【2017Jリーグ補強診断】ゼロ円補強でベースアップ、守護神問題も解決し躍進に期待《サガン鳥栖》2017.02.06 21:17 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2月25日に開幕を迎える2017シーズンの明治安田生命J1リーグ。3年ぶりの1シーズン制が復活となり、全18チームがタイトルを目指してしのぎを削る。開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。フィッカデンティ体制2年目を迎えるサガン鳥栖編をお届けする。

◆フィッカデンティ色を出した人員整理
Getty Images
【OUT】
GK
藤嶋栄介(25)→松本山雅FC/期限付き
林彰洋(29)→FC東京/完全
牲川歩見(22)→ジュビロ磐田/期限付き終了

DF
磯崎敬太(36)→現役引退
小林久晃(37)→現役引退
岸田翔平(26)→大分トリニータ/完全
丹羽竜平(31)→未定
坂井達弥(26)→大分トリニータ/期限付き

MF
清武功暉(25)→ジェフユナイテッド千葉/完全
チェ・ソングン(25)→水原三星ブルーウィングス(韓国)/完全
金民友(26)→水原三星ブルーウィングス(韓国)/完全
中美慶哉(25)→ツエーゲン金沢/期限付き延長
菊地直哉(32)→北海道コンサドーレ札幌/期限付き延長
岡本知剛(26)→松本山雅FC/完全
早坂良太(31)→北海道コンサドーレ札幌/完全
白星東(25)→水原FC(韓国)/完全
アイメン・タハール(27)→ガズ・メタン(ルーマニア)/完全

FW
平秀斗(22)→未定
山﨑凌吾(24)→徳島ヴォルティス/期限付き→完全
岡田翔平(27)→ザスパクサツ群馬/完全
ムスタファ・エル・カビル(28)→アンタルヤシュポル(トルコ)/完全
▽兵役の関係でチームを去ったMF金民友や守護神のGK林彰洋、ユーティリティ性が高かったMF早坂良太らが退団。さらに期限付き移籍していた選手の大半が完全移籍でチームを去るなど、フィッカデンティ色を強めた人員整理を敢行した。

◆補強診断(★5つが最高)
★★★★
▽大半が余剰戦力の放出となった一方で、チームの軸であったGK林彰洋、MF金民友の退団はチームに大きな影響を与えるだろう。経験値が豊富な選手の獲得でウィークポイントを着実に埋めていく中、GKの獲得が難航。それでも、フィッカデンティサッカーを知る守護神をゼロ円でゲットした。

◆守護神問題もゼロ円で解決【GK&DF】
Getty Images
【IN】
権田修一(27)←無所属/完全
小林祐三(31)←横浜F・マリノス/完全
フランコ・スブットーニ(27)←アトレティコ・トゥクマン(アルゼンチン)/完全
▽横浜F・マリノスで長らく不動のレギュラーとして右サイドバックを務めていたDF小林祐三の加入は大きな補強となった。さらに190cmの大型CBとしてDFフランコ・スブットーニを獲得しディフェンスラインを強化。不安視されていた守護神問題もFC東京を退団していた元日本代表GK権田修一を獲得し解決。無事に戦力は整った。

◆ゼロ円補強で着実に底上げを達成【MF】
Getty Images
【IN】
小川佳純(32)←名古屋グランパス/完全
原川力(23)←川崎フロンターレ/期限付き
太田徹郎(27)←柏レイソル/完全
水野晃樹(31)←ベガルタ仙台/完全
石川啓人(18)←サガン鳥栖ユース/昇格
▽名古屋の10番を背負い続けたMF小川佳純、日本代表歴もあるMF水野晃樹、ハードワークが売りのMF太田徹郎を獲得。さらに、リオ・デジャネイロ五輪にも出場したMF原川力を期限付きで獲得し、移籍金をかけずに実力者を揃えた。ユースから昇格のMF石川啓人を含め、中盤の補強をゼロ円でまとめあげたことは補強以上に良い成果となった。

◆エースの相方を無事に確保【FW】
(C)Getty Images
【IN】
小野裕二(24)←シント=トロイデン(ベルギー)/完全
田川亨介(17)←サガン鳥栖ユース/昇格
▽前線は外国人選手を含め様々な噂が挙がっていた中、補強したのはベルギーでプレーを続けたFW小野裕二。横浜FMの下部組織出身で、大きな期待を寄せられていたストライカーの加入はエース・豊田を生かすにうってつけ。富山や池田らとのポジション争いにも注目だ。

コメント

関連ニュース

thumb

松本、反町康治監督との来季契約更新を発表! 新設の編成部長には柴田峡氏が就任

▽松本山雅FCは24日、反町康治監督と2018シーズンの契約を更新したことを発表した。また、チーム総括本部に編成部を新設し、柴田峡氏が編成部長に就任したことも同日に伝えている。 ▽選手として日本代表への招集歴を持つ反町監督は、2001年にアルビレックス新潟で監督としてデビュー。その後、2006年7月~2008年8月には五輪世代のU-23日本代表を率いて、北京オリンピックに導いた。松本では2012年から指揮を執っており、6年目となっていた今シーズンは7位と明治安田生命J1リーグ昇格を逃がしながらも、契約延長となった。 ▽反町監督は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 「いつも応援していただきありがとうございます。皆様のご声援がチーム、そして私の力になっていることを感謝しております。来年は心機一転、ゼロからのスタートで頑張りたいと思います。更なる応援をよろしくお願いいたします」 ▽また、柴田氏は2005年に東京ベルディユースの監督を務めて、就任初年度にクラブユース選手権と高円宮杯の2冠を達成。松本では2011年~2015年の間にトップチームコーチ、2016年~2017年6月の間はユースアドバイザーとジュニアユースU-15監督を兼任しており、2017年6月からはJFLのブリオベッカ浦安で監督を務めていた。 ▽柴田氏は、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 「松本山雅に関わるすべての人が、一心に目標に向かっていくクラブにしていけるよう、全力で仕事に取り組みたいと思います」 2017.11.24 13:53 Fri
twitterfacebook
thumb

FC今治を退団した元日本代表DF山田卓也が現役引退「熱いまなざしと熱い声援をありがとうございました」

▽FC今治は23日、元日本代表DF山田卓也(43)が今シーズン限りで現役を引退することを発表した。 ▽山田は桐蔭学園高校から駒澤大学を経て、1997年にヴェルディ川崎(現東京ヴェルディ)に入団。2005年までプレーすると、その後はセレッソ大阪、横浜FC、サガン鳥栖と国内クラブを渡り歩き、2010年から2015年まではアメリカのFCタンパベイでプレーしていた。 ▽2015年にFC今治へと加入すると、2016年は奈良クラブへと完全移籍。2017年はFC今治に復帰していた。また、2003年から2004年にかけて日本代表にも選出。4試合に出場している。J1通算274試合23得点、J2通算74試合5得点。 ▽今月18日にFC今治からの退団が発表されていたが、今シーズン限りで現役を退くこととなった山田は、クラブを通じてコメントしている。 「このたび私、山田卓也は現役を引退することを決断致しました。2017年シーズンは怪我に苦しみ、満足が出来るパフォーマンスは出来ませんでしたが、多くの方に支えられ最後まで希望を捨てずにチームに貢献出来るようチャレンジ出来たことに感謝しています」 「沢山の悔しい思いや、喜びの瞬間を味わうことが出来た21年間の選手生活でした。サッカーを通して分野を問わず沢山の仲間に恵まれ、その全てが私の財産となりました」 「今後は今までの経験を生かせていけるよう、様々なことに挑戦、勉強をし、サッカー界はもちろん世の中の役に立てるように邁進していこうと思います」 「良い時も悪い時も叱咤激励してくださったサポーターの皆さん、多くのサッカー関係者の皆さんに感謝の意を表します。自然や景色、美味しい食材、暖かい人に溢れる大好きな今治の地で引退が出来たことを嬉しく思います。熱いまなざしと熱い声援をありがとうございました」 2017.11.24 13:44 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FC、J2得点王FWイバとの来季契約更新を発表! 「もっと強くなりましょう」

▽横浜FCは24日、ノルウェー人FWイバ(32)と2018シーズンの契約を更新したことを発表した。 ▽イバは、2016年3月に中国スーパーリーグの河北華夏から横浜FCに移籍した。すると初年度の2016シーズンから、公式戦42試合20ゴールと活躍。今シーズンは明治安田生命J2リーグ41試合で25ゴールを記録して得点王に輝いている。 ▽イバは、クラブ公式サイトを通じて以下のようにコメントした。 「サポーターの皆さん、横浜FCを愛する皆さん、今年は、J1に昇格することは、出来ませんでしたが、私は決して諦めません。私を含め、横浜FCすべての選手は、来年、皆さんを幸せにするために、全力を尽くします」 「私達を信じて、応援していただき、共に戦い、もっと強くなりましょう。2018シーズンもよろしくお願いします」 2017.11.24 13:10 Fri
twitterfacebook
thumb

京都が水戸へ期限付き移籍していたDF齊藤隆成の契約満了を発表「育ててくれたサンガへの思いはかわらない」

▽京都サンガF.C.は24日、水戸ホーリーホックに期限付き移籍をしていたDF齊藤隆成(23)の契約満了を発表した。 ▽齊藤は、セレッソ大阪U-15出身で、京都U-18にも所属。2013年にトップチームへと昇格した。1年目はJFLの佐川印刷京都へと期限付き移籍。2014年も佐川印刷京都へと引き続き期限付き移籍した。2015年はJFLのFC大阪へと期限付き移籍。2016年は京都でプレーしたが、今シーズンは水戸へと期限付きしていた。 ▽今シーズンは明治安田生命J2リーグで2試合に出場し1得点。京都ではJ2で1試合、天皇杯で1試合の成績だった。齊藤はクラブを通じてコメントしている。 「U-18から8年間サンガに成長させてもらい、感謝しています。クラブの目標であるJ1昇格にもっともっと貢献したかったのですが、自分の力不足を感じていますし、悔しい気持ちでいっぱいです。これからも僕を育ててくれたサンガへの思いはかわらないですし、応援しています。ありがとうございました」 ▽また、期限付き移籍が満了となった水戸を通じてもコメントしている。 「この1年、なかなか試合に出場することができず悔しい思いでいっぱいです。チームを離れることになりましたが、これからは水戸ホーリーホックの応援をしていきたいと思います。1年間とても楽しかったです。ありがとうございました」 2017.11.24 11:38 Fri
twitterfacebook
thumb

FC東京DF徳永悠平、来季完全移籍でJ1昇格の“地元”長崎へ! 「長崎がさらに盛り上がるように」

▽J1昇格を決めたV・ファーレン長崎は23日、FC東京に所属する元日本代表DF徳永悠平(34)の来シーズン完全移籍加入を正式発表した。 ▽長崎県生まれで国見高校出身の徳永は、2003年に早稲田大学からFC東京に入団すると、現在に至るまで14年間一筋でプレー。代表キャリアにおいては、2004年のアテネ・オリンピックや、2012年のロンドン・オリンピック(オーバーエイジとして参戦)の世代別代表を経験したほか、A代表としても9キャップを記録している。なお、通算成績はJ1リーグ358試合4ゴール、J2リーグ37試合3ゴールをマーク。今シーズンは明治安田生命J1リーグ23試合に出場している。 ▽地元長崎に“凱旋移籍”となる徳永は、両クラブ公式サイトを通じて、次のようにコメントしている。 ◆V・ファーレン長崎 「長崎を愛するファン・サポーターのみなさん、初めまして徳永悠平です。地元・長崎がさらに盛り上がるよう全力を出し尽くしたいと思っています。クラブの発展、そして勝利のためにともに闘いましょう!みなさん、来季からよろしくお願いします!」 ◆FC東京 「このたび、V・ファーレン長崎への移籍を決断しました。最大限の評価と慰留をしていただきながらも、自分の決断を尊重してくれたクラブに感謝しています。みなさんと共に勝利を喜びあったり、結果が出ず悔しい想いをしたり、様々な感情を共有できたこと、その全てが自分にとって幸せな時間だったと感じています。これからも徳永悠平を応援していただけたら嬉しいです。FC東京の更なる発展を願っています。残りの試合、東京の選手として全力で頑張ります!」 2017.11.23 15:35 Thu
twitterfacebook


ロシアW杯予選
欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース