【2017 J1順位予想③】川崎Fの初タイトル、C大阪のジンクス破りを予想2017.02.24 23:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2017シーズンの明治安田生命Jリーグは、25日のJ1を皮切りに、全カテゴリーが開幕を迎える。再び1シーズン制となる今シーズンから、10年総額2100億円で放映権契約を結んだ『DAZN』が参入。上位クラブに還元される配分金が手厚くなり、「共存から競争の時代」に突入する。

▽その激戦必至のJリーグ開幕に先駆けて、超ワールドサッカー編集部が今シーズンにおけるJ1の順位を予想。本稿では編集部Nの予想を紹介していく。

Getty Images
1位 川崎フロンターレ
2位 浦和レッズ
3位 鹿島アントラーズ
4位 サンフレッチェ広島
▽まず、優勝候補に挙げたのが上記の4チーム。中でも、優勝候補筆頭に挙げたのは、川崎フロンターレだ。主力の放出はFW大久保嘉人のみに抑え、大宮アルディージャの躍進を支えたMF家長昭博や3冠経験者MF阿部浩之ら各チームのレギュラーを獲得。川崎Fに足りなかった才能と勝負強さが加え、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を並行してリーグ優勝を狙うだけの戦力を揃えた。また、新指揮官の鬼木達監督は「勝負にもこだわる」姿勢も見せており、風間八宏監督が創りあげた魅力ある攻撃サッカーを磨き上げることで念願のタイトルを獲得すると予想した。

▽対抗は、浦和レッズと鹿島アントラーズ。川崎F同様、ACLも戦う両チームだが、浦和はFWラファエル・シルバやMF長澤和輝らを獲得し、選手層にも厚みを加えた。例年指摘される終盤の失速癖さえ露呈しなければ、優勝も十分狙える。一方の鹿島は昨年終盤からの戦いぶりを見れば、1位予想でもおかしくないチームだ。しかし、ACLもある今シーズンは、DFファン・ソッコが抜け、DF昌子源、DF植田直通の両センターバックが通年を通して戦い切れるかが気になるところ。

▽また、優勝争いに名乗りを挙げそうなのがサンフレッチェ広島。今年はACLがなく、リーグ戦に専念できる状況に加え、オフにはFW工藤壮人を獲得するなどピンポイント補強に成功。新加入選手の早期フィットは不可欠だが、その問題を解消できれば、日程面で有利に立てる。ただ、長年クラブを支えてきたFW佐藤寿人とMF森崎浩司が退団した影響は気がかりな点だ。

Getty Images
5位 ガンバ大阪
6位 FC東京
7位 セレッソ大阪
8位 柏レイソル
9位 サガン鳥栖
10位 ヴィッセル神戸
11位 横浜F・マリノス
12位 大宮アルディージャ
▽次に、中位を争うのがこの8チーム。その中で、上位争いに加わる可能性が高いチームがガンバ大阪、FC東京、セレッソ大阪だ。昨シーズンからの主力がベースとなり、選手層に厚みを加えているが、上位に予想した4チームと比べると決定打に欠ける印象だ。続いて8位から12位に予想した柏レイソル、サガン鳥栖、ヴィッセル神戸、横浜F・マリノス、大宮は、チームの主軸を放出。しっかりと戦力補強は行っているものの、チームにフィットするかが未知数だ。

(c) CWS Brains, LTD.
13位 ジュビロ磐田
14位 北海道コンサドーレ札幌
15位 清水エスパルス
16位 ベガルタ仙台
17位 アルビレックス新潟
18位 ヴァンフォーレ甲府
▽最後に残留争い。13位のジュビロ磐田、14位の北海道コンサドーレ札幌、15位の清水エスパルスの3チームは、中位と比べて選手層が薄い印象。ただ、MF中村俊輔(磐田)、MF兵藤慎剛(札幌)、GK六反勇治(清水)など戦力的には実力者も加入し、下位3チームに比べると、残留争いで一歩リードしているように思える。ただし、ベガルタ仙台、アルビレックス新潟、ヴァンフォーレ甲府も新監督や新加入選手、新戦術がフィットすれば順位を上げるはず。シーズンを通じた残留争いは、この6チームで繰り広げられそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

柏DF輪湖直樹が一般女性と入籍 「温かい家庭を築いていきたい」

▽柏レイソルは20日、DF輪湖直樹(27)が18日に一般女性と入籍したことを発表した。輪湖はクラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「私事ではありますが、かねてからお付き合いさせていただいていた女性と7月18日に入籍いたしました。いつも笑顔と安心感を与えてくれて、これからも一緒に人生を歩んでいきたいと思いました。これからは二人でお互いに支え合い、温かい家庭を築いていきたいと思います。これまで以上に責任感を持って、サッカーに精進してまいります」 ▽柏の育成機関で育った輪湖は2008年、トップチームに上がることなく、ヴァンフォーレ甲府でキャリアをスタート。その後、徳島ヴォルティス、水戸ホーリーホックを経て、2014年にユース時代以来となる7年ぶりの柏復帰を果たした。柏加入後は左サイドバックのレギュラーとして活躍。今シーズンは、ここまで明治安田生命J1リーグ全18試合に出場している。 2017.07.20 16:58 Thu
twitterfacebook
thumb

【J1クラブ中間評価】ACLとの兼ね合いで急失速《浦和レッズ》

▽2017シーズンの明治安田生命J1リーグは早くも折り返し地点に。DAZNマネーで増加した分配金などを巡る争いも背景に存在していることから、優勝争いのみならず、例年以上に戦いが激化している。超ワールドサッカー編集部は、このタイミングでJ1全18クラブを中間評価。今回は浦和レッズ編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆高齢化と勤続疲労で失速</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/urawa_senseki.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽チャンピオンシップの前に2年連続涙を呑んだ中、悲願のリーグ優勝を目指した今季、新戦力ラファエル・シルバの早期フィットにより攻撃力が爆発。FW興梠慎三もハイペースでゴールを重ね、Jリーグと歴代王者が同居したAFCチャンピオンズリーグ(ACL)を順調に勝ち進めていった。 ▽しかし、4月30日に行われた大宮アルディージャとのさいたまダービーで敗れて以降、急失速。とりわけ守備が崩壊し、ACLで済州ユナイテッド相手に大逆転でベスト8進出を決めたものの、Jリーグでは大宮戦以降の9試合で2勝1分け6敗と大きく躓き、首位から8位まで後退した。 ▽失速の要因は就任6年目を迎えたペトロヴィッチ体制下での主力の高齢化、メンバーの固定による勤続疲労が挙げられる。結局、新加入選手ではラファエル・シルバを除いて戦力になっておらず、選手層に厚みをもたらせなかったことが響いた。 <span style="font-weight:700;">◆ポジション別採点</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707urawa_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>【GK&DF】30/100点満点 ▽昨季はシーズンを通して28失点に抑えた堅守はどこへやら。今季はシーズン折り返しの時点で30失点と守備が崩壊した。守護神のGK西川周作もらしくないミスが目立ち、代表落ちの屈辱を味わった。DF森脇良太、DF槙野智章らも守備面で集中を欠く場面が多く、守備崩壊の要因となっている。 【MF】50/100点満点 ▽中盤のバランスも決して良いとは言えない。昨季は攻守のバランスに優れたMF阿部勇樹、MF柏木陽介のコンビだったが、今季は勤続疲労の影響か、ミスが目立つ上にソリッドさに欠け、不安定な試合運びに直結してしまっている。サイドに関してもマンツーマン気味に対応された際に、MF関根貴大、MF駒井善成らドリブラーは苦戦を強いられた。 【FW】80/100点満点 ▽攻撃陣に関してはラファエル・シルバの加入でシーズン序盤は驚異的な破壊力を見せ付けた。ただ、ラファエル・シルバが負傷して以降は失速。興梠の得点力も陰りが見え始め、無得点試合も増えた。また、対戦相手がマンツーマン気味に対応してきたことでコンビネーションプレーが通じず、失速の要因となった。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内GOODプレーヤー</span> FW興梠慎三(30歳/No.30)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707urawa_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)Getty Images<hr></div>明治安田生命J1リーグ:17試合(先発17回)/12ゴール ▽自身のキャリアハイとなった昨季の14ゴールに、シーズン折り返し時点であと2ゴールに迫る鮮烈な活躍を見せた。ラファエル・シルバとの相性の良さを見せ付けて2度のハットトリックを達成するなどゴールを量産した。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内BADプレーヤー</span> GK西川周作(31歳/No.1) 明治安田生命J1リーグ:17試合(先発17回)29失点 ▽防ぎようのないシュートも多く、決して彼だけの責任ではないが、ゴールを守る門番としてBADプレーヤーに挙げた。実際、これまでよりチームを救うファインセーブが少なく、セーブ率の低さが際立っている。足元の巧さも求められる近代のGKだが、セーブ率が悪いようでは本末転倒となってしまう。 <span style="font-weight:700;">◆守備立て直しが急務</span> ▽首位のセレッソ大阪とは9ポイント差と今後優勝争いに割って入っていけるかは微妙なところ。いずれにしろ、崩壊した守備を立て直せないようでは上位進出はままならない。まずは守備の立て直しが急務となるが、頑なペトロヴィッチ監督はメンバーや戦術を変えずに乗り切ることができるか。早々に優勝争いから脱落するようであれば、解任も致し方ない状況だ。 2017.07.20 14:00 Thu
twitterfacebook
thumb

【J1クラブ中間評価】新戦力を活かせず中位に…期待された優勝争いへの参戦は遠く《FC東京》

▽2017シーズンの明治安田生命J1リーグは早くも折り返し地点に。DAZNマネーで増加した分配金などを巡る争いも背景に存在していることから、優勝争いのみならず、例年以上に戦いが激化している。超ワールドサッカー編集部は、このタイミングでJ1全18クラブを中間評価。今回はFC東京編をお届けする。 <span style="font-weight:700;">◆攻守に期待を下回り中位に沈む…大型補強は活かせず</span> 勝ち点24 / 7勝3分け7敗<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/tokyo_senseki.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽FW大久保嘉人、FW永井謙佑、MF高萩洋次郎、DF太田宏介、GK林彰洋と日本代表経験者の5名や、Jリーグで実績のあるFWピーター・ウタカを獲得し、万全の布陣で今シーズンに臨んだFC東京。総得点数39得点(10位タイ)で年間9位で終わった昨シーズンから主に攻撃面での上積みが期待されたが、前半戦終了時点で22得点と奮わなかった。 ▽さらに、中盤での守備力に定評のあるMF米本拓司を負傷で欠いた影響か、相手にシュートまで持ち込まれるシーンが目立っている。1試合平均の被シュート数は昨シーズンの12.6本から13.4本に増加。GK林彰洋の奮闘もあり失点数こそ増加していないものの、守備の構築には疑問符がつく。 ▽シーズン開始前には各方面から優勝候補に挙げられていたチームは、開幕直後こそ上位にいたものの、前半戦終了時点で9位。新規加入選手のポテンシャルを十分に活かすことができないまま、6得点をマークしていたFW大久保嘉人、守備の要であるDF森重真人が立て続けに負傷するといった不運にも見舞われている。 <span style="font-weight:700;">◆ポジション別採点</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707tokyo_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>【GK&DF】30/100点満点 ▽新規加入のGK林彰洋が印象的な活躍を見せている。しかし、その他のディフェンス陣はネームバリューに期待される水準からは程遠い。DF森重真人は対人面においてJ1屈指の強さを発揮しているが、ディフェンスリーダーとしての統率力は発揮し切れているとは言えないパフォーマンス。両サイドバックは裏のスペースのリスク管理に修正が求められる。対戦相手としては、そのスペースを起点にすることがFC東京攻略の定石となっていた。 【MF】40/100点満点 ▽MF高萩洋次郎、MF東慶悟はチャンスに絡む能力を発揮しており、求められている役割を十分にこなしていた。MF中島翔哉やMF河野広貴はアタッカーとしての特色は出せていたものの、守備面で不安定さを露呈。中盤起用の多かったFW永井謙佑も含め、動きながらのプレーに持ち味を持つ選手が豊富に揃っているものの、流動性があまり見られず、ルーズボールを奪われた際に後手に回る守備がチームとして目立った。また、パスコースを塞がれた味方に対してのフォローにも向上の余地がある。 【FW】30/100点満点 ▽チームの総得点は17試合22得点と、期待されていた数字を大きく下回った。15試合に出場し6得点を記録したチーム内得点王のFW大久保嘉人も、本来のポテンシャルを考慮すれば満足できる数字ではない。FW前田遼一に至っては12試合に出場するも無得点に終わり、ここまで放った総シュート数はわずかに4本。FW大久保嘉人の負傷欠場を補うためにも、後半戦は多くの引き出しを持つベテランフォワードの奮起に期待したい。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内GOODプレーヤー</span> GK林彰洋(30歳/No.33)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/201707tokyo_3_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c)J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>明治安田生命J1リーグ:17試合(先発17回)/19失点 ▽相手に容易にシュートを許してしまう試合が頻発する中、孤軍奮闘。前半戦の枠内シュートのセーブ率は77.4%とリーグトップレベルを記録した。特に第12節のヴィッセル神戸戦は、総シュート17本、枠内シュート9本を打たれながらも1失点に抑え、チームに勝ち点をもたらした。両サイドバックが攻撃的なプレースタイルのためクロスを入れられるシーンが目立ったが、得意とするハイボールには冷静に対応。現役日本代表として、ここまで疑いの余地がない実力を見せ付けている。 <span style="font-weight:700;">◆超WS的前半戦チーム内BADプレーヤー</span> DF丸山祐市(28歳/No.5) 明治安田生命J1リーグ:14試合(先発13回)/1ゴール ▽守備の不安定さは前線、中盤からフィルターがかかっていないことにも起因しているが、丸山が個人で失点に絡んでいるシーンも散見された。ディフェンスラインの上げ下げのタイミング、サイドバックが上がった際のスライド、対人でのチェックの判断など身体的素質以前の部分で問題を抱えている。印象的な第17節のセレッソ大阪戦では、負傷したDF森重真人に代わって出場。準備時間が少なかったとはいえ、試合に入れず、ボールの動きを見失い、ラインの統率に失敗。相手への逆転弾献上に大きく関与してしまった。しかし、強みである左足でのキック精度、左サイドバックのDF太田との絡みは重要な攻撃オプションと成り得るため、中断期間明けに安定感を取り戻し、チームの浮上へ貢献することが求められる。 <span style="font-weight:700;">◆現有戦力を最大限に活かすことが最大の補強</span> ▽FW3名、MF5名、DF5名、GK1名。日本代表経験者が14名と、それだけで先発を埋め尽くせるほどの豪華な選手層を擁するFC東京。試合の中でも、マークの受け渡しでのミスや選手同士の距離感が時間帯によって間延びしてしまうといった、全体を見た上での問題は多数抱えているものの、選手個々の能力が落ちているようには見受けられない。 ▽エースの大久保と守備の要であった森重の離脱は痛いところだが、前者についてはFWピーター・ウタカ、永井、前田が控えており、後者に関しては12日に発表のあった韓国代表DFチャン・ヒョンスの獲得で十二分に補完が可能。連携を深めないままチームのバランスが崩れるような補強を敢行すれば、前半戦の焼き増しとなることが危惧される。 ▽チームバランスとしては、やはり中盤の守備面に改善を期待したい。篠田善之監督の標榜する攻撃的サッカーの中ではボランチの守備の負担が大きく、現在に至るまで満足な組織は構築されているとは言えない。前半戦では攻撃面で強みを持つ高萩の相方としてMF梶山陽平、MF田邉草民、MF橋本拳人が試されていたが、安定感は示せず。高萩も攻撃に絡む頻度が落ちるといった悪循環に陥っていた。後半戦では高萩の相方を見つけ出すか、現有戦力に合わせたシステムへの変更が求められる。 2017.07.19 21:00 Wed
twitterfacebook
thumb

Jリーグが後半戦の日程を発表! 浦和、川崎FはACLの影響で複数日程が未定《J1》

▽Jリーグは19日、明治安田生命J1リーグ第23節〜第34節の開催日、キックオフ時間、テレビ放送を発表した。 ▽各チームの日程が発表される中、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の準々決勝に進出している浦和レッズと川崎フロンターレが関わる試合のうち数試合が未定。浦和は第30節のガンバ大阪戦(H)、第32節の鹿島アントラーズ戦(A)、第33節の川崎F戦(H)が未定となっている。川崎Fは、第28節のセレッソ大阪戦(H)、第30節のサンフレッチェ広島戦(A)、第32節のG大阪戦(H)、第33節の浦和戦(A)が未定となっている。 ▽その他、第31節の北海道コンサドーレ札幌vs鹿島アントラーズが日時、会場共に未定。札幌ドームを使用するプロ野球の北海道日本ハムファイターズが日本シリーズに進出した場合は、同日に札幌ドームで日本シリーズが開催されるため、日程の決定に影響していると考えられる。 ▽J1の第23節〜第34節の対戦カード、日時、DAZN以外の放送予定は以下のとおり。 【第23節】 ▽8/19(土) 《18:30》 鹿島アントラーズ vs 清水エスパルス ジュビロ磐田 vs セレッソ大阪 《19:00》 浦和レッズ vs FC東京(テレ玉) 川崎フロンターレ vs 北海道コンサドーレ札幌 アルビレックス新潟 vs ベガルタ仙台 ガンバ大阪 vs 柏レイソル(NHK BS1) サンフレッチェ広島 vs ヴァンフォーレ甲府 サガン鳥栖 vs 大宮アルディージャ ▽8/20(日) 《18:30》 ヴィッセル神戸 vs 横浜F・マリノス 【第24節】 ▽8/26(土) 《14:00》 北海道コンサドーレ札幌 vs ベガルタ仙台 《19:00》 大宮アルディージャ vs サンフレッチェ広島 柏レイソル vs アルビレックス新潟 横浜F・マリノス vs FC東京 ジュビロ磐田 vs ヴィッセル神戸(NHK BS1) セレッソ大阪 vs 鹿島アントラーズ サガン鳥栖 vs ガンバ大阪 ▽8/27(日) 《18:00》 ヴァンフォーレ甲府 vs 川崎フロンターレ 清水エスパルス vs 浦和レッズ 【第25節】 ▽9/9(土) 《13:00》 北海道コンサドーレ札幌 vs ジュビロ磐田 《18:00》 ヴァンフォーレ甲府 vs 清水エスパルス 《18:30》 鹿島アントラーズ vs 大宮アルディージャ 《19:00》 浦和レッズ vs 柏レイソル(テレ玉) FC東京 vs セレッソ大阪(TOKYO MX) 川崎フロンターレ vs 横浜F・マリノス(NHK BS1) アルビレックス新潟 vs サンフレッチェ広島 ガンバ大阪 vs ヴィッセル神戸 ▽9/10(日) 《18:30》 ベガルタ仙台 vs サガン鳥栖 【第26節】 ▽9/16(土) 《18:00》 大宮アルディージャ vs ガンバ大阪 アルビレックス新潟 vs 鹿島アントラーズ 清水エスパルス vs 川崎フロンターレ 《18:30》 サンフレッチェ広島 vs セレッソ大阪 《19:00》 FC東京 vs ベガルタ仙台 横浜F・マリノス vs 柏レイソル(NHK BS1) ヴィッセル神戸 vs 北海道コンサドーレ札幌 サガン鳥栖 vs ヴァンフォーレ甲府 ▽9/17(日) 《16:00》 ジュビロ磐田 vs 浦和レッズ 【第27節】 ▽9/23(土・祝) 《14:00》 北海道コンサドーレ札幌 vs アルビレックス新潟(NHK札幌) 《15:00》 清水エスパルス vs サンフレッチェ広島(静岡放送) 《16:00》 浦和レッズ vs サガン鳥栖(テレ玉) 柏レイソル vs FC東京 ジュビロ磐田 vs 大宮アルディージャ 《18:00》 ヴァンフォーレ甲府 vs 横浜F・マリノス 《19:00》 鹿島アントラーズ vs ガンバ大阪(NHK BS1) セレッソ大阪 vs ベガルタ仙台 ヴィッセル神戸 vs 川崎フロンターレ 【第28節】 ▽9/30(土) 《15:00》 サガン鳥栖 vs 鹿島アントラーズ 《15:30》 アルビレックス新潟 vs ヴィッセル神戸(新潟テレビ21) 《16:00》 柏レイソル vs ヴァンフォーレ甲府 FC東京 vs ジュビロ磐田 サンフレッチェ広島 vs 北海道コンサドーレ札幌 《19:00》 大宮アルディージャ vs 清水エスパルス(NHK BS1) ガンバ大阪 vs 横浜F・マリノス ▽10/1(日) 《14:00》 ベガルタ仙台 vs 浦和レッズ(東北放送) ▽9/30(土)or 10/1(日) 《未定》 川崎フロンターレ vs セレッソ大阪 ※ACL2017準々決勝終了後に発表 【第29節】 ▽10/14(土) 《13:00》 北海道コンサドーレ札幌 vs 柏レイソル(札幌テレビ) 《14:00》 横浜F・マリノス vs 大宮アルディージャ 清水エスパルス vs ジュビロ磐田(静岡放送) ガンバ大阪 vs アルビレックス新潟 《15:00》 鹿島アントラーズ vs サンフレッチェ広島 川崎フロンターレ vs ベガルタ仙台 《19:00》 浦和レッズ vs ヴィッセル神戸(NHK BS1/テレ玉) ▽10/15(日) 《14:00》 ヴァンフォーレ甲府 vs FC東京 《17:00》 サガン鳥栖 vs セレッソ大阪 【第30節】 ▽10/21(土) 《14:00》 ベガルタ仙台 vs 清水エスパルス 大宮アルディージャ vs 柏レイソル(テレ玉) セレッソ大阪 vs ヴァンフォーレ甲府 ヴィッセル神戸 vs サガン鳥栖 《15:00》 ジュビロ磐田 vs アルビレックス新潟 《16:00》 FC東京 vs 北海道コンサドーレ札幌(TOKYO MX) 《19:00》 横浜F・マリノス vs 鹿島アントラーズ(NHK BS1) ▽10/21(土)《14:00》 or 10/22(日)《17:00》 浦和レッズ vs ガンバ大阪 サンフレッチェ広島 vs 川崎フロンターレ ※ACL2017準決勝進出の場合は10月22日(日)。進出しなければ21日(土)に開催 【第31節】 ▽10/29(日) 《14:00》 アルビレックス新潟 vs サガン鳥栖 《15:00》 ジュビロ磐田 vs 横浜F・マリノス(静岡放送) 《16:00》 柏レイソル vs 川崎フロンターレ ヴァンフォーレ甲府 vs ヴィッセル神戸(NHK甲府) ガンバ大阪 vs ベガルタ仙台 セレッソ大阪 vs 大宮アルディージャ サンフレッチェ広島 vs 浦和レッズ 《17:00》 FC東京 vs 清水エスパルス ▽未定 《未定》 北海道コンサドーレ札幌 vs 鹿島アントラーズ 【第32節】 ▽11/18(土) 《14:00》 ベガルタ仙台 vs 大宮アルディージャ(仙台放送) 柏レイソル vs ジュビロ磐田 横浜F・マリノス vs セレッソ大阪 アルビレックス新潟 vs ヴァンフォーレ甲府(NHK新潟) ヴィッセル神戸 vs サンフレッチェ広島 サガン鳥栖 vs FC東京ベアスタ(NHK佐賀) 《15:00》 清水エスパルス vs 北海道コンサドーレ札幌(テレビ静岡) 《未定》 鹿島アントラーズ vs 浦和レッズ 川崎フロンターレ vs ガンバ大阪 ※ACL2017決勝進出の場合は11月1日(水)or5日(日)に変更の可能性 【第33節】 ▽11/26(日) 《13:00》 ベガルタ仙台 vs 横浜F・マリノス(NHK仙台) 鹿島アントラーズ vs 柏レイソル 大宮アルディージャ vs ヴァンフォーレ甲府(テレ玉) 清水エスパルス vs アルビレックス新潟 ガンバ大阪 vs 北海道コンサドーレ札幌 セレッソ大阪 vs ヴィッセル神戸 サンフレッチェ広島 vs FC東京(NHK広島) サガン鳥栖 vs ジュビロ磐田 《未定》 浦和レッズ vs 川崎フロンターレ ※ACL2017決勝進出の場合は11月5日(日)or29日(水)に変更の可能性 【第34節】 ▽12/2(土) 《14:00》 北海道コンサドーレ札幌 vs サガン鳥栖 浦和レッズ vs 横浜F・マリノス(テレ玉) 柏レイソル vs サンフレッチェ広島 FC東京 vs ガンバ大阪 川崎フロンターレ vs 大宮アルディージャ ヴァンフォーレ甲府 vs ベガルタ仙台 アルビレックス新潟 vs セレッソ大阪 ジュビロ磐田 vs 鹿島アントラーズ ヴィッセル神戸 vs 清水エスパルス 2017.07.19 17:39 Wed
twitterfacebook
thumb

スピードを武器とする興國高校FW大垣勇樹が名古屋に加入内定…今季は特別指定選手として登録

▽名古屋グランパスは19日、興國高校のFW大垣勇樹(17)の来季加入内定を発表した。また、18日付けで「2017年JFA・Jリーグ特別指定選手」として承認されたことも発表し、今シーズンからプレーすることが可能となる。 ▽大垣は大阪府出身で、U-17日本代表選出歴もあるFW。ドリブルが持ち味で、名古屋は「一瞬のスピードを武器にゴールを仕留める」とプレーの特徴を紹介している。 ▽なお、大垣は特別指定選手として背番号「46」を付けることが発表されている。大垣はクラブを通じてコメントしている。 「このたび、名古屋グランパスに加入する事になりました、大垣勇樹です。幼い頃から夢だった プロサッカー選手になれる事を大変嬉しく思います。今まで支えてくれた家族、監督、コーチ、チームメイトの皆さんに感謝し、1日でも早く試合に出場しチームの勝利、そしてJ1復帰に貢献できるよう、練習から常に全力で頑張ります。応援よろしくお願いします」 2017.07.19 11:41 Wed
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース