モヒカンにダメ出し…アサモア・ギャンが“非倫理的”な髪型と忠告される2017.02.15 19:26 Wed

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽上海上港からUAEのアル・アハリへとレンタル移籍しているガーナ代表FWアサモア・ギャンだが、髪型が“非倫理的”であるとみなされたようだ。イギリス『BBC』が報じた。

▽かつてはウディネーゼやスタッド・レンヌ、サンダーランドなどヨーロッパでもプレーしていたアサモア・ギャンだが、2016年8月からアル・アハリへとレンタル移籍している。

▽今回問題となったのは、アサモア・ギャンの髪型。サウジアラビアでは“モヒカン”が禁止されており、2012年にはサウジアラビア代表GKワリード・アブドゥラーが髪を切らされたこともあるという。

▽イスラム教の教えとして、モヒカンを含む“カザ”の髪型を禁止しているとのこと。頭の一部を剃りこみ、他の部分が剃られていないことが問題のようだ。

コメント

関連ニュース

thumb

故郷マデイラに銅像が立ったC・ロナウド! ただ、その顔がヤバい…

▽レアル・マドリーに所属するポルトガル代表FWクリスティアーノ・ロナウドが29日、故郷であるマデイラ島のマデイラ空港の名称が『マデイラ・クリスティアーノ・ロナウド空港』に改称されたことに伴い、記念の式典に参加した。だが、同空港に設置された同選手の銅像が思わぬ注目を集めている。イギリス『101greatgoals』など複数メディアが伝えている。 ▽サッカー界のスーパースターであるC・ロナウドの出身地は、日本の奄美大島とほぼ同じ大きさのマデイラ島。ポルトガルでも田舎とされる同島において、C・ロナウドはまさに英雄だ。過去にも自身の博物館が建設されていたが、今回は同島の唯一の空港であるマデイラ空港に自身の名前が冠されることになり、C・ロナウドにとっても感慨深い出来事となった。 ▽29日に行われた記念式典には、ヨーロッパを中心に世界各国のメディアが押し寄せ大きな話題となったが、この記念式典以上に注目を集めたのが、同空港内に設置されたC・ロナウドの銅製の胸像の顔だった。 ▽サッカー界屈指のイケメンとして知られるC・ロナウドだけに、銅像もイケメンに作られていると思いきや、口角を上げてニヤっと笑う銅像の顔は、同選手に全く似ていないばかりか、雑に作ったアニメキャラのような酷い顔だった。もちろん、各国メディアは、この微妙な銅像をイジリにイジった報道を行っていた。 ▽似ていないことはしょうがないとして、ギリシャ彫刻のような身体と評されることもあるC・ロナウドだけに、せめてギリシャ彫刻風の彫りの深い顔立ちにしてくれれば良かったのだが…。 2017.03.30 00:02 Thu
twitterfacebook
thumb

バルサがメッシへの4試合出場停止処分に対して公式声明「驚きと憤り」

▽バルセロナは29日、アルゼンチン代表FWリオネル・メッシへのFIFA(国際サッカー連盟)から4試合の出場停止処分について、公式声明を発表した。 ▽メッシは、23日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選第13節のチリ代表戦後(1-0)に、同試合を裁いた副審に対して侮辱行為を働いた可能性があると報じられていた。 ▽これを受けてFIFAは28日、メッシに対して4試合の出場停止処分と共に1万スイスフラン(約112万円)の罰金処分を科すことを発表した。 ▽今回の処分に関してバルセロナが公式声明を発表。メッシを支持し続けることを表明した。 「FCバルセロナは、ワールドカップ南米予選アルゼンチンvsチリで起きたFIFAの懲戒委員会の決定に驚きと憤りの気持ちを表明する」 「4試合の出場停止処分は不当であったとクラブは確信している」 「FCバルセロナは、ピッチの内外で他の選手の模範になっているメッシを支持し、それを改めてここに表明する」 2017.03.29 20:13 Wed
twitterfacebook
thumb

ドーピング違反のディナモ・ザグレブMFアデミの出場停止処分が2年に軽減…今年10月に復帰へ

▽ドーピング違反により4年間の出場停止処分を下されていたディナモ・ザグレブの元マケドニア代表MFアリエン・アデミ(27)だが、処分が2年間に軽減されたとのことだ。クラブが公式サイトで発表した。 ▽アデミは2015年9月16日に行われたチャンピオンズリーグのアーセナル戦にフル出場。チームの2-1での勝利に貢献したが、試合後に行われたドーピング検査で陽性反応が出ていた。この結果、UEFAから4年間の出場停止処分を下されていた。 ▽しかし、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は陽性反応に対して意図的な不正行為が見られなかったと判断。2年間の処分軽減が妥当であると判断したとのことだ。これにより、アデミは今年10月からプレーすることが可能となった。 ▽アデミは2010年7月にHNKシベニクからディナモ・ザグレブへと加入。2012年1月にNKロコモティヴァへとレンタル移籍するも、同6月にディナモ・ザグレブへと復帰しプレーを続けていた。ディナモ・ザグレブでは、公式戦164試合に出場し12得点を記録している。また、世代別のクロアチア代表に選出された経験を持ち、A代表はクロアチア代表として国際親善試合に3試合出場。しかし、2014年10月にマケドニア代表を選択し、ユーロ2016予選で4キャップを記録していた。 2017.03.28 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

中国移籍のエルナネスが飛行機トラブルに遭遇…インスタで人生への教訓を綴る

▽今冬にユベントスから中国スーパーリーグの河北華夏へと移籍したブラジル代表MFエルナネスが飛行機トラブルに見舞われていたことを自身のインスタグラム(hernanesoj)で明かした。その中で、ファンにメッセージを送っている。 ▽800万ユーロ(約9億7000万円)の移籍金と最大ボーナス200万ユーロ(約2億4000万円)で中国へと活躍の場を移したエルナネス。中国スーパーリーグではここまで2試合に出場している。 ▽そんなエルナネスだが、26日に自身のインスタグラムで空港でのセルフィーでの動画とともにメッセージを投稿。飛行機トラブルに遭っていたことを明かし、人生への教訓を綴った。 「何かを予感した。僕たちが飛行機に搭乗し、離陸のために加速し始めた瞬間、突然飛行機がブレーキをかけたんだ。パイロットからはライトが点灯したので、問題が起きたか誤作動でライトとが点いたのかを確認するとアナウンスがあった」 「整備士が点検した所、実際にはドアが故障していて、飛行機を変えなくてはいけなくなったと言われたんだ」 「人生の中でもこれは同じことだ。身体や気持ちに少しでも異変を感じたら、立ち止まろう!小さなサインがみんなの命を守ってくれる!」 2017.03.27 21:55 Mon
twitterfacebook
thumb

サンチェスが逮捕…法定オーバーの155キロ走行で運転免許没収

▽アーセナルに所属するチリ代表FWアレクシス・サンチェスが車のスピード違反で逮捕されたようだ。スペイン『マルカ』が伝えている。 ▽報道によれば、サンチェスはロシア・ワールドカップ(W杯)南米予選に臨むチリ代表合流で帰国中の25日、練習後に首都サンティアの法定速度120キロの高速道路を時速155キロで走行。運転免許を没収されたという。これにより、罰金も科された挙げ句、4月12日に裁判所出廷も命じられたとのことだ。 ▽チリは、24日に行われたロシアW杯南米予選の第13節でアルゼンチン代表に0-1で敗戦。続く28日にはベネズエラ代表戦を控えているが、契約延長交渉の難航が伝えられているアーセナルでの去就問題も含めて、いらぬ出来事に苛まれる格好となっている。 2017.03.27 14:30 Mon
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース