Jリーグ入りの噂も挙がった元U-21イタリア代表FWビアンキがセリエBクラブにフリートランスファーで加入2017.02.20 22:51 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽今冬に日本行きの噂もあった元U-21イタリア代表FWロランド・ビアンキ(34)が、セリエBのプロ・ヴェルチェッリに完全移籍加入した。

▽アタランタの下部組織出身のビアンキは、2001年1月にトップチームへ昇格。その後は、カリアリやレッジーナでプレーすると、2007年7月にマンチェスター・シティへと移籍。半年でセリエAのラツィオに移籍すると、トリノやボローニャマジョルカ、ペルージャと多くのクラブを渡り歩いた。セリエAで215試合出場48得点、セリエBで145試合出場55得点を記録している。

▽2016年1月にペルージャへ加入するも、今年1月26日に退団。一部ではJリーグクラブからのオファーもあるとされていたが、プロ・ヴェルチェッリ入りとなった。なお、プロ・ヴェルチェッリは現在のセリエBで降格圏の20位に位置。セリエB残留に向けて大きな補強となったようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

インゴルシュタットが元U-19日本代表MF渡邊凌磨と2019年6月まで契約延長…来季はトップ昇格へ

▽インゴルシュタットは26日、日本人MF渡邊凌磨(20)との契約延長を発表した。新契約は2年間で2019年6月30日までとなる。 ▽前橋育英高校出身の渡邊は、高校3年次に全国高校サッカー選手権大会で準優勝に貢献。その後早稲田大学へと進学するも、2015年9月にインゴルシュタットのU-23に加入していた。渡邊はトップチームでの出場こそないものの、トレーニングやテストマッチではプレー。来シーズンからはトップチームに昇格する予定とのことだ。 ▽スポーツディレクターを務めるトーマス・リンケ氏は渡邊との新契約についてコメント。高く評価していると語った。 「渡邊凌磨はU-23で目覚ましい成長を遂げている。彼はテストマッチだけでなく、プロの選手とのトレーニングにも定期的に参加しており、技術とゲームでの賢さで我々を納得させた」 ▽インゴルシュタットは、今シーズンのブンデスリーガで30試合を終えて勝ち点28と降格圏の17位に低迷。プレーオフ圏の16位アウグスブルクとは勝ち点差4、残留圏の13位マインツ、14位ヴォルフスブルク、15位ハンブルガーSVとは勝ち点差5と熾烈な残留争い中となっている。残り4節のインゴルシュタットの成績にも注目だ。 2017.04.27 12:06 Thu
twitterfacebook
thumb

ファン・ボメル氏が指導者キャリアをスタート! 来季から古巣PSVのU-19チームの監督に就任

▽PSVは24日、元オランダ代表MFマルク・ファン・ボメル氏(40)が来シーズンからU-19チームの監督に就任することを発表した。 ▽現役時代にバルセロナ、バイエルン、ミランといったビッグクラブで活躍したファン・ボメル氏は、2013年にPSVで現役引退。その後、2016年からは古巣PSVのU-17、U-19、U-21チームでトレーナー兼コーチを務めていた。 ▽その後、オランダ代表時代のチームメートであるルート・ファン・ニステルローイ氏とヤープ・スタム氏と共に、オランダサッカー協会(KNVB)のコーチングライセンスを取得したファン・ボメル氏は、来季からPSVのU-19チームで監督キャリアをスタートさせることになった。 ▽なお、同胞のベルト・ファン・マルバイク監督率いるサウジアラビア代表でアシスタントコーチも務めているファン・ボメル氏は、2018年ロシア・ワールドカップまで同役職を兼任し続ける予定だ。 2017.04.25 04:00 Tue
twitterfacebook
thumb

元コートジボワール代表MFゾコラがインドネシアのセメン・パダンに加入

▽インドネシア・プレミアリーグに所属するセメン・パダンは24日、元コートジボワール代表MFディディエ・ゾコラ(36)の加入を発表した。 ▽これまでトッテナムやセビージャ、サンテチェンヌといったクラブで活躍してきたゾコラは、コートジボワール代表としても通算123試合に出場してきた実力者。ここ2シーズンは、インド・スーパーリーグのプネー・シティ、ノースイースト・ユナイテッドでプレーしていた。 ▽今シーズンに入って往年の名プレーヤーが次々と加入しているインドネシア・プレミアリーグには、MFマイケル・エッシェン、FWカールトン・コール、FWピーター・オデムウィンギー、MFモハメド・シッソコ、MFフアン・パブロ・ピノといったベテラン選手がプレーしている。 2017.04.24 22:49 Mon
twitterfacebook
thumb

2部降格が迫るダルムシュタットがDFホランドと2020年まで契約延長

▽2部降格が迫るダルムシュタットは18日、DFファビアン・ホランド(26)との契約延長を発表した。ホランドは2020年6月までの契約となる。 ▽ヘルタ・ベルリンの下部組織出身のホランドは、2014年7月にダルムシュタットへとレンタル移籍。2015年7月に完全移籍で加入していた。今シーズンのブンデスリーガでは左サイドバックとして22試合に出場していた。 ▽ダルムシュタットは、昨シーズンクラブ史上初の1部昇格を果たすと14位でフィニッシュ。しかし、今シーズンは開幕から厳しい状況が続き、ここまで5勝3分け21敗の勝ち点18で最下位に沈んでいた。自動降格を免れられる16位のアウグスブルクとは勝ち点差が14あり、今週末のハンブルガーSV戦で勝利しなければ2部降格が決定する。 2017.04.19 14:08 Wed
twitterfacebook
thumb

ゾラ監督が辞任のバーミンガムがレドナップ氏を新監督に招へい

▽チャンピオンシップ(イングランド2部相当)のバーミンガムは18日、かつてトッテナムなどで指揮をしたハリー・レドナップ氏(70)が新監督就任で合意したことを発表した。クラブ公式サイトが伝えた。 ▽レドナップ氏は、ボーンマスやウェストハム、ポーツマス、サウサンプトン、トッテナム、QORなどで関東を務め、2016年3月にはヨルダン監督に臨時就任。2週間で退任し、その後はセントラル・コースト・マリナーズでアドバイザーを務めていた。 ▽バーミンガムは、17日にジャンフランコ・ゾラ監督が辞任したことを発表。2月27日のウォルバーハンプトン戦での勝利を最後に9試合勝利から遠ざかり、チャンピオンシップで20位(24チーム中)と低迷。残留争いを繰り広げている。 2017.04.18 21:03 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース