【2017 J1チーム診断】昨季無冠の青黒軍団、バージョンアップで逆襲のシーズンに《ガンバ大阪》2017.02.23 21:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は明治安田生命J1リーグ4位で初の無冠を味わった昨シーズンの雪辱を期するガンバ大阪編をお届けする。

◆二兎も三兎も追う新生ガンバ
▽長谷川健太監督就任後、初めて無冠に終わった2016シーズン。5年目の指揮を執る長谷川監督は舵を切った。MF阿部浩之ら2014年の三冠メンバーに流失が相次いだ一方で、MF泉澤仁(大宮アルディージャ)やMF井出遥也(ジェフユナイテッド千葉)、DFファビオ(横浜F・マリノス)、DF三浦弦太(清水エスパルス)らを獲得。例年以上の戦力に入れ替わりが活発的だった中、布陣も中盤ダイヤモンド型の[4-3-1-2]を新たに導入した。チームのスローガンは『勝』で、長谷川監督も「二兎も三兎も追う」と気合十分。バージョンアップされた『新生ガンバ』で狙うは全冠だ。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽多くの変化があった今シーズンのG大阪におけるポイントは、長谷川監督が着手した「ボール(の主導権)を握って押し込むサッカー」の体現。この冬、阿部やMF大森晃太郎、DF岩下敬輔ら主力流失で戦力低下が懸念されたが、ここまでの戦いを見る限り、攻守両面においてダメージはない。むしろ、チームの根底にある鋭い攻守の切り替えはそのままに、ハイラインや前に人数を割いた攻め上がりといった、近年影を潜めてきた戦いを実現させている。あとは、その新たな戦い方の完成度をどこまで高めていけるか。その新スタイルが確立すると共に、MF堂安律やMF市丸瑞希、DF初瀬亮ら東京五輪世代がレギュラー争いに絡んでくれば、より魅力的な関西の雄をお目にかかれるはずだ。

◆予想フォーメーション[4-3-1-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:東口順昭
DF:オ・ジェソク、三浦弦太ファビオ、藤春廣輝
MF:井手口陽介、遠藤保仁、今野泰幸
MF:倉田秋
FW:長沢駿、アデミウソン
▽基本フォーメーションは、中盤ダイヤモンド型の[4-3-1-2]で、抜群の展開力と戦術眼を兼備するMF遠藤保仁のアンカーシステム。守備面で下り坂に差し掛かる遠藤のアンカー起用に関して、守備時のリスクが伴うことは長谷川監督も重々承知で、それよりも年々の迫力低下に苛まれる攻撃意識の再構築を優先した格好だ。ただ、長谷川監督は[4-2-3-1]やフラットな[4-4-2]を捨てたわけではない。対戦相手や試合状況に応じて、システムを使い分けてくるはずだ。

◆期待の新戦力
Getty Images
DF三浦弦太(日本)
1995年3月1日(21歳)
2016シーズン(J2):29試合0得点
▽ポテンシャルを秘めたリオ五輪世代の若き大型センターバック。スピード、一対一の強さ、ビルドアップで攻守両面の働きが可能で、すでにプレーオフを含むAFCチャンピオンズリーグ2試合で証明済みのセットプレーの強さも魅力の一つだ。いずれの能力もDF丹羽大輝やDF金正也ら既存のセンターバックにないもの。まだ荒削りな部分もあるものの、長らく適任不足に悩ましかった関西の雄にとって、待望の才能高きセンターバックの到着となる。

◆キープレーヤー
Getty Images
MF今野泰幸(日本)
1983年1月25日(34歳)
2016シーズン(J1):33試合4得点
▽新布陣[4-3-1-2]のキーマンは、今年34歳の誕生日を迎えたMF今野泰幸だ。今年1月28日に37歳の誕生日を迎えた遠藤のアンカー起用と、その機能性に注目が集まるところ。その両面で鍵を握る存在が今野とMF井手口陽介の両インサイドハーフとなる。昨年のJリーグヤングベストプレーヤーである井手口のプレーぶりから試行錯誤が目立つものの、今野は水を得た魚のように躍動感溢れるパフォーマンスを披露。新境地を開拓しつつあるボールハンターの攻守両面における働きから目が離せない。

コメント

関連ニュース

thumb

広島がパトリックの2GなどでG大阪下す!! 優勝に向けて軽快なスタート《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節、サンフレッチェ広島vsガンバ大阪が18日に行われ、4-0で広島が勝利した。 ▽今年はロシア・ワールドカップ(W杯)のために、中断期間が設けられ5月20日を最後におよそ2カ月ぶりの再開となったJ1。この間に各チームは補強や人員の整理を行った。 ▽ホームの広島の先発メンバーに大きな変わりはなく、工藤がリーグ戦では第12節以来の先発に。また、日本代表に選ばれていたものの、開幕前にケガで離脱したキャプテンの青山も先発入り。さらに、開幕節で右腕を負傷していた千葉がベンチ入りを果たした。 ▽対するG大阪は矢島と泉澤が退団し戦力ダウンに。一方でアデミウソンが第3節以来の復帰。そのほか遠藤や三浦、ファン・ウィジョが先発に名を連ねた。 ▽試合は思わぬ展開を見せた。8分、青山がスライディングでイーブンボールを奪いに行った際に、遅れてファビオが足裏を見せながらスライディングタックル。あまりにも危険な行為に主審は一発レッドカードを提示。G大阪は残り80分を1人少ない状態で臨むことになった。 ▽数的有利を得た広島。11分には左サイドのクロスからパトリックが頭で合わせるがGKの正面。21分のFKでは工藤の折り返しに佐々木が反応。頭で押し込みにいったが上手くいかなかった。 ▽優位に試合を進める広島は26分、敵陣右サイドでボールを回しながら時間を創ると、上がってきた和田の丁寧なクロスをパトリックが完璧なヘディングシュートで合わせ先制。パトリックはこれがリーグ戦11得点目となった。 ▽その後も広島は試合を支配し、41分に右サイドの青山のクロスを再びパトリックがダイビングヘッドで合わせて追加点を挙げた。 ▽広島の2点リードで迎えた後半、青山とのワンツーで左サイドを突破した柏が中へ切り込んでクロスを供給。クロス先のパトリックはDFに挟まれてシュートを打てなかったっが、DFに当たったこぼれ球を工藤が押し込んで広島は3点目を奪った。工藤はリーグ戦初ゴールとなった。 ▽このゴールで試合をほぼ決めた広島は65分に野上を下げて千葉を投入。第1節以来の出場にホームのファンからは歓声が。その中で、86分にはカウンターで左サイドを抜け出した柏のクロスを途中出場ティーラシンが合わせてダメ押しの4点目を追加。 ▽そのまま広島は相手に反撃を許すことなく試合をクローズ。2カ月ぶりのリーグ戦で白星を取り戻し、優勝に向けて軽快なスタートを切った。 2018.07.18 22:00 Wed
twitterfacebook
thumb

柏木の左足からW杯帰りの遠藤&槙野が圧巻の3発! セットプレー3発の浦和が名古屋撃破で4戦ぶり白星《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節の浦和レッズvs名古屋グランパスが18日に埼玉スタジアム2002で行われ、ホームの浦和が3-1で勝利した。 ▽3戦未勝利で中断期間に入った14位浦和と、13戦未勝利で最下位に低迷する名古屋による、浮上のキッカケを探る中断明けの重要な初戦。二度の監督交代を経た浦和は今回の中断期間を通じてオリヴェイラ体制移行後、初めてまとまった練習時間を確保し、戦術の落とし込みを徹底。次節からファブリシオら新戦力の登録が可能となる中、今回の一戦に向けてはW杯帰りの槙野と遠藤を早速起用し、[3-4-2-1]の布陣で臨んだ。 ▽一方、開幕連勝スタートもそこから13戦未勝利と泥沼の状態に陥った名古屋は今夏に丸山や中谷、エドゥアルド・ネットを獲得しJ1ワーストとなる30失点を喫した守備の立て直しに動いたが、今回の試合では現有戦力での戦いに。件の最終ラインは宮原、新井、櫛引、和泉となり、2トップはジョーとガブリエル・シャビエルが起用された。 ▽試合は開始直後から互いに決定機を作り合うオープンな展開に。開始1分、宇賀神のヘディングの落としに抜け出した興梠がボックス内で反転シュートを試みるが、これを枠に飛ばせない。直後の7分にはボックス手前で得たFKの場面でガブリエル・シャビエルのシュートのこぼれ球を宮原がゴール前に流すと、オフサイドラインぎりぎりで抜け出したジョーがスライディングシュートもここはGK西川の好守に阻まれる。 ▽その後は名古屋のハイラインの裏を狙うマルティノスを起点に浦和が決定機を作れば、名古屋も22分に児玉のお膳立てからガブリエル・シャビエルがクロスバーを掠める強烈なミドルシュートでゴールに迫る。 ▽前半半ばから終盤にかけても一進一退の攻防が続く中、浦和がセットプレーでゴールをこじ開ける。40分、左CKの場面でキッカーの柏木がアウトスウィングのボールを入れると、これをゴール前でフリーになった遠藤が豪快に頭で合わせ、W杯帰りの日本代表が今季初ゴールを決める。しかし、名古屋もすぐさま反撃に出ると、前半ラストプレーでジョーからボックス手前でパスを受けたガブリエル・シャビエルが左足を振り抜くと、ブロックに入ったDFマウリシオに当たって大きくコースが変わったボールがゴール左隅に突き刺さり、試合は1-1のスコアで折り返すことになった。 ▽迎えた後半もやや統制が取れていない名古屋の守備陣を相手に浦和が前半同様にチャンスを作っていくが、最後の砦であるGKランゲラックの牙城を破れない。流れを変えたい浦和ベンチは59分にマルティノスを下げて荻原、68分には宇賀神を下げて阿部をピッチに送り出す。すると70分、左CKの場面でキッカーの柏木がアウトスウィングのボールを入れると、これを今度はファーサイドの槙野が頭で合わせ、再び日本代表のゴールで勝ち越しに成功した。 ▽さらに畳みかける浦和は78分にも再び柏木の左足がゴールを演出する。左CKの場面でアウトスウィングのボールをニアに入れると、これを遠藤が頭でゴール右に流し込み、この試合2点目を記録した。 ▽同じ形のセットプレー3発で2点のビハインドを負った名古屋は3失点目直前に入れた内田に加え、80分に児玉と玉田に代えて佐藤と八反田を同時投入。ここからリスクを冒して前に出ていく。しかし、試合終盤に興梠を下げて森脇を投入するなど、完全に逃げ切り態勢に入った堅守浦和を脅かすような攻撃を見せられぬまま試合はタイムアップ。直近の天皇杯の松本山雅戦と同様に柏木のプレースキックが光った浦和はW杯で悔しさを味わった遠藤、槙野の攻守に渡る活躍で3-1の完勝。リーグ4戦ぶりの勝利で中断明け初戦を飾った。一方、セットプレーの守備に大きな課題を残した名古屋は厳しい3連敗で未勝利記録を14試合に更新した。 2018.07.18 21:56 Wed
twitterfacebook
thumb

横浜FMがとんでもゴールラッシュ!! 伊藤のハットトリックなどで大量8点を奪い仙台を圧倒《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節、ベガルタ仙台vs横浜F・マリノスが18日に行われ、8-2で横浜FMが勝利した。 ▽今年はロシア・ワールドカップのために、中断期間が設けられ5月20日を最後におよそ2カ月ぶりの再開となったJ1。この間に各チームは補強や人員の整理を行った。 ▽両チームとも大きな戦力強化はしなかったものの、ホームの仙台は板倉が累積で出場停止。横浜FMはミロシュ・デゲネクがレッドスター・ベオグラードに移籍し守備の要を欠いている。 ▽そんな中、仙台は大岩や奥埜、石原らが先発出場。横浜FMは金井や天野、伊藤らがスタメンとなった。中断前に勝利を挙げている両チーム。勝って連勝なるか。 ▽試合は早々に動く。2分、カウンターで左サイドを駆け上がった遠藤にボールが渡ると、クロスをゴール前でフリーになっていた仲川がシュート。一度GKにブロックされるものの、リフレクトを天野が押しこんで横浜FMが先制した。 ▽さらに12分、再び左サイドから攻める横浜FMは山中のクロスをGKより先に伊藤がつま先で合わせて追加点。第15節でも5得点で大勝した横浜FMがこの試合でも攻撃力を見せつける。 ▽攻撃の手を緩めない横浜FM。31分には味方のパスをボックス手前で受けた仲川がゴール左隅をつくシュートを沈めて3点目。さらにその2分後の33分には、敵陣右サイドでボールを奪った仲川がボックス内で潰れると、伊藤がこぼれ球を拾った伊藤が丁寧に押し込んで4点目を奪った。 ▽横浜FMが大量リードして迎えた後半だが、トリコロールの攻撃はとどまることを知らなかった。52分、右サイドからのクロスを遠藤が抑えると、パスを受けた山中がボックス手前左から豪快に左足を振り抜き超強烈な弾丸シュートを突き刺した。 ▽まだまだ横浜FMの攻撃は続く。59分、右サイド松原のスルーパスを仲川が受けると、折り返しを伊藤が押し込んで6点目。これで伊藤はハットトリックを達成した。 ▽横浜FMはなおも攻める。71分に得た右CK。天野のクロスを金井が身体で押し込み7点目。しかしその直後、仙台も途中出場のジャーメイン良が意地の一発を沈めて1点を返す。 ▽だが、81分にはこちらも途中出場のオリヴィエ・ブマルのゴールで横浜FMが8点目を奪った。 ▽90分に仙台が蜂須賀のゴールで2点目を決めるも焼け石に水。横浜FMが大量8得点を奪い、仙台を圧倒した。 2018.07.18 21:40 Wed
twitterfacebook
thumb

ホームで3得点の清水が天皇杯敗退の悪い流れを払拭する快勝劇!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節の清水エスパルスvsセレッソ大阪が18日にIAIスタジアム日本平で行われ、3-0で清水が勝利した。 ▽10位でリーグ中断を迎えた清水は、11日に行われた天皇杯3回戦のヴァンフォーレ甲府戦を惜敗。清水はその試合からスタメンを2人変更。GK西部とMF石毛に代えてGK六反とMFミッチェル・デュークを先発で起用した。 ▽一方、1試合未消化ながら4位でリーグ中断を迎えたC大阪は、直近に行われた天皇杯3回戦のツエーゲン金沢戦を3-0と快勝。リーグ戦3連勝で上位追走を狙うC大阪は、その試合からスタメンを3人変更。金沢戦で負傷のMF柿谷と外国人枠の関係でMFソウザがベンチ外となる中、ロシア・ワールドカップに臨んだMF山口やGKキム・ジンヒョンらが先発に復帰している。 ▽試合は早い時間に動きを見せる。11分、金子の右CKのこぼれ球を左サイドの松原が繋ぐと、ボックス左でボールを受けたファン・ソッコがシュート。これがゴールネットを揺らした。 ▽反撃に出たいC大阪だったが、再びスコアを動かしたのは清水。28分、白崎のスルーパスをボックス左で受けたミッチェル・デュークがダイレクトでクロスを供給。これは相手DFに当たるも、こぼれ球をボックス内で拾った北川が素早くシュート。これがゴール右隅に決まった。 ▽迎えた後半、2点リードする清水は66分にミッチェル・デュークを下げて石毛を投入。すると直後の67分、立田が放ったミドルシュートがボックス内の金子の足下へ渡ると、ボックス右に流れながら飛び出したGKをかわしクロス。これをクリスランがヘディングで流し込み、清水が3点目。 ▽リードを広げられたC大阪は、73分に清武を下げて山村、77分に水沼を下げて福満を投入し、前線の活性化を試みる。87分には、丸橋の右CKから清水ゴールに迫るも、これは飛び出したGK六反のパンチングに阻まれる。 ▽結局、最後までC大阪に主導権を与えなかった清水が3-0で勝利。清水が天皇杯敗退の悪い雰囲気を払拭する快勝劇で中断明けの初戦を飾った。 2018.07.18 21:38 Wed
twitterfacebook
thumb

高橋諒がJ1初ゴールも湘南vs鳥栖は痛み分けのドロー《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第16節の湘南ベルマーレvsサガン鳥栖が18日にShonan BMWスタジアム平塚で行われ、1-1のドローに終わった。 ▽昇格組ながら一桁順位も狙える12位で中断期間に入った湘南と、自動降格圏内の17位と苦しんだ中で中断期間に入った鳥栖による中断明けの重要な初戦。イ・ジョンヒョプ、アレン・ステバノヴィッチと外国籍のアタッカーを欠く湘南は菊地と梅崎を前線で起用したほか、齊藤や金子と若手をピッチに送り出した。 ▽一方、今夏元スペイン代表FWフェルナンド・トーレスの獲得を発表するなど、積極補強で巻き返しを図る鳥栖だが、今節まではトーレスら新戦力を起用することができないため、ケガのイバルボの不在も伴い池田と小野を2トップで起用した。 ▽立ち上がりからハードワークと攻守の切り替えを強調する両チームの特徴が出る試合展開に。序盤にペースを握った鳥栖は福田、原川のシュートでフィニッシュまで持ち込むが、相手に脅威を与えるまでには至らず。 ▽一方、時間の経過と共にサイドを起点にカウンターを仕掛ける湘南は前線での収まりを欠くものの、31分に菊地がシュートを放つなど徐々に反撃に打って出る。その後は互いにロングボールが目立つクローズな展開の中、鳥栖が波状攻撃からゴールネットを揺らす場面も作るが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。 ▽ゴールレスで折り返した試合は後半立ち上がりにいきなり動く。48分、右サイドを攻め上がった坂のクロスに対して、味方がニアに走り込んでDFを引っ張ると、後方から飛び込んだ高橋諒が巧みな右足のヒールシュートで合わせ、J1初ゴールを記録した。 ▽先制を許した鳥栖だが、失点直後にはロングスルーパスに抜け出した福田がゴール右でGKと一対一になるが、ここは相手GK秋元のビッグセーブに阻まれる。その後、高橋義を下げて田川、小林に代えて安在をピッチに送り出すと、田川の縦への仕掛けと安在の精度の高いクロスから決定機を作り出していく。 ▽すると81分、押し込んだ鳥栖がボックス手前左でパスを受けた吉田がグラウンダーで鋭いクロスを入れると、ニアで相手DFに当たってコースが変わったボールがゴールネットに吸い込まれ、土壇場で同点ゴールが生まれた。 ▽残り10分あまりで1-1の振り出しに戻った試合はここからさらにヒートアップを見せたが、互いに集中した相手の守備をこじ開ける力は残っておらず、このままタイムアップ。互いにハードワークという持ち味を出し切った一戦は痛み分けのドローに終わった。 2018.07.18 21:34 Wed
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース