ザルツブルクFW南野拓実、ハットトリック達成に「誇りに思う」2017.02.20 10:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ザルツブルクは19日、オーストリアリーグ第22節でリートと対戦し、6-1で勝利した。ハットトリックを達成したFW南野拓実が試合後コメントを残している。

▽フル出場の南野は先制点を奪いながら追いつかれる厳しい展開の中、1-1で迎えた後半に3発を記録。チームの勝利に貢献すると共に、今シーズンの得点数を9ゴールとした。

▽移籍後初のハットトリックを達成した南野は、ザルツブルクの公式サイトで以下のようにコメントしている。

「僕らにとって、とても重要な試合で勝つことができました。試合前から調子が良かったので、良い形で臨むことができましたし、3ゴールを誇りに思います」

コメント

関連ニュース

thumb

南野の2ゴールなど大量5ゴールを奪ったザルツブルクがオーストリアカップ4連覇に王手!《オーストリアカップ》

▽ザルツブルクは26日、オーストリアカップ準決勝でアドミラ・ヴァッカーと対戦し、5-0で勝利した。日本代表FW南野拓実は2ゴールを記録し、フル出場を果たした。 ▽昨季のオーストリアカップ決勝と同一カードとなった一戦は、4連覇を目指すザルツブルクが先手を取る。7分、ライマーのスルーパスで相手DFの裏に抜け出した南野がボックス右からゴール右にシュートを突き刺した。 ▽先制したザルツブルクは、29分に南野のスルーパスから加点。南野のパスをボックス右深くで受けたラザロがダイレクトで折り返すと、相手GKの弾いたボールをヴァンデルソンが押し込み、追加点を奪った。 ▽ザルツブルクの2点リードで折り返した試合は、後半開始早々の動く。48分、味方とのワンツーで左サイドを抜け出したウルマーのクロスをニアサイドのライマーが右足で合わせ、3点目。さらに60分には、中盤からのカウンターを最後はラザロがゴールに沈め、試合を決定付ける4点目を奪取した。 ▽その後も主導権を掌握するザルツブルクは87分にも、ファン・ヒチャンのラストパスから南野がこの日2点目のゴールを挙げ、アドミラ・ヴァッカーを圧倒。大量ゴールを奪い、4年連続の決勝進出を決めた。 2017.04.27 03:33 Thu
twitterfacebook
thumb

南野が2試合ぶりの先発も前半のみの出場、チームはリーグ戦4連勝の13試合負けなしで首位快走!!《オーストリアリーグ》

▽ザルツブルクは15日、オーストリアリーグ第29節でヴォルフスベルガーと対戦し、2-0で勝利した。FW南野拓実は2試合ぶりの先発出場を果たすも、前半のみの出場となっている。 ▽2位のアルタッハに勝ち点12差をつけて首位を走るザルツブルクが、6位のヴォルフスベルガーとのアウェイゲームに臨んだ。試合は開始2分にザルツブルクがPKを獲得すると、このチャンスをベリシャが冷静に沈めて先制する。 ▽その後は追加点が奪えないままハーフタイムを迎えると、南野はワンデルソンとの交代で前半のみの出場となった。チームは62分にライナーが追加点を奪取。そのまま逃げ切りに成功し、2-0で勝利した。 ▽なお、同日に行われた一戦で2位のアルタッハはラピド・ウィーンに0-3で敗れて3位に後退。3位だった シュトゥルム・グラーツはリートに1-0で勝利して2位に浮上するも、ザルツブルクはシュトゥルム・グラーツに勝ち点14差としている。 2017.04.16 08:30 Sun
twitterfacebook
thumb

南野拓実は得点王になれる!…独メディアが脅威の得点率に着目

オーストリアのレッドブル・ザルツブルクに所属するFW南野拓実が得点王になれるとドイツメディア『スポックス』が報じている。<br><br>南野は2016-17シーズン、オーストリア・ブンデスリーガ第27節を終えた時点で11得点を決め得点ランキング2位につけている。激しいレギュラー争いのために常に先発出場を続けてきたわけではないが、限られた時間の中で得点を積み重ねてきた。64分に1度ゴールを挙げるという脅威の決定率を記録している。<br><br>得点ランキングトップに立つのはシュトゥルム・グラーツのデニ・アラーで15得点を挙げている。南野とは4点の差があるが、アラーは12節までに11得点を決めるなど<br />シーズン序盤に多くの得点を決めてきた。それ以降の15試合では4得点しか決めていない。<br><br>残り9試合の出場状況次第では、得点王のタイトルも十分に考えられる状況だ。9日、ザルツブルクはアラーの所属するグラーツと対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2017.04.07 13:46 Fri
twitterfacebook
thumb

アルタッハとの上位対決を制したザルツブルクがリーグ4連覇へ前進! 2試合ぶりにスタメン出場の南野は2G1Aと躍動!!《オーストリアリーグ》

▽ザルツブルクは2日、オーストリアリーグ第27節でアルタッハと対戦し、5-0で勝利した。ザルツブルクのFW南野拓実は、第22節リート戦以来のゴールを記録するなど、2ゴール1アシストの活躍で勝利に大きく貢献した。 ▽リーグ戦10試合負けなしで首位を快走するザルツブルクが、2位アルタッハのホームに乗り込んだ一戦は、早い時間にスコアが動く。9分、ボックス中央でボールを受けた南野の横パスに反応したアンドレアス・ウルマーがダイレクトでゴール右隅に流し込み、ザルツブルクが先制に成功した。 ▽幸先良く先手を取ったザルツブルクは、ここからゴールラッシュを見せる。23分、ロングボールで敵陣に攻め込むとザルツブルクは、ヴァレンティーノ・ラザロのパスをボックス左で受けたウルマーが豪快に左足を振り抜くと、このシュートがゴール右に突き刺さった。さらに37分には、左サイドから仕掛けたヴァンデルソンのクロスがフィリップ・ネッツァーのオウンゴールを誘った。 ▽後半に入っても攻撃の手を緩めないザルツブルクは54分、ウルマーの左CKからボックス中央の南野が右足で合わせ、追加点。さらに61分にも、コンラッド・ライマーの絶妙なパスに抜け出した南野がワンタッチでゴールネットを揺らし、試合を決定付ける5点目を奪った。 ▽その後、ザルツブルクはヴァンデルソンやバロン・ベリシャ、南野を下げて、メルギム・ベリシャやクリスティアン・ライトゲプ、ヨシプ・ラドシェビッチを投入し、試合をクローズ。南野の2G1Aの活躍もあり、上位対決で大勝したザルツブルクがリーグ4連覇へ前進した。 2017.04.03 02:14 Mon
twitterfacebook
thumb

13試合9ゴールと活躍する南野をクラブ公式サイトがインタビュー「俊敏性をクリエイティブに使えるようになった」

<div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)GEPA pictures - RBS<hr></div>▽ザルツブルクの日本代表FW南野拓実が、映画「サウンドオブミュージック」所縁の地を巡るツアーに参加しながら自身の心境を語った。ザルツブルク公式サイトが伝えている。 ▽オーストリア・ブンデスリーガで首位を走るザルツブルクで、南野は途中出場が多いながらもリーグ戦13試合に出場し9ゴール。出場時間を1試合換算すると2,04ゴールを奪うなど好パフォーマンスを見せている。 ▽南野は現在の状況について率直な考えを明かしつつも、練習からオスカー・ガルシア監督にアピールすることが大事だと口にした。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170330_22_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)GEPA pictures - RBS<hr></div>「当然もっとプレーしたい気持ちはあります。でも監督には毎試合プランがあると感じています。例えばゴールが必要な時に僕は使われていますし、それは自分の自信にもなっています」 「そして出場時間が少ない理由も理解しています。監督からは改善しなければいけない部分なども個人的に言われていますし、自分は監督からもっと信頼してもらえるように練習でアピールし続けなければいけません」 ▽監督から個人的に言われている部分については「もっと前線でキープすること、そして守備の部分で学ばなければいけません。それは十分に可能なことだと思っています」と語った。 ▽さらに南野はオーストリアでプレーし、自身のストロングポイントを理解したうえで使いこなせるようになったと実感している。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170330_22_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)GEPA pictures - RBS<hr></div>「例えば純粋なスピードやパワーを備えているアフリカ系の選手に比べて、僕たちアジア人はすばしっこく俊敏性があります。その両方が長所にも短所にもなります」 「このリーグの相手は、たくさんの選手が大きく一対一に強くパワーで勝負してきます。そこでのデュエルでは自分たちの素早さという特徴が有利に働きます。最初の頃はゴール前でその特徴をクリエイティブに使っていくことが難しかったです。今はそれが大分出来るようになりました」 ▽また南野はチームメートのことについてもインタビュー内で応えている。 <div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20170330_22_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)GEPA pictures - RBS<hr></div>「今はヒチャンと一緒にいることが多いですし、もちろんそれはお互い似た文化からきたことも要因の一つだと思います。また、アレックスやアンディ、ジョニーなどの経験ある選手たちが、始めの頃は些細なことをサポートしてくれましたし、チームに馴染めるようにしてくれました」 「特にアンディは一人の友人としてだけではなく、模範にしている選手の一人です。彼のサッカーと向き合うプロフェッショナルな姿勢、身体のケアの部分であったり、その立ち振る舞いは、僕たちのような若い選手にとって学ぶべきことがたくさんあります」 ▽最後に南野は、サッカーだけではなく語学にも興味を持っていることを明かした。 「ドイツ語は気に入っていますし、それを学ぶことは最近楽しいです。二部練習の間のドイツ語レッスンなど厳しいときもありますが、新しい語学を学ぶことは大切です。自分自身がより語学を理解すれば、よりヨーロッパの文化を理解できると思っていますし、それは興味深いです。もっと他の言語を勉強してみたいとも思っています」 2017.03.30 13:20 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース