アンゴラのサッカースタジアムで悲劇…ドミノ倒しで死者17名負傷者61名2017.02.11 09:50 Sat

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽アンゴラで行われたサンタ・リタvsCRDリボロで悲劇が起こったようだ。スペイン『マルカ』が伝えた。

▽報道によると北アンゴラのウイジェ州で行われた両チームの一戦で、試合開始から7分に一部のサポーターがスタジアムに侵入しようと試みた模様。その影響で、観戦していた一般の観客がドミノ倒しとなる大惨事が起こってしまったようだ。

▽メディカルオフィシャルによれば、犠牲者の数は78名でそのうち死者は17名、負傷者は61名となった模様。死因についてはドミノ倒しによる窒息死だったという。またこのスタジアムは8000人を収容できるが満員の状態だったと報告されている。

※画像は今回の事件に関係ありません。

コメント

関連ニュース

thumb

「自殺を何度も考えた」トーゴ代表のアデバヨールが激白

▽イスタンブール・バシャクシェヒルに所属するトーゴ代表FWエマニュエル・アデバヨールが、これまでに自殺を考えた時期があったようだ。イギリス『ミラー』がフランス『So Foot』を引用して報じた。 ▽アーセナルやマンチェスター・シティ、レアル・マドリーといったビッグクラブで活躍した大型ストライカーのアデバヨールは現在、1月に加入したイスタンブール・バシャクシェヒルでプレー。今シーズンはここまで公式戦16試合8ゴールをマークしている。 ▽これまでドイツ・ワールドカップに出場したほか、アフリカ年間最優秀選手賞やPFA年間ベストイレブンにも選ばれてきたアデバヨール。しかし、自身のキャリアの中で自殺を考えていた時期があったことを告白している。 「僕は自殺を何度も考えたよ。何年もその考えが僕の中にあった」 「この時のことにうんざりしていたけど、話すことで安心する。家族を貧困から救うために頑張っていたが、その家族が僕を苦しめていたんだ。常に弟には僕らが家族に操られているということを話していた」 「僕は家族でされも連絡できないように番号をよく変えていたんだ。彼らは僕に連絡をする時、僕のことについては聞かずにお金を要求してきた。トッテナムでハムストリングを負傷していた時期だってそうだった」 「子供の学費を払うことはできないかとね。だとしても、まずは僕の様子について聞くべきだろう」 2017.11.19 14:31 Sun
twitterfacebook
thumb

森岡亮太に移籍話が急浮上…クラブ・ブルージュ指揮官が「リーグ最高の選手」と称賛

今シーズン、ベルギーリーグのベベレンに加入し、一躍評価を高めた森岡亮太。ここまでリーグ戦7ゴールを記録して得点王争いにも名を連ね、日本代表にも再び招集されるようになった。<br><br>その森岡を擁するべフェレンは19日、アウェーでリーグ首位、クラブ・ブルージュとの一戦に挑む。その試合を前に、同クラブのイヴァン・レコ監督が地元メディア『De Nieuwsblad』に対して、森岡について言及した。<br><br>「森岡はとても素晴らしいプレーヤーだね。パスセンス、視野とその才能は申し分ない」<br><br>また、冬の移籍市場で森岡を獲得したいかどうか問われると、かつてクロアチア代表でもプレーした指揮官は「私が熱望しているわけではないが、クラブ幹部は確かに(森岡に)関心を示しているよ。それに、彼がべフェレンで結果を残すことは、我々にとって望ましい状況とは言えないからね。ただ、森岡がピッチ上でここまで見せてきたプレーの質は間違いなくリーグ最高峰だと思う」と発言。冬の移籍市場でクラブ・ブルージュが森岡を獲得する可能性に含みを持たせつつ、ここまでの活躍ぶりについて、手放しで賛辞を贈っている。<br><br>森岡は現地時間19日、リーグ首位のクラブ・ブルージュ相手に果たして結果を残せるのか。この試合の結果次第で、森岡の移籍話が加速化する可能性も十分にありそうだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.19 13:33 Sun
twitterfacebook
thumb

小林祐希、3試合連続フル出場! 大量4発で5試合ぶり白星《エールディビジ》

▽日本代表MF小林祐希が所属するヘーレンフェーンは18日、エールディビジ第12節でトゥベンテのホームに乗り込み、4-0で勝利した。小林は12試合連続の先発出場を果たし、フル出場した。 ▽前節のドローで連敗を「3」でストップしたヘーレンフェーン。試合は24分、左CKからショートコーナーを受けたミハイロビッチがクロスを入れる。ボックス中央やや左のヘーがゴールに背を向けたまま右足で合わせると、ボールはゴール右隅に吸い込まれ、ヘーレンフェーンが先制に成功する。 ▽さらに43分、ボックス右に侵攻したダムフリースがクロス。ボックス中央やや右にこぼれたボールをフラープが右足で豪快にゴール右へと押し込んだ。 ▽試合を優位に進めるヘーレンフェーンは63分、味方のスルーパスを飛び出したGKにクリアされたが、これをボックス手前やや左で拾ったウーデゴールが冷静にゴールへと流し込んだ。 ▽終盤にも1点を追加したヘーレンフェーンは、そのまま4-0で勝利。5試合ぶりに白星を飾った。 トゥベンテ 0-4 ヘーレンフェーン 【ヘーレンフェーン】 ヘー(前24) フラープ(前43) ウーデゴール(後18) フェールマン(後42) 2017.11.19 09:17 Sun
twitterfacebook
thumb

FW本田圭佑フル出場のパチューカは前期最終節をドローで終える…本田は前期12試合出場で3得点《リーガMX》

▽日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカは日本時間18日、リーガMX前期最終節でアトラスと対戦し、1-1で引き分けた。本田はフル出場している。 ▽第16節のケレタロ戦で0-1の敗戦を喫したパチューカは、アトラスとの最終節を前に8位以内の可能性が消滅し、前期のプレーオフ進出を逃した。それでも、前期リーグを勝利で終えたいチームは、本田を[4-2-3-1]の右ウイングで起用するなど、主力をピッチに送り込んだ。 ▽試合はこの試合の勝利でプレーオフ進出が決定するホームのアトラスが押し気味に試合を進めていく。それでも、粘り強い守備からカウンターアタックを仕掛けるパチューカは24分、左サイドからカットインした本田が利き足とは逆の右足でシュートを放つが、これは相手GKの好守に遭う。 ▽それでも、このプレーをキッカケにリズムを掴んだ本田は31分にも中央を持ち上がってゴール前に走り込むグスマンにスルーパスを通すが、ここは味方が決め切れない。幾つかの決定機を逸したパチューカは45分、メキシコの英雄ラファエル・マルケスに浮き球のパスを送られると、これをマデーニャに頭で合わせられ、前半終了間際に痛恨のゴールを許した。 ▽1点ビハインドで後半に臨んだパチューカは、後半も本田らを起点としたカウンターからゴールを目指すが、やや重心を後方に置いたアトラスの守備に苦戦を強いられる。 ▽交代カードを切って流れを変えに行くアウェイチームだが、マルケスを中心に老獪な守備を見せるアトラスをなかなか崩し切れない。それでも、試合終了間際に決死のパワープレーを敢行すると、91分に長身DFオマール・ゴンサレスがゴール前で落としたボールをロベルト・エレーラが右足でゴールに蹴り込み、土壇場で追いついた。 ▽しかし、試合を引っくり返すほどの時間は残っておらず、試合は1-1のままタイムアップ。辛くも敗戦を免れたパチューカは、前期リーグを暫定12位でフィニッシュ。また、メキシコリーグ初挑戦の本田は前期リーグを12試合出場3ゴールという成績で終えることになった。 アトラス 1-1 パチューカ 【アトラス】 マデーニャ(前45) 【パチューカ】 ロベルト・エレーラ(後46) 2017.11.18 19:07 Sat
twitterfacebook
thumb

DMMがベルギー1部シント=トロイデンVV運営会社の経営権を取得

▽DMMグループ(DMM)は15日、ベルギー・ジュピラーリーグ(1部リーグ)のシント=トロイデンVVを運営する株式会社STVVの経営権を取得したことを発表した。 ▽DMMは、今年6月にも株式会社STVV一部株式を取得し、パートナーシップを締結したことを発表しており、約半年間の期間を経て完全合意の運びとなったと伝えている。今回の合意にあたり、DMMは以下のようなメッセージを公式サイトに掲載している。 「これまでクラブが培ってきた歴史はもちろん、現在の躍進を支えるチーム体制に影響をもたらすような、大きな組織変更の予定はありません。国内リーグでの上位定着、世界で戦うチームに導くために、ユース世代の育成や有力な選手の獲得など、DMMが持つネットワーク、行動力を駆使いたします」 「街と共に歩むクラブとして、シント=トロイデンにも活気をもたらせるよう、経営陣一丸となって一意専心する所存です。日本とベルギーをつなぐ橋渡しとして、スポーツだけではない文化や経済を含めた人的な国際交流を行ってまいります」 「チームを応援してくださるサポーターの皆様におかれましては、あたたかいご支援を頂戴できますと幸いです」 ▽シント=トロイデンVVは、1924年創設のクラブチームで、ベルギーのシント=トロイデンをホームタウンとする。2015-16シーズンにはFW小野裕二(現サガン鳥栖)が所属していたことでも知られ、2016-17シーズンのベルギー・ジュピラーリーグではレギュラーシーズンを12位で終えていた。 ▽DMMが一部株式を取得した後に始まった今シーズンは、ジュピラーリーグ第14節終了時点で7勝3分け4敗。勝ち点24を積み上げ4位と、上々の位置に付けている。 2017.11.16 21:43 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース