シャルケ、MFベンタレブの完全移籍加入を発表…今季トッテナムからレンタル加入2017.02.25 09:15 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽シャルケは24日、トッテナムからレンタル加入中のアルジェリア代表MFナビル・ベンタレブ(22)を完全移籍で獲得したことを発表した。契約期間は2021年6月30までの4年間となる。

▽トッテナムの下部組織で育ったベンタレブは、2013年にトップチーム昇格。今シーズンからシャルケに活躍の場を移し、ここまでブンデスリーガ20試合4ゴール4アシストを記録している。

▽そのベンタレブは、クラブ公式サイトで完全移籍を果たした心境を明かした。

「昨夏に来たときから、契約のために多くプレーして、クラブの信頼を得ることが目標だった。それが叶い、全てが完璧だ。素晴らしい気持ちだよ」

コメント

関連ニュース

thumb

2位シャルケ、長谷部&鎌田ベンチ外のフランクフルトにナウドのラストプレー弾で辛くもドロー《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第17節、フランクフルトvsシャルケが16日に行われ、2-2で引き分けた。フランクフルトのMF長谷部誠とMF鎌田大地は共にベンチ外となっている。 ▽前節ハンブルガーSV戦を2-1と逆転勝利した8位フランクフルト(勝ち点25)は、ここ2試合連続ベンチ外の長谷部と鎌田が引き続きベンチ外となった。 ▽対する2位シャルケ(勝ち点29)は、前節アウグスブルク戦を3-2と打ち勝ってここ10試合負けなしと好調。首位バイエルンを9ポイント差で追う中、アウグスブルク戦のスタメンから2選手を変更。ディ・サントとマッキーニーに代えてシェプフとコノプリャンカを起用した。 ▽試合は開始1分にフランクフルトが先制する。レビッチが左サイドでボールをキープしてボックス左のガシノビッチへ。ガシノビッチが中に入れたクロスをヨビッチが押し込んだ。 ▽失点を受けて前がかったシャルケだったが、フランクフルトの守備を崩しきれない状況が続く。28分にようやくコノプリャンカが左サイドからのカットインシュートでゴールに迫ると、36分に決定機。右サイドのスペースを突いたコノプリャンカのグラウンダークロスにアリが合わせるも、シュートは威力を欠いてGKにキャッチされてしまった。 ▽さらに追加タイム1分にもシャルケにビッグチャンス。ブルクシュタラーの折り返しをボックス右のシェプフがダイレクトでシュート。枠を捉えていたが、GKフラデツキーのビッグセーブに阻まれてしまった。 ▽後半も1点を追うシャルケが仕掛けたものの、こう着状態を打破できなかったことから56分にアリに代えてディ・サントを投入した。 ▽しかし65分、スタンブリのパスをカットしたガシノビッチがショートカウンターを発動。ボックス左深くまでえぐって入れたパスを最後はアラーが決めて、フランクフルトに追加点が生まれた。 ▽2点を追う展開となったシャルケはシェプフに代えてエンボロを投入。ハーフコートゲームに持ち込むと、77分にナスタシッチが直接FKでゴールを脅かす。そして、82分に1点を返した。マックス・マイヤーのフィードをボックス左で受けたブルクシュタラーの折り返しをファーサイドのエンボロが押し込んだ。 ▽終盤にかけても攻勢に出たシャルケは、与えられた4分の追加タイムが過ぎた95分に同点に持ち込む。ロングボールで混戦を生むと、パワープレーで前線に上がっていたナウドがペナルティアーク中央からゴール右へ蹴り込んだ。 ▽直後にタイムアップとなり、シャルケは勝ち点1をもぎ取り、フランクフルトは勝ち点2を失った。 2017.12.17 04:20 Sun
twitterfacebook
thumb

シャルケの逸材アリが髪色をドルトムント・カラーにした理由は?

▽シャルケに所属するモロッコ代表MFアミーヌ・アリが髪を金髪に染めた理由を明かした。ブンデスリーガ公式サイトが伝えている。 ▽7月にナントからシャルケに加入したアリは、今シーズンここまでブンデスリーガで15試合に出場して2ゴール6アシストをマーク。モロッコ代表としても7月に20歳で代表デビューを飾ると、10月10日に行われた韓国代表との国際親善試合で2アシストを記録した。 ▽そんなシャルケの逸材は最近、髪色を金色に染めた。髪を染めた経緯について自身が得点を記録した先月25日に行われたブンデスリーガ第13節のドルトムントとのレヴィア・ダービーがきっかけだったことを明かしている。 「僕は友人と賭けをしたんだ」 「ドルトムントとのダービーで僕が得点を決めたら、ドルトムントカラーに髪を染めるとね。得点を奪うことができて、約束を果たしたんだ」 ▽なお、その一戦に先発出場したアリは1-4で迎えた65分、左サイドを突破したMFイェフレン・コノプリャンカのファーサイドへのクロスに反応してトラップからシュートを流し込んだ。その後、チームは2点を奪取して引き分けに持ち込んでいる。 2017.12.16 10:20 Sat
twitterfacebook
thumb

シャルケがベテランDFナウドと2019年まで契約を延長

▽シャルケは7日、元ブラジル代表DFナウド(35)と2019年6月30日まで契約を延長したことを発表した。 ▽ブレーメンとヴォルフスブルクで主軸として活躍し、2016年夏にシャルケに加入した198cmの長身センターバックであるナウドは、シャルケでこれまで公式戦44試合に出場して4ゴール3アシストをマーク。今季ここまでリーグ戦14試合にフル出場し、2ゴール1アシストを記録して、3位と健闘しているチームの主力として活躍している。 ▽2007年にはブラジル代表に選出された経歴も持ち、4試合に出場している。2014年12月にドイツに帰化したナウドは現在、二重国籍となっている。 2017.12.08 01:16 Fri
twitterfacebook
thumb

ゴレツカ、去就決断は来年1月に…「とても慎重な人間だけど、すでに最終段階」

シャルケに所属するドイツ代表MFレオン・ゴレツカは、来年1月に自身の去就に関する決断を下すと明かしている。<br><br>22歳のゴレツカにはバイエルンやバルセロナ、マンチェスター・ユナイテッドといったビッグクラブが獲得に興味を示している。ゴレツカ自身も3日に行われたケルン戦直後に「次のステップをどうするか考えないとね」と話し、こう続けた。<br><br>「何百回も考えなければならない。僕は決断に関してとても慎重な人間だからね。時間が必要だよ。この決断に期限はないけど、すでに最終段階まで来ている。最後の決断は1月には行われるだろうね」<br><br>シャルケはゴレツカを慰留させる方向で動いているものの、ゴレツカはドイツ誌『シュポルト・ビルト』で、残留の可能性が低いことを認める。引く手あまたの大型ボランチが新天地にどこを選ぶのか注目が集まるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.12.04 15:03 Mon
twitterfacebook
thumb

大迫が終了間際に退場のケルン、シャルケに2度追いつきドロー《ブンデスリーガ》

▽ケルンは2日、ブンデスリーガ第14節でシャルケとのアウェイ戦に臨み、2-2で引き分けた。ケルンのFW大迫勇也は先発し、後半追加タイム3分に2枚目のイエローカードを受けて退場している。 ▽前節ヘルタ・ベルリン戦を0-2と完敗して未だに未勝利が続く最下位ケルン(勝ち点2)は、大迫をフラットな[4-4-2]の2トップの一角で先発とした。 ▽前節ドルトムントとのレヴィア・ダービーを4点差を追いついて引き分けた3位シャルケ(勝ち点24)に対し、ケルンは立ち上がりから防戦を強いられる。7分にはアリのラストパスを受けたブルクシュタラーのシュートがバーを叩いた。 ▽それでも11分、大迫に決定機。ヨイッチのスルーパスをボックス右に走り込んだ大迫がスライディングシュート。しかし、GKフェールマンのセーブに阻まれた。 ▽その後もダービー同点劇の立役者となったアリが攻撃を牽引するシャルケにポゼッションを握られたケルンは、36分に失点する。マックス・マイヤーの浮き球パスをカリジウリがボックス中央で受けると、ブルクシュタラーと合わせてGKと二対一の状況に。カリジウリは冷静にラストパスを送り、ブルクシュタラーがネットを揺らした。 ▽1点ビハインドで迎えた後半、ケルンは開始5分に試合を振り出しに戻す。大迫が得たFKの流れからギラシーが左足で押し込んだ。続く60分には大迫のフィードを受けたギラシーが決定的なシュートに持ち込んだケルンだったが、72分に失点する。 ▽エンボロとのパス交換でボックス右に侵入したブルクシュタラーの折り返しを、最後はアリに詰められた。 ▽それでも75分、ギラシーのシュートがスタンブリのハンドを誘ってビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)の末にPKを獲得。これをギラシーが決めて再びケルンが同点とした。 ▽終盤にかけてはシャルケの攻勢が続いたが、ケルンが集中した守備で凌いでいく。追加タイム3分には大迫がボックス内でのシミュレーションを取られてこの試合2枚目のイエローカードを受けて退場となったが、ケルンが2-2のまま試合を終わらせ、未勝利が続くものの勝ち点1を得ている。 2017.12.03 05:51 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース