【2017 J1チーム診断】昨季無冠の青黒軍団、バージョンアップで逆襲のシーズンに《ガンバ大阪》2017.02.23 21:40 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は明治安田生命J1リーグ4位で初の無冠を味わった昨シーズンの雪辱を期するガンバ大阪編をお届けする。

◆二兎も三兎も追う新生ガンバ
▽長谷川健太監督就任後、初めて無冠に終わった2016シーズン。5年目の指揮を執る長谷川監督は舵を切った。MF阿部浩之ら2014年の三冠メンバーに流失が相次いだ一方で、MF泉澤仁(大宮アルディージャ)やMF井出遥也(ジェフユナイテッド千葉)、DFファビオ(横浜F・マリノス)、DF三浦弦太(清水エスパルス)らを獲得。例年以上の戦力に入れ替わりが活発的だった中、布陣も中盤ダイヤモンド型の[4-3-1-2]を新たに導入した。チームのスローガンは『勝』で、長谷川監督も「二兎も三兎も追う」と気合十分。バージョンアップされた『新生ガンバ』で狙うは全冠だ。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽多くの変化があった今シーズンのG大阪におけるポイントは、長谷川監督が着手した「ボール(の主導権)を握って押し込むサッカー」の体現。この冬、阿部やMF大森晃太郎、DF岩下敬輔ら主力流失で戦力低下が懸念されたが、ここまでの戦いを見る限り、攻守両面においてダメージはない。むしろ、チームの根底にある鋭い攻守の切り替えはそのままに、ハイラインや前に人数を割いた攻め上がりといった、近年影を潜めてきた戦いを実現させている。あとは、その新たな戦い方の完成度をどこまで高めていけるか。その新スタイルが確立すると共に、MF堂安律やMF市丸瑞希、DF初瀬亮ら東京五輪世代がレギュラー争いに絡んでくれば、より魅力的な関西の雄をお目にかかれるはずだ。

◆予想フォーメーション[4-3-1-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:東口順昭
DF:オ・ジェソク、三浦弦太ファビオ、藤春廣輝
MF:井手口陽介、遠藤保仁、今野泰幸
MF:倉田秋
FW:長沢駿、アデミウソン
▽基本フォーメーションは、中盤ダイヤモンド型の[4-3-1-2]で、抜群の展開力と戦術眼を兼備するMF遠藤保仁のアンカーシステム。守備面で下り坂に差し掛かる遠藤のアンカー起用に関して、守備時のリスクが伴うことは長谷川監督も重々承知で、それよりも年々の迫力低下に苛まれる攻撃意識の再構築を優先した格好だ。ただ、長谷川監督は[4-2-3-1]やフラットな[4-4-2]を捨てたわけではない。対戦相手や試合状況に応じて、システムを使い分けてくるはずだ。

◆期待の新戦力
Getty Images
DF三浦弦太(日本)
1995年3月1日(21歳)
2016シーズン(J2):29試合0得点
▽ポテンシャルを秘めたリオ五輪世代の若き大型センターバック。スピード、一対一の強さ、ビルドアップで攻守両面の働きが可能で、すでにプレーオフを含むAFCチャンピオンズリーグ2試合で証明済みのセットプレーの強さも魅力の一つだ。いずれの能力もDF丹羽大輝やDF金正也ら既存のセンターバックにないもの。まだ荒削りな部分もあるものの、長らく適任不足に悩ましかった関西の雄にとって、待望の才能高きセンターバックの到着となる。

◆キープレーヤー
Getty Images
MF今野泰幸(日本)
1983年1月25日(34歳)
2016シーズン(J1):33試合4得点
▽新布陣[4-3-1-2]のキーマンは、今年34歳の誕生日を迎えたMF今野泰幸だ。今年1月28日に37歳の誕生日を迎えた遠藤のアンカー起用と、その機能性に注目が集まるところ。その両面で鍵を握る存在が今野とMF井手口陽介の両インサイドハーフとなる。昨年のJリーグヤングベストプレーヤーである井手口のプレーぶりから試行錯誤が目立つものの、今野は水を得た魚のように躍動感溢れるパフォーマンスを披露。新境地を開拓しつつあるボールハンターの攻守両面における働きから目が離せない。

コメント

関連ニュース

thumb

横浜FM、東京VからDF畠中槙之輔を獲得

▽横浜F・マリノスは14日、東京ヴェルディに所属するDF畠中槙之輔(22)の完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽東京Vの下部組織出身の畠中は、2014年にトップチームデビュー。2016年シーズンの町田ゼルビアへのレンタル移籍を経て、4年目を迎えている今季は、明治安田生命J2リーグで28試合に出場している。 ▽シーズン途中で横浜FM行きを決断した畠中は、両クラブの公式クラブサイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆横浜F・マリノス 「東京ヴェルディから移籍してきました畠中槙之輔です。伝統あるクラブでプレーできることを嬉しく思います。少しでも早くチームの戦力として力になれるように頑張ります。応援よろしくお願いします」 ◆東京ヴェルディ 「今年こそ本気でJ1昇格を目指して、サポーター、選手、スタッフ、スポンサーの方々全員でチーム一丸として戦っている中で、今回このような形でシーズン途中に去ることになっていまい、本当に申し訳なく思っています。ただ、同期のJ1での活躍を見ていると、自分も早くレベルの高い舞台で戦いたいと思うようになり、決断しました。スクールの頃から含めて約12年間、本当にお世話になりました。ヴェルディのJ1昇格を心から願っています。本当にありがとうございました」 2018.08.14 20:12 Tue
twitterfacebook
thumb

【J1第22節プレビュー】イニエスタ躍動の神戸が広島を迎え撃つ注目の上位対決!3連勝中名古屋は横浜FMとの殴り合い必至?!

▽明治安田生命J1リーグ第22節の9試合が15日に行われる。各試合のポイントを簡単に紹介していく。 ▽前節の主役はMFアンドレアス・イニエスタだった。イニエスタとFWルーカス・ポドルスキが初共演したヴィッセル神戸は、ポドルスキの高速パスから、イニエスタが超絶トラップで相手を躱すと、続けてGKもひらりと躱し移籍後初ゴールをマーク。さらに追加点を奪った神戸は磐田に勝利し4位に浮上した。 ▽上位では、首位のサンフレッチェ広島がV・ファーレン長崎とのピースマッチを制した一方で、2位のFC東京がガンバ大阪に黒星を喫して勝ち点差は「8」に拡大。広島の独走に拍車がかかった。川崎フロンターレはMF大島僚太に今季初ゴールが生まれ2連勝。消化が1試合少ないながらも、FC東京に勝ち点差「1」に迫った。 ▽水曜日開催となる今節は、神戸と広島が激突。イニエスタは広島まで喰ってしまうのか。また、宮本恒靖体制初勝利を手にしたガンバ大阪はホームで北海道コンサドーレ札幌と対戦。3連勝中の最下位名古屋グランパスは、横浜F・マリノスとアウェイで対戦する。 ◆未勝利から連勝へ? 負けなしからの連敗回避へ? ベガルタ仙台 vs 湘南ベルマーレ [8月15日(水)19:00] ▽仙台は前節、柏レイソルとの能動サッカー対決を制して連敗を「2」でストップ。ホームでの連勝に期待がかかる。対する湘南は前節横浜F・マリノス戦で6戦ぶり敗北。連敗を避けるべくアウェイに乗り込む! ◆リスタート図る同勝ち点対決! 浦和レッズ vs ジュビロ磐田 [8月15日(水)19:00] ▽浦和は前節鳥栖戦で8戦ぶり敗北。物議醸す笛もあり好調に水を差した。対する磐田も前節神戸戦で6戦ぶり黒星。イニエスタの得点に話題が奪われ主役になれず。同勝ち点対決勝利で勢いを取り戻すのは? ◆窮地の両者、虎口を脱するのは? FC東京 vs 柏レイソル [8月15日(水)19:00] ▽FC東京は前節敗北で首位との勝ち点差が8に拡大。そして今節はFWディエゴ・オリヴェイラが出場不可と窮地に瀕している。対する柏も一歩間違えば降格圏に。絶対に落とせない一戦が幕を開ける。 ◆大島僚太か、原川力か…勝利に導くリオ世代ボランチは? 川崎フロンターレ vs サガン鳥栖 [8月15日(水)19:00] ▽前節ついに川崎Fの10番・大島僚太に今季初弾。W杯後ゴールへの意識を高めている司令塔がここからどんなプレーを魅せてくれるか注目だ。一方、鳥栖は原川力が前節CKでアシスト。今季セットプレーからの失点が多い古巣の脅威となるか ◆前節1Gの都倉賢、ツネ様体制初勝利のG大阪に襲いかかる ガンバ大阪 vs 北海道コンサドーレ札幌 [8月15日(水)19:00] ▽宮本恒靖体制初勝利を飾ったG大阪。エースのファン・ウィジョが不在の中、前節J1デビューの一美和成にかかる期待は大きい。札幌も三好康児がいないが、上位生き残りへ負けられない。前回対戦1Gの都倉賢がパナスタでも暴れるか ◆C大阪、憎き清水撃破で連続未勝利終焉なるか セレッソ大阪 vs 清水エスパルス [8月15日(水)19:00] ▽中断明け以降未勝利と苦境続きのC大阪。そのきっかけである清水を打ち砕き、再び上昇したい。注目は古巣戦の高木俊幸だ。一方の清水は前節連敗に加え、ドウグラスが脳しんとうに。対C大阪戦2試合3Gの北川航也がこのピンチを救えるか ◆注目の上位対決、イニエスタの超絶技巧に広島が立ち向かう ヴィッセル神戸 vs サンフレッチェ広島 [8月15日(水)19:00] ▽イニエスタの神業ゴールで、前節3試合ぶりの勝利を飾った4位神戸の次なる相手は、長崎とのピースマッチを制し、2位との勝ち点差「8」で首位に立つ広島だ。今節屈指の上位対決。イニエスタの超絶技巧が広島に襲いかかる! ◆降格圏迫る長崎が鹿島イ相手に初勝利を目指す V・ファーレン長崎 vs 鹿島アントラーズ [8月15日(水)19:00] ▽リーグ再開後からわずか1勝の長崎は負ければ一気に最下位転落の可能性も。それでもヨルディ・バイス加入で失点は確実に減少傾向にある。一方の鹿島は前節、最下位の名古屋相手に4失点黒星。下位相手に2戦連続不覚を取ることは許されない。 ◆ノーガードの殴り合いを制すのは 横浜F・マリノス vs 名古屋グランパス [8月15日(水)19:30] ▽湘南戦の勝利で連敗から脱出した横浜FMだが、今夏に守備の要が2人も退団した代償は大きく、自慢のパスサッカーも不安定な戦いが続いている。対する名古屋は最下位ながらも攻撃陣爆発で3連勝中。ノーガードの殴り合い必至?! 2018.08.14 19:00 Tue
twitterfacebook
thumb

【六川亨の日本サッカーの歩み】ソウル五輪予選で日本を破った中国選手の息子がJ1で活躍

▽先週末10日のJ1リーグ、今シーズンから導入された「フライデーナイトJリーグ」のG大阪対FC東京戦で、懐かしい名前を久々に聞いた。試合はG大阪がファビオのゴールで先制すれば、FC東京もディエゴ・オリヴェイラが個人技による突破から同点に追いつく。そして迎えた後半アディショナルタイムの95分、G大阪は高宇洋(こう たかひろ)のアシストからアデミウソンが決勝点を決めて9試合ぶりの、宮本監督になってからは初の勝利をあげた。 ▽試合後、解説を務めた水沼貴史さんは決勝点をアシストした高をヒーローインタビューしたが、そこで「僕もお父さんと試合をしたことがあるんですよ」と高に話しかけたのでピンと来た。 ▽調べたところ高は川崎Fの下部組織出身で、ユースに昇格できたものの市立船橋高に進み、高校3年時にはインターハイで優勝している。そして市立船橋高に在学中に日本国籍を取得した。ボランチとしてJの複数クラブから声がかかり、G大阪に入団したのが昨シーズンのこと。昨夏にはA契約を結んだのだから、将来を嘱望される選手なのだろう。 ▽さて彼の父親である。水沼さんが「試合をしたことがある」のは、忘れもしない87年のソウル五輪アジア最終予選の中国戦だ。日本はアウェー広州での試合を原博実のゴールにより1-0の勝利を収めた。あとは日本でのホームゲームで引き分ければ20年ぶりの五輪出場が決まる。しかしホームで0-2と敗れ、五輪出場の夢を断たれた。 ▽そのときの中国DFが高の父親である高升(こう しょう)だった。当時の中国には後にG大阪入りするストッパー賈秀全や、馬林、柳海光といった大型ストライカーを擁し、1948年のロンドン五輪以来40年ぶりの五輪出場を果たした。 ▽なぜ高升の名前を覚えていたかというと、その後は沈祥福、呂洪祥ら中国代表のチームメイトから誘われ、富士通(現川崎F)でプレーしたからだった(当時の富士通はJSL2部)。当時の富士通は中国に進出するため、中国人選手を獲得したという噂も流れた。日本での現役生活は91年から95年の4年間と短かったものの、その間に日本人女性と結婚し、06年には川崎Fの指導者を務めたこともある。 ▽さらに岡田武史氏が中国スーパーリーグの杭州緑城の監督を務めた際は、アシスタントコーチとして同氏を支えるなど、日本との縁も深い。現役時代の水沼氏にとっては五輪出場を阻まれたライバルでもある高升。ひょんなところから懐かしい名前が飛び出したものだと感心せずにはいられなかった。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2018.08.14 13:00 Tue
twitterfacebook
thumb

G大阪、U19代表GK谷晃生とプロA契約 今季堂安律以来の飛び級昇格

▽ガンバ大阪は14日、U-19日本代表GK谷晃生(17)のプロA契約移行を発表した。 ▽谷は、6月10日に行われた明治安田生命J3リーグ第13節の福島ユナイテッドFC戦でプロA契約の規定である公式戦出場時間に到達した。 ▽G大阪ユース出身の谷は今年、MF堂安律(現フローニンヘン)以来の飛び級でトップチームに昇格。将来のG大阪を担うGKとして期待される。 ▽今シーズンは、G大阪U-23の一員として明治安田生命J3リーグを主戦場にプレー。ここまで9試合に出場している。 2018.08.14 12:00 Tue
twitterfacebook
thumb

横浜FM、DFチアゴ・マルチンスが期限付き加入 J1リーグ37失点の守備陣補強

▽横浜F・マリノスは14日、パルメイラスに所属するブラジル人DFチアゴ・マルチンス(23)の期限付き移籍加入を発表した。 ▽パルメイラス下部組織出身のチアゴ・マルチンスは、パイサンドゥやバイーアといったブラジル国内でプレーしてきた身長185cmのセンターバック。今シーズンのここまでJ1ワースト2位の37失点を記録する横浜FMにとって、新たなDF到着となる。 ▽チアゴ・マルチンスはクラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 「このチャンスをいただき大変嬉しく思います。横浜F・マリノスのユニフォームを着て皆さんの前でプレーすることがとても待ち遠しいです。ビルドアップや1対1のデュエルの部分が自分の特長だと思っていますし、欲を言えばゴールも狙っていきたいと思っています。F・マリノスに加入することが出来てとても幸せです。チームの目標達成のために全力を尽くしたいと思います」 ▽横浜FMは現在、J1リーグ6勝5分け9敗の13位。15日に行われる次節、最下位に沈む名古屋グランパスをホームに迎え撃つ。 2018.08.14 10:25 Tue
twitterfacebook


ロシアW杯

超WS×MON

ACL

欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース