【2017 J1順位予想②】王者・鹿島の連覇、鳥栖の上位進出を予想2017.02.24 23:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2017シーズンの明治安田生命Jリーグは、25日のJ1を皮切りに、全カテゴリーが開幕を迎える。再び1シーズン制となる今シーズンから、10年総額2100億円で放映権契約を結んだ『DAZN』が参入。上位クラブに還元される配分金が手厚くなり、「共存から競争の時代」に突入する。

▽その激戦必至のJリーグ開幕に先駆けて、超ワールドサッカー編集部が今シーズンにおけるJ1の順位を予想した。本稿では編集部Kの予想を紹介していく。

Getty Images
1位 鹿島アントラーズ
2位 浦和レッズ
3位 サガン鳥栖
4位 ガンバ大阪
▽王者・鹿島アントラーズの連覇を予想する。昨シーズンのチャンピオンシップ、そしてクラブ・ワールドカップを経て得た経験値は、チームを1ランク上に上げた印象。さらに、MFレオ・シルバ、FWペドロ・ジュニオール、GKクォン・スンテを筆頭に、適材適所で大幅な戦力アップを敢行。不安要素が大きく減った印象だ。唯一あるとすればCBの厚さ。DF昌子源、DF植田直通に次ぐ選手のレベルアップが待たれる。

▽対抗には、浦和レッズとサガン鳥栖を挙げたい。浦和レッズはリーグタイトルこそのがしたものの、昨シーズンの勝ち点1位は実力。さらに、FWラファエル・シルバ、MF矢島慎也、MF長澤和輝、MF菊池大介と補強。チームに馴染むまでは時間がかかりそうだが、終盤に戦力となっていれば優勝を争い続ける可能性は高い。また、ゼロ円補強でチームのベースアップを図ったサガン鳥栖を3位と予想する。マッシモ・フィッカデンティ監督の戦術も浸透し、昨シーズンの2ndステージは好調を維持。GK林彰洋の穴が心配されたが、GK権田修一を獲得し一件落着。全てにおいてベースアップが行えた印象だ。シーズン中に戦術がさらに浸透することを考えれば、J1で鳥栖旋風が起こる可能性は高い。

▽4番手には、ガンバ大阪を挙げたい。昨シーズンは序盤につまづき、ホームである市立吹田サッカースタジアムで勝てないなどマイナス要素が強かったが、終わってみれば4位フィニッシュ。AFCチャンピオンズリーグの出場権も獲得した。選手の入れ替えは行ったものの、既存選手に合わせたスタイルであるボックス型の[4-4-2]を採用。強いガンバが復活する雰囲気を感じる。

Getty Images
5位 サンフレッチェ広島
6位 大宮アルディージャ
7位 ヴィッセル神戸
8位 川崎フロンターレ
9位 セレッソ大阪
10位 横浜F・マリノス
11位 柏レイソル
12位 FC東京
▽シーズン中の調子次第では上位争いを繰り広げられそうなチームとして8チームをピックアップした。5位に予想したサンフレッチェ広島は、FW佐藤寿人が退団したものの、積年の愛が実りFW工藤壮人を獲得。MFフェリペ・シウバも卓越したテクニックをプレシーズンで発揮するなど、攻撃陣に期待が懸かる。また、昨シーズン5位と躍進を果たした大宮アルディージャも6位と予想。MF家長昭博、MF泉澤仁の退団で評価が下がりそうだが、チームのベースアップは着実に果たしている。着実に力をつけていることを考えると、今年も上位に食い込みそうだ。

▽また、ネルシーニョ体制3年目を迎えるヴィッセル神戸、鬼木達新監督を迎えた川崎フロンターレ、MF清武弘嗣が復帰したセレッソ大阪は6位〜8位に予想。選手個々の能力を見ればトップ4入りも可能だが、チームとして機能するまでに時間がかかりそうな印象がある。特に川崎Fは風間八宏監督の下、攻撃面では特に緻密なサッカーを展開していたが、前線の入れ替えにより崩れてしまう可能性が見て取れる。新戦力がどのタイミングでフィットするかが成績を左右するだろう。

Getty Images
13位 ジュビロ磐田
14位 北海道コンサドーレ札幌
15位 ベガルタ仙台
16位 清水エスパルス
17位 ヴァンフォーレ甲府
18位 アルビレックス新潟
▽残留争いも非常に予想が難しい。ポイントを昨シーズンのベースをどこまで残せているかに置き、清水エスパルス、ヴァンフォーレ甲府、アルビレックス新潟がJ2降格と予想する。外国人をすべて入れ替え、さらにDF舞行龍ジェームズ、MF小林裕紀とチームの軸を失った新潟は、厳しい戦いが待っているはずだ。指揮官も三浦文丈監督と監督として新潟を率いるのは初。どの様なチームになるのかは未知数だ。

▽また、甲府も吉田達磨新監督を迎え、チームに変革をもたらせようとしている。昨シーズン崩壊した守備面の改善がどこまで進むのか。攻撃的に切り替えて結果が出なかった場合は厳しい結果が待っているだろう。また、清水もJ1を戦いぬく戦力を揃えたとは言い難い。FW鄭大世に頼り切りになりそうな攻撃陣がどこまで奮闘するか。1年での復帰とはいえ、J1を離れていた昨シーズンからの積み上げが大きく影響しそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

【Jリーグ移籍情報/1月18日】横浜FMカイケがブラジルECバイーアに期限付き移籍! 長崎GK三浦雄也が28歳で現役引退を決断

▽1月18日(木)に決定した、Jリーグの移籍情報を全てまとめて紹介。 ▽昨シーズン、ブラジルのサントスへ期限付き移籍していた横浜F・マリノスのFWカイケは、同じくブラジルのECバイーアへの期限付き移籍が決まった。また昨年11月にV・ファーレン長崎との契約満了が発表されていたGK三浦雄也が現役引退を発表した。 ▽1月18日(水) 【J1】 ◆V・ファーレン長崎 《OUT》 GK三浦雄也(28) [引退] ◆横浜F・マリノス 《OUT》 FWカイケ(29) [ECバイーア→期限付き移籍] 【J3】 ◆ザスパクサツ群馬 《契約更新》 MF松下裕樹(36) ◆Y.S.C.C.横浜 《IN》 FW浅川隼人(22) [桐蔭横浜大学←完全移籍] 2018.01.19 08:00 Fri
twitterfacebook
thumb

オールドルーキー・梅崎、移籍の決め手は「自分がやりたいことができると感じた」

▽湘南ベルマーレは18日、2018シーズンの新体制を発表した。 ▽2017シーズンの明治安田生命J2リーグで優勝を果たし2年ぶりにJ1の舞台へ復帰した湘南。今オフに獲得した選手たちが新体制発表会に出席し、その後囲み取材に応じている。 ▽浦和レッズから湘南に加入した梅崎は移籍の決め手についてコメント。曺貴裁監督との会話の中から自身とフィーリングが合うように感じたことが1つの要因であることを明かした。 ◆梅崎司 ――見てもらいたいプレーは 「ゴールに絡んでいくプレーを見てもらいたいと思っています」 ――移籍の決め手は 「自分のプレーを見せたいと思っていた中で監督からお話をいただいて、チームの考えなどを聞いて、自分がやりたいことができるなと感じました。成長できると感じています」 ――これまでの経験をどのように伝えていきたいか 「考えていません。伝えられれば伝えますが、まずは自分がやることだと思います。監督も言っていましたかまだ、若いかベテランかは関係ないので、自分の成長のために、チームが勝つために還元したいと思います」 ――2018シーズンの目標は 「まずは自分の殻を破ること。自分自身が楽しんでプレーして、みなさんにも楽しんでもらえるようなプレーをしたいと思います」 2018.01.18 19:42 Thu
twitterfacebook
thumb

期待の新加入ステバノヴィッチ、セリエAでの経験は「プレーする姿で示す」

▽湘南ベルマーレは18日、2018シーズンの新体制を発表した。 ▽2017シーズンの明治安田生命J2リーグで優勝を果たし2年ぶりにJ1の舞台へ復帰した湘南。今オフに獲得した選手たちが新体制発表会に出席し、その後囲み取材に応じている。 ▽パルチザン・ベオグラードから湘南に加入したステバノヴィッチは、セリエAでもプレーした経験を持つ。その経験の伝え方について問われると「プレーする姿で示す」と、背中で語るべきだとの考えを明かした。 ◆FWアレン・ステバノヴィッチ ――見てもらいたいプレーは 「アレン・ステファノビッチです。中盤でプレーしていて、トップ下やサイドでプレーできます。まずは監督が求めている形をしっかりとやりたいと思っています。結果につながるようなプレー、積極的なプレーを見せたいです」 ――移籍の決め手は 「所属していたパルチザンとはあと半年契約が残っていました。しかし、湘南からオファーをもらった時に、彼らの熱意、熱い想いを感じて、ここに来ました」 ――セリエAなどでもプレーしていたが、その経験をどのように伝えたいか 「7年間イタリアでプレーをして、その間にセリエAでもプレーしました。その経験に関しては、自分がプレーする姿で見せたいと思っています。挑戦するためにこのチームに来たので、まずは結果を残すことだと思っています」 ――2018シーズンの目標は 「個人的な目標の設定はしていませんでし。チームでしっかり戦って勝つことが最優先です。そのためにこのチームに来ました。しっかりトレーニングをして、結果を出したいと思います」 2018.01.18 19:41 Thu
twitterfacebook
thumb

最年長選手のミキッチ2018年の目標は「1試合でも多く試合に出て契約延長を勝ち取ること」

▽湘南ベルマーレは18日、2018シーズンの新体制を発表した。 ▽2017シーズンの明治安田生命J2リーグで優勝を果たし2年ぶりにJ1の舞台へ復帰した湘南。今オフに獲得した選手たちが新体制発表会に出席し、その後囲み取材に応じている。 ▽サンフレッチェ広島を退団し湘南に加入したMFミキッチは2018年の目標についてコメント。契約延長を勝ち取るべく、1試合でも多くの試合に出場したいと意気込んだ。 ◆MFミキッチ ――見てもらいたいプレーは 「右サイドでプレーしています。広島で長くプレーしていましたが、ゴールに向かうプレーやアシストが特徴です」 ――湘南に加入した決め手は 「1つは湘南のフォーメーションです。あとは監督のビジョンを聞いた時に私の考えと一致したことが大きかったです。また、年齢的には上の選手ですが学びたい気持ちがあります。監督の下で成長できると感じました」 ――最年長選手としてその経験をどのように若い選手に伝えていくか 「若い選手が経験のある選手の話を全て聞き入れて来たわけではありません。何を言っているんだと思う選手もいるでしょう。なので私は積極的に何かを伝えるのではなく、姿勢などプレーで示したいと思います」 ――2018シーズンの目標は 「まずはケガなくリーグ戦を戦うこと。1試合でも多くの試合に出場して、結果を残し契約延長を勝ち取ることです」 2018.01.18 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

監督の第一印象について新戦力が回答!! ミキッチ「相当なサッカージャンキー」

▽湘南ベルマーレは18日、2018シーズンの新体制を発表した。 ▽2017シーズンの明治安田生命J2リーグで優勝を果たし2年ぶりにJ1の舞台へ復帰した湘南。今オフに獲得した選手たちと共に新体制発表会に出席した曺貴裁監督や坂本紘司ダイレクターがメディアからの質疑応答に応じた。 ――監督に質問です。オフシーズンに監督はイタリアを訪れガスペリーニ監督とお会いしたようですが、ジェノアをセリエBからセリエAに昇格させて飛躍させた監督から得たことはありますか 曺「アタランタに初めて行ってベルガモはミラノの北側にあります。正直にって駅には何もなく、そこから車で45分ほど走らないとつかない場所ですし、タクシー代かかってムカつきましたが(笑)。グラウンドに入ったときに、そこに漂う空気。育成の練習も見ましたが、親が送り迎えして色々な選手が入ってくる。トップの選手も、それほど素晴らしと言えないクラブハウスで練習している。その雰囲気を作り出しているのは、監督の選手をよくしたいという気持ちだと思いました」 曺「彼らがローマやミランと対戦しても腰がひけないです。俺たちはやれるんだということを90分通してみせる。その中で30歳にして代表に入る選手がいるというのは、今の僕にその全てはできないですけど、僕にできることはそれだと思いました。再認識させてもらいましたし、そういうチームがあるということは我々ももっと学ばなければいけないなと思いました」 ――監督に質問です。浦和レッズから加入した梅崎はオールドルーキーと言える選手だと思うが、彼への評価は 曺「司だけでなくここにいる選手もそうですが、昔どういうプレーをしていたか。話したことはないですが、見てきたつもりです。知っているからこのチームにきてもらったのではなく、彼らがどうなりたいか、どうしたいか。そして僕がどうして欲しいか。日本の市場の中で一致しました。そういう思いがお互いに共有できたことがここに座っている理由だと思います」 曺「なのでここにきて全てを変えなければいけないということではありません。お互いに失敗を繰り返しながらも、仲間と協力して良い選手になってもらいたいです。もっとできると思います。ここにいる選手全員がそうです。そういう気持ちで来てもらいましたし、それがチームの勝利を後押しすると確信しています」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180118_21_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>――坂本紘司ダイレクターにお伺いします。昨日ジネイ選手の移籍が発表されたが、今後の補強の予定は 坂本「現在の戦力でも戦っていけると思っています。ただ、ジネイも戦力として考えていたので補充はあり得ますが、ここで話せることはありません」 ――新選手たちに質問ですが監督と出会った時の第一印象は ◆MF小林祐介 「すごく熱い方だなというのが第一印象です」 ◆MF梅崎司 「先ほどお話ししていただきましたが、全てにおいて僕の考えている、思っていることをおっしゃってくれて、プレー面も精神面もこんなに自分のことを理解してくれている人が世の中にいるのは驚きでした。思いを実現させてくれようとしている熱意、このチームで勝負したいという気持ちにさせてくれました。最初から印象的な方です」 ◆DF大野和成 「前に湘南にいたときの初めての印象は覚えていませんが、クラブハウスで初めてあって…。印象はないです(笑)覚えていません!!」 ◆MF松田天馬 「正直ぱっと見は怖いなと風貌です。常に見てくれていて、隙がないので成長できるなと思います。尊敬できる人です」 ◆FWアレン・ステバノヴィッチ 「一週間トレーニングして、細かな部分にも気がつき良いアドバイスをしてくれます。何をしたいのか、チームをどうしたいのかをはっきり持っていて伝えることができる人です」 ◆DF坂圭祐 「僕はサッカー関係者の方に坂と呼ばれますが監督は下の名前で圭祐と呼んでくれます。嬉しいですね。練習は一人一人を見てくれている印象です」 ◆GK富居大樹 「厳しさと熱さがある方ですが、ピッチを離れれば優しさもあり面倒見が良いなと思います」 ◆FW山口和樹 「今まで出会ったことない監督で、監督の元でサッカーすれば成長できると思いました」 ◆FW鈴木国友 「小学校6年ごろにユースを見てもらっていたとき、小学生ながらに怖そうだなと(笑)。練習生からお世話になっていますが、細かな部分まで指摘してもらえますし、選手の目線、成長して欲しいという熱意を感じる人です」 ◆MF新井光 「怖いですね。細かなところまで見る熱い監督」 ◆GK真田幸太 「アカデミー出身で、大雨の試合でも見にきてくださった、優しい監督です」 ◆ミキッチ 「サッカージャンキーだと思っています。バカンスでも欧州まで行ってサッカーを見るのは相当の中毒。重要なことは監督がビジョン、コンセプト持っていて落とし込む力があると感じています。良い監督です。一週間でみっちりと鍛え上げられて体が悲鳴あげています(笑)」 2018.01.18 19:30 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース