ポグバ兄弟初共演にイブラ&ゼコがハット! 瀬戸が自身初のEL決勝Tでゴールを記録《EL》2017.02.17 07:27 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグが16日に行われた。

▽グループステージを勝ち抜いた24チームと、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位敗退となった8チームを合わせた計32チームで争われる今回のラウンド32。

▽共に優勝候補の筆頭に挙げられるイングランド勢のマンチェスター・ユナイテッドと、トッテナムの2チームは、明暗が分かれることに。ユナイテッドは、MFポール・ポグバとDFフロランタン・ポグバによる“ポグバ兄弟ダービー”となったサンテチェンヌとのホームゲームを3-0で勝利した。立ち上がりから主導権を握ったユナイテッドは、15分にボックス手前の好位置で得たFKの場面でFWイブラヒモビッチの壁の間を狙ったシュートが相手DFにディフレクトするやや幸運な形でゴールネットを揺らし、先制に成功。その後は拮抗した展開となるが、後半にイブラヒモビッチが2ゴールを重ねてユナイテッド移籍後初のハットトリック達成。ポグバ兄弟対決を制したユナイテッドが、敵地での2ndレグを前に大きなアドバンテージを手にした。

▽一方、ベルギーの強豪ヘントのホームに乗り込んだトッテナムは、相手の変幻自在のプレッシングに苦戦してペースを掴み切れずに前半を終えると、[3-5-2]のシステム変更で盛り返した後半に一瞬の隙から59分にFWペルベに先制点を許し、0-1の敗戦を喫した。

▽また、ビジャレアルvsローマと、ボルシアMGvsフィオレンティーナの4大リーグに所属する2つの実力者同士の一戦は、ローマとフィオレンティーナのイタリア勢が揃って敵地で先勝している。リーガ屈指の堅守を誇るビジャレアルのホームに乗り込んだセリエA屈指の攻撃力を誇るローマの一戦は、敵地で4-0の圧勝を見せたローマの攻撃力に軍配。前半半ば過ぎにDFエメルソン・パルミエリのミドルシュートで先制に成功したローマは、後半にエースFWゼコが大爆発し、公式戦7戦連発となる圧巻のハットトリックを達成し、ホームで行われる2ndレグを前にほぼ勝負を付けた。

▽また、ボルシアMGとのアウェイゲームで終始劣勢を強いられたフィオレンティーナだったが、前半にこの日が23歳のバースデーとなるFWベルナルデスキが自らを祝福する見事な直接FKを決めて先制に成功。このリードを粘り強い守備と相手のフィニッシュの精度に助けられ、敵地で1-0の先勝を収めた。

▽そのほかの試合では、グループステージ唯一の全勝チームのシャフタールが、セルタとのアウェイゲームで1-0の勝利を収め、決勝トーナメントに入っても全勝を継続。また、CL敗退組の強豪リヨンは、AZとのアウェイゲームをエースFWラカゼットの2ゴールの活躍などで、4-1で勝利している。

▽日本人選手が所属する2チームでは、DF内田篤人が招集外となったシャルケが、PAOKとのアウェイゲームを3-0で快勝。今冬にニュルンベルクから加入し、ELデビューを飾ったFWブルクシュタラーが、シャルケでのリーグデビューに続き、このデビュー戦でもゴールを記録している。また、クラブ史上初のEL決勝トーナメント進出を果たしたMF瀬戸貴幸が所属するアストラは、ホームでゲンクと対戦。1-1のイーブンで迎えた後半終盤に自らのボールロストから相手に勝ち越し点を献上した瀬戸だったが、試合終了間際の90分に気迫のヘディングシュートを流し込み、2-2のドローに持ち込んだ。

▽なお、ベスト16進出を懸けた2ndレグは23日に開催される。16日に行われたELラウンド32・1stレグの結果は以下のとおり。

◆ELラウンド32・1stレグ結果

FCクラスノダール 1-0 フェネルバフチェ
AZ 1-4 リヨン
アストラ 2-2 ゲンク
ボルシアMG 0-1 フィオレンティーナ
セルタ 0-1 シャフタール
ロストフ 4-0 スパルタ・プラハ
ヘント 0-1 トッテナム
オリンピアコス 0-0 オスマンルシュポル
アンデルレヒト 2-0 ゼニト
ビルバオ 3-2 アポエル
ハポエル・ベエルシェバ 1-3 ベシクタシュ
レギア・ワルシャワ 0-0 アヤックス
PAOK 0-3 シャルケ
マンチェスター・ユナイテッド 3-0 サンテチェンヌ
ビジャレアル 0-4 ローマ

コメント

関連ニュース

thumb

ユナイテッド、アルデルヴァイレルト強襲へ…クラブのDF史上最高額を準備

▽マンチェスター・ユナイテッドがトッテナムに所属するベルギー代表DFトビー・アルデルヴァイレルト(29)の獲得に動いていることがわかった。イギリスの地元紙『マンチェスター・イブニング・ニュース』がユナイテッド関係筋の情報として報じている。 ▽今夏の移籍市場で守備陣の補強を希望するジョゼ・モウリーニョ監督は、新たな左サイドバックとして、ユベントスのブラジル代表DFアレックス・サンドロ(27)を注視。そして、センターバックとしてアルデルヴァイレルトに目を光らせているという。 ▽伝えられるところによれば、ユナイテッドはアルデルヴァイレルト獲得資金として5500万ポンド(約81億8000万円)を準備。同選手との延長交渉が滞るトッテナムは、2500万ポンドの契約解除条項が有効になる来夏の流失を嫌い、今夏中の売却を考慮している模様だ。 ▽以前からトッテナムとの延長交渉停滞が取り沙汰されてきたアルデルヴァイレルトは今シーズン、ハムストリングの負傷で3カ月以上も欠場が続いたが、1月27日に行われたFAカップのニューポート・カウンティ戦で戦列復帰。最終的に、公式戦21試合の出場をマークした。 ▽なお、ユナイテッドが5500万ポンドでアルデルヴァイレルトの取引を成立させた場合、同額は昨夏にベンフィカからスウェーデン代表DFビクトル・リンデロフ獲得時の3090万ポンド(現在のレートで約45億9000万円)を上回り、DFに投じたクラブ史上最高額になるとのことだ。 2018.05.22 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

今日の誕生日は誰だ! 5月22日は、レジェンドオブレジェンド、サッカーの枠を超えて愛されたイギリスの英雄

◆ジョージ・ベスト 【Profile】 国籍:北アイルランド 誕生日:1946/5/22 ポジション:FW クラブ:マンチェスター・ユナイテッドなど 身長:174㎝ 体重:65kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』5月22日は、ジョージ・ベストだ。 ▽言わずと知れたサッカー界のレジェンドオブレジェンド、ジョージ・ベスト(以下ベスト)。北アイルランド代表ウインガーは、1963年から1974年まで在籍したマンチェスター・ユナイテッドでボビー・チャールトン、デニス・ローと共に、「ホーリー・トリニティ」と呼ばれ、一時代を築いた。 ▽その活躍と端正な顔立ちから、“エル・ビートル”(5人目のビートルズ)と称されるようになると、それまでサッカーに関心のなかった人々からも注目を集めるようになり、サッカー選手としての枠を超えた存在となった。 ▽ユナイテッドでキャリアを始めたベスト。プロ入り前、当時のスカウト、ボブ・ビショップはベストを見てこう言ったという。「私は天才を見つけたようだ」。15歳でトライアルに合格したものの、17歳以下の選手とプロ契約することは許されておらず、当時は週給4ポンドで雑務をこなしながら、チームの練習に励んだ。1963年、17歳の誕生日と同時にプロ契約を交わすと、1963-64シーズンのWBA戦でトップチームデビューを果たした。 ▽着々とスターダムを駆け上がったベストは1968年、22歳の時に史上最年少でバロンドールを獲得。ユナイテッドの選手としては3人目の快挙であった。1974年のユナイテッド退団後、様々なクラブを渡り歩いたベストは1984年、母国のトーバーモア・ユナイテッドを最後に現役を引退。その後はワールドカップのゲスト解説やチャンリティマッチなどにも参加し、サッカー界に貢献した。 ▽一方で、スターであるが故にメディアに取り上げられることも多く、特に飲酒や素行の悪さが目立った。二日酔いで練習を欠席することもあれば、試合中、審判への抗議で長期の出場停止や罰金を科せられることもあった。1978年には母親を亡くし、酒やギャンブルにのめり込むようになり、1982年に破産。数々の栄光とは裏腹に、問題行為で世間を騒がせることも多々あったようだ。 ▽そして、2005年11月25日、腎臓の感染症によって59歳でこの世を去る。2万人以上が見守る中取り行われた葬儀は、『BBC』によって全世界で生中継され、2300万人が視聴したと記録されている。 ▽逝去後もベストが与える影響は強く、2006年5月、北アイルランドにあるベルファルト・シティ空港がジョージ・ベスト・ベルファスト・シティ空港に改名。2006年11月には肖像画が描かれた紙幣が作られた。 ▽生前、サッカーでもゴシップでも名前を轟かせたベスト。多くの女性とのスキャンダルも伝えられたが、あるインタビュアーが「サッカーと女性、どっちが楽しかったの?」と尋ねると、ベストはこう答えたという。 「何を言っているんだ。サッカーに決まっているだろう」 ※誕生日が同じ主な著名人 アーサー・コナン・ドイル(推理作家) 大竹まこと(タレント) 嶋大輔(俳優) 亀田史郎(ボクシングトレーナー) ナオミ・キャンベル(モデル) ゴリ(お笑い芸人/ガレッジセール) 田中麗奈(女優) ノバク・ジョコビッチ(テニスプレーヤー) アルトゥーロ・ビダル(サッカー選手/バイエルン) ウラジミール・グラナト(サッカー選手/ルビン・カザン) 安柄俊(サッカー選手/ロアッソ熊本) 2018.05.22 07:00 Tue
twitterfacebook
thumb

アンドレアス・ペレイラ、自身のSNSでマンチェスター・ユナイテッド復帰を報告

▽バレンシアにレンタル移籍で加入していたラジル人MFアンドレアス・ペレイラ(22)は、レンタル元であるマンチェスター・ユナイテッドに復帰することを自身のSNSで報告した。 ▽アンドレアス・ペレイラは、PSVの下部組織からユナイテッドの下部組織に入団。2015年7月にトップチームへと昇格するも、グラナダ、バレンシアとスペインクラブへのレンタル移籍を続けている。 ▽バレンシアでは、今シーズンのリーガエスパニョーラで23試合に出場し、1ゴール4アシストを記録。コパ・デル・レイでも6試合に出場するなど、多くの経験を積んでいる。 ▽アンドレアス・ペレイラは、公式発表に先立ち自身のツイッターでユナイテッドへの復帰とバレンシアサポーターへの感謝の言葉を述べた。 「僕はクラブが立てた目標達成の手助けのためにバレンシアに加入した。そして、僕たちはその目標を達成したんだ」 「今日、僕はマンチェスター・ユナイテッドに帰るが、このクラブとサポーターは僕の心に永遠に残るだろう。みんなありがとう」 2018.05.22 01:20 Tue
twitterfacebook
thumb

不遇のダルミアン、ユベントス移籍へ

▽ユベントスが、マンチェスター・ユナイテッドのイタリア代表DFマッテオ・ダルミアン(28)の獲得に成功したようだ。カルチョメルカートがイタリア『コリエレ・デッロ・スポルト』の報道をもとに伝えている。 ▽ダルミアンは2015年にトリノから加入。1年目の2015-16シーズンはリーグ戦28試合に出場したものの、徐々にその数を減らしていき、今季はリーグ戦出場は8試合のみ。完全に戦力外とみなされていた。 ▽そんな中、右サイドバックの補強を目指すユベントスがイタリア代表DFに興味。記事によれば、両クラブ間ですでに合意済みのようで、ユベントスにとって今夏最初のDFの補強となる見込みだ。 ▽なお、移籍金はトリノからユナイテッドに加入した時と同額の1300万ユーロ(約17億円)程度になるとみられている。ダルミアンには、ミランやナポリ、ローマといったイタリアクラブが注目していたようだ。 2018.05.21 21:04 Mon
twitterfacebook
thumb

チェルシーどうする…ウィリアンの去就はコンテ次第

▽イギリス『スカイ・スポーツ』は、マンチェスター・ユナイテッドが今夏の移籍市場でブラジル代表MFウィリアン(29)に興味を示していると報じた。 ▽伝えられるところによれば、ウィリアンの去就はアントニオ・コンテ監督の進退次第。現体制が続くのなら、チェルシー退団を希望しているという。 ▽また、以前からジョゼ・モウリーニョ監督の関心が取り沙汰されるウィリアンだが、現時点でユナイテッドから正式なオファーは届いていない模様だ。 ▽なお、ウィリアンはコンテ監督の姿だけをトロフィーマークで消したFAカップ優勝時の集合写真を自身のインスタグラムにアップしたことが話題を呼んでいる。 2018.05.21 18:30 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース