超ワールドサッカー

セルビアで90分間に渡る人種差別的やじ…ブラジル人MF「涙を抑えられなかった」2017.02.23 01:39 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) goal.com
セルビア・スーペルーリーガの試合中、90分間に渡って人種差別的なやじが続いた。地元テレビ局『B82テレビジョン』が報じた。

19日、セルビア・スーペルリーガ第22節が行われ、パルチザン・ベオグラードが敵地で地元のライバル、ラド・ベオグラードと対戦。この試合でパルチザン所属のブラジル人MFエベルトン・ルイスは試合中、ボールを触る度に人種差別的なやじを浴びせられた。

また、スタンドではルイスを侮辱するようなバナーを掲げるサポーターの姿もあった。さらに試合後、逆にルイスがラドのサポーターに向かって侮辱的なジェスチャーを起こすなど、混沌とした事態に陥った。

ルイスは「90分間に渡って差別的な扱いを受けて涙を抑えられなかった」とコメントを残した。

近年、セルビアのサッカー界ではサポーターの人種差別的な行動が度々問題視されてきた。今回もまた、セルビアの首都ベオグラードで再びサポーターの問題行動が暗い影を落とすこととなってしまった。


提供:goal.com

コメント



Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース