アンゴラのサッカースタジアムで悲劇…ドミノ倒しで死者17名負傷者61名2017.02.11 09:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アンゴラで行われたサンタ・リタvsCRDリボロで悲劇が起こったようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。

▽報道によると北アンゴラのウイジェ州で行われた両チームの一戦で、試合開始から7分に一部のサポーターがスタジアムに侵入しようと試みた模様。その影響で、観戦していた一般の観客がドミノ倒しとなる大惨事が起こってしまったようだ。

▽メディカルオフィシャルによれば、犠牲者の数は78名でそのうち死者は17名、負傷者は61名となった模様。死因についてはドミノ倒しによる窒息死だったという。またこのスタジアムは8000人を収容できるが満員の状態だったと報告されている。

※画像は今回の事件に関係ありません。

コメント

関連ニュース

thumb

ロシツキがアキレス腱を手術し今季絶望…アーセナルから古巣復帰後19分間の出場に留まる

▽スパルタ・プラハは27日、アーセナルから今シーズン復帰した元チェコ代表MFトマシュ・ロシツキがアキレス腱の手術を受けたことを発表した。今シーズン中の復帰は絶望となる。 ▽36歳になったロシツキは、2006年からプレーしていたアーセナルを昨夏退団。自身が育ったスパルタ・プラハへと活躍の場を移していた。 ▽しかし、アキレス腱に慢性的な痛みを抱えており、今シーズンはチェコリーグ第6節のムラダー・ボレスラフ戦に72分から途中出場を果たしたのみに終わっていた。 ▽クラブの発表によると、ロシツキは保存療法を取り入れていたものの、状態が一向に改善されなかったために手術に踏み切ったとのこと。27日に手術は無事に完了したようだ。なお、ロシツキは新シーズンの開幕に間に合わせられるようにリハビリを続けるとのことだ。 ▽ロシツキは手術について「ケガは改善されなかった。秋の初めに問題があり、再治療した後、全ては良い方向に向かっていた。準備期間はとても良い状態だったが、残念なことに僕は離脱することとなった。手術は避けられなかったんだ」とクラブを通じてコメントしている。 ▽また、「これは人生の様なものだ。望みがあるかぎり、男は戦わなくてはいけない。そして、もう一度挑戦する」と語り、新シーズンからの復帰に意気込みを語った。 2017.03.28 16:49 Tue
twitterfacebook
thumb

ドーピング違反のディナモ・ザグレブMFアデミの出場停止処分が2年に軽減…今年10月に復帰へ

▽ドーピング違反により4年間の出場停止処分を下されていたディナモ・ザグレブの元マケドニア代表MFアリエン・アデミ(27)だが、処分が2年間に軽減されたとのことだ。クラブが公式サイトで発表した。 ▽アデミは2015年9月16日に行われたチャンピオンズリーグのアーセナル戦にフル出場。チームの2-1での勝利に貢献したが、試合後に行われたドーピング検査で陽性反応が出ていた。この結果、UEFAから4年間の出場停止処分を下されていた。 ▽しかし、スポーツ仲裁裁判所(CAS)は陽性反応に対して意図的な不正行為が見られなかったと判断。2年間の処分軽減が妥当であると判断したとのことだ。これにより、アデミは今年10月からプレーすることが可能となった。 ▽アデミは2010年7月にHNKシベニクからディナモ・ザグレブへと加入。2012年1月にNKロコモティヴァへとレンタル移籍するも、同6月にディナモ・ザグレブへと復帰しプレーを続けていた。ディナモ・ザグレブでは、公式戦164試合に出場し12得点を記録している。また、世代別のクロアチア代表に選出された経験を持ち、A代表はクロアチア代表として国際親善試合に3試合出場。しかし、2014年10月にマケドニア代表を選択し、ユーロ2016予選で4キャップを記録していた。 2017.03.28 11:15 Tue
twitterfacebook
thumb

中国移籍のエルナネスが飛行機トラブルに遭遇…インスタで人生への教訓を綴る

▽今冬にユベントスから中国スーパーリーグの河北華夏へと移籍したブラジル代表MFエルナネスが飛行機トラブルに見舞われていたことを自身のインスタグラム(hernanesoj)で明かした。その中で、ファンにメッセージを送っている。 ▽800万ユーロ(約9億7000万円)の移籍金と最大ボーナス200万ユーロ(約2億4000万円)で中国へと活躍の場を移したエルナネス。中国スーパーリーグではここまで2試合に出場している。 ▽そんなエルナネスだが、26日に自身のインスタグラムで空港でのセルフィーでの動画とともにメッセージを投稿。飛行機トラブルに遭っていたことを明かし、人生への教訓を綴った。 「何かを予感した。僕たちが飛行機に搭乗し、離陸のために加速し始めた瞬間、突然飛行機がブレーキをかけたんだ。パイロットからはライトが点灯したので、問題が起きたか誤作動でライトとが点いたのかを確認するとアナウンスがあった」 「整備士が点検した所、実際にはドアが故障していて、飛行機を変えなくてはいけなくなったと言われたんだ」 「人生の中でもこれは同じことだ。身体や気持ちに少しでも異変を感じたら、立ち止まろう!小さなサインがみんなの命を守ってくれる!」 2017.03.27 21:55 Mon
twitterfacebook
thumb

テベス同僚の上海申花MFが6カ月出場停止…ヴィツェルを踏みつける

中国スーパーリーグの上海申花に所属する中国人MF秦昇が相手選手を踏みつけたことにより、6カ月出場停止という厳しい処分を受けている。<br><br>FWカルロス・テベスなどが所属する上海申花は11日、中国スーパーリーグ第2節で天津権健と対戦した。先発出場した秦昇は前半の24分、相手のベルギー代表MFアクセル・ヴィツェルを踏みつけてしまい、一発退場。このプレーを悪質と見た中国サッカー協会は同選手に6カ月の出場停止処分を言い渡し、約194万円の罰金を科している。<br><br>なお、試合は数的優位の天津権健が優位に進めたが、FWアレシャンドレ・パトのPK失敗などもあり、1-1で終了している。<br><br>提供:goal.com 2017.03.25 14:30 Sat
twitterfacebook
thumb

オリンピアコス新指揮官にレモニス氏、3度目の就任

▽オリンピアコスは24日、タキス・レモニス監督(57)を招へいしたことを発表した。 ▽ギリシャ・スーパーリーグで首位に立つオリンピアコスでは、6日にパウロ・ベント前監督を解任していた。その後はユースチームを率いていたバシリス・ボウザス監督が暫定指揮官となっていたが、19日のパナシナイコス戦を0-1と敗れ、2位パニオニオスとは6ポイント差に縮まっていた。 ▽レモニス監督はこれまで2度、オリンピアコスの指揮官に就任。4度のリーグ優勝に導いていた。 2017.03.25 01:52 Sat
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース