【倉井史也のJリーグ】すでに悲劇が見えてるチームがあるってみんな言ってるよ?! の巻2017.02.16 22:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽はい! 行ってきました! Jリーグキックオフカンファレンス。例年よりも狭い会場で、すっごい混んでました。狭いモンだからJ3のクラブがロビーに追い出されちゃって、ちょっと寂しそう。そんなとこに元日本代表の監督や選手がいるんですから、なんか申し訳ないッスって、Jリーグ関係者でもないのに思っちゃいましたよ。それでも、去年と違って今年はちゃんと監督も目玉選手も来てるし、DAZNのお披露目的もよかったんじゃないスカね。

▽で、いよいよ今週末のゼロックススーパーカップからJリーグがスタートするわけです。いろいろ練習取材に行ってみると、クラブ関係者たちから異口同音に聞こえてきた話が。

▽あるクラブが同情を集めてるんですよ、すでに。それは胸スポンサーが「ちょっと大丈夫?」的なあのクラブでもなければ、アガサ・クリスティもビックリの誰もいなくなりそうなそのクラブでもなく――浦和なのでした。

▽浦和にとってみると、今年の最初の公式戦は18日、日産スタジアムでもスーパーカップ。その後すぐオーストラリアに飛んでシドニー・ワンダラーズとのACLが21日。日本に戻ってきたら、次は25日にまたも日産スタジアムで横浜FM戦。やっとホームで試合ができるのは28日だけど、ACLで相手は強いFCソウル。3月4日にやっとJリーグのホーム開幕がC大阪を迎えて行えるわけです。

▽一方の鹿島はどうか。18日の日産スタジアム、スーパーカップは同じでも、21日の蔚山現代戦、25日のFC東京戦はホームゲーム。28日はタイでムアントン・ユナイテッド戦と、うーん、こういう部分も鹿島、持ってるじゃん、みたいな。

▽だいたいね、鹿島は出足が悪くて尻上がりに調子を上げてくチーム。浦和は最後が一番ヤバイチーム。その浦和にスタートダッシュさせないような日程じゃないですか。去年、年間勝点を最も稼いでいながら王者になれず、今年こそって思ってるチームにこの仕打ち。もしかして昔、横断幕たくさん出した恨みか!! と言いたくなるスケジュールなんですけど。

▽でも、この2チームが最初っから大変な状態なのは間違いなくて、ってことはスタートダッシュで勝ち点をがばがば稼いで途中でアクセル吹かしそうなあのチームが、今年いいんじゃないですか? そのチームとは――あ、もう字数が足りない! この続きはまた来週! 憶えてたら!!

【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。

コメント

関連ニュース

thumb

【倉井史也のJリーグ】今週は特にアピールしてほしい選手を見に行くかな!? の巻

▽行ってきたんですよ、永井秀樹引退試合。これがすごいメンバーが集まって。緑のチームなんて、最後のほうは武田修宏、三浦知良、前園真聖、ラモス瑠偉、北澤豪って、あれ? 全員代表じゃん、みたいな。そんな豪華なチームがあったんですね。あ、「超ワールドサッカー」はどなたかの趣味なのか(笑)、この試合についての詳細や、いろんな人たちのコメントがバッチリ載ってます。 ▽で、そんなメンバー見ながら思ったんですよ。当時の読売クラブっつーかヴェルディ川崎って、DFのペレイラ効いてたよなぁって。1994年のJリーグMVPですからね。ペレイラがいなかったら、ヴェルディ厳しかっただろうなって。いや、どうしてそんなこと考えたかというと、8月31日の日本vsオーストラリアが頭にあるわけです。 ▽勝てばワールドカップ出場が決まるって大事な試合なのに、メンバーに無茶不安ありません? 特にDF。だって森重真人がケガでしょ? 槙野智章って、19日リーグFC東京戦、23日ACL川崎戦、27日リーグ清水戦って、フル活動なんですよ。 ▽昌子源がいるから大丈夫! とも言えないのが今の代表で。だってケガ人どんどん出ますよね。イラク戦だって、井手口陽介の途中交代って予想外だったろうし。となると、CBは必ずもう1人見つけとかなきゃいけない。 ▽なら、私の推薦は植田直通なワケです。だって植田は強い! フィジカルコンタクトには自信を持ってるし、186センチと高さもあるし、精神的にもタフ。右足の正確なロングパスを持ってるから、速効にも便利だし。 ▽ところが鹿島って13日の試合で川崎に1-3とコテンパン。ま、業界用語でいう「チンチン」ってやつですな。となると、今週末の清水戦でどこまってやってくれるかってのは、代表戦に直結していくわけですよ。 ▽そういえば、3月18日のアウェイ清水戦では1ゴールを挙げて3-2の勝利に貢献してるし。もしも吉田麻也が負傷しても、昌子源と組めばお互いに不安は無いだろうし。 ▽ただね、今週いろんな国内の選手がアピールするでしょうけど、来週24日の日本代表発表で心配なことがあるんですよ。それは代表監督が、またも「サプライズ!」って仕掛けてこないかってこと。「我々はこの選手を長い間追跡して、実際にスタッフも見てきました」って。 ▽今回、そんな余裕ないですからね。そこのとこ、しっかり理解して選んでくれないと。で、ちゃんと使いそうな選手選びましょうね。えっと、これまで散々招集している植田って何試合出場してましたっけ?<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2017.08.17 17:29 Thu
twitterfacebook
thumb

【倉井史也のJリーグ】せっかく9日の試合を見てから書いてるんだから渋いチョイスをするぜ!? の巻

▽この原稿を読んでいらっしゃるみなさまは、「お盆休みか~。暑いけどちょっとだけノンビリしちゃおうかな。クーラーの効いたところでダラダラするか、人混みはあるけど楽しいところに行っちゃおうかな~」とか言ってる人もいるでしょう。私だって人の子。たまには休んだり、ノンビリしたいものです。特にこんな暑くてクーラーのない部屋で原稿書かなきゃいけないなんて苦行じゃん! 的なときは!! いいか! Jリーグ! ▽ホントなら、この原稿を早めに出してちょっくら休みにしようかな、連休避けたらまだ大丈夫かな? みたいなのも思ってたんですよ。ところが9日にもJリーグ、やってるし! どうしてもその話題に触れなきゃダメじゃないですか! ▽つーことで、9日の試合で面白かったのは、何と言っても柏vs鳥栖! どうしてこうなったというビックリゲーム。どっちもGKがいないゴールに向かって蹴り込まないという。何が起きてたんですかね、あれ。しかも柏は2人退場になっちゃうし。それで0-0ってのが、よけいに不可思議だったわけですな。 ▽それはさておき、こまっちゃったのが柏。だってせっかくもう一度上昇気流に乗ろうとしてたのに、勝点1しか積み上げられなかっただけじゃなくて、当然ながらディエゴ・オリヴェイラもキム・ポギョンも次の試合に出られないわけです。で、次の相手が清水。 ▽9日の試合の清水ってむちゃ強かった。C大阪との試合は0-2から大逆転。で、C大阪を首位から引きずり下ろしてしまったし。こ、これは柏、大ビンチ! しっかりと若手を作る基盤を作って作って、あとは外国籍選手で埋めてっていう、なかなか理想の形が出来上がってるだけに残念! ▽って、あれ? 9日の清水って、鄭大世もチアゴ・アウベスもいなくない? そんで勝ってるわけ? ってことなら、もしかしたら柏にもチャンスがあるかも! 前回の対戦は0-2で柏がホームなのに負けちゃったけどな! ちなみに、柏が日本平に乗り込んだ試合は18試合。成績は11勝1分6敗、35得点26失点とかなり相性がいいのです。ま、どっちが勝っても首位鹿島の座は揺るがないんですけど。 ▽さて、今週末の試合で全チームがC大阪と浦和の消化試合数に追いついて、やっと順位表がわかりやすくなるぞ! まさか浦和が9位転落の可能性があるなんて、思ってもみなかったけどな!<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2017.08.11 20:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【倉井史也のJリーグ】小平の夏、キンチョウの夏?! の巻

▽あー、こりゃ一線を越えちゃったなぁって、どっかの議員じゃなくて、浦和の監督人事じゃなくて、ネイマールでもなくて、FC東京の石川直宏なんですけどね。 ▽引退発表記者会見に集まった報道陣の多さを見ても、どんだけみんなから慕われてたかってのがよくわかりましたよ。どんなときも、決してふて腐れないで誰にでも対応してたし、こういう人として模範になる選手が今季限りでいなくなるってのは、ホントに寂しいもんです。 ▽だから記者からの質問のときに、カッサーノの例を出してた人もいたんですけど、石川は「そうならないように、燃え尽きたい」って語ってました。グスン。 ▽自分やチームの調子がいいときに、ちゃんと話が出来る選手は多いんです。だけど、自分がミスしたり勝てなかったときに、いきなり態度を変える選手もまた多くて。いつもは「いい人」キャラの選手が、報道陣に「フンっ」って感じで通り過ぎるのを見ると、それだけでもう、人間見ちゃいます。 ▽え? お前が「いい人」キャラじゃないからだろう? い、痛い。だからこそ、そんな「いい人」に憧れちゃうわけですよ。 ▽で、ホントにそんな「いい人」だと思ってるのが、札幌の都倉賢。プレーはヤンチャなんですけどね。だけど人としての魅力には溢れまくってるわけです。川崎、草津、神戸、札幌と渡り歩いてる苦労人だけど、まだまだ活躍できる31歳。ぜひ今後も活躍してほしい! と思って今週はなんとC大阪が相手じゃないですか。 ▽札幌とC大阪は去年、ともに昇格を争ったライバル。今年は暫定首位と残留争いに分かれてしまってるけど、3節で対戦したときは1対1の引き分け。で、そのとき都倉が同点ゴールを奪ってるわけですよ。 ▽C大阪にしても踏ん張りどころだし、せっかく浦和に勝ったんで札幌は勢いを持続させたいところだし。5日19時、金鳥スタジアムは熱いと思いますよ〜。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2017.08.04 12:31 Fri
twitterfacebook
thumb

【倉井史也のJリーグ】暑いとかいってる場合じゃないぞっていう微妙なデータ?! の巻

▽よい子のみんな~、夏休みを楽しんでいるかな~? あれ~? 声が聞こえないぞ~? 監督や選手たちはJ1リーグの再開に張り切ってるから、みんなでスタジアムに行こうね~! え? 暑くてやだ? そんなこと言わないで。この暑いときのジュースだとかビールだとかかき氷だとかってバンバン出るから、売店の大きな売り上げにつながってるんだよ~! ▽え~、そんなの関係ない? じゃあさ、みんな、逆に見終わった後に背筋が寒くなるような試合って見たいかな~? 「逆に」って何の「逆」なのかよくわかんないんだけど~。 ▽やっぱ、見始める前に身の毛もよだつような思いをして、試合を見ながらハラハラするってのが夏のゲームの楽しみ方でしょ。じゃ、ここでとっておきの怖い話をするよ~。 ▽2016年、7月最後の節が終わったときの16位は名古屋、17位湘南、18位福岡。2015年は16位松本、17位清水、18位山形。2014年は16位甲府、17位大宮、18位徳島。2013年は16位甲府、17位磐田、18位大分、2012年は16位C大阪、17位G大阪、18位札幌。2011年は16位甲府、17位山形、18位札幌、2010年は16位仙台、17位湘南、18位京都。2009年は16位千葉、17位柏、18位大分、2008年は16位横浜FM、17位札幌、18位千葉、2007年は7月いっぱいアジアカップでJリーグはお休みだったのでした。あー、調べ疲れた。 ▽ってことで総括してみると、7月終わりの時点でボトム3にいて、J1に残留することができたのは、2008年が横浜FM、千葉、2009年なし、2010年は仙台、2011年札幌、2012年はC大阪、2013年甲府、2014年甲府、2015年なし、2016年なし。つまり、この9年でボトム3にいたのべ27チームのうち7チームのみ。26パーセントしか翌年のJ1にいないわけです。 ▽え? つーか、四分の一は助かってるじゃん! 結構微妙なデータ! なんて笑っていられますかね? 実は今のJ1は13位と14位で勝点5の差があるので、このままだと下位5チームによる激烈な残留争いになりそうなのです。しかも、14位甲府は2位鹿島と、15位札幌は巻き返しを図る浦和と、16位大宮は戦力充実の神戸と、17位広島は、これまでお得意様だったのに今年は負けてしまった鳥栖と、18位新潟はどうしてこの順位にいるか不思議なFC東京と試合するという、まかり間違ったらどれもブラディーなゲームになりそうなのです。 ▽おー怖い怖い。大阪ダービーも面白そうだけど、下位チームが絡む試合もおどろおどろしいですぞ。 ▽ついでに言っておくと、この順位データは調べるの大変だったのできっとどこかで使い回すと思うけど、読者の人は再利用に気付いたら祟られるからサッと忘れてしまいましょう。ではでは。ドロドロドロ~。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2017.07.28 14:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【倉井史也のJリーグ】世界はいろんなところでひっくり返ると浪花のチームを見て思う?! の巻

▽今週気付いたことがあるんですよ。自分の好感度をすっごく上げる方法。 ▽まず最初に無茶苦茶貶すんです。「リーグ戦なんか遊びかよ!」とか「サッカーの応援しているだけのくせに、太ってんじゃねぇよ」とか「試合が終わった後のリーダーの締めのセリフがつまらないのに、なんかやった気になってるのムカつく」とか「他人が作ったスタジアムに靴で乗ってんじゃねぇよ」とか。これに「この○○ーーーー!」ってのも借りてきてくっつけると最高っぽくないですか? ▽でもって、しばらくしたら「いやぁ、実は試合見たら」とか「いやぁ会話してみたら」と前振りを付けて、「最高でした! 考え方変わりました! こっからみなさんと一緒に応援します! 末席に加えてやって下さい!」なんてしおらしく頭を下げたりなんかすると、最初のギャップでやたら腰低く見えて「お、なんだ。気持ちを入れ替えたんだったら受け入れて応援しなきゃ」ってなるんじゃないかって。 ▽で、挑発する母体が大きければ大きいほど、騙して味方にしたときにたくさんの人が支えてくれるってワケです。どーですか、この作戦。ま、サッカーだったら浦和だったり、野球だったら阪神あたりにケンカや媚びを売っておけば、効果満点な気がしません? ▽って学んだことを実戦してみようかなと。現在の首位はC大阪なんで、ここはちょっと強いチームをくさしておかないと。 ▽だいたいね、J2から上がってすぐこんな時期に首位に立つなんて生意気なんだよ! 昇格の功労者の大熊清監督はどうなった! 大熊監督に続投されていればもっとおもしろかったかもしれないじゃないか! 杉本健勇なんて、東京V時代で全盛期は終わってたと思ったら、いきなり再生しやがって! 清武弘嗣が離脱してしめしめと思ってたらなんか結束力高くなってるし! ▽はぁはぁ。これぐらいで勘弁してやらぁ。あとはどっかのタイミングで「感動した!」ってやんないと。あ、そう言えば今週末は22日19時からJ1で唯一のリーグ戦、しかもホームじゃないですか。相手は浦和だから、これはここで勝ったら手のひら返し、やりやすい! え、でも負けたときはどうしようかって? それは○○に向かって「この○○!」しかないでしょ!<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2017.07.20 07:00 Thu
twitterfacebook


PUMA ONE特集
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース