ヘント久保は3戦連続スタメンも3戦連発弾はならず…チームもリーグ戦5試合ぶりの黒星《ベルギー・ジュピラーリーグ》2017.02.12 10:19 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘントは11日、ベルギー・ジュピラーリーグ第26節でオイペンと対戦し0-1の敗戦を喫した。FW久保裕也は3戦連続で先発出場し、81分までプレーしている。

▽移籍後2戦連続で先発出場を果たし、2戦連続ゴールを奪っている久保はこの日もスタメンで起用された。しかしゴールが生まれないまま試合終盤を迎えると、久保は81分にベンチへと下がっている。

▽チームは後半アディショナルタイムに失点を喫し、0-1の敗戦。リーグ戦5試合ぶりの黒星を喫したヘントは5位から8位へと順位を下げている。

コメント

関連ニュース

thumb

「議論は終わり。ヴァーディの相棒は岡崎」レスター地元記者が岡崎を絶賛

▽レスター・シティの日本代表FW岡崎慎司が好調だ。レスターの地元メディア『レスター・マーキュリー』のロブ・タナー氏も電子版のコラム内で岡崎を高く評価している。 ▽岡崎は23日のプレアミリーグ第6節のリバプール戦でゴールを記録。チームは2-3で敗れたものの、今季公式戦6試合で4ゴールを挙げており、得点以外でも前線からの粘り強い守備などでチームに貢献している。 ▽タナー氏は、開幕6試合で4ポイントと苦しむレスターだが、アーセナルやチェルシー、マンチェスター・ユナイテッド、リバプールなど対戦相手が強かったことを考慮しつつ、ポジティブな面も十分にあると主張。コラムの一部では、岡崎を高く評価した。 「岡崎の好調ぶりを見れば誰がジェイミー・ヴァーディと組むべきかという議論は終わりになるだろう」 「レオナルド・ウジョア、イスラム・スリマニ、ケレチ・イヘアナチョの3選手は岡崎の代わりとして起用されてきた。だが、ヴァーディを最高に引き立てることができるのは、精力的で実直なプレーを見せる岡崎だ」 「エンゴロ・カンテが去ったとき、クラウディオ・ラニエリは4-4-2を続けることができないとみていた。しかし、岡崎の仕事率と知性は、4-4-2でのプレーを可能にする」 2017.09.25 16:55 Mon
twitterfacebook
thumb

ファン・ダイクの復帰でポジション争いが激化するサウサンプトン、吉田麻也は「良いプレーをすることに集中」

▽サウサンプトンの日本代表DF吉田麻也が、今夏の移籍市場をにぎわせたオランダ代表DFヴィルヒル・ファン・ダイクの残留が、ポジション争いをより難しくしていると語った。イギリス『スカイ・スポーツ』が伝えた。 ▽2012年8月からサウサンプトンでプレーする吉田は、昨シーズン途中からディフェンスリーダーとしての地位を確立。クラブやファンからも高く評価され、若手であるDFジャック・スティーブンとのコンビで最終ラインを支えた。 ▽今シーズンもセンターバックのポジションで出場を続ける吉田だが、退団するとみられていたファン・ダイクが残留。16日に行われたクリスタル・パレス戦で途中出場で復帰していたもの、23日のマンチェスター・ユナイテッド戦は欠場していた。 ▽吉田は、プレミアリーグ6試合を終えて5試合に先発。今シーズンもセンターバックの1番手としてここまで出場を続けているが、ファン・ダイクの残留によりポジション争いが激化すると語った。 「本当に難しいことです。僕は理解しています。ヴィルヒル(・ファン・ダイク)は、プレミアリーグでも最高のセンターバックの1人です」 「僕は監督やファンに対して、自分のパフォーマンスで強みを出し続け、チームとして結果を得なくてはいけません。それが、僕ができる唯一のことです。僕は自分自身のこと、そして良いプレーをすることに集中しています」 「ここ数年での自分の経験では、プレッシャーのようなものが自分を強くすると確信しました」 「ジャック・スティーブンスでさえ、メンバー入りすることは難しかったです。サウサンプトンでの競争は本当に高いものがあります」 ▽また、0-1で敗れたマンチェスター・ユナイテッド戦について振り返った吉田は、ここまでの戦いぶりも含めてゴールが奪えていないことが課題であるとコメント。守備的に戦うことは間違っていないとの見解を示した。 「特に後半は、僕たちが多く支配しました。彼らはいくつかのチャンスを作りましたが、トップチームとプレーするときは、細かいディテールが大きな差を生みます」 「多くのコストがかかっています。本当に受け入れがたいことですが、それが彼らが順位表のトップに居る理由です。昨シーズンの終わりから、僕たちは十分なゴールを奪えず、それが問題だと思っています」 「僕たちは、より客観的でなければいけません。でも、守備に関しては、僕は昨シーズンよりも良くなったと思っています。この方法が間違っているとは、僕は考えていません」 2017.09.25 12:30 Mon
twitterfacebook
thumb

久保裕也、2戦連発ならず ヘントも連勝逃す敗北《ジュピラー・プロ・リーグ》

▽日本代表FW久保裕也が所属するヘントは24日、ジュピラー・プロ・リーグ第8節のズルテ・ワレヘム戦に臨み、0-1で敗れた。前節初ゴールをマークした久保は2試合連続の先発出場を果たしている。 ▽リーグ3試合負けなしのヘントがホームにズルテ・ワレヘムを迎え撃った一戦。開始2分にゴールチャンスが巡ってきた久保だったが、それを不意にすると、わずか1分後にDFラインのミスから失点し、ズルテ・ワレヘムにリードを許してしまう。 ▽追うヘントは、10分に久保が味方のシュートチャンスをお膳立て。だが、これもゴールに結びつかない。56分には流れを変えるべく3枚替え。攻勢を強めるが、最後まで1点が重くのしかかり、リーグ2連勝を逃した。 ヘント 0-1 ズルテ・ワレヘム 【ズルテ・ワレヘム】 サポニッチ(前3) 2017.09.25 09:30 Mon
twitterfacebook
thumb

堂安律、開幕戦以来のリーグ先発! ダイレクトシュートが決勝点に直結《エールディビジ》

▽MF堂安律が所属するフローニンヘンは24日、エールディビジ第6節のトゥベンテ戦に臨み、1-0で勝利した。堂安は、開幕戦以来となる2度目の先発出場を果たしている。 ▽リーグ3試合ぶりの白星を狙ったフローニンヘンがホームにトゥベンテを迎えた一戦。直近の国内カップ戦で移籍後初ゴールを挙げた堂安は、トップ下でプレーした。 ▽その試合が動いたのは後半。51分、左サイドの折り返しから堂安が左足ダイレクトでシュート。これは相手DFにブロックされたものの、こぼれ球を味方が押し込み、フローニンヘンが先制した。 ▽結局、72分に堂安をベンチに下げたフローニンヘンが最後まで1点のリードを守り抜き、リーグ3試合ぶりの白星。シーズン2勝目を手にした。 フローニンヘン 1-0 トゥベンテ 【フローニンヘン】 イドリッシ(後6) 2017.09.25 08:45 Mon
twitterfacebook
thumb

酒井宏樹フル出場のマルセイユが2連勝!《リーグ・アン》

▽リーグ・アン第7節、マルセイユvsトゥールーズが24日に行われ、2-0でマルセイユが勝利した。日本代表DF酒井宏樹はフル出場を果たしている。 ▽ここまで3勝2敗1分けで8位のマルセイユが、2勝3敗1分けで14位に位置しているトゥールーズをホームに迎え撃った。序盤からマルセイユがボールを支配しながらトゥールーズを攻め立てる。今季リーグ戦6度目の先発出場を果たした酒井も積極的に攻撃に関与していくが、なかなかチャンスにつながらない。 ▽前半半ばにかけてはマルセイユが一方的に押し込む展開になるが、フィニッシュにやや精彩を欠くほか、相手守備陣の集中した守りを前に得点を奪えない。しかし、圧倒的に攻めるマルセイユが先制するのは時間の問題だった。 ▽33分、ボックス右でボールを受けたトヴァンが強引にドリブル突破を仕掛ける。DFにカットされたボールはゴール前に詰めていた味方のオカンポスに当たり、再びトヴァンの下へ。トヴァンはこれをGKの股を抜くシュートで押し込みネットを揺らした。 ▽迎えた後半、盛り返しを図るトゥールーズを横目に、マルセイユがリードを広げる。61分、パイエの左CKをニアでDFと味方がわずかに触ったボールが密集を抜けると、DFのマークを外したオカンポスが身体ごと合わせ、2点目を決めた。 ▽その後は互いに大きなチャンスもなく試合は進み。2-0のまま終了。ホームで快勝のマルセイユがリーグ戦2連勝を飾った。 2017.09.25 05:57 Mon
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース