【2017 J1チーム診断】昨季無冠の青黒軍団、バージョンアップで逆襲のシーズンに《ガンバ大阪》2017.02.23 21:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は明治安田生命J1リーグ4位で初の無冠を味わった昨シーズンの雪辱を期するガンバ大阪編をお届けする。

◆二兎も三兎も追う新生ガンバ
▽長谷川健太監督就任後、初めて無冠に終わった2016シーズン。5年目の指揮を執る長谷川監督は舵を切った。MF阿部浩之ら2014年の三冠メンバーに流失が相次いだ一方で、MF泉澤仁(大宮アルディージャ)やMF井出遥也(ジェフユナイテッド千葉)、DFファビオ(横浜F・マリノス)、DF三浦弦太(清水エスパルス)らを獲得。例年以上の戦力に入れ替わりが活発的だった中、布陣も中盤ダイヤモンド型の[4-3-1-2]を新たに導入した。チームのスローガンは『勝』で、長谷川監督も「二兎も三兎も追う」と気合十分。バージョンアップされた『新生ガンバ』で狙うは全冠だ。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽多くの変化があった今シーズンのG大阪におけるポイントは、長谷川監督が着手した「ボール(の主導権)を握って押し込むサッカー」の体現。この冬、阿部やMF大森晃太郎、DF岩下敬輔ら主力流失で戦力低下が懸念されたが、ここまでの戦いを見る限り、攻守両面においてダメージはない。むしろ、チームの根底にある鋭い攻守の切り替えはそのままに、ハイラインや前に人数を割いた攻め上がりといった、近年影を潜めてきた戦いを実現させている。あとは、その新たな戦い方の完成度をどこまで高めていけるか。その新スタイルが確立すると共に、MF堂安律やMF市丸瑞希、DF初瀬亮ら東京五輪世代がレギュラー争いに絡んでくれば、より魅力的な関西の雄をお目にかかれるはずだ。

◆予想フォーメーション[4-3-1-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:東口順昭
DF:オ・ジェソク、三浦弦太ファビオ、藤春廣輝
MF:井手口陽介、遠藤保仁、今野泰幸
MF:倉田秋
FW:長沢駿、アデミウソン
▽基本フォーメーションは、中盤ダイヤモンド型の[4-3-1-2]で、抜群の展開力と戦術眼を兼備するMF遠藤保仁のアンカーシステム。守備面で下り坂に差し掛かる遠藤のアンカー起用に関して、守備時のリスクが伴うことは長谷川監督も重々承知で、それよりも年々の迫力低下に苛まれる攻撃意識の再構築を優先した格好だ。ただ、長谷川監督は[4-2-3-1]やフラットな[4-4-2]を捨てたわけではない。対戦相手や試合状況に応じて、システムを使い分けてくるはずだ。

◆期待の新戦力
Getty Images
DF三浦弦太(日本)
1995年3月1日(21歳)
2016シーズン(J2):29試合0得点
▽ポテンシャルを秘めたリオ五輪世代の若き大型センターバック。スピード、一対一の強さ、ビルドアップで攻守両面の働きが可能で、すでにプレーオフを含むAFCチャンピオンズリーグ2試合で証明済みのセットプレーの強さも魅力の一つだ。いずれの能力もDF丹羽大輝やDF金正也ら既存のセンターバックにないもの。まだ荒削りな部分もあるものの、長らく適任不足に悩ましかった関西の雄にとって、待望の才能高きセンターバックの到着となる。

◆キープレーヤー
Getty Images
MF今野泰幸(日本)
1983年1月25日(34歳)
2016シーズン(J1):33試合4得点
▽新布陣[4-3-1-2]のキーマンは、今年34歳の誕生日を迎えたMF今野泰幸だ。今年1月28日に37歳の誕生日を迎えた遠藤のアンカー起用と、その機能性に注目が集まるところ。その両面で鍵を握る存在が今野とMF井手口陽介の両インサイドハーフとなる。昨年のJリーグヤングベストプレーヤーである井手口のプレーぶりから試行錯誤が目立つものの、今野は水を得た魚のように躍動感溢れるパフォーマンスを披露。新境地を開拓しつつあるボールハンターの攻守両面における働きから目が離せない。

コメント

関連ニュース

thumb

趙東建の1点を死守した鳥栖が勝ち点3! 神戸は今季初の連敗…《J1》

▽22日に明治安田生命J1リーグ第8節のサガン鳥栖vsヴィッセル神戸がベストアメニティスタジアムで行われ、1-0で鳥栖が勝利した。 ▽7節を終えて、2勝2分け3敗で13位につける鳥栖と、5勝2敗で3位につける神戸の一戦。前節のジュビロ磐田戦で終了間際の劇的ゴールで1-2と敗れた鳥栖は、その一戦から先発メンバーを3人変更した。高橋義と小野、ビクトル・イバルボに代えて原川と小川、趙東建を起用した。趙東建はリーグ戦初先発となった。 ▽一方、前節の柏レイソル戦でアディショナルタイムの失点により逆転負けを喫し、首位から陥落した神戸はその一戦から先発メンバーを3人変更。中坂と藤田に代えて橋本と高橋秀人を起用した。また、前節の退場で出場停止となった岩波の位置には北本が入った。 ▽前節、アディショナルタイムの悲劇を味わった両者の一戦は、立ち上がりからオープンな展開となる。神戸は6分、渡邉がドリブルでボックス右へと侵攻すると、右足でシュート。こぼれ球に反応した小林成豪がプッシュを試みるも、オフサイドの判定が下されてしまう。 ▽すると、ピンチを脱した鳥栖が一瞬の隙から先制点。9分、最終ラインからのロングバスを趙東建が頭で落とすと、パスを受けた豊田が最終ラインの裏にスルーパスを出す。これに反応した趙東建がボックス内でGKとの一対一を迎え、一度はGKキム・スンギュに弾かれるもこぼれ球を自ら左足で押し込んだ。 ▽先制を許した神戸は19分、左サイドでボールを受けた橋本がボックス左にスルーパスを供給。これに抜け出した小林成豪が切り返しから右足を振り抜くも、GK権田の好守に阻まれる。 ▽その後も攻勢を続ける神戸は30分、敵陣中央左でのルーズボールを橋本がヘディングで前線へ送ると、これが最終ラインの裏へと転がる。これに反応した小林成がボックス内でシュートを放つも、わずかにゴール右を外れる。失点後は神戸がペースを引き寄せるも、0-1のビハインドで試合を折り返した。 ▽後半に入ると、ここまで押し込まれていた鳥栖が神戸へと迫る。48分、ハーフウェイライン付近でボールを受けた鎌田がボックス手前に鋭いパスを供給。これを走り込んだ趙東建が収めて、GKとの一対一を迎えるも、カバーに入った高橋義希に身体を入れられてしまい、好機を逸してしまう。 ▽リードを広げたい鳥栖は62分、鎌田からパスを受けた福田が敵陣中央左からクロスを供給。これを中央の豊田がバックステップを踏みながらヘディングシュートで合わせるが、GKキム・スンギュのブロックに防がれる。 ▽対する神戸は63分、橋本のパスを受けた渡邉がボックス左から右足を振り抜く。強烈なシュートをGK権田が見送るも、右ポストに嫌われる。 ▽その後も勢いよくゴールに迫る神戸と、粘り強いディフェンスから速攻を仕掛ける鳥栖のオープンな展開が続くも1点が遠い両者。鳥栖は85分、趙東建に代えて小林祐を投入し、守備固めに入る。 ▽すると終盤、鳥栖が前がかりになった神戸ディフェンスの背後を突き、ダメ押しのチャンスを迎える。90分、自陣でのクリアボールを高橋義希が前線へ送ると、鎌田が反応。そのままボックス内へと侵攻し、フリーで右足を振り抜くが、わずかにゴール右を外れ、GKとの一対一を決め切ることができない。 ▽なんとか同点に追いつきたい神戸は後半アディショナルタイム2分、ボックス手前でセカンドボールを収めた田中順也がボックス右に流すと、高橋義希が右足を振り抜くも、GK権田の正面。最後まで鳥栖の牙城を崩すことができず、試合終了。趙東建の1点を守り切った鳥栖が勝ち点3を獲得した。一方の神戸は、今シーズン初の連敗を喫した。 2017.04.22 21:15 Sat
twitterfacebook
thumb

太田の直接FK弾含む3発で新潟撃破! FC東京、3試合ぶりの白星《J1》

▽22日に明治安田生命J1リーグ第8節のアルビレックス新潟vsFC東京がデンカビッグスワンスタジアムで行われ、3-0でFC東京が勝利した。 ▽第7節を終えて、1勝2分け4敗で16位につける新潟と、3勝1分け3敗で8位につけるFC東京の一戦。2-0で勝利した前節のヴァンフォーレ甲府戦で今シーズン初勝利を飾った新潟は、その一戦と同様のメンバーを起用した。 ▽一方、前節の浦和レッズ戦で0-1の黒星を喫して今季初の連敗を喫したFC東京は、その一戦から先発メンバーを3人変更。室屋と永井、阿部に代えて太田と河野、大久保嘉人を起用した。 ▽試合は、立ち上がりからホームの新潟が前線のスピードを活かした攻撃で果敢に相手陣内へと攻め入るも、FC東京の固いディフェンスを前にシュートチャンスを作ることができない。 ▽前半半ばが経過すると、ここまで押し込まれていたFC東京がセットプレーから先制する。28分、ボックス手前やや左でFKを獲得すると、太田が左足を振り抜く。ゴール左上隅を狙ったシュートはGK大谷が伸ばした手をかすめることなく、ゴールネットに吸い込まれた。 ▽先制を許した新潟が攻勢を強めると31分、山崎の落としを受けたロメロ・フランクがボックス手前から右足でシュート。さらに32分、チアゴ・ガリャルドのパスでボックス右へと抜け出したホニが右足を振り抜くも、どちらも枠を捉えることができない。 ▽立て続けにチャンスを作った新潟は直後に決定機を迎える。34分、こぼれ球を拾ったチアゴ・ガリャルドがボックス手前から右足を振り抜く。これがゴール右隅を捉えるも、GK林がわずかに触れて右ポストに嫌われてしまい、1-0でFC東京がリードして試合を折り返す。 ▽後半に入ると1点ビハインドの新潟が攻撃を加速させる。62分、最終ラインからの縦パスに反応した加藤がボックス右に抜け出すと、相手DFにブロックされるもこぼれ球をホニが右足でシュート。しかし、これはGK林に正面でキャッチされる。 ▽その後も攻勢を続ける新潟だったが、一瞬の隙からFC東京が追加点を奪う。69分、高萩の縦パスに抜け出した太田が左サイド敵陣深くからグラウンダーのクロスを供給。これをボックス中央に走り込んだ橋本が右足で合わせ、ゴール左上に突き刺した。 ▽終盤に差し掛かると、リードを広げたFC東京がダメ押しのチャンス。80分、最終ラインからのボールを敵陣中央やや右で永井がヘディングで縦に流すと、ポストプレーに入った前田が潰れてボールはボックス右手前へと転がる。これに反応した大久保嘉人が抜け出すと、ソン・ジュフンに倒されてしまう。すると、ボックス外でのファウルにも見えたが、これがPKの判定。これを大久保嘉人自らが真ん中に沈め、3-0と新潟を突き放す。 ▽一矢報いたい新潟は終盤、ソン・ジュフンを前線に上げパワープレーに出るも、猛攻は実らず。3-0で快勝したFC東京は、3試合ぶりの勝利。一方の新潟は、今季初の連勝とはならなかった。 2017.04.22 18:07 Sat
twitterfacebook
thumb

磐田、今季初の連勝…中村俊輔の弾丸ミドル含む3発で鹿島を一蹴《J1》

▽22日に県立カシマサッカースタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第8節の鹿島アントラーズvsジュビロ磐田は、アウェイの磐田が3-0で勝利した。 ▽5勝2敗で3位の鹿島と、3勝1分け3敗で10位の磐田が激突した。今シーズン2度目の連勝街道を狙う鹿島は、高卒ルーキーの安部をJリーグ初先発起用。一方、今シーズン初の連勝を目指す磐田は、[3-4-2-1]のシステムを用いた。 ▽かつてJリーグの覇権を争った両チームの一戦は、立ち上がりから一進一退の攻防。やや鹿島ペースの中、磐田が均衡を破る。15分、ボールを持ち上がった中村俊輔がタメを作り、右サイドに展開。櫻内のクロスに中央の川又が頭で叩き込んだ。 ▽先制後、GKカミンスキーの負傷交代に見舞われた磐田だったが、21分に追加点。自身が上げた浮き球パスのクリアボールにすかさず反応した中村俊輔がバイタルエリア手前から左足を振り抜く。鋭い弾道のシュートをゴール右上隅に突き刺した。 ▽2点ビハインドで試合を折り返した鹿島は後半の頭から安倍、小笠原に代えて、ペドロ・ジュニオール、レオ・シルバを投入。前がかりになるが、59分に裏を取ったペドロ・ジュニオールのラストパスに精彩を欠くなど、ゴールネットを揺らすまでには至らない。 ▽続く63分にも金崎のお膳立てからペドロ・ジュニオールに決定機が巡ってきたものの、GK八田の牙城を打ち破ることができない鹿島。さらに、68分には遠藤のスルーパスから金崎がGKとの一対一を迎えるが、この好機もモノにすることができない。 ▽すると、鹿島の圧力に押されていた磐田が勝利を大きく手繰り寄せる3点目。84分、川又がバイタルエリア右寄りの位置で相手に囲まれながらボールをキープしにかかると、こぼれ球を拾った川辺が思い切りの良い右足のシュートでネットを揺らした。 ▽完全に瀬戸際に立たされた鹿島は最後の交代枠で遠藤を諦めて鈴木をピッチに送り込むが、時すでに遅し。最後までゴールが遠かった鹿島は2試合ぶりの黒星で今シーズン3敗目を喫した。昨年のJリーグ王者に完封勝ちの磐田は今シーズン初の連勝を飾っている。 2017.04.22 17:02 Sat
twitterfacebook
thumb

柏がクリス&中川のゴールで2連勝! 敗れた横浜FMは3連勝ならず《J1》

▽22日、明治安田生命J1リーグ第8節の柏レイソルvs横浜F・マリノスが日立柏サッカー場で行われ、2-0で柏が勝利した。 ▽現在3勝4敗の勝ち点9で11位につける柏と、4勝1分け2敗の勝ち点差13で5位につける横浜FMの対戦。柏は1-2で勝利した前節のヴィッセル神戸戦と同じ11名を先発させた。一方の横浜FMは0-1で勝利したサンフレッチェ広島戦から3名を変更。松原、ダヴィド・バブンスキー、マルティノスに変えて、新井、扇原、前田を起用。扇原は移籍後初先発となった。 ▽試合は2分、柏が最初のシュートを放つ。クリスティアーノがボックス右でボールを受けるとそのままシュート。しかし、GK飯倉がセーブする。 ▽横浜FMは6分、喜田が深い位置からドリブルで中央突破。これに対応した中谷が思わず倒してしまい、ボックス手前で横浜FMがFKを得る。このFKを天野が直接狙うも、枠を外してしまう。 ▽12分には、ウーゴ・ヴィエイラが倒され横浜FMがボックス手前で再びFKを獲得。これをウーゴ・ヴィエイラが低い弾道のシュートで狙うも、壁にブロックされる。 ▽横浜FMは攻勢に出る時間が続くも、決定機を作るに至らず。すると23分、左からのクロスに対し処理を誤った金井がハンド。柏がPKをゲットすると、クリスティアーノが右にしっかりと決めて柏が先制する。 ▽先制した柏はすぐさま追加点を奪う。27分、伊東が右サイドからのクロスを大谷がファーサイドで競り勝ち落とすと、中川が押し込み2-0とする。 ▽リードを広げられた横浜FMだったが、それでも攻撃のスイッチが入らない。齋藤にボールを集めるも、伊東、小池がしっかりと対応し、得意のドリブルを許さない。 ▽柏が2点リードで迎えた後半、立ち上がりに横浜FMはチャンス。48分、FKから天野がクロスを入れると、ミロシュ・デゲネクがシュート。しかし、枠を外してしまう。 ▽柏は50分、右サイドを仕掛けたクリスティアーノがミロシュ・デゲネクと競り合いながらも中央へ折り返すと、ボックス内でパスを受けた中川がシュート。これをGK飯倉がセーブすると、こぼれ球は中川に渡るも、GK飯倉がボックス外までプレスをかけ続け、シュートを打たせない。 ▽横浜FMは攻め手を見出だせず、ウーゴ・ヴィエイラに代えて伊藤を投入。しかし柏の攻勢はやまず、63分には伊東のクロスをクリスティアーノがヘッドで合わせるも、得点を奪えない。 ▽横浜FMは、70分に喜田のパスを受けた前田がボックス手前から左足で狙うも、GK中村が落ち着いてセーブする。 ▽終盤にかけては柏がボールを保持して時間を使い、クリスティアーノをターゲットに攻勢をかける。横浜FMは中澤を中心に粘りの守備を見せるも、攻撃がはまらず。後半アディショナルタイムには中澤も上がってパワープレーに出るも、決定的なチャンスを作れないまま試合終了。柏が2-0で横浜FMを下し、2連勝を飾った。一方上位を狙う横浜FMは3連勝を逃した。 2017.04.22 16:56 Sat
twitterfacebook
thumb

計6発の乱打戦はドロー…広島がラストワンプレーで仙台に追いつく! 《J1》

▽22日に明治安田生命J1リーグ第8節のサンフレッチェ広島vsベガルタ仙台がエディオンスタジアム広島で行われ、3-3の引き分けに終わった。 ▽第7節を終えて、1勝1分け5敗で17位に沈む広島と、3勝4敗で12位につける仙台が激突した。0-1で敗れた前節の横浜F・マリノス戦で今シーズン初の連勝を逃した広島は、その一戦から丸谷と清水に代えて千葉と柏を先発起用。フィリペ・シウバに代えて青山がリーグ戦3試合ぶりの先発復帰を果たした。 ▽一方、前節の鹿島アントラーズ戦で1-4の黒星を喫したリーグ3連敗中の仙台は、広島と同様に先発メンバーを3人変更。石川と藤村、茂木に代えて増嶋と富田、永戸を起用した。 ▽24日をもってクラブ創立25周年を迎える広島が『25周年記念試合』として位置付けた一戦。試合は立ち上がりからホームの広島が仙台ゴールへと迫るも、ラストパスが前線とかみ合わず、シュートまで至らない。 ▽広島は21分、左サイドでボールを受けた柏がカットインから右足を振り抜く。しかし、枠を捉えることができない。 ▽その後もセカンドボールを拾い続け、青山を起点に何度も両サイドの裏を突くも、クロスの精度を欠き、仙台ゴールを脅かすことができない。対する仙台もカウンターから敵陣へ迫るも、攻め上がる枚数が少なく決定機を作ることができない。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半、ここまでシュートまで結びつけることができなかった広島が先制に成功する。54分、右サイドの高橋からのクロスをゴール前中央で粘ると、ゴール前左で待ち構えていた柏が右足を振り抜いて、ニアサイドを射抜いた。 ▽待望の先制点を奪った広島は、攻勢を強める。すると60分、左サイドを突破した柏のクロスをファーサイドでアンデルソン・ロペスがダイレクトシュート。これは平岡にブロックされるも、こぼれ球を工藤が押し込み、ゴールネットを揺らした。 ▽立て続けに2点を奪われた仙台が反撃に出る。65分、ボックス手前で富田のパスを受けたクリスランがヒールでボックス左に送ると、走り込んだ三田が左足を振り抜く。しかし、ラインぎりぎりのところで千葉にかき出されてしまう。しかし、その3分後、右サイドを突破した三田がクロスを供給。これに反応した梁勇基が滑りながらも右足で合わせると、ゴール左隅に吸い込まれた。 ▽1点を返した仙台が攻勢を強めると73分、ボックス手前やや左でFKを獲得。これを三田が左足を振り抜いてゴール右上隅を狙うと、バーを叩いてゴールに突き刺した。さらに76分、ボックス手前での細かいパス回しからボックス左外に展開すると、増嶋が柔らかいクロスを供給。これに反応した石原が頭で押し込んだ。 ▽9分間で2点のリードを引っくり返された広島は、その後猛攻を仕掛けるも、守備固めに入った仙台ディフェンスを崩すことができない。 ▽それでも辛抱強く攻勢を続けると、ラストワンプレーでドローに持ち込む。後半アディショナルタイム5分、敵陣中央右から途中出場のミキッチがアーリークロス。ファーサイドに流れたセカンドボールを柏が頭で折り返すと、ゴール前で待ち構えていた柴崎が胸で収めて右足で押し込んだ。 ▽結局、そのまま試合終了。2点のリードを引っくり返されるも、土壇場で追いついた広島だったがメモリアルマッチを勝利で飾ることができず、対する仙台はリーグ戦4試合白星がない。 2017.04.22 16:41 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース