【2017 J1チーム診断】バンディエラ去り…新陳代謝必要もリーグ集中でACL圏以上へ《サンフレッチェ広島》2017.02.24 17:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は、一昨シーズンの王者でありながら昨シーズン苦しみ、再び上昇を狙うサンフレッチェ広島編をお届けする。

◆新陳代謝しながら前進できるか
▽リーグ連覇を目標とした昨シーズンは、負傷者が相次いだこともあって、年間順位6位と振るわず。1stステージは4位とまずまずの成績だったものの、夏にFW浅野拓麿が欧州に移籍した後の2ndステージは、10位と二桁順位の屈辱を味わった。長年クラブを支えた生え抜きのMF森崎浩司が昨季限りで引退し、オフシーズンにはクラブのバンディエラだったFW佐藤寿人が移籍。森保体制の6年目となる2017シーズンは、過渡期を迎えていると言えるチームを新陳代謝しつつも、昨季からの前進をアピールしたい。リーグに集中できる状況だけに、AFCチャンピオンズリーグ出場権獲得のラインは狙っていきたいところだ。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽一昨シーズンからFWドウグラス、FW浅野、FW佐藤と抜けていった攻撃の“トリデンテ”の連係をいかに構築するかに注目。右ヒザ前十字じん帯断裂で全治8カ月となったDF佐々木翔の長期離脱は痛いが、最終ラインと中盤にはDF千葉和彦、DF塩谷司、DF水本裕貴、MF青山敏弘、MF柏好文といった経験と実績を備える計算可能な選手たちがおり、大崩れは考えにくい。そのため、課題はゴールを奪うための得点パターン確立。新戦力のFW工藤壮人を軸に、MF柴崎晃誠、MFアンデルソン・ロペス、MF宮吉拓実、MFフェリペ・シウバといったアタッカー陣のベスト構成をいかに早く見つけられるかがポイントになる。

◆予想フォーメーション[3-4-2-1]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:林卓人
DF:塩谷司、千葉和彦、水本裕貴
MF:ミキッチ、青山敏弘、稲垣祥、柏好文
MF:フェリペ・シウバ、柴崎晃誠
FW:工藤壮人
▽森保監督が一貫して使用してきた[3-4-2-1]を引き続き採用する見込み。ヴァンフォーレ甲府から獲得したMF稲垣祥がMF丸谷拓也やMF森崎和幸と、ファジアーノ岡山から加わったGK中林洋次がGK林卓人とそれぞれポジションを争う。また、セカンドトップのポジション争いも激しくなりそうで、柴崎、宮吉、フェリペ・シウバ、アンデルソン・ロペス、MF茶島雄介らが2枠をかけて凌ぎを削る。

◆期待の新戦力
Getty Images
FW工藤壮人(日本)
1990年5月6日(26歳)
2016シーズン(MLS:バンクーバー):17試合2得点
▽電撃的な加入に驚いた人も多いであろう工藤に期待が懸かる。FWピーター・ウタカとはタイプが異なり、むしろFW佐藤に近いプレースタイル。オフ・ザ・ボールの動きに長けており、相手最終ラインとの駆け引きもうまい。ゴールだけでなくアシストもできるため、シャドーストライカー陣や両ウイングの選手は、可能な限り早く工藤の特徴を掴みたい。26歳という年齢から伸び代も大きく、すんなりフィットすれば2ケタ得点も期待できる。

◆キープレーヤー
Getty Images
MF青山敏弘(日本)
1986年2月22日(30歳)
2016シーズン(J1):28試合2得点
▽2014シーズンからクラブの主将を務めているが、今季はFW佐藤とMF森崎浩が抜けたことで、より一層とチームのまとめ役としての責任がかかる。昨シーズンは、優勝した一昨シーズンに比べれば出来が安定しなかっただけに、今シーズンは一貫したパフォーマンスを見せたい。献身的な守備のほか、持ち味であるロングフィード能力を生かし、裏への抜け出しが得意な工藤へのパス供給源としても期待。中盤をオーガナイズする主将のパフォーマンスがチームの浮沈のカギを握る。

コメント

関連ニュース

thumb

浦和、ミシャ率いる好調・札幌とゴールレスドロー…大槻毅体制ラストマッチを4連勝で締めくくれず《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第9節の浦和レッズvs北海道コンサドーレ札幌が21日に埼玉スタジアム2002で行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽ここまで3勝2分け3敗で10位に位置する浦和(勝ち点11)と、4勝2分け2敗で4位につける札幌(勝ち点14)の一戦。前節の清水エスパルス戦を2-1で勝利して大槻毅体制リーグ戦3連勝を飾った浦和は、その一戦から先発メンバーを2人変更。清水戦で途中交代したマウリシオと菊池に代えて、岩波とマウリシオを起用した。 ▽一方、前節の柏レイソル戦を2-1で勝利して3連勝を飾った好調・札幌は、その一戦から先発メンバーを4人変更。契約上の理由によって出場できない駒井と宮吉らに代えてチャナティップと宮澤らを起用した。 ▽19日にかつて鹿島アントラーズでリーグ3連覇を達成したオズワルド・オリヴェイラ氏の招へいを発表した浦和にとっては、大槻体制のラストマッチ、札幌にとってはミハイロ・ペトロヴィッチ監督の古巣戦となった一戦。 ▽試合は序盤から互いに敵陣へと侵攻するが、思うようにシュートまで結びつけることができない立ち上がりとなる。そんな中、札幌は17分、宮澤からパスを受けた三好がボックス手前からシュートを放つも、GK西川にセーブされる。 ▽対する浦和は20分、柏木からの右CKが相手DFに当たってゴール前へ抜けると、遠藤がボレーシュート。しかし、これがGKク・ソンユンの正面に。絶好機を逃してしまう。 ▽34分にはこぼれ球を拾った流れから岩波がワンツーでボックス右に抜け出し、鋭いクロスから浦和がチャンスを迎えるも決め切れず。ゴールレスで試合を折り返した。 ▽迎えた後半、まずは浦和が54分、橋岡からのクロスを武藤がヘディングシュート。一方の札幌は直後、福森のパスを受けた三好がボックス手前右に持ち込み、右足を振り抜くもどちらもGKに処理されてゴールは生まれない。 ▽終盤に差し掛かると浦和が攻勢を強める。65分には柏木の左CKを槙野が頭で合わせる。しかし、これは枠を捉えることが出来ない。74分には興梠の落としを受けた長澤がミドルシュート。GKク・ソンユンに弾かれたボールはゴール方向に向かったが、勢いは弱くGKク・ソンユンに対処された。 ▽その後は互いにゴールへ迫った両者だが、最後までスコアは動かずにそのまま試合終了。浦和は4試合無敗も大槻監督体制ラストマッチを勝利で飾れず。一方の札幌は6試合無敗を継続している。 2018.04.21 18:21 Sat
twitterfacebook
thumb

16位横浜FMと15位湘南の神奈川ダービー、乱打戦の末痛み分け《J1》

▽21日に日産スタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第9節の横浜F・マリノスvs湘南ベルマーレは、4-4のドローに終わった。 ▽横浜FMは、ウーゴ・ヴィエイラ、ユン・イルロク、オリヴィエ・ブマルの3トップを形成。対する湘南はアレン・ステバノヴィッチを開幕戦以来のスタメン起用した。 ▽試合は、8分に菊地の強烈なミドルシュートで横浜FMゴールを強襲した湘南が直後に先制する。ドリブルでボックス左に持ち上がったアレン・ステバノヴィッチが右足アウトサイドで浮き球パス。これが中澤の頭にディフレクトしてコースが変わり、GK飯倉の逆を突いてゴールに吸い込まれた。 ▽不安定な立ち上がりにオウンゴールで失点した横浜FMだが、後方でボールを落ち着かせながら攻撃の糸口を探る。すると、27分に右サイドを突破したオリヴィエ・ブマルからパスを受けたウーゴ・ヴィエイラがボックス右に流れながら低い弾道の右足シュートを決め、横浜FMが追いつく。 ▽ウーゴ・ヴィエイラの同点弾で試合を振り出しに戻した横浜FMだが、湘南が直後に相手のミスに乗じて勝ち越す。28分、最終ラインのケアを試みたGK飯倉が飛び出してクリア。しかし、これに反応した菊地が無人のゴールマウスにロングシュートを決め切り、すかさず横浜FMを突き放した。 ▽再びリードの湘南は続く41分、相手最終ライン背後のスルーパスに反応したアレン・ステバノヴィッチがGKとの一対一を制して3点目。だが、44分にユン・イルロクのお膳立てからネットを揺らしたウーゴ・ヴィエイラがわずか数十秒後にも山中のクロスから巧みにシュートを決めて追いすがる。 ▽ところが、湘南の助っ人もこの直後に奮起。前半アディショナル1分、カウンターの流れから松田のパスをイ・ジョンヒョプ経由で受けたアレン・ステバノヴィッチがボックス左から低い弾道のシュートを突き刺して、湘南が横浜FMの反撃ムードに水を差す。 ▽追いつきたい横浜FMは後半の頭から仲川を投入。その立ち上がりから攻勢を強め、53分に仲川がクロスバー直撃の右足シュートでゴールに迫る。すると、57分に右CKから味方のフリックしたボールにファーサイドのミロシュ・デゲネクが頭で合わせ、横浜FMがイーブンに戻した。 ▽息を吹き返した横浜FMは、ボールの主導権を握って攻め入るが、対する湘南もカウンターベースの仕掛けで応戦。その中で徐々に湘南を防戦一方の状態に追い込んだ横浜FMだが、仲川の決定的なミドルシュートが枠の左に外れるなど局面で精度を欠いてしまう。 ▽結局、同勝ち点で並ぶ15位と16位の神奈川勢対決は乱打戦の末、痛み分けで終了。ともに連敗を2で止めたものの、横浜FMは4戦未勝利、湘南は3戦未勝利となっている。 2018.04.21 17:58 Sat
twitterfacebook
thumb

ポルディ2発の神戸が今季初の連勝! シャビエル復帰実らずの名古屋6連敗《J1》

▽21日にノエビアスタジアム神戸で行われた明治安田生命J1リーグ第9節のヴィッセル神戸vs名古屋グランパスは、ホームの神戸が3-0で勝利した。 ▽神戸は、出場停止明けのルーカス・ポドルスキが先発入り。対する名古屋は、ガブリエル・シャビエルが第5節以来の先発復帰を果たした。 ▽試合は12分、神戸が先制。ボックス中央で藤田のパスを受けたチョン・ウヨンが鋭い反転から左足を振り抜き、神戸が先手を取った。 ▽続く16分にも神戸にチャンス。だが、ゴール前の混戦から大槻が放った左足シュートは相手DFのブロックに遭い、追加点とはならない。 ▽追う名古屋は、ガブリエル・シャビエルを中心に反撃を試みるが、局面でルーカス・ポドルスキの決死のクリアに遭うなど、ゴールが遠い。 ▽44分には神戸が追加点のチャンス。バイタルエリア中央から三田が右足のミドルシュート。だが、これはGKランゲラックの好セーブに阻まれた。 ▽1点リードの神戸は51分、大槻のポストワークにルーカス・ポドルスキが反応。右足のコントロールショットをゴール右に沈め、名古屋を突き放した。 ▽追い込まれた名古屋は、引き続きガブリエル・シャビエルを中心に攻め込むが、神戸も効率よくシュートチャンスをつくり出して応戦する。 ▽その中、79分には途中出場の押谷が長谷川アーリアジャスールのパスから右足ダイレクトでゴールに迫るが、精度を欠いて枠に飛ばせない。 ▽すると、神戸は81分にカウンター。途中出場のウェリントンのパスからルーカス・ポドルスキがトドメのゴールを決め、勝敗の行方を決した。 ▽ルーカス・ポドルスキの2発により、快勝の神戸が今シーズン初のリーグ2連勝。敗れた名古屋は6連敗となり、7試合で白星から遠ざかっている。 2018.04.21 17:57 Sat
twitterfacebook
thumb

昨季王者・攻撃陣復活で鹿島撃破! 川崎F、昨季トップ2対決を制して公式戦7試合ぶり勝利!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第9節の川崎フロンターレvs鹿島アントラーズが21日に等々力陸上競技場で行われ、4-1で圧勝した。 ▽ここまで3勝3分け2敗で6位につける川崎F(勝ち点12)と、3勝2分け3敗で8位に位置する鹿島(勝ち点11)の一戦。前節のベガルタ仙台戦をゴールレスドローで終え、リーグ戦4試合で勝利がない川崎Fは、その一戦から先発メンバーを1名のみ変更。大島に代えてエドゥアルド・ネットを起用した。 ▽一方、前節の名古屋グランパス戦を2-0で勝利して4試合ぶりの白星を飾った鹿島は、その一戦と同様の先発メンバーを起用した。 ▽昨シーズンは最終節まで優勝を争った両者。試合は昨シーズンに最終節で鹿島を退けた川崎Fが序盤から攻勢に出る。2分、ボックス手前で守田からパスを受けた阿部の右足シュートは、GKクォン・スンテの正面。 ▽しかし5分、谷口のパスを受けてボックス右に侵攻した家長がグラウンダーのクロスを送ると、ニアサイドにポジションをとっていた三竿健人がクリアミス。そのままボールはゴールに吸い込まれて川崎Fがラッキーな形で先制に成功する。 ▽先制点を奪った川崎Fはリズム良いパス回しでチャンスを構築する。14分、家長、中村憲剛、エドゥアルド・ネットとつなぎ、スルーパスを受けた車屋がボックス左から右足シュート。相手DFに当たってコースが変わったが、ここはGKクォン・スンテに素早い反応で防がれた。 ▽前半半ばに差し掛かると徐々に鹿島も応戦。26分には小笠原からのFKを植田が頭で合わせる。しかし、シュートはGKチョン・ソンリョンにキャッチされる。 ▽両者譲れない一戦だけに時間の経過と共に球際が激しくなり、互いにヒートアップする場面も。そんな中、川崎Fは35分にカウンターを発動。知念の落としを受けた守田が右サイドに展開し、走り込んだエウシーニョが中央へクロスを送る。阿部の右足がボールの芯を捉えたが、相手DFに直撃してしまう。 ▽1-0で試合を折り返して迎えた後半開始早々、1点をリードする川崎Fが追加点を奪う。47分、敵陣中央で知念のチェイスから守田が縦パス。これを阿部がフリックしてボックス左に送ると、エドゥアルド・ネットが抜け出し、鋭い切り返しで相手DFをかわして右足でゴール左へ流し込んだ。 ▽リードを2点に広げられた鹿島は57分、小笠原に代えて永木を投入。すると64分、鹿島はボックス左手前でFKを獲得し、キッカーの永木が直接狙う。これが壁に入った知念の頭に当たってゴール右へ吸い込まれた。 ▽1点差に詰め寄られて嫌な空気が漂う川崎F。それでも直後、鹿島の不用意なミスを突いて川崎Fが再び突き放す。65分、ボックス右に攻め込んだが、これは小田にボールを奪われる。しかし、軽率なバックパスに対して中村憲剛が懸命に追うと、右足でのプッシュがGKクォン・スンテの股を抜いて追加点を奪った。 ▽苦しい状況となった鹿島は直後、内田と中村充孝に代えて西と伊東を投入して右サイドの活性化を図る。しかし、77分に昌子がこの日2枚目となるイエローカードで退場してしまい、勢いは衰退。これを契機に川崎Fは81分、家長のスルーパスに抜け出した途中出場の大久保が冷静にゴールへ流し込んでトドメを差した。 ▽昨季トップ2の対決を4-1で制した川崎Fがリーグ戦5試合ぶり、公式戦7試合ぶり勝利を飾った。 2018.04.21 17:56 Sat
twitterfacebook
thumb

パト3戦連発の首位広島が5連勝! 鳥栖4連敗《J1》

▽21日にエディオンスタジアム広島で行われた明治安田生命J1リーグ第9節のサンフレッチェ広島vsサガン鳥栖は、ホームの広島が1-0で勝利した。 ▽広島は、パトリックの相方として渡を先発起用。対する鳥栖は、ビクトル・イバルボが引き続き欠場となり、趙東建と小野の2トップをスターティングメンバーにチョイスした。 ▽試合は、開幕から無敗を続ける首位の広島がペースを握る展開に。連動した攻守で敵陣内で時間を進め、ターゲットマンのパトリックを中心に鳥栖のゴールマウスに襲いかかっていく。 ▽その中で、ボールを握れば積極的に広島ゴールに迫る鳥栖は30分、バイタルエリア中央で左サイドからのパスに反応した原川が右足インサイドのシュート。だが、これはクロスバーを叩く。 ▽互いに決定打を欠くまま後半へ。一進一退の攻防に持ち込む鳥栖が引き続き攻勢を強める中、61分に小野に決定機が巡ってくるが、右サイドからのクロスに合わせたヘディングシュートを枠に飛ばせない。 ▽なかなか鳥栖の守備ブロックを攻略できずにいる広島。ティーラシン、吉野を立て続けにピッチに送り込み、攻撃の活性化を図るが、有効打を見いだせず、時間だけが過ぎていく。 ▽それでも、広島は83分、ついに均衡を破る。細かいパスワークで鳥栖を押し込むと、バイタルエリア中央でティーラシンの落としからパトリックが右足ダイレクト。これが決まり、広島が先制した。 ▽パトリックの3戦連発となるシーズン6得点目でリードした広島はその後、3連敗の悪い流れを何とか断ち切ろうと反撃に出てきた鳥栖の追随を受けるが、危なげなく5連勝を飾っている。 2018.04.21 15:57 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース