超ワールドサッカー

【2017 J1チーム診断】本気度は昨季以上…2冠王者に死角なし《鹿島アントラーズ》2017.02.19 15:02 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽25日、2017シーズンの明治安田生命J1リーグが開幕を迎える。今シーズンは優勝賞金や分配金などクラブへ直接的に影響する部分で大幅な見直しが行われたことで、高みを目指した戦いにこれまで以上の激化が必至だ。

▽開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全18クラブを診断。今シーズンの展望や注目選手をピックアップした。今回は全冠を狙う昨シーズン2冠王者の鹿島アントラーズ編をお届けする。

◆クオリティ兼備の戦力でアジア統制へ
▽昨シーズンのJリーグと天皇杯の2冠王者。先のFIFAクラブ・ワールドカップでレアル・マドリーと好勝負を演じた。しかし、通算の獲得トロフィー数で他を圧倒する19個のタイトルホルダーが、それだけで満足するようなクラブではない。その本気度は昨季以上。このストーブリーグに、FWペドロ・ジュニオール、FW金森健志、MFレアンドロ、MFレオ・シルバ、DF三竿雄斗、GKクォン・スンテらを獲得。未だ成し遂げていないAFCチャンピオンズリーグ(ACL)初優勝へ過密日程を乗り切るだけのクオリティ兼備の戦力を整えた。

◆2017シーズンの注目ポイント
▽隙がない。質の高いチームを2つ作れるほど選手層は充実。主戦システムである[4-4-2]の前線からのプレッシングサッカーに加えて、鹿島の真骨頂である臨機応変さにもより磨きがかかる。難しいのは、実力者集いし面々からのメンバー選考。これまでにない規模のタレント集団を束ねる石井正忠監督が、ターンオーバーを含めた采配、メンタルケアに尽力できるかが鍵となりそうだ。

◆予想フォーメーション[4-4-2]
(C)CWS Brains,LTD.
GK:曽ヶ端準
DF:西大伍、植田直通、昌子源、三竿雄斗
MF:遠藤康、小笠原満男、レオ・シルバ、土居聖真
FW:金崎夢生、ペドロ・ジュニオール
▽基本フォーメーションは不変の[4-4-2]。ブラジル式のプレッシングサッカーが基本的な戦術で、状況に応じたハイラインプレスからのショートカウンターなど、鹿島の真骨頂である臨機応変さも健在だ。また、上述した通り、選手層も充実していて、層の薄かった左サイドバックや左サイドハーフ、海外移籍のMF柴崎岳の穴埋めに成功。死角はない。

◆期待の新戦力
(c)J.LEAGUE PHOTOS
FWペドロ・ジュニオール(ブラジル)
1987年1月29日(30歳)
2016シーズン(J1):29試合11得点
▽注目の新戦力は昨夏のMFカイオ流失後、後継者不在だったアタッカーとして期待されるFWペドロ・ジュニオールだ。昨シーズンは明治安田生命J1リーグでキャリアハイの11ゴールを記録。若き頃よりも利己的なプレーが少なくなり、ドリブルや得点力の部分にも磨きがかかる。ここまでのプレーぶりを見てもチームへの適応に時間を要するものの、Jリーグでの実績も十分だけに、「夢の実現」と語る鹿島で活躍する姿も期待大だ。

◆キープレーヤー
(c)J.LEAGUE PHOTOS
FW鈴木優磨(日本)
1996年4月26日(20歳)
2016シーズン(J1):31試合8得点
▽活躍を期待せずにはいられない。昨シーズンのリーグ戦で、わずか9試合の先発出場にとどまったものの、スーパーサブとして8ゴールをマーク。サイドでもプレー可能な器用さを兼ね備えたストライカーとしてはもちろん、個性派集団の面々に物怖じしないハートの強さも魅力の1つだ。プロ3年目の今シーズンは、現日本代表のFW大迫勇也らも着用した背番号を9番に継承し、先のFUJI XEROX SUPER CUP 2017で浦和レッズを相手に決勝点。20歳のストライカーから目が離せない。

コメント

関連ニュース

thumb

鎌田弾を死守した鳥栖がリーグ3戦ぶり白星! 札幌は今季初の3連敗…《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第13節のサガン鳥栖vs北海道コンサドーレ札幌が27日にベストアメニティスタジアムで行われ、1-0で鳥栖が勝利した。 ▽ここまで4勝3分5敗で11位につける鳥栖(勝ち点15)と、3勝3分6敗で15位につける札幌(勝ち点12)が激突した。前節のガンバ大阪戦を0-3で敗れ、3試合ぶりの黒星を喫した鳥栖は、その一戦から先発メンバーを2人変更。フランコ・スブットーニ、前節に負傷左大腿ハムストリング筋を損傷して負傷交代となった小野に代えて、青木と豊田を起用した。 ▽一方、前節のアルビレックス新潟戦を0-1で落とし、連敗を喫した札幌は、その一戦から先発メンバーを1人のみ変更。前節に負傷したキム・ミンテに代えて河合を起用した。 ▽5年ぶりのリーグ戦での対戦となったこの一戦は、立ち上がりから中盤での球際が激しい展開となる。鳥栖は4分、ボックス左手前でFKを獲得すると、キッカーの原川が右足で直接狙う。しかし、わずかにゴール左を外れる。 ▽さらに鳥栖は12分、敵陣中央やや右から豊田がコントロールした浮き球をボレーで合わせるが、枠を捉えることはできない。16分、右サイドで小林のパスが福森に当たると、そのままディフェンスラインの裏へと転がる。これに反応した豊田がボックス右に侵攻し、右足でシュートを放つが、これはGKク・ソンユンに弾かれた。 ▽冷やりとする場面を迎えた札幌は25分、福森がドリブルで持ち上がり、敵陣中央やや左から左足を振り抜く。低弾道の強烈なシュートは、わずかにポスト右へと外れる。 ▽その後は鳥栖が敵陣でボールを扱えるようになると、徐々に札幌を押し込み始める。迎えた38分、ボックス左手前でパスを受けた高橋がボックス左へスルーパス。これを走り込んだ吉田が折り返し、中央でフリーになっていた鎌田が右足インサイドでゴール右隅へと突き刺した。 ▽このゴールで勢いに乗る鳥栖は41分、ボックス左外の吉田のクロスをゴール中央に飛び込んだ趙東建がヘディングシュート。しかし、ゴール右へと逸れてしまい、1-0で鳥栖がリードして試合を折り返す。 ▽後半に入ると、ややオープンな展開となるが、鳥栖はゴール前での精度を欠き、ゴールを脅かすことができない。こう着状態が続く中、追いつきたい札幌は67分、ボックス手前でボールを金園のパスを受けた菅が左足を振り抜く。しかし、強烈なシュートもバーに嫌われてしまう。 ▽対する鳥栖はその後、吉田と鎌田の左サイドから札幌を引き離しにかかる。74分、ボックス左外でパスを受けた鎌田が縦への仕掛けからクロスを供給。これを趙東建が左足で合わせるも枠を捉え切れない。 ▽勝ち点1だけでも持ち帰りたい札幌は終盤、マセードと上原を同時投入し、都倉を加えた3人をターゲットにパワープレーを敢行。しかし、鳥栖も粘りのディフェンスでこれを跳ね返す。 ▽6分という長いアディショナルタイムが設けられるも、鳥栖が最後まで耐え凌いで試合終了。25日に入籍を発表した鎌田のゴールを死守した鳥栖が3試合ぶりの白星を飾った。対する札幌は今シーズン初のリーグ戦3連敗を喫した。 2017.05.27 21:17 Sat
twitterfacebook
thumb

攻撃陣爆発で4発逆転! 大宮撃破の柏が7連勝で暫定首位浮上《J1》

▽明治安田生命J1リーグ第13節の柏レイソルvs大宮アルディージャが27日に日立柏サッカー場で行われ、4-2で柏が勝利した。 ▽ここまで8勝4敗で2位につける柏(勝ち点24)が、2勝1分け9敗で最下位に沈む大宮(勝ち点7)をホームに迎えた。前節のジュビロ磐田戦を2-0で勝利し、リーグ6連勝中と絶好調の柏は、その一戦と同様のメンバーを先発に起用した。また、ゴールキーパーの位置には日本代表に初招集となったGK中村航輔が入った。 ▽一方、前節のセレッソ大阪戦を0-3で敗れ、未だ調子の上がらない大宮は、その一戦から先発メンバーを2人変更。菊地と大前に代えて、河本とネイツ・ペチュニクを起用した。 ▽試合は開始早々、古巣対戦に意気込む茨田のアシストでアウェイの大宮が先制に成功する。2分、茨田の左CKがファーサイドに流れると、走り込んだ河本が頭でゴールに押し込んだ。 ▽幸先の良いスタートを切った大宮は5分、カウンターを発動する。ハーフウェイライン付近で瀬川がキープから最終ラインの裏へスルーパス。これに反応したマテウスがボックス左へ侵攻し、左足を振り抜いてゴール右隅へと突き刺すも、惜しくもオフサイドの判定が下される。 ▽予想外の立ち上がりを強いられた柏もすぐさま応戦。12分、ボックス右外からの伊東のクロスをゴール前フリーになった中川が頭で合わせる。しかし、これがバーに嫌われてしまい、同点とはならない。 ▽前半半ばに差し掛かると、柏がボックス内へ侵攻する回数が増え始める。35分には、右サイドからの手塚のクロスがボックス内で混戦になると、こぼれたボールにいち早く反応した伊東がシュート。さらに36分、伊東のクロスのこぼれ球をボックス手前の手塚がダイレクトで右足を振り抜く。しかし、どちらもわずかに枠を捉えられない。 ▽それでも大宮を押し込む柏は迎えた40分、相手のミスを誘発し、試合を振り出しに戻す。敵陣中央左でボールを受けたクリスティアーノが左足でクロスを供給。これは対峙した相手DFにブロックされるも、ボールはそのままボックス内へ。強く回転がかかったボールがゴール前でワンバウンドすると、処理を試みたGK塩田が軌道を見誤ってしまい後逸。これを見逃さなかった伊東が落ち着いて押し込んだ。 ▽同点に追いついて試合を折り返した柏は後半、大宮を畳みかける。55分、手塚の右CKをファーサイドの伊東が右足で強引にボレーシュート。しかし、これはGK塩田の正面に飛んでしまう。 ▽その後も右サイドから幾度となくボックス内へ攻め入ると59分、柏がついに逆転に成功する。ボックス右外でクリスティアーノのフリックを受けた伊東がクロスを送ると、ファーサイドに走り込んだ武富が頭で押し込んだ。 ▽試合を引っくり返した柏はこのゴールで一気に勢いづく。64分、ボックス手前でFKを獲得すると、キッカーの手塚がファーサイドに柔らかいクロスを供給。これをクリスティアーノが頭で折り返すと、ゴール前の武富がプッシュした。 ▽さらに67分、ボックス右手前でパスを受けたクリスティアーノがボックス右に走り込んだ武富とのワンツーでボックス内へ侵攻。最後は一人交わして左足を振り抜き、ニアサイドを射抜いた。 ▽リードを3点に広げられた大宮は反撃に転じるも攻撃で対抗する柏の前に押し込むことができない。それでも85分、左サイド敵陣深い位置でロングフィードを収めた大前がボックス左に落とすと、これを受けた瀬川が右足でゴール右隅へと突き刺したが、反撃はここまで。 ▽アウェイの大宮に先制されるも、攻撃陣が爆発した柏が4-2で逆転勝利。驚異の7連勝を飾った。対する大宮はリーグ戦連敗を喫している。 2017.05.27 17:11 Sat
twitterfacebook
thumb

齋藤不在の横浜FMが清水に競り勝つ《J1》

▽27日にIAIスタジアム日本平で行われた明治安田生命J1リーグ第13節の清水エスパルスvs横浜F・マリノスは、アウェイの横浜FMが3-1で勝利した。 ▽リーグ7試合ぶりの勝利を目指す12位の清水と、直近の5試合で1勝1分け3敗の低空飛行が続く9位の横浜FMが激突した。清水は、二見に代わってフレイレが第2節以来の先発。枝村に代わり、ミッチェル・デュークが今季初先発を果たした。対する横浜FMは、負傷の齋藤に代わって扇原がスタメン入りした。 ▽清水優勢でスタートした試合は、15分に動く。立ち上がりから守勢に回った横浜FMは、左サイドの扇原がクロス。DFのクリアボールを拾った松原健がボックス右から左足のシュートをゴール左隅に突き刺して、横浜FMが先制した。 ▽リードを許した清水は反撃。26分にはこぼれ球から松原后、鄭大世が立て続けにシュート。失点後もサイド攻撃を機能させ、良い形でシュートチャンスを作り出すが、相手の牙城を打ち破ることができない。 ▽守りの時間が続く横浜FMは、27分に古巣対決の伊藤がウーゴ・ヴィエイラと負傷交代。そうした中、30分には、カウンターからウーゴ・ヴィエイラにGKとの一対一の絶好機が巡ってくるが、これを決め切れない。 ▽1点ビハインドで試合を折り返した清水。後半の立ち上がりもペースを握ると、50分にボックス中央でパスを受けた鄭大世が仕掛ける。ボックス左でフリーの白崎が流れたボールを押し込み、清水が同点に追いついた。 ▽ところが、52分には横浜FMのカウンターが発動。左サイドのマルティノスが左足で鋭い弾道のアーリークロスを供給する。これに相手DFの間で反応したウーゴ・ヴィエイラが右足ワンタッチで合わせ、横浜FMが再びリードした。 ▽攻め続ける清水はその後、北川、野津田、金子といった攻撃的な選手を投入。しかし、後半アディショナルタイムにウーゴ・ヴィエイラがダメ押しの3点目。齋藤不在の逆境を乗り越えて競り勝った横浜FMが2試合ぶりの勝ち点3を手にした。 2017.05.27 15:58 Sat
twitterfacebook
thumb

両チームともに決定機を決めきれず…浮上を目指す2チームの一戦は痛み分けに終わる《J1》

▽27日に明治安田生命J1リーグ第13節のサンフレッチェ広島vsジュビロ磐田がエディオンスタジアム広島で行われ、ゴールレスドローに終わった。 ▽前節のヴァンフォーレ甲府戦でリーグ戦では6試合ぶりの白星を飾った16位の広島(勝ち点9)が、柏レイソル戦に敗れて2連敗の4戦未勝利となった10位の磐田(勝ち点15)を迎えた。 ▽試合はアウェイの磐田が最初に決定機を迎えた。6分に左サイドからカットインしたムサエフが右足で上げたインスイングのクロスをボックス内の川又が収める。うまく反転してシュートを放っていったが、これは枠を捉えきれなかった。対する広島も直後の7分に左CKを獲得。ゴール前に遅れて入り込んでフリーとなった皆川が頭で狙うが、下がり気味に放ったヘディングシュートは枠を捉えきれない。 ▽その後も磐田はトップの川又を起点に、トップ下に入った松井がゲームを作り、アダイウトンやムサエフが積極的に仕掛けていく。広島は両サイドを使ってファイナルサードまでボールを運んでいった。しかし徐々に磐田がポゼッションを高めて広島を押し込んでいくと、29分には上田のアーリークロスに川又が頭で合わせるなど、次々とシュートを浴びせていった。 ▽すると広島も31分に久しぶりに相手陣内へ侵攻。中央からボールを運んだ柴崎が右にはたき、ミキッチがクロス。ボックス内でこぼれだと頃をアデルソン・ロペスが拾ってシュートを放つが、ここは大井がブロックに入った。広島は44分にも右サイドを駆け上がったミキッチのクロスを、ボックス内で柴崎がトラップ。そのまま右足を振り抜いたが、ボールは枠を捉えきれず。お互いに決定機を作りながらも、前半はゴールレスで終わった。 ▽両チームともに交代なしで迎えた後半、最初のチャンスは前半終盤に流れを掴んだ広島。ディフェンスラインの裏を狙った皆川に柏からのボールが通ると、巧みなトラップでゴール方向に体を向ける。そこからシュートまで放っていったが、GKカミンスキーが足でブロックして得点とはならなかった。 ▽磐田も55分、ボックス手前でボールを受けた松井がドリブルでボックス内に侵入。そのまま左足でループシュートを狙ったが、GK林が難なくキャッチする。59分には右サイドでうまく相手を外してアダイウトンがクロス。ボックス内で混戦となると、松井が左足で合わせるがGK林がセーブ。こぼれ球に櫻内が詰めるがここもGK林が好セーブで切り抜けた。 ▽磐田は78分、アダイウトン、中村太と繋いで最後はムサエフがシュート。しかし中に入り込んだ川又に当たってしまいチャンスを逸する。広島も79分に右サイドからのクロスにアンデルソン・ロペスが頭で合わせたが、ボールは枠を捉えきれない。 ▽結局試合はゴールが生まれずにドロー決着。勝ち点1を分け合う結果に終わった。 2017.05.27 15:56 Sat
twitterfacebook
thumb

福岡大GK永石拓海が来季加入内定のC大阪に特別指定で加入

▽日本サッカー協会(JFA)は26日、福岡大学サッカー部のGK永石拓海(21)を、25日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先はセレッソ大阪となる。 ▽永石は山口県出身で、高川学園高校から福岡大学へと進学。U-17日本代表や全日本大学選抜にも選出された経験がある。今月16日には、来シーズンからのC大阪加入内定が発表されていた。 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.05.26 19:26 Fri
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース