ヘント久保は3戦連続スタメンも3戦連発弾はならず…チームもリーグ戦5試合ぶりの黒星《ベルギー・ジュピラーリーグ》2017.02.12 10:19 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘントは11日、ベルギー・ジュピラーリーグ第26節でオイペンと対戦し0-1の敗戦を喫した。FW久保裕也は3戦連続で先発出場し、81分までプレーしている。

▽移籍後2戦連続で先発出場を果たし、2戦連続ゴールを奪っている久保はこの日もスタメンで起用された。しかしゴールが生まれないまま試合終盤を迎えると、久保は81分にベンチへと下がっている。

▽チームは後半アディショナルタイムに失点を喫し、0-1の敗戦。リーグ戦5試合ぶりの黒星を喫したヘントは5位から8位へと順位を下げている。

コメント

関連ニュース

thumb

プレミアリーグではたったの3人! 日本代表FW岡崎慎司がイブラ&ルーニーの記録に次いで3番手に!

▽レスター・シティに所属する日本代表FW岡崎慎司が、プレミアリーグで3人しか達成していない記録を樹立した。イギリス『サン』が報じた。 ▽28日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のタイ代表戦に先発出場を果たした岡崎は、1-0とリードした19分に得意のヘッドでクロスに合わせ、狭いニアサイドを打ち抜き、日本の2点目を記録。これが代表通算50得点目のメモリアルゴールとなった。 ▽代表での50得点を達成しているのはプレミアリーグで現在プレーする選手では岡崎を含めて3人。残りの2人は、マンチェスター・ユナイテッドに所属するイングランド代表FWウェイン・ルーニーと元スウェーデン代表FWズラタン・イブラヒモビッチとのことだ。 ▽イブラヒモビッチは、ユーロ2016を最後にスウェーデン代表から引退。代表通算116試合に出場し62得点を記録していた。ルーニーは今回のW杯欧州予選でイングランド代表に選ばれなかったものの、これまで53得点を記録している。 ▽なお、岡崎は過去50年の中で代表通算ゴール数で55番目とのこと。また、50得点以上を記録していた元プレミアリーガーには、オランダ代表のロビン・ファン・ペルシ(元アーセナル)、元フランス代表のティエリ・アンリ(元アーセナル)、元カメルーン代表のサミュエル・エトー(元チェルシー)、元コートジボワール代表のディディエ・ドログバ(元チェルシー)、ポルトガル代表のクリスティアーノ・ロナウド(元マンチェスター・ユナイテッド)、そして元トリニダード・トバゴ代表のスターン・ジョン(元クリスタル・パレス)が居た。 ▽岡崎はレスターでは70試合に出場して11得点しか記録していないものの、日本代表では50得点を記録。ロシアW杯予選でも既に7得点を記録している。 2017.03.29 22:02 Wed
twitterfacebook
thumb

UAE戦で負傷の日本代表FW大迫勇也は左ヒザ関節包の負傷でリーグ戦3試合を欠場

▽ケルンは28日、日本代表FW大迫勇也の負傷状況を発表した。ブンデスリーガ3試合の欠場となるようだ。 ▽大迫は、23日に行われたロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のUAE代表戦(2-0で日本が勝利)に先発出場。しかし、試合終盤に相手DFと交錯した際に左ヒザを負傷。FW岡崎慎司と交代していた。 ▽その後日本に帰国した大迫は、代表チームの離脱。ケルンに戻りメディアパーククリニックで精密検査を受けた結果、左ヒザの関節包を損傷していたとのことだ。 ▽ケルンは4月1日にハンブルガーSV戦、同4日にフランクフルト戦、同8日にボルシアMG戦を控えており、少なくとも大迫はこの3試合を欠場する。今後更なる離脱も可能性があるとのことだ。 ▽今シーズンの大迫はブンデスリーガで24試合に先発出場し6得点を記録。ヨーロッパリーグ出場を目指すチームとしては痛い離脱となった。 2017.03.28 20:07 Tue
twitterfacebook
thumb

伊紙「本田圭佑はもはやミランではなく日本代表の選手」…指揮官は新戦力獲得を希望

ミランが来夏に向けて、再びウィンガーの補強を検討していると、イタリア紙『クオティディアーノ』が報じている。<br><br>ミランは今シーズン、前半戦からウィンガーの駒不足が問題となっており、1月の移籍市場では、エヴァートンからFWジェラール・デウロフェウ、ジェノアからFWルーカス・オカンポスをいずれも今シーズン終了までのレンタルで獲得している。<br><br>デウロフェウについては、優先買い取り権を持つバルセロナが権利の行使を検討しており、ミラン残留へ向けて大きな壁となっている。またオカンポスについては、現段階ではヴィンチェンツォ・モンテッラ監督の信頼を勝ち取れていない。<br><br>続いて日本代表のMF本田圭佑も今シーズン、セリエAで出場機会がわずか5試合96分と構想外の扱いになっている。ピッチに登場するのは代表戦ばかりで、「ケイスケ・ホンダはもはやミランの所属選手というより、日本代表の選手だ」との評もある。今シーズン終了後、契約満了とともにミランを去る可能性が高い。<br><br>このためミランは来シーズンに向けて、ラツィオのセネガル代表FWバルデ・ケイタまたは、ストーク・シティのスイス代表FWジェルダン・シャチリの獲得を目指している。2人はいずれもモンテッラ監督とクラブの希望を満たす選手とみられている。<br><br>ケイタはスペイン生まれの22歳で今シーズン、23試合に出場し8ゴールを決めた。素晴らしい活躍を見せているだけに、争奪合戦となる可能性が高い。一方、シャチリは所属先で実力を発揮できておらず、シーズン終了後にセリエAへの復帰を受け入れる可能性がある。<br><br><br>提供:goal.com 2017.03.27 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

MF柴崎岳は3試合連続ベンチ入りも出場せず…テネリフェは4試合ぶりの白星《リーガエスパニョーラ2部》

▽26日にリーガエスパニョーラ2部第31節のカディスvsテネリフェが行われ、0-1でテネリフェが勝利した。MF柴崎岳は3試合連続でベンチ入りを果たしたものの、出場機会は訪れなかった。 ▽試合は0-0の拮抗した展開で試合が推移。前半はホームのカディスが攻め込む時間が長かったものの、後半はテネリフェが2度のビッグチャンス。しかし、どちらもGKシフエンテスに阻まれる。 ▽それでも87分、ディフェンスラインからのロングボールをうまく相手と入れ替わって受けたアイトール・サンスがボックス右からグラウンダーのクロス。これを走り込んだディエディウが豪快に蹴り込み、テネリフェが値千金の先制ゴールを奪う。 ▽結局そのまま試合は終了し、0-1でテネリフェが4試合ぶりの勝利を収めた。 カディス 0-<span style="color:#cc3300;font-weight:700;">1 テネリフェ</span> 【テネリフェ】 ディエディウ(後42) 2017.03.27 10:52 Mon
twitterfacebook
thumb

カシージャス、今夏にマルセイユ移籍で酒井宏樹とチームメートに?

▽ポルトに所属するスペイン代表GKイケル・カシージャス(35)にマルセイユ移籍の可能性が浮上した。ポルトガル『A BOLA』が伝えている。 ▽ポルトとの契約を2017年まで残しているカシージャス。契約には一定以上の公式戦出場で行使可能な延長オプションが含まれているようだが、日本代表DF酒井宏樹も所属するマルセイユが水面下で動向を注視しているようだ。 ▽報道によれば、そのマルセイユでスポーツディレクターを務めているアンドニ・スビサレッタ氏がカシージャスの獲得をクラブに推奨。新たなオーナー到着で2億ユーロの補強費を手にしたクラブ上層部も今夏の引き入れ準備を進めているという。 ▽カシージャスは、2015年夏にレアル・マドリーからポルトに完全移籍。ポルト在籍2年目となる今シーズンは、ここまで公式戦36試合に出場しており、未だ健在ぶりをアピールしている。 2017.03.26 14:45 Sun
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース