セルティックのオーストラリア代表MFロジックが足首を手術…長期離脱でW杯最終予選も欠場へ2017.02.10 20:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セルティックは9日、オーストラリア代表MFトーマス・ロジックの負傷を発表した。足首を手術したため、長期の離脱になるとのことだ。

▽チームの発表によると、ロジックは昨年12月のダンディー戦で足首を負傷。その後、トレーニングセッション中に再び足首を負傷し、手術が必要になったとのことだ。

▽セルティックのブレンダン・ロジャーズ監督は「チームとともにプレーするのを楽しみにしていたため、とても失望している。ただ、シーズンの終わりには戻って来るだろう」とコメント。長期離脱を嘆いていた。

▽オーストラリア代表としてもプレーするロジックは、ロシア・ワールドカップ アジア最終予選でもプレー。ここまでの5試合全てに先発出場し、昨年10月に行われた日本代表戦(1-1のドロー)にもフル出場していた。なお、オーストラリアは現在グループBで3位に位置。3月にはイラク代表(5位)、UAE代表(4位)との試合が控えている。

コメント

関連ニュース

thumb

オーストラリアが先制もイラクが追いつきドロー!《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループB第6節のイラク代表vsオーストラリア代表が23日に行われ、1-1で引き分けに終わった。 ▽1勝4敗で5位に位置するイラクと、2勝3分けで3位につけるオーストラリアとの一戦。オーストラリアは、横浜F・マリノスのDFミロシュ・デゲネクが先発出場した。前回対戦はオーストラリアのホームで2-0とオーストラリアが勝利している。 ▽試合は39分、左CKを得たオーストラリアは、キッカーのアーロン・ムーイがクロス。これをマシュー・レッキーがヘッドで合わせ、オーストラリアが先制する。 ▽前半を1点リードで終えたオーストラリアは、後半に入って停滞した展開を打破しようとティム・ケイヒルを72分に投入。しかし76分、ボックス左からアリ・アドナンがクロスを上げると、ファーに流れがボールをアハメド・ヤシーンが押し込み、イラクが同点に追いつく。 ▽オーストラリアは82分にジェームズ・トロイージを投入し勝利を目指す。90分にはケイヒルがボックス中央でクロスに合わせるもゴールならず。結局そのまま試合は終了し、1-1のドローに終わった。 イラク代表 1-1 オーストラリア代表 【イラク】 アハメド・ヤシーン(後31) 【オーストラリア】 レッキー(前39) 2017.03.23 23:24 Thu
twitterfacebook
thumb

FC東京FWネイサン・バーンズ、オーストラリア代表に追加招集《ロシアW杯アジア最終予選》

▽オーストラリアサッカー連盟(FFA)は18日、MFジェームズ・ジェッゴ(シュトルム・グラーツ/オーストリア)が負傷のため、FWネイサン・バーンズ(FC東京/日本)を追加招集したことを発表した。 ▽オーストラリアは、ロシアW杯アジア最終予選5試合終了時点で、2勝3分け無敗の勝ち点9でグループBの3位に位置。23日にイラク代表とのアウェイゲームに臨み、28日にホームでUAE代表を迎え撃つ。 2017.03.19 11:15 Sun
twitterfacebook
thumb

横浜FMのDFデゲネクは選出、FC東京のFWバーンズは落選…オーストラリア代表23名が発表《ロシアW杯アジア最終予選》

▽オーストラリアサッカー連盟(AFF)は14日、今月行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦(3月23日)、UAE代表戦(3月28日)に向けたオーストラリア代表メンバー23名を発表した。 ▽8日に発表された30名の候補メンバーからは、FC東京のFWネイサン・バーンズやブリスベン・ロアーのMFマシュー・マッケイ、ローゼンボリのDFアレックス・ガーズバックら7名が外れた。 ▽また、横浜F・マリノスのDFミロシュ・デゲネクは招集。その他、FWティム・ケイヒル(メルボルン・シティ)やDFトレント・セインズベリー(インテル)、Mfマッシモ・ルオンゴ(QPR)などが選ばれている。 ▽ロシアW杯アジア最終予選の5試合を終え、オーストラリアは現在グループBの3位に位置。2位の日本とは勝ち点差1となっている。今回発表されたオーストラリア代表メンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆オーストラリア代表メンバー23名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ミッチェル・ランゲラク</span>(シュツットガルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">マシュー・ライアン</span>(ヘンク/ベルギー) <span style="font-weight:700;">ダニエル・ヴコヴィッチ</span>(シドニーFC) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">アジズ・ベヒッチ</span>(ブルサシュポル/トルコ) <span style="font-weight:700;">ミロシュ・デゲネク</span>(横浜F・マリノス/日本) <span style="font-weight:700;">ライアン・グラント</span>(シドニーFC) <span style="font-weight:700;">トレント・セインズベリー</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ブラッド・スミス</span>(ボーンマス/イングランド) <span style="font-weight:700;">リース・ウィリアムズ</span>(パース・グローリー) <span style="font-weight:700;">ベイリー・ライト</span>(ブリストル・シティ/イングランド) <span style="text-decoration: line-through;">アレックス・ガーズバック(ローゼンボリ/ノルウェー)</span> <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ムスタファ・アミニ</span>(オーフスGF/デンマーク) <span style="font-weight:700;">ジャクソン・アーバイン</span>(バートン・アルビオン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ミル・ジェディナク</span>(アストン・ビラ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジェームズ・ジェッゴ</span>(シュトルム・グラーツ/オーストリア) <span style="font-weight:700;">マッシモ・ルオンゴ</span>(QPR/イングランド) <span style="font-weight:700;">ライリー・マッグリー</span>(アデレード・ユナイテッド) <span style="font-weight:700;">マーク・ミリガン</span>(バニーヤース/UAE) <span style="font-weight:700;">アーロン・ムーイ</span>(ハダースフィールド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジェームズ・トロイージ</span>(メルボルン・ビクトリー) <span style="text-decoration: line-through;">ライアン・エドワーズ(パーティック・シッスルFC/スコットランド)</span> <span style="text-decoration: line-through;">クレイグ・グッドウィン(スパルタ・ロッテルダム/オランダ)</span> <span style="text-decoration: line-through;">クリストファー・イコノミディス(オーフスGF/デンマーク)</span> <span style="text-decoration: line-through;">アワー・メイビル(エスビャウfB/デンマーク)</span> <span style="text-decoration: line-through;">マシュー・マッケイ(ブリスベン・ロアー)</span> <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ティム・ケイヒル</span>(メルボルン・シティ) <span style="font-weight:700;">トミ・ユリッチ</span>(ルツェルン/スイス) <span style="font-weight:700;">ロビー・クルーズ</span>(遼寧宏運/中国) <span style="font-weight:700;">マシュー・レッキー</span>(インゴルシュタット/ドイツ) <span style="text-decoration: line-through;">ネイサン・バーンズ(FC東京/日本)</span> 2017.03.14 17:14 Tue
twitterfacebook
thumb

FWバーンズ、DFデゲネクのJリーガーも招集! オーストラリア代表候補30名が発表《ロシアW杯アジア最終予選》

▽オーストラリアサッカー連盟(AFF)は8日、今月行われるロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選のイラク代表戦(3月23日)、UAE代表戦(3月28日)に向けたオーストラリア代表候補メンバー30名を発表した。 ▽今回のメンバーには、JリーグでプレーするFWネイサン・バーンズ(FC東京)、DFミロシュ・デゲネク(横浜F・マリノス)が招集。その他、FWティム・ケイヒル(メルボルン・シティ)やMFクリストファー・イコノミディス(オーフスGF)、GKダニエル・ヴコヴィッチ(シドニーFC)など昨年11月のタイ代表戦で選出されなかった15名が選ばれている。なお、各クラブでの試合の様子を見て、30名から23名まで絞るとのことだ。 ▽ロシアW杯アジア最終予選の5試合を終え、オーストラリアは現在グループBの3位に位置。2位の日本とは勝ち点差1となっている。今回発表されたオーストラリア代表候補メンバーは以下のとおり。 <span style="font-weight:700;">◆オーストラリア代表メンバー候補30名</span> <span style="font-weight:700;">GK</span> <span style="font-weight:700;">ミッチェル・ランゲラク</span>(シュツットガルト/ドイツ) <span style="font-weight:700;">マシュー・ライアン</span>(ヘンク/ベルギー) <span style="font-weight:700;">ダニエル・ヴコヴィッチ</span>(シドニーFC) <span style="font-weight:700;">DF</span> <span style="font-weight:700;">アジズ・ベヒッチ</span>(ブルサシュポル/トルコ) <span style="font-weight:700;">ミロシュ・デゲネク</span>(横浜F・マリノス/日本) <span style="font-weight:700;">アレックス・ガーズバック</span>(ローゼンボリ/ノルウェー) <span style="font-weight:700;">ライアン・グラント</span>(シドニーFC) <span style="font-weight:700;">トレント・セインズベリー</span>(インテル/イタリア) <span style="font-weight:700;">ブラッド・スミス</span>(ボーンマス/イングランド) <span style="font-weight:700;">リース・ウィリアムズ</span>(パース・グローリー) <span style="font-weight:700;">ベイリー・ライト</span>(ブリストル・シティ/イングランド) <span style="font-weight:700;">MF</span> <span style="font-weight:700;">ムスタファ・アミニ</span>(オーフスGF/デンマーク) <span style="font-weight:700;">ライアン・エドワーズ</span>(パーティック・シッスルFC/スコットランド) <span style="font-weight:700;">クレイグ・グッドウィン</span>(スパルタ・ロッテルダム/オランダ) <span style="font-weight:700;">クリストファー・イコノミディス</span>(オーフスGF/デンマーク) <span style="font-weight:700;">ジャクソン・アーバイン</span>(バートン・アルビオン/イングランド) <span style="font-weight:700;">ミル・ジェディナク</span>(アストン・ビラ/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジェームズ・ジェッゴ</span>(シュトルム・グラーツ/オーストリア) <span style="font-weight:700;">マッシモ・ルオンゴ</span>(QPR/イングランド) <span style="font-weight:700;">アワー・メイビル</span>(エスビャウfB/デンマーク) <span style="font-weight:700;">ライリー・マッグリー</span>(アデレード・ユナイテッド) <span style="font-weight:700;">マシュー・マッケイ</span>(ブリスベン・ロアー) <span style="font-weight:700;">マーク・ミリガン</span>(バニーヤース/UAE) <span style="font-weight:700;">アーロン・ムーイ</span>(ハダースフィールド/イングランド) <span style="font-weight:700;">ジェームズ・トロイージ</span>(メルボルン・ビクトリー) <span style="font-weight:700;">FW</span> <span style="font-weight:700;">ネイサン・バーンズ</span>(FC東京/日本) <span style="font-weight:700;">ティム・ケイヒル</span>(メルボルン・シティ) <span style="font-weight:700;">トミ・ユリッチ</span>(ルツェルン/スイス) <span style="font-weight:700;">ロビー・クルーズ</span>(遼寧宏運/中国) <span style="font-weight:700;">マシュー・レッキー</span>(インゴルシュタット/ドイツ) 2017.03.08 12:36 Wed
twitterfacebook
thumb

オーストラリアがアウェイでタイとドロー! 日本に抜かれ3位転落《ロシアW杯アジア最終予選》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)アジア最終予選グループB第5節のタイ代表vsオーストラリア代表が15日に行われ、2-2で引き分けに終わった。 ▽最終予選4連敗と勝ち点を取れていないタイが、2勝2分けで2位につけるオーストラリアをホームに迎えた一戦。日本の2位浮上にも影響する試合は、意外な展開となった。 ▽レッキーのシュートがプラトゥム・チュトンの手に当ってオーストラリアがPKを獲得。これをジェディナクが左サイドにしっかり決め、オーストラリアが幸先良く先制する。 ▽先制したオーストラリアだったが一瞬の隙を突かれて失点を喫する。20分、クリアボールを拾われ右サイドに展開されると、トリスタン・ドゥーのグラウンダーのクロスをティーラシン・デーンダーが合わせる。一旦はGKライアンがセーブするも、こぼれ球を押し込み、タイが同点に追いつく。 ▽1-1で前半を終えたが、後半先にスコアを動かしたのはタイだった。57分、レッキーがティーラトン・ブンマタンをボックス内で倒してしまいPKを献上。これをティーラシン・デーンダーが落ち着いて決め、タイが逆転に成功する。 ▽ホームでオーストラリア相手に逆転したタイだったが、65分にPKを献上。ジェディナクがこの試合2本目のPKを左隅に沈め、オーストラリアが同点に追いつく。 ▽その後も互いに攻め合うも、ゴールを割ることができず。2-2のまま終了した。引き分けたオーストラリアは勝ち点を1積み上げて9とするも、サウジアラビアに勝利した日本に抜かれ3位に転落した。 タイ代表 2-2 オーストラリア代表 【タイ】 ティーラシン・デーンダー(前20) ティーラシン・デーンダー(後12)【PK】 【オーストラリア】 ジェディナク(前9)【PK】 ジェディナク(後20)【PK】 2016.11.15 22:57 Tue
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース