超ワールドサッカー

【2017 J1チーム診断】“才能”と“規律”の融合でJ1に桜旋風を巻き起こす《セレッソ大阪》2017.02.23 21:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分での大幅な見直しが行われ、各クラブがタイトルを目指してこれまで以上に激しいリーグ戦が繰り広げられるはずだ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は、3年ぶりのJ1復帰を果たし、桜戦士が集結したセレッソ大阪編をお届けする。

◆才能と組織力でジンクス破りの可能性大
▽昨シーズンの明治安田生命J2リーグで4位に終わるも、J1昇格プレーオフを制し、3年ぶりのJ1復帰となったセレッソ大阪は、新指揮官にサガン鳥栖をJ1昇格、J1で5位に導いた経験を持つ尹晶煥監督を招へい。また、昨季の主力がほぼ残留し、成長著しいMF福満隆貴や鳥栖時代の教え子であるMF水沼宏太、Kリーグベストイレブンの実績を持つDFマテイ・ヨニッチと各ポジションで的確な補強を行った。さらに、ヨーロッパの移籍期間最終日には、日本代表で主力のMF清武弘嗣が4年半ぶりに帰還。J1復帰元年を戦うには充分すぎる戦力を揃えた。タレント揃いの攻撃陣と尹晶煥新監督のハードワークをベースにしたサッカーでプレーオフ昇格組初のJ1残留を目指す。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽今季の注目ポイントは“才能”と“規律”の融合だ。MF山口蛍やFW柿谷曜一朗、FW杉本健勇といったポテンシャル溢れる選手たちに加え、今シーズンはMF清武が復帰したことで、その凄味が増した。そんな“才能”溢れる彼らをまとめあげるのが、組織と規律を求める尹晶煥監督。手堅い指揮官のもとで、上手いチームから強いチームに変われるかに注目だ。鳥栖時代に同指揮官と師弟関係にあったMF水沼の存在も大きい。“才能”と“規律”がうまく融合できれば、残留はもちろん、目標に掲げている「9位以内」を達成し、今年のJ1に旋風を巻き起こすこと間違いないだろう。

◆予想フォーメーション[4-4-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:キム・ジンヒョン
DF:松田陸、山下達也、マテイ・ヨニッチ、丸橋祐介
MF:水沼宏太、山口蛍、ソウザ、清武弘嗣
FW:柿谷曜一朗、杉本健勇
▽[4-4-2]が濃厚とみられるが、清武をトップ下に配置した[4-2-3-1]も考えられる。新戦力では、DFマテイ・ヨニッチ、MF水沼、MF清武の3人がスタメンに食い込んでくると思われ、ベースは昨季の主力となるだろう。控えにもMF山村和也、福満、FWリカルド・サントスといった有能な選手たちが揃っているだけに、加入2年目となるMF秋山大地、MF木本恭生、MF丸岡満、FW澤上竜二ら若手の突き上げが欲しいところ。懸念材料は守備陣の選手層の薄さか。

◆期待の新戦力
Getty Images
MF清武弘嗣(日本)
1989年11月12日(27歳)
2016-17シーズン(リーガエスパニョーラ):4試合1得点
▽今シーズン最も移籍市場を沸かしたのが現役日本代表のトップ下を任されるこの男の加入だろう。セビージャでは出場機会に恵まれなかったものの、加入当初は好調な滑り出しを見せていただけにJ1での活躍が楽しみだ。スルーパスとゲームを組み立てる能力は国内随一。タレント揃いの前線をどのように操るか、古巣でのプレーに期待がかかる。

◆キープレーヤー
Getty Images
FW柿谷曜一朗(日本)
1990年1月3日(27歳)
2016シーズン(J2):20試合5得点
▽清武の加入に最も期待に胸を弾ませているのがセレッソの至宝だろう。昨季は怪我で負傷離脱していたこともあり、今季にかける想いは強いはず。そんな中で、ゴールに専念できる状況となった柿谷にかかる期待は大きい。また、現役日本代表でプレーする清武とのコンビネーションで得点を量産できれば、日本代表復帰への評価にも直接つながる。年代別の日本代表で共にプレーをしていた水沼の加入もあり、自身がプレーしやすい環境は揃っている。ようやくJ1に戻ってきた天才がC大阪の躍進に貢献してくれるだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

天皇杯3回戦、ジャイアントキリングの筑波大、いわきFCに加え、ACL出場4クラブの試合も生放送!《天皇杯》

▽日本サッカー協会(JFA)は23日、第97回天皇杯全日本サッカー選手権大会3回戦のテレビ放送予定を発表した。 ▽3回戦は7月12日に行われる。NHK BS1では筑波大学vsアビスパ福岡を生放送。また、スカバー!では、鹿島アントラーズvsモンテディオ山形、いわきFCvs清水エスパルス、ガンバ大阪vsジェフユナイテッド千葉、浦和レッズvsロアッソ熊本、川崎フロンターレvsザスパクサツ群馬を生放送する。 ▽また、翌日にはスカパー!で筑波大学vsアビスパ福岡を翌13日に再放送する。詳細は以下の通り。 <span style="font-weight:700;">◆天皇杯3回戦</span> ▽7月12日(水) 《19:00~21:00》 【生放送】筑波大学(茨城) vs アビスパ福岡(J2) [ケーズデンキスタジアム水戸] (NHK BS1) 《18:55~21:55》 【生放送】鹿島アントラーズ(J1) vs モンテディオ山形(J2) [NDソフトスタジアム山形] (スカチャン1) (スカパー!/Ch.801) (スカパー!プレミアムサービス/Ch.581) 【生放送】いわきFC(福島) vs 清水エスパルス(J1) [IAIスタジアム日本平] (スカイA) (スカパー!/Ch.250) (スカパー!プレミアムサービス/Ch.607) 【生放送】ガンバ大阪(J1) vs ジェフユナイテッド千葉(J2) [フクダ電子アリーナ] (スカチャン2) (スカパー!/Ch.802) (スカパー!プレミアムサービス/Ch.582) 【生放送】浦和レッズ(J1) vs ロアッソ熊本(J2) [浦和駒場スタジアム] (スカサカ!) (スカパー!/Ch.800) (スカパー!プレミアムサービス/Ch.580) 【生放送】川崎フロンターレ(J1) vs ザスパクサツ群馬(J2) [正田醤油スタジアム群馬] (スカチャン3) (スカパー!/Ch.805) (スカパー!プレミアムサービス/Ch.583) ▽7月13日(木) 《21:00~24:00》 【録画】筑波大学(茨城) vs アビスパ福岡(J2) [ケーズデンキスタジアム水戸] (スカサカ!) (スカパー!/Ch.800) (スカパー!プレミアムサービス/Ch.580) ※スカパー!では、1回戦から3回戦の注目試合を放送、ラウンド16以降全試合放送。 ※天皇杯3回戦のハイライトは7月14日(金)21:00から放送の『サッカー情報番組「スカサカ!ライブ」』で放送。 2017.06.23 18:41 Fri
twitterfacebook
thumb

鈴木啓太氏の引退試合、追加メンバー発表…ワシントン、マリッチ、田中達也らも参加へ

▽浦和レッズは23日、「鈴木啓太氏 引退試合」の参加メンバーとして、元クロアチア代表のマリッチ氏、元ブラジル代表のワシントン氏、アルビレックス新潟のFW田中達也とDF矢野貴章、AC長野パルセイロのMF明神智和の5選手が追加されたことを発表した。 ▽「鈴木啓太氏 引退試合」は、7月17日(月・祝)に埼玉スタジアム2002で17時にキックオフ。REDS LEGENDS(浦和レッズOB主体のチーム)と、BLUE FRIENDS(鈴木啓太氏と同じ時代に日の丸を背負った仲間たち主体のチーム)が激突する。 【追加決定メンバー(カッコ内は浦和レッズ在籍年)】※敬称略 ・マリッチ(2005年) ・ワシントン(2006年~2007年) ・明神智和 元日本代表/現所属 AC長野パルセイロ ・田中達也(2001年~2012年) ・矢野貴章 元日本代表/現所属 アルビレックス新潟 ◆6月13日発表 ・福西崇史 元日本代表 ・ロブソン・ポンテ(2005年~2010年) ・中村俊輔 元日本代表/現所属 ジュビロ磐田 ・橋本英郎 元日本代表/現所属 東京ヴェルディ1969 ・巻誠一郎 元日本代表/現所属 ロアッソ熊本 ・松井大輔 元日本代表/現所属 ジュビロ磐田 ・岩政大樹 元日本代表/現所属 東京ユナイテッドFC ・細貝 萌(2005年~2010年) 元日本代表/現所属 柏レイソル ◆5月26日発表 ・福田正博 (1989年※~2002年) ※前身の三菱重工業サッカー部時代含む ・内舘秀樹 (1996年~2008年) ・室井市衛 (2000年~2001年7月、2002年~2004年) ・阿部敏之 (2000年~2002年) ・三都主アレサンドロ (2004年~2009年) ・都築龍太 (2003年~2010年) ※2010年は湘南ベルマーレへ期限付き移籍 ・酒井友之 (2004年~2006年) ・堀之内聖 (2002年~2010年) ・相馬崇人 (2006年~2008年) ◆6月2日発表 ・ギド・ブッフバルト(選手 1994年~1997年、監督 2004年~2006年) ・ゲルト・エンゲルス(トップチームコーチ 2004年~2008年、監督 2008年) ・池田太(選手 1993年~1996年、トップチームコーチ 2002年~2008年) 現所属 U-19日本女子代表監督 ・土田尚史(選手 1989年※~2000年、トップチームGKコーチ 2001年~現在) ※前身の三菱重工業サッカー部時代含む ・大槻毅(トップチームコーチ 2006年~2010年) ・岡野雅行(1994年~2001年、2004年~2008年) ・千島徹(2000年~2006年) 2017.06.23 17:37 Fri
twitterfacebook
thumb

流通経済大FWジャーメイン良が特別指定選手として仙台に加入

▽日本サッカー協会(JFA)は23日、流通経済大学のFWジャーメイン良(22)を、19日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先はベガルタ仙台となる。 ▽神奈川県出身のジャーメイン良は、流通経済大学付属柏高校から流通経済大学へと進学。2015年から全日本大学選抜に選出されていた。ジャーメイン良は、クラブを通じてコメントしている。 「ベガルタ仙台の特別指定選手に登録され、大変嬉しく思います。この貴重な経験を通して、ベガルタ仙台、流通経済大学の勝利に少しでも貢献できる選手になるために日々のトレーニングから全力で取り組んでいきたいと思います。応援よろしくお願いいたします」 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.06.23 16:53 Fri
twitterfacebook
thumb

C大阪GKアン・ジュンスが右腓骨骨折で手術…全治3カ月

▽セレッソ大阪は23日、元U-20韓国代表GKアン・ジュンスが右腓骨骨折で22日に大阪府内の病院で手術を行ったことを発表した。全治は3カ月だ。 ▽アン・ジュンスは、18日に行われた明治安田生命J3リーグ第13節のAC長野パルセイロ戦で先発出場するも、26分にGK茂木と負傷交代していた。 ▽2016年7月に韓国の議政府FC U-18から加入したアン・ジュンスは今シーズンここまで、明治安田生命J3リーグの3試合に出場していた。 2017.06.23 16:44 Fri
twitterfacebook
thumb

仙台MF金久保順が右ヒザ手術で全治約5カ月

▽ベガルタ仙台は23日、MF金久保順が右ヒザ大腿骨内顆軟骨損傷で6月17日に手術を受け、全治約5カ月の見込みと診断されたと発表した。 ▽29歳の金久保はこれまで大宮アルディージャ、アビスパ福岡、川崎フロンターレでプレー。2015年から仙台に加わり、今シーズンは明治安田生命J1リーグ2試合の途中出場を記録している。 2017.06.23 16:42 Fri
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース