【ACLプレーオフ プレビュー】苦手春先で迎える本大会行きに向けた第一歩《G大阪vsJDT》2017.02.07 13:00 Tue

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017のプレーオフラウンドが7日(火)にアジア各国で開催。プレーオフラウンドからの参戦となるガンバ大阪は、ホームの市立吹田サッカースタジアムでマレーシアのジョホール・ダルル・タクジム(JDT)を迎え撃つ。

◆初経験のPO
Getty Images
▽2008年のアジアタイトル奪回を目標に臨んだ昨シーズンのACL2016で、未勝利でグループステージ敗退という散々な結果に終わったG大阪。過去8度のACL出場歴を持つ関西の雄にとって、プレーオフから参戦するのはクラブ史上初となる。

◆迎え撃つはマレーシアの絶対王者
▽予選プレーオフを勝ち上がってきた対戦相手のJDTは、国内リーグ3連覇中の絶対王者。2015年にはACLの1つ下のカテゴリーであるAFCカップで初優勝したマレーシアの強豪クラブだ。戦力にはアルゼンチンなど外国籍選手も多く在籍しており、気が抜けない相手であることは間違いない。

◆変革期を迎えたチーム状況
▽主力の入れ替わりが顕著なチーム状況ということもあり、今シーズン初の公式戦となるJDT戦に向けて鍵となりそうなのは、守備陣の安定感。新布陣の中盤ダイヤモンド型の[4-3-1-2]も手応えこそありつつも、まだ手探り段階だ。一発勝負ということを考えてみても、まずは守備の安定感がクラブ9度目となる本大会行きのポイントになるだろう。

◆超短期調整
Getty Images
▽泣いても笑っても一発勝負のプレーオフを迎えるにあたって、G大阪にはいくつか不安要素がある。まず、16日のキャンプインからわずか3週間程度という日程面。例年以上に戦力の入れ替わりも多かった中、戦術の浸透度と新戦力のフィット具合が気がかりだ。

◆悪癖
▽また、チームの悪癖となりつつある春先のスロースターターぶりも気になるところ。国内3冠を達成した2014年を含めて過去、5年連続で公式戦開幕戦において白星がない。勝敗によっては今シーズンのチームを取り巻く状況も変わってくるだけに、ここでの悪癖露呈は許されない。

◆予想スタメン&フォーメーション [4-3-1-2]
(c) CWS Brains, LTD.
GK:東口順昭
DF:オ・ジェソク、三浦弦太、ファビオ、藤春廣輝
MF:遠藤保仁、井手口陽介、今野泰幸、倉田秋
FW:アデミウソン、長沢駿
負傷者:GK藤ヶ谷陽介、DF米倉恒貴、MF藤本淳吾、FW呉屋大翔

◆GK東口順昭はぶっつけ本番
▽フォーメーションは、今シーズンのプレシーズンから導入されている[4-3-1-2]の新システム。MF遠藤保仁がアンカーの位置で機能できるかどうかがカギとなる。負傷者においては、両太ももの違和感で別メニュー調整続くGK東口順昭が3日の練習から完全合流。このプレシーズン期間の2試合を欠場しており、実戦から遠ざかっているが、ぶっつけ本番での出場が濃厚だ。

◆注目プレーヤー
MF倉田秋(ガンバ大阪/No10)
Getty Images
▽昨シーズンのJ1リーグでキャリア初の全試合に出場したものの、肝心の攻撃面でわずか2ゴールと振るわなかった副主将。今シーズンは、「チームの顔として先頭に立ってやりたい」「より相手の脅威になりたい」との思いから、クラブの生え抜きで先輩のMF二川孝広が着用してきた伝統の10番を志願して継承した。

▽そんな中、今シーズン初の公式戦となるJDT戦ではトップ下として先発濃厚。アウグスブルクでプレーする後輩のFW宇佐美貴史をしてチーム屈指のテクニシャンと言わしめた確かなスキルを生かし、今シーズンの抱負とする「ゴールやアシスト」の部分でより存在感を示していきたいところだ。

コメント

関連ニュース

thumb

選手への差別的投稿を受けた浦和がファン・サポーターへ「サッカーでの決着で栄冠を得られるよう、共に闘ってください」と呼びかけ

▽浦和レッズは21日、「ファン・サポーターのみなさまへ」と題し、クラブ公式サイトで声明を発表した。 ▽浦和の発表によると、FWラファエル・シルバ、DFマウリシオなどのインスタグラムアカウントに対し、差別的な投稿がなされていたとのこと。ラファエル・シルバは「この世界にまだ差別主義者がいることを悲しんでいます。私は私の肌に誇りを持っています」というメッセージを発信していた。 ▽浦和は、アジアサッカー連盟(AFC)に事実を報告したとのこと。「私たちは、私たちのファミリーである選手をいかなる差別からも守ります」と声明を発表している。 ▽また、これまで人種差別撲滅に向けた行動を行っていることを挙げ、ファン・サポーターに対しては、25日に行われるACL決勝2ndレグで共に闘うことを呼びかけた。 「浦和レッズは、2014年に差別撲滅に向けた行動計画『ZERO TOLERANCE(絶対許さない)』を策定し、クラブ内はもちろん、ホームゲーム時のスタジアムやホームタウン内の学校において、啓発活動を軸に取り組んでいます。今後も差別を断固として許さないというFIFAをはじめとするサッカーファミリー全体の方針に共鳴しながら、この取り組みを推進してまいります」 「そして、サッカーや世界から差別がなくなるよう努めて参ります」 「25日には、10年ぶりの栄冠を勝ち獲る大切な一戦があります」 「ファン・サポーターのみなさまにおかれましては、ピッチ外の事象にとらわれることなく、サッカーでの決着で栄冠を得られるよう、共に闘ってください」 「ホーム埼玉スタジアムで、スポーツマンシップとともに、真の浦和レッズを表現し、共に喜びの瞬間を創り出しましょう」 「引き続きのサポート、よろしくお願いいたします」 2017.11.21 17:32 Tue
twitterfacebook
thumb

浦和とのACL決勝を控えるアル・ヒラルMFカルロス・エドゥアルドが前十字じん帯断裂でブラジルに帰国

▽アル・ヒラルは20日、ブラジル人MFカルロス・エドゥアルドの負傷を発表した。手術をうけるためにブラジルに帰国するとのことだ。 ▽クラブの発表によると、カルロス・エドゥアルドは前十字じん帯断裂と診断されたとのこと。レネ・アブダラ医師の手術をうけるため、ブラジルに帰国することが決定したという。 ▽カルロス・エドゥアルドは、18日に行われた浦和レッズとのAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝1stレグに先発出場。しかし、試合中に守備をした際に負傷。一度はピッチに戻るも、18分にナワフ・アルアビドと交代していた。 ▽今シーズンのACLでは、10ゴールを記録しているオマル・ハルビンに次いで、7ゴールを奪っていたカルロス・エドゥアルド。アウェイでの2ndレグで突破を目指すアル・ヒラルにとっては、大きな痛手となりそうだ。 2017.11.21 17:25 Tue
twitterfacebook
thumb

【ACLプレビュー】アウェイの地で挑む10年ぶりの決勝《アル・ヒラルvs浦和》

▽18日、AFCチャンピオンズリーグ(ACL)2017の決勝1stレグ、アル・ヒラル(サウジアラビア)vs浦和レッズがキングファハドスタジアムで行われる。 ▽アジア王者を懸けて西アジアと東アジアのクラブが激突する一戦。Jリーグ勢の浦和が10年ぶりのアジア王者に輝けるかに注目だ。 <span style="font-weight:700;">◆元Jリーガーが率いるサウジの名門</span>〜アル・ヒラル〜<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171118_100_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽西アジアの予選を勝ち上がってきたアル・ヒラルは、サウジアラビアの首都リヤドをホームとするチーム。サウジアラビアリーグ最多となる14回の優勝を誇る名門で、今シーズンもリーグ戦でアル・アハリと勝ち点で並ぶ2位につけている。 ▽アル・ヒラルを率いるのは、Jリーグで横浜マリノス(現横浜F・マリノス)に所属してJリーグ初年度の得点王に輝き、アルゼンチン代表としても活躍したラモン・ディアス監督だ。昨シーズンは国内2冠を達成。ACLでも決勝へとチームを導いた手腕はさすがだ。 ▽ACLの前身であるアジアクラブ選手権では1992年、2000年と2度の優勝を経験しており、17年ぶりのアジア制覇を目指している。 <span style="font-weight:700;">◆10年ぶりのアジア制覇へ</span>〜浦和レッズ〜<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171118_100_tw3.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽対する東アジアの予選を勝ち上がったのは、浦和だ。準決勝ではブラジル代表FWフッキや同代表MFオスカルらを要する上海上港(中国)を撃破。ラウンド16の済州ユナイテッドFC戦、準々決勝の川崎フロンターレ戦と厳しい戦いをくぐり抜けての決勝進出とあって、このままアジアを制したいところだ。 ▽日本代表の欧州遠征に参加していたGK西川周作、DF槙野智章、MF遠藤航、MF長澤和輝、FW興梠慎三も現地で直接合流。短い期間ではあるがしっかりとチームとしてトレーニングを積み、1週間後に行われる2ndレグに繋がる試合をしたいところだ。 <span style="font-weight:700;">【予想スタメン&フォーメーション】</span> <span style="font-weight:700;">◆浦和レッズ</span>[4-1-4-1]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171118_100_tw4.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>GK:西川周作 DF:森脇良太、遠藤航、阿部勇樹、槙野智章 MF:ラファエル・シルバ、柏木陽介、青木拓矢、長澤和輝、武藤雄樹 FW:興梠慎三 監督:堀孝史<hr>▽決勝も[4-1-4-1]のシステムを継続。日本代表に招集されていた5選手も先発すると予想する。出場停止のDFマウリシオが務めていたセンターバックには遠藤が入り、遠藤が務めていた右サイドバックにはDF森脇良太が復帰するとみる。 <span style="font-weight:700;">【注目選手】</span> <span style="font-weight:700;">◆FWオマル・ハルビン</span>(アル・ヒラル) ▽アル・ヒラルの注目選手は、現在9得点で今シーズンのACL得点ランキングトップに立つシリア代表のハルビンだ。攻撃を牽引するハルビンの得点力は、決勝トーナメントに入っても健在。準決勝でも2ndレグで2得点を記録し、チームの決勝進出に貢献した。ホームゲームだけに、しっかりとゴールを奪いたいアル・ヒラル。浦和の守備陣を翻弄する可能性は高い。 <span style="font-weight:700;">◆DF槙野智章</span>(浦和レッズ)<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20171118_100_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div>▽注目選手には日本代表でもしっかりと最終ラインの一角を担った槙野をピックアップ。10月に日本で行われたニュージーランド代表戦、ハイチ代表戦に続き、先日のブラジル代表戦、ベルギー代表戦もセンターバックとしてプレーした槙野。浦和ではサイドバックでの出場となるが、デュエルの部分、守備のポジショニング、読みの部分では磨きがかかったように感じる。大アウェイの中での一戦となるだけに、不要な失点は避けたいところ。槙野を筆頭にディフェンスラインの活躍が求められる。 <span style="font-weight:700;">◆失点ゼロで帰国できるか</span> ▽1stレグに望むことは、失点せずに終えること。2ndレグで逆転劇を演じ続けてきた浦和としては、良い形で2ndレグを迎えられる結果を残したいところだ。 ▽アウェイで勝利を挙げることができればより有利な立場に立てるものの、無理に勝ち点3を狙うことで不用意な失点を喫するのは避けたい。アンカーに入るであろうMF青木拓矢も鹿島アントラーズ戦で痛めた箇所が癒えていないために、集中した守備が求められる。 ▽攻撃面ではしっかりとした守備からのショートカウンターが有効か。前線がしっかりと連動し、主導権を握るサッカーができれば、2ndレグで優位に立てるだろう。10年ぶりの日本勢アジア制覇へ。注目の1stレグは18日の25時15分にキックオフを迎える。 2017.11.18 22:28 Sat
twitterfacebook
thumb

浦和レッズとACL決勝で対戦…サウジアラビア王者・アル・ヒラルはどんなチーム?

浦和レッズとアル・ヒラル(サウジアラビア)が対戦するAFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝第1戦は、キング・ファハド国際スタジアムで現地時間18日(日本時間19日1時15分)にキックオフを迎える。浦和と対戦するアル・ヒラルについて、『Goal』アラビア語版の記者に話を聞いた。<br><br>決勝の相手であるアル・ヒラルは、首都リヤドをホームタウンとするクラブ。サウジ・プレミアリーグで最多14回の優勝を誇り、昨シーズンの王者でもある。現在も国内リーグで首位アル・アハリと並ぶ勝ち点20の2位につけており、攻守にバランスの取れたチームだ。アル・ヒラルの指揮を執るのは、元アルゼンチン代表で、横浜マリノス(現F・マリノス)でもプレーしたラモン・ディアス監督。同監督は昨シーズンのリーグ優勝、カップ戦優勝の二冠を達成したため、クラブの経営陣やファンからも熱烈な支持を受けているという。<br><br>注目選手はシリア代表FWオマル・フリービーンで、上海上港のFWフッキと並び、9得点でACLのトップスコアラーだ。また、ブラジル国籍のカルロス・エドゥアルドは、前線のキープレーヤーであり、ACLで7ゴールを挙げている。中盤ではサウジアラビア代表MFサルマーン・アル=ファラジュがキーマンになる。ゲームをコントロールする力に長けた選手で、ディアス監督のサッカーで、最も重要な役割を果たす選手と評される。<br><br>アル・ヒラルは非常に人気のあるクラブで、決勝第1戦のスタジアムは満員になることが予想される。サウジアラビアは2018 FIFAワールドカップ ロシア大会に出場を決めたこともあり、大衆だけでなく、メディアもアル・ヒラルのACL制覇を後押ししているとのことだ。<br><br><br>提供:goal.com 2017.11.17 18:52 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和がACL決勝チケットの高額転売に対する具体策を発表!

▽浦和レッズは16日、ホームゲームチケットの転売対策を目的として、『REX CLUB』会員(ファンクラブ会員)向けに、公式のチケット譲渡の場を提供することを発表した。 ▽AFCチャンピオンズリーグ(ACL)を決勝まで勝ち抜いている浦和は、18日(土)にアウェイで第1戦を、25日(土)に第2戦をホームでアル・ヒラル(サウジアラビア)と争うことが決まっている。第2戦のホームゲームチケットがインターネットオークションサイト等で多数、高額で転売していることを把握した浦和は、以前より高額転売チケットの購入を控えるよう呼びかけを行っていた。 ▽そして16日、浦和は具体的な転売対策としてクラブ自ら公式でチケット譲渡の場を用意することを発表した。チケットの買い戻しは、18日(土)及び23日(木・祝)に埼玉スタジアムで行われるほか、17日(金)~21日(火)の期間には郵送での対応を予定している。なお、購入者の本人確認が取れる場合のみ買戻し対象になること、『REX TICKET』での購入者のみの対応となること、返金額はチケット券面金額から1枚につき手数料500円を差し引いた額になることも伝えている。 ▽また、買い戻したチケットの販売については、『REX CLUB』登録者による事前申し込み抽選制となるとのことで、応募受付期間は23日(木・祝)18:00から24日(金)11:59まで。抽選実施日時は24日(金)12:30(予定)となっている。詳細はクラブ公式サイト[ http://www.urawa-reds.co.jp/ ]まで。 2017.11.16 22:40 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース