【2017 J1チーム診断】大前流出も新進気鋭の若手&新加入の実力者でJ1定着を目指す《清水エスパルス》2017.02.22 21:10 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は昨シーズンの明治安田生命J2リーグで2位となり、1年でのJ1復帰を果たした清水エスパルス編をお届けする。

◆残留のカギは新鋭のさらなる成長
▽J1復帰元年の今シーズン。当面の目標はJ1残留だ。小林体制2年目を迎えるにあたり、今オフには大黒柱FW大前元紀の流失に苛まれたが、リオ五輪世代のMF野津田岳人と日本代表招集経験者のGK六反勇治といった攻守両面で軸になり得る選手を獲得。全体的に選手層の薄さが気がかりだが、チームにはJ2での戦いを通じて頭角を現しつつあるDF松原后、MF白崎凌兵、FW金子翔太、FW北川航也らポテンシャルを秘めた新鋭が多く在籍している。彼らがJ1という舞台でも昨年と同様の活躍を見せることができれば、目標達成への機運も高まる。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽大前が抜けた攻撃陣がどれだけJ1で通用するかが一つポイントだ。昨シーズン、チーム全体で総得点85得点を記録したが、そのうち25得点は大前、36得点はFW鄭大世が演出したもの。それだけに、攻撃力の低下が不安視される。さらに、大前という相棒を失った鄭大世に対する負担も気になるところだ。そこで、カギとなり得るのが若手の存在。先述した白崎や、新加入の野津田ら才能溢れる若手が、J1というトップリーグで鄭大世をフォローすることができるか。チームが新体制発表会見で目標に掲げる「15勝、勝ち点50、9位以内」を達成するためには、若手の台頭が不可欠となるだろう。

◆予想フォーメーション[4-4-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:六反勇治
DF:鎌田翔雅、犬飼智也、角田誠、松原后
MF:野津田岳人、河井陽介、竹内涼、白崎凌兵
FW:鄭大世、北川航也
▽昨季に引き続き [4-4-2]がベースとなるだろう。左サイドのホットラインはほぼ当確。期限付き移籍期間の満了で退団したDF川口尚紀の右サイドバックの後釜と鄭大世の相方探しには、時間を要すと思われる。このポジションの問題解決と複数のポジションをこなすことができる新外国人選手のDFカヌとDFフレイレの適性の見極めが急務だ。

◆期待の新戦力
Getty Images
MF野津田岳人(日本)
1994年6月6日(22歳)
2016シーズン(J1):18試合2得点
▽レフティーモンスターから繰り出されるキックには、攻撃にアクセントを加え、昨季と違う得点パターンを増やす可能性を秘めている。また、長身選手が複数いるこのクラブでは、FKの場面で直接狙うだけでなく、味方に合わせるという選択も可能。状況を打破する強烈なシュートに磨きがかかれば、集中するであろう鄭大世のマークを分散させることにも繋がり、"リオ五輪世代のホープ"から"真のレフティーモンスター"に飛躍を遂げるだろう。

◆キープレーヤー
Getty Images
MF白崎凌兵(日本)
1993年5月18日(23歳)
2016シーズン(J2):31試合8得点
▽昨季は8得点6アシストと飛躍。J2で再起した鄭大世の得点力ももちろんだが、それを活かせるかどうかは、今季から背番号"10"を任されたこの男に懸かっている。抜群の攻撃センスと身体能力を兼ね備えたアタッカーに、チャンスメイクや前線の活性化が求められることはもはや当然。エースナンバー"10"を背負う以上、クラブの目的達成のために彼に期することは、戦いの舞台がJ1に上がろうとも、昨季に残した数字同等もしくはそれ以上の結果を残すこと以外にない。昨季から積み上げてきた松原、竹内との左サイドがオレンジ軍団復活への活路を見出してくれるはずだ。

コメント

関連ニュース

thumb

監督交代の神戸、ポドルスキ不発も横浜FMにドローで連敗ストップ《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第23節のヴィッセル神戸vs横浜F・マリノスが20日にノエビアスタジアム神戸で行われ、0-0で終了した。 ▽ここまで9勝2分け11敗で11位に位置する3連敗中の神戸と、同13勝4分け5敗で3位につける3連勝中の横浜FMが相まみえた。先日にネルシーニョ監督を解任して吉田孝行コーチを昇格させた神戸は、0-1で敗れた前節のFC東京戦から橋本と田中英に代えて松下と大森を起用。一方の横浜FMは、1-0で勝利した前節のサガン鳥栖戦と同様の先発メンバーを並べた。 ▽試合序盤はホームの神戸が能動的に仕掛けていく。なかなか決定機を演出できない神戸だが、17分にゴールへ近づく。右サイドの深い位置から藤田がゴール前にロングスローでボールを供給。ダイレクトで合わせた渡部がヘディングシュートをゴール右上に飛ばしたが、これはGK飯倉のファインセーブを前に先制点とはならない。 ▽ハーフタイムにかけては一進一退の攻防が繰り広げられる。横浜FMは21分、山中が左サイドから入れたグラウンダークロスにペナルティアーク付近に走り込んだ松原が反応。左足でダイレクトシュートに持ち込んだが、これはわずかにバーの上にはずれる。 ▽ゴールレスのまま迎えた後半、先にチャンスを演出したのは横浜FMだった。49分、右サイドをドリブルで突破したマルティノスが一気にボックス右深くまで侵入。最後はマイナスの折り返しを正面のウーゴ・ヴィエイラがダイレクトで叩いたが、これはDFにブロックされた。 ▽終盤にかけて神戸を押し込んだ横浜FMは65分、ミドルレンジから扇原が左足を一閃。これが枠を捉えるが、GKキム・スンギュにセーブされる。さらに79分にも横浜FMに決定機。ボックス右でボールを受けたマルティノスの折り返しに正面の富樫が飛び込んだが、ミートしきれずシュートは枠に飛ばない。 ▽その後、神戸は不発のポドルスキを下げてハーフナー・マイクを投入。終盤は比較的オープンな展開となったが、両者共に最後までネットを揺らすことができず、試合終了。神戸が辛くも連敗を3試合で止めた一方、横浜FMは連勝が3試合でストップした。 2017.08.20 20:30 Sun
twitterfacebook
thumb

大宮MF瀬川祐輔が左ハムストリングス肉離れで全治8週間

▽大宮アルディージャは20日、MF瀬川祐輔が左ハムストリングス肉離れで全治8週間と診断されたと発表した。 ▽クラブの発表によれば、瀬川は10日に行われた練習中に負傷。今シーズンはここまで明治安田生命J1リーグ11試合2得点を記録している。 ▽大宮はJ1第23節終了時点で降格圏の16位に位置。26日に行われる次節は、サンフレッチェ広島とのホーム戦に臨む。 2017.08.20 14:05 Sun
twitterfacebook
thumb

興梠の2Gで浦和が連勝! FC東京は6試合ぶり敗戦《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第23節、浦和レッズvs FC東京が19日に行われ、2-1で浦和が勝利を収めた。 ▽前節のヴァンフォーレ甲府戦から、スルガ銀行チャンピオンシップのシャペコエンセを挟んで挑む8位の浦和(勝ち点33)。そのシャペコエンセ戦から榎本、森脇、宇賀神、ラファエル・シルバ、ズラタンを、西川、遠藤、菊池、李、興梠に代えて挑んだ。 ▽一方、浦和と同じ勝ち点で並ぶ9位のFC東京(勝ち点33)は、前節のヴィッセル神戸戦から、東に代えて米本を起用。ここ5戦無敗の勢いで勝利を目指す。 ▽悪天候のため1時間遅れでキックオフされた試合は、中盤にタレントを揃える両チームの潰し合いが続く。そんな中、ホームの浦和が先制する。17分、駒井が右サイドを突破すると、アーリークロスを選択。これをゴール前の武藤がワンタッチで落とし、詰めていた興梠がボレーで叩き込んだ。 ▽先制されたFC東京もすぐさま反撃。22分、敵陣中央でボールを持った大久保が、ボックス右の室屋に展開。室屋はこれをワンタッチで中に折り返すと、走り込んだ橋本が押し込んで同点に追いついた。 ▽しかし喜びも束の間、FC東京は再びリードを許してしまう。30分、柏木から李、武藤とワンタッチで繋いでディフェンスラインの中央の切り裂くと、最後は興梠が右足で流し込んで、浦和に2点目をもたらした。 ▽迎えた後半、追いつきたいFC東京は、頭から前節1ゴールのピーター・ウタカを投入。その後も永井、中島を次々と交代させ攻撃力を高める。しかし、決定機を作ったのはリードしている浦和だった。68分、カウンターから武藤がボックス左に侵攻し、左足を振り抜いてゴールを狙うが、GK大久保択の正面を突く。 ▽終了間際には、太田のFKや、途中出場の中島のミドルシュートからFC東京も惜しい場面を迎えるが、結局ネットを揺らすことができなかった。そして、試合は2-1のまま終了。興梠の2ゴール守り切った浦和がリーグ戦2連勝を飾った。 2017.08.19 22:01 Sat
twitterfacebook
thumb

イバルボ2発含む3ゴールで大宮粉砕! 鳥栖が3試合ぶりの白星《J1》

▽19日に明治安田生命J1リーグ第21節のサガン鳥栖vs大宮アルディージャがベストアメニティスタジアムで行われ、3-0で鳥栖が勝利した。 ▽ここまで8勝7分け7敗で10位につける鳥栖が、5勝4分け13敗で16位につける大宮をホームに迎えた。前節の横浜F・マリノス戦を0-1で敗れ、2試合白星がない鳥栖は、その一戦から先発メンバーを4人変更。藤田と青木、趙東建、田川に代えてキム・ミンヒョクと小林、豊田、FC東京から加入した河野を起用した。 ▽一方、前節のアルビレックス新潟戦を1-0で勝利し、6試合ぶりに勝ち点3を奪った大宮は、その一戦から先発メンバーを3人変更。奥井とマテウス、茨田に代えて山越と横谷、岩上を起用した。 ▽ホームの鳥栖は、プロ野球・福岡ソフトバンクホークスとのコラボマッチとなり、白ベースの赤いストライプが入った『鷹の祭典2017』コラボユニフォームを着用してこの一戦に臨んだ。 ▽試合は立ち上がり、ホームの鳥栖が積極的に大宮陣内へと攻め入る。しかし、時間の経過とともに大宮も応戦。20分、マルセロ・トスカーノのパスでボックス右へ抜け出した岩上がボックス手前へポストプレー。走り込んだマルセロ・トスカーノがそのまま右足を振り抜くが枠を捉えることができない。 ▽対する鳥栖は35分、敵陣中央から細かいパス回しでボックス手前に侵攻し、最後は河野のパスを受けたビクトル・イバルボが右足で強烈なシュートを放つが、GK加藤に阻まれてしまう。 ▽終盤に差し掛かると徐々に鳥栖がペースを握り始める。迎えた44分、味方のスルーパスに反応したビクトル・イバルボがワントラップから強引に相手最終ラインへ抜け出して、飛び出したGK加藤との一対一を制した。 ▽1-0で試合を折り返すと、追いかける大宮が攻勢を強める。押し込まれる時間帯が続いた鳥栖だったが、一瞬の隙から追加点を奪う。60分、ビクトル・イバルボが左サイドでスローインを受けると、そのままボックス内へとカットイン。シュートフェイントを織り交ぜながら相手DF3枚を剥がしてゴール右上隅へ突き刺した。 ▽リードを広げた鳥栖は74分、GK権田からのロングフィードを豊田が頭で競り勝つ。これをボックス左手前で拾ったビクトル・イバルボが落とすと、これを受けた原川がそのままボックス中央やや左へ侵攻して、ゴールに流し込んだ。 ▽試合を難しくされた大宮は終盤、マテウスがボックス手前から強烈なシュート。しかし、GK権田に冷静に対処されてしまい、一矢報いることもできず、そのまま試合終了。ホームの鳥栖が3発で3試合ぶりの白星を飾った。 2017.08.19 21:37 Sat
twitterfacebook
thumb

仙台が終盤の華麗な逆転劇で連勝! 新潟の11試合ぶりの白星を絶つ《J1》

▽19日にデンカビッグスワンスタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第23節のアルビレックス新潟vsベガルタ仙台は、アウェイの仙台が2-1で勝利した。 ▽前節の大宮アルディージャ戦を落とした最下位の新潟(勝ち点9)。3連敗中で10戦未勝利と苦しんでいる。一方、12位の仙台(勝ち点26)は、前節のサンフレッチェ広島戦で8試合ぶりの白星。今回の新潟戦は、連勝を懸けた一戦となる。 ▽試合が動いたのは23分。左サイドの加藤大がクロスが上げる。中央でフリーのドウグラス・タンキがジャンピングボレーで合わせると、相手DFのクリアがポストに当たってラインを割り、新潟がリードした。 ▽しかし、攻勢に出た仙台は82分、途中出場のクリスランが左サイドからクロスを供給。これは相手GKに弾かれたものの、こぼれ球を石原がプッシュし、仙台が追いついた。 ▽これで勢い付いた仙台は同点から4分後、右サイドでパス交換を試みた三田啓貴が左足を一閃。このミドルシュートが相手DFの足に当たってコースが変わり、そのままゴールマウスに吸い込まれた。 ▽結局、終盤の逆転劇が勝負の分かれ目となり、仙台が今シーズン3度目の連勝を飾っている。 2017.08.19 21:17 Sat
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース