【2017 J1チーム診断】ネルシーニョ体制3年目で目指すは2年連続のクラブ最高順位更新と初タイトル《ヴィッセル神戸》2017.02.24 17:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回はネルシーニョ体制3年目で悲願の初タイトルを目指すヴィッセル神戸編をお届けする。

◆噂の大物獲得先送りも悲願の初タイトルに向け充実補強
▽ストーブリーグを賑わせた元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの獲得は、今夏に先送りとなった模様だ。しかし、それぞれ鹿島アントラーズ、ジュビロ磐田へ旅立ったFWペドロ・ジュニオール、DF高橋祥平の後釜にFW田中順也、MFウエスクレイ、DF渡部博文ら実力者を補強。加えて、ガンバ大阪から両サイドでプレー可能なサイドアタッカーのMF大森晃太郎、日本代表歴もあるマルチロールプレーヤーのMF高橋秀人らを獲得し、質と量を兼ね備えたスカッドの構築に成功している。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽新シーズンの注目ポイントは、今冬の積極補強で充実の戦力を与えられたJリーグ屈指の名将の采配だ。昨シーズン、攻守にバランスの取れた戦いで2ndステージを2位で終えるなど、クラブ史上最高位となる年間7位でフィニッシュした神戸は、来る新シーズンに悲願の初タイトルを目指す。巨大戦力を誇る鹿島や浦和レッズなど、その他の優勝候補に比べて選手層の面では劣るものの、神戸には卓越したマネジメント力、勝負勘、戦術眼を武器に、これまで多くのタイトルを獲得してきたブラジル人指揮官の存在という強烈なストロングポイントがある。

▽新シーズンに向けては自身の戦術を知り抜く渡部、田中ら教え子に加え、複数のタスクをこなせる大森や高橋といった実力者が加入しており、複数のシステムや状況に応じた用兵を得意とするネルシーニョ監督の持ち味が遺憾なく発揮できる環境が整った。前述の新戦力とFWレアンドロやGKキム・スンギュらJ屈指のタレント、伸び盛りの有望な若手をうまく融合させることができれば、同じく就任3年目でJ1制覇を成し遂げた柏レイソル時代の再現は十分に可能だ。

◆予想フォーメーション[4-4-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:キム・スンギュ
DF:高橋峻希、岩波拓也、渡部博文、橋本和
MF:三原雅俊、藤田直之、ニウトン、渡邉千真
FW:レアンドロ、田中順也 >▽昨シーズンと同様に[4-4-2]、[4-3-3]、[3-4-2-1]の3つの布陣を併用する見込みだが、基本フォーメーションは[4-4-2]となる見込みだ。スタメンに関しては、守護神と最終ライン、MFニウトン、FWレアンドロは当確として、それ以外のポジションに関しては、新戦力の見極めを含めて流動的な起用法となるはずだ。とりわけ、レアンドロとニウトンの相棒、両サイドハーフは、熾烈なポジション争いが繰り広げられており、新戦力のMF高橋秀人、大森、田中、ウエスクレイらには、積極的なアピールが求められる。

◆期待の新戦力
Getty Images
FW田中順也(日本)
1987年7月15日(29歳)
2016シーズン(J1):21試合4得点
▽ストーブリーグを賑わせたポドルスキではなく、同じパンチ力のある左足のキックを武器に和製ポドルスキと評される田中に注目したい。昨シーズンはスポルティング・リスボンから鳴り物入りで古巣柏レイソルに期限付き移籍で復帰した田中だが、下平監督の下で若手を中心に据えたスカッドの中で思うように出場機会を得ることができなかった。恩師ネルシーニョ監督の下で再起を図る今シーズンは、レアンドロの相棒や左右のサイドハーフのポジションでのプレーを通じ、リーグ13ゴールを記録して柏の初優勝に貢献した時代の輝きを取り戻したい。

◆キープレーヤー
Getty Images
GKキム・スンギュ(韓国)
1990年9月30日(26歳)
2016シーズン(J1):34試合0得点
▽昨シーズンの得点王レアンドロが攻撃の軸ならば、守備の軸は神戸2年目を迎える絶対的守護神キム・スンギュだ。昨シーズン、蔚山現代から神戸に加入したキム・スンギュは、高い身体能力と優れた判断力、確かなテクニックを武器に、圧巻のゴールキーピングを披露し、全試合フル出場を果たした。そして、Jリーグ屈指の総合力を誇る頼れる守護神は、第2GK山本海人のジェフユナイテッド千葉移籍で選手層に不安を抱えるチームで今季もフル稼働の活躍が期待される。また、神戸が悲願のタイトルを獲得するためには、昨季の43失点からさらに失点を減らす必要があり、最終ラインとの連係を深めて昨季以上の堅守を築きたい。

コメント

関連ニュース

thumb

仙台が4得点大勝! C大阪はホームで手痛い連敗に…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節のセレッソ大阪とベガルタ仙台の試合が23日にキンチョウスタジアムで行われ、4-1で仙台が勝利した。 ▽4位のC大阪(勝ち点48)は前節、残留争い中のサンフレッチェ広島に0-1で敗北。それでも、ミッドウィークの天皇杯には控え主体のメンバーで臨み、コンディション面に不安はない。首位追走に向けて仕切り直しとなる今節、C大阪は前節からスタメンを変更せず。同様のメンバーを送り出した。 ▽対する12位の仙台(勝ち点32)は、前節のFC東京戦で0-1の敗北を喫している。それでも、直近の5戦でみれば3勝2敗と徐々に調子は上がっている。仙台は前節からスタメンを2名変更。シュミット・ダニエル、西村に代えて、関、梁勇基を送り出した。 ▽試合開始早々にC大阪にチャンスが訪れた。1分、右サイド深くでボールを受けた水沼がボックス内にクロスを供給。待ち構えていた杉本がボレーで合わせたが、GKにキャッチされた。10分には、杉本がボックス右をドリブルで突破。中に折り返したところ、ニアで待っていた山村がDFとの競り合いで潰され、こぼれたボールが柿谷の足元に。フリーでシュートを放ったが、大きく枠を外れた。 ▽仙台は細かくパスを繋ぎ応戦するものの、シュートチャンスはなかなか訪れず。21分には、左サイド深くに侵攻した野津田がクロスを上げたが、反応した梁勇基は足をもつれさせ、シュートまで持ち込むことができず。好機を逸することとなった。 ▽試合が動いたのは前半終了間際、42分だった。三田が左サイド高い位置から上げたクロスは、ボックスを通り過ぎ右サイドの古林の下に。古林が中央にグラウンダーのパスを送ると、石原が右足でダイレクトシュート。先制に成功した。 ▽追いつきたいC大阪は、直後の44分にチャンスを迎えた。カウンターの場面から山村がボックス内でGKとの一対一に。右足を振り抜いたが、シュートはポストに阻まれた。前半の内に同点にすることはできず。試合は仙台のリードで折り返すことになった。 ▽後半は、開始早々からC大阪が攻勢をかけた。47分、味方のフィードを最前線で拾った山村が、再びGKとの一対一となった。至近距離から左足でシュートを放ったが、GK関のファインセーブに阻まれた。 ▽山村や杉本をターゲットにして猛攻をかけるC大阪に対し、仙台はラインを下げ、守備に人数を割いて対応。なかなかゴールを割ることができないC大阪の攻勢がさらに強まると、仙台のカウンターが火を吹いた。ボックス手前右でボールを受けた古林が速いクロスを供給すると、左サイドでフリーとなっていた野津田に渡る。トラップ際にやや浮いたボールに対し、左足アウトサイドで振り抜き、追加点とした。 ▽それでも74分、C大阪が1点を返した。ボックス手前でボールを受けた杉本が鋭いターンでDFを剥がし、ボックス内右に侵攻。強烈なシュートを放つと、反応したGK関が一度は弾いたが、詰めていた水沼が押し込んだ。 ▽しかし、C大阪が得点を決めた3分後に、仙台が点差を元に戻した。77分、ボックス手前右で獲得したFKから梁勇基がファーに高い弾道のクロスを上げた。推橋が頭で合わせると、ボールは放物線を描いてGKの頭上を越え、ゴールに吸い込まれた。 ▽さらに、試合終了間際の90分、仙台が4点目を奪い切った。C大阪が前がかりになったところで、再び仙台のカウンターが発動。ボールを奪取した西村が、ドリブルでボックス手前まで持ち上がりスルーパスを送る。ボックス内左でフリーとなっていた野沢がパスを受け、右足で巻くようなシュート。ボールは弧を描きつつ、ゴール右端に決まった。 ▽直後に試合が終了。C大阪から4得点を奪って勝利した仙台(勝ち点35)は、順位こそ12位で変動しないものの、13位・清水エスパルス(勝ち点28)との勝ち点差を「7」に広げた。対するC大阪(勝ち点48)は連敗となり、3位・柏レイソル(勝ち点53)との勝ち点差を「5」に広げる結果となった。 2017.09.23 21:04 Sat
twitterfacebook
thumb

大島が負傷交代の川崎F、神戸にドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節のヴィッセル神戸vs川崎フロンターレが23日にノエビアスタジアム神戸で行われ、0-0で終了した。 ▽ここまで11勝3分け12敗で11位の神戸と、首位の鹿島アントラーズから勝ち点6差の2位につける川崎Fが対戦した。神戸は、2-0で勝利した前節の北海道コンサドーレ札幌戦と同様の先発を起用。一方の川崎Fは、0-3で勝利した前節の清水エスパルス戦から長谷川と森谷に代えてエドゥアルド・ネットと阿部を起用した。 ▽先に決定機を迎えたのは神戸だった。8分、ボックス右手前でポドルスキが左足でクロスを入れると、正面の田中順がヘッド。このヘディングシュートが枠を捉えるも、GKチョン・ソンリョンのビッグセーブに遭って先制点とはならない。 ▽ハーフタイムにかけては好勝負が展開される。より前に出て行ったのは中村を中心に仕掛ける川崎Fだが、神戸の守備陣も粘り強く対応して得点を許さない。結局、オープンな展開も両者ゴールチャンスの少なかった前半はゴールレスのまま終了する。 ▽迎えた後半、川崎Fは55分にアクシデント。負傷でプレー続行不可能となった大島が担架でピッチを後にすることになり、代わりに森谷が投入される。 ▽すると、ペースを掴み始めた神戸が決定機を迎える。味方浮き球パスをゴールエリア右付近の渡邉がハーフボレー気味に叩く。しかし、ニアサイドを狙ったこのシュートは右ポストに直撃し、先制点とはならない。 ▽終盤にかけても一進一退の攻防が続く。川崎Fは78分、カウンターから最後はゴール正面の森谷が枠内シュートに持ち込む。だが、これはコースが甘く、神戸GKキム・スンギュのセーブに阻まれる。対する神戸は85分、ゴールエリア左付近のポドルスキが枠内シュートに持ち込むも、GKチョン・ソンリョンも好セーブを披露して得点を許さない。 ▽結局、試合は最後までスコアが動かないまま試合終了。両者が勝ち点を分け合っている。 2017.09.23 20:55 Sat
twitterfacebook
thumb

勝負強さでG大阪を上回った鹿島、植田の劇的弾で5連勝《J1》

▽23日に県立カシマサッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第27節の鹿島アントラーズvsガンバ大阪は、ホームの鹿島が2-1で勝利した。 ▽首位の鹿島が7位のG大阪をホームで迎え撃った。ホーム6戦連続で完封勝利中の鹿島は現在4連勝中。三竿健斗が出場停止のボランチには、小笠原をベンチに置き、レオ・シルバと永木のセットを並べた。一方、2戦未勝利中のG大阪は、ファビオとアデミウソンが負傷欠場。先の天皇杯を登録上の関係で欠場したファン・ウィジョが先発復帰を果たした。 ▽試合は、序盤から潰し合う激しい展開となる。その中で、カシマ3連勝中のG大阪がまず先制。7分、GK東口のフィードからバイタルエリア右のファン・ウィジョが昌子を背にボールを収め、ボックス右に差し掛かったところで間髪入れずに右足を一閃。これがGK曽ヶ端の意表を突いてゴール右隅に突き刺さり、G大阪が敵地で先取した。 ▽リードを許した鹿島は、焦ることなく、サイドに流れてタメを作る金崎を軸にボールの主導権を握って反撃。15分には、土居がG大阪ゴールに襲いかかる。左サイドの敵陣中央から山本が右足で正確なクロスを上げると、中央のスペースから土居がヘディング。これが枠の右隅に飛ぶが、GK東口のファインセーブに阻まれてしまう。 ▽ディフェンスに重きを置きながらカウンター主体の仕掛けで追加点を目指したG大阪も、26分に厚みのある攻撃を展開する。井手口がシュートを放てば、その直後に相手のミスを突き、右サイドのクロスから倉田がヘディング。そうした状況の中で、前線からの連動した守備が効力を発揮し始めると、試合の流れも徐々にG大阪ペースとなる。 ▽このままハーフタイムを迎えたいG大阪だったが、前半アディショナルタイム1分に泉澤が中村をボックス内で倒して、鹿島にPKのチャンスを献上。キッカーを務めた金崎のシュートはGK東口に阻まれたものの、左ポストを叩いたボールの跳ね返りに素早く反応したレアンドロが冷静に押し込み、鹿島が土壇場で追いついた。 ▽前半のうちに試合を振り出しに戻した鹿島は、ハーフタイム明けから長沢を投入したG大阪を相手に、迎えた後半も主導権を掌握する。一方的な展開に持ち込んだが、最後の精度を欠き、なかなかGK東口の牙城を打ち破れない。すると、鹿島は67分に安部を投入。同じタイミングで初瀬を起用したG大阪により圧力をかけていく。 ▽重たい流れを変えられないまま後半アディショナルタイムを迎えた鹿島だったが、最後の最後で勝負強さを発揮。同2分、キッカーの永木が右CKから中央にクロスを送る。ゴール前に飛び込んだ植田が打点の高いヘディングをゴール右にたたき込み、鹿島が逆転した。このままG大阪を下した鹿島が底力を見せつける形で5連勝を飾っている。 2017.09.23 20:55 Sat
twitterfacebook
thumb

イッペイ・シノヅカのデビュー弾も横浜FM敗戦…ドゥドゥ躍動の甲府が7戦ぶり白星!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第27節のヴァンフォーレ甲府vs横浜F・マリノスが23日に山梨中銀スタジアムで行われ、3-2で甲府が勝利した。 ▽ここまで4勝9分け13敗で降格圏の16位に位置する甲府と、14勝6分け6敗で5位につける横浜FMが激突した。甲府は1-2で敗れた前節のサガン鳥栖戦から橋爪と兵働に代えて島川と小出を起用。一方の横浜FMは、1-1で引き分けた前節の柏レイソル戦からパク・ジョンス、富樫に代えてミロシュ・デゲネクとウーゴ・ヴィエイラを起用した。 ▽残留争い中のライバルである北海道コンサドーレ札幌とサンフレッチェ広島が勝ち点を得たことで勝ち点3が欲しい甲府に対して、横浜FMも優勝を狙っていく上で白星が必要な一戦となった。 ▽試合は12分に甲府が最初の決定機をモノにする。ショートカウンターからペナルティアーク付近のリンスが右足を一閃。このミドルシュートは左ポストに直撃したが、正面に跳ね返ったボールをドゥドゥが押し込み、甲府が先手を取った。 ▽先行された横浜FMは、さらに16分にアクシデント。負傷の金井がプレー続行不可能となり、松原との交代でピッチを後にする。 ▽ハーフタイムにかけても、得点により勢いづいた甲府が集中した守備と縦に速い攻撃を繰り出しながら試合を優位に進め、1点リードのまま前半を終える。 ▽迎えた後半、横浜FMは立ち上がりにボックス右に流れたウーゴ・ヴィエイラがハーフボレーを放つ。しかし、ファーを狙ったシュートは枠を捉えきれない。 ▽すると、相手のミスを突いた甲府が2点目を挙げる。デゲネクの味方へのバックパスが乱れると、これを掻っ攫ったドゥドゥが独走してGK飯倉と一対一に。冷静にこの一対一を制したドゥドゥの2発目で甲府がリードを広げた。 ▽苦しい状況となった横浜FMだが、早い段階で1点を返すことに成功する、58分、左サイドで縦突破を仕掛けたマルティノスがクロス。これに正面で飛び込んだウーゴ・ヴィエイラが胸でゴールに押し込み、横浜FMが2-1の1点差に詰め寄る。 ▽勢いに乗る横浜FMは、やや足を痛めた様子もプレーを続けていた齋藤を下げて、これがデビュー戦となる元U-18ロシア代表のイッペイ・シノヅカを投入する。 ▽しかし、次の得点は甲府だった。79分、ボールに反応してボックス右に走り込んだドゥドゥがGK飯倉に倒されてPKを獲得。これをリンスがきっちりと決めて、甲府がスコアを3-1とした。 ▽その後は横浜FMが攻め込むと、アディショナルタイム5分にはFKの流れからゴール正面のイッペイ・シノヅカがこぼれ球を押し込んでデビュー弾を決めるも、反撃はここまで。甲府が7試合ぶりとなる白星を手にした一方、横浜FMは逆転優勝が遠のく敗戦となった。 2017.09.23 19:59 Sat
twitterfacebook
thumb

田川41秒弾含む2発の鳥栖と引き分けた浦和が3戦未勝利《J1》

▽23日に埼玉スタジアム2002で行われた明治安田生命J1リーグ第27節の浦和レッズvsサガン鳥栖は、2-2のドローに終わった。 ▽12勝4分け10敗で8位の浦和(勝ち点40)が10勝7分け9敗の9位につける鳥栖(同37)をホームで迎え撃った。ACL出場圏の3位滑り込みを狙う浦和は、現在2戦未勝利。アンカーには出場停止で欠場の青木拓矢に代わり、阿部勇樹が起用された。一方、シーズン2度目の連勝を見据える鳥栖は、左サイドバックのレギュラーである吉田が出場停止。代わって、三丸が同ポジションを務めた。 ▽浦和ボールでキックオフされた試合はわずか41秒で動く。小野のロングフィードからディフェンスラインの背後に抜け出した田川がボックス左から迷うことなく左足ボレー。これがGK西川の守るゴール右に突き刺さり、鳥栖があっさり先制した。電光石火の先制劇で良い入りを見せた鳥栖は、3分にも小野が右ポスト直撃の強烈なシュートでゴールに迫るなど、浦和を相手にチャンスを多く演出する。 ▽最悪の立ち上がりを強いられた浦和は、冷静さを保ちつつ、ボールポゼッションで攻撃のリズムを構築。なかなか攻め手を見いだせない時間が続く。その中で、25分に高木の強引なシュートから浦和にチャンス。ボックス左深くで相手GKの弾いたボールに反応した武藤が中央に折り返すと、阿部が頭で合わせる。だが、これはクロスバーに嫌われてしまう。 ▽前半の半ば以降も攻め立てた浦和だが、攻めあぐねた挙句の35分にも原川に右ポスト直撃のミドルシュートを許すなど、不安定な戦いを露呈。迎えた後半も攻撃に時間を割くが、なかなかゴールネットを揺らせない。その流れの中で、長澤、ズラタンを立て続けに投入。すると、74分には高木の右CKから中央のマウリシオが頭で合わせて、浦和がついに追いついた。 ▽ところが、80分には浦和が守備のミスを突かれてしまう。GK権田のパントキックを矢島がヘディングで処理するが、これが甘くなったところを見逃さなかった田川が反応。飛び出してきたGK西川の頭上を越えるシュートを無人のゴールマウスに流し込み、鳥栖が再びリードに成功した。 ▽ミスから再び追う展開を余儀なくされた浦和だが、最後の交代枠で梅崎を投入すると、85分に遠藤のクロスから武藤がへディング。いったんはGK権田にセーブされたものの、こぼれ球を武藤自ら詰めて、再び試合を振り出しに戻した。だが、これ以上の反撃は続かず、2-2の痛み分けに終わった。 2017.09.23 18:15 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース