超ワールドサッカー

【2017 J1チーム診断】“才能”と“規律”の融合でJ1に桜旋風を巻き起こす《セレッソ大阪》2017.02.23 21:45 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) J.LEAGUE PHOTOS
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分での大幅な見直しが行われ、各クラブがタイトルを目指してこれまで以上に激しいリーグ戦が繰り広げられるはずだ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は、3年ぶりのJ1復帰を果たし、桜戦士が集結したセレッソ大阪編をお届けする。

◆才能と組織力でジンクス破りの可能性大
▽昨シーズンの明治安田生命J2リーグで4位に終わるも、J1昇格プレーオフを制し、3年ぶりのJ1復帰となったセレッソ大阪は、新指揮官にサガン鳥栖をJ1昇格、J1で5位に導いた経験を持つ尹晶煥監督を招へい。また、昨季の主力がほぼ残留し、成長著しいMF福満隆貴や鳥栖時代の教え子であるMF水沼宏太、Kリーグベストイレブンの実績を持つDFマテイ・ヨニッチと各ポジションで的確な補強を行った。さらに、ヨーロッパの移籍期間最終日には、日本代表で主力のMF清武弘嗣が4年半ぶりに帰還。J1復帰元年を戦うには充分すぎる戦力を揃えた。タレント揃いの攻撃陣と尹晶煥新監督のハードワークをベースにしたサッカーでプレーオフ昇格組初のJ1残留を目指す。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽今季の注目ポイントは“才能”と“規律”の融合だ。MF山口蛍やFW柿谷曜一朗、FW杉本健勇といったポテンシャル溢れる選手たちに加え、今シーズンはMF清武が復帰したことで、その凄味が増した。そんな“才能”溢れる彼らをまとめあげるのが、組織と規律を求める尹晶煥監督。手堅い指揮官のもとで、上手いチームから強いチームに変われるかに注目だ。鳥栖時代に同指揮官と師弟関係にあったMF水沼の存在も大きい。“才能”と“規律”がうまく融合できれば、残留はもちろん、目標に掲げている「9位以内」を達成し、今年のJ1に旋風を巻き起こすこと間違いないだろう。

◆予想フォーメーション[4-4-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:キム・ジンヒョン
DF:松田陸、山下達也、マテイ・ヨニッチ、丸橋祐介
MF:水沼宏太、山口蛍、ソウザ、清武弘嗣
FW:柿谷曜一朗、杉本健勇
▽[4-4-2]が濃厚とみられるが、清武をトップ下に配置した[4-2-3-1]も考えられる。新戦力では、DFマテイ・ヨニッチ、MF水沼、MF清武の3人がスタメンに食い込んでくると思われ、ベースは昨季の主力となるだろう。控えにもMF山村和也、福満、FWリカルド・サントスといった有能な選手たちが揃っているだけに、加入2年目となるMF秋山大地、MF木本恭生、MF丸岡満、FW澤上竜二ら若手の突き上げが欲しいところ。懸念材料は守備陣の選手層の薄さか。

◆期待の新戦力
Getty Images
MF清武弘嗣(日本)
1989年11月12日(27歳)
2016-17シーズン(リーガエスパニョーラ):4試合1得点
▽今シーズン最も移籍市場を沸かしたのが現役日本代表のトップ下を任されるこの男の加入だろう。セビージャでは出場機会に恵まれなかったものの、加入当初は好調な滑り出しを見せていただけにJ1での活躍が楽しみだ。スルーパスとゲームを組み立てる能力は国内随一。タレント揃いの前線をどのように操るか、古巣でのプレーに期待がかかる。

◆キープレーヤー
Getty Images
FW柿谷曜一朗(日本)
1990年1月3日(27歳)
2016シーズン(J2):20試合5得点
▽清武の加入に最も期待に胸を弾ませているのがセレッソの至宝だろう。昨季は怪我で負傷離脱していたこともあり、今季にかける想いは強いはず。そんな中で、ゴールに専念できる状況となった柿谷にかかる期待は大きい。また、現役日本代表でプレーする清武とのコンビネーションで得点を量産できれば、日本代表復帰への評価にも直接つながる。年代別の日本代表で共にプレーをしていた水沼の加入もあり、自身がプレーしやすい環境は揃っている。ようやくJ1に戻ってきた天才がC大阪の躍進に貢献してくれるだろう。

コメント

関連ニュース

thumb

大宮DF菊地光将が右下腿肉離れで全治3週間

▽大宮アルディージャは25日、DF菊地光将の負傷を発表した。 ▽菊地は、20日に行われた明治安田生命J1リーグ第12節のセレッソ大阪戦で負傷。右下腿肉離れと診断され、全治3週間とのことだ。 ▽今シーズンの菊地は、明治安田生命J1リーグでケガの影響もあり6試合に出場。14日に行われたJ1第11節のベガルタ仙台戦で6試合ぶりの復帰を果たしていたが、C大阪戦では試合中に痛みを訴え、52分に河本裕之と交代していた。 2017.05.25 11:52 Thu
twitterfacebook
thumb

神戸がびわこ成蹊スポーツ大DF宮大樹の来季加入内定を発表

▽ヴィッセル神戸は23日、びわこ成蹊スポーツ大学のDF宮大樹(21)の来季からの加入が内定したことを発表した。 ▽大阪府出身の宮は、清明学院高校からびわこ成蹊スポーツ大学へと進学。2017年には全日本大学選抜にも選出されている。 ▽神戸は同選手の特徴について『サイズと身体能力の高さを活かした守備力と左足からの長短距離の精度の高いフィードで攻撃の起点にもなれるセンターバック』と紹介している。 ▽加入が内定した宮は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、びわこ成蹊スポーツ大学から来シーズン加入することになりました、宮大樹です。プロとしてのキャリアをヴィッセル神戸という素晴らしいクラブで始められる事を大変嬉しく誇りに思います。今まで支えてくれた指導者、仲間、そして家族、すべての方々に感謝しています。謙虚に直向きに、努力し続け、ヴィッセル神戸の勝利に貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 2017.05.23 17:07 Tue
twitterfacebook
thumb

柏、MF手塚康平とのプロA契約締結を発表…今季ここまで公式戦7試合に出場

▽柏レイソルは23日、MF手塚康平(21)とのプロA契約締結を発表した。公式試合時間450分以上出場のプロA契約変更条件を満たした。 ▽柏の下部組織で育った栃木県出身の手塚は、2016年からトップチームに所属。プロデビュー戦の3月15日に行われたYBCルヴァンカップ、グループA開幕節の清水エスパルス戦を合わせて、ここまで公式戦7試合出場を記録している。 ▽プロA契約を勝ち取った手塚は、クラブの公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「プロになってから目標にしてきたA契約選手になることができて、とても嬉しく思います。これに満足せず、もっと上を目指して、日々努力していきます」 2017.05.23 12:30 Tue
twitterfacebook
thumb

鳥栖FW小野裕二が左大腿ハムストリング筋損傷…全治は4週間

▽サガン鳥栖は22日、FW小野裕二が左大腿ハムストリング筋損傷と診断されたことを発表した。全治は4週間とのこと。 ▽小野は、20日に行われた明治安田生命J1リーグ第12節のガンバ大阪戦(0-3で敗北)で先発。ところが、34分にFWビクトル・イバルボと途中交代していた。 ▽今シーズンにベルギーのシント=トロイデンから鳥栖へ加入した小野は今シーズン、ここまでJ1リーグに8試合に出場し、1ゴールを記録。YBCルヴァンカップでは2試合に出場していた。 2017.05.22 19:06 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第12節】G大阪を首位に導くボレー弾の新10番や今季2度目ハットの浦和エースが選出

▽明治安田生命J1リーグ第12節の全9試合が19日から20日にかけて開催された。超WS編集部が第12節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第12節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:中村航輔 DF:オ・ジェソク、大岩一貴、富澤清太郎、車屋紳太郎 MF:ソウザ、大谷秀和、倉田秋 FW:興梠慎三、鄭大世、長谷川竜也 ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">中村航輔</span>(柏レイソル/5度目) ▽ここ数試合と同様、驚異的なレスポンスを披露。ビッグセーバーぶりを発揮した DF<span style="font-weight:700;">オ・ジェソク</span>(ガンバ大阪/初) ▽一対一の場面で無類の強さ。また、攻め上がりからゴールチャンスを演出するなど攻撃面でも◎ DF<span style="font-weight:700;">大岩一貴</span>(ベガルタ仙台/初) ▽ヘディングシュートで同点弾。チームとして失点こそ許したものの、個人としては大きな破城なし DF<span style="font-weight:700;">富澤清太郎</span>(アルビレックス新潟/2度目) ▽安定した守備だけでなく、絶妙なパスから決勝弾を演出。呂比須ワグナー体制初陣で勝利を呼び込む活躍 DF<span style="font-weight:700;">車屋紳太郎</span>(川崎フロンターレ/初) ▽攻守に読みを効かせたプレーぶりでチームパフォーマンス向上の一翼に。役割を見事に遂行した MF<span style="font-weight:700;">ソウザ</span>(セレッソ大阪/初) ▽CKから2ゴールを演出。中盤の底で組み立て役を担い、タレント揃いの前線を好フォロー MF<span style="font-weight:700;">大谷秀和</span>(柏レイソル/初) ▽バランスを意識しつつ、攻守に存在感。老獪なプレーでチームをリードした MF<span style="font-weight:700;">倉田秋</span>(ガンバ大阪/2度目) ▽豊富な運動量とドリブルスキルで鳥栖守備陣を翻弄。右足ハーフボレーで叩き込んだゴールでもファンを魅了 FW<span style="font-weight:700;">興梠慎三</span>(浦和レッズ/3度目) ▽今季2度目のハットトリックで早くも11ゴール。相手からしてみれば手がつけられない状況 FW<span style="font-weight:700;">鄭大世</span>(清水エスパルス/3度目) ▽真っ赤に染める敵地でチームを窮地から救う2発。まさにエースに相応しい活躍ぶり FW<span style="font-weight:700;">長谷川竜也</span>(川崎フロンターレ/初) ▽前節に続きゴールをゲット。機動力と俊敏性でチームの攻撃にアクセントを加えた 2017.05.22 11:15 Mon
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース