セルティックのオーストラリア代表MFロジックが足首を手術…長期離脱でW杯最終予選も欠場へ2017.02.10 20:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セルティックは9日、オーストラリア代表MFトーマス・ロジックの負傷を発表した。足首を手術したため、長期の離脱になるとのことだ。

▽チームの発表によると、ロジックは昨年12月のダンディー戦で足首を負傷。その後、トレーニングセッション中に再び足首を負傷し、手術が必要になったとのことだ。

▽セルティックのブレンダン・ロジャーズ監督は「チームとともにプレーするのを楽しみにしていたため、とても失望している。ただ、シーズンの終わりには戻って来るだろう」とコメント。長期離脱を嘆いていた。

▽オーストラリア代表としてもプレーするロジックは、ロシア・ワールドカップ アジア最終予選でもプレー。ここまでの5試合全てに先発出場し、昨年10月に行われた日本代表戦(1-1のドロー)にもフル出場していた。なお、オーストラリアは現在グループBで3位に位置。3月にはイラク代表(5位)、UAE代表(4位)との試合が控えている。

コメント

関連ニュース

thumb

ポグバの決勝点は幻に…FIFAがオウンゴールに訂正

▽国際サッカー連盟(FIFA)は17日、マンチェスター・ユナイテッドに所属するフランス代表MFポール・ポグバの得点をオウンゴールに訂正したことを発表した。 ▽フランス代表は16日、ロシア・ワールドカップ(W杯)グループC第1節でオーストラリア代表と対戦。1-1で迎えた80分、ポグバが浮き球シュートでゴールを陥れ、フランス代表が白星スタートを飾った。 ▽しかし、FIFAは改めてポグバの得点シーンを分析した結果、カバーに入ったオーストラリア代表DFアジズ・ベヒッチに当たってボールの軌道が変わったと判定。ベヒッチのオウンゴールに訂正している。 ▽白星発進のフランス代表は21日に行われる次戦、デンマーク代表との初戦を落としたペルー代表と対戦する。 2018.06.18 15:10 Mon
twitterfacebook
thumb

決勝点アシストの仏代表FW、豪代表の奮闘を称賛「GLを突破してほしい」

フランス代表FWオリヴィエ・ジルーは、2018FIFAワールドカップ・ロシアのグループリーグ初戦で対戦したオーストラリア代表を称賛した。『オプタス・スポーツ』に語っている。<br><br>ロシアW杯の優勝候補筆頭に挙げられるフランスは16日、グループCの第1戦でオーストラリアと対戦。試合前の予想を裏切る接戦となるも、疑惑を呼んだVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)により与えられたPKと、ゴールライン・テクノロジーにより認められたゴールにより、フランスが2-1で辛うじて勝利を収めた。<br><br>この試合で後半途中から出場し、ゴールラインテクノロジーで判定されたMFポール・ポグバのゴールをアシストしたジルーは試合後に対戦相手をたたえた。<br><br>「オーストラリアの人たちには彼らのチームを誇りに思っていいと伝えたいよ。質の高いプレーを見せ、最後まで諦めていなかった。彼らにはセカンドステージ(決勝トーナメント)に進出してほしいよ」<br><br>初戦を白星で飾ったフランス代表は現地時間21日、グループリーグ第2戦でペルー代表と対戦。オーストラリア代表は同日、デンマーク代表と対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.17 18:31 Sun
twitterfacebook
thumb

豪代表GK「テクノロジーに負けた」…疑惑のVAR判定に不満

オーストラリア代表GKマシュー・ライアンは、フランス代表戦でのVAR(ビデオ・アシスタント・レフェリー)の判定が間違っていると主張した。<br><br>オーストラリア代表は16日、2018FIFAワールドカップ・ロシアのグループリーグ初戦で、フランス代表と対戦。優勝候補相手に互角の戦いを見せていたが、後半にDFジョシュ・リズドンが自陣ペナルティエリア内でFWアントワーヌ・グリーズマンの保持するボールに目掛け、スライディングタックルを仕掛ける。フランス代表FWは倒れ込んだものの、主審はノーファウルの判定。しかしその後、VARの助言により、PKの判定へと覆る。このPKをグリーズマンが決め、フランス代表が先制した。<br><br>オーストラリアは後半に追い付くも、80分に再び失点を喫し、1-2で敗れた。グリーズマンにPKを与えてしまったリズドンは「タックルした際にボールに触れていた」と語っていた。サッカルーズ(オーストラリア代表の愛称)の守護神が試合後に明かした。<br><br>「ジョシュ(リズドン)はボールに触ったと言っていた。彼がうそを吐くような人間ではない。それにリプレーを見ても、決定的な証拠には見えなかった」<br><br>「とてもショックを受けている。僕たちよりも強いチームに負けたと感じると同時に、テクノロジーに負けたとも感じている」<br><br>「これ以上の議論を望んではいないし、言い訳をするために、ここにいるわけではない。でも最近のサッカーにはグレーゾーンが多くあることも事実なんだ」<br><br>ライアンは判定に不満を持ちつつも、チームが見せたパフォーマンスは大きな自信になると、前向きな姿勢を見せた。<br><br>「フランス戦におけるチームのパフォーマンスを誇りに思っているよ。フランス戦でのプレーは、僕たちに大きな自信を与えてくれた」<br><br>オーストラリア代表は21日、グループリーグ第2戦でデンマーク代表と対戦する。<br><br><br>提供:goal.com 2018.06.17 16:40 Sun
twitterfacebook
thumb

グリーズマン&ポグバ弾でオーストラリアに競り勝ったフランスが白星スタート!《ロシアW杯》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループC第1節、フランス代表vsオーストラリア代表が16日にカザン・アリーナで行われ、2-1でフランスが勝利した。 ▽優勝候補のフランスが登場するグループC。初戦の相手はアジア勢オーストラリア。6大会連続15回目の出場となった“レ・ブルー”はスタメンにヴァランやポグバ、カンテにムバッペらを起用。先日アトレティコ・マドリー残留を宣言したグリーズマンはワントップに起用された。 ▽一方のオーストラリアはGKライアンやセインズベリー、レッキーが先発。最前線にはユリッチではなく浦和レッズのアンドリュー・ナバウトが構える。 ▽実力で勝るフランスが先に仕掛ける。2分、味方のパスからボックス右に侵入したムバッペがシュート。この試合のファーストシュートはGKライアンが防いだ。その後もポグバを中心にオーストラリアを攻め立てる。 ▽対するオーストラリアも16分にゴールに迫る。敵陣左サイドからのFKをレッキーが頭で逸らすと、これがトリッソに当たってあわやオウンゴールかというシーンに。だがここはフランスの守護神ロリスがセーブ。事なきを得た。 ▽ボールは持てているフランスだが、高い集中力や球際の強さを見せる守備陣になかなか攻撃の形が作れない。逆にオーストラリアは完全に自陣にどっしり構えて相手のボールを絡め取ることに専念。裏を取ろうとするグリーズマンやムバッペへのパスを悉く封じ、フランスの思い通りには運ばせない。 ▽前半の終了間際にはオーストラリアにも久々のチャンスが。ムーイの縦パスから攻撃のスイッチが入ると、最後はベヒッチがボックス外左からシュートを放つ。しかしこのシュートは大きく枠を外れてしまう。 ▽ゴールレスで迎えた後半、54分に試合が動く。グリーズマンが味方のスルーパスに抜け出して相手のディフェンスラインを突破。すかさずスライディングタックルを仕掛けたリズドンがグリーズマンを倒してしまう。主審はそこでは笛を吹かなかったが、その後大会史上初のビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)によりフランスにPKを与えられる。難しい判定だったがグリーズマンがこれをきっちり沈めフランスが先制に成功する。 ▽ようやくゴールを奪ったフランスだったが61分、オーストラリアにサイドからのFKを与えると、クロスをユムティティが手に当ててしまいオーストラリアにもPKを与えてしまう。オーストラリアはこれをキャプテンのジェディナクが沈めて試合を振り出しに戻した。 ▽その後、互いに選手を入れ替えて迎えた80分、フランスはアタッキングサードでの細かいパス回しからポグバがゴール前に侵攻。ボックス中央から放たれたシュートは相手に当たりクロスバーを弾いてゴールイン。ボールはネットを揺らさなかったものの、ゴールラインを完全に割っておりポグバのゴールが認められた。 ▽試合終盤、オーストラリアが攻め込む時間もあったが、守りを固めたフランスから得点を奪うことが出来ず試合終了。フランスは苦しみながらも勝ち点3を奪取。白星スタートを切った。 2018.06.16 21:05 Sat
twitterfacebook
thumb

【W杯グループC第1節プレビュー】優勝候補レ・ブルーが新生サッカルーズと激突! ペルーvsデンマークは10番対決に注目

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)グループC第1節が16日にスタートする。19:00からはユーロ2016準優勝フランスとアジア勢オーストラリアの一戦が行われ、25:00からは共にプレーオフを勝ち上がったペルーとデンマークの一戦が組まれている。 ◆テストマッチ情報:共に好調も課題あり ▽まずはフランスvsオーストラリアから。前回大会ベスト8にしてユーロ2016準優勝のフランスは、アイルランド、イタリア、アメリカとのテストマッチを2勝1分けの無敗で終えた。ただ、MFポグバの不調や守護神ロリスの失点試合が続くなど課題は少なくない。また、アメリカ戦で貴重な同点ゴールを記録した背番号10のFWムバッペが軽傷を負っており、今回の初戦で起用できるかは微妙なところだ。 ▽一方、ホンジュラスとの大陸間プレーオフを制して4大会連続5度目の本大会行きを決めたサッカルーズは、チェコ、ハンガリーとヨーロッパの中堅国相手に連勝を飾っており、調子は良好だ。ただ、ファン・マル・バイク新体制で[4-2-3-1]の布陣に固定したものの、センターラインを中心にメンバーに関しては試行錯誤が続いており、やや未知数の状態で本大会に臨むことになった。 ◆注目選手:去就決定で心機一転のレ・ブルーのエース ▽フランスの注目選手は試合2日前にアトレティコ・マドリー残留を明言して、スッキリした形で本大会を迎えたグリーズマンだ。バルセロナ移籍に揺れたテストマッチの期間ではPKで1ゴールを記録したものの、やや決定力を欠く場面が目立った。しかし、きっちり気持ちを切り替えたエースはムバッペの出場が微妙な中で来季アトレティコでの共演が内定しているMFレマルと共にオーストラリア守備陣攻略の軸となるはずだ。 ▽一方、オーストラリアの注目選手はチームの骨格が定まり切れていない中で司令塔を託されたムーイだ。豊富な運動量とパスセンスに優れた27歳がMFカンテ、ポグバとプレミアリーグで鎬を削る相手中盤に対してどこまで戦えるかが、劣勢の予想される初戦の戦いにおいて非常に重要となる。 ◆フランス予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/worldcup2018_france_fom.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆オーストラリア予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/worldcup2018_australia_fom.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div> <div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/groupC1_2_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>◆テストマッチ情報:守備課題のペルーは無失点で本大会に ▽続いてペルーvsデンマーク。熾烈な南米予選と大陸間プレーオフを制して9大会ぶりの出場となるペルーは、スコットランドとサウジアラビア、スウェーデンとのテストマッチを2勝1分けの無敗で終えた。さらに、南米予選を通じて失点が目立った中、この3試合では全て無失点と守備面の仕上がりも良好だ。出場停止問題でFWゲレーロのコンディションに不安こそあるものの、そのエースストライカーはFWファルファンと共にテストマッチできっちり結果を残している。 ▽一方、2大会ぶりの出場となるデンマークはテストマッチでW杯出場チームのスウェーデン、メキシコと対戦し、1勝1分けの無失点で終えた。2戦を通じてほぼメンバーを固定して戦っており、3トップの出来こそいまひとつも守備陣とエリクセンを軸とした中盤のパフォーマンスはまずまずだった。 ◆注目選手: 10番対決に注目 ▽ペルーの注目選手は開催国ロシアで最も知名度があるペルー人プレーヤーのファルファンだ。今季加入したロコモティフ・モスクワでチームに14年ぶりのタイトルをもたらしたベテランアタッカーはトップ下あるいは2トップの一角での起用が濃厚だ。緩急自在の仕掛けとベテランらしい気の利いたプレーで攻撃をけん引したい。 ▽一方、デンマークの注目プレーヤーは攻撃の全権を握るエリクセンだ。所属するトッテナムではゴールを奪えるチャンスメーカーの印象が強いエリクセンだが、代表では今予選でチーム最多の11ゴールを記録するなどフィニッシャーとして抜群の存在感を放っている。ベントナー不在の本大会ではよりゴールに直結する仕事が求められる中、相手の徹底マークをかいくぐれるか。 ◆ペルー予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/worldcup2018_peru_fom.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>◆デンマーク予想スタメン<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/worldcup2018_denmark_fom.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>▽6/16 《19:00》 フランス vs オーストラリア 《25:00》 ペルー vs デンマーク 2018.06.16 14:00 Sat
twitterfacebook


ロシアW杯

ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース