超ワールドサッカー

【2017 J1チーム診断】バンディエラ去り…新陳代謝必要もリーグ集中でACL圏以上へ《サンフレッチェ広島》2017.02.24 17:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は、一昨シーズンの王者でありながら昨シーズン苦しみ、再び上昇を狙うサンフレッチェ広島編をお届けする。

◆新陳代謝しながら前進できるか
▽リーグ連覇を目標とした昨シーズンは、負傷者が相次いだこともあって、年間順位6位と振るわず。1stステージは4位とまずまずの成績だったものの、夏にFW浅野拓麿が欧州に移籍した後の2ndステージは、10位と二桁順位の屈辱を味わった。長年クラブを支えた生え抜きのMF森崎浩司が昨季限りで引退し、オフシーズンにはクラブのバンディエラだったFW佐藤寿人が移籍。森保体制の6年目となる2017シーズンは、過渡期を迎えていると言えるチームを新陳代謝しつつも、昨季からの前進をアピールしたい。リーグに集中できる状況だけに、AFCチャンピオンズリーグ出場権獲得のラインは狙っていきたいところだ。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽一昨シーズンからFWドウグラス、FW浅野、FW佐藤と抜けていった攻撃の“トリデンテ”の連係をいかに構築するかに注目。右ヒザ前十字じん帯断裂で全治8カ月となったDF佐々木翔の長期離脱は痛いが、最終ラインと中盤にはDF千葉和彦、DF塩谷司、DF水本裕貴、MF青山敏弘、MF柏好文といった経験と実績を備える計算可能な選手たちがおり、大崩れは考えにくい。そのため、課題はゴールを奪うための得点パターン確立。新戦力のFW工藤壮人を軸に、MF柴崎晃誠、MFアンデルソン・ロペス、MF宮吉拓実、MFフェリペ・シウバといったアタッカー陣のベスト構成をいかに早く見つけられるかがポイントになる。

◆予想フォーメーション[3-4-2-1]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:林卓人
DF:塩谷司、千葉和彦、水本裕貴
MF:ミキッチ、青山敏弘、稲垣祥、柏好文
MF:フェリペ・シウバ、柴崎晃誠
FW:工藤壮人
▽森保監督が一貫して使用してきた[3-4-2-1]を引き続き採用する見込み。ヴァンフォーレ甲府から獲得したMF稲垣祥がMF丸谷拓也やMF森崎和幸と、ファジアーノ岡山から加わったGK中林洋次がGK林卓人とそれぞれポジションを争う。また、セカンドトップのポジション争いも激しくなりそうで、柴崎、宮吉、フェリペ・シウバ、アンデルソン・ロペス、MF茶島雄介らが2枠をかけて凌ぎを削る。

◆期待の新戦力
Getty Images
FW工藤壮人(日本)
1990年5月6日(26歳)
2016シーズン(MLS:バンクーバー):17試合2得点
▽電撃的な加入に驚いた人も多いであろう工藤に期待が懸かる。FWピーター・ウタカとはタイプが異なり、むしろFW佐藤に近いプレースタイル。オフ・ザ・ボールの動きに長けており、相手最終ラインとの駆け引きもうまい。ゴールだけでなくアシストもできるため、シャドーストライカー陣や両ウイングの選手は、可能な限り早く工藤の特徴を掴みたい。26歳という年齢から伸び代も大きく、すんなりフィットすれば2ケタ得点も期待できる。

◆キープレーヤー
Getty Images
MF青山敏弘(日本)
1986年2月22日(30歳)
2016シーズン(J1):28試合2得点
▽2014シーズンからクラブの主将を務めているが、今季はFW佐藤とMF森崎浩が抜けたことで、より一層とチームのまとめ役としての責任がかかる。昨シーズンは、優勝した一昨シーズンに比べれば出来が安定しなかっただけに、今シーズンは一貫したパフォーマンスを見せたい。献身的な守備のほか、持ち味であるロングフィード能力を生かし、裏への抜け出しが得意な工藤へのパス供給源としても期待。中盤をオーガナイズする主将のパフォーマンスがチームの浮沈のカギを握る。

コメント

関連ニュース

thumb

福岡大GK永石拓海が来季加入内定のC大阪に特別指定で加入

▽日本サッカー協会(JFA)は26日、福岡大学サッカー部のGK永石拓海(21)を、25日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先はセレッソ大阪となる。 ▽永石は山口県出身で、高川学園高校から福岡大学へと進学。U-17日本代表や全日本大学選抜にも選出された経験がある。今月16日には、来シーズンからのC大阪加入内定が発表されていた。 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.05.26 19:26 Fri
twitterfacebook
thumb

鈴木啓太氏の引退試合に三都主アレサンドロや相馬崇人、都築龍太などOBの参加が決定!

▽浦和レッズは25日、7月17日(月・祝)に埼玉スタジアム2002で開催される「鈴木啓太氏 引退試合」の参加メンバーの一部を発表した。 ▽26日時点で決定している参加者は9名となっており、かつてのエースである福田正博氏や、日本代表としてワールドカップにも出場した三都主アレサンドロ氏、昨シーズン限りで現役を引退した相馬崇人氏らが名を連ねている。 【参加メンバー(カッコ内は浦和レッズ在籍年)】※敬称略 ・福田正博 (1989年※~2002年) ※前身の三菱重工業サッカー部時代含む ・内舘秀樹 (1996年~2008年) ・室井市衛 (2000年~2001年7月、2002年~2004年) ・阿部敏之 (2000年~2002年) ・三都主アレサンドロ (2004年~2009年) ・都築龍太 (2003年~2010年) ※2010年は湘南ベルマーレへ期限付き移籍 ・酒井友之 (2004年~2006年) ・堀之内聖 (2002年~2010年) ・相馬崇人 (2006年~2008年) ▽また、鈴木啓太氏が、本引退試合を一人でも多くの方々と一緒に楽しみたいという考えから本人が発案した、SNS上での企画も発表。鈴木氏のメッセージと併せて発表した。 【鈴木啓太氏からのメッセージ】 「みなさん、こんにちは。僕はこの引退試合を開催させていただくにあたり、「この試合をどんな試合にしたいか?」ということをずっと考えてきました。「どんな試合になるか?」ではなく、「どんな試合にしたいか?」。そう考えてきた中で行き着いた一つのキーワードが、“同窓会”でした」 「過去に行われてきた引退試合を思い返してみると、ピッチで選手たちが楽しくボールを蹴りながら行っている“同窓会”の様子を、ファン・サポーターのみなさんも懐かしみながら笑顔で見守っている。そんな素敵な光景が思い浮かんできたのですが、それと同時に、「“同窓会”は選手たちに限ったものではない!」と思い始めてきました。この試合をきっかけにあの頃の仲間たちと集うのは、何も選手だけに限る必要はなく、ファン・サポーターのみなさんもあの頃の仲間たちとの“同窓会”を楽しんでくれたら嬉しいなと。そんな思いから、是非、みなさんに #赤い同窓会 企画を提案させていただきたいと考えています」 「内容は至ってシンプルで、普段からスタジアムでレッズと一緒に闘ってくださっているファン・サポーターのみなさん同士の待ち合わせは勿論、最近なかなかスタジアムで会えていない、かつてのファン・サポーター仲間との再会のお誘いや待ち合わせも、SNS上でハッシュタグ #赤い同窓会 を付けて行っていただくことで、この試合の楽しみ方として“同窓会”という概念が多くの方に伝わり、この日の埼玉スタジアムのあちらこちらで、僕たち選手と同じ様に“同窓会”を楽しんでいただけるのではないかと思っています」 「7月17日は、サッカーが与えてくれた出会いや歓びに感謝して、時代を超えた浦和レッズファミリーや日本のサッカーファンのみなさんと共に楽しみたいと思います!鈴木啓太」 2017.05.26 19:00 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和がユースのDF大西翔也、DF橋岡大樹を2種登録

▽浦和レッズは26日、ユースに所属するDF大西翔也(17)、DF橋岡大樹(18)をトップチーム2種登録することを発表した。 ▽大西と橋岡は共に埼玉県出身で、ジュニアユースから浦和に所属。現在はユースでプレーしている。橋岡はU-19日本代表にも選出され、今月から開幕するトゥーロン国際大会に出場予定となっている。 2017.05.26 17:14 Fri
twitterfacebook
thumb

【ルヴァン杯出場停止情報】突破を目指す神戸MF三原雅俊や3位入りを目指す磐田MF松井大輔、広島MF清水航平らが出場停止

▽Jリーグは25日、2017JリーグYBCルヴァンカップ第7節の出場停止選手を発表した。 ▽今回出場停止が発表されたのは、MF大山啓輔(大宮アルディージャ)、MF加藤大(アルビレックス新潟)、MF松井大輔(ジュビロ磐田)、MF三原雅俊(ヴィッセル神戸)、MF清水航平(サンフレッチェ広島)となる。 <span style="font-weight:700;">【YBCルヴァンカップ】</span> <span style="font-weight:700;">MF大山啓輔</span>(大宮アルディージャ) 2017JリーグYBCルヴァンカップ第7節 vsジュビロ磐田(5/31) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF加藤大</span>(アルビレックス新潟) 2017JリーグYBCルヴァンカップ第7節 vsヴィッセル神戸(5/31) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF松井大輔</span>(ジュビロ磐田) 2017JリーグYBCルヴァンカップ第7節 vs大宮アルディージャ(5/31) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF三原雅俊</span>(ヴィッセル神戸) 2017JリーグYBCルヴァンカップ第7節 vsアルビレックス新潟(5/31) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF清水航平</span>(サンフレッチェ広島) 2017JリーグYBCルヴァンカップ第7節 vs横浜F・マリノス(5/31) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2017.05.26 17:08 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMがユースのDF西山大雅を2種登録

▽横浜F・マリノスは26日、横浜F・マリノスユースのDF西山大雅(17)をトップチームに2種登録することを発表した。 ▽西山は横浜FMのジュニアユース追浜から、ユースへと昇格。昨年はU-17日本代表にも招集されており、8月のチェコ遠征にも参加していた。 2017.05.26 16:22 Fri
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース