セルティックのオーストラリア代表MFロジックが足首を手術…長期離脱でW杯最終予選も欠場へ2017.02.10 20:41 Fri

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽セルティックは9日、オーストラリア代表MFトーマス・ロジックの負傷を発表した。足首を手術したため、長期の離脱になるとのことだ。

▽チームの発表によると、ロジックは昨年12月のダンディー戦で足首を負傷。その後、トレーニングセッション中に再び足首を負傷し、手術が必要になったとのことだ。

▽セルティックのブレンダン・ロジャーズ監督は「チームとともにプレーするのを楽しみにしていたため、とても失望している。ただ、シーズンの終わりには戻って来るだろう」とコメント。長期離脱を嘆いていた。

▽オーストラリア代表としてもプレーするロジックは、ロシア・ワールドカップ アジア最終予選でもプレー。ここまでの5試合全てに先発出場し、昨年10月に行われた日本代表戦(1-1のドロー)にもフル出場していた。なお、オーストラリアは現在グループBで3位に位置。3月にはイラク代表(5位)、UAE代表(4位)との試合が控えている。

コメント

関連ニュース

thumb

オーストラリア代表、前アルバニア代表指揮官のデ・ビアージ氏に関心か? クリンスマン氏やグラント氏らも候補に

▽オーストラリア代表の新監督候補に、前アルバニア代表指揮官で先日アラベスを解任されたジャンニ・デ・ビアージ氏(61)の名前が挙がっているようだ。イタリア『スカイ・スポルト』が伝えている。 ▽オーストラリアは先日、ホンジュラス代表とのロシア・ワールドカップ(W杯)大陸間プレーオフ2試合を戦い、2戦合計3-1で4大会連続の本大会出場を決めた。だが、オーストラリアサッカー連盟(FFA)は先月21日、アンジ・ポステコグルー監督(52)の辞任を発表した。 ▽その後、指揮官不在の中で今月1日に行われたロシアW杯グループステージ組み合わせ抽選会でオーストラリアは、フランス代表、ペルー代表、デンマーク代表と同じグループCに入った。 ▽『スカイ・スポルト』の伝えるところによれば、現在フリーのデ・ビアージ氏にはダビデ・ニコラ監督が辞任を発表したセリエAのクロトーネと共に、オーストラリア代表から監督就任オファーが届いているという。 ▽なお、オーストラリア代表の後任候補にはデ・ビアージ氏と共に、前アメリカ代表監督のユルゲン・クリンスマン氏や前セルビア代表監督のスラヴォリュブ・ムスリン氏、前ルーマニア代表監督のクリストフ・ダウム氏、元チェルシーの指揮官のアブラアム・グラント氏などの名前が挙がっている。 2017.12.08 04:00 Fri
twitterfacebook
thumb

日本の天敵・豪代表FWケイヒルがメルボルン・シティを退団

▽メルボルン・シティは6日、オーストラリア代表FWティム・ケイヒル(38)の退団を発表した。双方合意の下での退団となる。 ▽シドニー・ユナイテッドでキャリアをスタートさせたケイヒルは、1997年にイングランドのミルウォールに移籍。2004年にエバートンへと移籍すると、長年に渡ってエースとして活躍した。2012年にメジャーリーグ・サッカー(MLS)のニューヨーク・レッドブルに移籍すると、2015年には上海申花、2016年には杭州緑城と中国でプレー。2016年8月にメルボルン・シティへ加入していた。 ▽メルボルン・シティでは、2016-17シーズンのAリーグで20試合に出場し11ゴールを記録。今シーズンは6試合に出場。チームは9試合を終えて3位に位置している。 2017.12.06 10:14 Wed
twitterfacebook
thumb

ロシアW杯出場決めたのに…豪州のポステコグルー監督が辞任

▽オーストラリアサッカー連盟(FFA)は21日、アンジ・ポステコグルー監督(52)の辞任を発表した。 ▽オーストラリアは先日、ホンジュラス代表とのロシア・ワールドカップ(W杯)大陸間プレーオフ2試合を戦い、2戦合計3-1で4大会連続の本大会出場を決めた。 ▽だが、オーストラリアは首位通過の日本代表と同居したロシアW杯アジア最終予選のグループBを3位。最終的に本大会行きを決めたが、ポステコグルー体制に対する批判的な見方が強まっていた。 ▽なお、現時点で後任に関しては未定。FFAのデビット・ギャロップ最高責任者は「焦ってはいない。まだ時間がある。適切な人物を招へいすることが大切だ」と後任人事について言及している。 2017.11.22 09:30 Wed
twitterfacebook
thumb

豪州FWケイヒル、38歳でのW杯出場へ…「チームに残るためならなんでもする」

▽メルボルン・シティに所属するオーストラリア代表FWティム・ケイヒルが、ロシア・ワールドカップ(W杯)への生き残りを誓った。イギリス『FourFourTwo』が伝えた。 ▽ロシアW杯大陸間プレーオフに回ったオーストラリアは、本大会行きを懸けて北中米のホンジュラス代表と激突した。11日に行われた敵地での1stレグをゴールレスで終えたものの、迎えた15日の2ndレグで3-1と勝利。2戦合計スコア3-1としたオーストラリアの4大会連続5度目となるW杯出場が決まった。 ▽ケイヒルは試合後、『Fox Sports』のインタビューに応対。代表が本大会行きを決めた今、次にすべきこととして、所属先でここまでわずか60分のプレータイムにとどまる現状を改善に意欲を示した。 「僕は今、いくつか大きな決断をしなくてはならない。プレーする時間が必要なんだ」 「これが僕の欲しかった全てなんだ。自分でも問題は時間だけだとわかっている。このチームに残るためならなんでもする。だから、決してそのドアを閉ざさないで欲しい」 2017.11.16 09:00 Thu
twitterfacebook
thumb

ジェディナクの2G&OG誘発で豪州の4大会連続5度目となるW杯出場が決定! 《ロシアW杯大陸間プレーオフ》

▽ロシア・ワールドカップ(W杯)大陸間プレーオフ2ndレグ、オーストラリア代表vsホンジュラス代表が15日にオーストラリアのホームで行われ、3-1でオーストラリアが勝利した。この結果、2戦合計で3-1(1stレグ0-0)としたオーストラリアが、4大会連続5度目のW杯出場を決めた。 ▽勝てばW杯出場が決まる運命の一戦。オーストラリアは1stレグからスタメンに4名の変更を加え、ルオンゴ、リズドン、アーバイン、ユリッチに代えて、ロギッチ、レッキー、マーク・ミリガン、そして負傷の状態が危ぶまれた“英雄”ケイヒルを、この大一番に送り出した。 ▽試合は序盤からフィジカリーな展開に。3分にホンジュラス陣内左に侵攻したジャーマンが相手との接触で警告を受ければ、19分にはホンジュラスのM・フィゲロアがタックルによりイエローカードを提示される。 ▽しかし、得点を求めながらも失点が命取りとなるこの一戦で、お互いに決定機を迎えることができない。身体のぶつかり合いが続くと、42分にはホンジュラスのイサギーレが負傷し、H・フィゲロアとの交代を余儀なくされてしまった。 ▽前半はオーストラリアがムーイやケイヒルに当てつつ、ボールを支配。しかし、サイドからのクロスをメインとする攻撃は、ボックス前に選手を並べるホンジュラスの牙城を崩すことができず、ゴールレスで試合を折り返した。 ▽後半に入ると、52分に敵陣中央をドリブルで持ち運んだロギッチがボックス手前中央でFKを獲得。絶好の位置からのキッカーをジェディナクが務める。右足を振り抜くと、低い弾道の強烈なシュートが放たれ、相手DFにあたりつつもゴールネットを揺らした。 ▽リードしたオーストラリアは、66分にケイヒルに代えてユリッチを投入。足元に秀でた選手を起用すると、72分に左クロスからMFアコスタのハンドを誘い、PKを獲得する。キッカーのジェディナクが再びこれを沈め、貴重な2点目となった。 ▽さらに、84分にも途中出場のクルーズがボックス内で倒されてPKを獲得。これをジェディナクがど真ん中に蹴り込み、試合を決定付ける3点目とした。 ▽痛恨の3失点目を喫したホンジュラスは、試合終了間際の94分に右CKの混戦からボールを持ったエリスが一矢報いたものの、反撃はここまで。直後に試合終了の笛が鳴り、オーストラリアのW杯出場が決定している。 2017.11.15 20:04 Wed
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース