ヘント久保は3戦連続スタメンも3戦連発弾はならず…チームもリーグ戦5試合ぶりの黒星《ベルギー・ジュピラーリーグ》2017.02.12 10:19 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ヘントは11日、ベルギー・ジュピラーリーグ第26節でオイペンと対戦し0-1の敗戦を喫した。FW久保裕也は3戦連続で先発出場し、81分までプレーしている。

▽移籍後2戦連続で先発出場を果たし、2戦連続ゴールを奪っている久保はこの日もスタメンで起用された。しかしゴールが生まれないまま試合終盤を迎えると、久保は81分にベンチへと下がっている。

▽チームは後半アディショナルタイムに失点を喫し、0-1の敗戦。リーグ戦5試合ぶりの黒星を喫したヘントは5位から8位へと順位を下げている。

コメント

関連ニュース

thumb

リーガの日本人はどう変わったか、乾と柴崎がそれぞれの時間で勝ち取った信頼-木村博嗣コラム(WOWOW)

■“移籍先濃厚”ベティス戦で乾が受けた拍手 乾貴士が交代でグラウンドに入るとベティスの本拠地ベニート・ビジャマリンを埋めた観客から拍手と歓声が巻き起こった。まるで地元のヒーローを迎えるように。 「良い選手にはここのファンは誰であれ拍手するものだよ」と、私の質問に“キケ”・セティエン監督はとぼけたが、乾のベティス移籍は公然の秘密となっている。拍手はベティスファンたちが彼のプレーを楽しみにしている証拠だ。この移籍に疑問の声はほとんどない。 興味深いのは乾への第一の評価はドリブルやシュートに対するものではなく、献身さやエイバルへの忠誠心に対するものだったこと。スペインのサッカーファンはシャツの色を感じてプレーする選手を高く評価する。この点でどんな試合でも全力を尽くす乾は、「死ぬまでベティス」が合言葉の熱い魂を持つファンをも揺さぶった。「エイバルに忠誠を誓う彼はベティスには来ないのでは……」と心配する声もあったほどだ。 東洋の国の注目が集まることがクラブに経済的な利益をもたらすことはもちろん承知しているが、ファンの関心は戦力として活躍してくれるかどうかだけ。自由契約で移籍金が発生しないという追い風があった反面、貴重なEU外選手枠のうち1つを占めざるを得ないというハンディもあった。ベティスという伝統あるクラブ、来季は欧州カップ戦出場を目指す中堅から戦力として求められる際に、日本人であることがプラスにもマイナスにも働かなかったことこそ、乾がリーガでの3年間で勝ち取ったものだろう。 ■柴崎のセンスは傑出しているが時間も必要 この“日本人だからスポンサー付の移籍”だとか“日本人だから下手”だとか“日本人だからチーム愛がない”という偏見を払しょくしリーガへの道を拓いた開拓者が乾だとすると、その先輩の馴らした道にスポーツカーで乗り込んで来たのが、柴崎岳である。 乾が準レギュラーとなるまで少なくとも半シーズン必要だったが、柴崎は2部テネリフェでの経験があったとはいえ、ヘタフェの開幕戦でいきなり先発デビューしたのだから。監督に使ってもらうには戦術理解、チームメイトとの呼吸、戦える心と体という部分で評価されるのが大前提で、日本で高く評価される個人技はプラスαに過ぎない。監督や仲間の求めることを理解するために必要なのは言葉以上に勘でありセンスである。1年1年積み上げるように成長していった乾に比べて柴崎のセンスは傑出しているように感じる。もっとも、乾のようにファンに尊敬される選手になるにはプレーで心をつかむ必要があり、そこは当然、柴崎には時間が足りていない。 ■2人の現在地、後の日常 今季ここまでの2人の足取りを振り返ると、乾の方はレギュラーでフル出場が当たり前だったが、ここにきて途中交代や途中出場も増えている。大黒柱ペドロ・レオンが復活、似たタイプのテクニシャン、オレジャナが冬の移籍で加入したことで、アレホとだけポジション争いをしておけば良かった前半戦よりも競争のレベルが格段に上がっているのだ。柴崎の方は、ケガの間にセカンドトップのレギュラーをアンヘルに奪われ、左右サイドやボランチで使われているが、もう一つ結果が出ていない。アンヘルには決定力で、アマットにはスピードで及ばず、ポルティージョはキャプテンであり、ボランチだと柴崎の攻撃センスが生きない。控えの一番手として信頼されているが、先発するほどではない、というところだ。 だから、ヘタフェがエイバルを迎える今週末の日本人対決でもどちらか、あるいは2人ともベンチスタートという可能性はある。だが、日本人として悲観すべきことだろうか? 私はそうは思わない。城彰二の挑戦からここまで18年もかかっている。やっと欧州カップ戦の王者を輩出するリーグでレギュラー争いができるレベルまで来たのだ。一喜一憂せず同胞として温かく見守ろうではないか。 (文/木村浩嗣) ◆◆◆ WOWOW番組情報 ◆◆◆ ★『スペインサッカー リーガ・エスパニョーラ』 WOWOWにて毎節最大5試合生中継! 【第34節】 ・「エイバルvsヘタフェ」 4/21(土)夜7:45~ [WOWOWライブ]※生中継 ・「セルタvsバレンシア」 4/21(土)夜11:00~ [WOWOWライブ]※生中継 ・「A・マドリードvsベティス」 4/22(日)深夜3:30~ [WOWOWライブ]※生中継 ★『リーガダイジェスト!第33節&第34節』 今シーズンから時間を拡大してパワーアップした必見のリーガ情報番組。週末に開催する全試合の全ゴールに加えて、貴重な選手インタビューや特集企画をお届けする。 【放送日】 4/23(月)夜8:00~ [WOWOWライブ]ほか <div id="cws_ad">■WOWOW番組オフィシャルサイト <a href="https://goo.gl/dwWaz9" target="_blank">http://www.wowow.co.jp/sports/liga/</a></div> 2018.04.21 18:00 Sat
twitterfacebook
thumb

ドルトムント香川真司、間も無く復帰か? ついに全体練習に合流

▽ドルトムントに所属する日本代表MF香川真司が全体練習に復帰したようだ。 ▽香川は2月中旬に行われたブンデスリーガ第22節のハンブルガーSV戦で左足首を負傷。当初は3月中での復帰の可能性が伝えられていたが、ここまで戦列からは放れていた。 ▽そんな中、12日に地元紙『ルールナハリヒテン』は、香川が10日にドルトムントの練習場を訪れて、ランニングメニューなどの個人トレーニングを再開したことを伝えていた。すると迎えた20日、香川がついに全体練習に合流した模様。ドルトムント公式ツイッター(@BVB)は、香川の練習している写真と共に「おかえり!」とツイート。多くのファンから歓迎のリプライも集まっている。 ▽戦列復帰へ大きな一歩を踏み出した香川。シーズン中での復帰、そしてロシア・ワールドカップ出場を目指す日本の10番の復帰はもう間も無くだ。 2018.04.20 13:05 Fri
twitterfacebook
thumb

「久しぶりにどん底でチームとは反対に上手くいってへん」…フランクフルト鎌田大地、苦しい現状に胸中明かす

▽フランクフルトに所属するMF鎌田大地が、苦しい現状に対して心境を明かした。 ▽2015年に東山高校からサガン鳥栖に入団した鎌田は、ルーキーながらJ1リーグに21試合出場して3ゴールを記録。翌年には7ゴールを挙げるなど、攻撃センスを発揮し続けると、2017年6月にフランクフルトへ移籍した。 ▽フランクフルト加入以降、2017年8月12日のDFBポカール1回戦で公式戦初先発を飾り、続く20日にはフライブルクとのブンデスリーガ開幕戦にも出場して、ドイツ生活も順調かに思われた。しかし、そこから出場機会は激減。昨年末からはベンチ入りすらままならない状況が続き、ここまで公式戦4試合の出場に留まっている。 ▽そんな中、DFBポカールで勝ち進むチームは、18日に行われたシャルケとの準決勝でも1-0で勝利して2年連続の決勝進出が決定。しかし、この日も鎌田はベンチ外。試合後、鎌田は自身のインスタグラム(kamadadaichi)でチームの決勝進出を祝福しながら、出場機会を得ることができていない現状に心境を明かしている。 「ポカール2年連続決勝進出。チームメイト全員をリスペクトです」 「僕自身これまでのサッカー人生でこんなにチームが上にいるのは初めてで上にいるチームはこーいうことなのかと初めて経験できてます。でも自分は久しぶりにどん底でチームとは反対に上手くいってへん」 「こんな感覚は久しぶりで世界に出たからこそ味わえてるんやなと。素晴らしいことやしこっちで世界のサッカーが出来て素晴らしい選手達とできるこの環境」 「自分達みたいなのがこっちで成功することが大事やし自分の為にも日本の未来の為にも若い自分達世代が今耐え時かなと」 「今夜は素晴らしかった。自分のイメージ通りのサッカー人生がおくれるように頑張り続けます!」 2018.04.20 09:25 Fri
twitterfacebook
thumb

現地メディアがパチューカ本田圭佑を称賛「今季加入選手で最大のハイライト」

今シーズン、ミランを去った本田圭佑はリーガMXのパチューカに新天地を求めた。後期リーグではここまで7ゴールを決めており、メキシコ挑戦1年目から結果を残した形となったが、現地メディアも本田の活躍に賛辞を贈っている。北米大手メディア『ESPN』は「今季最もインパクトを残した補強」として本田について次のように報じた。<br><br>「元ミランの選手は、リーガMXでも最高のアシスト役と言えるだろう。彼はここまで後期リーグで15ゴールに絡む仕事を披露している。ゴールだけでも彼はすでに前期と合わせ13ゴールを決めており、この移籍は成功と言える」<br><br>「31歳の日本人選手が残した数字は、今季メキシコリーグに加わったMFの中で最も好成績。その中でマテウス・ウリベ(クラブ・アメリカ)だけが本田に次ぐ内容」<br><br>2017年夏にリーガMXに加入した選手としては「マテウス・ウリベ、フェリペ・モラ、エネル・バレンシア、マウロ・フォルミカ、エドガー・メンデスなどが2017年、メキシコに到着した。その中でも本田はこの世代のハイライトの一つ」と紹介し、本田のパチューカ加入は&ldquo;成功例&rdquo;だったと強調している。<br><br>その一方、同じく『ESPN』では本田について「1年で契約満了となり、メキシコリーグを去るだろう」という展望も掲載している。ロシア・ワールドカップ終了後、18-19シーズンにどのユニフォームを身に着けているのか、本田の去就にも注目が集まるところだ。<br><br><br>提供:goal.com 2018.04.20 07:15 Fri
twitterfacebook
thumb

吉田フル出場のセインツ、岡崎欠場レスターの猛攻を凌ぎ敵地で貴重な勝ち点1を獲得《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第35節のレスター・シティvsサウサンプトンが19日に行われ、0-0の引き分けに終わった。レスターFW岡崎慎司は足首のケガで欠場。一方、サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場を果たした。 ▽8位レスター(勝ち点43)が、降格圏の18位に沈むサウサンプトン(勝ち点28)を本拠地キング・パワー・スタジアムに迎えた一戦。14日に行われたバーンリー戦で惜敗し、リーグ戦連敗中のレスターは、その試合から先発を5人変更。バーンリー戦で負傷のGKシュマイケルや岡崎らに代わりGKハマーやイヘアナチョらを先発で起用。 ▽一方、リーグ戦7試合未勝利のサウサンプトンは、痛恨の逆転負けを喫したチェルシー戦と同じ先発メンバーで試合に臨んだ。 ▽共に中4日で迎えた一戦は、立ち上がりからレスターが高いボール支配率で攻撃を組み立てる。すると7分、マフレズのパスをバイタルエリア中央左でイヘアナチョが受けると、反転からパス供給。これをボックス中央のヴァーディがワンタッチではたくと、ペナルティアーク右に走り込んだマフレズがダイレクトシュート。しかし、これはGKマッカーシーが正面でキャッチ。 ▽レスターは15分にも、ボックス右から侵攻したマフレズの折り返しを中央で受けたイヘアナチョがシュート。相手DFのブロックに阻まれたこぼれ球を再び拾ったイヘアナチョが、ゴール左隅を狙ったコントロールシュートを放つも、これはゴール左に逸れた。 ▽対するサウサンプトンの反撃は18分、左クロスのセカンドボールをボックス手前のタディッチが左足のダイレクトボレーであわせたが、シュートはゴール左に外れた。40分には、ボックス左でボールを受けたロングのクロスから逆サイドから駆け上がってきたセドリックがボレーシュート。しかし、これもゴール右に外れた。 ▽ゴールレスで迎えた後半、先にチャンスを迎えたのはサウサンプトン。57分、タディッチのシュートのこぼれ球をゴール前で拾ったロングが相手GKとの一対一を迎えたが、シュートは飛び出したGKハマーのファインセーブに阻まれた。 ▽レスターは70分、マフレズからのロングパスをゴール前に抜け出したヴァーディが左足であわせたが、これは好反応を見せたGKマッカーシーが右手一本でセーブした。 ▽ゴールの遠い両チームは、積極的に攻撃的な選手を投入する。73分、サウサンプトンはロングを下げてオースティンを投入。対するレスターは、76分にイヘアナチョを下げてディアバテをピッチに送り出した。 ▽試合終盤にかけて猛攻を見せたのはレスター。しかし、最後まで集中したサウサンプトン守備陣とGKマッカーシーの牙城を崩すことはできず。結局、試合はゴールレスで終了。レスターはホームで下位相手に痛恨のドロー。一方、終盤の猛攻を集中した守りで耐えたサウサンプトンは、敵地から貴重な勝ち点1を持ち帰った。 2018.04.20 05:55 Fri
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース