【2017 J1チーム診断】大前流出も新進気鋭の若手&新加入の実力者でJ1定着を目指す《清水エスパルス》2017.02.22 21:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は昨シーズンの明治安田生命J2リーグで2位となり、1年でのJ1復帰を果たした清水エスパルス編をお届けする。

◆残留のカギは新鋭のさらなる成長
▽J1復帰元年の今シーズン。当面の目標はJ1残留だ。小林体制2年目を迎えるにあたり、今オフには大黒柱FW大前元紀の流失に苛まれたが、リオ五輪世代のMF野津田岳人と日本代表招集経験者のGK六反勇治といった攻守両面で軸になり得る選手を獲得。全体的に選手層の薄さが気がかりだが、チームにはJ2での戦いを通じて頭角を現しつつあるDF松原后、MF白崎凌兵、FW金子翔太、FW北川航也らポテンシャルを秘めた新鋭が多く在籍している。彼らがJ1という舞台でも昨年と同様の活躍を見せることができれば、目標達成への機運も高まる。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽大前が抜けた攻撃陣がどれだけJ1で通用するかが一つポイントだ。昨シーズン、チーム全体で総得点85得点を記録したが、そのうち25得点は大前、36得点はFW鄭大世が演出したもの。それだけに、攻撃力の低下が不安視される。さらに、大前という相棒を失った鄭大世に対する負担も気になるところだ。そこで、カギとなり得るのが若手の存在。先述した白崎や、新加入の野津田ら才能溢れる若手が、J1というトップリーグで鄭大世をフォローすることができるか。チームが新体制発表会見で目標に掲げる「15勝、勝ち点50、9位以内」を達成するためには、若手の台頭が不可欠となるだろう。

◆予想フォーメーション[4-4-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:六反勇治
DF:鎌田翔雅、犬飼智也、角田誠、松原后
MF:野津田岳人、河井陽介、竹内涼、白崎凌兵
FW:鄭大世、北川航也
▽昨季に引き続き [4-4-2]がベースとなるだろう。左サイドのホットラインはほぼ当確。期限付き移籍期間の満了で退団したDF川口尚紀の右サイドバックの後釜と鄭大世の相方探しには、時間を要すと思われる。このポジションの問題解決と複数のポジションをこなすことができる新外国人選手のDFカヌとDFフレイレの適性の見極めが急務だ。

◆期待の新戦力
Getty Images
MF野津田岳人(日本)
1994年6月6日(22歳)
2016シーズン(J1):18試合2得点
▽レフティーモンスターから繰り出されるキックには、攻撃にアクセントを加え、昨季と違う得点パターンを増やす可能性を秘めている。また、長身選手が複数いるこのクラブでは、FKの場面で直接狙うだけでなく、味方に合わせるという選択も可能。状況を打破する強烈なシュートに磨きがかかれば、集中するであろう鄭大世のマークを分散させることにも繋がり、"リオ五輪世代のホープ"から"真のレフティーモンスター"に飛躍を遂げるだろう。

◆キープレーヤー
Getty Images
MF白崎凌兵(日本)
1993年5月18日(23歳)
2016シーズン(J2):31試合8得点
▽昨季は8得点6アシストと飛躍。J2で再起した鄭大世の得点力ももちろんだが、それを活かせるかどうかは、今季から背番号"10"を任されたこの男に懸かっている。抜群の攻撃センスと身体能力を兼ね備えたアタッカーに、チャンスメイクや前線の活性化が求められることはもはや当然。エースナンバー"10"を背負う以上、クラブの目的達成のために彼に期することは、戦いの舞台がJ1に上がろうとも、昨季に残した数字同等もしくはそれ以上の結果を残すこと以外にない。昨季から積み上げてきた松原、竹内との左サイドがオレンジ軍団復活への活路を見出してくれるはずだ。

コメント

関連ニュース

thumb

新潟が今季途中加入のMF磯村亮太と契約更新

▽アルビレックス新潟は17日、MF磯村亮太(26)の契約更新を発表した。 ▽磯村は名古屋グランパスでプロデビュー後、2017シーズン途中から新潟でプレー。明治安田生命J1リーグ16試合に出場した。 2017.12.17 15:10 Sun
twitterfacebook
thumb

就職に悩む大学生の質問に石川直宏選手「なりたい自分をイメージしてどれだけ信念を持ってやれるか」

▽6日、東京都吉祥寺のB&D吉祥寺店がリニューアルオープンイベントを行い、先日、現役を引退した元日本代表MF石川直宏選手が登場。MCの鈴木ダイさんと共に行われたトークイベントを実施。イベント後には参加者の質問に石川氏が答えた。 <span style="font-weight:700;">――石川選手のプレーで斜め45度からのミドルシュートが魅力的でした。アウトにかける感じでクロスバーに当たりながらも決めてしまうような。斜め45度にはこだわりがありましたか?</span> 「丁度良い角度なんですよ。僕は右サイドでプレーすることが多いので、縦に突破することが1つ。突破できないと相手にとって脅威ではないですから。本当はゴールに向かうことが脅威ですが、縦を見せることで中にも行きやすくなる。中に入る角度が45度くらいで、そうなると巻いて蹴るボールが入りやすいですね。もっと中に入っていくと、直線的なシュートが入りやすいです。角度によって蹴りやすい位置にボールを持っていって蹴る。アウトでゴールを決めたのは清水戦でしたが、ボールが予想外の位置にあったので感覚で打ったことが良かったのかなと思います」 <span style="font-weight:700;">――一緒にプレーしていてすごいと思った選手は?</span> 「僕はパスの受け手なので、出し手としての感覚が素晴らしい選手ですね。FC東京で言うと今はコーチの宮沢さん。左利きの選手で、僕の好きなところにボールを出してくれました。宮沢さんにボールが入る前から走り出して、そこにボールが勝手に来ている。そういう選手は少なくて、他のチームなら中村俊輔選手、遠藤保仁選手、中村憲剛選手、小野伸二選手は絶妙ですね。ボールに逆回転をかけて、上手く止まるようにしてくれます。僕は直線、スピードで勝負する選手なので、それをいかに殺さずに気を使ってボールを出してくれていましたね」<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20171216_6_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">――プロに進むときに大きな決断があったと思いますが、考えていたことや決め手になった言葉は?</span> 「プロになるかどうかは、最後までわからなくて、ギリギリでした。中学や高校まで体が小さくて、人よりもスピードもパワーもなくて葛藤していました。何で勝負できるかを考え、得意なことと不得意なことを明確にして毎日練習していましたね」 「そういうものを信じてやり続けると、繋がることがあります。練習や自分の思いが、プロになりたいという思いに繋がる。その繋がる作業を地道にやり続ける。自分のなりたい姿を想像して、そこから細かく逆算してというよりも、なりたい自分をイメージしてどれだけ信念を持ってやれるか」 「周りはいろいろ言うし、自分もプロになれないと散々言われましたけど、そんなことはお構いなしで、積み上げてきた自信。根拠を持てるような行動をしていく。そうすることで道が繋がる。そういう感覚が、プロになる前の自分に見えたので、プロになってからもそのやり方を通していたら、最初から最後までが繋がったということです。だから自分のスタートはプロになる前かなと思います。そういう思いでやってきたからこそ、プロでも通用しましたし、このスタイルを貫くと見えることがあると思います」 <span style="font-weight:700;">――今大学生なのですが、就職の問題で専門性のある分野に進むか一般企業に進むか悩んでいます。どっちをやりたいかと言えば、専門性の高い方をやりたいという思いがあります。</span> 「ぜひそっち(専門性の高い分野)に進んでほしいですね。自分にとって苦手なものに目が行きがちになると思います。不安にもなると思いますけど、自分の中の憧れや良いなと思うものに全力を出している人には惹きつけられますね。サッカーだとそういう11人が集まればとんでもない力になります。平均的にすごい選手もチームには必要ですけど、スピードがあって守備ができない僕のような選手がいても、それをカバーしてくれる徳永悠平がいます。そういうカバーをしあえて、良いものを引き出せる仲間がいれば、より自分を高められます」 「専門的な仕事が具体的にはわかりませんが、自分が突き詰めていけばサポートをしてもらえることもあると思います。突き詰めてやっていってもらいたいと思います。僕もこういう風にしか答えられませんけど、まずは手を挙げてそれを言ってくれたことが素晴らしいと思います。勇気あることですし、ここからスタートしていますね」 2017.12.17 15:00 Sun
twitterfacebook
thumb

普段は語られないプライベートについて石川直宏選手「今日も自転車でお店に来ました(笑)」

▽6日、東京都吉祥寺のB&D吉祥寺店がリニューアルオープンイベントを行い、先日、現役を引退した元日本代表MF石川直宏選手が登場。MCの鈴木ダイさんと共に行われたトークイベントで、引退後のキャリアや普段は語られないプライベートについて語った。 <span style="font-weight:700;">――現役引退後はFC東京に残るようですが?</span> 「2日のG大阪戦後に社長がおっしゃっていましたね。僕自身、FC東京はこんなもんじゃないと思いたいですし、ファン・サポーターのみなさんにも思ってもらいたいですし、思わせたいです。そこを考えると、自分が選手としてやってきたことが、新しい視野として何かチームの力になれるんじゃないかなと思っています。今はクラブと話していて、具体的な話はまだこれからです。もう(青と赤に)染まっていますからね」 <span style="font-weight:700;">――これからは毎日でも好きな海に行けますね</span> 「いろいろなことが自分のエネルギーになると思っています。それの1つがサーフィンであり、サッカーをプレーすること、観ることですね。異業種の方とコミュニケーションを取って食事をすることもそうです。その全てが力になるので、それをFC東京のファンやサポーター、クラブに還元していきたいんです」 「そうやってアウトプットしていけば、今度は自分に返ってくるものもあります。それは選手としてプレーしていたころと変わりはないですね」<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20171216_5_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">――異業種で興味があることは?</span> 「現役時代から、異業種交流会に参加しています。そこには企業で人事の仕事をされている方、飲食店の方。いろいろな方とコミュニケーションを取っていました。外からの見え方を聞いたり、どうすればよいかのアドバイスをもらったりもしました。そういうところに積極的に顔を出してエネルギーになった部分があります。ですからこの関係性は続けていきつつ、もっと広げてもっと深くしていきたいですね」 <span style="font-weight:700;">――吉祥寺という街への愛着は?</span> 「吉祥寺は住みやすいですね。今日も自転車でやってきました(笑)。住めば都ではないですが、自然はありますし、街はコンパクトです。新宿や渋谷にも出やすいですし、こんなに便利なところはないですね。練習場までは少し遠いですが、住んで7年くらい経ちますね」 2017.12.17 13:00 Sun
twitterfacebook
thumb

代表を経験した石川直宏選手、ロシアW杯のカギは「日本らしさを良い意味で変える」

▽6日、東京都吉祥寺のB&D吉祥寺店がリニューアルオープンイベントを行い、先日、現役を引退した元日本代表MF石川直宏選手が登場。MCの鈴木ダイさんと共に行われたトークイベントで、目前に迫ったロシア・ワールドカップについて語った。 <span style="font-weight:700;">――W杯が間近に迫っていますが、ファンとしてどう見られていますか?</span> 「どの国が相手でも厳しいと思います。日本が戦うアジア予選もそうですが、欧州でも強豪国が出場できなかったり本当にわからない中で、どれだけ日本らしさ、信念をもってプレーできるかだと思います。僕はW杯でプレーできませんでしたが、4年に1度の大会、相当なプレッシャーの中で自分らしさが出せるかに注目してみています」 「ただ、日本らしさは良い意味で変えてもらいたいと思っています。しっかりパスを繋ぎ、俊敏性があり、組織で戦う。しかしそれだけでは勝てないので、それにプラスアルファのパワー、スピード、そして結果を出してほしいですね」 「そういう意味でも前回のリベンジができる相手がいますからね。成長した姿を見せる。日本も世界も成長していますが、その成長曲線は違います。そこに対して、どれだけついていき、どれだけ越えていけるかだと思います」 <span style="font-weight:700;">――日本とその他の国のレベルが一緒に上がっても差は縮まりませんからね?</span> 「広がっているという解釈をする現役選手もいます。それはやったことのある選手でしか感じられないことで、僕らが観てどうのこうの言うのは難しいですね。でも、その差が縮まり、このスタイルを続ければ越えていけるという感覚を、みんなが持っていれば勝てるようになっていくと思います。それが何なのかを見つける。そしてみんなが一つになって戦っていく姿を見たいですね」<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20171216_4_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">――コロンビアには前回やられています。手癖が悪いというか…。ただ、サッカーには大事なことですよね?</span> 「大事ですね。今までもブラジル、アルゼンチン、パラグアイなどと対戦してきましたが、勝つために何が必要かをわかっていて、個人技だけでなくチームとしての戦い方もできる。隙がないですよね」 <span style="font-weight:700;">――ロシア大会で日本のキープレーヤーになる選手は?</span> 「ここから飛躍的に出てきてスターになるような選手も期待しています。ただ、ずっと代表としてプレーし続けて、日本を引っ張っている感覚がある選手。僕の中では香川選手です。今も相当なプライドを持ってプレーしていると思いますし、評価されない部分があったりもしながらも、最後はそれを覆してくれると僕は思っています。そういうギラギラした気持ちが最後に形になる。何か起きた時のリバウンドメンタリティ。僕はそれを見てみたいですね」 「彼自身、調子が悪いとは思っていないと思います。それは今までの積み重ねがあるから。自分が出せる力を本大会にぴったりと持っていけるかどうか。それが大事です。期待させてくれる選手なので、楽しみです。僕もそういうプレーヤーを目指していました。最後の1分でも出てくれば何かをやってくれる。そういう生き様を見せてもらいたいですね」 2017.12.17 12:00 Sun
twitterfacebook
thumb

ファンからの愛情を感じる石川直宏選手「それ以上に僕が愛していた」

▽6日、東京都吉祥寺のB&D吉祥寺店がリニューアルオープンイベントを行い、先日、現役を引退した元日本代表MF石川直宏選手が登場。MCの鈴木ダイさんと共に行われたトークイベントで、FC東京での自身のキャリアを振り返った。 <span style="font-weight:700;">――FC東京での現役生活を振り返ると?</span> 「自分が入った当時はJ1に上がって間もないころで、このクラブと共に自分も成長して強くなる。そういう思いがあって、2004年、2009年にはナビスコ杯(現:ルヴァン杯)で優勝しました。その後はJ2に落ちましたし、天皇杯も優勝しました」 「苦しい時期の方が多かったように思いますが、その時期を乗り越えたからこそ見えるものがあります。今回の最終戦でもそうですが、ケガでJ1では2年半ほど出られていませんでした。その中で、最後にやり遂げるんだという思いと、成長した姿を見せられたかなと思います。もちろん悔しい部分もあり今シーズンを終えましたが、1つ形としてみんなに示すことができたと思います」 <span style="font-weight:700;">――長い現役生活でしたが、これまでに忘れられない試合は?</span> 「スタートから最後の試合までが1つに繋がっています。自分の中でそれは途切れさせたくなかったです。例えば、J1の最後の試合は2015年7月の試合でしたが、ケガが治らずにピッチに立てなかったらあそこで途切れていました。地道にリハビリを続け、最後は引き分けでしたが、最初から最後まで繋ぐことができました。なので1つを選ぶことは難しいですが、唯一選ぶとしたらFC東京でのデビュー戦となった2002年4月のナビスコ杯。駒沢での清水戦ですかね」<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/cws20171216_3_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div><span style="font-weight:700;">――あの当時は茂庭選手などもいて、最後のC大阪戦でも相手に茂庭選手がいましたが?</span> 「公私ともに仲が良いですね。今はC大阪でその前はタイにいましたが、未だに連絡を取り合っていますね。当時はまだ21歳ぐらいでした。このクラブをどう強くしていこうかと、毎週のように焼肉を食べながら熱い話を永遠としていました。その中で結局たどり着く答えはいつも一緒で、それでもずっと話をして。そういう志がありましたね」 <span style="font-weight:700;">――たどり着いた1つの答えとは? 「タイトルを獲ることです。逆算してやっていくのですが、僕らが試合に出ないと体現できないし経験もできません。試合に出るために何をするか。だから練習でどういうことをしようという話をしていました」 <span style="font-weight:700;">――ケガも多かったですが充実していた現役生活だったのでは?</span> 「どの試合、どの練習もおろそかにしたくなかったので、全力でやった結果、あっちこっち痛くなったというのもありますけどね(笑)」 <span style="font-weight:700;">――セレモニーや選手のコメントを見ても、石川選手が多くの方々から愛されている存在だと感じましたが、自分でも感じていますか?</span> 「もちろん感じましたが、僕はそれ以上にみんなのことを愛していました。相手チームの選手に対してもリスペクトを持って挑んでいましたし、最後の試合では相手チームから横断幕を出していただいて、とても嬉しかったです。普段は勝ち負けがありますが、試合が終わればひとつのサッカーファミリーだというものを感じられました」 2017.12.16 15:00 Sat
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース