超ワールドサッカー

Jリーグ入りの噂も挙がった元U-21イタリア代表FWビアンキがセリエBクラブにフリートランスファーで加入2017.02.20 22:51 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今冬に日本行きの噂もあった元U-21イタリア代表FWロランド・ビアンキ(34)が、セリエBのプロ・ヴェルチェッリに完全移籍加入した。

▽アタランタの下部組織出身のビアンキは、2001年1月にトップチームへ昇格。その後は、カリアリやレッジーナでプレーすると、2007年7月にマンチェスター・シティへと移籍。半年でセリエAのラツィオに移籍すると、トリノやボローニャマジョルカ、ペルージャと多くのクラブを渡り歩いた。セリエAで215試合出場48得点、セリエBで145試合出場55得点を記録している。

▽2016年1月にペルージャへ加入するも、今年1月26日に退団。一部ではJリーグクラブからのオファーもあるとされていたが、プロ・ヴェルチェッリ入りとなった。なお、プロ・ヴェルチェッリは現在のセリエBで降格圏の20位に位置。セリエB残留に向けて大きな補強となったようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

チェルシーDFダボをフィテッセへレンタル移籍

▽チェルシーは25日、元U-20イングランド代表DFファンカトリー・ダボ(21)が1年間のレンタル移籍でフィテッセに加入することを発表した。 ▽チェルシーユース出身のダボは、2016年4月にトップチームに昇格。昇格後ははリザーブチームを中心にプレー。2017年1月には、フットボールリーグ1(イングランド3部相当)に所属するスウィンドン・タウンにレンタル移籍で加入すると、公式戦25試合に出場1ゴールを記録していた。 2017.06.26 04:20 Mon
twitterfacebook
thumb

マン・C、156億円でウォーカーらSB4選手を補強?

▽マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督が、サイドバックの補強のために1億1000万ポンド(約155億6000万円)を投入することを望んでいるようだ。イギリス『デイリー・スター』が報じた。 ▽シティは、2016-17シーズン限りでDFパブロ・サバロタ、DFバカリ・サーニャ、DFガエル・クリシのサイドバック3選手に加え、右サイドバックとしても起用していたMFヘスス・ナバスも放出。これを受けて、今夏のサイドバックの補強を目指している。 ▽『デイリー・スター』によれば、シティはトッテナムDFカイル・ウォーカー(27)、モナコDFバンジャマン・メンディ(22)、サウサンプトンDFライアン・バートランド(27)、ユベントスDFダニエウ・アウベス(34)の獲得を狙っているようだ。 ▽この4選手の中で最も移籍金を要するのはウォーカーだ。シティは4000万ポンド(約56億6000万円)での獲得を目指しているが、トッテナム側は5000万ポンド(約70億7000万円)を要求している。それでも、取引成立は間近のようで、4500万ポンド(約63億6000万円)程度で両者が合意するとみられている。 ▽なお、移籍金に関して、メンディは3950万ポンド(約55億7000万円)、バートランドは2500万ポンド(約35億4000万円)ほどと見込まれている。 2017.06.25 13:47 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル、57億円でマルシャル獲得へ?

▽アーセナルが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表FWアントニー・マルシャル(21)の獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽アーセナルは今夏、モナコに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)を補強ターゲットにしていると報じられてきた。しかし、ムバッペの獲得に向けては1億ユーロ(約124億5000万円)を超えるといわれる移籍金に加え、選手自身がレアル・マドリー移籍を希望しているとの報道もある。 ▽そこで、アーセナルはマルシャルに狙いを切り替える用意があるようだ。2015年夏にモナコからユナイテッド入りしたマルシャルは、ルイス・ファン・ハール政権下の初年度こそインパクトを残したが、ジョゼ・モウリーニョ監督が就任した2016-17シーズンはパフォーマンスを落とした。 ▽伝えられるところによれば、ユナイテッドで苦しむマルシャルに対して、アーセナルは4000万ポンド(約56億6000万円)のオファーを提示する準備があるようだ。アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、個人的な関係が良好ではないジョゼ・モウリーニョ監督に放出を認めてもらいないことを危惧しており、ユナイテッドのフロント陣がポルトガル人指揮官をうまく説得することを期待しているようだ。 2017.06.25 10:49 Sun
twitterfacebook
thumb

マルセイユがモナコFWジェルマンの獲得でクラブ間合意! 今季はリーグ・アンで10ゴール

▽マルセイユは24日、モナコの元U-21フランス代表FWヴァレール・ジェルマン(27)を完全移籍で獲得することで合意したことを発表した。メディカルチェックを通過後に正式契約を結ぶ。契約期間は4年間となる。 ▽ジェルマンはモナコの下部組織出身で、2011年7月に昇格。2015年7月からニースへ1年間のレンタル移籍を経験するも、その後はモナコでプレー。今シーズンはリーグ・アンで36試合に出場し10ゴール4アシストを記録。チャンピオンズリーグでも12試合に出場し2ゴールを記録していた。 ▽ジェルマンの父親であるブルーノ氏は、現役時代にマルセイユでプレー経験がある。 2017.06.25 10:04 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ケイン獲得へ世界記録141億円オファーか

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケイン(23)の獲得を望んでいるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽ユナイテッドは今夏、レアル・マドリーからの退団が噂されるFWクリスティアーノ・ロナウドとの関連が伝えられている。同選手を獲得するためには、少なくとも1億ポンド(約141億円)以上の移籍金が必要とみられているが、モウリーニョ監督は巨額を投資するならば、C・ロナウドよりもケインの獲得を望んでいるという。 ▽モウリーニョ監督は、ケインを非常に高く評価しているとのことで、1億ポンドクラスのオファーで、トッテナムのダニエル・レヴィ会長に放出を考えさせたい思惑があるようだ。ケインは現在23歳だが、プレミアリーグで3シーズン連続20ゴール超えと得点を量産。2016-17シーズンはリーグ戦29ゴールをマークして得点王に輝いており、すでに世界屈指のストライカーであると世界的に認知されている。 ▽なお、ユナイテッドはケインと同時に、これまで関心が伝えられてきたレアル・マドリーのFWアルバロ・モラタの引き入れも引き続き狙っている模様。モウリーニョ監督は来シーズン、ケインとモラタを前線で組ませることを希望しているとのことだ。 2017.06.25 09:51 Sun
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース