かる。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.05 13:40 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース