超ワールドサッカー

【ACL2017】アジア制覇を目指す川崎Fが中韓の強豪と激突〜グループG〜2017.02.22 16:00 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽2月21日(火)、今シーズンのアジア王者を決めるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の本戦がスタートする。日本からは、Jリーグ王者の鹿島アントラーズの他、浦和レッズ、川崎フロンターレ、そしてプレーオフを勝ち上がったガンバ大阪の4チームが出場する。

▽日本勢でグループGに入ったのは、2016シーズンの明治安田生命J1リーグで3位になり、天皇杯でも決勝に駒を進めた川崎Fだ。2015年以来7度目のACLに臨む鹿島は悲願の初制覇を目指す。今回は出場各チームのACLにおける成績や注目選手などを紹介したい。
■グループG
広州恒大(中国)
水原三星ブルーウィングス(韓国)
川崎フロンターレ(日本)
イースタンSC(香港)
★広州恒大(中国/6回目)
【出場資格】
中国スーパーリーグ2016 優勝
中国FAカップ2016 優勝
【前回出場】
2016年
【前回大会】
グループステージ敗退
【最高成績】
優勝(2013、2015)
▽中国スーパーリーグを6連覇中と、言わずと知れた中国の強豪クラブ。“爆買い”の走りでもあり、現在は元ブラジル代表指揮官のルイス・フェリペ・スコラーリ監督が指揮を執る。コロンビア代表FWジャクソン・マルティネスやブラジル代表MFパウリーニョらが所属。2大会ぶりのアジア制覇を目指す。

【注目選手】
Getty Images
FWジャクソン・マルティネス(コロンビア)
1986年10月3日(30歳)
▽ポルトやアトレティコ・マドリーでゴールを量産していたJ・マルティネスだが、加入後は当時の輝きを魅せられず。昨シーズンのACLでは4試合無得点、中国スーパーリーグでも10試合4得点に終わった。今年はアジアの舞台でゴールを奪えるのか。

★水原三星ブルーウィングス(韓国/8回目)
【出場資格】
韓国FAカップ2016 優勝
【前回出場】
2016年
【前回大会】
グループステージ敗退
【最高成績】
ベスト4(2011)
▽昨シーズンの韓国FAカップ王者。Kリーグでは近年結果を残せていないものの、昨シーズンは6年ぶりのタイトルを獲得。2013年から指揮を執るソ・ジョンウォン監督の下、チームの成績は好転。昨シーズンはリーグ戦で7位と振るわなかったものの、カップ戦を制した。昨シーズンまでサガン鳥栖でプレーしたMFキム・ミヌやDFチェ・ソングが所属。その他にもJリーグ経験者が多く在籍する。

【注目選手】
Getty Images
MFキム・ミヌ(韓国)
1990年2月25日(26歳)
▽昨シーズンまで7シーズンにわたってサガン鳥栖でプレー。Jリーグでも屈指のサイドアタッカーとして活躍。キャプテンも務めていた。母国で初のキャリアとなり、自身初のACLの舞台。水原三星にとっても大きな戦力になることは間違いない。

★川崎フロンターレ(日本/5回目)
【出場資格】
明治安田生命J1リーグ2016 3位
【前回出場】
2014年
【前回大会】
不参加
【最高成績】
ベスト8(2007、2009)
▽昨シーズン、タイトルにあと一歩のところまで迫った川崎F。今シーズンはエースFW大久保嘉人が退団も、MF家長昭博やMF阿部浩之らを獲得。鬼木達監督を新指揮官に迎え、国内タイトルだけでなく、国際タイトルも目指す。

【注目選手】
Getty Images
MF中村憲剛(日本)
1980年10月31日(36歳)
▽昨シーズンのJリーグMVPを受賞した中村憲剛をピックアップ。正確なパスでのゲームメイクに加え、昨シーズンは得点数もアップ。新体制のチームにおいても、中心選手になることは間違いない。悲願のタイトル獲得には中村の存在は欠かせないだろう。

★イースタンSC(香港/初出場)
【出場資格】
香港プレミアリーグ2015-16 優勝
【前回出場】
なし
【前回大会】
不参加
【最高成績】
なし
▽香港プレミアリーグに所属するイースタンSCは、昨シーズン11年ぶりにリーグ戦を制覇。28歳の女性指揮官であるチャン・ユェンティン監督がチームを率いる。就任1年目でのリーグ制覇を考えれば、アジアの舞台でどのような戦いを見せるのか注目だ。

【注目選手】
Getty Images
DFジョシュア・ミッチェル(オーストラリア)
1984年6月8日(32歳)
▽昨年7月にチームに加入したオーストラリア人DFジョシュア・ミッチェルに注目。ルーマニアの古豪であるウニヴェルシタテア・クラヨーヴァでのプレー経験もあるミッチェルは、Aリーグのパース・グローリーやニューカッスル・ジェッツでもプレー。守備の要としてイースタンSCを支える。

コメント

関連ニュース

thumb

ACL準々決勝のキックオフ時間が決定! 川崎Fvs浦和の第1戦は19時、第2戦は19時半キックオフ《ACL2017》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝のキックオフ時間を発表した。 ▽浦和レッズと川崎フロンターレが準々決勝に勝ち残っているACL。準々決勝ではその2チームが対戦し、ベスト4進出を目指す。 ▽第1戦は川崎Fの本拠地である等々力陸上競技場で8月23日(水)に開催。キックオフは19時となる。また、埼玉スタジアム2002で行われる第2戦は9月13日(水)の19時30分キックオフとなる。 ▽浦和と川崎Fの勝者は、9月27日(水)に行われる準決勝第1戦で、広州恒大(中国)vs上海上港(中国)の勝者と対戦。第2戦は10月18日(水)に開催。決勝は第1戦が11月18日(土)、第2戦が11月25日(土)に行われる。準々決勝のキックオフ時間は以下のとおり。 ◆ACL準々決勝 【第1戦】 ▽8月21日(月) 《19:50》 アル・アイン(UAE) vs アル・ヒラル(サウジアラビア) ▽8月22日(火) 《未定》 ペルセポリス(イラン) vs アル・アハリ・サウジ(サウジアラビア) 《20:00》 上海上港(中国) vs 広州恒大(中国) ▽8月23日(水) 《19:00》 <span style="color:#00b7ec;font-weight:700;">川崎フロンターレ</span>(日本) vs <span style="color:#ec0000;font-weight:700;">浦和レッズ</span>(日本) 【第2戦】 ▽9月11日(月) 《20:00》 アル・ヒラル(サウジアラビア) vs アル・アイン(UAE) ▽9月12日(火) 《未定》 アル・アハリ・サウジ(サウジアラビア) vs ペルセポリス(イラン) 《20:00》 広州恒大(中国) vs 上海上港(中国) ▽9月13日(水) 《19:30》 <span style="color:#ec0000;font-weight:700;">浦和レッズ</span>(日本) vs <span style="color:#00b7ec;font-weight:700;">川崎フロンターレ</span>(日本) 2017.06.13 16:50 Tue
twitterfacebook
thumb

AFC、暴行働いた済州と3選手に処分 乱闘参加の浦和にも220万円の罰金

▽アジアサッカー連盟(AFC)は9日、5月31日に埼玉スタジアム2002で行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦2ndレグの浦和レッズvs済州ユナイテッド(韓国)で起きた事案に対する処分を発表した。 ▽2ndレグでは、2戦合計スコア2-2で迎えた延長戦に浦和DF森脇良太のゴールで勝ち越した浦和がそのまま逆転突破。しかし、試合終了間際に両軍入り乱れる状況となり、試合直後に浦和DF槙野智章が相手から追い掛け回されるシーンもあった。 ▽AFCは、3選手に処分を科した。中でも、重罰が科されたのは、すでに2度の警告で退場が命じられながら試合後の乱闘に参加した挙句、審判に執拗な抗議を働いたDFチョ・ヨンヒョン。同選手に対しては、6カ月出場停止と罰金2万ドル(220万円)のペナルティが言い渡された。 ▽その他、ベンチから飛び出してMF阿部勇樹に暴行を働いたDFペク・ドンギュに対しては、3カ月の出場停止と罰金1万5000ドル(約165万円)の処分。チョ・ヨンヒョンとペク・ドンギュの両選手は、同期間中のいかなる試合にも出場することができないという最も重い処分が下された。 ▽また、DFクォン・ハンジンに対しては、AFC主催試合における2試合出場停止と罰金1000ドル(約11万円)のペナルティ。済州に対しても、4万ドル(約440万円)の罰金が科されている。なお、浦和にも乱闘参加のペナルティとして、罰金2万ドル(約220万円)の処分が決定した。 2017.06.09 17:40 Fri
twitterfacebook
thumb

川崎Fと浦和のJリーグ勢対決に! 準々決勝の組み合わせ決定《ACL2017》

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の準々決勝組み合わせ抽選会が、6日にマレーシアのクアラルンプールで行われた。この結果、川崎フロンターレと浦和レッズのJリーグ勢がベスト4進出を懸けて激突することになった。 ▽ラウンド16でムアントン・ユナイテッド(タイ)と対戦した川崎Fは、2戦合計7-2で圧勝し、8年ぶりのベスト8進出を決めた。一方、浦和は2戦合計スコアで2-2となり、延長戦までもつれ込んだ済州ユナイテッド(韓国)との死闘を最終的に3-2で制し、9年ぶりの準々決勝進出を果たしていた。 ▽なお、川崎Fホームで行われる1stレグは8月23日に、浦和ホームで行われる2ndレグは9月13日に予定されている。 ▽そのほかの対戦カードでは、ラウンド16で鹿島アントラーズを2戦合計2-2とするも、アウェイゴール差で上回り、勝ち抜けを決めた広州恒大(中国)は、上海上港(中国)との中国勢対決に臨む。 ▽また、西地区を勝ち抜いたチームでは、アル・アイン(UAE)vsアル・ヒラル(サウジアラビア)、ペルセポリス(イラン)vsアル・アハリ(サウジアラビア)という対戦カードに決まった。今回決定したACL準決勝の組み合わせおよび、試合日程は以下の通り。 【ACL準々決勝】 ◆1stレグ ▽8/21 アル・アイン(UAE) vs アル・ヒラル(サウジアラビア) ▽8/22 ペルセポリス(イラン) vs アル・アハリ(サウジアラビア) 上海上港(中国) vs 広州恒大(中国) ▽8/23 川崎F vs 浦和 ◆2ndレグ 9/11 アル・ヒラル(サウジアラビア) vs アル・アイン(UAE) 9/12 アル・アハリ(サウジアラビア) vs ペルセポリス(イラン) 広州恒大(中国) vs 上海上港(中国) 9/13 浦和 vs 川崎F ※左がホームチーム 2017.06.06 18:20 Tue
twitterfacebook
thumb

ベスト8が出揃う! 日本勢では浦和&川崎Fの2クラブが進出! 《ACL2017》

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の準々決勝進出8クラブが出揃った。 ▽Jリーグ勢では、ラウンド16でムアントン・ユナイテッド(タイ)を2戦合計7-2で下した川崎フロンターレと、済州ユナイテッド(韓国)を2戦合計3-2で下した浦和レッズがベスト8に進出。 ▽その他、東地区では鹿島アントラーズを2戦合計2-2(AG:1-0)で下した広州恒大(中国)と、江蘇蘇寧(中国)との同国対決を2戦合計5-3で制した上海上港(中国)がベスト8に進出を決めている。 ▽一方、西地区では昨季準優勝のアル・アイン(UAE)や、アル・ヒラル(サウジアラビア)、アル・アハリ・ジッダ(サウジアラビア)、ペルセポリス(イラン)が準々決勝へコマを進めている。 ▽なお、準々決勝の組み合わせ抽選は6月6日に行われる。 ◆ACL2017 準々決勝進出クラブ 【東地区】 川崎フロンターレ(日本) 浦和レッズ(日本) 広州恒大(中国) 上海上港(中国) 【西地区】 アル・アイン(UAE) アル・ヒラル(サウジアラビア) アル・アハリ・ジッダ(サウジアラビア) ペルセポリス(イラン) 2017.06.01 03:00 Thu
twitterfacebook
thumb

森脇が延長弾! 済州を撃破した浦和がベスト8へ《ACL》

▽浦和レッズは31日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017ラウンド16・2ndレグで済州ユナイテッドをホームに迎え、延長戦の末に3-0で勝利した。この結果、2戦合計スコアを3-2とした浦和が4強入りした2008シーズン以来となるベスト8に進出した。 ▽アウェイでの1stレグを0-2で落とした浦和が、逆転突破を狙ってホームに戻った。浦和は、1週間前の1stレグから先発2選手を変更。ズラタンと宇賀神の代わりに、李と駒井を起用した。 ▽試合は、序盤からボール保持率を高めた浦和が積極的にゴールを狙う。早々には、駒井の仕掛けからボールを受けた興梠がボックス右で仕掛けてシュート。角度のないところから放たれたシュートは、右ポスト外側に弾かれる。 ▽それでも、攻勢に出続ける浦和は18分に先制する。敵陣左サイド、ゴールから距離のある位置でFKを獲得すると、キッカーの柏木がゴール前にクロス。これに正面の興梠が打点の高いヘディングで合わせ、シュートをゴール右隅に流し込んだ。 ▽さらに攻める浦和は、31分にペナルティアーク付近の李が放ったシュートがポストに嫌われるも、33分に追加点を奪う。興梠のパスからディフェンスラインを破った李がボックス左からシュート。これが決まり、2-0とした浦和が2戦合計スコアで2-2とすることに成功した。 ▽迎えた後半、浦和は49分にピンチ。チョン・ウンがゴール前に入れたFKからキム・ウォンイルが合わせたボールが枠内に飛ぶも、ここはGK西川がファインセーブを披露し、得点を許さない。 ▽終盤にかけて追加点を狙う浦和は、70分に李に代えて青木、76分に駒井を下げて高木を投入する。81分には、済州ユナイテッドのDFチョ・ヨンヒョンが2枚目のイエローカードで退場。数的有利となった浦和が攻勢を強めたが、3点目を奪うことができず、試合は延長にもつれ込む。 ▽迎えた延長戦、浦和は延長前半6分に正面の青木が枠内シュートに持ち込む。しかし、これはGKに処理される。逆に延長後半8分には左サイドを崩されて正面のメンディに頭で合わせられるが、これはわずかに枠の左にはずれ、浦和が難を逃れる。 ▽すると、浦和がついに勝ち越し弾を挙げる。左サイドから高木が鋭いクロスを入れると、これにファーの森脇が合わせる。このダイレクトシュートが決まり、浦和が3-2とリードした。 ▽結局、これが2戦合計での決勝弾となり、試合終了。浦和が見事に逆転で8強入りを決めている。 2017.05.31 22:09 Wed
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース