【2017 J1順位予想②】王者・鹿島の連覇、鳥栖の上位進出を予想2017.02.24 23:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2017シーズンの明治安田生命Jリーグは、25日のJ1を皮切りに、全カテゴリーが開幕を迎える。再び1シーズン制となる今シーズンから、10年総額2100億円で放映権契約を結んだ『DAZN』が参入。上位クラブに還元される配分金が手厚くなり、「共存から競争の時代」に突入する。

▽その激戦必至のJリーグ開幕に先駆けて、超ワールドサッカー編集部が今シーズンにおけるJ1の順位を予想した。本稿では編集部Kの予想を紹介していく。

Getty Images
1位 鹿島アントラーズ
2位 浦和レッズ
3位 サガン鳥栖
4位 ガンバ大阪
▽王者・鹿島アントラーズの連覇を予想する。昨シーズンのチャンピオンシップ、そしてクラブ・ワールドカップを経て得た経験値は、チームを1ランク上に上げた印象。さらに、MFレオ・シルバ、FWペドロ・ジュニオール、GKクォン・スンテを筆頭に、適材適所で大幅な戦力アップを敢行。不安要素が大きく減った印象だ。唯一あるとすればCBの厚さ。DF昌子源、DF植田直通に次ぐ選手のレベルアップが待たれる。

▽対抗には、浦和レッズとサガン鳥栖を挙げたい。浦和レッズはリーグタイトルこそのがしたものの、昨シーズンの勝ち点1位は実力。さらに、FWラファエル・シルバ、MF矢島慎也、MF長澤和輝、MF菊池大介と補強。チームに馴染むまでは時間がかかりそうだが、終盤に戦力となっていれば優勝を争い続ける可能性は高い。また、ゼロ円補強でチームのベースアップを図ったサガン鳥栖を3位と予想する。マッシモ・フィッカデンティ監督の戦術も浸透し、昨シーズンの2ndステージは好調を維持。GK林彰洋の穴が心配されたが、GK権田修一を獲得し一件落着。全てにおいてベースアップが行えた印象だ。シーズン中に戦術がさらに浸透することを考えれば、J1で鳥栖旋風が起こる可能性は高い。

▽4番手には、ガンバ大阪を挙げたい。昨シーズンは序盤につまづき、ホームである市立吹田サッカースタジアムで勝てないなどマイナス要素が強かったが、終わってみれば4位フィニッシュ。AFCチャンピオンズリーグの出場権も獲得した。選手の入れ替えは行ったものの、既存選手に合わせたスタイルであるボックス型の[4-4-2]を採用。強いガンバが復活する雰囲気を感じる。

Getty Images
5位 サンフレッチェ広島
6位 大宮アルディージャ
7位 ヴィッセル神戸
8位 川崎フロンターレ
9位 セレッソ大阪
10位 横浜F・マリノス
11位 柏レイソル
12位 FC東京
▽シーズン中の調子次第では上位争いを繰り広げられそうなチームとして8チームをピックアップした。5位に予想したサンフレッチェ広島は、FW佐藤寿人が退団したものの、積年の愛が実りFW工藤壮人を獲得。MFフェリペ・シウバも卓越したテクニックをプレシーズンで発揮するなど、攻撃陣に期待が懸かる。また、昨シーズン5位と躍進を果たした大宮アルディージャも6位と予想。MF家長昭博、MF泉澤仁の退団で評価が下がりそうだが、チームのベースアップは着実に果たしている。着実に力をつけていることを考えると、今年も上位に食い込みそうだ。

▽また、ネルシーニョ体制3年目を迎えるヴィッセル神戸、鬼木達新監督を迎えた川崎フロンターレ、MF清武弘嗣が復帰したセレッソ大阪は6位〜8位に予想。選手個々の能力を見ればトップ4入りも可能だが、チームとして機能するまでに時間がかかりそうな印象がある。特に川崎Fは風間八宏監督の下、攻撃面では特に緻密なサッカーを展開していたが、前線の入れ替えにより崩れてしまう可能性が見て取れる。新戦力がどのタイミングでフィットするかが成績を左右するだろう。

Getty Images
13位 ジュビロ磐田
14位 北海道コンサドーレ札幌
15位 ベガルタ仙台
16位 清水エスパルス
17位 ヴァンフォーレ甲府
18位 アルビレックス新潟
▽残留争いも非常に予想が難しい。ポイントを昨シーズンのベースをどこまで残せているかに置き、清水エスパルス、ヴァンフォーレ甲府、アルビレックス新潟がJ2降格と予想する。外国人をすべて入れ替え、さらにDF舞行龍ジェームズ、MF小林裕紀とチームの軸を失った新潟は、厳しい戦いが待っているはずだ。指揮官も三浦文丈監督と監督として新潟を率いるのは初。どの様なチームになるのかは未知数だ。

▽また、甲府も吉田達磨新監督を迎え、チームに変革をもたらせようとしている。昨シーズン崩壊した守備面の改善がどこまで進むのか。攻撃的に切り替えて結果が出なかった場合は厳しい結果が待っているだろう。また、清水もJ1を戦いぬく戦力を揃えたとは言い難い。FW鄭大世に頼り切りになりそうな攻撃陣がどこまで奮闘するか。1年での復帰とはいえ、J1を離れていた昨シーズンからの積み上げが大きく影響しそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

横浜FMのMFマルティノスに差別行為…クラブと選手が声明を発表

▽横浜F・マリノスは25日、同クラブに所属するキュラソー代表FWマルティノスに対する差別的行為について声明を発表した。 ▽マルティノスは前日の24日、自身のツイッター上に他ユーザーの差別的ツイートのキャプチャと共に「このような差別的な発言は絶対許せないし、非常に残念だと思っています」と投稿していた。 ▽横浜FMは、今回の件に関して以下のように発表している。 「弊クラブ所属のマルティノス選手に対して、SNSによる差別的な行為がありました」 「マルティノス選手に対して、差別的行為をした人物の特定には至っておりませんが、横浜F・マリノスは、本件に関し、神奈川県警察に被害届を提出するとともに、顧問弁護士と調整の上、厳正に対処して参ります」 「横浜F・マリノスは、2014年の弊クラブサポーターによる差別的行為の後、「『FAIR PLAY, FAIR SUPPORT』差別・挑発・迷惑行為は、絶対に許しません」をスローガンに、人権啓発活動を行っております。そのような中、このようなことが起きたことは非常に残念でなりません」 「横浜F・マリノスは、いかなる差別的な行為も絶対に許すことはありません」 「これからも、横浜F・マリノスは、差別撲滅に向けた取り組みを継続的に行って参ります」 ▽また、マルティノスは改めてクラブの公式サイトを通じて以下のコメントを残している。 「このことを初めて知った時は、冗談だと思い、無視しようと思いました。しかし、冷静に考えた時、この問題は自分だけの問題ではなく、子供たちや、多くの人に関わる重要な問題だと思いました。このような悲しいことを、自分だけで終わらせる為にも、敢えて声をあげることにしました。僕は日本、マリノス、そしてサポーターが大好きです。その日本でこのようなことが起きたことは大変悲しいことですし、マリノスのサポーターの行為ではないことを心より願っています。クラブと協力して大好きな日本から差別的行為を無くしていきたいと強く思っています」 2017.09.25 17:54 Mon
twitterfacebook
thumb

DAZN週間ベストプレーヤーが発表! J1第27節は柏&神戸から最多2名ずつ!

▽DAZNは25日、明治安田生命J1リーグ第27節の9試合からDAZN週間ベストプレーヤー11名を発表した。 ▽今回は、柏レイソルとヴィッセル神戸から最多の2名ずつが選出。“堅守”横浜F・マリノスから2得点を含む全3ゴールを演出したヴァンフォーレ甲府のFWドゥドゥもノミネートされた。 <span style="font-weight:700;">GK</span> 関憲太郎(ベガルタ仙台) <span style="font-weight:700;">DF</span> 西大伍(鹿島アントラーズ) 岩波拓也(ヴィッセル神戸) 水本裕貴(サンフレッチェ広島) 三原雅俊(ヴィッセル神戸) <span style="font-weight:700;">MF</span> 武富孝介(柏レイソル) 伊東純也(柏レイソル) ドゥドゥ(ヴァンフォーレ) 中村俊輔(ジュビロ磐田) <span style="font-weight:700;">FW</span> 河田篤秀(アルビレックス新潟) 田川亨介(サガン鳥栖) 2017.09.25 17:00 Mon
twitterfacebook
thumb

Jリーガー9名が招集! ロシア、モロッコと対戦する韓国代表メンバー23名が発表!《国際親善試合》

▽韓国サッカー協会(KFA)は25日、10月に行われる国際親善試合に臨む韓国代表メンバー23名を発表した。 ▽シン・テヨン監督は、23名のメンバー全員を海外組で構成。Jリーグからは、GKキム・ジンヒョン(セレッソ大阪)、GKキム・スンギュ(ヴィッセル神戸)、GKク・ソンユン(北海道コンサドーレ札幌)、DFソン・ジュフン(アルビレックス新潟)、DFオ・ジェソク(ガンバ大阪)、DFユン・ソギョン(柏レイソル)、MFチャン・ヒョンス(FC東京)、MFキム・ボギョン(柏レイソル)、FWファン・ウィジョ(ガンバ大阪)の9名が選出されている。なお、ソン・ジュフンは韓国代表初選出となる。 ▽ロシア・ワールドカップ(W杯)の出場権を獲得した韓国は、ロシアにて国際親善試合を2試合開催。7日にロシア代表と、10日にモロッコ代表と対戦する。今回発表された韓国代表メンバー23名は以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆韓国代表メンバー23名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">キム・ジンヒョン</span>(セレッソ大阪/日本) <span style="font-weight:700;">キム・スンギュ</span>(ヴィッセル神戸/日本) <span style="font-weight:700;">ク・ソンユン</span>(北海道コンサドーレ札幌/日本) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">キム・ギヒ</span>(上海申花/中国) <span style="font-weight:700;">キム・ジュヨン</span>(河北華夏/中国) <span style="font-weight:700;">キム・ヨングォン</span>(広州恒大/中国) <span style="font-weight:700;">ソン・ジュフン</span>(アルビレックス新潟/日本) <span style="font-weight:700;">オ・ジェソク</span>(ガンバ大阪/日本) <span style="font-weight:700;">イム・チャンオ</span>(アル・ワフダ/UAE) <span style="font-weight:700;">ユン・ソギョン</span>(柏レイソル/日本) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">チョン・ウヨン</span>(重慶力帆/中国) <span style="font-weight:700;">チャン・ヒョンス</span>(FC東京/日本) <span style="font-weight:700;">キ・ソンヨン</span>(スウォンジー/ウェールズ) <span style="font-weight:700;">クォン・ギョンウォン</span>(天津権健/中国) <span style="font-weight:700;">ソン・フンミン</span>(トッテナム/イングランド) <span style="font-weight:700;">キム・ボギョン</span>(柏レイソル/日本) <span style="font-weight:700;">ナム・テヒ</span>(レフウィヤSC/カタール) <span style="font-weight:700;">ク・ジャチョル</span>(アウグスブルク/ドイツ) <span style="font-weight:700;">イ・チョンヨン</span>(クリスタル・パレス/イングランド) <span style="font-weight:700;">グォン・チャンフン</span>(ディジョン/フランス) <span style="font-weight:700;">ファン・イルス</span>(延辺富徳/中国) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ファン・ウィジョ</span>(ガンバ大阪/日本) <span style="font-weight:700;">チ・ドンウォン</span>(アウグスブルク/ドイツ) 2017.09.25 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第27節】鹿島の武闘派DFや甲府の切り込み隊長が堂々選出!

▽明治安田生命J1リーグ第27節の全9試合が23日に開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第27節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:キム・スンギュ DF:高橋祥平、水本裕貴、植田直通 MF:古林将太、中村俊輔、野津田岳人、武富孝介 FW:河田篤秀、ドゥドゥ、田川亨介 ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">キム・スンギュ</span>(ヴィッセル神戸/2度目) ▽勝点1獲得の功労者。77分にMF森谷賢太郎のシュートをブロックするなど安定したプレーを披露した DF<span style="font-weight:700;">高橋祥平</span>(ジュビロ磐田/3度目) ▽守備はもちろん、持ち前の攻撃センスで異彩を放つ。真骨頂を見事に体現した DF<span style="font-weight:700;">水本裕貴</span>(サンフレッチェ広島/初) ▽セットプレーから先制弾をもたらすと、守備面でもタイトかつ冷静なプレーぶり DF<span style="font-weight:700;">植田直通</span>(鹿島アントラーズ/初) ▽今季2得点目は連覇狙うチームを独走態勢に導く劇的弾。FWファン・ウィジョとの肉弾戦にも臆せず対応 MF<span style="font-weight:700;">古林将太</span>(ベガルタ仙台/2度目) ▽驚異の運動量で右サイドを活性化。好アシストでゴールを演出するなど攻撃面も◎ MF<span style="font-weight:700;">中村俊輔</span>(ジュビロ磐田/5度目) ▽意表を突くFK弾でJ通算最多24本目の直接FK弾。もはや名人芸 MF<span style="font-weight:700;">野津田岳人</span>(ベガルタ仙台/初) ▽直近のリーグ戦3試合で2ゴール。セレッソ大阪戦でも攻撃陣をリードし、才能の片鱗を見せる MF<span style="font-weight:700;">武富孝介</span>(柏レイソル/2度目) ▽誕生日を自ら祝うバースデー弾×2。リーグ戦5試合ぶりの先発機会をモノに FW<span style="font-weight:700;">河田篤秀</span>(アルビレックス新潟/初) ▽味方の負傷交代で急きょ巡ってきた出場機会でJリーグ初弾含む2発。逆転残留狙うチームの救世主に!? FW<span style="font-weight:700;">ドゥドゥ</span>(ヴァンフォーレ甲府/初) ▽2得点含む全3ゴールを演出する大車輪の活躍。抜群の攻撃スキルで横浜F・マリノス守備陣を手玉に FW<span style="font-weight:700;">田川亨介</span>(サガン鳥栖/初) ▽開始約41秒弾含む2発の活躍。その中で、MF小野裕二の決定機をお膳立てするなど、攻撃面での存在感はピカイチだった 2017.09.25 11:00 Mon
twitterfacebook
thumb

FC東京、ユース所属のMF品田愛斗&FW原大智の来季新加入内定を発表

▽FC東京は24日、MF品田愛斗(18)、FW原大智の来シーズン新加入内定を発表した。 ▽両選手は、それぞれFC東京U-18に在籍。来シーズンのトップチーム入りを受けて、クラブ公式サイトで次のようにコメントしている。 ◆MF品田愛斗 「来シーズンからトップチームに昇格することが決まりました。小学生のころから育ててもらったこのクラブで、夢だったプロサッカー選手になれることができ、大変嬉しく思います。今まで支えてくださった方々への感謝の気持ちを忘れず、チームにタイトルをもたらすことのできる選手になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 ◆FW原大智 「このたび、トップチームへの昇格が決まりました。小さい頃から大好きなチームでプロサッカー選手としてプレーできることに、嬉しい気持ちでいっぱいです。ここから、さらに厳しい世界に入りますが、常に目標と自信を持って、日々成長していきたいと思います。そして小さい頃からお世話になっているFC東京に恩返しするために、少しでも早くJ1にピッチに立ちたいです。応援よろしくお願いします!」 2017.09.25 09:50 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース