【2017Jリーグ補強診断】FW工藤壮人ら定評のピンポイント補強で成果大《サンフレッチェ広島》2017.02.06 21:16 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2月25日に開幕を迎える2017シーズンの明治安田生命J1リーグ。3年ぶりの1シーズン制が復活となり、全18チームがタイトルを目指してしのぎを削る。開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。目先の目標として5年連続のJ1残留を掲げる2015シーズン以来のJ1王者奪還を目指すサンフレッチェ広島編をお届けする。

◆ストーブリーグを有効活用
Getty Images
【OUT】
GK
増田卓也(27)→V・ファーレン長崎/期限付き

DF
大谷尚輝(21)→FC町田ゼルビア/期限付き期間延長
キム・ボムヨン(26)→清水エスパルス/期限付き期間延長

MF
森崎浩司(35)→現役引退
野津田岳人(22)→清水エスパルス/期限付き
宮原和也(20)→名古屋グランパス/期限付き
川辺駿(21)→ジュビロ磐田/期限付き期間延長
吉野恭平(22)→京都サンガF.C./期限付き期間延長

FW
佐藤寿人(34)→名古屋グランパス/完全
ピーター・ウタカ(32)→去就未定

▽FW佐藤寿人や、MF森崎浩司というチームの顔が退団。また、交渉が難航している昨シーズンのJ1得点王であるFWピーター・ウタカを除けば、主力級の流失はない。一方で、若手を期限付き移籍で武者修行の旅に送り出すなど、育成クラブとしての動きも抜かりなく、このストーブリーグをうまく活用した印象を受ける。

◆補強診断 (★5つが最高)
★★★★
▽新戦力の数こそ少ないものの、チームカラーにマッチした適材適所なピンポイント補強を敢行。今オフの序盤はやや出遅れた感が否めなかったが、MF稲垣祥を獲得したあたりから定評のある無駄の少ない補強が際立った。さらに、報道にもなっていなかったFW工藤壮人の引き入れを成功させ、今オフのストーブリーグを沸かせたといっても過言ではない。

◆次代を担う有望株の育成を優先【GK&DF】
Getty Images
【IN】
中林洋次(30)←ファジアーノ岡山/完全
イヨハ理ヘンリー(18)←サンフレッチェ広島ユース/昇格

▽昨シーズンを通じて故障者続出で苦しむなど主力の高齢化が進む守備陣だが、今オフの補強は控え目。とはいえ、長期の負傷離脱から復帰近のDF佐々木翔や、DF野上結貴の存在を考えれば頭数は足りている。それだけに、森保一監督は即戦力級の確保よりも、次代を担う有望株の育成を優先したのかもしれない。

◆お得意のピンポイント補強で実力者確保【MF】
Getty Images
【IN】
フェリペ(26)←セアラ/完全
稲垣祥(25)→ヴァンフォーレ甲府/完全
松本泰志(18)←昌平高校/新加入

▽守備陣と同様に、中盤のポジションにおいても穏やかな補強の動きだった。とはいえ、U-19ブラジル代表歴を持つフェリペ、昨シーズンのヴァンフォーレ甲府でリーグ戦33試合5ゴールを記録したMF稲垣祥といった実力者を補強。派手さこそないものの、森保監督好みの実績が伴った顔ぶれを引き入れた印象だ。

◆適任のスコアラー候補を手中に【FW】
Getty Images
【IN】
工藤壮人(26)←バンクーバー・ホワイトキャップス/完全
アンデルソン・ロペス(23)←トンベンセ/期限付き期間延長

▽このストーブリーグにおける広島のトピックは、言わずもがな工藤の電撃加入だろう。しかも、工藤はタレント性だけでなく、チームの基本システムである1トップ+2シャドーでプレー可能であり、退団した佐藤に代わる背後への飛び出しを得意とするストライカー。まさにドンピシャのスコアラーを確保したといえそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

鹿島ユースDF松浦航洋、スペイン3部FCフミーリャに加入

▽鹿島アントラーズは28日、鹿島ユースに所属するDF松浦航洋(18)がスペイン・セグンダ・ディビジョンB(スペイン3部)のFCフミーリャに加入することが決定したことを発表した。 ▽茨城県出身の松浦は、身長178cm、体重72㎏のディフェンダー。同選手はジュニア時代から鹿島の下部組織でプレーしており、28日にスペインへと出発する。同国の選手登録規定上、公式戦出場は8月以降となる予定だ。 2017.03.28 16:05 Tue
twitterfacebook
thumb

水戸が磐田MF清水貴文を期限付きで獲得

▽水戸ホーリーホックは25日、ジュビロ磐田に所属するMF清水貴文(24)を期限付きで獲得したことを発表した。契約期間は2018年1月31日までとなっている。 ▽2015年に中京大学から磐田に加入した清水は、昨年の明治安田生命J1リーグに1試合、YBCルヴァンカップに4試合、天皇杯に2試合出場していた。しかし、今シーズンはここまで公式戦での出場はない。 ▽水戸への期限付き移籍が決定した清水は、両クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 ◆水戸ホーリーホック 「初めまして。ジュビロ磐田から期限付き移籍で加入することとなりました清水貴文です。水戸でプレーできる事を大変うれしく思います。水戸のJ1昇格に貢献できるように、自分の力を出し切りたいと思います。応援よろしくお願いします」 ◆ジュビロ磐田 「この度、水戸ホーリーホックへ期限付き移籍することになりました。この2年間思うような結果は残せませんでしたが、新天地では新たな気持ちで、自分に厳しく、結果にこだわって戦ってきます。みなさんにまた成長した姿をお見せできるように頑張ります。引き続き、応援よろしくお願いします。ジュビロ磐田のJ1での活躍を応援しています」 2017.03.25 22:02 Sat
twitterfacebook
thumb

去就不透明の元磐田FWジェイ、今夏のJリーグ復帰で仮契約済みか

▽昨シーズン限りでジュビロ磐田を退団した元イングランド代表FWジェイ(34)は、今夏に再びJリーグに帰ってくるようだ。イギリス『デイリー・ミラー』が伝えている。 ▽強さと巧さを備えたストライカーであるジェイは2015年、当時J2の磐田に加入すると、リーグ戦32試合で20ゴールを記録。J1昇格の翌年には22試合14ゴールを挙げ、高い決定力を見せつけた。しかし、2016シーズン終了後に磐田を退団。現在まで無所属の状況が続いている。 ▽そうした状況の中、「今夏の極東行きで合意済み」との見出しで伝えられたところによれば、ジェイはクラブ名こそ明らかにされていないものの、7月1日以降の加入で日本のクラブと仮契約。個人的な問題が理由で磐田退団後、すぐに他クラブと契約しなかったという。 2017.03.24 13:20 Fri
twitterfacebook
thumb

柏、元日本代表MF細貝萌の加入合意を発表…2010年以来7季ぶりの国内復帰

▽柏レイソルは24日、シュツットガルトに所属する元日本代表MF細貝萌(30)の加入合意を発表した。2010年以来7シーズンぶりの国内復帰となる。 ▽群馬県出身の細貝は、2005年に前橋育英高校から浦和レッズに入団。その後、アウグスブルク、レバークーゼン、ヘルタ・ベルリン、ブルサシュポル、シュツットガルトでプレーした。 ▽しかし、今シーズンはシュツットガルトで出場機会が減少。ケガなどにも泣かされ、ブンデスリーガ2部で10試合の出場に留まり、昨年12月以来出番がない。 ▽7シーズンぶりに国内復帰を果たした細貝は、柏の公式サイトを通じて以下のようにコメントしている。 「この度、ドイツVfB Stuttgartから移籍してきました細貝萌です。まず、この移籍に関わっていただいた全ての方々に感謝したいと思います。そして、なにより無事に柏レイソルの一員となれたこと、本当に嬉しく思っています」 「2011年にドイツに移籍してから約6年間海外でプレーしてきたので、久しぶりに日本でプレーすることが楽しみである一方で不安もありますが、チームの目標達成に貢献できるよう自分の全てをこのチームに捧げたいと思っています」 「柏レイソルがもっともっと素晴らしいクラブになることが出来るよう、ピッチ上で全力を尽くします。レイソルサポーターの皆様、よろしくお願いします。日立台で皆様に会える日を今からとても楽しみにしています」 2017.03.24 10:35 Fri
twitterfacebook
thumb

仙台が韓国人GKイ・ユノを獲得

▽ベガルタ仙台は23日、中東高(韓国)に所属する韓国人GKイ・ユノ(18)の加入が決定したことを発表した。 ▽韓国出身のイ・ユノは身長190cm、体重88㎏のゴールキーパー。仙台への加入が決定したイ・ユノは、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「ベガルタ仙台に加入し、プロサッカー選手としてプレーする機会をいただき、感謝いたします。年齢は18歳と若いですが、1日でも早くチームの力になり、目標達成に貢献できるよう日々精進して参ります。サポーターのみなさま、応援よろしくお願いいたします」 2017.03.23 18:06 Thu
twitterfacebook


Jリーグ移籍情報
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース