【2017 J1チーム診断】本気度は昨季以上…2冠王者に死角なし《鹿島アントラーズ》2017.02.19 15:02 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は全冠を狙う昨シーズン2冠王者の鹿島アントラーズ編をお届けする。

◆クオリティ兼備の戦力でアジア統制へ
▽昨シーズンのJリーグと天皇杯の2冠王者。先のFIFAクラブ・ワールドカップでレアル・マドリーと好勝負を演じた。しかし、通算の獲得トロフィー数で他を圧倒する19個のタイトルホルダーが、それだけで満足するようなクラブではない。その本気度は昨季以上。このストーブリーグに、FWペドロ・ジュニオール、FW金森健志、MFレアンドロ、MFレオ・シルバ、DF三竿雄斗、GKクォン・スンテらを獲得。未だ成し遂げていないAFCチャンピオンズリーグ(ACL)初優勝へ過密日程を乗り切るだけのクオリティ兼備の戦力を整えた。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽隙がない。質の高いチームを2つ作れるほど選手層は充実。主戦システムである[4-4-2]の前線からのプレッシングサッカーに加えて、鹿島の真骨頂である臨機応変さにもより磨きがかかる。難しいのは、実力者集いし面々からのメンバー選考。これまでにない規模のタレント集団を束ねる石井正忠監督が、ターンオーバーを含めた采配、メンタルケアに尽力できるかが鍵となりそうだ。

◆予想フォーメーション[4-4-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:曽ヶ端準
DF:西大伍、植田直通、昌子源、三竿雄斗
MF:遠藤康、小笠原満男、レオ・シルバ、土居聖真
FW:金崎夢生、ペドロ・ジュニオール
▽基本フォーメーションは不変の[4-4-2]。ブラジル式のプレッシングサッカーが基本的な戦術で、状況に応じたハイラインプレスからのショートカウンターなど、鹿島の真骨頂である臨機応変さも健在だ。また、上述した通り、選手層も充実していて、層の薄かった左サイドバックや左サイドハーフ、海外移籍のMF柴崎岳の穴埋めに成功。死角はない。

◆期待の新戦力
(c)J.LEAGUE PHOTOS
FWペドロ・ジュニオール(ブラジル)
1987年1月29日(30歳)
2016シーズン(J1):29試合11得点
▽注目の新戦力は昨夏のMFカイオ流失後、後継者不在だったアタッカーとして期待されるFWペドロ・ジュニオールだ。昨シーズンは明治安田生命J1リーグでキャリアハイの11ゴールを記録。若き頃よりも利己的なプレーが少なくなり、ドリブルや得点力の部分にも磨きがかかる。ここまでのプレーぶりを見てもチームへの適応に時間を要するものの、Jリーグでの実績も十分だけに、「夢の実現」と語る鹿島で活躍する姿も期待大だ。

◆キープレーヤー
(c)J.LEAGUE PHOTOS
FW鈴木優磨(日本)
1996年4月26日(20歳)
2016シーズン(J1):31試合8得点
▽活躍を期待せずにはいられない。昨シーズンのリーグ戦で、わずか9試合の先発出場にとどまったものの、スーパーサブとして8ゴールをマーク。サイドでもプレー可能な器用さを兼ね備えたストライカーとしてはもちろん、個性派集団の面々に物怖じしないハートの強さも魅力の1つだ。プロ3年目の今シーズンは、現日本代表のFW大迫勇也らも着用した背番号を9番に継承し、先のFUJI XEROX SUPER CUP 2017で浦和レッズを相手に決勝点。20歳のストライカーから目が離せない。

コメント

関連ニュース

thumb

長崎、勢い止まらず! 今季初先発の平松J1初弾死守で柏を下し3試合連続完封勝利!《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第9節のV・ファーレン長崎vs柏レイソルが22日にトランスコスモススタジアム長崎で行われ、1-0で長崎が勝利した。 ▽ここまで2勝2分け4敗で15位に位置する長崎(勝ち点8)と、3勝2分け3敗で10位につける柏(勝ち点11)の一戦。前節のガンバ大阪戦を3-0で勝利して、前々節のリーグ戦初勝利に続いて連勝を飾った長崎は、その一戦から先発メンバーを1名のみ変更。累積警告により出場停止となったファンマに代えて今シーズン初先発の平松を起用した。 ▽一方、前節の北海道コンサドーレ札幌戦に敗れて不安定な戦いが続く柏は、その一戦から先発メンバーを2人変更。GK桐畑と中川に代えて、GK中村とクリスティアーノを起用した。 ▽今節唯一の日曜開催となった一戦。試合はホームの長崎が思わぬ形からチャンスを迎える。3分、後方からのロングボールを対応しようとした柏の大谷が空振り。すかさず反応した田上がボックス右に侵攻し、思い切りよく右足を振り抜いたが、シュートは枠の外へと逸れた。 ▽ヒヤリとする場面を迎えた柏も直後、一本のパスでクリスティアーノが左サイドへ抜け出す。自陣から敵陣ボックス左へと侵攻して左足でシュートを放つも、こちらもゴールの上を通過した。 ▽時間の経過と共にジワジワと柏が攻勢を強める。27分、クリスティアーノの右CKがファーサイドまで届くと、混戦の中からゴール前左の中谷がシュート。これはブロックされたが、長崎DFのクリアが中途半端になり、中央のボックス内に少し入った位置でボールを拾った中山がボレーシュートを放つも枠を捉えることができない。 ▽ボックス付近への侵攻回数は増加したものの、長崎の粘りのディフェンスに苦戦する柏。35分にはボックス左手前の中山がボックス内へパスを送る。伊東 が相手DFを背負いながら反転してシュートを放つが、ここも相手DFのブロックに遭い、シュートはゴール右外へと外れた。 ▽ゴールレスで折り返して迎えた後半、ここまで押し込まれながらも耐え続けた長崎がセットプレーから先制に成功する。50分、ボックス左手前でFKを獲得すると、キッカーの中原がクロスを選択。ゴール前で平松が頭で合わせると、ボールは体を投げ出して止めようとしたGK中村航輔の股を抜いてゴールへ突き刺さった。 ▽今シーズン初の先発起用に応える平松のJ1初ゴールで先制点を奪った長崎。対して、追う立場となった柏はすぐさま攻勢に転じる。59分、亀川のクロスがファーサイドに流れ、伊東の落としを大谷がミドルシュート。しかし、相手DFに引っかかってしまう。 ▽さらに柏は60分、右サイドからのクロスをファーサイドでフリーになっていたキム・ボギョンがダイレクトで左足を合わせる。それでもGK徳重の好守に阻まれ、長崎のゴールネットを揺らすことができない。 ▽時間が刻々と過ぎる中、柏にビッグチャンスが訪れる。80分、最終ラインでボールを持った長崎の田上にキム・ボギョンがチェイス。それに伊東、ハモン・ロペスが続き、伊東が奪ってボールを拾ったハモン・ロペスがGK徳重と一対一。しかし、シュートは枠を捉えることができず。この際、懸命に戻った田上の足がハモン・ロペスの足に掛かったようにも見えたが、ノーファウルの判定が下された。 ▽最後まで平松のゴールを死守した長崎が1-0で勝利し、リーグ戦3試合連続完封で3連勝を飾った。一方の柏は今シーズン初のリーグ戦連敗を喫した。 2018.04.22 17:58 Sun
twitterfacebook
thumb

鳥栖、DF吉田豊に第三子となる次男が誕生

▽サガン鳥栖は22日、今月20日にDF吉田豊(28)に第三子となる次男が誕生したことを発表した。 ▽吉田はクラブ公式サイトを通じて喜びのコメントを残している。 「この度、二男が生まれました。妻、生まれて来てくれた子どもに感謝の気持ちと嬉しさでいっぱいです」 「まず目の前の試合に全力を尽くしてファン・サポーターの皆さんに勝ち点3をプレゼントしたいですし、家族のために、チームのためにもより一層がんばりますので、引き続き熱い応援よろしくお願いします」 2018.04.22 17:57 Sun
twitterfacebook
thumb

浦和、オリヴェイラ体制発表…大槻毅前暫定監督はトップチームヘッドコーチに就任

▽浦和レッズは22日、オズワルド・オリヴェイラ監督の就任に伴い、トップチーム・育成の新体制を発表した。 ▽明治安田生命J1リーグで5試合未勝利と開幕スタートに失敗した浦和は2日に堀孝史監督と天野賢一ヘッドコーチを解任。後任として暫定的に育成ダイレクター兼ユース監督を勤めていた大槻毅氏が就任し、上野優作ユースコーチがトップチームコーチに就任していた。 ▽そんな中、かつて鹿島アントラーズでJリーグ史上初となるリーグ3連覇を達成したオズワルド・オリヴェイラ氏の就任が19日に決定。大槻体制ラストマッチとなった21日のJ1第9節・北海道コンサドーレ札幌戦ではゴールレスドローで終えたものの、公式戦6試合無敗(4勝2分け)でオリヴェイラ氏にバトンタッチすることとなった。 ▽今回の新体制については以下の通り。 【トップチーム】 監督 オズワルド・オリヴェイラ ヘッドコーチ 大槻 毅 ヘッドコーチ ルイス・アルベルト・シルバ コーチ 池田伸康 コーチ 小坂雄樹 GKコーチ 土田尚史 フィジカルコーチ ウェイリントン コーチ(分析) 山田栄一郎 【育成】 育成ダイレクター 上野優作 ◆ユース 監督 上野優作 コーチ 石栗 建 コーチ 工藤輝央 コーチ 末藤崇成 GKコーチ 安藤智安 アスレチックトレーナー 大澤 真 ◆ジュニアユース 監督 吉田 靖 コーチ 城定信次 コーチ 内舘秀樹(ジュニアアカデミー兼務) コーチ 金生谷 仁 GKコーチ 杉尾一憲 スカウト担当/コーチ 名取 篤 スカウト担当/コーチ 田畑昭宏 アスレチックトレーナー 飯園翔太 ◆ジュニア 監督 村松 浩 コーチ 酒井友之 コーチ 土橋正樹 トレーナー 入江美友梨 2018.04.22 14:40 Sun
twitterfacebook
thumb

ウィジョが大阪春の陣を制す一発! G大阪が最下位脱出の今季2勝目《J1》

▽21日にパナソニック スタジアム 吹田で行われた明治安田生命J1リーグ第9節のガンバ大阪vsセレッソ大阪は、ホームのG大阪が1-0で勝利した。 ▽最下位に沈むG大阪は、負傷明けの藤春がスタメン復帰を果たしたほか、プロ2年目の高江がJ1初出場で初先発。3位のC大阪は、木本が負傷欠場となり、山下がスターティングメンバー入りした。 ▽リーグ戦通算35回目の大阪ダービーは、互いに攻撃の糸口を探り合う緊迫ムードで立ち上がった中、G大阪にアクシデント。12分に三浦との交錯で顔面を強打した東口がプレー続行不可能となり、J1初出場となるGK林のスクランブル起用を強いられる。 ▽前からのプレッシングがうまく機能したG大阪は24分、右サイドでの細かいパスワークから倉田が左足で浮き球パス。これを胸トラップで収めにかかったボックス内のファン・ウィジョだが、体勢が整わず、シュートに持ち込むことができない。 ▽続く26分にもG大阪にシュートチャンス。左サイドで水沼のマークを搔い潜った倉田のクロスに中央のスペースに潜り込んだファン・ウィジョが頭で合わせる。これが枠に飛ぶが、GKキム・ジンヒョンにセーブされて、先制機をモノにできない。 ▽すると、C大阪の攻撃を凌ぐG大阪は39分、ボックス左のファン・ウィジョがダブルタッチで突破を試みると、マテイ・ヨニッチのファウルを受けてPKのチャンスを獲得。これをファン・ウィジョ自ら決め切り、ホームのG大阪が先制に成功した。 ▽ファン・ウィジョのシーズン6得点目で先取したG大阪。迎えた後半の入りもトップ下を務める遠藤のポストプレーからファン・ウィジョがゴールに襲いかかるなど、なかなか調子を上げられずにいるC大阪を尻目にリズム良く攻撃を展開していく。 ▽その中で、攻守の切り替えでテンポを上げたC大阪は、51分にカウンター。さらに、ボールポゼッションを高めながらサイドから攻勢に持ち込むが、局面で身体を張るG大阪の守備ブロックを打ち破れず、シュートチャンスをつくり出すことができない。 ▽粘り強い戦いが際立つG大阪は、55分に追加点のチャンス。遠藤を追い越して左サイドの深くでスルーパスを受けた藤春がクロスを供給する。これに中央に走り込んだ藤本が頭で合わせるが、GKキム・ジンヒョンに弾かれたボールは右ポストに嫌われた。 ▽山口の機を見た攻め上がりで攻撃に迫力が増すC大阪は、61分に絶好の同点機。右サイドの松田がボックス右脇から低い弾道のクロスを供給すると、ニアサイドに勢いよく飛び込んだ高木が合わせる。だが、これを枠に飛ばせず、決定機を逃してしまう。 ▽その後、やや間延びした展開になると、C大阪は77分に清武と片山の2枚替え。さらに、82分にヤン・ドンヒョンをピッチに送り込み、攻撃の活性化を図る。だが、ヤン・ドンヒョンのポストプレーから迎えた決定機を杉本が生かしきれない。 ▽辛抱強い守備で追加点を目指すG大阪もカウンターからファン・ウィジョに千載一遇のチャンスが巡ってくるが、シュートミスで不意に。それでも、4連勝中のC大阪との白熱のダービーを制したG大阪が2試合ぶりの白星でシーズン2勝目を挙げ、名古屋を交わして最下位を脱出した。 2018.04.21 21:00 Sat
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース