【2017 J1チーム診断】知将&エースが退団も適材適所の補強で魅惑のパスサッカーは新章へ《川崎フロンターレ》 2017.02.21 20:01 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は、念願のタイトル獲得を目指す川崎フロンターレ編をお届けする。

◆魅惑のパスサッカーは勝負強さを加えた“鬼木スタイル”へ
▽昨シーズンはクラブ史上最高の勝ち点72を獲得するも、悲願の初タイトルを懸けて臨んだチャンピオンシップでは、準決勝で鹿島アントラーズの前に惜敗。また、クラブ史上初の天皇杯決勝でも鹿島に苦汁を舐めさせられるなど、大一番での勝負弱さを露呈してしまった。

▽雪辱に燃える今シーズンは、4年半にわたって指揮を執った風間八宏監督とチームの絶対的エースであったFW大久保嘉人が退団。知将とエースを失った川崎Fだが、ストーブリーグでは元日本代表MF家長昭博やガンバ大阪で3冠に貢献したMF阿部浩之、ブラジル人FWハイネルなど経験豊富なアタッカーを獲得。新監督には風間監督の下で4年半コーチを務めた鬼木達氏が昇格。風間監督の求めた魅惑のパスサッカーに勝負強さを取り入れた“鬼木スタイル”が完成すれば悲願のタイトルも夢ではない。

◆2017 シーズンの注目ポイント
▽川崎Fとしては、悲願の初タイトル加え、3年ぶりとなるACLでの戦い方にも注目が集まる。アウェイへの移動も含め、トップチームを始めて指揮する鬼木新監督の選手起用も気になる所。新戦力としては、MF家長やMF阿部、FWハイネル、DF舞蹴龍ジェームズなど的確な補強を行い、各ポジションで激しい競争が起きるだろう。ACLとの二足のわらじをどの様に履きこなすのか、選手のパフォーマンスはもちろんのこと、監督の手腕も問われるシーズンになるだろう。

◆予想フォーメーション[4-2-3-1]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:チョン・ソンリョン
DF:エウシーニョ、奈良竜樹、谷口彰悟、車屋紳太郎
MF:大島僚太、エドゥアルド・ネット
MF:阿部浩之家長昭博、中村憲剛
FW:小林悠
▽今シーズンは昨シーズン多用した[3-4-2-1]ではなく、[4-2-3-1]を基本フォーメーションに[4-4-2(4-4-1-1)]を併用する形が予想される。新加入組では、MF家長とMF阿部がスターティングメンバーで起用される可能性が高い。また、昨シーズンの主力であったDFエドゥアルド(右肩関節反復性脱臼)とDFエウシーニョ(脛骨骨折)が負傷により長期離脱を余儀なくされており、シーズン序盤はセンターバックにMF谷口彰悟と2度の頸骨骨折から復帰したDF奈良竜樹、右サイドバックではMF田坂祐介が起用されるだろう。

◆期待の新戦力
(C)CWS Brains,LTD.
MF家長昭博(日本)
1986年6月13日(30歳)
2016シーズン(J1):26試合11得点
▽注目の新戦力は、昨シーズン限りで退団した大久保嘉人の後釜として期待される元日本代表MF家長だ。純粋なる点取り屋の大久保とは毛色が違う家長だが、その類まれなるフィジカルと非凡な攻撃センスは一級品。昨シーズンは大宮アルディージャにおける日本人初となるシーズン2桁ゴールを記録するなど決定力もあり、大久保の抜けたことにより不安視されていたPKキッカーが務められる家長は、川崎Fの新たな攻撃の担い手になるだろう。

◆キープレーヤー
Getty Images
FW小林悠(日本)
1987年9月23日(29歳)
2016シーズン(J1) :32 試合15得点
▽昨シーズンのJリーグMVPであるMF中村憲剛や日本代表MF大島僚太など、注目選手に迷う川崎Fだが、今季の注目選手に挙げるのはFW小林悠だ。昨シーズンは大久保とともにチーム(自己)最多となる15ゴールを記録するなど、チームの躍進に大きく貢献。3年連続得点王に輝くなど絶対的エースとして君臨した大久保が退団した今シーズンは、川崎Fのバンディエラである中村からキャプテンマークも継承され、川崎Fの新エースとして昨シーズン以上の結果が求められる。

コメント

関連ニュース

thumb

【倉井史也のJリーグ】今週はちょっと拗ねてまともな原稿を書いてやるぜ?! これでも! の巻

▽先週一番話題になったゴールって、やっぱあれですかね? 興梠慎三の浦和トップ独走を決める決勝点。とても重要な得点だったと思うんですけど、でもどうやら違うようで。一番ニュースで目にしたのって、中村俊輔のズドンと一発だったんじゃないでしょうか。 ▽その中村のゴールって、本当はその前のトラップのところで打ちたかったんだろうけど、戻ってきたところをビシッと当てたシュートから生まれてるわけです。だからあのゴールを見ながら「あぁ、昔の俊輔だったら」という思いを持った人もいるだろうし、中村がまだ活躍していることにホッとした人も多かっただろうし。 ▽一度は失敗しても次のチャンスを生かすって、なんか挫けるなっていうメッセージみたいでよかったなぁ。なんて、サッカーのライターが書いたら編集担当から「何それ? 情緒過ぎるじゃん? バカなの? どっか行くの?」って言われるとこなんですけど、まぁこうやって書いてるんですけどね。 ▽と、中村が活躍したのなら、こっちもやってほしい! って選手は26日のルヴァンカップでやってくれました。ホームの大宮戦で小野伸二が正確にミートして流し込む小野らしいボレー。これまたむっちゃノスタルジックな風景まで思い出して感激した人たちも多かったんじゃないですかね。 ▽中村にしろ小野にしろ、これは次の試合も期待できるかも。だって、ゴールって一度生まれると、続いたりするじゃないですか。昔、本田圭佑が「詰まってたケチャップが出始めるとドバドバ」と言ってた感じで。でもって、今週末はこの2人が所属する磐田vs札幌なんですよ。ゴールデンウィーク突入のカードとしては、これはいい前振りを持ってる対戦なワケです。 ▽……といいつつ、ちょっと寂しいってのもありませんか? 確かにベテランの活躍は大いに結構。だけど、それを凌駕する若手が出てきてこそ、リーグが本当に盛り上がるんです。そんな若手が久保建英だけじゃ、なんて寂しい! ちゅうことで、実は大の仲良し、鈴木優磨と鎌田大地が対決する(だろう)鹿島vs鳥栖にも注目なのでした。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2017.04.27 19:30 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪が政治的思想を連想させるフラッグの掲出を受け、当該サポーターグループの解散と無期限入場禁止を発表

▽ガンバ大阪は27日、政治的思想を連想させるフラッグの掲出を受けた処分を発表していたが、サポーターグループへの追加処分を発表した。 ▽G大阪は、16日に行われた明治安田生命J1リーグ第7節のセレッソ大阪との“大阪ダービー”において政治的思想を連想させるフラッグの掲出があったことを20日に発表。21日に行われた明治安田生命J1リーグ第8節の大宮アルディージャ戦からは全ての掲出物を禁止することを発表していた。 ▽G大阪によると、さらに今回の件の発端となったサポーターグループと話し合いを行い、「当該サポーターグループからの解散届の受理」、「当該サポーターグループ全員の無期限入場禁止」の処分を決定したとのことだ。 ▽また、今後の再発防止対策として、G大阪とファン・サポーターが共同で応援のあり方を検討し、改革するための「プロジェクトチーム」の発足するとのこと。G大阪が運営責任を果たし、クラブ・ファン・サポーターが一体となった新たな応援スタイルを確立していくと声明を発表している。 2017.04.27 19:17 Thu
twitterfacebook
thumb

7月にドルトムトとセビージャが来日!「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ」として鹿島、浦和と対戦!

▽Jリーグは27日、2016年の明治安田生命J1リーグ王者の鹿島アントラーズと、YBCルヴァンカップ王者の浦和レッズがヨーロッパの強豪クラブと対戦する「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」の開催を発表した。 ▽「明治安田生命Jリーグワールドチャレンジ2017」はJリーグが海外の強豪クラブを招へいし、J1クラブと対戦する「Jリーグインターナショナルシリーズ」として開催。今回はドルトムントとセビージャが来日し、ドルトムントは浦和と、セビージャは鹿島と対戦する。 ▽浦和vsドルトムントは7月15日(土)に埼玉スタジアム2002にで開催。鹿島vsセビージャは7月22日(土)に県立カシマサッカースタジアムで行われる。キックオフ時間などは未定となっている。 2017.04.27 18:16 Thu
twitterfacebook
thumb

甲府MF新井涼平が右大腿内転筋肉離れで全治4〜6週間、MF黒木聖仁は左ヒザ外側半月板損傷で全治2カ月

▽ヴァンフォーレ甲府は27日、MF新井涼平、MF黒木聖仁の負傷を発表した。 ▽新井は22日に行われた明治安田生命J1リーグ第8節のセレッソ大阪戦で負傷。13分にボールをクリアしに行った際に接触はなかったものの倒れ込み、15分に畑尾大翔と交代していた。検査の結果、新井は右大腿内転筋肉離れと診断。全治は約4〜6週間とのことだ。 ▽また、黒木は17日のトレーニング中に負傷。検査の結果、左ヒザ外側半月板損傷と診断され全治は約2カ月とのことだ。 ▽新井は今シーズンの明治安田生命J1リーグで全8試合に先発出場。黒木は1試合に途中出場していた。 2017.04.27 12:29 Thu
twitterfacebook
thumb

鹿島のACLラウンド16進出決定により、J1第12節の鹿島vs川崎F、第13節のG大阪vs鹿島の日程が決定《J1》

▽Jリーグは27日、明治安田生命J1リーグ第12節の鹿島アントラーズvs川崎フロンターレ、第13節のガンバ大阪vs鹿島アントラーズの試合開催日決定を発表した。 ▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)に出場しているチーム同士の対戦カードだが、26日に鹿島のラウンド16進出が決定。これにより、試合開催日が決定した。 ▽第12節の鹿島vs川崎Fは当初の予定通り5月19日(金)の19時から県立カシマサッカースタジアムで行われる。また、第13節のG大阪vs鹿島は、日程が変更され7月5日(水)の19時から市立吹田サッカースタジアムで行われる。 2017.04.27 10:13 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース