南野が途中出場のザルツブルクが快勝で首位浮上!!《オーストリアリーグ》2017.02.12 10:17 Sun

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽ザルツブルクは11日、オーストリアリーグ第22節でザンクト・ペルテンと対戦し2-0で勝利した。FW南野拓実は69分からプレーしている。

▽首位のSCRアルタッハを勝ち点2差で追いかける2位のザルツブルクが、9位のザンクト・ペルテンをホームに迎えた一戦。24分にジョナタン・ソリアーノのゴールで先制すると、前半アディショナルタイムにはライマーが追加点を奪って試合を折り返した。

▽後半は拮抗した展開の中、69分に南野がピッチに登場。ゴールこそ奪えなかったものの、チームはそのまま試合を終えてリーグ戦4連勝を飾った。

▽なお、同日に行われたSCRアルタッハとアドミラの一戦は1-1のドローに終わり、勝ち点で並んだザルツブルクが得失点差でかわしで首位に浮上している。

コメント

関連ニュース

thumb

MF堂安律が先発! フローニンヘンvsグラナダのトレーニングマッチは2-2のドロー《フレンドリーマッチ》

▽22日、フローニンヘンvsグラナダのフレンドリーマッチが行わレ、2-2のドローに終わった。MF堂安律は先発出場し58分までプレーした。 ▽試合は9分、ヴェルドウィクがダイレクトでシュート。GKが弾くも、こぼれ球をイドリッシがこぼれ球を流し込みフローニンヘンが先制する。 ▽堂安は右サイドでバクーナとの素晴らしい連携で攻撃を牽引。ワンツーを繰り返しボックス内に侵入するも、シュートは打てない。 ▽すると21分、堂安がドリブルで持ち上がると、そこからパスをつなぎ、最後はうまく抜け出したバクーナがネットを揺らし、フローニンヘンがリードを2点に広げる。 ▽グラナダは50分、左サイドからのクロスにペドロがボックス中央で頭で合わせ1点を返す。後半はグラナダが攻め込む展開が続くと、80分にPKを獲得。これをマチスがしっかりと沈め同点に。そのまま試合は終了し、2-2のドローに終わった。 フローニンヘン 2-2 グラナダ 【フローニンヘン】 ヴェルドウィク(前9) イドリッシ(前21) 【グラナダ】 ペドロ(後5) マチス(後35) 2017.07.23 13:02 Sun
twitterfacebook
thumb

オーストリアリーグが開幕!! 開幕戦にスタメン出場の南野がゴール!!《オーストリアリーグ》

▽22日に2017-18シーズンのオーストリアリーグが開幕した。FW南野拓実が所属するザルツブルクは、開幕節でヴォルフスブルガーとのアウェイゲームに臨み2-0で勝利。南野はフル出場を果たし90分に今季のリーグ戦で初ゴールをマークした。 ▽すでにカップ戦とチャンピオンズリーグ予選でゴールを挙げている南野は、リーグ戦の開幕節で先発出場を果たす。ザルツブルクは29分にヤボのゴールで先制するとその後も主導権を握る。迎えた試合終了間際の90分、ボックス内で横パスを受けた南野が難なく押し込んで、リーグ戦でも初ゴールをマーク。チームはそのまま勝利し、開幕戦で白星を飾った。 ▽南野は公式戦3試合で3ゴールと好調を維持。チームは26日にチャンピオンズリーグ予選3回戦でリエカとの一戦を控えている。 ヴォルフスブルガー 0-2 ザルツブルク 【ザルツブルク】 ヤボ(前29) 南野拓実(後45) 2017.07.23 12:39 Sun
twitterfacebook
thumb

ヘントFW久保がPSM2戦連発!! PK獲得など好パフォーマンスを見せる《プレシーズンマッチ》

▽ヘントの日本代表FW久保裕也が、21日、22日に行われた練習試合の2試合で2ゴールを奪う活躍を見せた。 ▽21日に行われた練習試合ではリーグ・ドゥに所属するランスと対戦し、久保は先発で出場。迎えた24分には右サイドからのクロスにダイビングヘッドで合わせて先制ゴールを奪った。 ▽さらに31分にはドリブル突破から相手DFにボックス内で倒されてPKを獲得。このチャンスをミリチェビッチが決めきり2点のリードとして前半を終えた。後半にも1ゴールを追加したヘントは、3-1で勝利している。 ▽翌22日にはベルギー2部のベールスホットと対戦。久保は2試合続けて先発出場となると、20分には先制ゴールを奪取。チームも3-2と2連勝を飾った。 ▽なお、久保のヘントが所属するジュピラー・リーグは31日に開幕。アウェイでシント・トロイデンと対戦する。 2017.07.23 12:31 Sun
twitterfacebook
thumb

柴崎岳が去ったテネリフェがラージョのカンテラから日本人MF吉村祐哉を獲得

▽リーガエスパニョーラ2部のテネリフェは21日、ラージョ・バジェカーノのカンテラから日本人MF吉村祐哉(19)を獲得したことを発表した。当面はBチームでプレーすることとなるようだ。 ▽東京都出身の吉村は15歳の時にスペインへ渡ると、3シーズンはマドリードのクラブで練習生として所属。18歳の誕生日後にラージョとユース契約を結んでいた。 ▽ラージョではコンスタントに試合に出場し評価を上げたこともあり、今回のテネリフェへの移籍が決定した。 ▽テネリフェには、2017年1月に鹿島アントラーズからMF柴崎岳が加入。加入当初こそ適応障害に苦しんだものの、シーズン終盤に存在感を発揮。リーグ戦13試合出場で1ゴール1アシスト、昇格プレーオフ4試合で1ゴール2アシストを記録していたが退団。17日にリーガエスパニョーラのヘタフェへの移籍が発表されていた。 2017.07.22 01:32 Sat
twitterfacebook
thumb

シャルケvsインテルは1-1のドロー…長友はフル出場、内田は出場なし《フレンドリーマッチ》

▽21日、シャルケvsインテルのフレンドリーマッチが行われ、1-1のドローに終わった。シャルケのDF内田篤人はベンチ入りするも出場機会は訪れず。一方、インテルのDF長友佑都は先発フル出場を果たした。 ▽試合は中国江蘇省にある常州オリンピック・スポーツセンター・スタジアムで行われた。シャルケはDFナウドやDFマティヤ・ナスタシッチ、MFバンジャマン・スタンブリ、MFダニエル・カリジウリMFイェフレン・コノプリャンカらが先発。今夏フランクフルトから加入したDFバスティアン・オチプカも先発出場を果たした。 ▽一方のインテルは、GKサミル・ハンダノビッチやDFミランダ、DF長友佑都、MFマルセロ・ブロゾビッチ、MFジェフリー・コンドグビアらが先発。マンチェスター・ユナイテッドへの移籍が噂されるMFイバン・ペリシッチも先発メンバーに名を連ねた。 ▽試合は序盤からインテルが攻勢に出る時間が続くも、決定力を欠き得点を奪えない。31分にはスルーパスに抜けたエデルがボックス内右から折り返すと、後方から走り込んだペリシッチがシュート。しかし、枠を大きく外してしまう。 ▽38分にはドリブルで持ち込んだペリシッチがボックス内左から中央へパス。これをブロゾビッチがシュートもミスキック。こぼれ球を拾ったカンドレーバがシュートを放つも、GKヌーベルにセーブされる。 ▽ゴールレスで迎えた後半もインテルが攻勢を強める。56分にはボックス手前左から中央へMFジョアン・マリオがパス。これをヨベティッチがシュートも、GKヌーベルがセーブする。57分にはボックス手前で得たFKをブロゾビッチが直接狙うも、シュートは右サイドネットを揺らしてしまう。 ▽なかなか攻勢に出ることができなかったシャルケだが、1つのチャンスをものにする。60分、ドリブルを仕掛けたテクペテイのパスを受けたカリジウリが、ボックス内右で鋭い切り返しを見せて長友を振り切ると、そのまま左足で蹴り込み、シャルケが先制する。 ▽攻め込みながらも先制を許したインテルだったが、すぐに追いつく。73分、ジョアン・マリオの浮き球のパスを受けたムリージョがボックス手前右で相手選手をかわすと、左足一閃。GKの頭上を超えたシュートがネットを揺らし、インテルが同点に追いつく。 ▽その後も攻め立てるインテルだったが、最後まで決め手を欠く。後半アディショナルタイム2分には、ピナモンティがGKまでかわして無人のゴールへシュート。しかし、これはナウドが間一髪クリアしゴールならず。結局そのまま試合は終了し、1-1のドローに終わった。 シャルケ 1-1 インテル 【シャルケ】 カリジウリ(後15) 【インテル】 ムリージョ(後28) 2017.07.22 01:00 Sat
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース