セルティックのオーストラリア代表MFロジックが足首を手術…長期離脱でW杯最終予選も欠場へ2017.02.10 20:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セルティックは9日、オーストラリア代表MFトーマス・ロジックの負傷を発表した。足首を手術したため、長期の離脱になるとのことだ。

▽チームの発表によると、ロジックは昨年12月のダンディー戦で足首を負傷。その後、トレーニングセッション中に再び足首を負傷し、手術が必要になったとのことだ。

▽セルティックのブレンダン・ロジャーズ監督は「チームとともにプレーするのを楽しみにしていたため、とても失望している。ただ、シーズンの終わりには戻って来るだろう」とコメント。長期離脱を嘆いていた。

▽オーストラリア代表としてもプレーするロジックは、ロシア・ワールドカップ アジア最終予選でもプレー。ここまでの5試合全てに先発出場し、昨年10月に行われた日本代表戦(1-1のドロー)にもフル出場していた。なお、オーストラリアは現在グループBで3位に位置。3月にはイラク代表(5位)、UAE代表(4位)との試合が控えている。

コメント

関連ニュース

thumb

今日の誕生日は誰だ! 4月14日は欧州で成長続ける“古都のネイマール”

◆奥川雅也 【Profile】 出身:滋賀県 誕生日:1996/4/14 クラブ:マッタースブルク ポジション: FW 身長: 176㎝ 体重:62kg ▽『今日の誕生日は誰だ!』本日、4月14日は欧州で成長を続ける若武者、マッタースブルクFW奥川雅也だ。 ▽京都サンガF.C.のアカデミー出身である奥川の才能は早くから注目を集めており、世代別日本代表での活躍に欧州ビッグクラブも関心を抱いたと囁かれている。特徴的なのはそのドリブル能力。しなやかな足さばきから繰り出される左右の性格なキックはブラジル代表FWネイマールを彷彿とさせ、時には“古都のネイマール”と称される。 ▽トップチーム昇格年に、MF南野拓実が所属するRBザルツブルク(オーストリア)のセカンドチームに当たるFCリーフェリングに移籍して欧州デビュー。リーフェリングでは1年目に30試合3ゴール記録した後、2年目には34試合5ゴールと着実に記録を伸ばした。2017-18シーズンからはオーストリア1部のマッタースブルクに移籍し、より厳しい環境に身を置き自らを磨いている。 ▽また、プレースタイルがネイマールに似ていると評される奥川が、同選手をお手本にしていることも周知の事実だ。ツイッターのアカウント名は[@0414Neymarlove]と愛情で溢れており、2014年にはネイマールの似顔絵とともに「師匠を書いてみました」と投稿していた。 ※誕生日が同じ主な著名人 ロベルト・アジャラ(元サッカー選手) クリスティアーノ・ザネッティ(元サッカー選手) アンソニー・モデスト(サッカー選手/天津権健) ニクラス・シュタルク(サッカー選手/ヘルタ) マルティン・モントーヤ(サッカー選手/バレンシア) 田中裕介(サッカー選手/セレッソ大阪) 新井光(サッカー選手/湘南ベルマーレ) 平野美宇(卓球選手) クリスティアーン・ホイヘンス(物理学者) 木村裕一(作家) 小泉進次郎(政治家) リッチー・ブラックモア(ギタリスト/ディープ・パープル) 桜田淳子(歌手) 今井美樹(歌手) 小沢健二(歌手) 工藤静香(歌手) 山里亮太(お笑い芸人/南海キャンディーズ) 神戸蘭子(タレント) 杏(タレント) 2018.04.14 07:00 Sat
twitterfacebook
thumb

強豪オーストラリアとドローのなでしこが8大会連続のワールドカップ出場《AFC女子アジアカップヨルダン2018》

▽なでしこジャパン(女子日本代表)は13日、AFC女子アジアカップヨルダン2018のグループB最終節のオーストラリア女子代表戦に臨み、1-1の引き分けに終わった。この結果、なでしこはグループ2位通過を決め、8大会連続のワールドカップ(W杯)出場を決めた。 ▽FIFA女子W杯フランス2019の出場権と大会連覇を目指す前大会王者のなでしこは、10日に行われた韓国女子代表との第2戦を0-0のドローで終了。最終節では、持ち越しとなったW杯出場権獲得とグループステージ突破を懸けてオーストラリア女子代表と激突する。 ▽なでしこは、勝利か1-1以上の引き分けでグループステージ突破が決定する。高倉監督はこの重要な一戦に向け、韓国戦から先発を3人変更。川澄奈穂美や田中美南、隅田凛に代わって菅澤優衣香、中島依美、宇津木瑠美を先発で起用。引き続き[4-4-2]の布陣を採用した中、GKに山下杏也加、4バックは右から清水梨紗、熊谷紗希、市瀬菜々、鮫島彩。中盤は右から中島、阪口夢穂、宇津木、長谷川唯、2トップに岩渕真奈、菅澤が入った。 ▽試合は開始早々の2分になでしこはピンチを招く。カーペンターのロングスローをゴールエリア右のケールがフリックすると、デバンナに右足で合わせられたが、これは枠の上に外れた。その後もオーストラリアは前線にシンプルにロングボールを放り込みながら、攻撃を展開する。 ▽一方のなでしこは、得意のパスワークから前がかりになるオーストラリアDFの裏のスペースを狙う攻撃で反撃を試みる。すると7分、中島の右CKのこぼれ球を長谷川がペナルティアーク内からダイレクトで狙ったが、これは枠の上に外れた。 ▽その後、勢いを持って攻め込んでくるオーストラリアに対し、我慢の時間が続くなでしこだが、集中した守りでこれをはね返す。前半終了間際には、右CKからケネディにヘディングシュートを許したが、これも枠を外れ、前半は0-0で終了した。 ▽後半も守備の時間が続くなでしこだが、63分に決定機。岩渕のスルーパスでボックス左深くまで侵入した長谷川がマイナスの折り返しを供給すると、これをボックス中央でフリーの阪口がゴール左隅に流し込んだ。 ▽先制に成功したなでしこは、疲れの見えるオーストラリアに対して徐々にポゼッションを高めていく。しかし、82分にアクシデント。相手選手との接触で右足を痛めた長谷川に代わり、増矢がピッチに送り出された。 ▽リードしたまま終盤に差し掛かったなでしこだが、86分にピンチ。ボックス左からカットインしたサイモンにシュートを許すと、GK山下が弾いたこぼれ球をケールに流し込まれた。 ▽振り出しに戻った試合だが、引き分け以上でグループステージ突破の決まるなでしこは、無理に攻撃を仕掛けず最終ラインでパス回しを開始。対するオーストラリアも、無理にボールを奪いに行かず、試合はそのまま1-1で終了した。 ▽この結果、なでしこはグループBを2位で通過。8大会連続のW杯出場を決めた。なお、なでしこは17日に行われる準決勝でグループAを首位で通過した中国女子代表と対戦する。 2018.04.14 01:04 Sat
twitterfacebook
thumb

熱狂し過ぎ…? コロンビア代表サポの女性が母国を熱烈応援!

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)で日本代表と2大会続けて同組となったコロンビア代表。チームは国内から絶大なバックアップを得ているようだ。イギリス『デイリー・メール』が伝えた。 ▽27日、ロンドンでオーストラリア戦に臨んだコロンビアは、MFハメス・ロドリゲスやFWファルカオらをスタメン起用。しかし、中心選手たちの奮闘も及ばずゴールレスドローで試合は終了した。 ▽コロンビアは、23日にフランス代表を相手に逆転勝利を収めており、逆にオーストラリアはノルウェー代表に1-4で完敗。コロンビア側からすれば、勝利が求められた中での失意の結果となった。 ▽一方で、スタジアムに黄色いシャツ、スカーフ、フラッグを纏って押し掛けたコロンビアサポーターは自国のスター選手たちに熱狂。試合が終了した直後にピッチに侵入し、選手に近づこうと試みたという。 ▽そういった行動が、ドローの不満を訴えることが目的だったのか、単に選手に近づきたい一心であったのかは定かではない。しかし、どちらにせよ母国を応援する気持ちが計り知れず、こういった熱気がW杯に持ち込まれれば日本にとってさらに強敵となることは間違いない。 2018.03.28 18:30 Wed
twitterfacebook
thumb

コロンビア優勢もPK失敗響いてオーストラリアにゴールレスドロー《国際親善試合》

▽国際親善試合、コロンビア代表vsオーストラリア代表が27日にロンドンで行われ、0-0で引き分けた。 ▽ロシア・ワールドカップで日本と同組のコロンビアは、4日前に行われたフランス代表戦を2点のビハインドから逆転勝利を収めた。そのコロンビアはフランス戦のスタメンから5選手を変更。D・サンチェスやムリエル、ミナらに代えてバッカやサパタらを起用し、ハメス・ロドリゲスやファルカオ、GKオスピナらが引き続きスタメンとなった。 ▽一方、ノルウェー代表に1-4と惨敗したオーストラリアは、ノルウェー戦のスタメンから5選手を変更。ジェディナクやレッキー、Jリーグ組のデゲネクにナバウトらが引き続きスタメンとなった。 ▽ファルカオとバッカが2トップを形成するフラットな[4-4-2]で臨んだコロンビアが立ち上がりから押し込む入りとすると5分、右サイドからのハメス・ロドリゲスのクロスに反応したウリベが、飛び出したGKジョーンズの鼻先でヘッド。しかし、枠を捉えきれなかった。 ▽その後も自陣に守備ブロックを形成するオーストラリアに対し、コロンビアが押し込み続けると34分、モジカの左クロスにハメス・ロドリゲスが左足で合わせるも枠の左に外し、先制とはならない。 ▽すると43分、オーストラリアはショートカウンターからボックス左に侵入したユリッチがシュートに持ち込んだが枠を外れ、前半をゴールレスで終えた。 ▽後半からファルカオとアギラールに代えてM・ボルハとレルマを投入したコロンビアは、50分にCKの流れからM・ボルハがバイシクルシュートを浴びせるも、わずかに枠の上に外れる。さらに55分、ショートカウンターからバッカの左クロスにM・ボルハがスライディングで合わせてネットを揺らすも、バッカのポジションがオフサイドでノーゴールに。 ▽攻勢を続けるコロンビアに対し、劣勢のオーストラリアは69分にルオンゴがこの試合初の枠内シュートを浴びせるが、GKオスピナの守備範囲に飛んでしまう。 ▽ゴールが遠いコロンビアだったが、ハメス・ロドリゲスを下げた終盤の86分にPKを獲得する。しかし、キッカーのM・ボルハがゴール右を狙ったシュートはGKジョーンズに止められ、0-0のままタイムアップとなった。 2018.03.28 06:05 Wed
twitterfacebook
thumb

オーストラリア代表メンバーが発表! 候補から名古屋GKランゲラックが外れる《国際親善試合》

▽オーストラリアサッカー協会(FFA)は14日、オーストラリア代表メンバー26名を発表した。 ▽ベルト・ファン・マルバイク新体制のオーストラリア。29名が招集された中から3名が招集外に。名古屋グランパスのGKミッチェル・ランゲラック、ランスのDFアレックス・ガーズバック、ハイバーニアンのFWジェイミー・マクラーレンがメンバー外となった。 ▽なお、Jリーグ勢は横浜F・マリノスのDFミロシュ・デゲネク、浦和レッズに加入したFWアンドリュー・ナバウトが招集。ナバウトは、初キャップのチャンスを得た。 ▽そのオーストラリアは、3月に2試合の国際親善試合を予定。同月23日にアウェイのオスロでノルウェー代表戦に臨み、続く27日にロンドンでコロンビア代表と対戦する。 <span style="font-weight:700;">◆オーストラリア代表メンバー26名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ブラッドリー・ジョーンズ</span>(フェイエノールト/オランダ) <span style="font-weight:700;">マシュー・ライアン</span>(ブライトン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ダニエル・ヴコヴィッチ</span>(ヘンク/ベルギー) <span style="text-decoration: line-through;">ミッチェル・ランゲラック</span>(名古屋グランパス/日本) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">アジズ・ベヒッチ</span>(ブルサシュポル/トルコ) <span style="font-weight:700;">ミロシュ・デゲネク</span>(横浜F・マリノス/日本) <span style="font-weight:700;">マシュー・ジャーマン</span>(水原三星ブルーウィングス/韓国) <span style="font-weight:700;">ジェームズ・メレディス</span>(ミルウォール/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジョッシュ・リズドン</span>(ウェスタン・シドニー) <span style="font-weight:700;">トレント・セインズベリー</span>(グラスホッパー/スイス) <span style="font-weight:700;">アレクサンダー・シュシニアル</span>(ムラダー・ボレスラフ/チェコ) <span style="font-weight:700;">ベイリー・ライト</span>(ブリストル/イングランド) <span style="text-decoration: line-through;">アレックス・ガースバック</span>(RCランス/フランス) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ジョシュア・ブリランテ</span>(シドニーFC) <span style="font-weight:700;">ジャクソン・アーバイン</span>(ハル・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ミル・ジェディナク</span>(アストン・ビラ/イングランド) <span style="font-weight:700;">マッシモ・ルオンゴ</span>(QPR/イングランド) <span style="font-weight:700;">マーク・ミリガン</span>(アル・アハリ/サウジアラビア) <span style="font-weight:700;">アーロン・ムーイ</span>(ハダースフィールド/イングランド) <span style="font-weight:700;">トーマス・ロギッチ</span>(セルティック/スコットランド) <span style="font-weight:700;">ジェームス・トロイージ</span>(メルボルン・ビクトリー) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ティム・ケーヒル</span>(ミルウォール/イングランド) <span style="font-weight:700;">トミ・ユリッチ</span>(FCルツェルン/スイス) <span style="font-weight:700;">ロビー・クルーズ</span>(ボーフム/ドイツ) <span style="font-weight:700;">マシュー・レッキー</span>(ヘルタ・ベルリン/ドイツ) <span style="font-weight:700;">アンドリュー・ナバウト</span>(浦和レッズ/日本) <span style="font-weight:700;">ディミトリ・ペトラトス</span>(ニューカッスル・ジェッツ) <span style="font-weight:700;">ニキータ・ルカビツヤ</span>(マッカビ・ハイファ/イスラエル) <span style="text-decoration: line-through;">ジェイミー・マクラーレン</span>(ハイバーニアン/スコットランド) 2018.03.14 19:40 Wed
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース