【ACLプレーオフ プレビュー】苦手春先で迎える本大会行きに向けた第一歩《G大阪vsJDT》2017.02.07 13:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017のプレーオフラウンドが7日(火)にアジア各国で開催。プレーオフラウンドからの参戦となるガンバ大阪は、ホームの市立吹田サッカースタジアムでマレーシアのジョホール・ダルル・タクジム(JDT)を迎え撃つ。

◆初経験のPO
Getty Images
▽2008年のアジアタイトル奪回を目標に臨んだ昨シーズンのACL2016で、未勝利でグループステージ敗退という散々な結果に終わったG大阪。過去8度のACL出場歴を持つ関西の雄にとって、プレーオフから参戦するのはクラブ史上初となる。

◆迎え撃つはマレーシアの絶対王者
▽予選プレーオフを勝ち上がってきた対戦相手のJDTは、国内リーグ3連覇中の絶対王者。2015年にはACLの1つ下のカテゴリーであるAFCカップで初優勝したマレーシアの強豪クラブだ。戦力にはアルゼンチンなど外国籍選手も多く在籍しており、気が抜けない相手であることは間違いない。

◆変革期を迎えたチーム状況
▽主力の入れ替わりが顕著なチーム状況ということもあり、今シーズン初の公式戦となるJDT戦に向けて鍵となりそうなのは、守備陣の安定感。新布陣の中盤ダイヤモンド型の[4-3-1-2]も手応えこそありつつも、まだ手探り段階だ。一発勝負ということを考えてみても、まずは守備の安定感がクラブ9度目となる本大会行きのポイントになるだろう。

◆超短期調整
Getty Images
▽泣いても笑っても一発勝負のプレーオフを迎えるにあたって、G大阪にはいくつか不安要素がある。まず、16日のキャンプインからわずか3週間程度という日程面。例年以上に戦力の入れ替わりも多かった中、戦術の浸透度と新戦力のフィット具合が気がかりだ。

◆悪癖
▽また、チームの悪癖となりつつある春先のスロースターターぶりも気になるところ。国内3冠を達成した2014年を含めて過去、5年連続で公式戦開幕戦において白星がない。勝敗によっては今シーズンのチームを取り巻く状況も変わってくるだけに、ここでの悪癖露呈は許されない。

◆予想スタメン&フォーメーション [4-3-1-2]
(c) CWS Brains, LTD.
GK:東口順昭
DF:オ・ジェソク、三浦弦太、ファビオ、藤春廣輝
MF:遠藤保仁、井手口陽介、今野泰幸、倉田秋
FW:アデミウソン、長沢駿
負傷者:GK藤ヶ谷陽介、DF米倉恒貴、MF藤本淳吾、FW呉屋大翔

◆GK東口順昭はぶっつけ本番
▽フォーメーションは、今シーズンのプレシーズンから導入されている[4-3-1-2]の新システム。MF遠藤保仁がアンカーの位置で機能できるかどうかがカギとなる。負傷者においては、両太ももの違和感で別メニュー調整続くGK東口順昭が3日の練習から完全合流。このプレシーズン期間の2試合を欠場しており、実戦から遠ざかっているが、ぶっつけ本番での出場が濃厚だ。

◆注目プレーヤー
MF倉田秋(ガンバ大阪/No10)
Getty Images
▽昨シーズンのJ1リーグでキャリア初の全試合に出場したものの、肝心の攻撃面でわずか2ゴールと振るわなかった副主将。今シーズンは、「チームの顔として先頭に立ってやりたい」「より相手の脅威になりたい」との思いから、クラブの生え抜きで先輩のMF二川孝広が着用してきた伝統の10番を志願して継承した。

▽そんな中、今シーズン初の公式戦となるJDT戦ではトップ下として先発濃厚。アウグスブルクでプレーする後輩のFW宇佐美貴史をしてチーム屈指のテクニシャンと言わしめた確かなスキルを生かし、今シーズンの抱負とする「ゴールやアシスト」の部分でより存在感を示していきたいところだ。

コメント

関連ニュース

thumb

AFCが浦和とのACLで問題を起こした済州ユナイテッド2選手への処分を軽減

▽アジアサッカー連盟(AFC)は20日、浦和レッズとのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)の試合後に問題を起こし処分を与えていた済州ユナイテッドFCの2選手に関して、処分を軽減することを発表した。 ▽対象選手はチョ・ヨンヒョンとペク・ドンギュの2選手。両選手は5月31日に埼玉スタジアム2002で行われたACL決勝トーナメント1回戦2ndレグの浦和レッズvs済州ユナイテッド(韓国)で問題を起こしていた。 ▽試合中に退場処分が下されたものの、審判への抗議、試合後の乱闘に参加したチョ・ヨンヒョンに関しては、6カ月の出場停止処分と2万ドル(220万円)の罰金処分を下していたが、1年間の執行猶予付きの3カ月の出場停止処分に軽減することを発表。これにより、9月9日から試合に出場することが可能となる。 ▽また、ベンチから飛び出し試合中に浦和MF阿部勇樹に暴行を働いていたペク・ドンギュには3カ月の出場停止と1万5000ドル(約170万円)の罰金処分が下されていたが、出場停止処分を2カ月に軽減した。これにより、8月9日から試合に出場することが可能となる。 ▽同日には川崎フロンターレが「旭日旗問題」に対して上訴していた問題を棄却しており、1年間の執行猶予付きでAFC主催のホーム戦1試合の無観客処分と、罰金1万5000ドル(約170万円)が確定。Jリーグクラブにとっては不可解な裁定が続くこととなった。 2017.07.20 22:01 Thu
twitterfacebook
thumb

AFCが全面棄却…川崎F、訴え叶わず「旭日旗問題」で処分へ

▽アジアサッカー連盟(AFC)は20日、川崎フロンターレの「旭日旗問題」に対する上訴を全面棄却したと発表した。 ▽発端は、4月20日に韓国で行われたAFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の水原三星ブルーウィングス戦。川崎Fの一部サポーターによる旭日旗を掲げての応援が、水原側のサポーターとの衝突を生んでいた。 ▽差別的かつ韓国民を傷つける行為と判断したAFCは5月4日、川崎Fに1年間の執行猶予付きでAFC主催のホーム戦1試合の無観客処分と、罰金1万5000ドル(約170万円)を発表。川崎F側は処分撤回を求め、異議を唱えていた。 2017.07.20 15:40 Thu
twitterfacebook
thumb

G大阪MF遠藤保仁、ACL初制覇の2008年大会回想…印象的な試合は「準決勝の浦和戦」

▽ガンバ大阪に所属する元日本代表MF遠藤保仁が、自身も50試合以上の出場数を数えるAFCチャンピオンズリーグ(ACL)から最も印象に残る試合として、2008年に行われた浦和レッズとの準決勝2試合を挙げた。AFC公式サイトが伝えている。 ▽この年、G大阪と浦和はベスト4で激突。第1戦、第2戦ともに浦和が先制する展開が続いたが、G大阪が底力を見せ、トータルスコア4-2で決勝進出を果たした。 ▽その後、G大阪はアジア初制覇。しかし、遠藤にとって、自身も2ゴールを挙げた準決勝の浦和戦が、アデレード・ユナイテッドとの決勝戦よりも強く印象に残っているようだ。 「一番面白かったのは、2008年のセミファイナルですね。浦和戦が一番記憶に残っていますね」 「決勝に進む大事な2試合で、なおかつ、その当時の最大のライバル。ホームが1-1、アウェイが3-1だったかな。快勝することができたので」 「ACLの準決勝で、国内のライバルチームと当たるのは特別な思い出だったかなと思います」 ◆第1戦 ガンバ大阪 1-1 浦和レッズ 【G大阪】 遠藤保仁(後36分[PK]) 【浦和】 細貝萌(前22分) ◆第2戦 浦和レッズ 1-3 ガンバ大阪 【浦和】 高原直泰(前36分) 【G大阪】 ルーカス(前37分) 遠藤保仁(前43分) 安田理大(後23分) 2017.06.29 12:40 Thu
twitterfacebook
thumb

ACL準々決勝進出のアル・アハリ、前ディナモ・キエフ指揮官のレブロフ氏が新監督就任

▽サウジアラビアのアル・アハリは22日、先日にディナモ・キエフの指揮官を退任したセルゲイ・レブロフ氏(43)を新監督に招へいしたことを発表した。契約期間は1年。 ▽現役時代にディナモ・キエフやトッテナムで活躍した元ウクライナ代表FWのレブロフ氏は、2014年から古巣ディナモ・キエフで監督キャリアをスタート。2014–15シーズンと2015–16シーズンにリーグ連覇に導くも、今季はシャフタールにリーグ王座を譲り、シーズン終了後に指揮官の座を降りていた。 ▽レブロフ氏が新指揮官に就任するアル・アハリは、今季を2位でフィニッシュ。なお、今季のAFCチャンピオンズリーグでベスト8進出を果たしているチームは、8月と9月に行われる準々決勝でイランのペルセポリスとベスト4進出を懸けて戦うことになる。 2017.06.23 05:05 Fri
twitterfacebook
thumb

ACL準々決勝のキックオフ時間が決定! 川崎Fvs浦和の第1戦は19時、第2戦は19時半キックオフ《ACL2017》

▽日本サッカー協会(JFA)は13日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)準々決勝のキックオフ時間を発表した。 ▽浦和レッズと川崎フロンターレが準々決勝に勝ち残っているACL。準々決勝ではその2チームが対戦し、ベスト4進出を目指す。 ▽第1戦は川崎Fの本拠地である等々力陸上競技場で8月23日(水)に開催。キックオフは19時となる。また、埼玉スタジアム2002で行われる第2戦は9月13日(水)の19時30分キックオフとなる。 ▽浦和と川崎Fの勝者は、9月27日(水)に行われる準決勝第1戦で、広州恒大(中国)vs上海上港(中国)の勝者と対戦。第2戦は10月18日(水)に開催。決勝は第1戦が11月18日(土)、第2戦が11月25日(土)に行われる。準々決勝のキックオフ時間は以下のとおり。 ◆ACL準々決勝 【第1戦】 ▽8月21日(月) 《19:50》 アル・アイン(UAE) vs アル・ヒラル(サウジアラビア) ▽8月22日(火) 《未定》 ペルセポリス(イラン) vs アル・アハリ・サウジ(サウジアラビア) 《20:00》 上海上港(中国) vs 広州恒大(中国) ▽8月23日(水) 《19:00》 <span style="color:#00b7ec;font-weight:700;">川崎フロンターレ</span>(日本) vs <span style="color:#ec0000;font-weight:700;">浦和レッズ</span>(日本) 【第2戦】 ▽9月11日(月) 《20:00》 アル・ヒラル(サウジアラビア) vs アル・アイン(UAE) ▽9月12日(火) 《未定》 アル・アハリ・サウジ(サウジアラビア) vs ペルセポリス(イラン) 《20:00》 広州恒大(中国) vs 上海上港(中国) ▽9月13日(水) 《19:30》 <span style="color:#ec0000;font-weight:700;">浦和レッズ</span>(日本) vs <span style="color:#00b7ec;font-weight:700;">川崎フロンターレ</span>(日本) 2017.06.13 16:50 Tue
twitterfacebook


FOOTBALL COUNTDOWNS特集
PUMA ONE特集
中間評価
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース