【2017 J1チーム診断】本気度は昨季以上…2冠王者に死角なし《鹿島アントラーズ》2017.02.19 15:02 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は全冠を狙う昨シーズン2冠王者の鹿島アントラーズ編をお届けする。

◆クオリティ兼備の戦力でアジア統制へ
▽昨シーズンのJリーグと天皇杯の2冠王者。先のFIFAクラブ・ワールドカップでレアル・マドリーと好勝負を演じた。しかし、通算の獲得トロフィー数で他を圧倒する19個のタイトルホルダーが、それだけで満足するようなクラブではない。その本気度は昨季以上。このストーブリーグに、FWペドロ・ジュニオール、FW金森健志、MFレアンドロ、MFレオ・シルバ、DF三竿雄斗、GKクォン・スンテらを獲得。未だ成し遂げていないAFCチャンピオンズリーグ(ACL)初優勝へ過密日程を乗り切るだけのクオリティ兼備の戦力を整えた。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽隙がない。質の高いチームを2つ作れるほど選手層は充実。主戦システムである[4-4-2]の前線からのプレッシングサッカーに加えて、鹿島の真骨頂である臨機応変さにもより磨きがかかる。難しいのは、実力者集いし面々からのメンバー選考。これまでにない規模のタレント集団を束ねる石井正忠監督が、ターンオーバーを含めた采配、メンタルケアに尽力できるかが鍵となりそうだ。

◆予想フォーメーション[4-4-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:曽ヶ端準
DF:西大伍、植田直通、昌子源、三竿雄斗
MF:遠藤康、小笠原満男、レオ・シルバ、土居聖真
FW:金崎夢生、ペドロ・ジュニオール
▽基本フォーメーションは不変の[4-4-2]。ブラジル式のプレッシングサッカーが基本的な戦術で、状況に応じたハイラインプレスからのショートカウンターなど、鹿島の真骨頂である臨機応変さも健在だ。また、上述した通り、選手層も充実していて、層の薄かった左サイドバックや左サイドハーフ、海外移籍のMF柴崎岳の穴埋めに成功。死角はない。

◆期待の新戦力
(c)J.LEAGUE PHOTOS
FWペドロ・ジュニオール(ブラジル)
1987年1月29日(30歳)
2016シーズン(J1):29試合11得点
▽注目の新戦力は昨夏のMFカイオ流失後、後継者不在だったアタッカーとして期待されるFWペドロ・ジュニオールだ。昨シーズンは明治安田生命J1リーグでキャリアハイの11ゴールを記録。若き頃よりも利己的なプレーが少なくなり、ドリブルや得点力の部分にも磨きがかかる。ここまでのプレーぶりを見てもチームへの適応に時間を要するものの、Jリーグでの実績も十分だけに、「夢の実現」と語る鹿島で活躍する姿も期待大だ。

◆キープレーヤー
(c)J.LEAGUE PHOTOS
FW鈴木優磨(日本)
1996年4月26日(20歳)
2016シーズン(J1):31試合8得点
▽活躍を期待せずにはいられない。昨シーズンのリーグ戦で、わずか9試合の先発出場にとどまったものの、スーパーサブとして8ゴールをマーク。サイドでもプレー可能な器用さを兼ね備えたストライカーとしてはもちろん、個性派集団の面々に物怖じしないハートの強さも魅力の1つだ。プロ3年目の今シーズンは、現日本代表のFW大迫勇也らも着用した背番号を9番に継承し、先のFUJI XEROX SUPER CUP 2017で浦和レッズを相手に決勝点。20歳のストライカーから目が離せない。

コメント

関連ニュース

thumb

G大阪、FWパトリックの再来日発表…メディカル終了後に選手登録へ

▽ガンバ大阪は24日、リハビリでチームを離れていたブラジル人FWパトリック(29)が同日に再来日することを発表した。選手登録に関してはメディカルチェック終了後となる。 ▽パトリックは、昨年10月に全治8カ月の右前十字じん帯損傷と右外側半月板損傷で途中離脱。サルゲイロ(ブラジル)からの期限付き移籍期間を半年間延長したものの、復帰の目処が立っていないことから、現時点で登録メンバーから外れている。 ▽2014年7月からG大阪でプレーするパトリックは、同年の国内三冠達成に大きく貢献すると、自身もJリーグベストイレブンを受賞。翌年もリーグ戦12ゴールを挙げる活躍を見せたが、昨年は絶不調に陥り、2ゴールを記録するにとどまっていた。 2017.03.24 11:55 Fri
twitterfacebook
thumb

柏、元日本代表MF細貝萌の加入合意を発表…2010年以来7季ぶりの国内復帰

▽柏レイソルは24日、シュツットガルトに所属する元日本代表MF細貝萌(30)の加入合意を発表した。2010年以来7シーズンぶりの国内復帰となる。 ▽群馬県出身の細貝は、2005年に前橋育英高校から浦和レッズに入団。その後、アウグスブルク、レバークーゼン、ヘルタ・ベルリン、ブルサシュポル、シュツットガルトでプレーした。 ▽しかし、今シーズンはシュツットガルトで出場機会が減少。ケガなどにも泣かされ、ブンデスリーガ2部で10試合の出場に留まり、昨年12月以来出番がない。 ▽7シーズンぶりに国内復帰を果たした細貝は、柏の公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「この度、ドイツVfB Stuttgartから移籍してきました細貝萌です。まず、この移籍に関わっていただいた全ての方々に感謝したいと思います。そして、なにより無事に柏レイソルの一員となれたこと、本当に嬉しく思っています」 「2011年にドイツに移籍してから約6年間海外でプレーしてきたので、久しぶりに日本でプレーすることが楽しみである一方で不安もありますが、チームの目標達成に貢献できるよう自分の全てをこのチームに捧げたいと思っています」 「柏レイソルがもっともっと素晴らしいクラブになることが出来るよう、ピッチ上で全力を尽くします。レイソルサポーターの皆様、よろしくお願いします。日立台で皆様に会える日を今からとても楽しみにしています」 2017.03.24 10:35 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMのMF前田直輝に第一子となる男の子が誕生

▽横浜F・マリノスは23日、MF前田直輝(22)に第一子となる男の子が19日に誕生したことを発表した。 ▽第一子が誕生した前田はクラブを通じてコメントしている。 「想像をはるかに超える陣痛に耐えて元気な息子を生んでくれた妻に感謝です。そして、大きな産声を聞かせてくれた息子にも感謝です。父親になったことにより、より一層努力し、成長します。その決意と覚悟を、ピッチの上でゴール、勝利という形で皆さんにお見せできたらと思います。今後も熱い応援よろしくお願いします」 ▽2016年に東京ヴェルディから横浜FMに加入した前田は今シーズンの明治安田生命J1リーグでここまで4試合に出場し、1得点を挙げている。 2017.03.23 21:30 Thu
twitterfacebook
thumb

仙台FW平山相太が左腓骨筋腱脱臼...全治約12週間の見込み

▽ベガルタ仙台は23日、元日本代表FW平山相太が左腓骨筋腱脱臼と診断され、11日に手術を行ったことを発表した。全治は約12週間の見込みだ。 ▽今シーズンにFC東京から仙台へ加入した平山は、明治安田生命J1リーグ第1節の北海道コンサドーレ札幌戦でベンチ入りを果たしたが、ここまで公式戦での出場はない。 2017.03.23 18:07 Thu
twitterfacebook
thumb

仙台が韓国人GKイ・ユノを獲得

▽ベガルタ仙台は23日、中東高(韓国)に所属する韓国人GKイ・ユノ(18)の加入が決定したことを発表した。 ▽韓国出身のイ・ユノは身長190cm、体重88㎏のゴールキーパー。仙台への加入が決定したイ・ユノは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ベガルタ仙台に加入し、プロサッカー選手としてプレーする機会をいただき、感謝いたします。年齢は18歳と若いですが、1日でも早くチームの力になり、目標達成に貢献できるよう日々精進して参ります。サポーターのみなさま、応援よろしくお願いいたします」 2017.03.23 18:06 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース