前回準優勝のアル・アイン、昨季ベスト16で激突したゾブ・アハンを相手にドロ-スタート…《ACL2017》2017.02.22 04:09 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽21日にAFCチャンピオンズリーグ2017(ACL) ・グループステージ第1節が各地で行われた。

▽前回準優勝のアル・アイン(UAE)は、ゾブ・アハン(イラン) とホームで対戦し、1-1のドローに終わった。前回大会のラウンド16と同カードとなった一戦は、ゴールレスで折り返した後半に動く。アル・アインは57分、ベングトソンにゴールネットを揺らされ先制を許す。

▽反撃に転じるアル・アインは、63分にアハメド・バルマンを下げてアルシャムラニを投入。さらに71分にイブラヒム・ディアキに代えてバンダルをピッチに送り出した。すると、76分にイスマイル・アーメドがネットを揺らし、ゲームを振り出しに戻した。

▽結局、試合はそのまま終了。終始、試合を支配しながらも粘るゾブ・アハンを振り切れなかったアル・アインは、ドロースタートとなった。

▽また、日本勢と同じ東地区ではグループEのブリスベン・ロアーvsムアントン・ユナイテッドは0-0のゴールレスドロー。グループFのFCソウルvs上海上港の一戦は、53分にブラジル代表FWフッキの弾丸ミドルが決まり上海上港が先制。その後退場者を出したものの、0-1で逃げ切って勝利を収めた。

◆ACL2017グループステージ西地区結果(2/21開催)
【グループC】
アル・アイン(UAE) 1-1 ゾブ・アハン(イラン)
アル・アハリ(サウジアラビア) 2-0 ブニョドコル(ウズベキスタン)

【グループD】
ペルセポリス(イラン) 1-1 アル・ヒラル(サウジアラビア)
アル・ラーヤン(カタール) 2-1 アル・ワハダ(UAE)

◆ACL2017グループステージ東地区結果(2/21開催)
【グループE】
鹿島アントラーズ(日本) 2-0 蔚山現代(韓国)
ブリスベン・ロアー(オーストラリア) 0-0 ムアントン・ユナイテッド(タイ)

【グループF】
ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア) 0-4 浦和レッズ(日本)
FCソウル(韓国) 0-1 上海上港(中国)

コメント

関連ニュース

thumb

川崎Fは猛攻実らず広州恒大と痛み分け…4戦連続ドローでGS突破に黄信号《ACL2017》

▽川崎フロンターレは12日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017のグループG第4節で広州恒大(中国)をホームに迎え、0-0のゴールレスドローに終わった。 ▽3月14日に行われた第3節の広州恒大とのアウェイ戦で1-1と引き分けた3位川崎F(勝ち点3)が、首位の広州恒大(勝ち点5)を本拠地等々力陸上競技場に迎えた一戦。8日に行われた明治安田生命J1リーグ第6節のヴァンフォーレ甲府戦から中3日でこの一戦に臨む川崎Fは、その甲府戦からメンバーを3人変更。登里と中村、森谷に代えて田坂と板倉、森本を起用した。 ▽川崎Fは立ち上がり、いきなり広州恒大に押し込まれる。5分、スルーパスに抜け出したグラルにボックス右から右足を振り抜かれると、11分には自陣中央からパウリーニョの直接FKでゴールを脅かされる。 ▽その後も我慢の時間帯が続く川崎F。それでも31分、敵陣中央でパスを受けたハイネルがボックス手前まで持ち込むと、一人かわして右足でシュート。しかしこれは枠を捉えることができない。 ▽なかなかシュートまで持ち込むことができない川崎Fは40分、自陣中央でFKを与えると、リスタートからアランにミドルシュートを放たれる。しかし、これはGKチョン・ソンリョンが落ち着いて対処する。 ▽広州恒大の猛攻を凌いで迎えた後半、川崎Fが立ち上がりからゴールに迫る。52分、左サイドでボールを受けた車屋からのパスを、ボックス手前でエドゥアルド・ネットがシュート。これは枠を捉えるも、GKゾン・チョンにキャッチされる。 ▽その後は川崎Fが敵陣でボールを保持する時間が増え、シュートを浴びせていく。65分、左サイドの登里からパスを受けたハイネルがボックス手前からシュート。さらに68分、右サイドでボールを持った長谷川が小林とのワンツーで中に切れ込むと、ボックス内の中村につないでシュート。こぼれ球を長谷川が左足で振り抜くも、立て続けにGKゾン・チョンに防がれる。 ▽終盤に差し掛かると、さらに攻勢を強める川崎Fだったが、広州恒大の牙城を崩すことができず。逆にリズムを取り戻した広州恒大に攻撃で時間を使われるも、得点を許さず試合終了。0-0のゴールレスドローに終わり、川崎Fは4戦連続ドローと今大会初勝利はまたしてもお預けとなった。 2017.04.12 21:08 Wed
twitterfacebook
thumb

永木が一矢報いるも、ブリスベン・ロアーに今季初勝利を献上…《ACL》

▽鹿島アントラーズは12日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017のグループE第4節でブリスベン・ロアー(オーストラリア)とのアウェイゲームに臨み、1-2で敗れた。 ▽ここまでの3試合を終えて2勝1敗の勝ち点6で首位に立つ鹿島が、1分け2敗の勝ち点1で最下位に沈むブリスベン・ロアーと対戦した。ホームで対戦した第3節では鹿島が3-0で快勝している。勝てばグループステージ突破に大きく前進する鹿島は、[4-4-2]のフォーメーションを採用し、GKクォン・スンテ、バックラインは西、昌子、植田、山本を配置。中盤はレオ・シルバと小笠原のダブルボランチに、遠藤と土居をサイトに置き、前線は鈴木と移籍後初先発の金森が起用された。 ▽試合は鹿島がキックオフ直後から攻め込み、遠藤のクロスに金森が飛び込むなど積極性を見せた。その後はホームのブリスベン・ロアーがポゼッションを握るが、鹿島も3ラインを形成した組織的なブロックを作る。しかし19分、一瞬の隙からマクラーレンが植田の裏を取る。植田はクリアしにかかるがボールに触れられず、そのままマクラーレンがボックス左から逆サイドにシュートを蹴り込む。ブリスベン・ロアーが今大会初ゴールで先制に成功した。 ▽鹿島は24分にもピンチを迎えた。左サイドを破られるとマイナスのグランダーに、ホルマンがダイレクトで右足を振り抜く。しかしこのシュートは精度を欠いて、ゴールマウスを外れた。鹿島も26分に左CKを獲得すると、小笠原が入れたボールに鈴木が飛び込む。ボールはゴールマウスに向かうも、T・クリステンセンがぎりぎりのところでクリアして得点とはならなかった。 ▽37分には自陣でボールを受けたレオ・シルバがそのままドリブルでボックス付近まで運び、鈴木にパス。鈴木の反転シュートはパパドプーロスにブロックされる。こぼれ球を拾ったレオ・シルバもシュートを放つが、ディフレクトしたボールは、わずかにコールマウスを外れて鹿島はこのチャンスも決めきれなかった。 ▽迎えた41分、右CKのチャンスを得た鹿島は、ニアサイドで西が頭で合わせる。しかしボールは逆サイドのポストを叩き、GKセオがキャッチし、前半はブリスベン・ロアーが1点をリードして終えた。 ▽迎えた後半、早い時間帯に追いつきたい鹿島だったが、49分にボックス手前でFKを献上。この流れからT・クリステンセンが放ったシュートを小笠原がクリアするも、こぼれ球をホルマンに押し込まれて2点目を失った。鹿島は55分、ボックス左でボールを受けた金森が縦に突破してニアサイドにシュートを放つが、相手に当ててしまいゴールとはならず。 ▽早く点が欲しい鹿島は61分に、小笠原と鈴木を下げて永木と18歳のルーキー安部を送り出す。すると66分には右CKの流れから安部がこぼれ球を拾って、ボックス右からシュートを放つが、うまくミートできずにクロスバーを越えてしまう。69分委はレオ・シルバのロビングパスに、ボックス内の安部がうまく入り込んで頭で合わせるが、ここも枠にシュートを飛ばすことができなかった。 ▽鹿島は77分にやや運動量が落ちた金森を下げて中村を送り出し、交代カードを使い切る。迎えた78分、左サイドからのクロスに逆サイドの遠藤が合わせるが、これは相手がブロック。しかし左サイドでボールを拾った中村の折り返しを永木が押し込んで、鹿島が1点を返した。 ▽試合終盤も鹿島が相手陣内に攻め込んでいくがあと一点が遠く、試合はそのまま終了。ブリスベン・ロアーに今季初勝利を献上するとともに、グループEの決勝トーナメント進出は大混戦となった。 2017.04.12 19:50 Wed
twitterfacebook
thumb

PK2回失敗のオスカルを擁護…ビラス=ボアス監督「彼を信頼している。よくある話」

AFCチャンピオンズリーグ(ACL)・グループステージ第4節が11日に行われ、埼玉スタジアムでは浦和レッズと上海上港(中国)が対戦した。試合は浦和が1-0で上海上港を下し、グループステージ3勝目を挙げて決勝トーナメント進出に王手をかけた。<br><br>上海上港にとって3連勝で迎えたアウェーでの浦和戦。勝てば決勝トーナメント進出が決まる状況だったが、浦和FWラファエル・シルバに決勝点を許し、グループステージ突破とはならなかった。<br><br>試合後の記者会見に臨んだアンドレ・ビラス=ボアス監督は、「前半スタートの時点でゴールをされる危険性があったが、その後はコントールできた。もちろん浦和も良かったし、チャンスを作っていた。お互いにチャンスがあったね」と試合内容には一定の満足感を示したが、「特に後半はよくなったが、(試合を通じて)ゴールへの効率が良くなかったし、残念ながらPKのチャンスも逃した。次の試合(ソウル戦)で勝ち点をとって、グループを突破したい」と決定機を逃し続けたことを悔やんだ。<br><br>この試合ではアジア最高額の移籍金6000万ポンド(約87億円)でチェルシーから加入したブラジル代表MFオスカルがPKを2度失敗する場面もあったが、「PKを失敗したあとでもオスカルはよかったし、いいパフォーマンスができていた」と擁護。「彼がゴールしたいという気持ちもわかったし、我々も彼を信頼している。このようなことはよくある話なので、正常だよ。PKを二つ外したが、いいパフォーマンスだった」と気に留めていない様子だった。<br><br>1本目を外したオスカルに2本目を蹴らせたことについては、「1回目を外した後に聞いたが、2回目も彼が自信を持って蹴りたいと言っていた。試合前からキッカーは彼と決まっていたから彼に任せた」とあくまでオスカルを信頼していると強調した。<br><br>また、この試合では川崎フロンターレ、コンサドーレ札幌(現・北海道コンサドーレ札幌)、東京ヴェルディでプレーしたFWフッキが、2008年以来約9年ぶりに日本でプレーすることにも注目が集まったが、直前のリーグ戦で足首を負傷して出場は叶わなかった。主力の欠場に指揮官は「私にとって最も信頼できる選手で、前のクラブ(ポルト、ゼニト)でも指揮した。今日は足のケガで出場できなくて残念だが、リスクは犯したくなかった」と大事を取って出場を回避させたと説明した。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.12 01:19 Wed
twitterfacebook
thumb

W・シドニーの楠神がアシストもFCソウルがダムヤノビッチの2ゴールで今大会初勝利《ACL2017》

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017・グループF第4節、ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア)vsFCソウル(韓国)が行われ、2-3でFCソウルが勝利した。 ▽試合は開始早々に動く。4分、ボックス左でFKを得ると、クロスのこぼれ球を繋ぎ、最後はイ・ソクヒョンがボックス手前からミドルシュートを沈め、FCソウルが先制する。 ▽先制したFCソウルは42分、ボックス内にドリブルで侵入したマウリーニョが相手DFに倒されPKを獲得。これをダムヤノビッチがしっかりと沈め、前半でリードを2点に広げる。 ▽リードを2点に広げられたウェスタン・シドニーは後半反撃に出るもゴールを奪えず。すると71分、左サイドを仕掛けたダムヤノビッチがボックス内左から右足一閃。これがネットを揺らし、リードを3点取する。 ▽ホームで一矢報いたいウェスタン・シドニーは77分、スルーパスに反応した楠神がボックス内右からマイナスのボールを送ると、アントニスが蹴り込み1点を返す。さらに後半アディショナルタイム2分には、左からのクロスにスコットが頭で合わせ1点差に迫るも、そのまま試合終了。FCソウルが逃げ切り、今大会初勝利を挙げた。 ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ 2-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">3</span> FCソウル 【ウェスタン・シドニー】 アントニス(後32) スコット(後47) 【FCソウル】 イ・ソクヒョン(前4) ダムヤノビッチ(前42) ダムヤノビッチ(後26) 2017.04.11 23:20 Tue
twitterfacebook
thumb

3失点惨敗のG大阪、3連敗で最下位転落…江蘇蘇寧がクラブ初のGS突破《ACL2017》

▽ガンバ大阪は11日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017のグループH第4節で江蘇蘇寧(中国)とのアウェイゲームに臨み、0-3で敗れた。 ▽開幕白星スタートを切るも以降の2試合で連敗を喫したG大阪。グループ3位で迎える今節は、前節ホームで敗れた江蘇蘇寧とのリベンチマッチとなる。長谷川監督は、7日に行われた明治安田生命Jリーグ第6節サンフレッチェ広島戦から3名をスタメン変更。加入後初先発となる泉澤、初瀬と高木の下部組織出身勢を起用した。 ▽敵地ながらキックオフ直後からボールの主導権を握る形で立ち上がったG大阪。しかし、序盤から相手のカウンターの餌食となる。開始3分、遠藤が中盤の底でボールロスト。アレックス・テイシェイラがそのまま縦に持ち上がり、GK東口との一対一を冷静に制した。 ▽ミスから早々に失点したG大阪。再びボールを繋ぎながら攻撃のリズムを構築しようと試みるが、7分にも失点を重ねる。アレックス・テイシェイラが出した浮き球パスが遠藤に当たってゴール前に流れると、ラミレスが反応。江蘇蘇寧が早々に2点をリードした。 ▽完全に出鼻をくじかれたG大阪は、その後もボールを保持。相手の守備ブロックを前に攻撃が停滞すると、43分、自陣中央の位置で相手にFKのチャンスを与えてしまう。キッカーのアレックス・テイシェイラのクロスを正面のホン・ジョンホが頭で押し込んだ。 ▽前半だけで3つの失点を重ねた上に、シュート0本で試合を折り返したG大阪。後半の頭から三浦に代えて藤春をピッチに送り込み、3バックから4バックへのシステム変更を施す。すると、前半とは打って変わり、シュートを放つ場面こそ増えたものの、ゴールが遠い。 ▽その後、初瀬、泉澤を下げて堂安、藤本を立て続けに投入したG大阪だが、最後まで反撃の形を見いだせず、泥沼の3連敗でグループHの最下位に転落。勝ち点を「12」に伸ばした江蘇蘇寧は、クラブ史上初のACL決勝トーナメントを決めた。 2017.04.11 22:30 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース