【2017J1チーム診断】新システム導入&穴埋め補強で上位を狙う!!《ベガルタ仙台》2017.02.19 15:01 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は新システムで上位進出を目指すベガルタ仙台編をお届けする。

◆未来のために変革のシーズンへ
▽今回のストーブリーグでは各ポジションの選手たちが完全移籍でチームを去り、特に中盤以外では主力選手たちが退団した。そのため穴埋め的な補強が目立った。渡邉晋監督4年目を迎える今シーズンは、新システムを導入するなど変革の年になること掲げた。過去3シーズンを上回る成績を残すため、そしてクラブの未来のため、『STRONG』なチームを目指す。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽上記にあるように穴埋め補強ながらも守備陣では松本山雅FCからGKシュミット・ダニエルが復帰。清水エスパルスから期限付き移籍加入していたDF平岡康裕が完全移籍で加入。さらに、柏レイソルからはDF増嶋竜也を期限付き移籍で獲得した。また、FC東京から期限付き移籍加入だったMF三田啓貴が完全移籍となるなど戦力を維持できたことも大きい。

▽一方で問題は前線。FWハモン・ロペス(柏レイソル)、FWウィルソン(ヴァンフォーレ甲府)、FW金園英学(北海道コンサドーレ札幌)の主力3選手が退団した。FC東京からFW平山相太、浦和レッズからFW石原直樹、トンデラ(ポルトガル)からFWクリスランを獲得して穴を埋めたものの、一からチーム作りをすることに。ハマるかハマらないか、今シーズンも攻撃陣の出来がカギを握る。

◆予想フォーメーション[3-4-2-1]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:シュミット・ダニエル
DF:大岩一貴、増嶋竜也、石川直樹
MF:パブロ・ジオゴ、富田晋伍、三田啓貴、中野嘉大
MF:梁勇基、奥埜博亮
FW:平山相太
▽昨シーズンまでの[4-4-2]から大きく変化をもたらせ、[3-4-2-1]を採用。キャンプ序盤での戸惑いも解消され、「結構手ごたえを感じている」(増嶋)と口にするほど完成度も上がりつつあるようだ。新加入の増嶋を3バックの中央に置き、DF大岩一貴、DF石川直樹がサイドを固める。DF平岡康裕もここに加わってくるはずだ。また、1トップには新加入のFW平山相太をターゲットとして置き、2列目のMF梁勇基、MF奥埜博亮が狙う形。MF野沢拓也、FW石原直樹も控えている。

◆期待の新戦力
Getty Images
FW平山相太(日本)
1985年6月6日(31歳)
2016シーズン(J1):15試合5得点
▽全国高校サッカー選手権では2002年大会、2003年大会で得点王を獲得した“怪物”も今年で32歳を迎える。Jリーグで12シーズン目となる今季は、慣れ親しんだFC東京を離れて仙台に加入。得点力不足が言われるチームだけに、上位進出には平山の得点が不可欠だ。中盤には良質のパサーやプレースキッカーがいるだけに、チームにフィットできれば自身初となる2桁得点も夢ではないだろう。


◆キープレーヤー
(c)J.LEAGUE PHOTOS
MF野沢拓也(日本)
1981年8月12日(35歳)
2016シーズン(J1):18試合3得点
▽昨シーズンは2トップの一角を担うなど新たなポジションに挑戦し、前半戦は前線と中盤のリンクマンとして好パフォーマンスを見せた。しかし7月に肉離れで離脱すると、10月まで復帰がずれ込むなど、シーズンを通して見れば不甲斐ない結果となった。それだけに今季にかける意気込みは強いだろう。今季はターゲットマンとなる平山や裏に抜け出す技術が高いFW石原直樹が加入しただけに、野沢の高精度パスは不可欠となる。

コメント

関連ニュース

thumb

新潟、今夏加入の大武峻と契約更新

▽アルビレックス新潟は15日、DF大武峻(25)と2018シーズンの契約更新に合意したことを発表した。 ▽大武は福岡大学から特別指定選手を経て、2015年に名古屋へと入団。当時指揮を執っていた西野朗監督に評価され、出場機会をコンスタントに得ていたが、J2に降格した今季は風間八宏監督の下、出場機会に恵まれず今年6月に新潟に移籍した。 ▽今シーズンの明治安田生命J1リーグでは9試合に出場していた。 2017.12.15 14:49 Fri
twitterfacebook
thumb

【アンケート】『超WSアウォーズ2017 Jリーグ』開催! 自身の評価でベスト11&最優秀選手を選出しよう!

▽5日(火)、横浜アリーナにて2017シーズンの年間表彰式「2017Jリーグアウォーズ」が開催されました。アウォーズではベストイレブンや最優秀選手などが発表されました。 ▽超ワールドサッカーでは、J1全18クラブの総括を実施。さらに、「2017Jリーグアウォーズ」に負けじと、『超WSアウォーズ2017Jリーグ』を今年も開催いたします。 ▽ユーザーの皆々様にはレギュラーシーズン出場試合数が6割以上(出場21試合以上)の選手を対象とし、J1全18チーム中総勢207名の中からベストイレブンと、最優秀選手を選出していただきたいと思います。 ▽選考方法につきましては、フィールドプレーヤー11名をGK、DF、MF、FWの各ポジションに振り分けていただき、Jリーグ王者である川崎フロンターレの基本布陣[4-2-3-1]をベースにベストイレブンを選定してもらいたいと思います。なお、ベストイレブンの中から、最多得票の1名を最優秀選手として選出させていただきます。(選手のポジションは今シーズンの出場ポジションをベースにしています) ▽アンケートの締め切りは15日(金)の17:00まで。発表は翌日16日(土)の19:00を予定しております。奮ってご参加ください。 <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><a href="https://goo.gl/k4XbzY" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/enquate.png" style="width: 40%;"></a> <a href="https://goo.gl/k4XbzY" target="_blank">★投票する★</a></div> 【投票対象選手】 ◆GK ク・ソンユン(北海道コンサドーレ札幌) 曽ヶ端準(鹿島アントラーズ) 西川周作(浦和レッズ) 加藤順大(大宮アルディージャ) 中村航輔(柏レイソル) 林彰洋(FC東京) チョン・ソンリョン(川崎フロンターレ) 飯倉大樹(横浜F・マリノス) 岡大生(ヴァンフォーレ甲府) 大谷幸輝(アルビレックス新潟) 六反勇治(清水エスパルス) カミンスキー(ジュビロ磐田) 東口順昭(ガンバ大阪) キム・ジンヒョン(セレッソ大阪) キム・スンギュ(ヴィッセル神戸) 権田修一(サガン鳥栖) ◆右SB 西大伍(鹿島アントラーズ) 伊東幸敏(鹿島アントラーズ) 奥井諒(大宮アルディージャ) 小池龍太(柏レイソル) 室屋成(FC東京) 徳永悠平(FC東京) エウシーニョ(川崎フロンターレ) 松原健(横浜F・マリノス) 松橋優(ヴァンフォーレ甲府) 橋爪勇樹(ヴァンフォーレ甲府) 小泉慶(アルビレックス新潟) 鎌田翔雅(清水エスパルス) 櫻内渚(ジュビロ磐田) オ・ジェソク(ガンバ大阪) 松田陸(セレッソ大阪) 藤田優人(サガン鳥栖) ◆左SB 蜂須賀孝治(ベガルタ仙台) 山本脩斗(鹿島アントラーズ) 和田拓也(大宮アルディージャ) 輪湖直樹(柏レイソル) 宇賀神友弥(浦和レッズ) 太田宏介(FC東京) 登里享平(川崎フロンターレ) 車屋紳太郎(川崎フロンターレ) 金井貢史(横浜F・マリノス) 山中亮輔(横浜F・マリノス) 阿部翔平(ヴァンフォーレ甲府) 堀米悠斗(アルビレックス新潟) 松原后(清水エスパルス) 宮崎智彦(ジュビロ磐田) 藤春廣輝(ガンバ大阪) 丸橋祐介(セレッソ大阪) 高橋壮也(サンフレッチェ広島) 吉田豊(サガン鳥栖) ◆CB 福森晃斗(北海道コンサドーレ札幌) 横山知伸(北海道コンサドーレ札幌) 平岡康裕(ベガルタ仙台) 大岩一貴(ベガルタ仙台) 増嶋竜也(ベガルタ仙台) 昌子源(鹿島アントラーズ) 植田直通(鹿島アントラーズ) 槙野智章(浦和レッズ) 遠藤航(浦和レッズ) 菊地光将(大宮アルディージャ) 河本裕之(大宮アルディージャ) 山越康平(大宮アルディージャ) 中谷進之介(柏レイソル) 中山雄太(柏レイソル) 丸山祐市(FC東京) 奈良竜樹(川崎フロンターレ) 谷口彰悟(川崎フロンターレ) 中澤佑二(横浜F・マリノス) ミロシュ・デゲネク(横浜F・マリノス) 新里亮(ヴァンフォーレ甲府) エデル・リマ(ヴァンフォーレ甲府) 新井涼平(ヴァンフォーレ甲府) ソン・ジュフン(アルビレックス新潟) 富澤清太郎(アルビレックス新潟) 二見宏志(清水エスパルス) 大井健太郎(ジュビロ磐田) 森下俊(ジュビロ磐田) 高橋祥平(ジュビロ磐田) 三浦弦太(ガンバ大阪) ファビオ(ガンバ大阪) マテイ・ヨニッチ(セレッソ大阪) 山下達也(セレッソ大阪) 木本恭生(セレッソ大阪) 渡部博文(ヴィッセル神戸) 岩波拓也(ヴィッセル神戸) 水本裕貴(サンフレッチェ広島) 千葉和彦(サンフレッチェ広島) キム・ミンヒョク(サガン鳥栖) ◆DMF 宮澤裕樹(北海道コンサドーレ札幌) 荒野拓馬(北海道コンサドーレ札幌) 奥埜博亮(ベガルタ仙台) 富田晋伍(ベガルタ仙台) 三田啓貴(ベガルタ仙台) レオ・シルバ(鹿島アントラーズ) 三竿健斗(鹿島アントラーズ) 柏木陽介(浦和レッズ) 青木拓矢(浦和レッズ) 阿部勇樹(浦和レッズ) 大山啓輔(大宮アルディージャ) 茨田陽生(大宮アルディージャ) 岩上祐三(大宮アルディージャ) 大谷秀和(柏レイソル) 高萩洋次郎(FC東京) 橋本拳人(FC東京) 大島僚太(川崎フロンターレ) エドゥアルド・ネット(川崎フロンターレ) 喜田拓也(横浜F・マリノス) 扇原貴宏(横浜F・マリノス) 中町公祐(横浜F・マリノス) 兵働昭弘(ヴァンフォーレ甲府) 小椋祥平(ヴァンフォーレ甲府) 加藤大(アルビレックス新潟) 六平光成(清水エスパルス) 竹内涼(清水エスパルス) ムサエフ(ジュビロ磐田) 川辺駿(ジュビロ磐田) 遠藤保仁(ガンバ大阪) 井手口陽介(ガンバ大阪) 今野泰幸(ガンバ大阪) ソウザ(セレッソ大阪) 山口蛍(セレッソ大阪) ニウトン(ヴィッセル神戸) 藤田直之(ヴィッセル神戸) 高橋秀人(ヴィッセル神戸) 野上結貴(サンフレッチェ広島) 青山敏弘(サンフレッチェ広島) 原川力(サガン鳥栖) 福田晃斗(サガン鳥栖) 高橋義希(サガン鳥栖) ◆右MF 早坂良太(北海道コンサドーレ札幌) 遠藤康(鹿島アントラーズ) 駒井善成(浦和レッズ) 横谷繁(大宮アルディージャ) 伊東純也(柏レイソル) 家長昭博(川崎フロンターレ) マルティノス(横浜F・マリノス) 矢野貴章(アルビレックス新潟) 枝村匠馬(清水エスパルス) ミッチェル・デューク(清水エスパルス) 水沼宏太(セレッソ大阪) 小川慶治朗(ヴィッセル神戸) アンデルソン・ロペス(サンフレッチェ広島) ◆左MF 菅大輝(北海道コンサドーレ札幌) レアンドロ(鹿島アントラーズ) マテウス(大宮アルディージャ) 阿部浩之(川崎フロンターレ) 長谷川竜也(川崎フロンターレ) 齋藤学(横浜F・マリノス) ホニ(アルビレックス新潟) 白崎凌兵(清水エスパルス) アダイウトン(ジュビロ磐田) 泉澤仁(ガンバ大阪) 松下佳貴(ヴィッセル神戸) 大森晃太郎(ヴィッセル神戸) 柏好文(サンフレッチェ広島) ◆OMF 兵藤慎剛(北海道コンサドーレ札幌) 梁勇基(ベガルタ仙台) 武藤雄樹(浦和レッズ) 武富孝介(柏レイソル) 中川寛斗(柏レイソル) 東慶悟(FC東京) 中村憲剛(川崎フロンターレ) 天野純(横浜F・マリノス) 堀米勇輝(ヴァンフォーレ甲府) 田中佑昌(ヴァンフォーレ甲府) チアゴ・ガリャルド(アルビレックス新潟) 中村俊輔(ジュビロ磐田) 松浦拓弥(ジュビロ磐田) 倉田秋(ガンバ大阪) 柿谷曜一朗(セレッソ大阪) 山村和也(セレッソ大阪) フェリペ・シウバ(サンフレッチェ広島) 柴崎晃誠(サンフレッチェ広島) ◆FW 都倉賢(北海道コンサドーレ札幌) 石原直樹(ベガルタ仙台) クリスラン(ベガルタ仙台) 西村拓真(ベガルタ仙台) 土居聖真(鹿島アントラーズ) 金崎夢生(鹿島アントラーズ) ペドロ・ジュニオール(鹿島アントラーズ) 鈴木優磨(鹿島アントラーズ) ラファエル・シルバ(浦和レッズ) 李忠成(浦和レッズ) ズラタン(浦和レッズ) 興梠慎三(浦和レッズ) 江坂任(大宮アルディージャ) 大前元紀(大宮アルディージャ) クリスティアーノ(柏レイソル) ディエゴ・オリヴェイラ(柏レイソル) ピーター・ウタカ(FC東京) 大久保嘉人(FC東京) 永井謙佑(FC東京) 前田遼一(FC東京) 小林悠(川崎フロンターレ) ウーゴ・ヴィエイラ(横浜F・マリノス) ドゥドゥ(ヴァンフォーレ甲府) 山崎亮平(アルビレックス新潟) 鄭大世(清水エスパルス) 川又堅碁(ジュビロ磐田) アデミウソン(ガンバ大阪) 長沢駿(ガンバ大阪) 杉本健勇(セレッソ大阪) 渡邉千真(ヴィッセル神戸) 田中順也(ヴィッセル神戸) 豊田陽平(サガン鳥栖) 田川亨介(サガン鳥栖) ビクトル・イバルボ(サガン鳥栖) <div style="text-align:center;" id="cws_ad"><a href="https://goo.gl/k4XbzY" target="_blank"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/enquate.png" style="width: 40%;"></a></div> 2017.12.14 22:30 Thu
twitterfacebook
thumb

神戸MF藤田直之に第三子となる長女が誕生「この度新しい家族が増えました!」

▽ヴィッセル神戸は14日、MF藤田直之に第三子となる女の子が誕生したことを発表した。藤田にとっては初の女の子となる。 ▽藤田の長女は、12月12日に神戸市内の病院で誕生。2974グラムとのことだ。藤田はクラブを通じてコメントしている。 「この度新しい家族が増えました! まず無事に産んでくれた奥さんと無事に産まれてきてくれた子供に感謝したいです。より一層の責任感を持って精進していきます。今後とも応援宜しくお願いします!」 2017.12.14 19:44 Thu
twitterfacebook
thumb

スルガ銀行チャンピオンシップでC大阪の対戦相手はインデペンディエンテに決定!!

▽日本サッカー協会(JFA)は14日、来年行われるスルガ銀行チャンピオンシップ2018OSAKAに出場するセレッソ大阪の対戦相手が決定したことを発表した。 ▽スルガ銀行チャンピオンシップでは、毎年、ルヴァンカップ王者とスダメリカーナ王者が対戦する。今シーズンのルヴァンカップ王者であるC大阪は、スダメリカーナ2017を制したアルゼンチンのインデペンディエンテに決定した。 ▽なお、来年行われるスルガ銀行チャンピオンシップは8月8日に開催。大阪のヤンマースタジアム長居で両チームが激突する。 2017.12.14 17:05 Thu
twitterfacebook
thumb

J2降格の新潟MFロメロ・フランクが契約満了…今季はJ1で11試合出場

▽アルビレックス新潟は14日、ペルー人MFロメロ・フランク(30)の契約満了を発表した。 ▽日系ペルー人3世のロメロ・フランクは、13歳の頃両親の仕事の関係で訪日。2011年に流通経済大学から水戸ホーリーホックに入団し、2013年のモンテディオ山形でのプレーを経て、2016年に新潟に加入した。昨シーズンこそ古巣水戸に期限付き移籍をしていたものの、復帰した今シーズンは明治安田生命J1リーグに11試合、YBCルヴァンカップに3試合、天皇杯に1試合出場していた。 ▽キャリア通算ではここまでJ1リーグで42試合3得点、J2リーグで173試合19得点、リーグカップ戦で7試合1得点、天皇杯で17試合3得点を記録している。 2017.12.14 15:28 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース