【倉井史也のJリーグ】今こそこっちにスポット当てたほうがいいんでねぇの?!の巻2017.02.09 18:00 Thu

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
(c) CWS Brains, LTD.
▽先日、知り合いの知り合いの知り合いから連絡があったんです。Jリーグのことでお願いがありますって。なんかすごい深刻そうだったから話を聞いてみたら、ガックリきちゃいましたよ。だって、「マスコット総選挙」投票してくれって話だったんだから。

▽13日(月)23:59までやってるんですってよ。で、これの中で何が問題になってるかって、下克上! ディビジョンが上のチームが下のカテゴリーのチームに負けてるって、結構ヤバいことらしくて。だって、あんまり注目されてないぞってことになっちゃうでしょ? そうすると商品展開なんかにも影響しちゃうんじゃないかって心配してるらしいんです。

▽調べてみると、J3のクラブよりも得票数が少ないJ2のクラブがあり、J1なのにJ2よりも人気がないマスコットがいる! というか、長野のライオー、強い! 大分のニータン、長崎のヴィヴィ、松本のガンズ、すごすぎ。名古屋のグランパス、J1だったとしても上位です。そして札幌のドーレ、魔王的な強さ誇ってます。

▽だけど確かにこの投票数じゃ、J1のクラブのマスコット商品は、ほとんど開発できないじゃないか! みたいな。子供向けかもしれないけど、Jリーグが解決しなきゃいけない問題に、新規観戦者層の開拓と、若年ファンの獲得があるんだから、この投票って大事かもしんないです。え? 僕ですか? そりゃもちろん、9日正午現在J1でぶっちぎり最下位の浦和、レディアに入れましたとも。

▽まぁこれで人気があったとしても、クラブと安定度とは何の関係もないわけですが。てなことで、一番心配なのはヴィヴィを擁する長崎なワケですよ。サポーターミーティングでいきなり社長、専務、GMの3人が辞任したことが明らかに! って、開幕もうすぐなんですけど!! 13日には「キックオフカンファレンス」開催されるんですけど!! つーか、期限付移籍満了を合わせて16人が出て行って、17人が入ってきて選手全員で29人。マスコットよりもこの選手たちにスポット当ててあげた方が良い気がするんですけどね……。
【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。

コメント

関連ニュース

thumb

【倉井史也のJリーグ】今週はやっぱり代表のことから振り返られないといけないでしょ!? の巻

▽日本代表の取材に行くと、これが編集部の人たちも来てるわけですよ。で、その方々がお聞きあそばすことがあるわけですな。「今回どんな原稿書くんですか?」みたいな。正直者のワテクシは「今週のコラムは構想3年執筆15分で、こんな感じの内容でございます。へへー」とひれ伏しながら申し上げる次第でして。 ▽で、原稿を送ると編集部の人から「聞いてたとおりの内容ですね!」みたいな返事が来たりするわけです。え? もしかしてご不満? つーか、こんなとき全然別の原稿出したほうがいいわけ? したら「まるで違う内容ですね!」とか来ちゃうんじゃないの? ど、どうすればいいんですか、ワタクシ? ▽とりあえず、こうやって字数を稼がせてもらうネタになったんでいいなかって。あ、いえ、本心じゃございません。だって、代表ですっかりみんなJリーグのこと忘れてるでしょうから、ちょっと頭をほぐして週末の話題に入ったほうがイイと思うんですよ。ええ。 ▽だって今週は日本代表がJリーグに直結してるでしょ。首位鹿島は昌子源と植田直通が呼ばれて、昌子は周りと連携ができてない感じで使われて、引き分けたら監督は怒っちゃったなんて、えらい理不尽な目に遭わされてるし。植田は散々待たせたあげくに使われないし。3位の柏からただ1人呼ばれた中村航輔にしても、結局は練習だけになっちゃったし。シーズン終盤にこれって、ちょっと精神的にドスンと来るんじゃないですか? ▽そんな中で2位川崎Fの車屋紳太郎だけは、ちょっと気分よくチームに帰ってるんじゃないですか? 初招集ながら45分間もプレーさせてもらえたし、アディショナルタイムにはいいカットインから同点ゴールの基点になったし。これはなかなかアピールしたんじゃないですか? あ、そう言えば去年、ヴァイッド・ハリルホジッチ監督は「川崎Fがいいサッカーしてる」って言ってました。 ▽ってことはですよ、今週末から川崎Fの逆転初優勝のドラマがガッツリ始まるわけですか? もしかして3冠いっちゃいます? これまでシルバーコレクターだったけど、取り始めたら一気に集める的な? ▽あー、ワタクシにはもうケンゴがカップ持って泣いてる絵が浮かんじゃって仕方がない。そうか、そのために今まで苦労してたんですね、そうですね、わかります。しかも中村憲剛は次節出場すればJ1通算400試合達成ですからね。 ▽14日、川崎Fがホームに迎えるのは調子の波が激しい仙台で、白星と黒星が交互に並ぶ相手なのです。好調を維持してる川崎Fだったら、これはきっちり勝ち点3を加えるでしょ! え? 仙台は前節負けているから今週は白星の番? お、怖ろしいこと言わないで。そりゃ確かに、優勝が懸かってくると、川崎Fはどこかに一抹の不安を抱えている感じが……。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2017.10.13 06:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【倉井史也のJリーグ】J2ではずっと気になっているチームがあるんですよ。ええ長年!? の巻

▽みんなー、もうすっかり忘れてるんじゃないかな? もしも9月の試合でいろいろ大変なことになってたら、この一週間は韓国とのプレーオフってことになってて、そりゃもう大騒ぎになってたはずなんですよ〜。そうなってたら、どんな他のサッカーの話題もぜーんぶ吹っ飛んでただろうから、いや、ホントよかった、よかった。だからでしょ? 気が抜けたからハイチ戦のチケットってあんまり売れてないんですよね? ▽あ、そうか。みなさんすっかりJリーグモードに戻っちゃって。そりゃそうでしょう、大詰めですからね。J2は残り7試合となって参りました。 ▽J2でデッドヒートを繰り広げているのは、2位福岡と3位長崎の自動昇格争い。抜きつ抜かれつの攻防戦は見所たっぷりなのです。しかもその下が名古屋、松本、横浜FC、大分、徳島、東京VとみんなJ1経験クラブ。だいたいJ2ってJ1よりも順位予想が難しくないですか? まさか今季経営危機が叫ばれた長崎がこの順位にいるってのも、誰も想像しなかっただろうし。 ▽ま、そんな中でひねくれ者のアテクシとしては、11位の水戸に注目してるワケです。プレーオフ圏まで勝点9差。来季のJ1クラブライセンスがないから昇格はできないんだけど、昇格圏に絡んだりすると次のステップへの励みになりません? だってJ2最古参! まだJ3がなかった時代に、甲府、鳥栖と合わせて「ボトム3」だとか「J3」だとか揶揄されてきたわけです。それが今や水戸だけ置いてきぼり。 ▽そりゃサポーターは悔しかったでしょう。だからみんな、いたいけな女の子たちまで戦車に乗せて進撃しちゃうグッズを身につけて応援しちゃってるわけですよ。違うか。 ▽その水戸が今週アウェイで対戦するのは、現在2位福岡と勝点10の差を付けてダントツトップの湘南。これだけ選手を毎年抜かれてもぶれない湘南のスタイルは流石なんですけど、J2を盛り上げるため、ちょっと足踏みしてほしいかも。ええ、湘南には関係ないんですけどね。7日(土)16時、BMW平塚スタジアムでキックオフなのでした。 ▽あ、そう言えば日曜日って大事なルヴァンカップ準決勝第2戦じゃないですか。G大阪が東口順昭、井手口陽介、倉田秋、C大阪が杉本健勇、山口蛍、川崎Fは車屋紳太郎がいないってことは、みんな忘れて! いつものカップ戦の感じだから! でももしこれでC大阪と仙台が決勝進出ってことになったら、長谷川健太監督と鬼木達監督は、どんな気持ちなんですかね~。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2017.10.05 14:15 Thu
twitterfacebook
thumb

【倉井史也のJリーグ】毎回ハリルホジッチ監督の選考基準にイチャモン付けてるわけですが!? の巻

▽つーかですね、私は期待したワケですよ、今回のメンバー発表に。だってこれから先は誰が来年のワールドカップに行けるかっていうサバイバルなんですけど、そういう意味じゃ最初の選考でしょ? だったら枠広げてますよ、ってやってよかったと思うんですよ。 ▽ところが今回新しい選手って、川崎の車屋紳太郎だけってどういうことですか。ちなみにこの車屋って英語で言うとMr. Car DealerじゃなくてMr. Kurumayaなのでよろしく。 ▽ま、それはおいといて、つまりヴァイッド・ハリルホジッチ監督は、だいたいこれまで呼んできた選手で大丈夫ですよ! 12月にJリーガーだけでE-1選手権に出るけど、国内組にもうそうそうチャンスは残ってないよ! つってるようなもんじゃないすか。ホ、ホントにそれでいいんスか? ▽ハリルホジッチ監督が呼んでない、監督にとって新しい選手ってたくさんいますよ。しかも一発で試合の流れを変えられる選手ってのが。たとえば遠藤保仁とか中村憲剛とか中村俊輔とか。いや、冗談じゃなくて。 ▽だってニュージーランド戦って、相手はまだ11月にプレーオフがあるから結構真剣モードでしょ? だったらそこで試して、果たしてまだ国際試合でも大丈夫なのかって見ておけば、FKだったりスルーパスだったりで一気にゴールが奪えるのに。大体セットプレーって元々日本のお家芸だったのに、ハリルホジッチ監督が「決められない」とか言いだしたのは、遠藤とか俊輔とか呼ばなくなったからじゃないんですっけ? ▽ってことで、今週末のベテラン勢には頑張って、ハリルホジッチ監督に「しもうた! 呼んどくべきやったわ〜!」とフランス語で絶叫させてほしいな、と。特に俊輔。39歳? 年齢、関係ないでしょ。あの技術力があったら「あ、FKだ。やべ! 急いで俊輔出そう!」つって出場させても1点取ってくれそうじゃないですか。今週末のアウェイ・FC東京戦で林彰洋からゴールを取ったら、もうそれは認めざるを得ないんじゃないですか? ▽あ、もう一つ言っておくと、GKで林も西川周作も外れてるけど、これってチームの順位が低いからとしか思えないし。チームの成績で決めるんだったら、曽ヶ端準、呼んでやってくれよ! ま、みんな新しい選手なのか古い選手なのかわからないけどな!!<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2017.09.29 18:00 Fri
twitterfacebook
thumb

【倉井史也のJリーグ】今年Jリーグで起きている一番の異変に気づいてないわけないじゃない!? の巻

▽今年はJリーグ大変革の年……って、確かに資金がたっぷり出来て賞金も上がって、各チームとも少しでも成績を上げようと補強して監督の首、バンバン切ってとやっとるわけですが。その中でもっともこれまでと違う点って、どこかおわかりでしょうか? ▽それって、去年のリーグの成績を見ればわかるんです。それもJ2リーグの。去年、自動昇格を決めたのは札幌と清水。そして昇格プレーオフを勝ち残ったのは4位のC大阪でした。 ▽ね、もうおわかりですね。この昇格チームが今年は残留レースから抜け出しそうなんです。いや、そもそもJ2の一番下の順位だったチームって、これまで最初からずっと下位で苦しんでませんでしたっけ? ところが今の順位はC大阪が4位、清水が13位、札幌が14位と去年の逆の順番で、しかも現在16位の甲府と札幌の勝点差は5。これはもしかして、史上初の「昇格組から降格なし」ってことになるかもしれません。 ▽毎年残留ラインは、試合数×1、つまり34って言われてますから、残り8試合で清水はあと2勝、札幌は2勝2分で来年もJ1ってことになりそうです。 ▽ただし、ちょっと心配なのは実は清水。直近リーグ戦5試合であげた勝ち点は3。これって16位甲府、18位新潟の2よりも多いけど、17位大宮の5よりも低い、リーグワースト3位の成績なのです。なによりこのペースだと、残留ラインすれすれって感じです。 ▽リーグの川崎戦に向けて調整していたはずの鄭大世は、天皇杯の川崎戦でも出番なし。ケガ明けから直ぐに結果が出せるとは思えないけど、このまま長引くとずっと最後まで調子が出せず……なんてことにもなりかねない。再昇格2年目の磐田が6位ってことで、よけいに胸をかきむしられてんじゃないかと察しまする。 ▽さてさて、そんなJ2からの昇格組が落としてはいけないのが今週の試合。札幌は最下位の新潟と、清水は降格圏を脱出したばかりの広島との対戦で、しかもそれぞれホームゲーム。と、昇格組にピントを合わせて書いてきましたけど、もしかしてここで降格圏から「まくり」が始まりそうな予感もすごくしたりして……。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2017.09.22 12:30 Fri
twitterfacebook
thumb

【倉井史也のJリーグ】今週は本気で応援した選手がいるわけです。本気です!? の巻

▽今週の感動したこと。それってやっぱりACLの浦和vs川崎Fでしょ。1-3で初戦を落として、2戦目も先制点を奪われたら、それから4点取ろうなんてことは、なかなか難しいはずですよ。 ▽だけど、このコラムじゃ浦和について触れようなんて全然思ってないわけです。確かに浦和はすごい! でも、こんなとき大切なのはショッキングな負け方をしたチームの選手がどんな態度を取るかってことで。その意味で一番感動したのは小林悠。さすがキャプテンというか日本代表選手というか。 ▽いろいろ思うことは当然あったと思うんです。退場になってしまった車屋紳太郎にも、自分を交代させた鬼木達監督にも。でも、それをグッと飲み込んで、チームのことだけを考えて、次の試合のことに話を向けて。 ▽これまで、こんなときに報道陣の前で不満を漏らしてしまう選手ってたくさん見てきました。あるいは、いつもは報道陣に囲まれると話すのに、こんなときだけ無視して通り過ぎていく選手。だけど小林は違いますからね。 ▽中立的立場で試合を見なきゃいけないと思うし、それは貫いてるつもりなんですけど、ふと個人の立場になったら、これは今週、小林を応援したいな、みたいな。あ、どこがいつも中立なんだっつうツッコみも、もっともでございます。 ▽さてさて、そんな激闘を終えた川崎Fは16日(土)にアウェイ戦の清水に臨むわけですよ。あれ? 浦和は17日(日)に試合なのになぜ? つーのはおいといて。リーグ戦では2位につける川崎Fだけど、もしこの試合を落とすようなら5位転落もあり得ます。中村憲剛は連戦の疲れが出てもおかしくないし、大島僚太はケガを抱えているのがバレちゃったし。 ▽一方、清水は鄭大世が8月5日の鳥栖戦からずっとケガで離脱中。その間6戦で7得点と得点力不足に苦しんでるのです。ただ、この川崎F戦に向けて牙を研いでいるという話もあり、もしかしたら復帰の舞台に古巣を選ぶ可能性も。 ▽ま、見てるほうは小林と鄭大世という両ストライカーの意地の張り合いってのを見たいもんですけどね。特に今回は小林にとっても、ここで一発決めてなんとか踏みとどまりたい試合でしょ。それにここで勝っておかないと、またまたこれまで川崎Fが歩んできたいつもの道を歩くことになりそうな。あ、そういえば対戦相手の清水も昔は……(汗)。<hr>【倉井史也】 試合当日は、はやる気持ちを抑えられずスタジアムに受け付け開始と同時に駆けつけ、選手のバスが両方行ってしまうまで名残を惜しむ。自慢は対戦カードの因縁をよく覚えていること。特にサポーター寄りのネタが得意。パッと見は若いが実は年齢不詳のライター。 2017.09.14 23:35 Thu
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース