超ワールドサッカー

【2017 J1チーム診断】5年連続J1残留が最大使命! 変革もたらす新指揮官の手腕やいかに《ヴァンフォーレ甲府》2017.02.22 20:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は吉田達磨新監督の下で5年連続J1残留を目指すヴァンフォーレ甲府編をお届けする。

◆前線補強で課題の1つ改善も守備再建に一抹の不安
▽引き抜きの噂が絶えなかったエースFWドゥドゥの残留成功に始まり、ベガルタ仙台で実績十分のFWウイルソン、京都サンガF.C.から2年ぶりの復帰を果たしたMF堀米勇輝と課題の得点力不足解消に繫がる前線の補強に成功。また、例年多くの主力を引き抜かれてきたが、今冬はMF稲垣祥がサンフレッチェ広島に旅立った以外、主力の流出がなかったこともプラス材料だ。その一方で、DF土屋征夫、DF山本英臣、DF津田琢磨を筆頭に高齢化が進む最終ラインの補強は、ブラジル人DFエデル・リマのみと思うような成果は上がらなかった。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽今シーズンの注目ポイントは、徹底的な堅守速攻で4年連続残留を勝ち取ってきたチームに、変革をもたらすべき招へいされた吉田達磨新監督の采配だ。前述の補強以外にMF小椋祥平、MF兵働昭弘と経験豊富なベテラン選手を中盤に加えたものの、昨シーズンから大きく陣容は変わっておらず、昨シーズンの年間14位で終えたチームに上積みをもたらすのは、新指揮官の手腕に他ならない。

▽昨シーズンに就任したアルビレックス新潟では、柏レイソル時代と同じポゼッションスタイルを持ち込むも、チームの成績不振に伴い、志半ばにシーズン途中で退任。今季はその新潟よりも堅守速攻の色濃い甲府を率いるだけに不安は大きいが、チーム始動からキャンプを通じて自らの志向するスタイルに固執せず、守備の再構築、前からボールを奪いに行く意識を高めるなど、これまでの失敗を教訓に残留に向けてより現実的なアプローチに主眼を置いている。より成熟した新指揮官の下で変革のシーズンに臨む“新生ヴァンフォーレ”の船出はいかに…。

◆予想フォーメーション[3-4-2-1]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:河田晃兵
DF:新井涼平、山本英臣、エデル・リマ
MF:橋爪勇樹、小椋祥平兵働昭弘、田中佑昌
MF:河本明人、ドゥドゥ
FW:ウイルソン
▽開幕に向けては[5-3-2]のシステムで臨む可能性が高いが、基本のシステムは[3-4-2-1]となる模様だ。新監督の下で試行錯誤が続いているうえ、比較的メンバーを固定しない傾向がある吉田監督だけに、現時点でのメンバーの予想は困難。昨シーズンのメンバーを軸に、ケガの影響で調整が遅れるFWドゥドゥ、DFエデル・リマを含め、シーズン半ばを見据えた予想布陣とした。したがって、J1最年長プレーヤーのDF土屋征夫やDF松橋優、MF堀米勇輝、MF黒木聖仁といった面子が先発に割り込んでくる可能性も十二分にある。

◆期待の新戦力
Getty Images
MF小椋祥平(日本)
1985年9月8日(31歳)
2016シーズン(J1):2試合0得点
▽甲府にとって今冬の補強の目玉は、待望の点取り屋であるFWウイルソンや2年ぶりの古巣復帰となるMF堀米勇輝ら攻撃陣。だが、シーズンを通じて重要な戦力となりそうなのが、今年1月末の練習参加から正式契約を勝ち取ったベテランMF小椋祥平だ。水戸ホーリーホックでプロデビューを飾り、横浜F・マリノス、ガンバ大阪、モンテディオ山形といったJ1屈指の名門を渡り歩いた小椋だが、昨シーズンはG大阪のトップチームで構想外となり、G大阪U-23を主戦場にJ3でのプレーを強いられた。さらに、昨季終了後にG大阪との契約が満了し、今季の所属先が見つからない苦難を味わった小椋は、甲府の地で捲土重来を図る。卓越したボール奪取能力を武器に、“マムシの祥平”の愛称で知られるベテランMFは、昨シーズンJ1ワースト2位タイの58失点を喫した甲府の堅守再建を担う働きが期待される。

◆キープレーヤー
Getty Images
FWドゥドゥ(ブラジル)
1990年4月21日(26歳)
2016シーズン(J1):11試合4得点
▽5年連続残留を目指す甲府のキーマンは、背番号10を背負うドゥドゥだ。昨年7月にフィゲイレンセから途中加入し、11試合4得点という数字以上のインパクトを残して甲府の残留に貢献したブラジル人FW。優れた身体能力に加え、ドリブルスキルに優れるアタッカーは、得点力を課題とする甲府攻撃陣の鍵を握る存在だ。ケガの影響で開幕には間に合わない見込みだが、FW河本明人や今冬加入のFWウイルソン、MF堀米勇輝らその他のアタッカーとの連係を深めて今季は最低でも二ケタゴールを目指したい。

コメント

関連ニュース

thumb

【六川亨の日本サッカー見聞録】Jと提携を結ぶラ・リーガの狙いは…テバス会長が日帰り来日

▽Jリーグは6月22日、スペインプロサッカーリーグ(ラ・リーガ)との戦略的連携協定の締結のため、村井チェアマンと来日中のラ・リーガのテバス会長が調印式を行った。Jリーグはこれまでタイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、イラン、マレーシア、カタール、オーストラリアと協定を締結しているが、ヨーロッパとは初めてで、11リーグ目の締結となる。 ▽村井チェアマンによると、「世界22のリーグのチェアマン会議で(テバス会長と)知り合った。会議では一番活発な意見を述べていた。テバス会長がリーガの放映権の一括管理を進めた」と紹介し、今後は「オンザピッチではトップチーム間の交流と若手選手の育成、オフザピッチではインテグリティ(差別の撤廃や八百長の撲滅など)とクラブマネジメントを学びたい」とし、7月にはセビージャが来日してC大阪と鹿島と対戦。さらにJ3のクラブがラ・リーガの小さなクラブの運営を視察に訪れることになっている。 ▽一方、今朝来日し、夜には帰国の途につくテバス会長も「Jリーグだけでなく日本から学ぶことになると思う。Jリーグはダ・ゾーンと契約したことに注目している。スペインにとってもそのコラボレーションの将来に注目している。テレビだけでなくインターネットで見られるのは窓を開けたように大きな可能性を秘めている」と、今年スタートしたパフォーム社との契約に興味を示していた。 ▽具体的な活動は今後の話し合いになるが、ラ・リーガはすでに先月、日本に駐在員を配置。日本のマーケットにおいてラ・リーガの認知度を上げるなど、日本におけるラ・リーガのすべての活動をコーディネートする予定でいる。 ▽そんなラ・リーガの狙いを、テバス会長は次のようにストレートに語った。 「イングランドのプレミアリーグのような立場に立ちたい。スポーツ界では(スペインは)世界1だと思うし、(レアルやバルサのような)クラブも世界1だが、産業としてのサッカーはまだプレミアリーグ及ばないと思っている」 ▽タイのタクシン前首相が一時期マンチェスター・シティのオーナーだったように、東南アジアの多くの国々でイングランドのプレミアリーグ人気は高い。当然、ユニフォームを始めとするグッズ類の販売など、アジアのマーケットを拡大するためにも日本と提携を結んだのだろう。彼らが日本を通じて見ているのは、もしかしたら約14億人の人口を誇る中国かもしれない。 ▽なお、Jリーグは17シーズンよりパートナーシップ協定を提携する国の選手は日本人選手と同じ扱いにしているが、戦略的連携協定対象国のオーストラリアとスペインは、これには含まれない。<hr>【六川亨】1957年9月25日生まれ。当時、月刊だった「サッカーダイジェスト」の編集者としてこの世界に入り、隔週、週刊サッカーダイジェストの編集長や、「CALCIO2002」、「プレミアシップマガジン」、「サッカーズ」の編集長を歴任。現在はフリーランスとして、Jリーグや日本代表をはじめ、W杯やユーロ、コパ・アメリカなど精力的に取材活動を行っている。日本サッカー暗黒の時代からJリーグ誕生、日本代表のW杯初出場などを見続けた、博識ジャーナリストである。 2017.06.22 22:34 Thu
twitterfacebook
thumb

Jリーグ、スペインリーグとの戦略的連携協定を締結

▽Jリーグは22日、スペインのプロサッカーリーグであるラ・リーガとの戦略的連携協定を締結したことを発表した。 ▽Jリーグは、現在4シーズン連続でUEFAチャンピオンズリーグ優勝クラブを輩出する世界トップクラスのリーグとの戦略的連携協定を通じて、フットボール上のクオリティ向上を目指した活動を推進することを目指すとのこと。Jリーグにとって、海外のプロリーグとの協定締結は、タイ、ベトナム、ミャンマー、カンボジア、シンガポール、インドネシア、イラン、マレーシア、カタール、オーストラリアに続いて11リーグ目。また、ラ・リーガにとってJリーグはアジアで初めての提携リーグとなる。 ▽Jリーグは今回の連携協定の概要に関して、以下のように発表している。 ■戦略的連携協定内容: 1.両国トップチームの交流 2.テクニカル、育成(女子サッカー含む) 両リーグで国際ユース大会を開催する等の育成年代の交流、強化、指導者交流 3.インテグリティ セミナー開催におけるスタッフ派遣およびノウハウ、リソースの共有 4.クラブマネジメント、リーグ運営 リーグ、クラブスタッフの短中期交換プログラム、両リーグイベント等の視察 ■備考: Jリーグがパートナーシップ協定を提携する各国リーグの国籍を有する選手は、2017シーズンより日本人選手と同じ扱いとしていますが、戦略的連携協定対象国であるオーストラリアとスペインの国籍を有する選手はこれに含まれません。 2017.06.22 17:10 Thu
twitterfacebook
thumb

大宮が浦和とのACLで仲裁にも入った済州ユナイテッドのFWマルセロ・トスカーノの完全移籍加入内定を発表

▽大宮アルディージャは22日、済州ユナイテッドFCに所属するブラジル人FWマルセロ・トスカーノ(32)の完全移籍加入が内定したことを発表した。メディカルチェック後に正式契約を結ぶ。 ▽マルセロ・トスカーノは、パウリスタやパラナ、フィゲイレンセ、アメリカ・ミネイロなどブラジル国内のクラブで長らくプレー。2010年8月から2013年1月まではポルトガルのヴィトーリアに所属すると、ポルトガル・プリメイラリーガで通算61試合に出場し12ゴール9アシストを記録していた。 ▽2016年1月に済州ユナイテッドFCに移籍すると、今シーズンはKリーグ・クラシックで13試合出場6ゴール、AFCチャンピオンズリーグで8試合に出場。グループステージではガンバ大阪と同居し1ゴールを記録。ラウンド16では浦和レッズと対戦し、1stレグで1ゴールを記録していた。マルセロ・トスカーノはクラブを通じてコメントしている。 「まずは今回、このような機会をくださった大宮アルディージャに感謝の言葉を伝えたいです。大宮アルディージャに加入することができ、とても光栄ですし、チームの目標を達成できるようにベストを尽くします。新しいチームメートやスタッフたちとの出会いも楽しみですし、素晴らしいファン・サポーターの前で、良いパフォーマンスでこたえたいと思います」 2017.06.22 16:23 Thu
twitterfacebook
thumb

広島がDF川崎裕大とプロA契約を締結「これからが大事になってくる」

▽サンフレッチェ広島は22日、DF川崎裕大(24)とプロA契約を締結したことを発表した。 ▽川崎は5月31日に行われた、2017JリーグYBCルヴァンカップ グループステージ第7節の横浜F・マリノス戦に出場。プロA契約締結の条件である450分の試合出場を達成した。 ▽流通経済大学から2015年に広島へ加入した川崎は、今年3月のルヴァンカップ第1節のヴァンフォーレ甲府戦でデビュー。これまでJ1での出場はないものの、ルヴァンカップで6試合に出場している。川崎はクラブを通じてコメントしている。 「A契約を締結できて嬉しく思います。ただし、プロサッカー選手としてこれからが大事になってきますので、より試合に出場できるように頑張ります。今後とも応援をよろしくお願い致します」 2017.06.22 15:34 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪DF米倉恒貴が右大腿二頭筋肉離れで全治約3週間

▽ガンバ大阪は22日、DF米倉恒貴の負傷を発表した。 ▽米倉は18日の練習中に負傷したとのこと。右大腿二頭筋肉離れと診断され、全治は約3週間とのことだ。 ▽今シーズンの米倉は、明治安田生命J1リーグで2試合の出場、AFCチャンピオンズリーグで1試合の出場にとどまっている。 2017.06.22 15:14 Thu
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース