【2017 J1チーム診断】大前流出も新進気鋭の若手&新加入の実力者でJ1定着を目指す《清水エスパルス》2017.02.22 21:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は昨シーズンの明治安田生命J2リーグで2位となり、1年でのJ1復帰を果たした清水エスパルス編をお届けする。

◆残留のカギは新鋭のさらなる成長
▽J1復帰元年の今シーズン。当面の目標はJ1残留だ。小林体制2年目を迎えるにあたり、今オフには大黒柱FW大前元紀の流失に苛まれたが、リオ五輪世代のMF野津田岳人と日本代表招集経験者のGK六反勇治といった攻守両面で軸になり得る選手を獲得。全体的に選手層の薄さが気がかりだが、チームにはJ2での戦いを通じて頭角を現しつつあるDF松原后、MF白崎凌兵、FW金子翔太、FW北川航也らポテンシャルを秘めた新鋭が多く在籍している。彼らがJ1という舞台でも昨年と同様の活躍を見せることができれば、目標達成への機運も高まる。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽大前が抜けた攻撃陣がどれだけJ1で通用するかが一つポイントだ。昨シーズン、チーム全体で総得点85得点を記録したが、そのうち25得点は大前、36得点はFW鄭大世が演出したもの。それだけに、攻撃力の低下が不安視される。さらに、大前という相棒を失った鄭大世に対する負担も気になるところだ。そこで、カギとなり得るのが若手の存在。先述した白崎や、新加入の野津田ら才能溢れる若手が、J1というトップリーグで鄭大世をフォローすることができるか。チームが新体制発表会見で目標に掲げる「15勝、勝ち点50、9位以内」を達成するためには、若手の台頭が不可欠となるだろう。

◆予想フォーメーション[4-4-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:六反勇治
DF:鎌田翔雅、犬飼智也、角田誠、松原后
MF:野津田岳人、河井陽介、竹内涼、白崎凌兵
FW:鄭大世、北川航也
▽昨季に引き続き [4-4-2]がベースとなるだろう。左サイドのホットラインはほぼ当確。期限付き移籍期間の満了で退団したDF川口尚紀の右サイドバックの後釜と鄭大世の相方探しには、時間を要すと思われる。このポジションの問題解決と複数のポジションをこなすことができる新外国人選手のDFカヌとDFフレイレの適性の見極めが急務だ。

◆期待の新戦力
Getty Images
MF野津田岳人(日本)
1994年6月6日(22歳)
2016シーズン(J1):18試合2得点
▽レフティーモンスターから繰り出されるキックには、攻撃にアクセントを加え、昨季と違う得点パターンを増やす可能性を秘めている。また、長身選手が複数いるこのクラブでは、FKの場面で直接狙うだけでなく、味方に合わせるという選択も可能。状況を打破する強烈なシュートに磨きがかかれば、集中するであろう鄭大世のマークを分散させることにも繋がり、"リオ五輪世代のホープ"から"真のレフティーモンスター"に飛躍を遂げるだろう。

◆キープレーヤー
Getty Images
MF白崎凌兵(日本)
1993年5月18日(23歳)
2016シーズン(J2):31試合8得点
▽昨季は8得点6アシストと飛躍。J2で再起した鄭大世の得点力ももちろんだが、それを活かせるかどうかは、今季から背番号"10"を任されたこの男に懸かっている。抜群の攻撃センスと身体能力を兼ね備えたアタッカーに、チャンスメイクや前線の活性化が求められることはもはや当然。エースナンバー"10"を背負う以上、クラブの目的達成のために彼に期することは、戦いの舞台がJ1に上がろうとも、昨季に残した数字同等もしくはそれ以上の結果を残すこと以外にない。昨季から積み上げてきた松原、竹内との左サイドがオレンジ軍団復活への活路を見出してくれるはずだ。

コメント

関連ニュース

thumb

DAZN週間ベストプレイヤーが発表! 第8節はFC東京、磐田、G大阪から最多2名が選出

▽DAZNは24日、明治安田生命J1リーグ第8節の全試合からDAZN週間ベストプレイヤー11名を発表した。 ▽今回は、FC東京、ジュビロ磐田、ガンバ大阪から最多2名ずつがノミネート。今回発表されたDAZN週間ベストプレイヤーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">GK</span> 林彰洋(FC東京) <span style="font-weight:700;">DF</span> 三浦弦太(ガンバ大阪) 畑尾大翔(ヴァンフォレー甲府) 森下俊(ジュビロ磐田) 太田宏介(FC東京) <span style="font-weight:700;">MF</span> 中村俊輔(ジュビロ磐田) 三田啓貴(ベガルタ仙台) 中村憲剛(川崎フロンターレ) 柏好文(サンフレッチェ広島) <span style="font-weight:700;">FW</span> 堂安律(ガンバ大阪) ラファエル・シルバ(浦和レッズ) 2017.04.25 08:15 Tue
twitterfacebook
thumb

Jリーグ、楽天との提携発表…3本柱完成のラストピースとして期待《JリーグオフィシャルECプラットフォームパートナー》

▽Jリーグは24日、楽天株式会社と「JリーグオフィシャルECプラットフォームパートナー」契約を締結することで合意に達したことを発表した。これを受けて、同日にJFAハウスで共同記者会見を実施。Jリーグチェアマンを務める村井満氏と、楽天株式会社で代表取締役会長兼社長を務める三木谷浩史氏が出席した。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170424_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽本契約締結により、Jリーグ運営の『Jリーグオンラインストア』は7月中旬をめどにリニューアル。その後、楽天が商品ページの制作、商品の発送、カスタマーサポートまで承る。リニューアル後はJリーグ全クラブ別のオンラインストアページが登場予定。各クラブのECサイト運営における負担軽減と、ファン・サポーターにグッズがより簡単に届く環境提供を図る。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170424_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽会見に出席した村井氏は「ECで日本最大級の楽天とタイアップできた。リーグのサポート構造の中には、3本の柱がある。1つは明治安田生命とのリーグパートナー、もう1つはDAZNとの放映権。そして、第3の柱が物販。(楽天との契約締結は)第3の新しい柱を完成させる最後のピース」と述べ、楽天の支援によるマーチャンダイジングの向上に期待を寄せた。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170424_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽対する三木谷氏は「海外ではリーグがマーチャンダイジングを束ねるのが潮流。それが集客力と生み、魅力を生む。DAZNという新しいプラットフォームの活用に合わせて、我々もインターネットショッピングのプラットフォームを提供することで、ますますJリーグが発展し、盛り上がる」とマーチャンダイジングの部分でサポートを誓った。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170424_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽また、質疑応答時には、Jリーグ側と楽天側がそれぞれ応対。契約締結理由を問われた村井氏は、「1つは顧客基盤が日本で圧倒的であること。そして、三木谷さん自身がスポーツを通じて、人が喜ぶライブ型のエンターテイメントを広くカバーし、非常に関心をお持ちの方」であることを挙げ、楽天を親会社とするヴィッセル神戸を特別視せず、全クラブと対等な関係を築いていく考えを明かした。 2017.04.24 20:00 Mon
twitterfacebook
thumb

G大阪DF野田裕喜が左脛骨疲労骨折で手術

▽ガンバ大阪は24日、DF野田裕喜が左脛骨疲労骨折で21日に手術を受けたことを発表した。 ▽野田は昨年に大津高校からG大阪に入団。今シーズンは、ここまでU-23カテゴリーが属する明治安田生命J3リーグで2試合の出場を記録している。 2017.04.24 14:26 Mon
twitterfacebook
thumb

磐田MFムサエフ、右内転筋肉離れで全治2〜3週間の離脱…今季J1で7試合2ゴール

▽ジュビロ磐田は24日、ウズベキスタン代表MFムサエフが右内転筋肉離れで全治2〜3週間程度と診断されたことを発表した。クラブの報告によれば、ムサエフは18日に行われたトレーニング中に負傷。浜松市内の医療機関にて検査を受けた。 ▽ムサエフは、Jリーグ初のウズベキスタン人選手として今シーズンから磐田でプレー。ここまでは、22日に行われた明治安田生命J1リーグ第8節の鹿島アントラーズ戦を除き、開幕から全試合に先発出場(2ゴール)を続けていた。 2017.04.24 14:00 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第8節】7年ぶりカシマ攻略の磐田から最多5選手がノミネート!

▽明治安田生命J1リーグ第8節の全9試合が21日から22日にかけて開催された。超WS編集部がJ1第8節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第8節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:八田直樹 DF:小池龍太、三浦弦太、キム・ミンヒョク MF:関根貴大、井手口陽介、山本康裕、藤本淳吾 MF:中村俊輔、川辺駿 FW:川又堅碁 ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">八田直樹</span>(ジュビロ磐田/初) ▽GKカミンスキーの負傷で急きょプレーも終始安定したセービングを披露。勝利を呼び込んだ DF<span style="font-weight:700;">小池龍太</span>(柏レイソル/初) ▽横浜F・マリノスのキーマンである対面のMF齋藤学を封殺。徹底したマークでチームを今季初の連勝街道に導いた DF<span style="font-weight:700;">三浦弦太</span>(ガンバ大阪/3度目) ▽鋭い出足で相手のキーマンをほぼほぼ封殺。63分には得意のセットプレーからJ1初ゴール DF<span style="font-weight:700;">キム・ミンヒョク</span>(サガン鳥栖/初) ▽地に足をつけた守備でディフェンス陣を好リード。激しさと冷静さをうまく使い分けた対応を終始披露 MF<span style="font-weight:700;">関根貴大</span>(浦和レッズ/2度目) ▽22歳のバースデー後の初戦でゴール。圧倒的な突破力で違いに MF<span style="font-weight:700;">井手口陽介</span>(ガンバ大阪/2度目) ▽チームが久々に使用した2ボランチシステム下で躍動感溢れるプレーぶり。1ゴール1アシストと文句なしの出来 MF<span style="font-weight:700;">山本康裕</span>(ジュビロ磐田/初) ▽MFムサエフ不在をカバー。豊富な運動量で攻守に輝き、久々のプレー機会で好パフォーマンスを披露した MF<span style="font-weight:700;">藤本淳吾</span>(ガンバ大阪/初) ▽ガンバ大阪加入後ベストパフォーマンス。鳴りを潜め続けたパスセンスを生かしつつ、自身もゴールに迫るなど異彩を放った MF<span style="font-weight:700;">中村俊輔</span>(ジュビロ磐田/3度目) ▽強烈ミドルはさることながら、ゲームメーカーぶりも圧巻のひと言。ピッチを去るまで輝きを放ち続けた MF<span style="font-weight:700;">川辺駿</span>(ジュビロ磐田/初) ▽勝利を手繰り寄せる3点目をマーク。走行距離でも全体2位の数字を叩き出すなど攻守に躍動した FW<span style="font-weight:700;">川又堅碁</span>(ジュビロ磐田/初) ▽流れを呼び込む先制点。さらに、前線での粘りからMF川辺駿のゴールを演出 2017.04.24 11:00 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース