【2017 J1チーム診断】“才能”と“規律”の融合でJ1に桜旋風を巻き起こす《セレッソ大阪》2017.02.23 21:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分での大幅な見直しが行われ、各クラブがタイトルを目指してこれまで以上に激しいリーグ戦が繰り広げられるはずだ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は、3年ぶりのJ1復帰を果たし、桜戦士が集結したセレッソ大阪編をお届けする。

◆才能と組織力でジンクス破りの可能性大
▽昨シーズンの明治安田生命J2リーグで4位に終わるも、J1昇格プレーオフを制し、3年ぶりのJ1復帰となったセレッソ大阪は、新指揮官にサガン鳥栖をJ1昇格、J1で5位に導いた経験を持つ尹晶煥監督を招へい。また、昨季の主力がほぼ残留し、成長著しいMF福満隆貴や鳥栖時代の教え子であるMF水沼宏太、Kリーグベストイレブンの実績を持つDFマテイ・ヨニッチと各ポジションで的確な補強を行った。さらに、ヨーロッパの移籍期間最終日には、日本代表で主力のMF清武弘嗣が4年半ぶりに帰還。J1復帰元年を戦うには充分すぎる戦力を揃えた。タレント揃いの攻撃陣と尹晶煥新監督のハードワークをベースにしたサッカーでプレーオフ昇格組初のJ1残留を目指す。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽今季の注目ポイントは“才能”と“規律”の融合だ。MF山口蛍やFW柿谷曜一朗、FW杉本健勇といったポテンシャル溢れる選手たちに加え、今シーズンはMF清武が復帰したことで、その凄味が増した。そんな“才能”溢れる彼らをまとめあげるのが、組織と規律を求める尹晶煥監督。手堅い指揮官のもとで、上手いチームから強いチームに変われるかに注目だ。鳥栖時代に同指揮官と師弟関係にあったMF水沼の存在も大きい。“才能”と“規律”がうまく融合できれば、残留はもちろん、目標に掲げている「9位以内」を達成し、今年のJ1に旋風を巻き起こすこと間違いないだろう。

◆予想フォーメーション[4-4-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:キム・ジンヒョン
DF:松田陸、山下達也、マテイ・ヨニッチ、丸橋祐介
MF:水沼宏太、山口蛍、ソウザ、清武弘嗣
FW:柿谷曜一朗、杉本健勇
▽[4-4-2]が濃厚とみられるが、清武をトップ下に配置した[4-2-3-1]も考えられる。新戦力では、DFマテイ・ヨニッチ、MF水沼、MF清武の3人がスタメンに食い込んでくると思われ、ベースは昨季の主力となるだろう。控えにもMF山村和也、福満、FWリカルド・サントスといった有能な選手たちが揃っているだけに、加入2年目となるMF秋山大地、MF木本恭生、MF丸岡満、FW澤上竜二ら若手の突き上げが欲しいところ。懸念材料は守備陣の選手層の薄さか。

◆期待の新戦力
Getty Images
MF清武弘嗣(日本)
1989年11月12日(27歳)
2016-17シーズン(リーガエスパニョーラ):4試合1得点
▽今シーズン最も移籍市場を沸かしたのが現役日本代表のトップ下を任されるこの男の加入だろう。セビージャでは出場機会に恵まれなかったものの、加入当初は好調な滑り出しを見せていただけにJ1での活躍が楽しみだ。スルーパスとゲームを組み立てる能力は国内随一。タレント揃いの前線をどのように操るか、古巣でのプレーに期待がかかる。

◆キープレーヤー
Getty Images
FW柿谷曜一朗(日本)
1990年1月3日(27歳)
2016シーズン(J2):20試合5得点
▽清武の加入に最も期待に胸を弾ませているのがセレッソの至宝だろう。昨季は怪我で負傷離脱していたこともあり、今季にかける想いは強いはず。そんな中で、ゴールに専念できる状況となった柿谷にかかる期待は大きい。また、現役日本代表でプレーする清武とのコンビネーションで得点を量産できれば、日本代表復帰への評価にも直接つながる。年代別の日本代表で共にプレーをしていた水沼の加入もあり、自身がプレーしやすい環境は揃っている。ようやくJ1に戻ってきた天才がC大阪の躍進に貢献してくれるだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

DAZN週間ベストプレーヤーが発表! J1第29節は札幌や磐田から最多の3名が選出!

▽DAZNは16日、明治安田生命J1リーグ第29節の9試合からDAZN週間ベストプレーヤー11名を発表した。 ▽今回は、北海道コンサドーレ札幌から、柏レイソル戦2ゴールのFWジェイら3人、ジュビロ磐田からは先制点のMFアダイウトンや無失点に抑えたGKカミンスキーら最多の3人が選ばれた。その他川崎フロンターレ、アルビレックス新潟からそれぞれ2名ずつ選出されている。 <span style="font-weight:700;">GK</span> カミンスキー(ジュビロ磐田) <span style="font-weight:700;">DF</span> エウシーニョ(川崎フロンターレ) 菊地直哉(北海道コンサドーレ札幌) 大井健太郎(ジュビロ磐田) 堀米悠斗(アルビレックス新潟) <span style="font-weight:700;">MF</span> 宮澤裕樹(北海道コンサドーレ札幌) 水沼宏太(セレッソ大阪) 小川佳純(アルビレックス新潟) アダイウトン(ジュビロ磐田) <span style="font-weight:700;">FW</span> ジェイ(北海道コンサドーレ札幌) 小林悠(川崎フロンターレ) 2017.10.16 16:30 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第29節】等々力劇場の主役、崖っぷち新潟を救った2選手選出

▽明治安田生命J1リーグ第29節の全9試合が14日から15日にかけて開催された。超WS編集部が今節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第29節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:曽ヶ端準 DF:ソン・ジュフン、大井健太郎、昌子源 MF:水沼宏太、小川佳純、中町公祐、アダイウトン FW:小林悠、ジェイ、土居聖真 ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">曽ヶ端準</span>(鹿島アントラーズ/4度目) ▽38歳の大ベテランはまだまだ健在。シュートストップ、ハイボール処理、フィード、どれも安定感抜群だった DF<span style="font-weight:700;">ソン・ジュフン</span>(アルビレックス新潟/初) ▽試合序盤に味方との接触で負傷したものの、最後までセーフティな対応を徹底。チームの17試合ぶりとなる白星の立役者に DF<span style="font-weight:700;">大井健太郎</span>(ジュビロ磐田/5度目) ▽負傷明け復帰戦ながらディフェンス陣を牽引。いるといないでは最終ラインの安定感が違う DF<span style="font-weight:700;">昌子源</span>(鹿島アントラーズ/7度目) ▽代表で培われた球際の強さを遺憾なく発揮。プレーの強度で対面した相手を上回り、ことごとく止めてみせた MF<span style="font-weight:700;">水沼宏太</span>(セレッソ大阪/2度目) ▽今節も正確無比のクロッサーとして抜群の存在感。さらに、走って良し、守って良し、と充実のプレー内容だった MF<span style="font-weight:700;">小川佳純</span>(アルビレックス新潟/初) ▽チームに15試合ぶりの白星をもたらす加入後初ゴール。序盤から決定機に絡み続けるなど効果的なプレーで輝いた MF<span style="font-weight:700;">中町公祐</span>(横浜F・マリノス/初) ▽ミドルシュートで同点弾をマーク。ボールの刈り取り役から散らし役まで、幅広い役回りでチームをリードした MF<span style="font-weight:700;">アダイウトン</span>(ジュビロ磐田/3度目) ▽馬力ある推進力でカウンター時の騎手を担い、シーズン7得点目。チームを率いる名波浩監督も大絶賛 FW<span style="font-weight:700;">小林悠</span>(川崎フロンターレ/3度目) ▽終盤のわずか3分間で同点弾と逆転弾の2発。“ここぞ”という場面で仕事をやってのけ、等々力劇場の支配人に FW<span style="font-weight:700;">ジェイ</span>(北海道コンサドーレ札幌/初) ▽2得点1アシストの全得点に絡む活躍。決して簡単な相手ではない柏レイソルの守備網を手玉に取った FW<span style="font-weight:700;">土居聖真</span>(鹿島アントラーズ/2度目) ▽シーズン3得点目。正確なタッチからシュートまでの一連の動作に無駄なし。真骨頂を体現した 2017.10.16 13:00 Mon
twitterfacebook
thumb

今季限りでの現役引退を発表していた甲府一筋のMF石原克哉「17年間積み重ねてきたことを残りの1ヶ月半に全てぶつける」

▽12日に今シーズン限りで現役を引退することが決定したことを発表していたヴァンフォーレ甲府のMF石原克哉(39)は、15日に行われた明治安田生命J1リーグ第29節のFC東京戦(1-1のドロー)後、引退会見を行った。 ▽2001年に順天堂大学から加入してプロキャリアをスタートさせた石原は、17シーズンにわたって甲府一筋でプレー。1年目からリーグ戦30試合に出場し、レギュラーに定着すると2005年にはJ2リーグと入れ替え戦全試合に出場してクラブ初のJ1昇格に貢献した。2007年にはキャプテンに就任し、チームを支えた。 ▽Jリーグでの通算成績は、J1リーグ142試合11得点、J2リーグ325試合19得点、国内カップ戦通算21試合2得点、天皇杯通算26試合2得点を記録している。 ▽引退会見を行った石原は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「皆さん、こんにちは。 日頃よりヴァンフォーレ甲府を応援、サポートして頂きまして誠にありがとうございます。 クラブからリリースされた通り、私、石原克哉は今シーズン限りでの引退を決意致しました」 「決断の理由は、ここ数年間、ヒザの痛みによって100%の力を発揮することができなくなったということです。気持ちの部分では今でも戦う準備はできていますが、やはり100%の力で毎日の練習もできていない現実を考えて、このような結論に至りました」 「今シーズンもあと5試合になりました。この17年間積み重ねてきたことを残りの1ヶ月半に全てぶつけ、なにがなんでも残留し、少しでも順位を上げていけるように貢献していきたいと思っています。これまで支えてくださった全ての方々に感謝し、みんなで笑って終われるよう最後まで戦いますので、応援よろしくお願いします! 」 2017.10.15 22:19 Sun
twitterfacebook
thumb

杉本&清武弾のC大阪が鳥栖撃破で連敗ストップ《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第29節のサガン鳥栖vsセレッソ大阪が15日にベストアメニティスタジアムで行われ、1-2でC大阪が勝利した。 ▽ここまで11勝8分け9敗で8位の鳥栖と14勝6分け8敗で5位のC大阪(勝ち点48)が相まみえた。ホームの鳥栖は、1-0で勝利した前節の鹿島アントラーズ戦から小林に代えて藤田を起用する1点を変更。一方、中間にルヴァンカップを挟んだC大阪は、1-5で敗れた前節の川崎フロンターレ戦から田中、山下、秋山、負傷の山村に代えて丸橋、木本、ソウザ、清武を起用した。 ▽試合序盤はホームの鳥栖が声援に押される形で前に出る。最初にゴールへ近づいたのはその鳥栖で、15分だった。正面やや遠めの位置から高橋が左足を一閃。鋭いミドルシュートが飛んだが、これは右ポスト外側に弾かれた。 ▽前半の半ばにかけても攻める鳥栖は、23分に先制する。ボックス左で仕掛けた吉田が松田のファウルを受けてPKを獲得。このPKをイバルボが決めて鳥栖が試合の均衡を破った。 ▽それでも、C大阪がすぐさま試合を振り出しに戻す。バイタルエリアで仕掛けた杉本がDF2人の監視を受けながらも強引に正面突破。最後はボックス内の正面から左足でゴール右にシュートを流し込み、C大阪が追いつく。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防となるも、スコアは動かず、1-1のまま試合を折り返す。 ▽迎えた後半、鳥栖は早々にゴールへ近づく。46分、右サイドの藤田が入れたクロスをボックス左のイバルボがダイレクトで折り返す。スピードが速いボールだったが、何とかこれに合わせた小野のヘディングシュートが枠に飛ぶ。しかし、これはバーに直撃し、跳ね返りを再度、小野が押し込みにかかるもわずかに枠を捉えられない。 ▽すると、チャンスをモノにしたのはC大阪だった。58分、松田からボールを受けた水沼がボックス右でクロス。ファーサイドに走り込んだ清武が頭で合わせてネットを揺らし、C大阪が逆転に成功した。 ▽さらにC大阪は74分にもチャンス。ボックス右で清武の縦パスに反応した柿谷がシュートに持ち込むも、左ポストに嫌われてしまい、追加点とはならない。 ▽その後は鳥栖がリスクを冒して攻めるも、C大阪がうまく時間を消費して逃げ切り。C大阪がリーグ戦の連敗を3試合でストップさせる白星を手にした。 2017.10.15 19:01 Sun
twitterfacebook
thumb

甲府、10人の FC東京に追いつかれドロー止まり《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第29節のヴァンフォーレ甲府vsFC東京が15日に山梨中銀スタジアムで行われ、1-1で終了した。 ▽ここまで6勝9分け13敗で16位に位置する甲府(勝ち点27)と、10勝7分け11敗で11位のFC東京(勝ち点37)が激突した。ホームの甲府は、1-0で勝利した前節の柏レイソル戦と同様のスターティングイレブンをチョイス。対するFC東京は、0-0で引き分けた前節のジュビロ磐田戦からGK林、大久保嘉、前田に代えてGK大久保択、ピーター・ウタカ、ユ・インスを起用した。 ▽雨が降る中で始まった試合は、開始からポゼッションを高めて能動的に攻めるFC東京が序盤は押し気味に進める。すると、20分に決定機を演出。ゴール正面のペナルティアーク付近で高萩からの浮き球をトラップした永井が、うまく反転してシュート。これが枠を捉えたが、GK河田の好セーブに遭って先制点とはならない。 ▽やや苦しい展開となった甲府だが、23分にセットプレーからチャンスをモノにする。右サイドで得たFKでキッカーの島川がゴール前にクロスを入れると、正面のリンスが打点の高いヘッドで合わせる。このヘディングシュートがゴール右に決まり、甲府がリードした。 ▽ハーフタイムにかけては同点弾を狙うFC東京が前に出る。40分にはゴール正面でウタカが粘って、最後はユ・インスがシュート。DFにディフレクトしたボールがゴールに向かったが、これはバーにヒットして同点弾とはならなかった。 ▽圧力を強めたいFC東京だったが、前半終了間際にアクシデント。ポストプレー中のウタカが背後に背負っていたマーカーの田中に肘打ち。これが悪質なプレーと判断され、レッドカードを提示された。ビハインドを背負うFC東京が数的不利を強いられる。 ▽迎えた後半は、ボールを保持するFC東京に対して甲府がカウンターを狙う展開となる。55分には、その甲府がカウンターからチャンス。縦パスを受けたドゥドゥがドリブルで仕掛けてボックス左に侵入し、シュートに持ち込む。しかし、このシュートはわずかに枠の右に外れた。 ▽すると、スコアを動かしたのは10人のFC東京だった。60分、左サイドで得たFKでキッカーの太田がゴール前に鋭いクロスを入れる。これに正面で合わせた丸山がヘディングシュートでネットを揺らし、FC東京が1-1のタイスコアに持ち込む。 ▽終盤にかけても展開は変わらない。勝ち越し弾を狙うFC東京は88分、ペナルティアーク手前から太田がゴール右を捉える直接FKでゴールを襲うも、GK河田の好セーブに阻まれる。 ▽結局、試合はそのまま1-1で終了。両者譲らず、勝ち点を分け合った。 2017.10.15 15:57 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース