【2017 J1チーム診断】昨季無冠の青黒軍団、バージョンアップで逆襲のシーズンに《ガンバ大阪》2017.02.23 21:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は明治安田生命J1リーグ4位で初の無冠を味わった昨シーズンの雪辱を期するガンバ大阪編をお届けする。

◆二兎も三兎も追う新生ガンバ
▽長谷川健太監督就任後、初めて無冠に終わった2016シーズン。5年目の指揮を執る長谷川監督は舵を切った。MF阿部浩之ら2014年の三冠メンバーに流失が相次いだ一方で、MF泉澤仁(大宮アルディージャ)やMF井出遥也(ジェフユナイテッド千葉)、DFファビオ(横浜F・マリノス)、DF三浦弦太(清水エスパルス)らを獲得。例年以上の戦力に入れ替わりが活発的だった中、布陣も中盤ダイヤモンド型の[4-3-1-2]を新たに導入した。チームのスローガンは『勝』で、長谷川監督も「二兎も三兎も追う」と気合十分。バージョンアップされた『新生ガンバ』で狙うは全冠だ。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽多くの変化があった今シーズンのG大阪におけるポイントは、長谷川監督が着手した「ボール(の主導権)を握って押し込むサッカー」の体現。この冬、阿部やMF大森晃太郎、DF岩下敬輔ら主力流失で戦力低下が懸念されたが、ここまでの戦いを見る限り、攻守両面においてダメージはない。むしろ、チームの根底にある鋭い攻守の切り替えはそのままに、ハイラインや前に人数を割いた攻め上がりといった、近年影を潜めてきた戦いを実現させている。あとは、その新たな戦い方の完成度をどこまで高めていけるか。その新スタイルが確立すると共に、MF堂安律やMF市丸瑞希、DF初瀬亮ら東京五輪世代がレギュラー争いに絡んでくれば、より魅力的な関西の雄をお目にかかれるはずだ。

◆予想フォーメーション[4-3-1-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:東口順昭
DF:オ・ジェソク、三浦弦太ファビオ、藤春廣輝
MF:井手口陽介、遠藤保仁、今野泰幸
MF:倉田秋
FW:長沢駿、アデミウソン
▽基本フォーメーションは、中盤ダイヤモンド型の[4-3-1-2]で、抜群の展開力と戦術眼を兼備するMF遠藤保仁のアンカーシステム。守備面で下り坂に差し掛かる遠藤のアンカー起用に関して、守備時のリスクが伴うことは長谷川監督も重々承知で、それよりも年々の迫力低下に苛まれる攻撃意識の再構築を優先した格好だ。ただ、長谷川監督は[4-2-3-1]やフラットな[4-4-2]を捨てたわけではない。対戦相手や試合状況に応じて、システムを使い分けてくるはずだ。

◆期待の新戦力
Getty Images
DF三浦弦太(日本)
1995年3月1日(21歳)
2016シーズン(J2):29試合0得点
▽ポテンシャルを秘めたリオ五輪世代の若き大型センターバック。スピード、一対一の強さ、ビルドアップで攻守両面の働きが可能で、すでにプレーオフを含むAFCチャンピオンズリーグ2試合で証明済みのセットプレーの強さも魅力の一つだ。いずれの能力もDF丹羽大輝やDF金正也ら既存のセンターバックにないもの。まだ荒削りな部分もあるものの、長らく適任不足に悩ましかった関西の雄にとって、待望の才能高きセンターバックの到着となる。

◆キープレーヤー
Getty Images
MF今野泰幸(日本)
1983年1月25日(34歳)
2016シーズン(J1):33試合4得点
▽新布陣[4-3-1-2]のキーマンは、今年34歳の誕生日を迎えたMF今野泰幸だ。今年1月28日に37歳の誕生日を迎えた遠藤のアンカー起用と、その機能性に注目が集まるところ。その両面で鍵を握る存在が今野とMF井手口陽介の両インサイドハーフとなる。昨年のJリーグヤングベストプレーヤーである井手口のプレーぶりから試行錯誤が目立つものの、今野は水を得た魚のように躍動感溢れるパフォーマンスを披露。新境地を開拓しつつあるボールハンターの攻守両面における働きから目が離せない。
コメント
関連ニュース
thumb

柏&長崎、参戦決定! ACL出場の広島&鹿島はプライムステージから《YBCルヴァンカップ》

2019 JリーグYBCルヴァンカップのグループ組み合わせ、日程が確定した。 19日に行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)プレーオフが行われ、サンフレッチェ広島と鹿島アントラーズがそれぞれ勝利し、ACL本大会出場が決定。これにより、両クラブはルヴァンカップにプライムステージから参戦することとなり、2018シーズンの明治安田生命J1リーグで17位だった柏レイソルと18位だったV・ファーレン長崎がグループステージから今大会に参加することとなった。 今シーズンの組み合わせと日程は以下の通り。 <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆グループステージ組み合わせ</span> ●Aグループ(4チーム) 北海道コンサドーレ札幌/横浜F・マリノス/湘南ベルマーレ/V・ファーレン長崎 ●Bグループ(4チーム) FC東京/ベガルタ仙台/サガン鳥栖/柏レイソル ●Cグループ(4チーム) セレッソ大阪/ヴィッセル神戸/名古屋グランパス/大分トリニータ ●Dグループ(4チーム) 清水エスパルス/ガンバ大阪/ジュビロ磐田/松本山雅FC <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆第1節</span> ▽3月6日(水) 【グループA】 《19:00》 V・ファーレン長崎 vs 湘南ベルマーレ [トランスコスモススタジアム長崎] 《19:30》 横浜F・マリノス vs 北海道コンサドーレ札幌 [ニッパツ三ツ沢球技場] 【グループB】 《19:00》 柏レイソル vs FC東京 [三協フロンテア柏スタジアム] 《19:30》 サガン鳥栖 vs ベガルタ仙台 [鳥栖スタジアム] 【グループC】 《19:00》 名古屋グランパス vs ヴィッセル神戸 [パロマ瑞穂スタジアム] 大分トリニータ vs セレッソ大阪 [大分銀行ドーム] 【グループD】 《19:00》 松本山雅FC vs 清水エスパルス [サンプロアルウィン] ジュビロ磐田 vs ガンバ大阪 [ヤマハスタジアム] <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆第2節</span> ▽3月13日(水) 【グループA】 《19:00》 北海道コンサドーレ札幌 vs V・ファーレン長崎 [札幌ドーム] 湘南ベルマーレ vs 横浜F・マリノス [Shonan BMW スタジアム平塚] 【グループB】 《19:00》 ベガルタ仙台 vs FC東京 [ユアテックスタジアム仙台] 柏レイソル vs サガン鳥栖 [三協フロンテア柏スタジアム] 【グループC】 《19:00》 名古屋グランパス vs 大分トリニータ [パロマ瑞穂スタジアム] ヴィッセル神戸 vs セレッソ大阪 [神戸総合運動公園ユニバー記念競技場] 【グループD】 《19:00》 清水エスパルス vs ジュビロ磐田 [IAIスタジアム日本平] ガンバ大阪 vs 松本山雅FC [パナソニックスタジアム吹田] <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆第3節</span> ▽4月10日(水) 【グループA】 《19:00》 北海道コンサドーレ札幌 vs 湘南ベルマーレ [札幌ドーム] 横浜F・マリノス vs V・ファーレン長崎 [ニッパツ三ツ沢球技場] 【グループB】 《19:00》 ベガルタ仙台 vs 柏レイソル [ユアテックスタジアム仙台] FC東京 vs サガン鳥栖 [秩父宮ラグビー場] 【グループC】 《19:00》 ヴィッセル神戸 vs 大分トリニータ [神戸総合運動公園ユニバー記念競技場] 《19:30》 セレッソ大阪 vs 名古屋グランパス [ヤンマースタジアム長居] 【グループD】 《19:00》 松本山雅FC vs ジュビロ磐田 [サンプロアルウィン] 清水エスパルス vs ガンバ大阪 [IAIスタジアム日本平] <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆第4節</span> ▽4月24日(水) 【グループA】 《19:00》 V・ファーレン長崎 vs 北海道コンサドーレ札幌 [トランスコスモススタジアム長崎] 《19:30》 横浜F・マリノス vs 湘南ベルマーレ [ニッパツ三ツ沢球技場] 【グループB】 《19:00》 ベガルタ仙台 vs サガン鳥栖 [ユアテックスタジアム仙台] FC東京 vs 柏レイソル [NACK5スタジアム大宮] 【グループC】 《19:00》 大分トリニータ vs 名古屋グランパス [大分銀行ドーム] 《19:30》 セレッソ大阪 vs ヴィッセル神戸 [ヤンマースタジアム長居] 【グループD】 《19:00》 清水エスパルス vs 松本山雅FC [IAIスタジアム日本平] ガンバ大阪 vs ジュビロ磐田 [パナソニックスタジアム吹田] <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆第5節</span> ▽5月8日(水) 【グループA】 《19:00》 北海道コンサドーレ札幌 vs 横浜F・マリノス [札幌ドーム] 湘南ベルマーレ vs V・ファーレン長崎 [Shonan BMW スタジアム平塚] 【グループB】 《19:00》 FC東京 vs ベガルタ仙台 [秩父宮ラグビー場] サガン鳥栖 vs 柏レイソル [鳥栖スタジアム] 【グループC】 《19:00》 大分トリニータ vs ヴィッセル神戸 [大分銀行ドーム] 《19:30》 名古屋グランパス vs セレッソ大阪 [パロマ瑞穂スタジアム] 【グループD】 《19:00》 ジュビロ磐田 vs 松本山雅FC [ヤマハスタジアム] ガンバ大阪 vs 清水エスパルス [パナソニックスタジアム吹田] <span style="font-weight:700;font-size:1.1em;">◆第6節</span> ▽5月22日(水) 【グループA】 《19:00》 湘南ベルマーレ vs 北海道コンサドーレ札幌 [Shonan BMW スタジアム平塚] V・ファーレン長崎 vs 横浜F・マリノス [トランスコスモススタジアム長崎] 【グループB】 《19:00》 サガン鳥栖 vs FC東京 [鳥栖スタジアム] 柏レイソル vs ベガルタ仙台 [三協フロンテア柏スタジアム] 【グループC】 《19:00》 セレッソ大阪 vs 大分トリニータ [ヤンマースタジアム長居] ヴィッセル神戸 vs 名古屋グランパス [ノエビアスタジアム神戸] 【グループD】 《19:00》 松本山雅FC vs ガンバ大阪 [サンプロアルウィン] ジュビロ磐田 vs 清水エスパルス [ヤマハスタジアム] ■プレーオフステージ ◎第1戦:6/19(水)、第2戦:6/26(水) ■プライムステージ ◎準々決勝 第1戦:9/4(水)、第2戦:9/8(日) ◎準決勝 第1戦:10/9(水)、 第2戦:10/13(日) ◎決勝 10/26(土) [埼玉スタジアム2002] ◆概要 <グループステージ> ・ACLに出場する4チーム(鹿島アントラーズ・浦和・川崎F・サンフレッチェ広島)を除くJ1の14チームとJ2の2チーム(前年度J1の17位、18位)の16チームを4グループに分け、各グループで2回戦総当たり(ホーム&アウェイ方式)のリーグ戦 ・各グループ上位2チームの8チームがプレーオフステージに進出 <プレーオフステージ> ・グループステージを勝ち上がった8チームにより、ホーム&アウェイ方式の2試合を行う ・プレーオフ勝者4チームがプライムステージに進出する <プライムステージ> ・プレーオフステージを勝ち上がった4チーム、およびACLに出場する4チーム(鹿島アントラーズ、浦和、川崎F、サンフレッチェ広島)を加えた計8チームにより、ホーム&アウェイ方式のトーナメント戦を行う。(決勝は1試合のみ) 2019.02.20 11:45 Wed
twitterfacebook
thumb

昨季トップチームデビューのG大阪GK谷晃生が左肩関節前方脱臼…J3では21試合出場

ガンバ大阪は20日、GK谷晃生(18)が左肩関節前方脱臼と診断されたことを発表した。 クラブの発表によると、谷は13日の練習中に負傷。 G大阪下部組織出身の谷は、2018年にトップチーム昇格。昨シーズンはYBCルヴァンカップ第5節に出場し、トップチームデビューを飾った。また、U-23チームの一員として明治安田生命J3リーグに21試合出場した。 2019.02.20 11:08 Wed
twitterfacebook
thumb

広島がJ開幕前に死闘…PK戦でチェンライ破り3季ぶり本戦へ《ACL2019》

サンフレッチェ広島は19日、広島広域公園陸上競技場でAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2019プレーオフに臨み、PK戦の末にチェンライ・ユナイテッド(タイ)を退け、5度目の本戦出場を決めた。 3シーズンぶりの本戦出場を狙う広島は先発メンバーに東京五輪世代のGK大迫を最後尾に起き、3バックに荒木、吉野、佐々木を起用。中盤4枚にエミル・サロモンソン、川辺、松本泰志、柏を並べ、1トップを務める皆川の背後に柴崎と野津田を配した。 若手主体で一発勝負の試合に挑むホームの広島が攻勢の展開となる。9分、皆川が右足アウトサイドで合わせたシュートが相手のハンドを誘い、PKのチャンスを獲得。このキッカーを皆川が務めたが、ゴール左を突くシュートは相手GKに読まれてしまう。 絶好の先制機を逸した広島は圧倒的に押しこむ中、15分に左ウィングバックの柏がドリブルでチャンスメーク。バイタルエリア中央でフリーの松本がマイナスのパスに右足ダイレクトで合わせてゴールを狙うが、枠に飛ばせず、これもゴールに繋がらない。 攻め続ける広島は30分以降も柴崎や荒木が積極的にシュート。36分にも左サイドの柏が蹴ったクロスにボックス中央の駆け引きで優位に立った皆川が頭で合わせてPK失敗の汚名返上を狙ったが、コースが甘く、相手GKの正面を突いてしまう。 前半を通じて圧倒的に攻め込みながらノーゴールに終わった広島は、迎えた後半も攻勢。ボールの主導権を一方的に握り続ける。59分、左CKから野津田のクロスにニアサイドの皆川がヘディング。だが、これも正確性を欠き、空砲に終わる。 嫌なムードが漂う広島は64分、まず1枚目の交代枠で野津田から東にスイッチ。70分、柴崎の右足ミドルシュートで獲得した右CKから東のクロスに荒木が右足ワンタッチで合わせる。だが、決定的な場面だったが、無情にもクロスバーを嫌われる。 77分にエミル・サロモンソンを下げて松本大弥を投入した広島は、82分に最後の交代枠で皆川を諦めて主砲パトリックをピッチへ。そのパトリックの決定力に勝負をかけた城福監督だったが、90分で決着をつけられず、延長戦にもつれ込む。 100分に延長戦で認められる4枚目の交代枠で荒木を下げて野上を起用した広島は118分、ボックス左に侵攻した東のクロスに柴崎が反応。相手DFに当たったボールをパトリックが押し込むが、オフサイドとの判定が下り、幻のゴールとなる。 結局、試合の行方はPK戦に委ねられ、4-3で制した広島が苦しみながら本戦へ。その本戦でグループFに入り、元日本代表FW本田圭佑を擁するメルボルン・ビクトリー(オーストラリア)や、広州恒大(中国)、大邸FC(韓国)と対戦する。 2019.02.19 21:50 Tue
twitterfacebook
thumb

伊藤初弾の前回覇者鹿島が豪州2位ニューカッスル下し本大会進出! グループEで山東魯能と同居《ACL2019》

鹿島アントラーズは19日、AFCチャンピオンズリーグ2019(ACL)プレーオフのニューカッスル・ジェッツ(オーストラリア)戦に臨み、4-1で勝利。この結果、グループステージへの進出が決まった。 2018シーズンの明治安田生命J1リーグを3位で終えた前年度アジア覇者鹿島と、昨シーズンのオーストラリア・リーグを2位で終えたニューカッスルによる一発勝負。鹿島は、最後尾にGKクォン・スンテ、最終ラインに安西、チョン・スンヒョン、町田、山本、中盤に土居、レオ・シルバ、永木、安部、最前線にセルジーニョ、伊藤を並べた。 試合開始早々、ボックス手前右でボールを持ったセルジーニョが勢いよくミドルシュートを放つ。これは枠を右に外れたものの、士気の高さを窺わせる入りを見せる。 その後、ややニューカッスルがボールを保持する時間が続くが、16分に再び鹿島にチャンスが訪れる。セルジーニョが右サイドから低い弾道のクロスを上げると、ボックス左浅い位置に飛び込んだ安部が左足のアウトサイドでジャンピングボレー。枠を外れたものの、意表を突く攻撃に相手の守備陣が浮足立ち始める。 そして18分、左CKの場面からボックス手前で前を向いてボールを持ったレオ・シルバが、ゴール前でニューカッスルDFを背負っていたセルジーニョに鋭いスルーパスを打ち込む。すると、セルジーニョがフリックして軌道を変えたボールが枠の右端に飛んでいく。一度はGKモスに阻まれたものの、こぼれ球に反応した伊藤が押し込み移籍後初ゴールとした。 しかし24分、ニューカッスルが好機をものにする。鹿島陣内中央付近のクトルンビスが最前線にボールを送ると、これが鹿島の選手に当たりボックス手前中央にこぼれる。反応したバルガスがシュートを放つと、今度はDFチョン・スンヒョンの身体に当たり、GKクォン・スンテの逆を突いたシュートがゴールに吸い込まれた。 それでも、鹿島は気を取り直して勝ち越しを目指す。32分、右サイドバックの安西がオーバーラップしてクロスを上げると、ボックス左に飛び込んだのは左サイドバックの山本。強烈なヘディングシュートがネットに突き刺さり、前半のうちに再びリードを奪う。 後半に入ると、ビハインドのニューカッスルがロングボールも交えつつ攻め込もうとするが、安部を中心に更なる得点を目指す鹿島がペースを掴ませない。前半からハードワークを続けているセルジーニョを中心にフォアチェックを徹底し、高い位置からショートカウンターを繰り返す。 61分、右サイドの安西がグラウンダーのクロスを供給し、ボックス手前中央のセルジーニョがワントラップしてシュート。しかし、枠を捉えたシュートはGKモスが弾く。良い時間帯が続く鹿島だが簡単には点差を広げさせてくれない。 それでも67分、ボックス内でボールを持ったレオ・シルバが倒されてPKを獲得。キッカーのセルジーニョが落ち着いて沈め、スコアを3-1とする。 72分、最後まで試合をコントロールしたい鹿島は幸先の良い先制点を挙げた伊藤に代えて遠藤を投入。土居を2TOPの一角に上げ、中盤の圧力を高めていく。そして、徐々に試合が落ち着いていく中、“新10番”の安部は80分にお役御免。山口との交代でピッチを退いた。 試合終了間際には、GKクォン・スンテのフィードに左サイドの山口が抜け出し、低い弾道のクロスを供給。ファーで合わせたセルジーニョが難なく沈め、スコアは4-1。その後、ニューカッスルの肉薄を許さずに試合が終了した。 この結果、勝利した鹿島はグループステージへの進出が決定。同日行われていたプレーオフのハノイ(ベトナム)戦を4-1で制した山東魯能(ベトナム)と共に、慶南FC(韓国)、ジョホール・ダルル・タクジム(マレーシア)が待つグループEで戦うこととなった。 2019.02.19 20:55 Tue
twitterfacebook
thumb

『超ワールドサッカー』 x 『DAZN』 #コトシハJガハンパナイ Twitterキャンペーン

『超ワールドサッカー』と、スポーツ・チャンネル『DAZN』がJリーグ開幕を前にTwitterキャンペーンをスタートした。 今回のキャンペーンは、『DAZN』がJリーグ開幕に合わせてSNSで展開している「#コトシハJガハンパナイ」を使用し、超ワールドサッカーでは「今年のJリーグでハンパナイ ベテラン」のお題で、皆さんからご意見を募集! 超ワールドサッカーのTwitterアカウント(<a href="https://twitter.com/ultrasoccer" target="_blank">@ultrasoccer</a>)にて投稿されるキャンペーンの該当ツイートを引用リツイートし、「ハンパナイベテラン」について、ご意見を募集します。 ツイートしていただいた方の中から抽選で1名様に、お好きなJリーグクラブの1stユニフォームをプレゼント!あなたたが思う、「ハンパナイベテラン」を投稿して下さい。 <div style="text-align:center;"><blockquote class="twitter-tweet" data-lang="ja"><p lang="ja" dir="ltr">\超ワールドサッカー× <a href="https://twitter.com/hashtag/DAZN?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#DAZN</a> <a href="https://twitter.com/hashtag/%E3%82%B3%E3%83%88%E3%82%B7%E3%83%8FJ%E3%82%AC%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%91%E3%83%8A%E3%82%A4?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#コトシハJガハンパナイ</a> Twitterキャンペーン/<br><br>「今年の <a href="https://twitter.com/hashtag/J%E3%83%AA%E3%83%BC%E3%82%B0?src=hash&amp;ref_src=twsrc%5Etfw">#Jリーグ</a> でハンパナイ ベテラン」を答えた1名様に希望クラブの1stユニが当たる<br><br>応募方法<br>1⃣<a href="https://twitter.com/ultrasoccer?ref_src=twsrc%5Etfw">@ultrasoccer</a> をフォロー<br>2⃣当ツイートを引用RTし「ハンパナイベテラン」を回答<br><br>詳細→<a href="https://t.co/lFoKMKmWyv">https://t.co/lFoKMKmWyv</a> <a href="https://t.co/bHY1RdEzYK">pic.twitter.com/bHY1RdEzYK</a></p>&mdash; 超ワールドサッカー (@ultrasoccer) <a href="https://twitter.com/ultrasoccer/status/1097441733674029057?ref_src=twsrc%5Etfw">2019年2月18日</a></blockquote> <script async src="https://platform.twitter.com/widgets.js" charset="utf-8"></script> </div> ■キャンペーン参加条件 ①超ワールドサッカー Twitterアカウント(<a href="https://twitter.com/ultrasoccer" target="_blank">@ultrasoccer</a>)をフォロー ②超ワールドサッカーアカウントが投稿した該当ツイートを引用RTして、「ハンパナイベテラン」について投稿 ■キャンペーン期間 2/18(月)18:00 〜 2/22(金)23:59 2019.02.19 16:30 Tue
twitterfacebook


アジアカップ

Jリーグ移籍情報

欧州移籍情報

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース