ヘントFW久保裕也が移籍後3ゴール目《ベルギー・ジュピラーリーグ》2017.02.27 12:30 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘントに所属する日本代表FW久保裕也が、26日に行われた試合でリーグ3試合ぶりのゴールを決めた。

▽ヘントはベルギー・ジュピラーリーグ第28節でREムスクロンと激突。先発した久保は1点リードで迎えた30分、バイタルエリア左で相手2人をワンタッチで抜き去り、左足のシュートをゴール右に沈めた。

▽結局、久保に移籍後3ゴール目も生まれたヘントが3-1で勝利。リーグ4試合ぶりの白星を手にしたヘントは3月4日に行われる次節、アウェイでワースラントと対戦する。

コメント

関連ニュース

thumb

ヘント久保裕也が2戦連発! チームに勝ち点1をもたらす一発《ベルギー・ジュピラーリーグ》

▽ベルギー・ジュピラーリーグのプレーオフ1第4節が21日に行われ、ヘントはオーステンデをホームに迎え、1-1で引き分けた。日本代表FW久保裕也はフル出場。73分に同点弾を決め、自身2戦連続の移籍後7ゴール目を記録した。 ▽プレーオフ1は、レギュラーシーズンの上位6チームによるホーム&アウェイの総当り方式で開催。プレーオフ1開幕から2勝1分けの2位につけるヘントは、5位のオーステンデのホームで迎え撃った。 ▽[4-2-3-1]から[3-4-3]にシステム変更したヘントは、久保を右ウイングで起用。試合は、ヘントがゴールレスで迎えた68分にオーステンデに先制を許すなど苦しい展開を強いられてしまう。 ▽そういった状況の中、73分には久保が躍動。味方がバイタルエリア右外から右足の鋭いクロスを供給すると、中央の久保が左足で合わせ、ゴール左に流し込み、ヘントが同点に追いついた。 ▽結局、試合は1-1で終了。久保の一発に救われたヘントはプレーオフ1を2勝2分けとした。27日に行われる次節、ズルテ・ワレヘムとのアウェイゲームに臨む。 2017.04.22 08:30 Sat
twitterfacebook
thumb

ヘント加入後も10試合6得点とゴール量産のFW久保裕也「タイトルを目指している」

▽ヘントの日本代表FW久保裕也が、タイトル獲得に意欲を見せた。ベルギー『Nieuwsblad』が久保のコメントを伝えている。 ▽今冬にヤング・ボーイズからヘントに加入した久保は、デビュー戦でいきなりゴールを記録するなどインパクトを残し、ここまで10試合で6得点を記録。新天地でもすでに得点源として活躍を見せている。 ▽17日に行われたベルギー・ジュピラーリーグのプレーオフ1第3節では、シャルルロワと対戦。23分にドリブルでボックス内に侵入すると、左足でゴールに叩き込み、1-0での勝利に貢献した。 ▽試合後、殊勲の決勝ゴールを決めた久保はタイトルを目指しているとコメント。首位のアンデルレヒトを追い抜くと意欲を見せた。 「僕たちはタイトルを目指しています。全ては可能だと思っています。トップに立ちたいならば、僕たちはポイントを獲り続ける必要があります」 「僕たちは2位にいます。来週も、僕はゴールやアシストでチームを助けます」 ▽シャルルロワに勝利したヘントは2位に浮上。首位のアンデルレヒトとは勝ち点差6となっている。ヘントは23日にオーステンデと第4節を戦う。 2017.04.18 20:53 Tue
twitterfacebook
thumb

久保裕也にヘント同僚も「なんてやつだ」と絶賛…スシボンバーは驚きの存在と現地報道

現地時間17日、ベルギーリーグの優勝プレーオフ、シャルルロワvsヘントの一戦で、日本代表FW久保裕也がゴールを決めヘントが1-0で勝利を収めた。敵地でのこの勝利で、ヘントはプレーオフで2位に浮上している。<br><br>久保にとっては冬に加入してからリーグ戦10試合で6ゴールを記録したことになるが、その活躍ぶりに同僚も舌を巻いている。ベルギーメディア『voetbalkrant』は「スシボンバー久保裕也はチームメートを驚かせた」の見出しで、ヘント同僚の久保に対するコメントを報じた。<br><br>イスラエル代表のラミ・ゲルションは「彼はピッチ内でとても知性的だ。期待に見事応えている。いつだって特別なことをやってのけるし、ボールを持った時には何か予想外のことを実現してくれるんだ。今日の試合もそうだったね。彼がボールを持つたびに『なんてやつだ』と心の中で何度も思ったよ」と発言。<br><br>ゲルションは「彼はチームに大きな自信をもたらしてくれる選手で、移籍金に見合う十分な活躍をしてくれていると思う。この活躍は(モーゼス・ダディ)シモンの1年目の活躍を思い出させる」と続け、14-15シーズンに途中加入で9試合6ゴールの好成績を残した同僚シモンを比較に出して久保を絶賛した。<br><br>また、ヘントMFダニイェル・ミリチェヴィッチは「久保がここに来てくれて本当に良かった。チーム全体がうまくいっていない時でも、久保は決定的な仕事をやってくれる。(3月上旬の)ワースラント・べヘレン戦のようにね」と、久保の得点力の高さを称賛している。<br><br>同僚ブレヒト・デヤーゲレは「彼はサッカー選手として本当に素晴らしい。効率的に結果を残してくれる選手で、試合ではいきなり大きなことをやってくれるんだ」と久保について語った。<br><br>その一方でシャイな性格であることも久保らしい一面のようで、ミリチェヴィッチは「久保はいつもおとなしいね。彼はピッチの中ではいつも真面目で、何事も真剣で取り組むんだ」と言及。ゲルションは「彼は恥ずかしがり屋なんだろう。さらに自信を持ってこれからチーム内でも堂々としてくれると思っている。そうなったらもっと良くなるはずだ」と久保へのコメントを締めくくっている。<br><br>ヘントは17日のシャルルロワ戦で勝利したことにより、ベルギーリーグの優勝プレーオフで2位に浮上。首位アンデルレヒトとの勝ち点差を6として優勝争いで結果を残しつつある。そんな中で、ヘント久保は冬に加入して3カ月足らずだが、すでにチームに欠かせない存在となっているようだ。<br>提供:goal.com 2017.04.18 11:50 Tue
twitterfacebook
thumb

久保が先制となる決勝ゴール!! ヘントは優勝POで2位に浮上!!《ベルギー・ジュピラーリーグ》

▽ベルギー・ジュピラーリーグのプレーオフ1第3節が17日に行われ、ヘントはアウェイでシャルルロワと対戦し1-0で勝利した。日本代表FW久保裕也はフル出場を果たし、23分に先制点をマークしている。 ▽優勝を決めるプレーオフで1勝1分けの3位に位置するヘント。久保はトップ下で先発出場を果たすと、23分にこぼれ球を拾った久保がドリブルでボックス内に侵入。左足を振り抜くと、左のニアサイドを撃ち抜いて先制ゴールを挙げた。 ▽後半は得点が生まれることなく試合は終了。ヘントが久保のゴールを最後まで守り切り、優勝プレーオフで2勝目を飾り2位に浮上している。 2017.04.18 08:36 Tue
twitterfacebook
thumb

セルタがホームで逆転勝利! ヘンクは2点のAGをもってホームへ帰還…《EL》

▽ヨーロッパリーグ(EL)準々決勝1stレグのセルタvsヘンクが13日に行われ、3-2でホームのセルタが勝利した。 ▽決勝トーナメント2回戦でクラスノダール(ロシア)を寄せ付けず、2戦合計スコア4-1で勝ち上がったセルタは、主力を温存した直近のエイバル戦からスタメンを7人変更。アスパスやグイデッティ、ラドヤ、ジョナタン・カストロなど主力がスタメンに戻った。 ▽一方、決勝トーナメント2回戦でヘントとの同国対決を制したヘンクは、国内リーグで優勝プレーオフ進出を逃したため、3月16日以来の公式戦となる。そのヘンクは、決勝トーナメント2回戦のヘント戦と同じスタメンで試合に臨んだ。 ▽互いに攻守の切り替えが早く、引き締まった展開で試合は幕を開ける。すると、11分にアウェイチームが試合を動かす。ヘンクはアタッキングサード右でボールを受けたカスターニュのクロスのこぼれ球を逆サイドで拾ったトロサルドが、ボックス左付近まで切り込みクロス。これをゴール前に走り込んだボエティウスがヘディングで合わせると、GKセルヒオ・アルバレスの弾いたボールがそのままゴールに吸い込まれた。 ▽先制を許したセルタだが、すぐに反撃に転じる。15分、ジョナタン・カストロの縦パスをボックス左で受けたグイデッティがヒールで落とすと、走り込んだシストがダイレクトでゴールに突き刺した。さらに18分には、右サイドから切り込んだアスパスがボックス右手前からグラウンダーのミドルシュートをゴール左隅に流し込み、瞬く間に逆転した。 ▽その後は一進一退を続ける両チームだったが、38分にカウンターからセルタが追加点を奪う。シストのスルーパスで左サイドを抜け出したグイデッティが、アスパスとのパス交換でボックス内へ侵攻。カットインから右足を振り抜くと、シュートはゴール左隅に決まった。 ▽迎えた後半、最初に動いたのはヘンク。62分、ボエティウスを下げてブッフェルを投入。対するセルタは、65分にアクシデント。この試合1ゴール1アシストのグイデッティがヒザに違和感を訴え、ベンチに交代を要求。ボーヴュとの負傷交代を余儀なくされた。 ▽すると、この交代が吉と出たのはヘンク。67分、ロングボールを左サイド高い位置で収めたトロサルドが、素早いターンからクロスを供給。これがジョナタン・カストロの判断ミスを誘うと、ファーサイドに走り込んだブッフェルが右足でシュート。これはGKに弾かれたが、こぼれ球を再びブッフェルが頭で押し込んだ。 ▽1点差に迫られたセルタは74分、オーバーラップしたマージョの右クロスのこぼれ球を、ボックス手前のラドヤがミドルシュート。さらに79分には、パブロ・エルナンデスのスルーパスをゴール正面で受けたアスパスが反転から左足を振り抜いたが、共にシュートはGKライアンのセーブに阻まれた。 ▽結局、試合はそのまま終了。ホームのセルタが先勝したものの、アウェイゴール2つを許し、2ndレグに向けて不安の残る結果となった。なお、2ndレグは20日にヘンクのホームで行われる。 2017.04.14 06:50 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース