ポグバ兄弟初共演にイブラ&ゼコがハット! 瀬戸が自身初のEL決勝Tでゴールを記録《EL》2017.02.17 07:27 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグが16日に行われた。

▽グループステージを勝ち抜いた24チームと、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位敗退となった8チームを合わせた計32チームで争われる今回のラウンド32。

▽共に優勝候補の筆頭に挙げられるイングランド勢のマンチェスター・ユナイテッドと、トッテナムの2チームは、明暗が分かれることに。ユナイテッドは、MFポール・ポグバとDFフロランタン・ポグバによる“ポグバ兄弟ダービー”となったサンテチェンヌとのホームゲームを3-0で勝利した。立ち上がりから主導権を握ったユナイテッドは、15分にボックス手前の好位置で得たFKの場面でFWイブラヒモビッチの壁の間を狙ったシュートが相手DFにディフレクトするやや幸運な形でゴールネットを揺らし、先制に成功。その後は拮抗した展開となるが、後半にイブラヒモビッチが2ゴールを重ねてユナイテッド移籍後初のハットトリック達成。ポグバ兄弟対決を制したユナイテッドが、敵地での2ndレグを前に大きなアドバンテージを手にした。

▽一方、ベルギーの強豪ヘントのホームに乗り込んだトッテナムは、相手の変幻自在のプレッシングに苦戦してペースを掴み切れずに前半を終えると、[3-5-2]のシステム変更で盛り返した後半に一瞬の隙から59分にFWペルベに先制点を許し、0-1の敗戦を喫した。

▽また、ビジャレアルvsローマと、ボルシアMGvsフィオレンティーナの4大リーグに所属する2つの実力者同士の一戦は、ローマとフィオレンティーナのイタリア勢が揃って敵地で先勝している。リーガ屈指の堅守を誇るビジャレアルのホームに乗り込んだセリエA屈指の攻撃力を誇るローマの一戦は、敵地で4-0の圧勝を見せたローマの攻撃力に軍配。前半半ば過ぎにDFエメルソン・パルミエリのミドルシュートで先制に成功したローマは、後半にエースFWゼコが大爆発し、公式戦7戦連発となる圧巻のハットトリックを達成し、ホームで行われる2ndレグを前にほぼ勝負を付けた。

▽また、ボルシアMGとのアウェイゲームで終始劣勢を強いられたフィオレンティーナだったが、前半にこの日が23歳のバースデーとなるFWベルナルデスキが自らを祝福する見事な直接FKを決めて先制に成功。このリードを粘り強い守備と相手のフィニッシュの精度に助けられ、敵地で1-0の先勝を収めた。

▽そのほかの試合では、グループステージ唯一の全勝チームのシャフタールが、セルタとのアウェイゲームで1-0の勝利を収め、決勝トーナメントに入っても全勝を継続。また、CL敗退組の強豪リヨンは、AZとのアウェイゲームをエースFWラカゼットの2ゴールの活躍などで、4-1で勝利している。

▽日本人選手が所属する2チームでは、DF内田篤人が招集外となったシャルケが、PAOKとのアウェイゲームを3-0で快勝。今冬にニュルンベルクから加入し、ELデビューを飾ったFWブルクシュタラーが、シャルケでのリーグデビューに続き、このデビュー戦でもゴールを記録している。また、クラブ史上初のEL決勝トーナメント進出を果たしたMF瀬戸貴幸が所属するアストラは、ホームでゲンクと対戦。1-1のイーブンで迎えた後半終盤に自らのボールロストから相手に勝ち越し点を献上した瀬戸だったが、試合終了間際の90分に気迫のヘディングシュートを流し込み、2-2のドローに持ち込んだ。

▽なお、ベスト16進出を懸けた2ndレグは23日に開催される。16日に行われたELラウンド32・1stレグの結果は以下のとおり。

◆ELラウンド32・1stレグ結果

FCクラスノダール 1-0 フェネルバフチェ
AZ 1-4 リヨン
アストラ 2-2 ゲンク
ボルシアMG 0-1 フィオレンティーナ
セルタ 0-1 シャフタール
ロストフ 4-0 スパルタ・プラハ
ヘント 0-1 トッテナム
オリンピアコス 0-0 オスマンルシュポル
アンデルレヒト 2-0 ゼニト
ビルバオ 3-2 アポエル
ハポエル・ベエルシェバ 1-3 ベシクタシュ
レギア・ワルシャワ 0-0 アヤックス
PAOK 0-3 シャルケ
マンチェスター・ユナイテッド 3-0 サンテチェンヌ
ビジャレアル 0-4 ローマ

コメント

関連ニュース

thumb

「スコールズがポグバを蹴っていた」ユナイテッドOBが語る“世界最高額の男”の原点とは

現役時代にマンチェスター・ユナイテッドで活躍したネマニャ・ヴィディッチ氏は、ポール・スコールズ氏がポール・ポグバを練習場で蹴っていたと『ESPN』で語っている。<br><br>10代のポグバは、当時アレックス・ファーガソン氏率いるレッド・デビルズのトップチームに昇格した。同選手の能力に疑いの余地はなかったが、若手選手にとってトップチームの環境に適応することは簡単ではなく、それがユヴェントス移籍のきっかけになったようだ。プレミアリーグを5度制し、チャンピオンズリーグの優勝も経験したヴィディッチ氏は、これが&ldquo;世界最高額の男&rdquo;の原点だったと感じているようだ。<br><br>ヴィディッチ氏は「ポールはまだ17歳だったが、体はすでに出来上がっていた」とポグバがトップチームに加わった当時を振り返り、以下のように続けた。<br><br>「私がユナイテッドに加入した時のように、ポール・スコールズは彼を蹴り、テストしていた。スコールズは&ldquo;ボールを蹴り合う友達ではない&rdquo;と教えたかったと思う。まるで喧嘩をしているようだった。毎日試合のようなトレーニングを積んでいたから、試合だからと言ってスイッチを切り替える必要はなかった。常に戦うための準備はできていた」<br><br>「あの時のユナイテッドには闘争心を持った選手たちがたくさんいた。だからいつでも試合を戦う準備は十分にできていた。ヨーロッパでの試合でも、相手がチェルシーやアーセナル、リヴァプールであっても恐れる必要はなかった」<br><br>さらに元セルビア代表DFはクリスティアーノ・ロナウドについても述べている。<br><br>「クリスティアーノを相手に毎日練習していたが、彼は毎週成長していた。彼は努力を続け、練習が終わった後も両足のスキルを上げる練習をしていた。彼は生まれながらに能力に恵まれていたと言う人もいるが、彼はとても努力して今の地位まで上り詰めた。ユナイテッドに来た時の彼は華奢だったが、ほとんどケガをすることもなく全力で練習していた」<br><br>提供:goal.com 2017.04.28 12:20 Fri
twitterfacebook
thumb

シティ相手のドローに満足するキャリック、「勝ち点を獲得したことが重要」と前向き

マンチェスター・ユナイテッドのMFマイケル・キャリックは、引き分けに終わったマンチェスター・ダービーの後、勝ち点1を獲得したことが重要だとイギリス『スカイ・ スポーツ』のインタビューで語っている。<br><br>27日にエティハド・スタジアムで行われたマンチェスター・シティとの一戦に、マンチェスター・Uは守備的な布陣で臨み、84分にマルアン・フェライーニが退場したものの、0-0の引き分けに持ち込み、貴重な勝ち点1を獲得した。大部分の時間帯で守備に回ることを余儀なくされたユナイテッドだが、これで4位シティとの勝ち点差1をキープし、目標のトップ4に向け前進している。<br><br>この日欠場したポグバの代わりに中盤で出場したキャリックは「僕たちは1ポイントを獲得した」と引き分けをポジティブに捉え、以下のように続けている。<br><br>「もちろん勝利するためにここに来た。それにシティに勝てればトップ4に浮上できると思っていた。僕たちは多くの時間帯で守備に追われ、終盤は慌ただしくなってしまったが、全体的に見ればよくやったと思う。10人になってからはとても難しい試合になった。ほとんど時間が残っていないこともわかっていたが、信じられないぐらいの長さに感じた。ドローという結果に終わったが、1ポイントを持ち帰ることに成功した」<br><br>提供:goal.com 2017.04.28 11:15 Fri
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・ダービーで復帰のG・ジェズス、“幻のゴール”は「自信に」

▽マンチェスター・シティに所属するブラジル代表FWガブリエウ・ジェズスが、負傷明け後の復帰戦となった27日に行われたプレミアリーグ第26節延期分のマンチェスター・ユナイテッド戦を振り返った。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽G・ジェズスは、2月13日に行われたプレミアリーグ第25節のボーンマス戦で足を骨折。今冬の加入以来、ゴールを積み重ねたことで、早々にサポーターの心を鷲掴んだものの、今シーズン中の復帰絶望的との見方が強まっていた。 ▽しかし、事前の見立てよりも早く戦列に復帰したG・ジェズスは、ユナイテッド戦でベンチ入りすると、86分からプレー。幻のゴールに終わったものの、後半アディショナルタイム1分にFWセルヒオ・アグエロのクロスに頭で合わせ、ゴールネットを揺らすなど上々のパフォーマンスを披露した。 ▽G・ジェズスは、マンチェスター・ダービー後のインタビューで復帰戦を回想。自身のプレーぶりに手応えを掴んだ様子を見せ、30日に行われる次節のミドルズブラ戦に向けて「(準備)できている。とても良い気分だし、体調も良い」と出場に意欲を示した。 「良かったよ。勝利できなかったことは残念だったけど、またプレーできて嬉しいよ。10分ほどのプレーだったけど、フィジカル的な問題もない。フィットできていたと思う。トレーニングに励んで、様子を見ていきたい」 「ゴールがオフサイドで取り消されてがっかりしたよ。でも、またプレーできたし、得点感覚を確かめられて嬉しい。自信になった。次の試合でも、これを続けていきたいね。フットボールをすることが一番好きなんだからね」 2017.04.28 10:35 Fri
twitterfacebook
thumb

内容で圧倒したペップ、ユナイテッドとドローも「悔いない」

▽マンチェスター・シティを率いるジョゼップ・グアルディオラ監督が27日に行われたプレミアリーグ第26節のマンチェスター・ユナイテッド戦後、ドローという結果に「悔いはない」と話した。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えている。 ▽マンチェスター勢によるチャンピオンズリーグ(CL)出場圏内を懸けた試合は、序盤からシティが内容面でユナイテッドを圧倒。しかし、相手に退場者が出た上、総シュート本数を記録しながら無得点に終わり、シティにとって悔やまれる結果に終わった。試合後会見に出席したグアルディオラ監督は、ユナイテッド戦を次のように振り返っている。 「試合をコントロールすることができていたし、勝つに値するだけのチャンスも十分に作り出せていた。彼らは2つぐらいだったのに対してね。ユナイテッドの対戦は簡単なものじゃない。24戦無敗中なのだから。我々は勝利のために全てを出し尽くしたし、起きてしまったことに後悔はないよ」 ▽勝ち点1を上積みしたシティは、65ポイントでCL出場圏内(プレーオフからの参戦)の4位をキープ。1試合消化数の多いリバプールを1ポイント差とし、30日に行われる次節にミドルズブラとのアウェイゲームに臨む。 2017.04.28 10:00 Fri
twitterfacebook
thumb

マンチェスター・ダービーに途中出場のフォス=メンサーまでもが負傷

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するU-21オランダ代表DFティモシー・フォス=メンサーが、新たに負傷者リスト入りした。クラブ公式サイトが伝えている。 ▽フォス=メンサーは、27日に行われたプレミアリーグ第26節のマンチェスター・シティ戦に86分から出場。相手よりも1人少ない数的不利の状況下で、守備固め要員として中盤でプレーし、チームとして最低限の勝ち点1獲得に貢献した。 ▽しかし、クラブによれば、フォス=メンサーは負傷。ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督が試合後、「試合終盤のタックルでケガをした。チームにとっては痛手だ」とフォス=メンサーのケガを明らかにしたという。 ▽ユナイテッドでは現在、DFフィル・ジョーンズ、DFクリス・スモーリング、DFマルコス・ロホ、 MFフアン・マタ、MFポール・ポグバ、FWズラタン・イブラヒモビッチが負傷離脱中。シーズンが終盤に差し掛かった中、苦しい台所事情に見舞われている。 2017.04.28 09:45 Fri
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース