【2017 J1順位予想①】優勝筆頭に広島、対抗に鹿島&浦和…鬼木体制の川崎Fは序盤戦苦戦の予感2017.02.24 23:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2017シーズンの明治安田生命Jリーグは、25日のJ1を皮切りに、全カテゴリーが開幕を迎える。再び1シーズン制となる今シーズンから、10年総額2100億円で放映権契約を結んだ『DAZN』が参入。上位クラブに還元される配分金が手厚くなり、「共存から競争の時代」に突入する。

▽その激戦必至のJリーグ開幕に先駆けて、超ワールドサッカー編集部が今シーズンにおけるJ1の順位を予想した。本稿では編集部Tの予想を紹介していく。

Getty Images
1位 サンフレッチェ広島
2位 鹿島アントラーズ
3位 浦和レッズ
4位 ガンバ大阪
▽本命はサンフレッチェ広島だ。優良助っ人のオーラを漂わせるMFフェリペ・シウバや、Jリーグで実績十分のFW工藤壮人ら適材適所な補強に成功し、過去5年で3度もJリーグ王者に導いた森保一監督の手腕も健在。ケガ人が出たときの選手層の薄さは気がかりだが、J1屈指のチーム完成度を誇る。さらに、AFCチャンピオンズリーグ(AFC)を戦わない日程面も鹿島アントラーズと浦和レッズとのJ1の覇権争いで優位に働くと予想した。

▽対抗は、鹿島と浦和。両チームともに即戦力級を補強したことで、昨年以上のチーム力を手にした。ただ、先のFUJI XEROX SUPER CUP 2017での戦いを見る限り、昨年のJリーグ王者と天皇杯の2冠王者である鹿島が持ち前の勝負強さで頭一つ抜けている印象。とはいえ、浦和に優勝の可能性がないわけではない。シーズン中に何度か訪れる勝負どころで力を発揮できるかどうかがカギになりそうだ。

▽4番手には、長谷川健太体制5年目を迎えたガンバ大阪の名前を挙げる。サガン鳥栖や川崎フロンターレ、ヴィッセル神戸、セレッソ大阪、FC東京の勢いも気になるところ。しかし、昨シーズンのJ1リーグ2ndステージ最終節で川崎Fに3-2で逆転勝利した戦いを見てのとおり、“ここぞ”というときの勝負強さは健在だ。今オフ、戦力の入れ替わりも含めて多くの変革があったが、経験値の部分で群を抜く存在に変わりはない。

Getty Images
5位 サガン鳥栖
6位 川崎フロンターレ
7位 ヴィッセル神戸
8位 FC東京
9位 大宮アルディージャ
10位 セレッソ大阪
11位 横浜F・マリノス
12位 柏レイソル
▽そして、上位争いを面白くしてくれそうな存在が、先述した鳥栖、川崎F、神戸、C大阪に、FC東京、大宮アルディージャ、横浜F・マリノス、柏レイソルを加えた8クラブ。いずれも新たな戦力を加えて試行錯誤の段階にあるクラブだけに、予想の順位よりも上に行く可能性もあれば、下を彷徨う可能性さえある。トップ4位に比べて劣る経験値を新戦力がカバーする働きを見せることができれば、優勝争いも十分に見込める。

▽ただ、川崎Fに関しては開幕前の評価を低めに設定した。MF家長昭博、MF阿部浩之、DF舞行龍ジェームズら積極補強が際立ったが、ACLでの戦いを見る限り、序盤戦は鬼木達新監督の下で試行錯誤が続きそうだ。もちろん、実力的には申し分なく、波に乗れば昨シーズンと同様、優勝争いに食い込んでくる可能性は十分だが、上位争いを演じる上で重要な安定した戦いが継続して見せられるかどうか未知数なところがある。

Getty Images
13位 ベガルタ仙台
14位 ジュビロ磐田
15位 ヴァンフォーレ甲府
16位 清水エスパルス
17位 アルビレックス新潟
18位 北海道コンサドーレ札幌
▽最後に、下位に関しては、上記6チームを予想。MF中村俊輔の加入で今冬を賑わせたジュビロ磐田だが、現時点で不確定要素が多く、蓋を開けてみないとわからない状況。とはいえ、磐田にベガルタ仙台を加えた2チームは、戦力面からして残留争いの主役になることはないだろう。したがって、戦力値で劣るヴァンフォーレ甲府、清水エスパルス、アルビレックス新潟、北海道コンサドーレ札幌の4クラブによる残留争いが繰り広げられそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

チェ・ヨンス氏、FC東京含むJ複数クラブからの関心に興味「Jを経験することも悪くはない」

▽かつてJリーグや韓国代表で活躍したチェ・ヨンス氏が、FC東京らJリーグのクラブからオファーを受けていることを認めた。韓国『news1』が報じている。 ▽チェ・ヨンス氏は、現役時代にジェフユナイテッド市原(元・ジェフユナイテッド千葉)や京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)、ジュビロ磐田でプレー。現役引退後は、FCソウルでコーチを経験したのち、2011年に同クラブの監督に就任すると、2013年にはAFCチャンピオンズリーグ準優勝を経験した。2016年7月からは中国の江蘇蘇寧で指揮していたが、今年6月に解任され、現在はフリーとなっている。 ▽伝えられるところによると現在、チェ・ヨンス氏の今後の去就として韓国代表U-23を指揮することが有力視されている模様。そんな中、同氏はFC東京を含めたJリーグの複数クラブから関心が寄せられており、自身も日本での監督業に興味を持っていることを示唆している。 「多くの選択肢があり、悩んでいる。個人的にも次の選択は非常に重要だと思っている。自分自身を振り返りながら、慎重に決定しようと思う」 「FC東京を含めて、Jリーグのいくつかのクラブから関心が寄せられている。ありがたいことだ。韓国や中国で監督を経験したことで、次にJリーグを経験することも悪くはないと思っている。ただ、他の選択肢もある。次のチームでは、必ず結果を出さなくてはいけないというプレッシャーがある」 2017.09.20 15:37 Wed
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】J1は鹿島DF三竿健斗、浦和MF青木拓矢らが出場停止…J2は福岡FWウェリントンら9名が出場停止

▽Jリーグは19日、明治安田生命J1リーグ第27節、明治安田生命J2リーグ第34節、第35節、明治安田生命J3リーグ第24節の出場停止選手を発表した。 ▽J1では、鹿島アントラーズのDF三竿健斗、浦和レッズのMF青木拓矢、サガン鳥栖のDF吉田豊ら5名が出場停止。J2では、3位につけるアビスパ福岡のFWウェリントンの他、東京ヴェルディのMF高木善朗や名古屋グランパスのFWシモビッチら9名が出場停止となる。 ▽J3では、グルージャ盛岡のDF垣根拓也、藤枝MYFCのDF浅田大樹、ギラヴァンツ北九州のDF福森健太、FC東京U-23のDF山田将之が出場停止となる。 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J1リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">MF三竿健斗</span>(鹿島アントラーズ) 明治安田生命J1リーグ 第27節 vsガンバ大阪(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF青木拓矢</span>(浦和レッズ) 明治安田生命J1リーグ 第27節 vsサガン鳥栖(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF橋爪勇樹</span>(ヴァンフォーレ甲府) 明治安田生命J1リーグ 第27節 vs横浜F・マリノス(9/23) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWドウグラス・タンキ</span>(アルビレックス新潟) 明治安田生命J1リーグ 第27節 vsコンサドーレ札幌(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF吉田豊</span>(サガン鳥栖) 明治安田生命J1リーグ 第27節 vs浦和レッズ(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J2リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">DF菅沼駿哉</span>(モンテディオ山形) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vsロアッソ熊本(9/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF佐藤勇人</span>(ジェフユナイテッド千葉) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vsV・ファーレン長崎(9/24) 今回の停止:1試合停止(2/2) <span style="font-weight:700;">MF高木善朗</span>(東京ヴェルディ) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vs名古屋グランパス(9/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF井上裕大</span>(FC町田ゼルビア) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vs徳島ヴォルティス(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF石田崚真</span>(ツエーゲン金沢) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vs大分トリニータ(9/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWシモビッチ</span>(名古屋グランパス) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vs東京ヴェルディ(9/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">FW片山瑛一</span>(ファジアーノ岡山) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vsカマタマーレ讃岐(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWレオナルド・ラモス</span>(レノファ山口) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vs松本山雅FC(9/24) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWウェリントン</span>(アビスパ福岡) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vsFC岐阜(9/24) 今回の停止:2試合停止(2/2) <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J3リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">DF垣根拓也</span>(グルージャ盛岡) 明治安田生命J3リーグ 第24節 vsアスルクラロ沼津(9/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF浅田大樹</span>(藤枝MYFC) 明治安田生命J3リーグ 第24節 vsガイナーレ鳥取(9/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF福森健太</span>(ギラヴァンツ北九州) 明治安田生命J3リーグ 第24節 vsセレッソ大阪U-23(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF山田将之</span>(FC東京U-23) 明治安田生命J3リーグ 第24節 vs福島ユナイテッドFC(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2017.09.19 20:30 Tue
twitterfacebook
thumb

DAZN週間ベストプレーヤーが発表! 第26節は川崎Fから最多3名が選出!

▽DAZNは19日、明治安田生命J1リーグ第26節の9試合からDAZN週間ベストプレーヤー11名を発表した。 ▽今回は、清水エスパルスに3-0で勝利し、AFCチャンピオンズリーグ敗退のショックを払しょくした川崎フロンターレから最多の3名が選出。その他、逆転勝利で勝ち点3を獲得したサガン鳥栖から2名が選出された。 <span style="font-weight:700;">GK</span> 林彰洋(FC東京) <span style="font-weight:700;">DF</span> エウシーニョ(川崎フロンターレ) 渡部博文(ヴィッセル神戸) 谷口彰悟(川崎フロンターレ) 吉田豊(サガン鳥栖) <span style="font-weight:700;">MF</span> 井手口陽介(ガンバ大阪) ムサエフ(ジュビロ磐田) レアンドロ(鹿島アントラーズ) 齋藤学(横浜F・マリノス) <span style="font-weight:700;">FW</span> ビクトル・イバルボ(サガン鳥栖) 小林悠(川崎フロンターレ) 2017.09.19 17:43 Tue
twitterfacebook
thumb

清水、ユース所属3選手の来季新加入内定を発表

▽清水エスパルスは18日、DF伊藤研太(18)、MF滝裕太(18)、FW平墳迅の2018シーズン新加入内定を発表した。 ▽3名は清水ユース所属の選手。トップチーム昇格を受けて、それぞれ次のようにコメントしている。 ◆DF伊藤研太 「小さい頃からの夢だったプロサッカー選手になることができ、大変嬉しく思います。自分の持ち味である、正確なパスとクロスを活かして積極的に攻撃に参加し、チームの勝利に貢献したいと思います。そして記憶に残るプレーヤーを目指します。これまでお世話になった、家族、監督、チームメイト、そして今まで応援して下さった全ての皆様に感謝し、日々努力して1日でも早くアイスタのピッチに立てるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 ◆MF滝裕太 「スクールを含め9年間お世話になってきたクラブで、小さい頃から夢だったプロサッカー選手になることができ本当に嬉しく思います。今まで支えていただいた監督やスタッフ、チームメイト、家族、また応援していただいた皆様に感謝の気持ちを込め、ピッチで恩返ししたいと思います。まだまだ課題が沢山あるので、日々の練習を全力で取り組み、1日でも早くエスパルスに貢献できるよう努力していきます。どうぞよろしくお願いします」 ◆FW平墳迅 「エスパルスユースのセレクションに合格してから、トップチームに昇格することを目標にしてきたので、とても嬉しく思います。ここまで自分が成長できたのは、家族やスタッフの皆さん、そしてサポーターのおかげだと思っています。恩返しをするためにも、少しでも早く試合に出場し、チームの力になれるよう日々精進していきます。応援よろしくお願いします」 2017.09.18 16:52 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪の韓国代表GKキム・ジンヒョンが入籍 「これからは家庭とゴールマウスを守る」

▽セレッソ大阪は18日、韓国代表GKキム・ジンヒョン(30)が今月9月に一般女性と結婚・入籍したことを発表した。C大阪の絶対的守護神は次のようにコメントしている。 「この度入籍したことをご報告させていただきます。30歳になり家庭を持つことになりました。これからは家庭を守り、ゴールマウスもしっかり守っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いいたします」 ▽キム・ジンヒョンは2009年に加入したC大阪でプロキャリアをスタート。それ以来、C大阪一筋でプレーし、今シーズンもここまで守護神として、明治安田生命J1リーグ23試合に出場している。 2017.09.18 14:55 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース