ヘント久保は3戦連続スタメンも3戦連発弾はならず…チームもリーグ戦5試合ぶりの黒星《ベルギー・ジュピラーリーグ》2017.02.12 10:19 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘントは11日、ベルギー・ジュピラーリーグ第26節でオイペンと対戦し0-1の敗戦を喫した。FW久保裕也は3戦連続で先発出場し、81分までプレーしている。

▽移籍後2戦連続で先発出場を果たし、2戦連続ゴールを奪っている久保はこの日もスタメンで起用された。しかしゴールが生まれないまま試合終盤を迎えると、久保は81分にベンチへと下がっている。

▽チームは後半アディショナルタイムに失点を喫し、0-1の敗戦。リーグ戦5試合ぶりの黒星を喫したヘントは5位から8位へと順位を下げている。

コメント

関連ニュース

thumb

マルセイユDFが語る酒井宏樹に必要なこと「彼について悪くは言わないけど…」

マルセイユに所属する元ポルトガル代表DFロランドが、同僚の酒井宏樹について語っている。フランス『Le 10 Sport』が報じた。<br><br>酒井は昨夏、マルセイユへと加入。移籍初年度からレギュラーとして活躍し、2年目を迎えた今シーズンも出場機会を手にし続けている。先日に行われたブラジル戦、ベルギー戦でも先発した酒井は、強豪を相手に安定した守備を見せ、改めて成長を感じさせている。<br><br>しかし、同僚のロランドは「彼について悪く言うわけではないけど」と前置きした上で、酒井のプレーに注文をつけている。<br><br>「彼とはよく笑いあっているよ。僕は彼に『お前はペナルティエリアに入ったとき、パスしかしないよな』と言うんだ。でもそれからシュートを打ち始めるようになったね。(5日の)カーン戦でも得点の可能性があった。彼は練習ではいつも上手くできているんだよ。ときにサイドバックであっても、シュートがベストチョイスになることがある」<br><br>酒井はマルセイユ加入以降、ゴールは0。日本代表でも、一度もネットを揺らしたことがない。ロランドとしてはときに直接ゴールを狙うプレーを期待しているようだ。<br><br>それでも「彼は一緒にプレーした中で最高のやつだ。フランス語もだいぶ上達したね」と、好印象を持っていることも明かしている。<br><br>酒井がサイドバックとしてもう一段上のステップに上がるため、得点というのは一つの課題となるかもしれない。<br><br>提供:goal.com 2017.11.19 15:15 Sun
twitterfacebook
thumb

森岡亮太に移籍話が急浮上…クラブ・ブルージュ指揮官が「リーグ最高の選手」と称賛

今シーズン、ベルギーリーグのベベレンに加入し、一躍評価を高めた森岡亮太。ここまでリーグ戦7ゴールを記録して得点王争いにも名を連ね、日本代表にも再び招集されるようになった。<br><br>その森岡を擁するべフェレンは19日、アウェーでリーグ首位、クラブ・ブルージュとの一戦に挑む。その試合を前に、同クラブのイヴァン・レコ監督が地元メディア『De Nieuwsblad』に対して、森岡について言及した。<br><br>「森岡はとても素晴らしいプレーヤーだね。パスセンス、視野とその才能は申し分ない」<br><br>また、冬の移籍市場で森岡を獲得したいかどうか問われると、かつてクロアチア代表でもプレーした指揮官は「私が熱望しているわけではないが、クラブ幹部は確かに(森岡に)関心を示しているよ。それに、彼がべフェレンで結果を残すことは、我々にとって望ましい状況とは言えないからね。ただ、森岡がピッチ上でここまで見せてきたプレーの質は間違いなくリーグ最高峰だと思う」と発言。冬の移籍市場でクラブ・ブルージュが森岡を獲得する可能性に含みを持たせつつ、ここまでの活躍ぶりについて、手放しで賛辞を贈っている。<br><br>森岡は現地時間19日、リーグ首位のクラブ・ブルージュ相手に果たして結果を残せるのか。この試合の結果次第で、森岡の移籍話が加速化する可能性も十分にありそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.19 13:33 Sun
twitterfacebook
thumb

小林祐希、3試合連続フル出場! 大量4発で5試合ぶり白星《エールディビジ》

▽日本代表MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンは18日、エールディビジ第12節でトゥベンテのホームに乗り込み、4-0で勝利した。小林は12試合連続の先発出場を果たし、フル出場した。 ▽前節のドローで連敗を「3」でストップしたヘーレンフェーン。試合は24分、左CKからショートコーナーを受けたミハイロビッチがクロスを入れる。ボックス中央やや左のヘーがゴールに背を向けたまま右足で合わせると、ボールはゴール右隅に吸い込まれ、ヘーレンフェーンが先制に成功する。 ▽さらに43分、ボックス右に侵攻したダムフリースがクロス。ボックス中央やや右にこぼれたボールをフラープが右足で豪快にゴール右へと押し込んだ。 ▽試合を優位に進めるヘーレンフェーンは63分、味方のスルーパスを飛び出したGKにクリアされたが、これをボックス手前やや左で拾ったウーデゴールが冷静にゴールへと流し込んだ。 ▽終盤にも1点を追加したヘーレンフェーンは、そのまま4-0で勝利。5試合ぶりに白星を飾った。 トゥベンテ 0-4 ヘーレンフェーン 【ヘーレンフェーン】 ヘー(前24) フラープ(前43) ウーデゴール(後18) フェールマン(後42) 2017.11.19 09:17 Sun
twitterfacebook
thumb

長谷部途中出場のフランクフルト、6戦負けなしも終盤被弾でホッフェンハイムにドロー《ブンデスリーガ》

▽フランクフルトは18日、ブンデスリーガ第12節でホッフェンハイムとのアウェイ戦に臨み、1-1で引き分けた。フランクフルトのMF長谷部誠は60分から出場し、MF鎌田大地はベンチ入りも出場機会はなかった。 ▽長谷部が先発に復帰した前節ブレーメン戦を勝利した7位フランクフルト(勝ち点18)は、ブラジル戦で先発し、ベルギー戦を温存された長谷部がベンチスタートとなった。 ▽前節ケルン戦を3-0と快勝して5試合ぶりに勝利した5位ホッフェンハイム(勝ち点19)に押し込まれる入りとなったフランクフルトは9分、ボックス内のワグナーに枠内シュートを浴びせられる。 ▽それでも13分、最初のチャンスを活かして先制した。K・ボアテングがインターセプトした流れからミドルシュートを流し込んだ。 ▽その後もホッフェンハイムが押し込む流れが続いたが、フランクフルトが集中した守備で凌ぎ、1点をリードしたまま前半を終えた。 ▽迎えた後半もホッフェンハイムが攻勢に出る中、53分にルップに代えてニャブリを投入。一方のフランクフルトは60分にシュテンデラに代えて長谷部をボランチに投入した。 ▽守備を固めるフランクフルトに対し、ワグナーに代えてクラマリッチを投入したホッフェンハイムだったが、やはり攻めあぐねる状況が続く。 ▽すると79分にはレビッチがGKを強襲するシュートを浴びせたフランクフルトがホッフェンハイムをけん制。しかし、終盤にかけても劣勢が続くと、追加タイム2分に失点してしまう。 ▽ニャブリのドリブル突破を許すとボックス左に侵入され、折り返されたクロスをウートに押し込まれた。直後にタイムアップとなり1-1で終了。フランクフルトは6戦負けなしとしたが2連勝はならなかった。 2017.11.19 01:46 Sun
twitterfacebook
thumb

武藤フル出場のマインツが大迫途中出場のケルンにPK弾で辛勝、ケルンは未勝利続く…《ブンデスリーガ》

▽ブンデスリーガ第12節、マインツvsケルンが18日に行われ、1-0でマインツが勝利した。マインツのFW武藤嘉紀はフル出場し、ケルンのFW大迫勇也は60分から出場している。 ▽前節ボルシアMG戦を劣勢ながらも引き分けに持ち込んだ13位マインツ(勝ち点12)は、代表に選出されなかった武藤が[4-2-3-1]の最前線で4試合連続スタメンとなった。 ▽一方、ホッフェンハイムに完敗して引き続き未勝利が続く最下位ケルン(勝ち点2)は、ブラジル戦とベルギー戦の2試合に先発したものの見せ場を作れなかった大迫がベンチスタートとなった。 ▽ケルンが積極的な入りを見せた中、13分にマインツにチャンス。ブロシンスキの左サイドからのクロスをマキシムがヘッド。しかし、枠の左に外れてしまった。 ▽その後もケルンがコルドバとギラシーのフィジカルに長けた2トップを起点に押し込む流れとすると、36分に決定機。スルーパスをボックス左で引き出したギラシーが左足でシュート。しかし、枠を捉えきれない。直後にS・ツォラーが負傷しビッテンコートを投入したケルンは、そのビッテンコートにチャンス。39分、ラウシュのミドルシュートのこぼれ球にビッテンコートが詰める。しかし、ここも枠を捉えきれなかった。 ▽すると42分、マインツはロングボールをセーレンセンに競り勝ってマイボールとした武藤からスイッチしたデ・ブラシスがボックス右で仕掛けると、ラウシュに倒されてPKの判定。これをキッカーのブロシンスキがゴール右へ決めてマインツが先制した。 ▽効率的な試合運びで1点をリードして迎えた後半、マインツはラツァの枠内シュートやマキシムのミドルシュートでケルンをけん制していく。 ▽流れを掴めないケルンは60分、エーズカンに代えて大迫を右サイドに投入。すると69分、ルーズボールをペナルティアーク右の大迫がシュート。しかし、枠を捉えきれなかった。 ▽1点のリードを保つマインツは71分、G・ドナーティがビッテンコートへの報復行為で一発レッドカードを受けてしまう。 ▽それでも10人のマインツがケルンの反撃を許さずにシャットアウト。リーグ戦4試合ぶりの勝利を飾った。一方、敗れたケルンは未だにリーグ戦未勝利が続く苦しい状況が続いている。 2017.11.19 01:36 Sun
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース