【2017 J1チーム診断】的を射た補強でフィッカデンティ2年目は飛躍のシーズンへ《サガン鳥栖》2017.02.24 17:55 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は、的を射た補強で飛躍を遂げるシーズンとなりそうな鳥栖編をお届けする。

◆成熟度に期待がかかるフィッカデンティ政権2シーズン目
▽マッシモ・フィッカデンティ監督の就任初年度となった昨季の序盤は過去最高に苦しんだ時期となった。戦術家で知られる指揮官の下、これまでの堅守速攻にポゼッションに加えた新たなスタイルの構築に取り組んだ結果、1stステージでは15位に沈むなど降格争いに巻き込まれた。

▽しかし、2ndステージではその状況が一転。フィッカデンティ監督の戦術が浸透すると8位で後半戦を終えた。年間通しては11位とやや不満が残り結果となるも、昨季の後半に見せた戦いぶりは新シーズンに期待が持てるものだった。さらにストーブリーグでもシント・トロイデンからFW小野裕二、名古屋グランパスからMF小川佳純、横浜F・マリノスからDF小林祐三、FC東京からGK権田修一を獲得するなど、各ポジションを補った。今季目指すは初のJ1タイトルだ。

◆2017 シーズンの注目ポイント
▽これまでは堅守速攻のチームスタイルにFW豊田陽平の得点力が鍵を握っていた。しかし、今シーズンはアタッカーとして小野が加入し、豊田への負担が減らせるだろう。さらに中盤では小川や原川力(川崎フロンターレから期限付き移籍)で加入し、またFW鎌田大地の成長もあって、能動的なオフェンスができる選手が増えた。持ち味のハードワークに、自分たちから仕掛けるオフェンスがハマれば非常に面白い戦いを見せてくれるだろう。

◆予想フォーメーション[4-3-1-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:権田修一
DF:小林祐三、キム・ミンヒョク、谷口博之、吉田豊
MF:小川佳純、高橋義希、福田晃斗
MF:鎌田大地
FW:小野裕二、豊田陽平
▽昨季同様に中盤ダイヤの[4-4-2]を採用。GK林彰洋が抜けた守護神のポジションには権田、兵役の関係で退団した金民友のところは、小川が埋める。右サイドバックは新加入の小林祐三とDF藤田優人がポジションを争うことになりそうだ。攻撃陣はトップ下の鎌田と前線の豊田は当確で、もう一枚のアタッカーを新加入の小野や昨季活躍したFW富山貴光らが争う。

◆期待の新戦力
Getty Images
GK権田修一(日本)
1989年3月3日(27歳)
2016シーズン(オーストリア・2部):15試合
▽2015年にオーバートレーニング症候群が発覚して戦列を離れていたが、ミランでプレーする日本代表FW本田圭佑がオーナーを務めるSVホルンに期限付き移籍で加入してリーグ戦にも出場した。今年1月にFC東京との契約を解除して海外でのプレーを目指すも新天地が見つからず。恩師でもあるフィッカデンティ監督の下で、2年ぶりにJリーグへと復帰した。守護神である林をFC東京に引き抜かれた鳥栖としては、今回のストーブリーグで最大の補強だったと言える。

◆キープレーヤー
Getty Images
MF鎌田大地
1996年8月5日(20歳)
2016シーズン(J1):28試合7ゴール
▽鳥栖が用いているフォーメーションの鍵となるトップ下を任されており、昨シーズンは得点力も開花して自身最多の7ゴールをマーク。今季も前線と中盤のリンクマンとしてだけでなく、得点でも結果を残したい。目標では、ライバル視している鹿島アントラーズのFW鈴木優磨の15ゴールを上回る16ゴールと公言。有言実行となれば、タイトル獲得に大きく近づくことができるだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

【Jリーグ出場停止情報】札幌のキム・ミンテと宮澤裕樹が停止、横浜FMのミロシュ・デゲネクや柏の小泉慶らも累積で停止に

▽Jリーグは22日、明治安田生命J1リーグ第16節、J3リーグ第12節の出場停止選手を発表した。 ▽北海道コンサドーレ札幌からはDFキム・ミンテが2試合、MF宮澤裕樹が1試合出場停止に。また、ベガルタ仙台DF板倉滉、柏レイソルMF小泉慶、横浜F・マリノスDFミロシュ・デゲネクが累積警告で1試合出場停止となっている。J3では、鹿児島ユナイテッドFCのDF田中秀人が累積警告により1試合出場停止処分が科されている。 ▽なお、ジュビロ磐田との契約解除が発表されたDFギレルメは引き続き出場停止となっている。 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J1リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">DFキム・ミンテ</span>(北海道コンサドーレ札幌) 明治安田生命J1リーグ第16節 vs川崎フロンターレ(7/18) 今回の停止:1試合停止 明治安田生命J1リーグ第17節 vsジュビロ磐田(7/22) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF宮澤裕樹</span>(北海道コンサドーレ札幌) 明治安田生命J1リーグ第16節 vs川崎フロンターレ(7/18) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF板倉滉</span>(ベガルタ仙台) 明治安田生命J1リーグ第16節 vs横浜F・マリノス(7/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF小泉慶</span>(柏レイソル) 明治安田生命J1リーグ第16節 vsFC東京(7/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DFミロシュ・デゲネク</span>(横浜F・マリノス) 明治安田生命J1リーグ第16節 vsベガルタ仙台(7/18) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DFギレルメ</span>(ジュビロ磐田) 明治安田生命J1リーグ第16節 vs鹿島アントラーズ(7/18) 今回の停止:6試合停止(3/6) 明治安田生命J1リーグ第17節 vs北海道コンサドーレ札幌(7/22) 今回の停止:6試合停止(4/6) 明治安田生命J1リーグ第18節 vsサガン鳥栖(7/28) 今回の停止:6試合停止(5/6) 明治安田生命J1リーグ第19節 vsガンバ大阪(8/1) 今回の停止:6試合停止(6/6) <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J3リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">DF田中秀人</span>(鹿児島ユナイテッドFC) 明治安田生命J3リーグ第12節 vsU-23FC東京(6/3) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2018.05.22 17:00 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪、DF菅沼駿哉が左外傷性腎損傷…2週間後に再検査

▽ガンバ大阪は22日、DF菅沼駿哉の負傷離脱を発表した。 ▽菅沼は16日に行われたYBCルヴァンカップ第6節名古屋グランパス戦で負傷。左外傷性腎損傷と診断され、2週間後に再検査を受ける見込みだ。 ▽今シーズンから古巣G大阪に復帰した菅沼は開幕当初こそ出場機会に恵まれなかったものの、J1第10節の湘南ベルマーレ戦で復帰後リーグ戦初先発。ここまで2試合に出場している。 ▽G大阪は15試合終了時点で4勝3分け8敗の16位。中断明けの7月18日に行われる次節は、首位サンフレッチェ広島とのアウェイゲームとなる。 2018.05.22 12:17 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FM、MFダビド・バブンスキーに第一子誕生 「家族となった彼とユニークな人生を」

▽横浜F・マリノスは21日、MFダビド・バブンスキー(24)に第一子となる男の子が18日に誕生したことを発表した。 ▽ダビド・バブンスキーは、2017年から横浜FMでプレー。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ5試合に出場している。クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントした。 「最高の瞬間を味わえて幸せです。この人類に新しい命を授かったことを嬉しく、そして新しく家族となった彼とユニークな人生を送れることが今から楽しみです」 2018.05.22 09:00 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸入り報道が過熱するイニエスタが来日へ

▽バルセロナでのラストゲームを終えたスペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)が、来日することになるようだ。スペイン『アス』が報じた。 ▽今シーズン限りでバルセロナを退団するイニエスタは、中国スーパーリーグへの移籍が噂されていたものの、現在はJリーグのヴィッセル神戸入りが濃厚と報じられている。 ▽今シーズンからバルセロナのスポンサーになった楽天株式会社が保有することでも共通するバルセロナと神戸。『アス』によると、月曜日から水曜日まで日本に滞在するとのことだ。 ▽21日に発表されたロシア・ワールドカップに臨むスペイン代表にも招集されているイニエスタ。スペイン代表合流前に来日し、その後はワールドカップへ向けて集中するとのことだ。 ▽神戸には元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキが所属しており、かつてはバルセロナでもプレー経験があるミカエル・ラウドルップ氏(1996-97)がプレー。ビジャレアルやレアル・マドリーで指揮を執っていたスペイン人指揮官のベニート・フローロ氏が1998年に指揮をしていたクラブとしても知られている。 2018.05.21 22:40 Mon
twitterfacebook
thumb

柏、下平隆宏前監督の強化チームダイレクター就任を発表

▽柏レイソルは21日、下平隆宏前監督(46)の強化チームダイレクター就任を発表した。 ▽柏のヘッドコーチを歴任の下平氏は、2016年途中からチームを指揮すると、昨シーズンの明治安田生命J1リーグを4位フィニッシュ。だが、FW江坂任ら積極補強の今年は苦戦を強いられ、悲願の優勝を目指したAFCチャンピオンズリーグもグループステージ敗退に終わった。 ▽下平氏は13日、その責任を取る形で監督退任が決定。後任として、ヘッドコーチの加藤望氏(48)が後を引き継いだチームは、20日に行われた明治安田生命J1リーグ第15節の名古屋グランパス戦を勝利し、初陣を白星で飾っている。 2018.05.21 17:45 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース