【2017 J1チーム診断】昨季無冠の青黒軍団、バージョンアップで逆襲のシーズンに《ガンバ大阪》2017.02.23 21:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は明治安田生命J1リーグ4位で初の無冠を味わった昨シーズンの雪辱を期するガンバ大阪編をお届けする。

◆二兎も三兎も追う新生ガンバ
▽長谷川健太監督就任後、初めて無冠に終わった2016シーズン。5年目の指揮を執る長谷川監督は舵を切った。MF阿部浩之ら2014年の三冠メンバーに流失が相次いだ一方で、MF泉澤仁(大宮アルディージャ)やMF井出遥也(ジェフユナイテッド千葉)、DFファビオ(横浜F・マリノス)、DF三浦弦太(清水エスパルス)らを獲得。例年以上の戦力に入れ替わりが活発的だった中、布陣も中盤ダイヤモンド型の[4-3-1-2]を新たに導入した。チームのスローガンは『勝』で、長谷川監督も「二兎も三兎も追う」と気合十分。バージョンアップされた『新生ガンバ』で狙うは全冠だ。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽多くの変化があった今シーズンのG大阪におけるポイントは、長谷川監督が着手した「ボール(の主導権)を握って押し込むサッカー」の体現。この冬、阿部やMF大森晃太郎、DF岩下敬輔ら主力流失で戦力低下が懸念されたが、ここまでの戦いを見る限り、攻守両面においてダメージはない。むしろ、チームの根底にある鋭い攻守の切り替えはそのままに、ハイラインや前に人数を割いた攻め上がりといった、近年影を潜めてきた戦いを実現させている。あとは、その新たな戦い方の完成度をどこまで高めていけるか。その新スタイルが確立すると共に、MF堂安律やMF市丸瑞希、DF初瀬亮ら東京五輪世代がレギュラー争いに絡んでくれば、より魅力的な関西の雄をお目にかかれるはずだ。

◆予想フォーメーション[4-3-1-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:東口順昭
DF:オ・ジェソク、三浦弦太ファビオ、藤春廣輝
MF:井手口陽介、遠藤保仁、今野泰幸
MF:倉田秋
FW:長沢駿、アデミウソン
▽基本フォーメーションは、中盤ダイヤモンド型の[4-3-1-2]で、抜群の展開力と戦術眼を兼備するMF遠藤保仁のアンカーシステム。守備面で下り坂に差し掛かる遠藤のアンカー起用に関して、守備時のリスクが伴うことは長谷川監督も重々承知で、それよりも年々の迫力低下に苛まれる攻撃意識の再構築を優先した格好だ。ただ、長谷川監督は[4-2-3-1]やフラットな[4-4-2]を捨てたわけではない。対戦相手や試合状況に応じて、システムを使い分けてくるはずだ。

◆期待の新戦力
Getty Images
DF三浦弦太(日本)
1995年3月1日(21歳)
2016シーズン(J2):29試合0得点
▽ポテンシャルを秘めたリオ五輪世代の若き大型センターバック。スピード、一対一の強さ、ビルドアップで攻守両面の働きが可能で、すでにプレーオフを含むAFCチャンピオンズリーグ2試合で証明済みのセットプレーの強さも魅力の一つだ。いずれの能力もDF丹羽大輝やDF金正也ら既存のセンターバックにないもの。まだ荒削りな部分もあるものの、長らく適任不足に悩ましかった関西の雄にとって、待望の才能高きセンターバックの到着となる。

◆キープレーヤー
Getty Images
MF今野泰幸(日本)
1983年1月25日(34歳)
2016シーズン(J1):33試合4得点
▽新布陣[4-3-1-2]のキーマンは、今年34歳の誕生日を迎えたMF今野泰幸だ。今年1月28日に37歳の誕生日を迎えた遠藤のアンカー起用と、その機能性に注目が集まるところ。その両面で鍵を握る存在が今野とMF井手口陽介の両インサイドハーフとなる。昨年のJリーグヤングベストプレーヤーである井手口のプレーぶりから試行錯誤が目立つものの、今野は水を得た魚のように躍動感溢れるパフォーマンスを披露。新境地を開拓しつつあるボールハンターの攻守両面における働きから目が離せない。

コメント

関連ニュース

thumb

J2降格が決定した新潟が声明「この悔しさを誰ひとりとして忘れることなく、一年後に必ずJ1に戻ってくる」

▽アルビレックス新潟は、18日に行われた明治安田生命J1リーグ第32節の結果、2004年にJ1に初昇格して以来、初のJ2降格が決定した。この降格を受けて、クラブはサポーターならびスポンサー、関係者に向けて声明を発表した。 ▽株式会社アルビレックス新潟代表取締役社長の中野幸夫氏の名前にて『アルビレックス新潟を支えていただいている皆様へ 』と題した声明では、不甲斐ないシーズンの末に14年間守ってきたJ1で戦う権利を失ったことを謝罪。また、サポーターならびスポンサー、関係者に向けた感謝の言葉と共に、2018シーズンからのJ2での戦いに向けた所信表明を行った。 ▽新潟の公式サイトで発表された声明全文は以下のとおり。 「本日行われました試合の結果により、私どもアルビレックス新潟は来シーズンのJ2リーグ降格が決定いたしました。2003シーズンにJ2リーグ優勝・J1リーグ昇格を果たし、2004シーズンからJ1リーグでの厳しい戦いを生き抜いてきて14年。オリジナル10と言われるクラブ以外では最も長くJ1の舞台を守り続けてまいりましたが、その歴史が途絶えることとなり、常日頃からクラブを支えていただいているサポーターの皆様、スポンサーの皆様、株主の皆様、自治体の皆様、関係会社やボランティアの皆様、すべての皆様に対して責任の重さを痛感し、深くお詫びを申し上げます」 「私はクラブの代表取締役社長に本年1月から復任いたしました。チームはここ数シーズン下位に甘んじている現状から脱却し、上位進出・タイトルを目指すこと。クラブとしてはビッグスワンがより多くのサポーターの皆様でにぎわい、チームをサポートしてくださると同時に、新潟がより活気あふれる街となるために貢献をできればと取り組んでまいりました。しかし、J1リーグではわずか5勝にとどまり、ホームゲームの来場者数やスタジアムでのにぎわいも、描いたものを達成することが出来ませんでした。申し訳ありません」 「ただ、そうしたシーズンの中でもアルビレックス新潟の選手・スタッフ、またクラブのフロントスタッフはそれぞれの場所において、現状を変えるために懸命に力を尽くしてくれました。個々の力をひとつの方向にまとめ上げ、結果を示すことができなかったことに、自責の念にかられております」 「アルビレックス新潟は多くのサポーター・スポンサー・株主・自治体・関係会社の皆様に支えていただいているクラブです。クラブ立ち上げ当初からそうであったように、今シーズンも本当に温かい応援とご支援を頂戴してきました。そうした皆様の温かい想いに応えることができなかったことを、重ねてではありますが、非常に申し訳なく思っております」 「来シーズン、私どもが闘うJ2リーグは非常に厳しい戦いです。2003年も、最終節まで激しい戦いを繰り広げた末にJ1昇格を果たしましたが、いまはそれをも上回るものと予測しています。しかし、この悔しさを選手・スタッフ・フロントスタッフが誰ひとりとして忘れることなく、一年後に必ずJ1に戻ってくるという強い決意と覚悟のもとに闘い抜きたいと考えております。また、改めてサポーターの皆様をはじめ、多くの皆様に支えていただいているクラブであることを深く心に刻み、おひとりおひとりの声に傾聴し、コミュニケーションを深めさせていただくことで、クラブ運営を進めてまいりたいと考えます」 「私どもにはまだ残り2試合があります。プロフェッショナルとして、新潟の皆様の想いとともに最後まで全力で戦ってまいりたいと思います」 「今後ともアルビレックス新潟へのご支援、ご声援を何卒よろしくお願い申し上げます」 2017.11.18 21:58 Sat
twitterfacebook
thumb

新潟が2節を残してJ2降格決定…2004年の初昇格以降、14季に渡ってJ1の座を守り抜くもJ2初降格…

▽アルビレックス新潟は18日、デンカビッグスワンスタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第32節のヴァンフォーレ甲府戦に臨み、1-0で勝利。2年4カ月ぶりのリーグ連勝を飾った。 ▽しかし、同時刻開催となった試合で勝利したサンフレッチェ広島が残留圏内の15位に浮上したことで、勝ち点8ポイント差を付けられた新潟は残り2節での逆転が不可能となり、2004年にJ1に初昇格して以来、初のJ2降格が決定した。 ▽これまで14年連続でJ1残留を決めてきた新潟だが、2ステージ制が採用された直近の2シーズンはいずれも降格圏ギリギリの15位だった。 ▽今シーズンは前AC長野パルセイロ監督でクラブOBの三浦文丈新監督の下でスタートしたものの、開幕から極度の不振に陥ったチームは開幕10試合で1勝7敗2分けの17位に低迷し、5月初旬に同監督の休養を発表。その後、暫定指揮官の片渕浩一郎コーチを挟んで呂比須ワグナー新監督を招へいした。 ▽だが、この監督交代も実らず、第14節に最下位に転落すると、ここからクラブワースト記録となる16試合連続未勝利と泥沼の状態に陥った。10月14日に行われた第29節のガンバ大阪戦で17試合ぶりの勝利を掴むと、以降の4試合で2年4カ月ぶりのリーグ連勝を果たすなど、3勝1分けと復調。だが、序盤戦、中盤戦での低迷があまりに響き、2節を残してJ2降格が決定した。 2017.11.18 18:23 Sat
twitterfacebook
thumb

崖っぷち大宮が仙台に大敗…石井新体制の初陣飾れず…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第32節、ベガルタ仙台vs大宮アルディージャがユアテックスタジアム仙台で行われ、ホームの仙台が3-0で勝利した。 ▽15位の甲府(勝ち点28)と16位のサンフレッチェ広島(勝ち点27)、最下位のアルビレックス新潟(勝ち点19)と熾烈な残留争いを戦う17位の大宮(勝ち点24)は、3節を残した段階で伊藤監督を解任し、前鹿島アントラーズの石井正忠新監督を招へいする今季2度目の監督交代に踏み切った。 ▽既に残留を決定している12位の仙台(勝ち点37)とのアウェイゲームに向けては、先発5人を変更。和田、金澤、大山、清水、大前がスタメン入りを果たした。 ▽試合は序盤からホームの仙台がボールを保持して押し込む展開が続く。焦れずに守る大宮も時おりカウンターからチャンスを作ると、16分にはボックス手前左で得たFKをキッカーの大山が直接狙うが、これはクロスバーを叩く。 ▽この絶好機を逸した大宮は25分にCKを与えると、この流れから左サイドの蜂須賀にクロスを許す。これを攻め残っていた増嶋がニアでヘディングシュートを放つと、ゴール右隅に吸い込まれた。 ▽増嶋に移籍後初ゴールを献上した大宮は、その後も思うように試合を運べない。すると36分、ボックス右で石原からパスを受けた古林の低くて速いマイナスのクロスに対して大山がクリアを誤り、痛恨のオウンゴールを献上してしまった。 ▽不運も重なって2点ビハインドで後半に臨んだ大宮は、大前を下げてハーフタイム明けに瀬川を投入。しかし、流れを掴めずにいると、57分にはボックス手前で野津田からパスを受けた三田に見事なミドルシュートを突き刺され、試合を決定付ける3点目を奪われた。 ▽何とか意地を見せたい大宮だが、残留争いの厳しいプレッシャーの影響か、59分に1枚カードをもらっていた大山が70分に三田を倒してしまい、2枚目のカードをもらって退場処分に。 ▽3点差に加え、数的不利まで背負った大宮にこのビハインドを跳ね返す力はなく、敵地で0-3の大敗。石井新体制の初陣で黒星を喫した大宮は、残り2試合で残留圏内の16位に浮上した広島との勝ち点差が「6」、得失点差も「10」となり、残留は絶望的となった。 2017.11.18 17:06 Sat
twitterfacebook
thumb

ジェイ2発で清水を下した札幌、16シーズンぶりのJ1残留!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第32節の清水エスパルスvs北海道コンサドーレ札幌が18日にIAIスタジアム日本平で行われ、0-2で札幌が勝利した。 ▽14位で残留争い中の清水(勝ち点31)と、同じく13位の札幌(勝ち点34)が激突した。ホームの清水は、0-0で引き分け前節のFC東京戦と同様のメンバーをチョイス。対する札幌は、1-2で敗れた前節の鹿島アントラーズ戦から菊地、都倉に代えて河合、兵藤を起用した。 ▽試合は、序盤の11分に札幌が動かす。左サイドの石川が鋭いクロスを入れると、ファーサイドのジェイが打点の高いヘディングで競り勝つ。このヘディングシュートがネットを揺らし、札幌がリードを手にする。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防を続く。そんな中、チャンスを生かしたのは札幌だった。ボックス左でチャナティップが鋭い仕掛けを見せると、相手DFの守備に遭ってボールがこぼれる。最後は福森からパスを受けた正面のジェイがゴールにねじ込み、札幌が2点目を手にした。 ▽2点のビハインドを背負った清水は迎えた後半、54分にゴールへ迫る。河井が蹴った右CKに正面のミッチェル・デュークが頭で合わせる。このヘディングシュートがゴール左上隅に飛ぶも、GKク・ソンユンのビッグセーブを前にゴールとはならない。 ▽終盤にかけては河井、金子を下げて村田と鄭大世を投入した清水がリスクを冒して前に出る。しかし、札幌も何とか耐え凌ぐ。 ▽そして、札幌はそのまま逃げ切りに成功。勝ち点を37まで伸ばした札幌が今節で残留を決めた。札幌のJ1残留は2001シーズン以来16シーズンぶりとなっている。 2017.11.18 16:57 Sat
twitterfacebook
thumb

鳥栖がクラブ創設20周年記念試合でJ1ホーム通算50勝達成! FC東京は17歳MF平川デビューも6戦未勝利…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第32節、サガン鳥栖vsFC東京がベストアメニティスタジアムで行われ、ホームの鳥栖が2-1で勝利した。 ▽すでに優勝やAFCアジアチャンピオンズリーグ(ACL)出場権争いから脱落し、残留も確定している9位の鳥栖(勝ち点44)と、11位FC東京(勝ち点39)による中位対決。 ▽クラブ創設20周年記念試合で特別ユニフォームを身に纏い、J1ホーム通算50勝達成に向けて高いモチベーションを見せる鳥栖に対して、立ち上がりはFC東京の時間が続く。 ▽それでも、永井のミドルシュートや橋本の決定機を古巣対戦のGK権田が凌いでいくと、17分に先制点を奪う。ボックス手前やや左の位置で得たFKの場面で名手・原川が右足を振り抜くと、美しい軌道を描いたボールが左ポストの内側を叩いてゴールネットを揺らした。 ▽相手のビューティフルFKで失点したFC東京も、25分に決定機を作り出す。左サイドに抜け出した太田からの絶妙なクロスをフリーでゴール前に飛び込んだピーター・ウタカが頭で合わすが、これを枠に飛ばせない。 ▽すると、34分には相手陣内中央右で小野からゴール前のビクトル・イバルボに絶妙な縦パスが通る。ここでイバルボが巧みなフェイントでDFとGKを外してシュートも、これはGK大久保にブロックされる。だが、このこぼれ球に反応した福田が冷静に無人のゴールへ流し込んだ。 ▽鳥栖の2点リードで折り返した試合は、後半に入ってFC東京が押し込む展開となる。前半同様に太田の正確なクロスを起点に攻めると、53分にはボックス付近で室屋がコントロールシュートを放つが、わずかに枠の左に外れた。 ▽流れを変えたいFC東京は、62分に梶山を下げて大久保嘉人、72分には先日にプロ契約を締結したばかりの平川怜が17歳6カ月29日で日本人でクラブ史上最年少出場を果たす。その後、なかなかゴールに迫れなかったものの、試合終了間際の94分には何でもないロングボールの処理を誤ったDFキム・ミンヒョクからボールを奪った大久保嘉人が冷静にGKとの一対一を制し、一矢報いるゴールを挙げた。 ▽それでも、このまま試合を終わらせた鳥栖がクラブ創設20周年記念試合でJ1ホーム通算50勝達成した。 2017.11.18 16:54 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース