【2017 J1チーム診断】ネルシーニョ体制3年目で目指すは2年連続のクラブ最高順位更新と初タイトル《ヴィッセル神戸》2017.02.24 17:45 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回はネルシーニョ体制3年目で悲願の初タイトルを目指すヴィッセル神戸編をお届けする。

◆噂の大物獲得先送りも悲願の初タイトルに向け充実補強
▽ストーブリーグを賑わせた元ドイツ代表FWルーカス・ポドルスキの獲得は、今夏に先送りとなった模様だ。しかし、それぞれ鹿島アントラーズ、ジュビロ磐田へ旅立ったFWペドロ・ジュニオール、DF高橋祥平の後釜にFW田中順也、MFウエスクレイ、DF渡部博文ら実力者を補強。加えて、ガンバ大阪から両サイドでプレー可能なサイドアタッカーのMF大森晃太郎、日本代表歴もあるマルチロールプレーヤーのMF高橋秀人らを獲得し、質と量を兼ね備えたスカッドの構築に成功している。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽新シーズンの注目ポイントは、今冬の積極補強で充実の戦力を与えられたJリーグ屈指の名将の采配だ。昨シーズン、攻守にバランスの取れた戦いで2ndステージを2位で終えるなど、クラブ史上最高位となる年間7位でフィニッシュした神戸は、来る新シーズンに悲願の初タイトルを目指す。巨大戦力を誇る鹿島や浦和レッズなど、その他の優勝候補に比べて選手層の面では劣るものの、神戸には卓越したマネジメント力、勝負勘、戦術眼を武器に、これまで多くのタイトルを獲得してきたブラジル人指揮官の存在という強烈なストロングポイントがある。

▽新シーズンに向けては自身の戦術を知り抜く渡部、田中ら教え子に加え、複数のタスクをこなせる大森や高橋といった実力者が加入しており、複数のシステムや状況に応じた用兵を得意とするネルシーニョ監督の持ち味が遺憾なく発揮できる環境が整った。前述の新戦力とFWレアンドロやGKキム・スンギュらJ屈指のタレント、伸び盛りの有望な若手をうまく融合させることができれば、同じく就任3年目でJ1制覇を成し遂げた柏レイソル時代の再現は十分に可能だ。

◆予想フォーメーション[4-4-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:キム・スンギュ
DF:高橋峻希、岩波拓也、渡部博文、橋本和
MF:三原雅俊、藤田直之、ニウトン、渡邉千真
FW:レアンドロ、田中順也 >▽昨シーズンと同様に[4-4-2]、[4-3-3]、[3-4-2-1]の3つの布陣を併用する見込みだが、基本フォーメーションは[4-4-2]となる見込みだ。スタメンに関しては、守護神と最終ライン、MFニウトン、FWレアンドロは当確として、それ以外のポジションに関しては、新戦力の見極めを含めて流動的な起用法となるはずだ。とりわけ、レアンドロとニウトンの相棒、両サイドハーフは、熾烈なポジション争いが繰り広げられており、新戦力のMF高橋秀人、大森、田中、ウエスクレイらには、積極的なアピールが求められる。

◆期待の新戦力
Getty Images
FW田中順也(日本)
1987年7月15日(29歳)
2016シーズン(J1):21試合4得点
▽ストーブリーグを賑わせたポドルスキではなく、同じパンチ力のある左足のキックを武器に和製ポドルスキと評される田中に注目したい。昨シーズンはスポルティング・リスボンから鳴り物入りで古巣柏レイソルに期限付き移籍で復帰した田中だが、下平監督の下で若手を中心に据えたスカッドの中で思うように出場機会を得ることができなかった。恩師ネルシーニョ監督の下で再起を図る今シーズンは、レアンドロの相棒や左右のサイドハーフのポジションでのプレーを通じ、リーグ13ゴールを記録して柏の初優勝に貢献した時代の輝きを取り戻したい。

◆キープレーヤー
Getty Images
GKキム・スンギュ(韓国)
1990年9月30日(26歳)
2016シーズン(J1):34試合0得点
▽昨シーズンの得点王レアンドロが攻撃の軸ならば、守備の軸は神戸2年目を迎える絶対的守護神キム・スンギュだ。昨シーズン、蔚山現代から神戸に加入したキム・スンギュは、高い身体能力と優れた判断力、確かなテクニックを武器に、圧巻のゴールキーピングを披露し、全試合フル出場を果たした。そして、Jリーグ屈指の総合力を誇る頼れる守護神は、第2GK山本海人のジェフユナイテッド千葉移籍で選手層に不安を抱えるチームで今季もフル稼働の活躍が期待される。また、神戸が悲願のタイトルを獲得するためには、昨季の43失点からさらに失点を減らす必要があり、最終ラインとの連係を深めて昨季以上の堅守を築きたい。

コメント

関連ニュース

thumb

【Jリーグ移籍情報/1月18日】横浜FMカイケがブラジルECバイーアに期限付き移籍! 長崎GK三浦雄也が28歳で現役引退を決断

▽1月18日(木)に決定した、Jリーグの移籍情報を全てまとめて紹介。 ▽昨シーズン、ブラジルのサントスへ期限付き移籍していた横浜F・マリノスのFWカイケは、同じくブラジルのECバイーアへの期限付き移籍が決まった。また昨年11月にV・ファーレン長崎との契約満了が発表されていたGK三浦雄也が現役引退を発表した。 ▽1月18日(水) 【J1】 ◆V・ファーレン長崎 《OUT》 GK三浦雄也(28) [引退] ◆横浜F・マリノス 《OUT》 FWカイケ(29) [ECバイーア→期限付き移籍] 【J3】 ◆ザスパクサツ群馬 《契約更新》 MF松下裕樹(36) ◆Y.S.C.C.横浜 《IN》 FW浅川隼人(22) [桐蔭横浜大学←完全移籍] 2018.01.19 08:00 Fri
twitterfacebook
thumb

オールドルーキー・梅崎、移籍の決め手は「自分がやりたいことができると感じた」

▽湘南ベルマーレは18日、2018シーズンの新体制を発表した。 ▽2017シーズンの明治安田生命J2リーグで優勝を果たし2年ぶりにJ1の舞台へ復帰した湘南。今オフに獲得した選手たちが新体制発表会に出席し、その後囲み取材に応じている。 ▽浦和レッズから湘南に加入した梅崎は移籍の決め手についてコメント。曺貴裁監督との会話の中から自身とフィーリングが合うように感じたことが1つの要因であることを明かした。 ◆梅崎司 ――見てもらいたいプレーは 「ゴールに絡んでいくプレーを見てもらいたいと思っています」 ――移籍の決め手は 「自分のプレーを見せたいと思っていた中で監督からお話をいただいて、チームの考えなどを聞いて、自分がやりたいことができるなと感じました。成長できると感じています」 ――これまでの経験をどのように伝えていきたいか 「考えていません。伝えられれば伝えますが、まずは自分がやることだと思います。監督も言っていましたかまだ、若いかベテランかは関係ないので、自分の成長のために、チームが勝つために還元したいと思います」 ――2018シーズンの目標は 「まずは自分の殻を破ること。自分自身が楽しんでプレーして、みなさんにも楽しんでもらえるようなプレーをしたいと思います」 2018.01.18 19:42 Thu
twitterfacebook
thumb

期待の新加入ステバノヴィッチ、セリエAでの経験は「プレーする姿で示す」

▽湘南ベルマーレは18日、2018シーズンの新体制を発表した。 ▽2017シーズンの明治安田生命J2リーグで優勝を果たし2年ぶりにJ1の舞台へ復帰した湘南。今オフに獲得した選手たちが新体制発表会に出席し、その後囲み取材に応じている。 ▽パルチザン・ベオグラードから湘南に加入したステバノヴィッチは、セリエAでもプレーした経験を持つ。その経験の伝え方について問われると「プレーする姿で示す」と、背中で語るべきだとの考えを明かした。 ◆FWアレン・ステバノヴィッチ ――見てもらいたいプレーは 「アレン・ステファノビッチです。中盤でプレーしていて、トップ下やサイドでプレーできます。まずは監督が求めている形をしっかりとやりたいと思っています。結果につながるようなプレー、積極的なプレーを見せたいです」 ――移籍の決め手は 「所属していたパルチザンとはあと半年契約が残っていました。しかし、湘南からオファーをもらった時に、彼らの熱意、熱い想いを感じて、ここに来ました」 ――セリエAなどでもプレーしていたが、その経験をどのように伝えたいか 「7年間イタリアでプレーをして、その間にセリエAでもプレーしました。その経験に関しては、自分がプレーする姿で見せたいと思っています。挑戦するためにこのチームに来たので、まずは結果を残すことだと思っています」 ――2018シーズンの目標は 「個人的な目標の設定はしていませんでし。チームでしっかり戦って勝つことが最優先です。そのためにこのチームに来ました。しっかりトレーニングをして、結果を出したいと思います」 2018.01.18 19:41 Thu
twitterfacebook
thumb

最年長選手のミキッチ2018年の目標は「1試合でも多く試合に出て契約延長を勝ち取ること」

▽湘南ベルマーレは18日、2018シーズンの新体制を発表した。 ▽2017シーズンの明治安田生命J2リーグで優勝を果たし2年ぶりにJ1の舞台へ復帰した湘南。今オフに獲得した選手たちが新体制発表会に出席し、その後囲み取材に応じている。 ▽サンフレッチェ広島を退団し湘南に加入したMFミキッチは2018年の目標についてコメント。契約延長を勝ち取るべく、1試合でも多くの試合に出場したいと意気込んだ。 ◆MFミキッチ ――見てもらいたいプレーは 「右サイドでプレーしています。広島で長くプレーしていましたが、ゴールに向かうプレーやアシストが特徴です」 ――湘南に加入した決め手は 「1つは湘南のフォーメーションです。あとは監督のビジョンを聞いた時に私の考えと一致したことが大きかったです。また、年齢的には上の選手ですが学びたい気持ちがあります。監督の下で成長できると感じました」 ――最年長選手としてその経験をどのように若い選手に伝えていくか 「若い選手が経験のある選手の話を全て聞き入れて来たわけではありません。何を言っているんだと思う選手もいるでしょう。なので私は積極的に何かを伝えるのではなく、姿勢などプレーで示したいと思います」 ――2018シーズンの目標は 「まずはケガなくリーグ戦を戦うこと。1試合でも多くの試合に出場して、結果を残し契約延長を勝ち取ることです」 2018.01.18 19:40 Thu
twitterfacebook
thumb

監督の第一印象について新戦力が回答!! ミキッチ「相当なサッカージャンキー」

▽湘南ベルマーレは18日、2018シーズンの新体制を発表した。 ▽2017シーズンの明治安田生命J2リーグで優勝を果たし2年ぶりにJ1の舞台へ復帰した湘南。今オフに獲得した選手たちと共に新体制発表会に出席した曺貴裁監督や坂本紘司ダイレクターがメディアからの質疑応答に応じた。 ――監督に質問です。オフシーズンに監督はイタリアを訪れガスペリーニ監督とお会いしたようですが、ジェノアをセリエBからセリエAに昇格させて飛躍させた監督から得たことはありますか 曺「アタランタに初めて行ってベルガモはミラノの北側にあります。正直にって駅には何もなく、そこから車で45分ほど走らないとつかない場所ですし、タクシー代かかってムカつきましたが(笑)。グラウンドに入ったときに、そこに漂う空気。育成の練習も見ましたが、親が送り迎えして色々な選手が入ってくる。トップの選手も、それほど素晴らしと言えないクラブハウスで練習している。その雰囲気を作り出しているのは、監督の選手をよくしたいという気持ちだと思いました」 曺「彼らがローマやミランと対戦しても腰がひけないです。俺たちはやれるんだということを90分通してみせる。その中で30歳にして代表に入る選手がいるというのは、今の僕にその全てはできないですけど、僕にできることはそれだと思いました。再認識させてもらいましたし、そういうチームがあるということは我々ももっと学ばなければいけないなと思いました」 ――監督に質問です。浦和レッズから加入した梅崎はオールドルーキーと言える選手だと思うが、彼への評価は 曺「司だけでなくここにいる選手もそうですが、昔どういうプレーをしていたか。話したことはないですが、見てきたつもりです。知っているからこのチームにきてもらったのではなく、彼らがどうなりたいか、どうしたいか。そして僕がどうして欲しいか。日本の市場の中で一致しました。そういう思いがお互いに共有できたことがここに座っている理由だと思います」 曺「なのでここにきて全てを変えなければいけないということではありません。お互いに失敗を繰り返しながらも、仲間と協力して良い選手になってもらいたいです。もっとできると思います。ここにいる選手全員がそうです。そういう気持ちで来てもらいましたし、それがチームの勝利を後押しすると確信しています」 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180118_21_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>――坂本紘司ダイレクターにお伺いします。昨日ジネイ選手の移籍が発表されたが、今後の補強の予定は 坂本「現在の戦力でも戦っていけると思っています。ただ、ジネイも戦力として考えていたので補充はあり得ますが、ここで話せることはありません」 ――新選手たちに質問ですが監督と出会った時の第一印象は ◆MF小林祐介 「すごく熱い方だなというのが第一印象です」 ◆MF梅崎司 「先ほどお話ししていただきましたが、全てにおいて僕の考えている、思っていることをおっしゃってくれて、プレー面も精神面もこんなに自分のことを理解してくれている人が世の中にいるのは驚きでした。思いを実現させてくれようとしている熱意、このチームで勝負したいという気持ちにさせてくれました。最初から印象的な方です」 ◆DF大野和成 「前に湘南にいたときの初めての印象は覚えていませんが、クラブハウスで初めてあって…。印象はないです(笑)覚えていません!!」 ◆MF松田天馬 「正直ぱっと見は怖いなと風貌です。常に見てくれていて、隙がないので成長できるなと思います。尊敬できる人です」 ◆FWアレン・ステバノヴィッチ 「一週間トレーニングして、細かな部分にも気がつき良いアドバイスをしてくれます。何をしたいのか、チームをどうしたいのかをはっきり持っていて伝えることができる人です」 ◆DF坂圭祐 「僕はサッカー関係者の方に坂と呼ばれますが監督は下の名前で圭祐と呼んでくれます。嬉しいですね。練習は一人一人を見てくれている印象です」 ◆GK富居大樹 「厳しさと熱さがある方ですが、ピッチを離れれば優しさもあり面倒見が良いなと思います」 ◆FW山口和樹 「今まで出会ったことない監督で、監督の元でサッカーすれば成長できると思いました」 ◆FW鈴木国友 「小学校6年ごろにユースを見てもらっていたとき、小学生ながらに怖そうだなと(笑)。練習生からお世話になっていますが、細かな部分まで指摘してもらえますし、選手の目線、成長して欲しいという熱意を感じる人です」 ◆MF新井光 「怖いですね。細かなところまで見る熱い監督」 ◆GK真田幸太 「アカデミー出身で、大雨の試合でも見にきてくださった、優しい監督です」 ◆ミキッチ 「サッカージャンキーだと思っています。バカンスでも欧州まで行ってサッカーを見るのは相当の中毒。重要なことは監督がビジョン、コンセプト持っていて落とし込む力があると感じています。良い監督です。一週間でみっちりと鍛え上げられて体が悲鳴あげています(笑)」 2018.01.18 19:30 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース