超ワールドサッカー

【2017Jリーグ補強診断】FW工藤壮人ら定評のピンポイント補強で成果大《サンフレッチェ広島》2017.02.06 21:16 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2月25日に開幕を迎える2017シーズンの明治安田生命J1リーグ。3年ぶりの1シーズン制が復活となり、全18チームがタイトルを目指してしのぎを削る。開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。目先の目標として5年連続のJ1残留を掲げる2015シーズン以来のJ1王者奪還を目指すサンフレッチェ広島編をお届けする。

◆ストーブリーグを有効活用
Getty Images
【OUT】
GK
増田卓也(27)→V・ファーレン長崎/期限付き

DF
大谷尚輝(21)→FC町田ゼルビア/期限付き期間延長
キム・ボムヨン(26)→清水エスパルス/期限付き期間延長

MF
森崎浩司(35)→現役引退
野津田岳人(22)→清水エスパルス/期限付き
宮原和也(20)→名古屋グランパス/期限付き
川辺駿(21)→ジュビロ磐田/期限付き期間延長
吉野恭平(22)→京都サンガF.C./期限付き期間延長

FW
佐藤寿人(34)→名古屋グランパス/完全
ピーター・ウタカ(32)→去就未定

▽FW佐藤寿人や、MF森崎浩司というチームの顔が退団。また、交渉が難航している昨シーズンのJ1得点王であるFWピーター・ウタカを除けば、主力級の流失はない。一方で、若手を期限付き移籍で武者修行の旅に送り出すなど、育成クラブとしての動きも抜かりなく、このストーブリーグをうまく活用した印象を受ける。

◆補強診断 (★5つが最高)
★★★★
▽新戦力の数こそ少ないものの、チームカラーにマッチした適材適所なピンポイント補強を敢行。今オフの序盤はやや出遅れた感が否めなかったが、MF稲垣祥を獲得したあたりから定評のある無駄の少ない補強が際立った。さらに、報道にもなっていなかったFW工藤壮人の引き入れを成功させ、今オフのストーブリーグを沸かせたといっても過言ではない。

◆次代を担う有望株の育成を優先【GK&DF】
Getty Images
【IN】
中林洋次(30)←ファジアーノ岡山/完全
イヨハ理ヘンリー(18)←サンフレッチェ広島ユース/昇格

▽昨シーズンを通じて故障者続出で苦しむなど主力の高齢化が進む守備陣だが、今オフの補強は控え目。とはいえ、長期の負傷離脱から復帰近のDF佐々木翔や、DF野上結貴の存在を考えれば頭数は足りている。それだけに、森保一監督は即戦力級の確保よりも、次代を担う有望株の育成を優先したのかもしれない。

◆お得意のピンポイント補強で実力者確保【MF】
Getty Images
【IN】
フェリペ(26)←セアラ/完全
稲垣祥(25)→ヴァンフォーレ甲府/完全
松本泰志(18)←昌平高校/新加入

▽守備陣と同様に、中盤のポジションにおいても穏やかな補強の動きだった。とはいえ、U-19ブラジル代表歴を持つフェリペ、昨シーズンのヴァンフォーレ甲府でリーグ戦33試合5ゴールを記録したMF稲垣祥といった実力者を補強。派手さこそないものの、森保監督好みの実績が伴った顔ぶれを引き入れた印象だ。

◆適任のスコアラー候補を手中に【FW】
Getty Images
【IN】
工藤壮人(26)←バンクーバー・ホワイトキャップス/完全
アンデルソン・ロペス(23)←トンベンセ/期限付き期間延長

▽このストーブリーグにおける広島のトピックは、言わずもがな工藤の電撃加入だろう。しかも、工藤はタレント性だけでなく、チームの基本システムである1トップ+2シャドーでプレー可能であり、退団した佐藤に代わる背後への飛び出しを得意とするストライカー。まさにドンピシャのスコアラーを確保したといえそうだ。

コメント

関連ニュース

thumb

福岡大GK永石拓海が来季加入内定のC大阪に特別指定で加入

▽日本サッカー協会(JFA)は26日、福岡大学サッカー部のGK永石拓海(21)を、25日付けで2017年JFA・Jリーグ特別指定選手として承認したことを発表した。受け入れ先はセレッソ大阪となる。 ▽永石は山口県出身で、高川学園高校から福岡大学へと進学。U-17日本代表や全日本大学選抜にも選出された経験がある。今月16日には、来シーズンからのC大阪加入内定が発表されていた。 ▽JFA・Jリーグ特別指定選手とは、「サッカー選手として最も成長する年代に、種別や連盟の垣根を超え、「個人の能力に応じた環境」を提供すること」を目的とし、全日本大学サッカー連盟、全国高等学校体育連盟、またはJクラブ以外の日本クラブユースサッカー連盟の加盟チームに登録(第2種)したまま、Jリーグ等の試合に出場可能とする制度となっている。 2017.05.26 19:26 Fri
twitterfacebook
thumb

浦和がユースのDF大西翔也、DF橋岡大樹を2種登録

▽浦和レッズは26日、ユースに所属するDF大西翔也(17)、DF橋岡大樹(18)をトップチーム2種登録することを発表した。 ▽大西と橋岡は共に埼玉県出身で、ジュニアユースから浦和に所属。現在はユースでプレーしている。橋岡はU-19日本代表にも選出され、今月から開幕するトゥーロン国際大会に出場予定となっている。 2017.05.26 17:14 Fri
twitterfacebook
thumb

横浜FMがユースのDF西山大雅を2種登録

▽横浜F・マリノスは26日、横浜F・マリノスユースのDF西山大雅(17)をトップチームに2種登録することを発表した。 ▽西山は横浜FMのジュニアユース追浜から、ユースへと昇格。昨年はU-17日本代表にも招集されており、8月のチェコ遠征にも参加していた。 2017.05.26 16:22 Fri
twitterfacebook
thumb

山口、上野展裕監督の退任を発表…暫定監督にアカデミーダイレクターの猿澤真治氏

▽レノファ山口は23日、上野展裕監督(51)の退任が決定したことを発表した。後任の監督についてはまだ未定とのこと。 ▽上野氏は、2014年に当時JFLだった山口に監督として就任し、1年目で4位に入り、明治安田生命J3リーグへの昇格を果たした。さらに翌年の2015シーズンではJ3優勝・J2昇格へ導き、チームに大きく貢献した。J2初挑戦となった昨シーズンは14勝11分け17敗の12位で残留を決めたものの、今シーズンはここまで2勝4分け9敗で20位に沈んでいた。 ▽退任が決定した上野氏は、クラブの公式サイトで以下のコメントを残した。 「この度退任致します。新加入の若い選手達が伸びてきて、さあこれからという時だっただけに残念でなりません。皆さん、3年半ありがとうございました」 ▽また、同クラブの代表取締役社長を務める河村孝氏は、今回の決断について説明。また、チームをJ2クラブまで導いた上野氏に感謝の意を表した。 「レノファ山口FCをいつも応援いただきありがとうございます。心より御礼を申し上げます」 「この度、上野展裕監督の退任を決断いたしました。上野監督は、2014年の就任後、2014年にはJFLからJ3へ、そして2015年にはJ3からJ2へと導いていただきました。そして2016年にはJ2初年度ながら12位と健闘できました。今のレノファ山口は、上野監督なくしてはありえないものであったと、本当に心から感謝しております」 「しかしながら、今季の成績、また失点シーンなどの戦い方から判断し、苦渋の決断ではありますが、このタイミングでの退任という結論を出しました」 「今季の試合はまだ多く残っておりますので、チームは1つでも多くの勝利を、そして1つでも上の順位を目指し戦ってまいる所存です。今後もご声援とご支援を賜りますよう、何卒よろしくお願い申しあげます」 ▽なお、24日のトレーニングからはアカデミーダイレクターを務める猿澤真治氏が監督代行として暫定的に指揮することが決定している。 2017.05.23 18:13 Tue
twitterfacebook
thumb

神戸がびわこ成蹊スポーツ大DF宮大樹の来季加入内定を発表

▽ヴィッセル神戸は23日、びわこ成蹊スポーツ大学のDF宮大樹(21)の来季からの加入が内定したことを発表した。 ▽大阪府出身の宮は、清明学院高校からびわこ成蹊スポーツ大学へと進学。2017年には全日本大学選抜にも選出されている。 ▽神戸は同選手の特徴について『サイズと身体能力の高さを活かした守備力と左足からの長短距離の精度の高いフィードで攻撃の起点にもなれるセンターバック』と紹介している。 ▽加入が内定した宮は、クラブの公式サイトで以下のようにコメントしている。 「この度、びわこ成蹊スポーツ大学から来シーズン加入することになりました、宮大樹です。プロとしてのキャリアをヴィッセル神戸という素晴らしいクラブで始められる事を大変嬉しく誇りに思います。今まで支えてくれた指導者、仲間、そして家族、すべての方々に感謝しています。謙虚に直向きに、努力し続け、ヴィッセル神戸の勝利に貢献できるよう頑張ります。応援よろしくお願いします」 2017.05.23 17:07 Tue
twitterfacebook


U-20W杯
欧州移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース