【2017 J1チーム診断】5年連続J1残留が最大使命! 変革もたらす新指揮官の手腕やいかに《ヴァンフォーレ甲府》2017.02.22 20:30 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は吉田達磨新監督の下で5年連続J1残留を目指すヴァンフォーレ甲府編をお届けする。

◆前線補強で課題の1つ改善も守備再建に一抹の不安
▽引き抜きの噂が絶えなかったエースFWドゥドゥの残留成功に始まり、ベガルタ仙台で実績十分のFWウイルソン、京都サンガF.C.から2年ぶりの復帰を果たしたMF堀米勇輝と課題の得点力不足解消に繫がる前線の補強に成功。また、例年多くの主力を引き抜かれてきたが、今冬はMF稲垣祥がサンフレッチェ広島に旅立った以外、主力の流出がなかったこともプラス材料だ。その一方で、DF土屋征夫、DF山本英臣、DF津田琢磨を筆頭に高齢化が進む最終ラインの補強は、ブラジル人DFエデル・リマのみと思うような成果は上がらなかった。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽今シーズンの注目ポイントは、徹底的な堅守速攻で4年連続残留を勝ち取ってきたチームに、変革をもたらすべき招へいされた吉田達磨新監督の采配だ。前述の補強以外にMF小椋祥平、MF兵働昭弘と経験豊富なベテラン選手を中盤に加えたものの、昨シーズンから大きく陣容は変わっておらず、昨シーズンの年間14位で終えたチームに上積みをもたらすのは、新指揮官の手腕に他ならない。

▽昨シーズンに就任したアルビレックス新潟では、柏レイソル時代と同じポゼッションスタイルを持ち込むも、チームの成績不振に伴い、志半ばにシーズン途中で退任。今季はその新潟よりも堅守速攻の色濃い甲府を率いるだけに不安は大きいが、チーム始動からキャンプを通じて自らの志向するスタイルに固執せず、守備の再構築、前からボールを奪いに行く意識を高めるなど、これまでの失敗を教訓に残留に向けてより現実的なアプローチに主眼を置いている。より成熟した新指揮官の下で変革のシーズンに臨む“新生ヴァンフォーレ”の船出はいかに…。

◆予想フォーメーション[3-4-2-1]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:河田晃兵
DF:新井涼平、山本英臣、エデル・リマ
MF:橋爪勇樹、小椋祥平兵働昭弘、田中佑昌
MF:河本明人、ドゥドゥ
FW:ウイルソン
▽開幕に向けては[5-3-2]のシステムで臨む可能性が高いが、基本のシステムは[3-4-2-1]となる模様だ。新監督の下で試行錯誤が続いているうえ、比較的メンバーを固定しない傾向がある吉田監督だけに、現時点でのメンバーの予想は困難。昨シーズンのメンバーを軸に、ケガの影響で調整が遅れるFWドゥドゥ、DFエデル・リマを含め、シーズン半ばを見据えた予想布陣とした。したがって、J1最年長プレーヤーのDF土屋征夫やDF松橋優、MF堀米勇輝、MF黒木聖仁といった面子が先発に割り込んでくる可能性も十二分にある。

◆期待の新戦力
Getty Images
MF小椋祥平(日本)
1985年9月8日(31歳)
2016シーズン(J1):2試合0得点
▽甲府にとって今冬の補強の目玉は、待望の点取り屋であるFWウイルソンや2年ぶりの古巣復帰となるMF堀米勇輝ら攻撃陣。だが、シーズンを通じて重要な戦力となりそうなのが、今年1月末の練習参加から正式契約を勝ち取ったベテランMF小椋祥平だ。水戸ホーリーホックでプロデビューを飾り、横浜F・マリノス、ガンバ大阪、モンテディオ山形といったJ1屈指の名門を渡り歩いた小椋だが、昨シーズンはG大阪のトップチームで構想外となり、G大阪U-23を主戦場にJ3でのプレーを強いられた。さらに、昨季終了後にG大阪との契約が満了し、今季の所属先が見つからない苦難を味わった小椋は、甲府の地で捲土重来を図る。卓越したボール奪取能力を武器に、“マムシの祥平”の愛称で知られるベテランMFは、昨シーズンJ1ワースト2位タイの58失点を喫した甲府の堅守再建を担う働きが期待される。

◆キープレーヤー
Getty Images
FWドゥドゥ(ブラジル)
1990年4月21日(26歳)
2016シーズン(J1):11試合4得点
▽5年連続残留を目指す甲府のキーマンは、背番号10を背負うドゥドゥだ。昨年7月にフィゲイレンセから途中加入し、11試合4得点という数字以上のインパクトを残して甲府の残留に貢献したブラジル人FW。優れた身体能力に加え、ドリブルスキルに優れるアタッカーは、得点力を課題とする甲府攻撃陣の鍵を握る存在だ。ケガの影響で開幕には間に合わない見込みだが、FW河本明人や今冬加入のFWウイルソン、MF堀米勇輝らその他のアタッカーとの連係を深めて今季は最低でも二ケタゴールを目指したい。

コメント

関連ニュース

thumb

【J1開幕直前クラブガイド】内田篤人復帰の一昨シーズン王者、勝負強さを取り戻しタイトル奪還へ《鹿島アントラーズ》

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初の金曜開催の23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来を先駆けて、超WS編集部が今シーズンのJ1を彩る全18クラブを徹底分析。チームのノルマ、補強達成度、イチオシ選手、予想布陣をお届けしていく。第3弾は鹿島アントラーズを紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆Jタイトル奪還が最優先</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【ノルマ:優勝争い】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fom2018antlers_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽J1リーグと天皇杯を制した一昨シーズンの成功継続を狙った昨シーズンだが、終わってみれば主要タイトル無冠という屈辱を味わった鹿島。昨シーズン途中に石井正忠前監督からバトンを引き継いだ大岩剛体制2年目の今シーズンは、復権が求められる。ファーストプライオリティはもちろん、最終節で川崎フロンターレに掻っ攫われたJリーグ王者のタイトル奪還だ。 ▽注目ポイントは、昨シーズンに影を潜めた“勝負強さ”を取り戻せるかどうか。昨シーズンはラストの7試合で3勝2分け2敗と勝ち点を取りこぼし、さらに川崎とのシックポインターではシーズンダブルを喫したことが優勝争いに大きく影響した。 ▽鹿島の“勝負強さ”を体現する選手は小笠原満男だが、38歳という年齢もあって頼りきりになることはできない。DF昌子源を中心にDF植田直道、DF西大伍、MF遠藤康、FW土居聖真らクラブを知る選手らのより一層の奮起、そして昨シーズンに期待に応えきれなかったMFレオ・シルバとFWペドロ・ジュニオールら2年目となる外国人選手のパフォーマンスが鍵となりそうだ。 <span style="font-weight:700;">◆懸念の最終ラインを的確補強</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【補強達成度:A】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fom2018antlers_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽オフシーズンの補強は的確だったと言える。昨シーズン、不安視されながらも開幕前の補強がなかった最終ラインに関してはレギュラー勢を欠くとクオリティ低下が否めない状況が続いた。 ▽しかし今シーズンはその最終ラインに、経験豊富で精神的支柱にもなれるDF内田篤人を筆頭に、空中戦に強い正統派CBのDF犬飼智也、そして高い攻撃性能が売りのDF安西幸輝の3選手を補強。安西は右でも左でも起用できるため、特にサイドバックは盤石の態勢となっている。 ▽中盤から前線では昨シーズンに期限付きで加入していたMFレアンドロを完全移籍で獲得した以外に目立った補強がなかったが、既に質と量ともに十分な戦力が揃っている。前述したように、昨季加入のMFレオ・シルバとFWペドロ・ジュニオールがシーズン通して活躍できれば問題ないだろう。伝統的に攻撃は“個”への依存度が高いが、大幅な入れ替えがないアタッカー陣の連係向上も見込め、崩しの精度は昨季よりも高まりそうだ。<hr>【IN】 GK山田大樹←鹿島アントラーズジュニアユース/2種登録 GK沖悠哉←鹿島アントラーズユース/昇格 DF安西幸輝←東京ヴェルディ/完全 DF犬飼智也←清水エスパルス/完全 DF内田篤人←ウニオン・ベルリン(ドイツ)/完全 FWレアンドロ←パルメイラス(ブラジル)/期限付き→完全 FW山口一真←阪南大学/新加入 【OUT】 GK小泉勇人→水戸ホーリーホック/完全 DFブエノ→徳島ヴォルティス/期限付き MF梅鉢貴秀→ツエーゲン金沢/完全 MF平戸太貴→町田ゼルビア/期限付き MF杉本太郎→徳島ヴォルティス/期限付き FW垣田裕暉→ツエーゲン金沢/期限付き FW赤﨑秀平→川崎フロンターレ/完全 FW豊川雄太→KASオイペン(ベルギー)/完全<hr><span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fom2018antlers_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>DF内田篤人(29) 2017-18シーズン(ドイツ2部) 2試合出場<hr>▽8年ぶりに古巣復帰を果たした内田を注目選手として挙げる。主戦場である右サイドバックにはDF西大伍とDF伊東幸敏という日本代表クラスの選手がおり、ポジション争いを制することは簡単ではない。しかし、豊富な経験に裏打ちされたポジショニングや最終ラインにもたらす落ち着きという面では一日の長がある。 ▽特に序盤は昨季のレギュラーである西が負傷で離脱するだけに、良いスタートから定位置を確保したい。鹿島で好パフォーマンスを続ければ日本代表復帰も現実味を帯びてくるだろう。「サッカー選手とは何かを傷の数だけわかってきたつもり。若い選手もいるので自分ができることを練習からやっていきたい」と入団会見で語った男が鹿島にどのような影響を与えるか注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズンの予想布陣</span>[4-4-2]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fom2018antlers_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:曽ヶ端準 DF:内田篤人、昌子源、植田直通、山本脩斗 MF:遠藤康、レオ・シルバ、三竿健斗、レアンドロ FW:ペドロ・ジュニオール、金崎夢生<hr>▽14日にAFCチャンピオンズリーグ2018のグループステージ第1節の上海申花戦を消化しており、1-1で引き分けた。この試合の先発メンバーが序盤戦の軸になっていくとみていいだろう。 ▽GKは引き続きGK曽ヶ端準がGKクォン・スンテを一歩リード。右サイドバックは内田、西、伊東と国内最高の選手層と質を誇り、左サイドバックもDF山本脩斗と安西がレベルの高い定位置争いを繰り広げそうだ。センターバックは昌子と植田が引き続きコンビを形成し、隙あれば犬飼が虎視眈々とレギュラーを狙う。 ▽中盤から前線も豊富な人材が揃う。中盤の底はMFレオ・シルバと昨季に飛躍したMF三竿健斗を軸に、鹿島3年目となるMF永木亮太とベテランの小笠原が脇を固める。左右のどちらでもプレー可能な選手が多いサイドアタッカーでは、キックが魅力の遠藤とレアンドロが欠かせない存在。果敢な仕掛けが魅力の19歳FW安部裕葵、ユーティリティな万能型MF中村充孝らがポジションを争う。 ▽FW金崎夢生が中心となる前線には、独力でゴールに直結するプレーを特長とするペドロ・ジュニオールがおり、同選手は左サイドでも起用可能。やや下がり目の位置からお膳立てだけでなくゴールも狙えるFW土居聖真も昨シーズンに引き続き多くの出番を与えられるだろう。プレシーズン中に好調だったFW鈴木優磨も勢いに乗れば一気にポジションを奪取できるポテンシャルを秘める。 2018.02.17 21:10 Sat
twitterfacebook
thumb

【J1開幕直前クラブガイド】形づく攻撃サッカーで東北の地に栄冠もたらせるか《ベガルタ仙台》

▽2018シーズンの明治安田生命J1リーグが史上初となる金曜開催の23日を皮切りに幕を開ける。“蹴”春到来に先駆けて、超WS編集部が今シーズンのJ1を彩る全18クラブを徹底分析。チームのノルマ、補強達成度、イチオシ選手、予想布陣をお届けしていく。第2弾はベガルタ仙台を紹介する。 <span style="font-weight:700;">◆昨季の手ごたえを確信に</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【ノルマ:ひと桁順位】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_vegalta_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽昨シーズンはこれまでのカウンタースタイルを捨てて、能動的かつ流動的な攻撃を仕掛けるサッカーへの切り替えに挑戦。フォーメーションも慣れ親しんだ[4-4-2]から[3-4-2-1]に変更するなど転換期となった。順位こそ前年と同じ12位だったが、内容は格段に飛躍したシーズンとなった。 ▽迎える新シーズンは、渡邉晋監督にとっても5シーズン目を迎え集大成となる。メンバー構成を見ると昨シーズンのレンタル移籍組の買い取りや期間延長に成功。数名の主力が抜けたものの大幅な戦力ダウンは免れた。昨シーズン見せた戦いぶりの継続を考えると、一桁順位は達成しなければいけないノルマとなる。 <span style="font-weight:700;">◆戦力維持も、上積みなく不安は残る</span><span style="color:#cc3300;font-weight:700;">【補強達成度:C】</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_vegalta_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽ストーブリーグ最大の目標は期限付き移籍組の残留だった。そんな中、DF古林将太(名古屋グランパス)、MF中野嘉大(川崎フロンターレ)、FW石原直樹(浦和レッズ)が完全移籍に移行。MF野津田岳人(サンフレッチェ広島)も期限付き移籍期間を延長するなど引き止めることに成功した。中盤をコントロールしていたMF三田啓貴がヴィッセル神戸に移籍したことは痛手だが、FC岐阜から庄司悦大を獲得したことでボランチのゲームメーカーは穴埋めができたと言える。 ▽一方で、センターバックはDF金正也をガンバ大阪から完全移籍で獲得したものの、DF増嶋竜也が退団。昨シーズンから懸念されていたバックラインの駒不足は解消されておらず、シーズンを戦っていくなかでケガや累積の状況によっては苦しい戦いとなる。<hr>【IN】 GK 川浪吾郎(26)←アルビレックス新潟/完全 DF 古林将太(26)←名古屋グランパス/期限付き→完全 常田克人(20)←大分トリニータ/復帰 金正也(29)←ガンバ大阪/完全 板倉洸(20)←川崎フロンターレ/期限付き MF 中野嘉大(24)←川崎フロンターレ/期限付き→完全 野津田岳人(23)←サンフレッチェ広島/期限付き延長 庄司悦大(28)←FC岐阜/完全 FW ジャーメイン良(22)←流通経済大学/新加入 阿部拓馬(30)←蔚山現代FC(韓国)/完全 石原直樹(33)←浦和レッズ/期限付き→完全 ラファエルソン(20)←ヴィトーリア(ブラジル)/期限付き 【OUT】 GK 石川慧(25)→栃木SC/完全 DF 増嶋竜也(32)→柏レイソル/期限付き終了 ヴィニシウス(22)→未定/退団 小島雅也(20)→FC町田ゼルビア/育成型期限付き MF 藤村慶太(24)→ツエーゲン金沢/期限付き 差波優人(24)→カターレ富山/期限付き 三田啓貴(27)→ヴィッセル神戸/完全 佐々木匠(19)→カマタマーレ讃岐/育成型期限付き 野沢拓也(36)→ウーロンゴン・ウルブス(オーストラリア)/完全 FW クリスラン(25)→ブラガ(ポルトガル)/復帰 平山相太(32)→現役引退<hr><span style="font-weight:700;">◆超WS編集部イチオシ選手</span><div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/guide2018_vegalta_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(c) J.LEAGUE PHOTOS<hr></div>MF庄司悦大(28) 2017シーズン(J2) 41試合出場5得点<hr>▽ベガルタ仙台のイチオシ選手は新加入のMF庄司悦大だ。アクションサッカーへの切り替えを行ったチームにおいて、中盤の底でゲームを組み立てられる選手の存在は不可欠。神戸に移籍した三田が退団した穴は大きく、チームの根幹を揺るがしかねない事態に陥りそうだったが、新加入の庄司にその穴埋めを期待したい。 ▽J1初挑戦となる庄司だが、レノファ山口FC、FC岐阜時代からも強弱、長短を織り交ぜたパスで攻撃のタクトを振るうなどゲームメーカーとして定評があり、昨シーズンは4101本のパスを通してJ2でトップ。仙台でもそのパスセンスを生かせるかに注目だ。 ▽仙台の前線には、裏抜けを得意とする石原直樹や阿部拓馬が構えており、彼らとタイミングを合わせることでチームに深さが生まれる。またポゼッションを重視するチームスタイルだけに、両ウイングバックを使った幅のある攻撃も求められる。庄司のパスで、攻撃の起点となるところに上手くボールを配給できるかに期待だ。 <span style="font-weight:700;">◆2018シーズンの予想布陣</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/fom2018vegalta_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:シュミット・ダニエル DF:平岡康裕、大岩一貴、金正也 MF:古林将太、庄司悦大、富田晋伍、永戸勝也 MF:野津田岳人、阿部拓馬 FW:石原直樹<hr>▽昨シーズンから取り組む[3-4-2-1]のフォーメーションを継続すると予想。増嶋が抜けた穴には金正也がそのまま入り、バックラインのメンバーが大きく変わることはないだろう。中盤も三田が抜けたボランチに庄司が入ることで大きな変化はない。また、今キャンプでは野津田をボランチで起用するなど試行錯誤を行っており、庄司の相方は相手次第で変わることが予想される。 ▽激戦区となる2シャドーは、野津田と新加入の阿部が堅い。しかし、昨シーズンの主力であるFW西村拓真や新加入のFWジャーメイン良、ボランチで試されているMF奥埜博亮などもおり、様々な組み合わせが考えられる。一方で、1トップの候補は石原と、新加入で未知数のFWラファエルソン。阿部やジャーメインが入る形も想定されるが、不測の事態がない限りは石原がシーズンを通して起用されるだろう。 2018.02.17 21:00 Sat
twitterfacebook
thumb

新システムに一定の手応えを示すも横浜FMのMF天野純「クロスやコンビネーションの精度をもっと」

▽17日に味の素スタジアムで行われたJリーグプレシーズンマッチのFC東京vs横浜F・マリノスは、ホームのFC東京が1-0で勝利した。 ▽この試合で先発フル出場を果たした横浜FMのMF天野純は、ポステゴグルー新監督のアタッキングサッカーに手応えを感じながらも、左サイドの連携や、クロスやコンビネーションの質をさらに高めなければいけないと語った。 ◆MF天野純(横浜F・マリノス) 「監督がアタッキングサッカーを掲げている中で、何度か侵入していくシーンは作れたし、ポゼッション率も上回っていると思うのでそこは手応えを感じている」 ──左サイドの連携について 「サイドの選手は去年とは違ったタイプの選手なので、まだ擦り合わせが必要な状態だが、ヤマ(山中亮輔)とは去年も一緒にやっているし、ユン(・イルロク)ともコミュニケーションもとれているのでスムーズに(試合に)入ることができた」 ──あと1週間…どういったところを詰めていきたいか 「最後の精度の部分。クロスやコンビネーションの精度は上げないと。点が取れないと意味がないのでそこは意識してやっていきたい」 2018.02.17 18:42 Sat
twitterfacebook
thumb

試合は敗戦も横浜FMのDFミロシュ・デゲネク「内容では圧倒していた」

▽17日に味の素スタジアムで行われたJリーグプレシーズンマッチのFC東京vs横浜F・マリノスは、ホームのFC東京が1-0で勝利した。 ▽この試合でDF中澤祐二とともにセンタバックを勤めたDFミロシュ・デゲネクは、敗戦も横浜FMが「圧倒していた」と試合を振り返った。 ◆DFミロシュ・デゲネク(横浜F・マリノス) 「結果的には0-1で負けてしまったが、チャンスは自分たちの方が作っていた。決定的な場面を許してしまったが、全体的には圧倒したと思っている」 ──今回はかなり高めのディフェンスラインをとっていたが 「僕は代表でも同じことをやっていたので問題なかった」 ──この試合はボールを持ってやりたいことができているように思えたが、もっと改善するべき点は 「それは監督が決めることだね。僕は監督ではないから。もっとゴールを決めなければならないが、監督が良い指示を出してくれると思う」 2018.02.17 18:38 Sat
twitterfacebook
thumb

横浜FM戦勝利も、内容重視のFC東京MF高萩洋次郎「ボールが奪える場面を作れれば」

▽17日に味の素スタジアムで行われたJリーグプレシーズンマッチのFC東京vs横浜F・マリノスは、ホームのFC東京が1-0で勝利した。 ▽FC東京で2シーズン目を迎えているMF高萩洋次郎は、長谷川健太新監督の下、この日は先発フル出場を果たした。攻撃的なサッカーを展開した横浜FMとの対戦を、試合後に以下のように振り返った。 ◆MF高萩洋次郎(FC東京) 「自分たちの前で(ボールを)回させる分には問題なかった。その中でうまくボールを奪える場面が作れれば良いと考えていた」 ──中盤やセンターラインをタイトに保っていたが 「中はしっかり閉めてボールを通させないようにした。外に出た時はしっかりスライドして対処することを意識していた」 ──相手の布陣に対して人数的なミスマッチがあったように見えたが 「右サイドではそのような場面があったが、前半のうちに修正することができた」 2018.02.17 18:33 Sat
twitterfacebook


ACL
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース