ポグバ兄弟初共演にイブラ&ゼコがハット! 瀬戸が自身初のEL決勝Tでゴールを記録《EL》2017.02.17 07:27 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヨーロッパリーグ(EL)・ラウンド32の1stレグが16日に行われた。

▽グループステージを勝ち抜いた24チームと、チャンピオンズリーグ(CL)グループステージ3位敗退となった8チームを合わせた計32チームで争われる今回のラウンド32。

▽共に優勝候補の筆頭に挙げられるイングランド勢のマンチェスター・ユナイテッドと、トッテナムの2チームは、明暗が分かれることに。ユナイテッドは、MFポール・ポグバとDFフロランタン・ポグバによる“ポグバ兄弟ダービー”となったサンテチェンヌとのホームゲームを3-0で勝利した。立ち上がりから主導権を握ったユナイテッドは、15分にボックス手前の好位置で得たFKの場面でFWイブラヒモビッチの壁の間を狙ったシュートが相手DFにディフレクトするやや幸運な形でゴールネットを揺らし、先制に成功。その後は拮抗した展開となるが、後半にイブラヒモビッチが2ゴールを重ねてユナイテッド移籍後初のハットトリック達成。ポグバ兄弟対決を制したユナイテッドが、敵地での2ndレグを前に大きなアドバンテージを手にした。

▽一方、ベルギーの強豪ヘントのホームに乗り込んだトッテナムは、相手の変幻自在のプレッシングに苦戦してペースを掴み切れずに前半を終えると、[3-5-2]のシステム変更で盛り返した後半に一瞬の隙から59分にFWペルベに先制点を許し、0-1の敗戦を喫した。

▽また、ビジャレアルvsローマと、ボルシアMGvsフィオレンティーナの4大リーグに所属する2つの実力者同士の一戦は、ローマとフィオレンティーナのイタリア勢が揃って敵地で先勝している。リーガ屈指の堅守を誇るビジャレアルのホームに乗り込んだセリエA屈指の攻撃力を誇るローマの一戦は、敵地で4-0の圧勝を見せたローマの攻撃力に軍配。前半半ば過ぎにDFエメルソン・パルミエリのミドルシュートで先制に成功したローマは、後半にエースFWゼコが大爆発し、公式戦7戦連発となる圧巻のハットトリックを達成し、ホームで行われる2ndレグを前にほぼ勝負を付けた。

▽また、ボルシアMGとのアウェイゲームで終始劣勢を強いられたフィオレンティーナだったが、前半にこの日が23歳のバースデーとなるFWベルナルデスキが自らを祝福する見事な直接FKを決めて先制に成功。このリードを粘り強い守備と相手のフィニッシュの精度に助けられ、敵地で1-0の先勝を収めた。

▽そのほかの試合では、グループステージ唯一の全勝チームのシャフタールが、セルタとのアウェイゲームで1-0の勝利を収め、決勝トーナメントに入っても全勝を継続。また、CL敗退組の強豪リヨンは、AZとのアウェイゲームをエースFWラカゼットの2ゴールの活躍などで、4-1で勝利している。

▽日本人選手が所属する2チームでは、DF内田篤人が招集外となったシャルケが、PAOKとのアウェイゲームを3-0で快勝。今冬にニュルンベルクから加入し、ELデビューを飾ったFWブルクシュタラーが、シャルケでのリーグデビューに続き、このデビュー戦でもゴールを記録している。また、クラブ史上初のEL決勝トーナメント進出を果たしたMF瀬戸貴幸が所属するアストラは、ホームでゲンクと対戦。1-1のイーブンで迎えた後半終盤に自らのボールロストから相手に勝ち越し点を献上した瀬戸だったが、試合終了間際の90分に気迫のヘディングシュートを流し込み、2-2のドローに持ち込んだ。

▽なお、ベスト16進出を懸けた2ndレグは23日に開催される。16日に行われたELラウンド32・1stレグの結果は以下のとおり。

◆ELラウンド32・1stレグ結果

FCクラスノダール 1-0 フェネルバフチェ
AZ 1-4 リヨン
アストラ 2-2 ゲンク
ボルシアMG 0-1 フィオレンティーナ
セルタ 0-1 シャフタール
ロストフ 4-0 スパルタ・プラハ
ヘント 0-1 トッテナム
オリンピアコス 0-0 オスマンルシュポル
アンデルレヒト 2-0 ゼニト
ビルバオ 3-2 アポエル
ハポエル・ベエルシェバ 1-3 ベシクタシュ
レギア・ワルシャワ 0-0 アヤックス
PAOK 0-3 シャルケ
マンチェスター・ユナイテッド 3-0 サンテチェンヌ
ビジャレアル 0-4 ローマ

コメント

関連ニュース

thumb

青いルーニーに未だ宿るレッド・デビルズの魂「赤いマンチェスターも喜んでくれる」

▽エバートンのイングランド代表FWウェイン・ルーニーが“元宿敵”を挑発した。 ▽マンチェスター・ユナイテッドのレジェンドであるルーニーは今夏、古巣のエバートンに復帰。プレシーズン中から好調を維持すると、開幕節のストーク・シティ戦で決勝弾を記録し、さらには21日に行われた第2節のマンチェスター・シティ戦でもゴールを奪った。 ▽敵地での1-1の引き分けに貢献したルーニーは試合後、自身のツイッターを更新。「勝てなかったのは残念だが、いい勝ち点を獲得できた。プレミアリーグ200ゴールに到達できたことも嬉しい」と自身のプレミア200ゴール達成を喜んだのち、ゴールを祝福するシーンでシティファンからヤジを飛ばされている画像とともに以下のコメントを投稿した。 「お馴染みの表情を見るのは、いつだって愉快だね」 ▽このツイートは、約3時間で12万以上の「いいね」を記録。心のクラブに復帰したルーニーだが、今もレッド・デビルズの魂は失っていないようで、イギリス『BBC』によれば、「赤い他のマンチェスターも楽しめたと確信している」と語ったとのことで、ユナイテッドに貢献できたことを喜んでいた。 2017.08.22 10:09 Tue
twitterfacebook
thumb

「どっちの脚でしょう?」 ユナイテッド、今週中にもイブラと再契約へ

▽マンチェスター・ユナイテッドが今週中にも元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチ(35)と再契約を交わすようだ。大手メディア『ESPN』が報じた。 ▽昨夏にユナイテッド入りしたイブラヒモビッチは昨シーズン、公式戦46試合の出場で28得点10アシストを記録するなど健在ぶりを発揮。しかし、今年4月に全治8カ月とみられる右ヒザ十字じん帯損傷を負ったこともあり、ユナイテッドは契約延長オプションの行使を見送った。 ▽それでも、ユナイテッドと良好な関係を続けているイブラヒモビッチは、同クラブにとどまってリハビリ中。かねてから再契約の可能性が伝えられてきたが、『ESPN』によれば、今週中にもユナイテッドとの新契約を締結するとのことだ。 ▽なお当初、復帰は年末か年明けとみられてきたイブラヒモビッチだが、20日には自身のツイッター上で「どっちの脚でしょう?」というコメントとともに、じん帯損傷を負った右足での強烈なキックでサンドバックを蹴る動画を投稿し、順調な回復ぶりをアピールしている。 2017.08.21 13:19 Mon
twitterfacebook
thumb

ユナイテッド、ドラクスラー獲得レースに参戦か

▽マンチェスター・ユナイテッドがパリ・サンジェルマン(PSG)に所属するドイツ代表MFユリアン・ドラクスラー(23)に関心を示していると、イギリス『デイリー・ミラー』が報じた。 ▽ドラクスラーに関しては、PSGでの立ち位置が不透明な状況になりつつある。PSGは今夏、バルセロナからFWネイマールを獲得。さらに、モナコのFWキリアン・ムバッペ獲得に動いているとされており、実現すれば出場機会の確保がより難しくなるとの見方が強まっている。これまでの報道によれば、そのドラクスラーを巡ってはリバプール、アーセナルが興味。だが、ここにユナイテッドも加わる可能性があるという。 ▽ユナイテッドを率いるジョゼ・モウリーニョ監督は今夏、DFビクトル・リンデロフ、MFネマニャ・マティッチ、FWロメル・ルカクを獲得。しかし、少なくともあと1名の獲得を見込んでいるとみられる。その1名には、インテルのMFイバン・ペリシッチがかねてより噂されてきた。だが、獲得交渉は停滞。そのため、アーセナルも関心を寄せるモナコのMFトマ・ルマールと共に、ドラクスラーの動向にも注視しているようだ。 2017.08.20 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

チームの完成度を誇るポグバ「自信は昨季以上」

▽マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバが今シーズンのチームに確信を深めた。 ▽ユナイテッドは、19日に行われたプレミアリーグ第2節のスウォンジー戦を4-0と快勝。2戦連続4得点&クリーンシートで開幕連勝を飾り、2012-13シーズン以来のプレミア制覇へ最高のスタートを切っている。 ▽2戦連続先発のポグバは、開幕戦のウェストハム戦に続き今回のスウォンジー戦でもゴールをマーク。クラブ公式サイトがフランス人MFのコメントを次のように伝えた。 「(昨シーズンより)自信がある。もう2年目だからね」 「1年目は新しい監督が来て、チームも移行期にあった。だから、簡単じゃなかったけど、トロフィーを獲得することができた」 「今シーズンはより自信があるよ。みんなの理解も深まっているからね。互いを助け合い、各々が楽に仕事できるようになってきた」 2017.08.20 10:30 Sun
twitterfacebook
thumb

ルカク、ポグバ、マルシャルの2戦連発弾などでユナイテッドが開幕2連勝《プレミアリーグ》

▽マンチェスター・ユナイテッドは19日、プレミアリーグ第2節でスウォンジーとのアウェイ戦に臨み、4-0で圧勝した。 ▽ルカクの2発などでウェストハムに4-0と大勝して好スタートを切ったユナイテッドは、ウェストハム戦と同様のスタメン、システムで臨んだ。 ▽初戦のサウサンプトン戦をゴールレスドローで乗り切ったスウォンジーに対し、開始3分にピンチを迎える。ボックス左に抜け出したJ・アイェウの意表を突いたトゥキックシュートがバーを掠めた。 ▽ひやりとした入りとなったユナイテッドだったがポゼッションを高めていくと、9分に決定機。右サイドからのマタのFKをフィル・ジョーンズがヘッド。しかし、バーを叩いた。 ▽その後も5バックを敷くスウォンジーをユナイテッドが押し込む展開で推移。ただ、相手の守備網を攻略できず、こう着状態が続く。そんな中、36分に決定機。ロングボールの処理を誤った相手DFのミスを突いてラッシュフォードが独走。ボックス中央に侵入してチップキックシュートを放ったが、GKにキャッチされた。 ▽それでも45分、マタの左CKからポグバの合わせたヘディングシュートはGKファビアンスキのファインセーブに阻まれるも、ルーズボールをバイリーが押し込んでユナイテッドが先制した。 ▽バイリーの移籍後初ゴールで先手を取ったユナイテッドは、迎えた後半もボールを保持。敵陣で試合を進めるも、61分にピンチ。左クロスからエイブラハムに際どいヘディングシュートを許した。 ▽その後、ややスウォンジーに押し込まれる展開を強いられたユナイテッドは、75分に2枚代えを敢行する。ラッシュフォードとマタに代えてマルシャルとフェライーニを投入した。 ▽すると80分、中央突破を図って最後はムヒタリャンのラストパスをボックス左で受けたルカクが確実に決めて追加点を奪った。 ▽続く82分にムヒタリャンのスルーパスに抜け出したポグバがボックス右からチップキックシュートを流し込んで3点目を挙げたユナイテッドは、84分にはロングカウンターからポグバのラストパスを受けたマルシャルが決めて4-0。 ▽終わってみれば2戦連続4ゴールの圧勝としたユナイテッドが開幕2連勝スタートとしている。 2017.08.19 22:28 Sat
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース