超ワールドサッカー

ポグバ兄弟初共演にイブラ&ゼコがハット! 瀬戸が自身初のEL決勝Tでゴールを記録《EL》2017.02.17 07:27 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグが16日に行われた。

▽グループステージを勝ち抜いた24チームと、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位敗退となった8チームを合わせた計32チームで争われる今回のラウンド32。

▽共に優勝候補の筆頭に挙げられるイングランド勢のマンチェスター・ユナイテッドと、トッテナムの2チームは、明暗が分かれることに。ユナイテッドは、MFポール・ポグバとDFフロランタン・ポグバによる“ポグバ兄弟ダービー”となったサンテチェンヌとのホームゲームを3-0で勝利した。立ち上がりから主導権を握ったユナイテッドは、15分にボックス手前の好位置で得たFKの場面でFWイブラヒモビッチの壁の間を狙ったシュートが相手DFにディフレクトするやや幸運な形でゴールネットを揺らし、先制に成功。その後は拮抗した展開となるが、後半にイブラヒモビッチが2ゴールを重ねてユナイテッド移籍後初のハットトリック達成。ポグバ兄弟対決を制したユナイテッドが、敵地での2ndレグを前に大きなアドバンテージを手にした。

▽一方、ベルギーの強豪ヘントのホームに乗り込んだトッテナムは、相手の変幻自在のプレッシングに苦戦してペースを掴み切れずに前半を終えると、[3-5-2]のシステム変更で盛り返した後半に一瞬の隙から59分にFWペルベに先制点を許し、0-1の敗戦を喫した。

▽また、ビジャレアルvsローマと、ボルシアMGvsフィオレンティーナの4大リーグに所属する2つの実力者同士の一戦は、ローマとフィオレンティーナのイタリア勢が揃って敵地で先勝している。リーガ屈指の堅守を誇るビジャレアルのホームに乗り込んだセリエA屈指の攻撃力を誇るローマの一戦は、敵地で4-0の圧勝を見せたローマの攻撃力に軍配。前半半ば過ぎにDFエメルソン・パルミエリのミドルシュートで先制に成功したローマは、後半にエースFWゼコが大爆発し、公式戦7戦連発となる圧巻のハットトリックを達成し、ホームで行われる2ndレグを前にほぼ勝負を付けた。

▽また、ボルシアMGとのアウェイゲームで終始劣勢を強いられたフィオレンティーナだったが、前半にこの日が23歳のバースデーとなるFWベルナルデスキが自らを祝福する見事な直接FKを決めて先制に成功。このリードを粘り強い守備と相手のフィニッシュの精度に助けられ、敵地で1-0の先勝を収めた。

▽そのほかの試合では、グループステージ唯一の全勝チームのシャフタールが、セルタとのアウェイゲームで1-0の勝利を収め、決勝トーナメントに入っても全勝を継続。また、CL敗退組の強豪リヨンは、AZとのアウェイゲームをエースFWラカゼットの2ゴールの活躍などで、4-1で勝利している。

▽日本人選手が所属する2チームでは、DF内田篤人が招集外となったシャルケが、PAOKとのアウェイゲームを3-0で快勝。今冬にニュルンベルクから加入し、ELデビューを飾ったFWブルクシュタラーが、シャルケでのリーグデビューに続き、このデビュー戦でもゴールを記録している。また、クラブ史上初のEL決勝トーナメント進出を果たしたMF瀬戸貴幸が所属するアストラは、ホームでゲンクと対戦。1-1のイーブンで迎えた後半終盤に自らのボールロストから相手に勝ち越し点を献上した瀬戸だったが、試合終了間際の90分に気迫のヘディングシュートを流し込み、2-2のドローに持ち込んだ。

▽なお、ベスト16進出を懸けた2ndレグは23日に開催される。16日に行われたELラウンド32・1stレグの結果は以下のとおり。

◆ELラウンド32・1stレグ結果

FCクラスノダール 1-0 フェネルバフチェ
AZ 1-4 リヨン
アストラ 2-2 ゲンク
ボルシアMG 0-1 フィオレンティーナ
セルタ 0-1 シャフタール
ロストフ 4-0 スパルタ・プラハ
ヘント 0-1 トッテナム
オリンピアコス 0-0 オスマンルシュポル
アンデルレヒト 2-0 ゼニト
ビルバオ 3-2 アポエル
ハポエル・ベエルシェバ 1-3 ベシクタシュ
レギア・ワルシャワ 0-0 アヤックス
PAOK 0-3 シャルケ
マンチェスター・ユナイテッド 3-0 サンテチェンヌ
ビジャレアル 0-4 ローマ

コメント

関連ニュース

thumb

「中国行きは素晴らしい体験になる」エリクソンが教え子ルーニーに中国行きを勧める

6月中旬に中国2部リーグ、深センの監督を解任されたスヴェン・ゴラン・エリクソンが、中国リーグ行きがうわさされているウェイン・ルーニー、ジエゴ・コスタについてイギリスメディア『ミラー』で言及している。<br><br>エリクソンは2013年の広州富力の監督就任から上海上港、深センと中国リーグの監督を歴任。その経験を踏まえて、「ルーニーとしばらく話をしていないから、彼がどこに行こうとしているかは分からないが、彼が中国に行ったらポジティブな経験ができると思う。彼の家族はまだ若いけど、中国の大都市にはインターナショナルスクールがあるし、私も彼のサポートもできると思っている」と語り、イングランド代表監督時代に指導した教え子、ルーニーに中国行きを進言している。<br><br>「ルーニーやD・コスタのような選手にとっても、中国リーグはいい新天地となるだろう。彼らが必要としている環境がすべてそろっている」<br><br>「私が上海にいた時、ゼニトからやってきたブラジル人のフッキがいた。彼も中国での生活に何ら問題がないみたいだったね。ただ、彼の場合は中国ですぐ負傷して離脱したことが問題だった。それでも中国での生活にフッキが不平不満を口にすることはなかったよ」<br><br>また、エリクソンはルーニーやD・コスタに中国行きを勧めながらも「中国はこれまで水泳、体操、バドミントンなどのスポーツに力を入れていた。しかし、現在ではビッグクラブの中国スクールを開設し、優れたサッカーチームもある。今後15年間で中国は強豪国になるだろう。ルーニーが中国に行ったら、その進化のスピードはさらに加速するだろうね」と語り、中国サッカー界の今後の躍進を予言している。<br><br> <br>提供:goal.com 2017.06.25 17:58 Sun
twitterfacebook
thumb

アーセナル、57億円でマルシャル獲得へ?

▽アーセナルが、マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表FWアントニー・マルシャル(21)の獲得に動く可能性があるようだ。イギリス『デイリー・メール』が報じた。 ▽アーセナルは今夏、モナコに所属するフランス代表FWキリアン・ムバッペ(18)を補強ターゲットにしていると報じられてきた。しかし、ムバッペの獲得に向けては1億ユーロ(約124億5000万円)を超えるといわれる移籍金に加え、選手自身がレアル・マドリー移籍を希望しているとの報道もある。 ▽そこで、アーセナルはマルシャルに狙いを切り替える用意があるようだ。2015年夏にモナコからユナイテッド入りしたマルシャルは、ルイス・ファン・ハール政権下の初年度こそインパクトを残したが、ジョゼ・モウリーニョ監督が就任した2016-17シーズンはパフォーマンスを落とした。 ▽伝えられるところによれば、ユナイテッドで苦しむマルシャルに対して、アーセナルは4000万ポンド(約56億6000万円)のオファーを提示する準備があるようだ。アーセナルのアーセン・ヴェンゲル監督は、個人的な関係が良好ではないジョゼ・モウリーニョ監督に放出を認めてもらいないことを危惧しており、ユナイテッドのフロント陣がポルトガル人指揮官をうまく説得することを期待しているようだ。 2017.06.25 10:49 Sun
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ケイン獲得へ世界記録141億円オファーか

▽マンチェスター・ユナイテッドのジョゼ・モウリーニョ監督が、トッテナムに所属するイングランド代表FWハリー・ケイン(23)の獲得を望んでいるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽ユナイテッドは今夏、レアル・マドリーからの退団が噂されるFWクリスティアーノ・ロナウドとの関連が伝えられている。同選手を獲得するためには、少なくとも1億ポンド(約141億円)以上の移籍金が必要とみられているが、モウリーニョ監督は巨額を投資するならば、C・ロナウドよりもケインの獲得を望んでいるという。 ▽モウリーニョ監督は、ケインを非常に高く評価しているとのことで、1億ポンドクラスのオファーで、トッテナムのダニエル・レヴィ会長に放出を考えさせたい思惑があるようだ。ケインは現在23歳だが、プレミアリーグで3シーズン連続20ゴール超えと得点を量産。2016-17シーズンはリーグ戦29ゴールをマークして得点王に輝いており、すでに世界屈指のストライカーであると世界的に認知されている。 ▽なお、ユナイテッドはケインと同時に、これまで関心が伝えられてきたレアル・マドリーのFWアルバロ・モラタの引き入れも引き続き狙っている模様。モウリーニョ監督は来シーズン、ケインとモラタを前線で組ませることを希望しているとのことだ。 2017.06.25 09:51 Sun
twitterfacebook
thumb

レアル・マドリー&ユナイテッドがモラタの移籍交渉を開始、来週にも合意か

レアル・マドリーとマンチェスター・ユナイテッドが、FWアルバロ・モラタの移籍交渉をスタートさせたようだ。スペイン『マルカ』が報じている。<br><br>FWカリム・ベンゼマの存在によって出場機会が限られ、今夏でのレアル・マドリー退団を決断したモラタだが、マンチェスター・ユナイテッド移籍が間近に迫っている様子だ。『マルカ』によれば、レアル・マドリーとユナイテッドはすでに交渉を開始しており、来週中にも合意に達する可能性があるという。<br><br>交渉の焦点は、もちろん移籍金となる。レアル・マドリーはモラタの移籍金を8000万ユーロ(約99億6000万円)と見積もっており、それ以下の額で売る考えは一切ない模様。ジョゼ・モウリーニョ監督がモラタの獲得を優先していることも考慮して、強気の姿勢を貫くようだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.06.24 21:17 Sat
twitterfacebook
thumb

ファーディナンド氏、モウリーニョ2年目に期待「残念なシーズンだったが…」

マンチェスター・ユナイテッドのOBであるリオ・ファーディナンド氏は、ここ数シーズンが不本意なものであったことを認めている。『OMNISPORT』が伝えた。<br><br>マンチェスター・Uの2016-17シーズンはプレミアリーグ6位、ヨーロッパリーグ優勝という結果で終えた。ファーディナンド氏はジョゼ・モウリーニョ監督に求められたのは成功であることを改めて強調し、残念なシーズンとなったことを語る。<br><br>「残念なシーズンと言うしかない。しかし、間違いなくチームの戦い方には改善が見られたと思うし、オールド・トラフォードに行くという考えは過去数年よりは悪くない」<br><br>さらに、「この数年はユナイテッドを見ていても楽しくなかった。今シーズンはましだったからこれが続くことを願うばかりだ。成績が上向くことを期待したいね。我々が望むのは次のシーズンで順位をもっと上げることだ」と、来季への期待を話した。<br><br>提供:goal.com 2017.06.24 21:00 Sat
twitterfacebook


コンフェデ杯
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース