【2017 J1チーム診断】バンディエラ去り…新陳代謝必要もリーグ集中でACL圏以上へ《サンフレッチェ広島》2017.02.24 17:50 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は、一昨シーズンの王者でありながら昨シーズン苦しみ、再び上昇を狙うサンフレッチェ広島編をお届けする。

◆新陳代謝しながら前進できるか
▽リーグ連覇を目標とした昨シーズンは、負傷者が相次いだこともあって、年間順位6位と振るわず。1stステージは4位とまずまずの成績だったものの、夏にFW浅野拓麿が欧州に移籍した後の2ndステージは、10位と二桁順位の屈辱を味わった。長年クラブを支えた生え抜きのMF森崎浩司が昨季限りで引退し、オフシーズンにはクラブのバンディエラだったFW佐藤寿人が移籍。森保体制の6年目となる2017シーズンは、過渡期を迎えていると言えるチームを新陳代謝しつつも、昨季からの前進をアピールしたい。リーグに集中できる状況だけに、AFCチャンピオンズリーグ出場権獲得のラインは狙っていきたいところだ。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽一昨シーズンからFWドウグラス、FW浅野、FW佐藤と抜けていった攻撃の“トリデンテ”の連係をいかに構築するかに注目。右ヒザ前十字じん帯断裂で全治8カ月となったDF佐々木翔の長期離脱は痛いが、最終ラインと中盤にはDF千葉和彦、DF塩谷司、DF水本裕貴、MF青山敏弘、MF柏好文といった経験と実績を備える計算可能な選手たちがおり、大崩れは考えにくい。そのため、課題はゴールを奪うための得点パターン確立。新戦力のFW工藤壮人を軸に、MF柴崎晃誠、MFアンデルソン・ロペス、MF宮吉拓実、MFフェリペ・シウバといったアタッカー陣のベスト構成をいかに早く見つけられるかがポイントになる。

◆予想フォーメーション[3-4-2-1]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:林卓人
DF:塩谷司、千葉和彦、水本裕貴
MF:ミキッチ、青山敏弘、稲垣祥、柏好文
MF:フェリペ・シウバ、柴崎晃誠
FW:工藤壮人
▽森保監督が一貫して使用してきた[3-4-2-1]を引き続き採用する見込み。ヴァンフォーレ甲府から獲得したMF稲垣祥がMF丸谷拓也やMF森崎和幸と、ファジアーノ岡山から加わったGK中林洋次がGK林卓人とそれぞれポジションを争う。また、セカンドトップのポジション争いも激しくなりそうで、柴崎、宮吉、フェリペ・シウバ、アンデルソン・ロペス、MF茶島雄介らが2枠をかけて凌ぎを削る。

◆期待の新戦力
Getty Images
FW工藤壮人(日本)
1990年5月6日(26歳)
2016シーズン(MLS:バンクーバー):17試合2得点
▽電撃的な加入に驚いた人も多いであろう工藤に期待が懸かる。FWピーター・ウタカとはタイプが異なり、むしろFW佐藤に近いプレースタイル。オフ・ザ・ボールの動きに長けており、相手最終ラインとの駆け引きもうまい。ゴールだけでなくアシストもできるため、シャドーストライカー陣や両ウイングの選手は、可能な限り早く工藤の特徴を掴みたい。26歳という年齢から伸び代も大きく、すんなりフィットすれば2ケタ得点も期待できる。

◆キープレーヤー
Getty Images
MF青山敏弘(日本)
1986年2月22日(30歳)
2016シーズン(J1):28試合2得点
▽2014シーズンからクラブの主将を務めているが、今季はFW佐藤とMF森崎浩が抜けたことで、より一層とチームのまとめ役としての責任がかかる。昨シーズンは、優勝した一昨シーズンに比べれば出来が安定しなかっただけに、今シーズンは一貫したパフォーマンスを見せたい。献身的な守備のほか、持ち味であるロングフィード能力を生かし、裏への抜け出しが得意な工藤へのパス供給源としても期待。中盤をオーガナイズする主将のパフォーマンスがチームの浮沈のカギを握る。

コメント

関連ニュース

thumb

森本のハット含む4発で川崎Fが清水粉砕! 柏はG大阪に競り勝って準々決勝進出《天皇杯》

▽20日に第97回天皇杯全日本サッカー選手権のラウンド16(4回戦)の8試合が行われた。 ▽3回戦のザスパクサツ戦を4-0で勝利した川崎フロンターレと、いわきFC戦を2-0で勝利した清水エスパルスの一戦は、4-1で川崎Fが勝利した。 ▽試合は、立ち上がりから両者共に攻勢に出る中、時間の経過と共に川崎Fがボールを保持。すると8分、ハーフウェイライン付近でボールを受けた板倉が持ち上がると、敵陣中央からスルーパスを送る。これに反応した森本が清水の最終ラインを突破してボックス内へ侵攻し、GK高木和との一対一を制した。 ▽先制を許した清水はすぐさま攻勢を強める。19分、ボックス左手前でパスを受けた松原が縦への突破からグラウンダーのクロスを供給。ボックス中央に走り込んだミッチェル・デュークが右足で合わせたが、ミートしきれずボールはゴール右へと外れた。 ▽それでも清水は23分、相手最終ラインでエドゥアルドから金子のチェイスでボールを奪うと、ボックス右へのパスに反応した金子が右足でシュート。これはGK新井に弾かれるも、ボックス付近やや左にこぼれたボールをミッチェル・デュークが左足を振り抜いて、ゴール右隅へと突き刺した。 ▽試合を振り出しに戻された川崎Fはすぐさまペースを引き寄せて敵陣への侵攻回数を増やすと38分、狩野が左CKを入れる。これは相手DFにクリアされたが、浮き球のこぼれ球をボックス右手前から阿部が右足を振り抜く。これがゴール左隅を捉えたが、北川に頭でクリアされてしまう。 ▽迎えた41分、敵陣中央右でパスを受けた板倉が右足で鋭いクロスを供給。これに勢いよく飛び込んだ森本がヘディングシュートを放ち、ゴール右隅へと押し込んだ。 ▽試合を折り返すと、2-0でリードする川崎Fが清水を突き放す。49分、敵陣中央にこぼれたルーズボールを森本がカヌとの競り合いで先に触ると、これを拾った阿部がダイレクトで清水ディフェンスの背後へスルーパス。これに走り込んだ森本が落ち着いてゴールを決めて、ハットトリックを記録する。 ▽3点差に広げられた清水は61分、左サイドからミッチェル・デュークがクロスを入れると、ニアサイドの北川が頭で流す。ボックス中央に走り込んだ長谷川悠が左足で合わせるも、シュートはゴール右へと逸れてしまう。 ▽さらに清水は67分、途中出場のチアゴ・アウベスがボックス手前からスルーパス。これを受けた北川がボックス内からシュートを放つが、GK新井の好判断な飛び出しに阻まれてしまう。 ▽攻勢に出るもなかなかゴールを奪えない清水。すると川崎Fは85分、敵陣中央左でFKを獲得する。キッカーの森谷がファーサイドにクロス。これをエドゥアルドが頭で合わせて試合を決定づけた。 ▽試合を4-1とされた清水はその後、最後まで川崎Fゴールに迫ったが、得点は生まれずそのまま試合終了。川崎Fが森本のハットトリックを含む4ゴールで準々決勝進出を決めている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170920_27_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽同ブロックのもう一試合であるガンバ大阪vs柏レイソルは、3-2で柏が勝利した。まずゴールを脅かしたのはG大阪。9分、遠藤からの左CKのこぼれ球に反応した井手口がシュートを放つが、先制点とはならない。 ▽前半半ばに差し掛かると柏が応戦し始めるも、シュートまで結びつけるのは依然としてG大阪。26分、井手口からの右CKがファーサイドに流れたボールを遠藤が折り返すと、三浦がヘディングシュート。さらに32分、敵陣中央でFKを獲得すると、井手口がクロスを選択する。これを金正也が頭で合わせたが、どちらも決めきることができない。 ▽すると前半終盤、ここまで押し込まれ気味だった柏が先制に成功する。45分、ロングボールが相手最終ラインの裏へと落ちると、GK東口と金正也が連携ミス。これを見逃さなかったクリスティアーノが拾って無人のゴールへと流し込んだ。 ▽後半に入ると、先制して前半を終えた柏が一気にG大阪を畳み掛ける。48分、伊東のスルーパスに走り込んだ古賀がボックス右外からGKとDFの間にグラウンダーのクロス。これが相手DFのオウンゴールを誘発する。 ▽柏はさらに53分、GK東口のフィードを味方がハーフウェイライン付近でカットすると、ボールはそのままボックス内へ。これを受けたクリスティアーノがそのままゴール左隅に押し込んだ。 ▽3点のリードを許したG大阪だったが60分、相手の最終ラインからのフィードを敵陣中央左の遠藤が胸でブロック。これがボックス手前に転がると、反応した長沢が落ち着いてゴールに流し込んだ。 ▽1点を返したG大阪は68分、オ・ジェソクに代えて初瀬を投入。すると終盤81分、その初瀬が右サイドからクロスを送る。ファーサイドに走り込んだ井手口が頭で押し込み、1点差に詰め寄る。 ▽その後、ガンバ大阪は両サイドからクロスを入れて同点ゴールを狙ったが、猛攻も実らずそのまま試合終了。柏が3-2で競り勝ち、準々決勝進出を決めた。 ▽この結果、10月25日に行われる準々決勝では、川崎Fと柏レイソルが激突することとなった。 2017.09.20 21:15 Wed
twitterfacebook
thumb

鳥栖FW趙東建が左脛骨疲労骨折により一時帰国

▽サガン鳥栖は20日、韓国人FW趙東建が治療のため一時帰国することを発表した。 ▽趙東建は、トレーニング中に負傷しており、経過を見ていたものの左脛骨疲労骨折の手術のために韓国に帰国することとなった。 ▽今シーズン水原三星ブルーウィングスから加入した趙東建は、明治安田生命J1リーグで17試合に出場し5得点を記録していた。 2017.09.20 20:41 Wed
twitterfacebook
thumb

G大阪DFファビオが右ハムストリング肉離れで全治約3週間の見込み

▽ガンバ大阪は20日、ブラジル人DFファビオが右ハムストリング肉離れと診断されたことを発表した。全治は約3週間の見込みだ。 ▽ファビオは、16日に行われた明治安田生命J1リーグ第26節の大宮アルディージャ戦(2-2のドロー)に先発。しかし、ハーフタイムに途中交代していた。 ▽今シーズンに横浜F・マリノスから加入したファビオ。明治安田生命J1リーグではここまで22試合に出場して1ゴールを記録している。 2017.09.20 17:19 Wed
twitterfacebook
thumb

チェ・ヨンス氏、FC東京含むJ複数クラブからの関心に興味「Jを経験することも悪くはない」

▽かつてJリーグや韓国代表で活躍したチェ・ヨンス氏が、FC東京らJリーグのクラブからオファーを受けていることを認めた。韓国『news1』が報じている。 ▽チェ・ヨンス氏は、現役時代にジェフユナイテッド市原(元・ジェフユナイテッド千葉)や京都パープルサンガ(現・京都サンガF.C.)、ジュビロ磐田でプレー。現役引退後は、FCソウルでコーチを経験したのち、2011年に同クラブの監督に就任すると、2013年にはAFCチャンピオンズリーグ準優勝を経験した。2016年7月からは中国の江蘇蘇寧で指揮していたが、今年6月に解任され、現在はフリーとなっている。 ▽伝えられるところによると現在、チェ・ヨンス氏の今後の去就として韓国代表U-23を指揮することが有力視されている模様。そんな中、同氏はFC東京を含めたJリーグの複数クラブから関心が寄せられており、自身も日本での監督業に興味を持っていることを示唆している。 「多くの選択肢があり、悩んでいる。個人的にも次の選択は非常に重要だと思っている。自分自身を振り返りながら、慎重に決定しようと思う」 「FC東京を含めて、Jリーグのいくつかのクラブから関心が寄せられている。ありがたいことだ。韓国や中国で監督を経験したことで、次にJリーグを経験することも悪くはないと思っている。ただ、他の選択肢もある。次のチームでは、必ず結果を出さなくてはいけないというプレッシャーがある」 2017.09.20 15:37 Wed
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ出場停止情報】J1は鹿島DF三竿健斗、浦和MF青木拓矢らが出場停止…J2は福岡FWウェリントンら9名が出場停止

▽Jリーグは19日、明治安田生命J1リーグ第27節、明治安田生命J2リーグ第34節、第35節、明治安田生命J3リーグ第24節の出場停止選手を発表した。 ▽J1では、鹿島アントラーズのDF三竿健斗、浦和レッズのMF青木拓矢、サガン鳥栖のDF吉田豊ら5名が出場停止。J2では、3位につけるアビスパ福岡のFWウェリントンの他、東京ヴェルディのMF高木善朗や名古屋グランパスのFWシモビッチら9名が出場停止となる。 ▽J3では、グルージャ盛岡のDF垣根拓也、藤枝MYFCのDF浅田大樹、ギラヴァンツ北九州のDF福森健太、FC東京U-23のDF山田将之が出場停止となる。 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J1リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">MF三竿健斗</span>(鹿島アントラーズ) 明治安田生命J1リーグ 第27節 vsガンバ大阪(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF青木拓矢</span>(浦和レッズ) 明治安田生命J1リーグ 第27節 vsサガン鳥栖(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF橋爪勇樹</span>(ヴァンフォーレ甲府) 明治安田生命J1リーグ 第27節 vs横浜F・マリノス(9/23) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWドウグラス・タンキ</span>(アルビレックス新潟) 明治安田生命J1リーグ 第27節 vsコンサドーレ札幌(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF吉田豊</span>(サガン鳥栖) 明治安田生命J1リーグ 第27節 vs浦和レッズ(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J2リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">DF菅沼駿哉</span>(モンテディオ山形) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vsロアッソ熊本(9/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF佐藤勇人</span>(ジェフユナイテッド千葉) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vsV・ファーレン長崎(9/24) 今回の停止:1試合停止(2/2) <span style="font-weight:700;">MF高木善朗</span>(東京ヴェルディ) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vs名古屋グランパス(9/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">MF井上裕大</span>(FC町田ゼルビア) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vs徳島ヴォルティス(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF石田崚真</span>(ツエーゲン金沢) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vs大分トリニータ(9/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWシモビッチ</span>(名古屋グランパス) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vs東京ヴェルディ(9/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">FW片山瑛一</span>(ファジアーノ岡山) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vsカマタマーレ讃岐(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWレオナルド・ラモス</span>(レノファ山口) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vs松本山雅FC(9/24) 今回の停止:1試合停止 <span style="font-weight:700;">FWウェリントン</span>(アビスパ福岡) 明治安田生命J2リーグ 第34節 vsFC岐阜(9/24) 今回の停止:2試合停止(2/2) <span style="font-weight:700;">【明治安田生命J3リーグ】</span> <span style="font-weight:700;">DF垣根拓也</span>(グルージャ盛岡) 明治安田生命J3リーグ 第24節 vsアスルクラロ沼津(9/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF浅田大樹</span>(藤枝MYFC) 明治安田生命J3リーグ 第24節 vsガイナーレ鳥取(9/24) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF福森健太</span>(ギラヴァンツ北九州) 明治安田生命J3リーグ 第24節 vsセレッソ大阪U-23(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 <span style="font-weight:700;">DF山田将之</span>(FC東京U-23) 明治安田生命J3リーグ 第24節 vs福島ユナイテッドFC(9/23) 今回の停止:警告の累積による1試合停止 2017.09.19 20:30 Tue
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース