【2017 J1チーム診断】5年連続J1残留が最大使命! 変革もたらす新指揮官の手腕やいかに《ヴァンフォーレ甲府》2017.02.22 20:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は吉田達磨新監督の下で5年連続J1残留を目指すヴァンフォーレ甲府編をお届けする。

◆前線補強で課題の1つ改善も守備再建に一抹の不安
▽引き抜きの噂が絶えなかったエースFWドゥドゥの残留成功に始まり、ベガルタ仙台で実績十分のFWウイルソン、京都サンガF.C.から2年ぶりの復帰を果たしたMF堀米勇輝と課題の得点力不足解消に繫がる前線の補強に成功。また、例年多くの主力を引き抜かれてきたが、今冬はMF稲垣祥がサンフレッチェ広島に旅立った以外、主力の流出がなかったこともプラス材料だ。その一方で、DF土屋征夫、DF山本英臣、DF津田琢磨を筆頭に高齢化が進む最終ラインの補強は、ブラジル人DFエデル・リマのみと思うような成果は上がらなかった。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽今シーズンの注目ポイントは、徹底的な堅守速攻で4年連続残留を勝ち取ってきたチームに、変革をもたらすべき招へいされた吉田達磨新監督の采配だ。前述の補強以外にMF小椋祥平、MF兵働昭弘と経験豊富なベテラン選手を中盤に加えたものの、昨シーズンから大きく陣容は変わっておらず、昨シーズンの年間14位で終えたチームに上積みをもたらすのは、新指揮官の手腕に他ならない。

▽昨シーズンに就任したアルビレックス新潟では、柏レイソル時代と同じポゼッションスタイルを持ち込むも、チームの成績不振に伴い、志半ばにシーズン途中で退任。今季はその新潟よりも堅守速攻の色濃い甲府を率いるだけに不安は大きいが、チーム始動からキャンプを通じて自らの志向するスタイルに固執せず、守備の再構築、前からボールを奪いに行く意識を高めるなど、これまでの失敗を教訓に残留に向けてより現実的なアプローチに主眼を置いている。より成熟した新指揮官の下で変革のシーズンに臨む“新生ヴァンフォーレ”の船出はいかに…。

◆予想フォーメーション[3-4-2-1]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:河田晃兵
DF:新井涼平、山本英臣、エデル・リマ
MF:橋爪勇樹、小椋祥平兵働昭弘、田中佑昌
MF:河本明人、ドゥドゥ
FW:ウイルソン
▽開幕に向けては[5-3-2]のシステムで臨む可能性が高いが、基本のシステムは[3-4-2-1]となる模様だ。新監督の下で試行錯誤が続いているうえ、比較的メンバーを固定しない傾向がある吉田監督だけに、現時点でのメンバーの予想は困難。昨シーズンのメンバーを軸に、ケガの影響で調整が遅れるFWドゥドゥ、DFエデル・リマを含め、シーズン半ばを見据えた予想布陣とした。したがって、J1最年長プレーヤーのDF土屋征夫やDF松橋優、MF堀米勇輝、MF黒木聖仁といった面子が先発に割り込んでくる可能性も十二分にある。

◆期待の新戦力
Getty Images
MF小椋祥平(日本)
1985年9月8日(31歳)
2016シーズン(J1):2試合0得点
▽甲府にとって今冬の補強の目玉は、待望の点取り屋であるFWウイルソンや2年ぶりの古巣復帰となるMF堀米勇輝ら攻撃陣。だが、シーズンを通じて重要な戦力となりそうなのが、今年1月末の練習参加から正式契約を勝ち取ったベテランMF小椋祥平だ。水戸ホーリーホックでプロデビューを飾り、横浜F・マリノス、ガンバ大阪、モンテディオ山形といったJ1屈指の名門を渡り歩いた小椋だが、昨シーズンはG大阪のトップチームで構想外となり、G大阪U-23を主戦場にJ3でのプレーを強いられた。さらに、昨季終了後にG大阪との契約が満了し、今季の所属先が見つからない苦難を味わった小椋は、甲府の地で捲土重来を図る。卓越したボール奪取能力を武器に、“マムシの祥平”の愛称で知られるベテランMFは、昨シーズンJ1ワースト2位タイの58失点を喫した甲府の堅守再建を担う働きが期待される。

◆キープレーヤー
Getty Images
FWドゥドゥ(ブラジル)
1990年4月21日(26歳)
2016シーズン(J1):11試合4得点
▽5年連続残留を目指す甲府のキーマンは、背番号10を背負うドゥドゥだ。昨年7月にフィゲイレンセから途中加入し、11試合4得点という数字以上のインパクトを残して甲府の残留に貢献したブラジル人FW。優れた身体能力に加え、ドリブルスキルに優れるアタッカーは、得点力を課題とする甲府攻撃陣の鍵を握る存在だ。ケガの影響で開幕には間に合わない見込みだが、FW河本明人や今冬加入のFWウイルソン、MF堀米勇輝らその他のアタッカーとの連係を深めて今季は最低でも二ケタゴールを目指したい。

コメント

関連ニュース

thumb

DAZN週間ベストプレーヤーが発表! 第26節は川崎Fから最多3名が選出!

▽DAZNは19日、明治安田生命J1リーグ第26節の9試合からDAZN週間ベストプレーヤー11名を発表した。 ▽今回は、清水エスパルスに3-0で勝利し、AFCチャンピオンズリーグ敗退のショックを払しょくした川崎フロンターレから最多の3名が選出。その他、逆転勝利で勝ち点3を獲得したサガン鳥栖から2名が選出された。 <span style="font-weight:700;">GK</span> 林彰洋(FC東京) <span style="font-weight:700;">DF</span> エウシーニョ(川崎フロンターレ) 渡部博文(ヴィッセル神戸) 谷口彰悟(川崎フロンターレ) 吉田豊(サガン鳥栖) <span style="font-weight:700;">MF</span> 井手口陽介(ガンバ大阪) ムサエフ(ジュビロ磐田) レアンドロ(鹿島アントラーズ) 齋藤学(横浜F・マリノス) <span style="font-weight:700;">FW</span> ビクトル・イバルボ(サガン鳥栖) 小林悠(川崎フロンターレ) 2017.09.19 17:43 Tue
twitterfacebook
thumb

清水、ユース所属3選手の来季新加入内定を発表

▽清水エスパルスは18日、DF伊藤研太(18)、MF滝裕太(18)、FW平墳迅の2018シーズン新加入内定を発表した。 ▽3名は清水ユース所属の選手。トップチーム昇格を受けて、それぞれ次のようにコメントしている。 ◆DF伊藤研太 「小さい頃からの夢だったプロサッカー選手になることができ、大変嬉しく思います。自分の持ち味である、正確なパスとクロスを活かして積極的に攻撃に参加し、チームの勝利に貢献したいと思います。そして記憶に残るプレーヤーを目指します。これまでお世話になった、家族、監督、チームメイト、そして今まで応援して下さった全ての皆様に感謝し、日々努力して1日でも早くアイスタのピッチに立てるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 ◆MF滝裕太 「スクールを含め9年間お世話になってきたクラブで、小さい頃から夢だったプロサッカー選手になることができ本当に嬉しく思います。今まで支えていただいた監督やスタッフ、チームメイト、家族、また応援していただいた皆様に感謝の気持ちを込め、ピッチで恩返ししたいと思います。まだまだ課題が沢山あるので、日々の練習を全力で取り組み、1日でも早くエスパルスに貢献できるよう努力していきます。どうぞよろしくお願いします」 ◆FW平墳迅 「エスパルスユースのセレクションに合格してから、トップチームに昇格することを目標にしてきたので、とても嬉しく思います。ここまで自分が成長できたのは、家族やスタッフの皆さん、そしてサポーターのおかげだと思っています。恩返しをするためにも、少しでも早く試合に出場し、チームの力になれるよう日々精進していきます。応援よろしくお願いします」 2017.09.18 16:52 Mon
twitterfacebook
thumb

C大阪の韓国代表GKキム・ジンヒョンが入籍 「これからは家庭とゴールマウスを守る」

▽セレッソ大阪は18日、韓国代表GKキム・ジンヒョン(30)が今月9月に一般女性と結婚・入籍したことを発表した。C大阪の絶対的守護神は次のようにコメントしている。 「この度入籍したことをご報告させていただきます。30歳になり家庭を持つことになりました。これからは家庭を守り、ゴールマウスもしっかり守っていきたいと思います。これからも応援よろしくお願いいたします」 ▽キム・ジンヒョンは2009年に加入したC大阪でプロキャリアをスタート。それ以来、C大阪一筋でプレーし、今シーズンもここまで守護神として、明治安田生命J1リーグ23試合に出場している。 2017.09.18 14:55 Mon
twitterfacebook
thumb

【超WS選定週間ベストイレブン/J1第26節】広島残留のブラジル人キーマン選出! 青黒の怪物やハットの鹿島助っ人も!

▽明治安田生命J1リーグ第26節の全9試合が16日、17日にかけて開催された。超WS編集部が第26節の各試合で印象に残った選手の中からベストイレブンを紹介する。 ◆第26節の超WS選定J1週間ベストイレブン GK:キム・スンギュ DF:渡部博文、チャン・ヒョンス、谷口彰悟、高橋壮也 MF:森谷賢太郎、高橋秀人、井手口陽介、レアンドロ、フェリペ・シウバ FW:クリスティアーノ ◆寸評 GK<span style="font-weight:700;">キム・スンギュ</span>(ヴィッセル神戸/初) ▽兵藤の直接FKや早坂のコントロールショットなどを好セーブで阻止。連勝を呼び込んだ DF<span style="font-weight:700;">渡部博文</span>(ヴィッセル神戸/2度目) ▽セットプレーからシーズン3得点目。守備面においてもソリッドさ DF<span style="font-weight:700;">チャン・ヒョンス</span>(FC東京/2度目) ▽復帰後初ゴールが決勝点に。守備面もソリッドな対応で◎ DF<span style="font-weight:700;">谷口彰悟</span>(川崎フロンターレ/2度目) ▽3得点に絡む活躍。守備だけでなく、ロングフィードやセットプレー時のターゲットとして躍動した DF<span style="font-weight:700;">高橋壮也</span>(サンフレッチェ広島/初) ▽39分に決定機阻止のシュートブロック。持ち前の攻撃参加でもクオリティを示した MF<span style="font-weight:700;">森谷賢太郎</span>(川崎フロンターレ/初) ▽17試合ぶりの先発ながら攻守にハイパフォーマンス。MF大島僚太と中盤を制圧した MF<span style="font-weight:700;">高橋秀人</span>(ヴィッセル神戸/初) ▽ボールの刈り取り役を担いつつ、機を見た縦パスなどで散らし手としても存在感 MF<span style="font-weight:700;">井手口陽介</span>(ガンバ大阪/4度目) ▽ラッキーゴールながらシーズン4得点目。不調に喘ぐチームの中で出色の輝きを放つ MF<span style="font-weight:700;">レアンドロ</span>(鹿島アントラーズ/3度目) ▽失点に絡んだものの、後半にハットトリック。鹿島アントラーズOBのジーコ氏の金言が更なる力に MF<span style="font-weight:700;">フェリペ・シウバ</span>(サンフレッチェ広島/初) ▽途中出場からわずか2分後に決勝点。燻り続けた才能の片鱗を見せ付ける。残留のキーマンに? FW<span style="font-weight:700;">クリスティアーノ</span>(柏レイソル/5度目) ▽起死回生の同点弾。流血しながら攻守に全力で戦い続ける姿勢でも味方を鼓舞した 2017.09.18 13:15 Mon
twitterfacebook
thumb

磐田vs浦和は痛み分け、俊輔アシストも興梠弾で1-1《J1》

▽17日に行われたエコパスタジアムで行われた明治安田生命J1リーグ第26節のジュビロ磐田vs浦和レッズは、1-1のドローに終わった。 ▽12勝6分け7敗で6位の磐田が12勝3分け10敗で8位の浦和をエコパスタジアムで迎え撃った。磐田は北海道コンサドーレ札幌との前節に5試合ぶりの黒星。今節は2試合ぶりの白星を狙う。先発には櫻内に代わり、宮崎が起用。五子誕生の中村俊輔もスタメン入りを果たした。 ▽浦和は前節、柏レイソルに敗北。だが、ミッドウィークに川崎フロンターレを相手に2戦合計スコアで大逆転のACL準決勝進出を決めており、ムードは悪くない。2試合ぶりの勝利が懸かる今節は、激戦のACLから中3日ということもあり、阿部や柏木らをベンチに置くローテーションを採用した。 ▽試合は互いに慎重な入りとなる。その中で、浦和がポゼッションサッカーを展開。だが、磐田の39歳レフティがやや劣勢の流れを払拭する。21分に敵陣右サイドで得たFKのキッカーは中村俊輔。左足のクロスから中央の高橋がゴールに迫ると、GK西川の弾いたボールをムサエフが押し込み、磐田がリードする。 ▽リードを許した浦和は、失点後もボールの主導権を掌握。31分には、右サイドのクロスからファーサイドの矢島がヘディングシュートを放つ決定打。これが枠に飛ぶが、GKカミンスキーの牙城を崩せない。続く35分にも好機。右サイドの崩しから中央の矢島がダイレクトでゴールを狙うが、これを不意にする。 ▽1点ビハインドのまま試合を折り返した浦和は、今シーズン初となるリーグ戦先発の平川に代えて、梅崎を投入。その序盤から攻勢をかけるが、ネットを揺らした武藤のシュートはオフサイドの判定で取り消されるなど、なかなか攻撃をゴールに結びつけられない。 ▽68分に矢島を諦めてターゲットマンのズラタンにスイッチした浦和は、その後も磐田を押し込む展開に。磐田の守備攻略に苦労を強いられるが、79分に打ち破る。敵陣中央の青木が縦に浮き球パス。これに反応した興梠が裏抜けから頭で押し込み、浦和が追いついた。 ▽リードを失った磐田は、後半アディショナルタイム直前に勝ち越しのチャンス。左サイドの崩しからボックス中央でフリーの松浦がシュートを枠に飛ばすが、ここはGK西川のファインセーブに阻まれてしまう。結局、試合は1-1のドロー。痛み分けという結果に終わっている。 2017.09.17 17:55 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース