前回準優勝のアル・アイン、昨季ベスト16で激突したゾブ・アハンを相手にドロ-スタート…《ACL2017》2017.02.22 04:09 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽21日にAFCチャンピオンズリーグ2017(ACL) ・グループステージ第1節が各地で行われた。

▽前回準優勝のアル・アイン(UAE)は、ゾブ・アハン(イラン) とホームで対戦し、1-1のドローに終わった。前回大会のラウンド16と同カードとなった一戦は、ゴールレスで折り返した後半に動く。アル・アインは57分、ベングトソンにゴールネットを揺らされ先制を許す。

▽反撃に転じるアル・アインは、63分にアハメド・バルマンを下げてアルシャムラニを投入。さらに71分にイブラヒム・ディアキに代えてバンダルをピッチに送り出した。すると、76分にイスマイル・アーメドがネットを揺らし、ゲームを振り出しに戻した。

▽結局、試合はそのまま終了。終始、試合を支配しながらも粘るゾブ・アハンを振り切れなかったアル・アインは、ドロースタートとなった。

▽また、日本勢と同じ東地区ではグループEのブリスベン・ロアーvsムアントン・ユナイテッドは0-0のゴールレスドロー。グループFのFCソウルvs上海上港の一戦は、53分にブラジル代表FWフッキの弾丸ミドルが決まり上海上港が先制。その後退場者を出したものの、0-1で逃げ切って勝利を収めた。

◆ACL2017グループステージ西地区結果(2/21開催)
【グループC】
アル・アイン(UAE) 1-1 ゾブ・アハン(イラン)
アル・アハリ(サウジアラビア) 2-0 ブニョドコル(ウズベキスタン)

【グループD】
ペルセポリス(イラン) 1-1 アル・ヒラル(サウジアラビア)
アル・ラーヤン(カタール) 2-1 アル・ワハダ(UAE)

◆ACL2017グループステージ東地区結果(2/21開催)
【グループE】
鹿島アントラーズ(日本) 2-0 蔚山現代(韓国)
ブリスベン・ロアー(オーストラリア) 0-0 ムアントン・ユナイテッド(タイ)

【グループF】
ウェスタン・シドニー・ワンダラーズ(オーストラリア) 0-4 浦和レッズ(日本)
FCソウル(韓国) 0-1 上海上港(中国)

コメント

関連ニュース

thumb

【ACLプレビュー】ベスト4進出への第一歩…リーグ戦の再現か? 逆襲か?《川崎Fvs浦和》

▽23日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝1stレグ、川崎フロンターレvs浦和レッズが行われる。 ▽日本勢対決となるこの一戦、過去に4度日本勢の対戦があり、川崎Fにとっては3度目の日本勢対決。浦和は2度目の日本勢対決となる。 ▽川崎Fは、2009年にガンバ大阪、名古屋グランパスと対戦。名古屋とは今回と同じ準々決勝で対戦し、敗退している。また、浦和は2008年の準決勝でG大阪と対戦。ACL連覇を目指したがG大阪の前に敗退。勝利したG大阪はそのまま優勝を果たした。 <span style="font-weight:700;">◆今季のリーグ戦は川崎Fが完勝</span> ▽今シーズンの両チームは、7月5日の明治安田生命J1リーグ第13節で対戦。今回と同じ等々力陸上競技場で相見えたが、4-1で川崎Fが快勝した。 ▽この試合では浦和は普段の[3-4-2-1]ではなく[4-4-2]を採用。川崎Fを圧倒したものの、小林悠のゴールで先制。その後は川崎Fの攻撃陣が躍動し、阿部浩之や小林に2点目、長谷川竜也にもゴールが生まれ、完勝を収めた。 <span style="font-weight:700;">◆好調を継続し前回対戦の再現なるか〜川崎フロンターレ〜</span> ▽川崎Fは現在リーグ戦で3連勝。ホームで首位の鹿島アントラーズ、北海道コンサドーレ札幌を相手に最少失点で勝利した。 ▽攻撃が身上の川崎Fにとって、やはり課題は守備。いかに失点を少なく終えるかが、勝敗に影響する。今シーズンのリーグ戦で喫した4敗は全て複数失点。2-5で大敗した第19節のジュビロ磐田戦を除けば、無得点試合で敗れている。川崎Fらしさを出すことができれば、自ずと結果はついてくるだろう。 <span style="font-weight:700;">◆復調の気配を維持できるか〜浦和レッズ〜</span> ▽ミハイロ・ペトロヴィッチ監督解任というビッグニュースに揺れた浦和だが、堀孝史監督就任後は3試合で2勝1分けと無敗。守備の安定感が徐々に取り戻され、前節のFC東京戦では攻撃の形も良い状態の浦和が戻りつつあった。 ▽監督交代後に結果が出ることはよくあり、ここから先が重要になる。まずはペトロヴィッチ監督も切望していたACL。リーグタイトルの獲得が厳しい状況となっている浦和としては、2度目のアジア制覇という結果を残し、チームのベースを作ったペトロヴィッチ監督にタイトルを捧げたいところだ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆川崎フロンターレ</span>[4-2-3-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170822_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:チョン・ソンリョン DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎 MF:大島僚太、エドゥアルド・ネット MF:家長昭博、中村憲剛、阿部浩之 FW:小林悠 監督:鬼木達<hr>▽ベスト8突破に向けた初戦では、前節のリーグ戦と同じメンバーで臨むと考える。ここに来て実力を発揮しつつあるMF家長昭博も継続して先発。DF谷口彰悟とCBコンビを組むのはDFエドゥアルドの可能性もあるが、調子を上げているDF奈良竜樹と予想する。 <span style="font-weight:700;">◆浦和レッズ</span>[3-4-2-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170822_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:西川周作 DF:遠藤航、マウリシオ、槙野智章 MF:駒井善成、柏木陽介、阿部勇樹、宇賀神友弥 MF:ラファエル・シウバ、李忠成 FW:興梠慎三 監督:堀孝史<hr>▽前回対戦では[4-4-2]という奇策に出ていたが、堀監督は従来の[3-4-2-1]で臨んでくるだろう。メンバーとしては負傷のDF森脇良太の代わりに3バックの中央に今夏加入したDFマウリシオを起用すると見る。その他、右ウイングバックにはMF駒井善成が入り、左ウイングにはMF宇賀神友弥が復帰しそうだが、ケガの状態次第ではMF菊池大介が入るだろう。1トップにはFW興梠慎三、シャドーにはFWラファエル・シルバ、FW李忠成が入るとみる。いつも通りのやり方で、ホームゲームである2ndレグに繋げたい。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆MF家長昭博</span>(川崎フロンターレ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170822_ienaga_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽川崎Fの注目選手は家長昭博だ。「攻撃的に」という鬼木監督の言葉を受ければ、右サイドで輝きを取り戻しつつある家長が先発すると予想する。昨シーズンまで所属していた大宮アルディージャでは、流動的なポジションを取りながらも、サイドや前線でJリーグ屈指の“タメ”を見せていた。さらに、周りとのコンビネーションが向上している今は、得点に絡むシーンが増えるはず。FW小林悠やMF中村憲剛、MF阿部浩之と連動できれば、チームの攻撃力が爆発するだろう。同じ街のライバルとしても戦っていた浦和戦で、完全復活が期待される。 <span style="font-weight:700;">◆FW興梠慎三</span>(浦和レッズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170822_koroki_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽浦和の注目選手にはFW興梠慎三を挙げたい。リーグトップの得点数を挙げている興梠だけに、チームの成績に大きな影響をもたらしている。チームが勝てない時はゴールから遠ざかっていたが、ここ3試合で3得点。前節は絶妙なパスワークからもゴールを奪い、徐々に良い状態を取り戻している印象だ。チームの結果を左右するエース・興梠にゴールが生まれれば、2ndレグに良い形で臨める可能性は高い。 <span style="font-weight:700;">◆まずは前半戦、カギはアウェイゴールか</span> ▽ホーム&アウェイ方式で勝ち上がりが決まる準々決勝、重要なポイントとして“アウェイゴール”がある。 ▽勝敗が重要なのはもちろんだが、両チームにとって浦和のゴール数もポイントとなる。アウェイゴール方式が採用されるため、川崎Fとしては無失点で終えたいところ。一方の浦和は、アウェイゴールを持ち帰りたい。 ▽攻撃的に出る川崎Fとしては、失点をあまり気にせずに得点で上回って勝利を奪いに行くリーグ戦とは違う戦い方になるだろう。守備も考えた時に、攻撃にどれだけ比重を置けるかがカギとなるだろう。 ▽対する浦和は、得点を奪いに行き過ぎて大量失点を避けたいところ。先制されれば、前回対戦の悪夢が蘇る可能性はある。失点を喫したとしても、しっかりと落ち着いてプレーすることが大事だ。そして、両チーム共に180分間のマネジメントをする指揮官の手腕も試される。注目の日本勢対決は、23日の19時にキックオフを迎える。 2017.08.23 00:30 Wed
twitterfacebook
thumb

フッキが1G2Aと躍動! ホームで快勝の上海上港が準決勝へ大きく前進!!《ACL2017》

▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝1stレグの上海上港vs広州恒大が22日に行われ、4-0で上海上港が勝利した。 ▽ホームの上海上港はフッキやオスカルが先発出場。一方、今夏に攻守の要であったパウリーニョがバルセロナへ移籍した広州恒大は、アラン、グラル、ガオ・リンの3トップで試合に臨んだ。また、元FC東京のムリキはベンチスタートとなった。 ▽試合は立ち上がりから互いにゴールに迫る。広州恒大は3分、相手のクリアミスを拾ったグラウがボックス左から左足を振り抜くが、シュートは相手GKに正面でキャッチされる。対する上海上港は、5分にオスカルがボックス手前からミドルシュートを狙うが、これはゴール左に逸れた。 ▽試合が動いたのは38分、上海上港はボックス内でウー・レイがチャン・リンペンに倒されPKを獲得。このPKをフッキがゴール右隅に決め、先制に成功した。勢いづく上海上港は前半アディショナルタイム1分にも、ショートコーナーを受けたフッキの左クロスをファーサイドのワン・シャンチャオが頭で流し込んだ。 ▽後半もスコアを動かしたのは上海上港。62分、フッキとのパス交換で右サイドを持ち上がったウー・レイがボックス右手前から右足を振り抜くと、このシュートがゴール左隅に突き刺さった。 ▽リードを広げられた広州恒大は、63分にアランを下げてムリキを投入。しかし、次にネットを揺らしたのも上海上港だった。64分、相手CKのセカンドボールからカウンターを発動すると、ドリブルで持ち上がったフッキのラストパスをウー・レイがゴール右隅に流し込み、4点目。 ▽その後、広州恒大の猛攻を受けるも最後までリード守り切った上海上港が、ホームで快勝。大きなアドバンテージを手にして9月12日に行われる敵地での2ndレグにつなげている。 上海上港 4-0 広州恒大 【上海上港】 フッキ(前38) ワン・シャンチャオ(前46) ウー・レイ(後17) ウー・レイ(後19) 2017.08.22 22:57 Tue
twitterfacebook
thumb

塩谷司、カイオ、ドウグラスが先発のアル・アインはアル・ヒラルとゴールレスドロー《ACL2017》

▽21日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝1stレグが行われ、アル・アイン(UAE)vsアル・ヒラル(サウジアラビア)の一戦は0-0のゴールレスドローに終わった。 ▽ホームのアル・アインは、今夏サンフレッチェ広島から加入したDF塩谷司が3バックの右で先発フル出場。かつての同僚であるFWドウグラス、鹿島アントラーズでプレーしたMFカイオも先発に名を連ねた。 ▽試合は互いにチャンスを作り出すオープンな展開に。アル・ヒラルは、オマル・クリビンのシュートがネットを揺らすも、オフサイドの判定で取り消しに。アル・アインも同グラスが決定機を作ったが、得点を奪えなかった。 ▽アル・アインは後半に入ると、UAE代表のオマル・アブドゥルラフマンが決定的な直接FKを放つも、アル・ヒラルのGKアリ・マヨーフの好セーブに阻まれ得点を奪えない。 ▽その後、アル・アインは66分に2度目の警告を受けてサレム・ガジが退場し10人と数的不利に。それでも、最後まで守り切り試合終了。0-0のゴールレスドローで2ndレグを迎える。 アル・アイン 0-0 アル・ヒラル 2017.08.22 19:25 Tue
twitterfacebook
thumb

世界へチームを発信できると意気込む浦和のFW李忠成「人に感動を与えられるような試合に」《ACL2017》

▽23日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝1stレグが等々力陸上競技場で行われる。 ▽川崎フロンターレvs浦和レッズの日本勢対決となった。22日に、試合会場である等々力競技場で1stレグに向けた前日記者会見が行われ、浦和のFW李忠成が出席。川崎Fとの準々決勝への意気込みを語った。 <span style="font-weight:700;">◆FW李忠成</span>(浦和レッズ) 「まずはACL、アジアのベスト8という舞台に立てる喜びを噛み締めながら明日は試合をしたいと思います。僕たちはアジアのベスト8で日本勢が対決するということには何かしら意味があると思います」 「僕たちの試合を見て、日本だけでなくアジアの子供たちが日本てこんなに面白いサッカーをするんだ、すごく楽しい試合だったねと言えるような、人に感動を与えられるような試合をして、お互いに良い試合をして2ndレグに向かいたいです。僕たち浦和レッズがベスト8を勝ち上がれるように、1stレグでしっかりとポイントを獲っていきたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──等々力での川崎F戦というとJリーグでもやっているが、ACLだと特別なものはあるか</span> 「僕たちからしたら、年に1回はやるスタジアムなので、やり慣れている部分はあります。Jリーグとの雰囲気の違いはピッチに立ったら同じサッカーなので、そこまで変わらないと思いますが、勝ち上がったら世界に浦和レッズというチームがこんなチームだと発信できる素晴らしい機会です」 「今日明日で立てる舞台ではないと思っているので、ベスト8で勝って、ベスト4で勝って決勝に出るというのは、チームの歴史を作るという意味でも大事な一戦になると思います」 「1stレグ、2ndレグの合わせて180分のゲームなので、180分の中でしっかり僕たちが勝ち上がれるプランニングやコンディションが整っています。とても良い試合ができると思います。相手の川崎も素晴らしく、アジアの中でもポゼッション率が一番高いチームだと思います。素晴らしい選手たちのクオリティとパスワークや攻撃のスタイルがあるので、選手としても楽しみです」 2017.08.22 18:21 Tue
twitterfacebook
thumb

ACLで初指揮となる浦和の堀孝史監督「2ndレグにつながるような試合を」《ACL2017》

▽23日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)の準々決勝1stレグが等々力陸上競技場で行われる。 ▽川崎フロンターレvs浦和レッズの日本勢対決となった準々決勝。22日に、試合会場である等々力競技場で1stレグに向けた前日記者会見が行われ、浦和の堀孝史監督が出席。川崎Fとの準々決勝への意気込みを語った。 <span style="font-weight:700;">◆堀孝史監督</span>(浦和レッズ) 「明日の対戦相手の川崎フロンターレというのは、ここ最近のJリーグで3連勝して勢いがあります。攻守において、攻めの姿勢を強く出してくるチームだと思います。力のある相手なので、難しいゲームになると思いますが、自分たちは今まで積み重ねて来たもの、それと準備して来たことしっかり出して良いゲームができたらと思います」 「ホームとアウェイの2試合で次への勝ち上がりが決まるレギュレーションなので、そのことを踏まえながらゲームを進めていく必要はあると思います」 「選手たちはACLに懸ける思いというのが強いです。こちらが多くを働きかけるというよりも、選手たちを信じて明日のピッチで躍動してくれると思っています。第2戦をホームで戦えるということがあるので、そのゲームにつながるような試合をしたいと思います」 <span style="font-weight:700;">──ここまで指揮を執って得ている手応えは</span> 「失点が多かった部分を減らさないといけないということで取り組んで、難しい時間帯も試合の中ではありますが、失点を減らせている部分は手応えとして感じています。また、今までやって来た攻撃の部分も選手たちが感覚を取り戻して、自信を取り戻しながら出て来ているので、明日はその辺りを期待しています」 <span style="font-weight:700;">──攻撃に関して前のスタイルを思い出させるにあたってどんなことをしているか</span> 「選手への声掛けや、その週のトレーニングで今までやって来たことが出せるようなメニューをやっています。選手たちがどれだけそう思っているか分からないですが、そういったものを取り入れているというのがあります」 2017.08.22 18:20 Tue
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース