【2017Jリーグ補強診断】FW工藤壮人ら定評のピンポイント補強で成果大《サンフレッチェ広島》2017.02.06 21:16 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2月25日に開幕を迎える2017シーズンの明治安田生命J1リーグ。3年ぶりの1シーズン制が復活となり、全18チームがタイトルを目指してしのぎを削る。開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。目先の目標として5年連続のJ1残留を掲げる2015シーズン以来のJ1王者奪還を目指すサンフレッチェ広島編をお届けする。

◆ストーブリーグを有効活用
Getty Images
【OUT】
GK
増田卓也(27)→V・ファーレン長崎/期限付き

DF
大谷尚輝(21)→FC町田ゼルビア/期限付き期間延長
キム・ボムヨン(26)→清水エスパルス/期限付き期間延長

MF
森崎浩司(35)→現役引退
野津田岳人(22)→清水エスパルス/期限付き
宮原和也(20)→名古屋グランパス/期限付き
川辺駿(21)→ジュビロ磐田/期限付き期間延長
吉野恭平(22)→京都サンガF.C./期限付き期間延長

FW
佐藤寿人(34)→名古屋グランパス/完全
ピーター・ウタカ(32)→去就未定

▽FW佐藤寿人や、MF森崎浩司というチームの顔が退団。また、交渉が難航している昨シーズンのJ1得点王であるFWピーター・ウタカを除けば、主力級の流失はない。一方で、若手を期限付き移籍で武者修行の旅に送り出すなど、育成クラブとしての動きも抜かりなく、このストーブリーグをうまく活用した印象を受ける。

◆補強診断 (★5つが最高)
★★★★
▽新戦力の数こそ少ないものの、チームカラーにマッチした適材適所なピンポイント補強を敢行。今オフの序盤はやや出遅れた感が否めなかったが、MF稲垣祥を獲得したあたりから定評のある無駄の少ない補強が際立った。さらに、報道にもなっていなかったFW工藤壮人の引き入れを成功させ、今オフのストーブリーグを沸かせたといっても過言ではない。

◆次代を担う有望株の育成を優先【GK&DF】
Getty Images
【IN】
中林洋次(30)←ファジアーノ岡山/完全
イヨハ理ヘンリー(18)←サンフレッチェ広島ユース/昇格

▽昨シーズンを通じて故障者続出で苦しむなど主力の高齢化が進む守備陣だが、今オフの補強は控え目。とはいえ、長期の負傷離脱から復帰近のDF佐々木翔や、DF野上結貴の存在を考えれば頭数は足りている。それだけに、森保一監督は即戦力級の確保よりも、次代を担う有望株の育成を優先したのかもしれない。

◆お得意のピンポイント補強で実力者確保【MF】
Getty Images
【IN】
フェリペ(26)←セアラ/完全
稲垣祥(25)→ヴァンフォーレ甲府/完全
松本泰志(18)←昌平高校/新加入

▽守備陣と同様に、中盤のポジションにおいても穏やかな補強の動きだった。とはいえ、U-19ブラジル代表歴を持つフェリペ、昨シーズンのヴァンフォーレ甲府でリーグ戦33試合5ゴールを記録したMF稲垣祥といった実力者を補強。派手さこそないものの、森保監督好みの実績が伴った顔ぶれを引き入れた印象だ。

◆適任のスコアラー候補を手中に【FW】
Getty Images
【IN】
工藤壮人(26)←バンクーバー・ホワイトキャップス/完全
アンデルソン・ロペス(23)←トンベンセ/期限付き期間延長

▽このストーブリーグにおける広島のトピックは、言わずもがな工藤の電撃加入だろう。しかも、工藤はタレント性だけでなく、チームの基本システムである1トップ+2シャドーでプレー可能であり、退団した佐藤に代わる背後への飛び出しを得意とするストライカー。まさにドンピシャのスコアラーを確保したといえそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

G大阪、飛び級JデビューのU-19日本代表FW中村敬斗とプロA契約締結

▽ガンバ大阪は24日、U-19日本代表FW中村敬斗(17)とのプロA契約締結を発表した。中村は4月21日に行われた明治安田生命J1第9節、セレッソ大阪戦においてプロA契約締結条件を満たした。 ▽三菱養和SC出身の中村は、昨年10月に行われたU-17ワールドカップに臨む日本代表メンバー入りを果たすと、U-17ホンジュラス代表戦のハットトリックを含む大会4ゴールをマーク。浦和レッズやFC東京、ジェフユナイテッド千葉、シュツットガルト、リーズの練習にも参加するなど、国内外で注目を浴びたストライカー。 ▽現在、高校3年生ながら飛び級でプロキャリアをスタートさせた今季は、開幕戦の名古屋グランパス戦で途中出場からプロデビューを果たすと、第3節の川崎フトンターレ戦ではスタメンデビューも経験。ここまでリーグ戦13試合に出場している。さらに、JリーグYBCルヴァンカップ第2節の浦和戦ではプロ初ゴールも記録している。 2018.05.24 19:00 Thu
twitterfacebook
thumb

イニエスタ来日、入団会見全文 「日本文化の一部に」

▽ヴィッセル神戸は24日、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)の完全移籍加入を正式発表した。 ▽同日に来日したイニエスタは、その足で都内での入団記者会見に出席。この日、正式に神戸の一員に、そしてJリーガーとしての第一歩を踏み出したバルセロナが誇るマエストロは、次のようにコメントしている。 ◆MFアンドレス・イニエスタ(ヴィッセル神戸/スペイン代表)<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_778_tw1.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「みなさん、こんにちは。僕にとって、今日は本当に特別な日。僕のキャリアにとって、非常に重要なチャレンジになる。僕の家族も日本に来られることをとても喜んでいる」 「三木谷さん、それから三浦さん、みなさんの信頼に心から感謝したい。僕らはこのプロジェクトの中で、もう1歩前進していきたい。このクラブ、そしてJリーグがアジア全体に広まるように、僕も力を貸したい」 「チームメートたちと一緒にプレーすることを心から楽しみにしている。この素晴らしい国にいることをとても嬉しく思う。日本は僕の大好きな国。僕もそれから家族も、少しでも早く日本の文化に慣れて過ごしていきたい」 ――今の日本サッカーについて。また、今後について<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_778_tw2.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「日本のサッカーをとてもリスペクトしている。日本のプレーヤーについてもそう。非常に技術が高く、考えてプレーしていて、コンビネーションもよく使う。Jリーグについても、日本代表についても良く知っている。非常にレベルの高い選手が多い」 「僕は自分のチームを助けるために、自分のサッカーをお見せするために日本に来た。そうすることにより、クラブや日本サッカーがより一層発展していくことを祈っている」 ――日本を選択した理由。ヴィッセル神戸を選択した理由とは<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_778_tw5.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「幸運なことに色々なオファーを受けた。僕に関心を抱いてくれた他のクラブにも感謝したい。僕が神戸に決めた理由は、提示されたプロジェクトが非常に興味深いものだったから。僕をすごく信頼してくれた」 「人として、プレーヤーとして僕を信頼してくれた。そこが大きかった。前にも言ったが、日本は素晴らしい国。そして、日本文化も素晴らしい。できるだけ早く日本に慣れて活躍したい。日本の生活を楽しみつつ、プレーも楽しみ、早くチームの一員になりたい」 ――具体的な好きなところとは<div style="text-align:center;"><img src="http://ultra-soccer.jp/division_image/TOP/get20180524_778_tw6.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">(C)CWS Brains,LTD.<hr></div>「全部。日本の人々も好き。でも、1番重要なのは、文化に溶け込むこと。みなさんと同じような国民の一員になりたい。僕の家族もそう。私たちの祖国の文化とは違うけど、できるだけこの文化の一部になりたい」 2018.05.24 17:55 Thu
twitterfacebook
thumb

イニエスタの神戸加入が正式発表

▽ヴィッセル神戸は24日、スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(34)の完全移籍加入を発表した。Jリーグ規定により、シーズン中の背番号変更は認められていないものの、バルセロナ時代からお馴染みの「8」で調整中だという。 ▽バルセロナが誇るマエストロとして名を馳せるイニエスタは、在籍16シーズンで公式戦600試合以上に出場。卓越したプレービジョンを武器に異彩を放ち続け、8度のリーガエスパニョーラ優勝や4度のチャンピオンズリーグ(CL)制覇など、トータルで31個のタイトル獲得に貢献してきた。 ▽代表キャリアにおいては、2006年にA代表デビュー。これまでスペイン代表として129試合のキャップ数と3回のワールドカップ(W杯)出場を誇る。2010年の南アフリカ大会では決勝戦で決勝ゴールを決め、スペイン代表の初制覇に貢献。6月に開幕するロシア大会でもメンバー入りを果たしている。 2018.05.24 17:00 Thu
twitterfacebook
thumb

京都U-18のMF財前淳、オーストリア1部昇格クラブと3年契約

▽ヴァッカー・インスブルック(オーストリア)は23日、京都サンガF.C.U-18のMF財前淳(18)をフリートランスファーで獲得したことを発表した。契約期間は3年となる。 ▽福岡県出身の財前は攻撃的MF。ヴァッカー・インスブルックは今シーズンの2部を優勝で飾り、来シーズンから1部に昇格するクラブだ。 ▽クラブのゼネラルマネージャーを務めるアルフレッド・ヘルトナーグル氏は「彼は欧州でチャンスを求めていた若くて、才能があるプレーヤー。トップチームの一員となるが、まず2軍で新しい環境に慣れていき、出場機会を得ることもできる」と話している。 2018.05.24 11:50 Thu
twitterfacebook
thumb

柏、下平隆宏前監督の強化チームダイレクター就任を発表

▽柏レイソルは21日、下平隆宏前監督(46)の強化チームダイレクター就任を発表した。 ▽柏のヘッドコーチを歴任の下平氏は、2016年途中からチームを指揮すると、昨シーズンの明治安田生命J1リーグを4位フィニッシュ。だが、FW江坂任ら積極補強の今年は苦戦を強いられ、悲願の優勝を目指したAFCチャンピオンズリーグもグループステージ敗退に終わった。 ▽下平氏は13日、その責任を取る形で監督退任が決定。後任として、ヘッドコーチの加藤望氏(48)が後を引き継いだチームは、20日に行われた明治安田生命J1リーグ第15節の名古屋グランパス戦を勝利し、初陣を白星で飾っている。 2018.05.21 17:45 Mon
twitterfacebook


ACL

ACL

ACL

欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

@ultrasoccerjp

新着ニュース