【2017 J1チーム診断】昨季無冠の青黒軍団、バージョンアップで逆襲のシーズンに《ガンバ大阪》2017.02.23 21:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は明治安田生命J1リーグ4位で初の無冠を味わった昨シーズンの雪辱を期するガンバ大阪編をお届けする。

◆二兎も三兎も追う新生ガンバ
▽長谷川健太監督就任後、初めて無冠に終わった2016シーズン。5年目の指揮を執る長谷川監督は舵を切った。MF阿部浩之ら2014年の三冠メンバーに流失が相次いだ一方で、MF泉澤仁(大宮アルディージャ)やMF井出遥也(ジェフユナイテッド千葉)、DFファビオ(横浜F・マリノス)、DF三浦弦太(清水エスパルス)らを獲得。例年以上の戦力に入れ替わりが活発的だった中、布陣も中盤ダイヤモンド型の[4-3-1-2]を新たに導入した。チームのスローガンは『勝』で、長谷川監督も「二兎も三兎も追う」と気合十分。バージョンアップされた『新生ガンバ』で狙うは全冠だ。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽多くの変化があった今シーズンのG大阪におけるポイントは、長谷川監督が着手した「ボール(の主導権)を握って押し込むサッカー」の体現。この冬、阿部やMF大森晃太郎、DF岩下敬輔ら主力流失で戦力低下が懸念されたが、ここまでの戦いを見る限り、攻守両面においてダメージはない。むしろ、チームの根底にある鋭い攻守の切り替えはそのままに、ハイラインや前に人数を割いた攻め上がりといった、近年影を潜めてきた戦いを実現させている。あとは、その新たな戦い方の完成度をどこまで高めていけるか。その新スタイルが確立すると共に、MF堂安律やMF市丸瑞希、DF初瀬亮ら東京五輪世代がレギュラー争いに絡んでくれば、より魅力的な関西の雄をお目にかかれるはずだ。

◆予想フォーメーション[4-3-1-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:東口順昭
DF:オ・ジェソク、三浦弦太ファビオ、藤春廣輝
MF:井手口陽介、遠藤保仁、今野泰幸
MF:倉田秋
FW:長沢駿、アデミウソン
▽基本フォーメーションは、中盤ダイヤモンド型の[4-3-1-2]で、抜群の展開力と戦術眼を兼備するMF遠藤保仁のアンカーシステム。守備面で下り坂に差し掛かる遠藤のアンカー起用に関して、守備時のリスクが伴うことは長谷川監督も重々承知で、それよりも年々の迫力低下に苛まれる攻撃意識の再構築を優先した格好だ。ただ、長谷川監督は[4-2-3-1]やフラットな[4-4-2]を捨てたわけではない。対戦相手や試合状況に応じて、システムを使い分けてくるはずだ。

◆期待の新戦力
Getty Images
DF三浦弦太(日本)
1995年3月1日(21歳)
2016シーズン(J2):29試合0得点
▽ポテンシャルを秘めたリオ五輪世代の若き大型センターバック。スピード、一対一の強さ、ビルドアップで攻守両面の働きが可能で、すでにプレーオフを含むAFCチャンピオンズリーグ2試合で証明済みのセットプレーの強さも魅力の一つだ。いずれの能力もDF丹羽大輝やDF金正也ら既存のセンターバックにないもの。まだ荒削りな部分もあるものの、長らく適任不足に悩ましかった関西の雄にとって、待望の才能高きセンターバックの到着となる。

◆キープレーヤー
Getty Images
MF今野泰幸(日本)
1983年1月25日(34歳)
2016シーズン(J1):33試合4得点
▽新布陣[4-3-1-2]のキーマンは、今年34歳の誕生日を迎えたMF今野泰幸だ。今年1月28日に37歳の誕生日を迎えた遠藤のアンカー起用と、その機能性に注目が集まるところ。その両面で鍵を握る存在が今野とMF井手口陽介の両インサイドハーフとなる。昨年のJリーグヤングベストプレーヤーである井手口のプレーぶりから試行錯誤が目立つものの、今野は水を得た魚のように躍動感溢れるパフォーマンスを披露。新境地を開拓しつつあるボールハンターの攻守両面における働きから目が離せない。

コメント

関連ニュース

thumb

ファンからの愛情を感じる石川直宏選手「それ以上に僕が愛していた」

▽6日、東京都吉祥寺のB&D吉祥寺店がリニューアルオープンイベントを行い、先日、現役を引退した元日本代表MF石川直宏選手が登場。MCの鈴木ダイさんと共に行われたトークイベントで、FC東京での自身のキャリアを振り返った。 <span style="font-weight:700;">――FC東京での現役生活を振り返ると?</span> 「自分が入った当時はJ1に上がって間もないころで、このクラブと共に自分も成長して強くなる。そういう思いがあって、2004年、2009年にはナビスコ杯(現:ルヴァン杯)で優勝しました。その後はJ2に落ちましたし、天皇杯も優勝しました」 「苦しい時期の方が多かったように思いますが、その時期を乗り越えたからこそ見えるものがあります。今回の最終戦でもそうですが、ケガでJ1では2年半ほど出られていませんでした。その中で、最後にやり遂げるんだという思いと、成長した姿を見せられたかなと思います。もちろん悔しい部分もあり今シーズンを終えましたが、1つ形としてみんなに示すことができたと思います」 <span style="font-weight:700;">――長い現役生活でしたが、これまでに忘れられない試合は?</span> 「スタートから最後の試合までが1つに繋がっています。自分の中でそれは途切れさせたくなかったです。例えば、J1の最後の試合は2015年7月の試合でしたが、ケガが治らずにピッチに立てなかったらあそこで途切れていました。地道にリハビリを続け、最後は引き分けでしたが、最初から最後まで繋ぐことができました。なので1つを選ぶことは難しいですが、唯一選ぶとしたらFC東京でのデビュー戦となった2002年4月のナビスコ杯。駒沢での清水戦ですかね」<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20171216_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">――あの当時は茂庭選手などもいて、最後のC大阪戦でも相手に茂庭選手がいましたが?</span> 「公私ともに仲が良いですね。今はC大阪でその前はタイにいましたが、未だに連絡を取り合っていますね。当時はまだ21歳ぐらいでした。このクラブをどう強くしていこうかと、毎週のように焼肉を食べながら熱い話を永遠としていました。その中で結局たどり着く答えはいつも一緒で、それでもずっと話をして。そういう志がありましたね」 <span style="font-weight:700;">――たどり着いた1つの答えとは? 「タイトルを獲ることです。逆算してやっていくのですが、僕らが試合に出ないと体現できないし経験もできません。試合に出るために何をするか。だから練習でどういうことをしようという話をしていました」 <span style="font-weight:700;">――ケガも多かったですが充実していた現役生活だったのでは?</span> 「どの試合、どの練習もおろそかにしたくなかったので、全力でやった結果、あっちこっち痛くなったというのもありますけどね(笑)」 <span style="font-weight:700;">――セレモニーや選手のコメントを見ても、石川選手が多くの方々から愛されている存在だと感じましたが、自分でも感じていますか?</span> 「もちろん感じましたが、僕はそれ以上にみんなのことを愛していました。相手チームの選手に対してもリスペクトを持って挑んでいましたし、最後の試合では相手チームから横断幕を出していただいて、とても嬉しかったです。普段は勝ち負けがありますが、試合が終わればひとつのサッカーファミリーだというものを感じられました」 2017.12.16 15:00 Sat
twitterfacebook
thumb

G大阪、サポーター3名を処分 当面禁止の非公認横断幕を使用

▽ガンバ大阪は15日、サポーター3名の処分を発表した。 ▽当該サポーターは、2日に敵地で行われた明治安田生命J1リーグ最終節のFC東京戦で非公認の横断幕を使用。これを違反行為としたG大阪は、当該サポーターに同クラブの公式戦入場禁止処分を科した。 ▽G大阪では、4月16日に行われた第7節のセレッソ大阪戦にて、一部サポーターによる政治的思想を連想させるフラッグ掲出が判明。以降、当面の公式戦における非公式の横断幕や旗、ゲートフラッグ等、全ての掲出物が禁止されている。 2017.12.16 13:30 Sat
twitterfacebook
thumb

現役を引退した石川直宏選手がアディダスのスパイクとの思い出を語る「マニアなんですよ」

▽6日、東京都吉祥寺のB&D吉祥寺店がリニューアルオープンイベントを行い、先日、現役を引退した元日本代表MF石川直宏選手が登場。MCの鈴木ダイさんと共に行われたトークイベントでは、アディダスのスパイクとの出会いについて語った。 <span style="font-weight:700;">――アディダスとの出会いは幼少の頃でしたか?</span> 「漠然とW杯をテレビで見ていて、コパムンディアルに憧れていましたが、高くて買えませんでした。もう少し安いコパSLXとか…。マニアなんですけどね(笑)。革がカンガルーで、いろいろな革の感じをサッカーショップで触っていましたね。欲しいけど買えないな。もっとお小遣いをためて買おうとか、そういう感じでしたね」 <span style="font-weight:700;">――やはりアディダスは憧れのブランドであり、憧れのスパイクでしたか?</span> 「ずっと憧れてきました」 <span style="font-weight:700;">――アディダスのスパイクを最初に履いてボールを蹴った瞬間って覚えています?</span> 「みんなサッカーをやっている人たちはわかると思いますけど、新しいスパイクを手にした瞬間から上手くなったような気がしたのを覚えています(笑)。選手モデルのものもありますが、そのスパイクを履いている選手の真似をしたり。僕らの時よりも、今の子たちの方がはっきりとしていると思います。憧れの中でスパイクを履ける喜びがありますね」 <span style="font-weight:700;">――石川選手がそうだったように、石川選手のプレーを見た子供たちが、そのスパイクを履いていく。このつながりはどうですか?</span> 「ありがたいですし、うれしいです。僕のプレーを真似してくれる子たちもいるかもしれないですしね。僕はプロ18年間でアディダスを履き続けていて、そういう意味でも感慨深いですね」<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20171216_2_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">――今回、アディダスからプレデター18が新しく登場しましたが試されましたか?</span>「練習場で履きましたね。フィット感が素晴らしいのと、表面上の加工が良い。皆さんにとっては昔のことなのでわからないかもしれませんが、98年のW杯でプレデターが出てきました。その時の感じ、懐かしさがありつつ、進化もある。その融合を感じられますね」 <span style="font-weight:700;">――サッカーファンやアディダスのファンは進化の度合いがわかるだけでたまらない。選手としても新しいスパイクを手にした時の感覚は少年と変わらないものですか?</span> 「変わらないですね。スパイクは、進化する過程と自分が進化する過程を重ね合わせるのに必要な存在。ネガティブなものではなく、こういう時にケガしたなとか。ゴールした時は、こうやって一緒に喜んだなとかそういう物の思い入れ、仲間の感覚がありますね」 2017.12.16 13:00 Sat
twitterfacebook
thumb

石川直宏氏が引退後初イベントへ!! 現役高校生に想いやサッカー観を伝授!!

▽6日、東京都吉祥寺のB&D吉祥寺店がリニューアルオープンイベントを行い、先日、現役を引退した元日本代表MF石川直宏選手が登場。現役高校生たちに思いやサッカー観を伝えた。 ▽B&D吉祥寺店のショップエリアは、アディダスフットボールの「STADIUM TO STREET」のテーマにフォーカスした新フロアとしてリニューアルされた。今回のイベントでは石川氏が特別ゲストとして登場し、一般招待された15名ほどの現役高校生などに対していろいろなアドバイスを行った。 ▽イベントに登場した石川選手はまず、18年間の現役生活を振り返り満足感を口にした。<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20171216_1_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「力を出し尽くしました。出し尽くし楽しみ尽くせたサッカー人生でした。張り詰めた中であの日を迎えたので、戦い抜いてホッとした部分。ホッとしすぎて体中がバキバキですね(笑)」 ▽そこからは、2001年、2002年にFC東京のスタジアムナビゲーターを務めた鈴木ダイさんとのトークイベントに突入。少年時代に抱いたアディダスのスパイクへの憧れやFC東京でのキャリア、プライベート、そして間近に迫ったロシア・ワールドカップについてコメント。最後には、来場者から質問を受け、自分の経験からアドバイスを送った。 2017.12.16 12:00 Sat
twitterfacebook
thumb

経験豊富なG大阪MF今野泰幸も韓国代表を警戒「間違いなく強い相手。苦労する」《EAFF E-1サッカー選手権》

▽日本代表は15日、16日に行われるEAFF E-1サッカー選手権2017の韓国代表戦に向けて都内でトレーニングを行った。 ▽トレーニング終了後、MF今野泰幸(ガンバ大阪)がミックスゾーンで記者の取材に応対。韓国を警戒し「最初のホイッスルから飛ばして行きたいです」と全力を出し切って勝ち切ると意気込んだ。 <span style="font-weight:700;">◆MF今野泰幸</span>(ガンバ大阪) <span style="font-weight:700;">──韓国代表の印象は</span> 「上手い選手も増えてきているし、元々気持ちを持った選手も多いので、間違いなく強い相手だと思います。苦労すると思います」 <span style="font-weight:700;">──今大会は0-0で粘って、最後に点を取ってという試合が続いているが</span> 「もちろん最初に点が取れた方が良いです。とにかく、最初から飛ばして90分間戦わないと、勝つのは難しい相手だなと思います。最初のホイッスルから飛ばして行きたいです」 <span style="font-weight:700;">──優勝するということはやはり大事か</span> 「やっぱり2位だと何も残らないです。1位をとれば、少しは歴史に名を刻めるのでね。とにかく結果にこだわりたいです。どんな内容であろうと気持ちで負けないで、がむしゃらに1位を獲りに行きたいです」 <span style="font-weight:700;">──ハリルホジッチ監督は中国戦の試合後に今野選手のプレーを褒めていたが、自身ではどうか</span> 「アンカーのポジションはそんなにやらないですけど、落ち着いてできましたね。最低限のことはできたと思います」 <span style="font-weight:700;">──ダブルボランチとは違いますか</span> 「全然違いますね。そこのポジションを空けたら、誰もいなくなってしまうので、ポジショニングが重要です。僕は本能的に動いてしまうので、そこを空けてしまうことが多いんですけどね。そこを気をつけながらプレーしました」 <span style="font-weight:700;">──経験が少ない選手が多い中で、だいぶ1つになっているような手応えは</span> 「そうですね。練習では監督がどんどん要求してきますし、それにみんなが応えようと必死にやっています。みんなもJリーグでは試合に出ている選手なので、経験も持っているし、サッカーも知っています。徐々に良くなっているとは感じます」 <span style="font-weight:700;">──中盤での自分の生かし方とかは見えてきているか</span> 「僕は経験があるので、色々な要求があるのは当然です。その中で自分の特徴を出していかないと、生き残れないのは分かっていることです。それができないなら、外れていくだけですね」 2017.12.15 20:50 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース