【2017 J1チーム診断】ネルシーニョ体制3年目で目指すは2年連続のクラブ最高順位更新と初タイトル《ヴィッセル神戸》2017.02.24 17:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回はネルシーニョ体制3年目で悲願の初タイトルを目指すヴィッセル神戸編をお届けする。

◆噂の大物獲得先送りも悲願の初タイトルに向け充実補強
▽ストーブリーグを賑わせた元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの獲得は、今夏に先送りとなった模様だ。しかし、それぞれ鹿島アントラーズ、ジュビロ磐田へ旅立ったFWペドロ・ジュニオール、DF高橋祥平の後釜にFW田中順也、MFウエスクレイ、DF渡部博文ら実力者を補強。加えて、ガンバ大阪から両サイドでプレー可能なサイドアタッカーのMF大森晃太郎、日本代表歴もあるマルチロールプレーヤーのMF高橋秀人らを獲得し、質と量を兼ね備えたスカッドの構築に成功している。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽新シーズンの注目ポイントは、今冬の積極補強で充実の戦力を与えられたJリーグ屈指の名将の采配だ。昨シーズン、攻守にバランスの取れた戦いで2ndステージを2位で終えるなど、クラブ史上最高位となる年間7位でフィニッシュした神戸は、来る新シーズンに悲願の初タイトルを目指す。巨大戦力を誇る鹿島や浦和レッズなど、その他の優勝候補に比べて選手層の面では劣るものの、神戸には卓越したマネジメント力、勝負勘、戦術眼を武器に、これまで多くのタイトルを獲得してきたブラジル人指揮官の存在という強烈なストロングポイントがある。

▽新シーズンに向けては自身の戦術を知り抜く渡部、田中ら教え子に加え、複数のタスクをこなせる大森や高橋といった実力者が加入しており、複数のシステムや状況に応じた用兵を得意とするネルシーニョ監督の持ち味が遺憾なく発揮できる環境が整った。前述の新戦力とFWレアンドロやGKキム・スンギュらJ屈指のタレント、伸び盛りの有望な若手をうまく融合させることができれば、同じく就任3年目でJ1制覇を成し遂げた柏レイソル時代の再現は十分に可能だ。

◆予想フォーメーション[4-4-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:キム・スンギュ
DF:高橋峻希、岩波拓也、渡部博文、橋本和
MF:三原雅俊、藤田直之、ニウトン、渡邉千真
FW:レアンドロ、田中順也 >▽昨シーズンと同様に[4-4-2]、[4-3-3]、[3-4-2-1]の3つの布陣を併用する見込みだが、基本フォーメーションは[4-4-2]となる見込みだ。スタメンに関しては、守護神と最終ライン、MFニウトン、FWレアンドロは当確として、それ以外のポジションに関しては、新戦力の見極めを含めて流動的な起用法となるはずだ。とりわけ、レアンドロとニウトンの相棒、両サイドハーフは、熾烈なポジション争いが繰り広げられており、新戦力のMF高橋秀人、大森、田中、ウエスクレイらには、積極的なアピールが求められる。

◆期待の新戦力
Getty Images
FW田中順也(日本)
1987年7月15日(29歳)
2016シーズン(J1):21試合4得点
▽ストーブリーグを賑わせたポドルスキではなく、同じパンチ力のある左足のキックを武器に和製ポドルスキと評される田中に注目したい。昨シーズンはスポルティング・リスボンから鳴り物入りで古巣柏レイソルに期限付き移籍で復帰した田中だが、下平監督の下で若手を中心に据えたスカッドの中で思うように出場機会を得ることができなかった。恩師ネルシーニョ監督の下で再起を図る今シーズンは、レアンドロの相棒や左右のサイドハーフのポジションでのプレーを通じ、リーグ13ゴールを記録して柏の初優勝に貢献した時代の輝きを取り戻したい。

◆キープレーヤー
Getty Images
GKキム・スンギュ(韓国)
1990年9月30日(26歳)
2016シーズン(J1):34試合0得点
▽昨シーズンの得点王レアンドロが攻撃の軸ならば、守備の軸は神戸2年目を迎える絶対的守護神キム・スンギュだ。昨シーズン、蔚山現代から神戸に加入したキム・スンギュは、高い身体能力と優れた判断力、確かなテクニックを武器に、圧巻のゴールキーピングを披露し、全試合フル出場を果たした。そして、Jリーグ屈指の総合力を誇る頼れる守護神は、第2GK山本海人のジェフユナイテッド千葉移籍で選手層に不安を抱えるチームで今季もフル稼働の活躍が期待される。また、神戸が悲願のタイトルを獲得するためには、昨季の43失点からさらに失点を減らす必要があり、最終ラインとの連係を深めて昨季以上の堅守を築きたい。

コメント

関連ニュース

thumb

【Jリーグ移籍情報/1月17日】50歳のゴン中山が契約更新! J1昇格に貢献した湘南FWジネイは甲府へ…昨年のCWCに出場したFWが岐阜加入

▽1月17日(水)に決定した、Jリーグの移籍情報を全てまとめて紹介。 ▽主な動向では、昨シーズンの明治安田生命J2リーグで12ゴールを記録して湘南ベルマーレのJ1昇格に貢献したFWジネイがJ2降格のヴァンフォーレ甲府へ移籍。一方で甲府FWドゥドゥがアビスパ福岡に加入した。 ▽また、アルビレックス新潟MF成岡翔がSC相模原に加入。FC岐阜はクラブ・ワールドカップにも出場したオークランド・シティからFWライアン・デ・フリースを獲得している。そうした中、アスルクラロ沼津のFW中山雅史が契約を更新し、50歳での現役続行を決断した。 ▽1月17日(水) 【J1】 ◆湘南ベルマーレ 《OUT》 FWジネイ(34) [ヴァンフォーレ甲府→完全移籍] ◆ヴィッセル神戸 《OUT》 MF田中英雄選手(34) [契約満了] 【J2】 ◆ジェフユナイテッド千葉 《OUT》 MF仲村京雅(21) [Y.S.C.C.横浜→完全移籍] ◆ヴァンフォーレ甲府 《IN》 FWジネイ(34) [湘南ベルマーレ←完全移籍]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180117_zinei.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《OUT》 FWドゥドゥ(27) [アビスパ福岡→期限付き移籍] ◆アルビレックス新潟 《OUT》 MF成岡翔(33) [SC相模原→完全移籍] ◆FC岐阜 《IN》 FWライアン・デ・フリース(26) [オークランド・シティ(ニュージーランド)←完全移籍]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180117_raian.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ◆徳島ヴォルティス 《IN》 GKカルバハル(29) [アルバセテ・バロンビエ(スペイン)←期限付き移籍内定]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180117_karuba.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ◆アビスパ福岡 《IN》 FWドゥドゥ(27) [ヴァンフォーレ甲府←期限付き移籍]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180117_dudu.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> 《OUT》 FWウィリアン・ポッピ(23) [契約解除] 【J3】 ◆グルージャ盛岡 《OUT》 MF井上丈(23) [コバルトーレ女川(JFL)→完全移籍] ◆ザスパクサツ群馬 《OUT》 DFチェ・ジュンギ(23) [城南FC(韓国)→完全移籍] FWカン・スイル(30) [ラチャブリFC(タイ)→完全移籍] ◆Y.S.C.C.横浜 《IN》 MF仲村京雅(21) [ジェフユナイテッド千葉←完全移籍] 《契約更新》 DF上田航平(19) FW金子大晟(19) ◆SC相模原 《IN》 MF成岡翔(33) [アルビレックス新潟←完全移籍]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180117_naruoka.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ◆AC長野パルセイロ 《OUT》 GK武田大(28) [アルティスタ東御(北信越1部)→完全移籍] ◆アスルクラロ沼津 《契約更新》 FW中山雅史(50)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180117_nakayama.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ◆ガイナーレ鳥取 《IN》 FWレオナルド(20) [サントス(ブラジル)←完全移籍] 《OUT》 DF亀島周(24) [東京23FC(関東1部)→完全移籍] 2018.01.18 08:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ACL制覇の立役者、浦和FWラファエル・シルバが中国2部移籍のためチームを離脱

▽浦和レッズは17日、ブラジル人FWラファエル・シルバ(25)が中国2部の武漢卓爾職業足球倶楽部からオファーを受け、メディカルチェックのためチームを離脱することを発表した。 ▽浦和は、現在沖縄県にて一次トレーニングキャンプを実施。ラファエル・シルバも参加していたが、チームを離れ、中国へ渡り、移籍のためにメディカルチェックを受けるとのことだ。 ▽ラファエル・シルバの移籍について浦和は、クラブ公式サイトを通じて声明を発表。「先方クラブからのオファーが、設定されている移籍補償金を支払う条件となっていることや選手がオファーを受け入れる意思を強く示していることなどから、チーム、クラブはこれを受け入れることといたしました。正式に移籍が決まり次第、あらためて、みなさまにお知らせいたします」としている。 ▽ラファエル・シルバは、2014年8月にアルビレックス新潟へと加入。2017年から浦和に移籍すると、明治安田生命J1リーグで25試合に出場し12得点、YBCルヴァンカップで2試合に出場、天皇杯で1試合に出場。AFCチャンピオンズリーグでは11試合に出場し9得点を記録し、チームの10年ぶりのアジア制覇に貢献していた。 ▽武漢卓爾は、2016年からユベントスやイタリア代表としても活躍したチーロ・フェラーラ監督が指揮を執っており、2017年はエバートンや中国代表で活躍した李鉄監督が指揮を執っていた。昨シーズンの中国2部では、5位に終わっていた。かつては、浦和や湘南ベルマーレでプレーしたMFアジエルや大宮アルディージャに所属していた元韓国代表MFチョ・ウォニらも在籍していた。 2018.01.17 18:50 Wed
twitterfacebook
thumb

“黄金世代”小野伸二・高原直泰・稲本潤一が再会! 「出会いは14歳くらいからかなぁ」「まだまだこれからやぁ」

▽日本サッカーの一時代を築いた“黄金世代”の3人が再会を果たしたようだ。 ▽それは九州サッカーリーグに所属する沖縄SVを設立し、代表兼監督兼選手を務める元日本代表FW高原直泰が、沖縄で1次キャンプを行っているコンサドーレ札幌の練習を訪問したことで実現。年代別日本代表やA代表で共に戦い、切磋琢磨してきた札幌の元日本代表MF小野伸二と元日本代表MF稲本潤一と旧交を温めた。 ▽その様子を小野は自身のオフィシャルブログで報告。「刺激しあってきた3人組で」とのコメントと共に3ショットの写真を掲載し、以下のように再会を振り返った。※絵文字省略 「今日はスペシャルゲストがトレーニングを観にきてくれました」 「この3人の出会いは14歳くらいからかなぁ もう24年かぁ 月日が経つのも早いもんだ まだまだお互い刺激しあいながら頑張ろう」 ▽また、稲本も自身のインスタグラム(junichi_inamoto17)で再会を果たしことを報告している。※絵文字省略 「久しぶりの3人 かれこれ中学生からの友達 もう38歳! まだまだこれからやぁ〜」 ▽小野、高原、稲本らの年代は1994年に開催されたU-16アジアユース選手権優勝をきっかけに黄金世代と呼ばれることに。黄金世代は1999年に当時A代表の監督と兼任していたフィリップ・トルシエ監督と共にワールドユース選手権で準優勝、2000年のシドニーオリンピックでベスト8(小野はケガのため不参加)、2002年の日韓・ワールドカップでは初の決勝進出となるベスト16という成績を収めており、個人としても海外で活躍するなど日本サッカー界をけん引してきた。 2018.01.17 15:03 Wed
twitterfacebook
thumb

柏のGK練習に野球のバット!? 反射神経を養う独特な練習方法とは

▽柏レイソルのGK練習では独特なトレーニング方法が行われているようだ。 ▽それは柏レイソルのオフィシャルマスコット・レイくんが、公式のツイッターアカウントを用いて投稿された動画から発覚。その練習方法は、松本拓也GKコーチが野球のバットでサッカーのリフティングボールをノックし、フリーキックの練習に用いられる壁の下を通してそれにGKが反応するというもの。ボールの打ち所が壁によってブラインドになっているため、反射神経が養われそうだ。 ▽また、ツイッターのハッシュタグからどうやら松本GKコーチは、中学時代まで野球の有力選手だった模様だ。柏レイソルに所属するGK桐畑和繁、GK滝本晴彦、GK猿田遥己、GK中村航輔は、全員が柏U-18出身。松本GKコーチは、2015年にトップチームのGKコーチに就任するまで下部組織のGKコーチを務めていたが、こういうユニークな練習や発想が優秀なGKを生んでいるのかもしれない。 2018.01.17 15:00 Wed
twitterfacebook
thumb

神戸MF田中英雄が契約満了で退団「全ての人に感謝!Ciao!」

▽ヴィッセル神戸は17日、MF田中英雄(34)と契約満了に伴い新シーズンの契約を更新しないことを発表した。 ▽2005年に鹿屋体育大から神戸に加入した田中は、2014年に京都サンガF.C.に期限付きで移籍するも翌年から神戸に復帰。昨シーズンの明治安田生命J1リーグでは5試合1ゴールをマークした。 ▽退団が決まった田中は、クラブ公式サイト上で次のようにコメントしている。 「ヴィッセル神戸に関わり、トモに闘った監督、コーチ、スタッフ、選手、スポンサー、そして、どんな時も支え続けてくれたサポーターの皆さん、今まで本当にありがとうございました。僕を成長させてくれたチームとみんなに感謝するとともにヴィッセル神戸でプレー出来たことを嬉しく思います。今シーズンは一緒に戦うことはできませんが、新たなステージに進みチャレンジしたいと思います。そして、ヴィッセル神戸が更なる飛躍することを願っています。ヴィッセル神戸に関わる、全ての人に感謝!Ciao!」 2018.01.17 10:14 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース