【2017Jリーグ補強診断】FWポドルスキ報道錯綜もJ1初V十分の面々集結《ヴィッセル神戸》2017.02.06 21:15 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽2月25日に開幕を迎える2017シーズンの明治安田生命J1リーグ。3年ぶりの1シーズン制が復活となり、全18チームがタイトルを目指してしのぎを削る。開幕を前に超ワールドサッカー編集部がJ1全クラブの補強を診断。ヴィッセル神戸編をお届けする。

◆課題はペドロ・ジュニオールの穴埋め
Getty Images
【OUT】
GK
松澤香輝(24)→徳島ヴォルティス/完全
山本海人(31)→ジェフユナイテッド千葉/完全

DF
相馬崇人(35)→現役引退
高橋祥平(25)→ジュビロ磐田/完全
田中雄大(28)→北海道コンサドーレ札幌/完全
村松大輔(27)→清水エスパルス/期限付き期間満了

MF
増山朝陽(20)→横浜FC/期限付き
前田凌佑(22)→大分トリニータ/期限付き
野田樹(18)→FC今治/期限付き

FW
田代容輔(21)→契約満了
石津大介(27)→アビスパ福岡/期限付き期間満了
ペドロ・ジュニオール(30)→鹿島アントラーズ/完全
松村亮(22)→徳島ヴォルティス/期限付き
向井章人(18)→FC今治/期限付き
▽戦力ダウンは回避。ただ、昨シーズンのリーグ戦で11ゴールを記録したFWペドロ・ジュニオールの抜けた穴は小さくない。シーズンを通じて、どのようして穴埋めを図るのか。ネルシーニョ監督の手腕に注目だ。

◆補強診断(★5つが最高)
★★★★
▽ネルシーニョ体制3年目を迎える今シーズンに向けて、充実の補強を敢行。鹿島アントラーズや、川崎フロンターレ、FC東京ら上位を争うであろうライバルと共に、このストーブリーグを多いに賑わせた。さらに、まだガラタサライの元ドイツ代表FWポドルスキ獲得にも動いていることから、今後も注目が集まるところだ。

◆守備陣整備【GK&DF】
Getty Images
【IN】
吉丸絢梓(20)←大分トリニータ/期限付きから復帰
前川黛也(22)←関西大学/新加入
橋本和(30)←浦和レッズ/完全
渡部博文(29)←ベガルタ仙台/完全
山口真司(20)←大分トリニータ/期限付きから復帰
▽GKキム・スンギュがファーストGKを務める見込みのGK陣こそ2人の若手GKを補強するにとどまったが、DF陣にはネルシーニョ監督にとって柏レイソル時代の教え子であるDF橋本和、DF渡部博文を獲得。また、他クラブも注目するDF岩波拓也の慰留成功したのも大きい。

◆魅力的な中盤形成【MF】
Getty Images
【IN】
大森晃太郎(24)←ガンバ大阪/完全
高橋秀人(29)←FC東京/完全
ウエスクレイ(25)←アトレチコ・ミネイロ/完全
野田樹(18)←ヴィッセル神戸ユース/昇格
安井拓也(18)←ヴィッセル神戸ユース/昇格
▽MF陣に関しても即戦力を確保。MF大森晃太郎は気の利いたサイドアタッカーで、高橋はセンターバック起用も可能なユーティリティ性を兼ね備えたボランチだ。ウエスクレイにおいてはJリーグ初参戦ということもあり、未知数なところもあるが、攻撃スキルに秀でた左利きのアタッカー。三者三様の特徴を持った実績十分を揃えたといえる。

◆ターンオーバーな前線【FW】
Getty Images
【IN】
大槻周平(27)←湘南ベルマーレ
田中順也(29)←スポルティング・リスボン/完全
向井章人(18)←ヴィッセル神戸ユース/昇格
▽FW陣にも渡部と同様、ネルシーニョ監督の教え子であるFW田中順也を獲得。さらに、FW大槻周平も加え、ターンオーバーも十分可能な陣容を整えた。あとは、今オフ最大の目玉補強であるポドルスキが加入するか否か。ポドルスキが加わるようであれば、悲願のタイトル獲得への機運も高まるばかりだ。

コメント

関連ニュース

thumb

千葉、キャプテンにDF近藤直也、副キャプテンにMF佐藤勇人、MF町田也真人、FWラリベイが就任

▽ジェフユナイテッド千葉は20日、昨シーズンに引き続き2018シーズンのキャプテンにDF近藤直也、副キャプテンにMF佐藤勇人、MF町田也真人、新たに副キャプテンとしてFWラリベイが就任したことを発表した。 ▽新副キャプテンに就任したラリベイは、クラブ公式サイトで以下のように意気込んだ。 「副キャプテンの一人に選ばれたことを誇りに思うし幸せに感じます。非常に責任のあるポジションだと自覚しています。昨シーズンと同様に自分の持っている最高の力をチームに捧げられるように頑張ります」 「副キャプテンはCAウラカン(アルゼンチン)でプレーした時になったことがあります。今回、副キャプテンに選ばれたからといって特別な事をしようとは思っていません。自分はいつも通り最大限の力を発揮し、そして気持ちの強さというものをチーム全体に伝えていく事が大切だと思っています」 「残念ながらこういった年齢になると長年の経験というものも期待されると思うので、自分が経験してきた事をチームに還元できればと思います」 2018.01.20 20:08 Sat
twitterfacebook
thumb

元日本代表DF安田理大が新潟加入でJ復帰! 昨季は韓国2部・釜山でリーグ戦21試合1ゴール

▽アルビレックス新潟は20日、Kリーグチャレンジ(韓国2部)の釜山アイパークから元日本代表DF安田理大(30)を完全移籍で獲得したことを発表した。 ▽安田はガンバ大阪の下部組織出身で、2006年にG大阪ユースからトップチームに昇格。左サイドバックのレギュラーとしてプレーすると、2011年1月にフィテッセへと完全移籍。当初はレギュラーとプレーしたが、徐々に出場機会を失い、2013年9月にジュビロ磐田へと移籍した。 ▽磐田では3カ月のプレーに終わると、2014年はサガン鳥栖、2015年はヴィッセル神戸、2016年は名古屋とチームを渡り歩いていた。2017年2月に加入した釜山では、国内リーグ戦に21試合に出場して1ゴールを記録している。 ▽Jリーグ復帰となった安田は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「皆さんはじめまして。今年からアルビレックス新潟に加入することになりました安田理大です。 アルビレックス新潟のホームスタジアムであるデンカビッグスワンスタジアムには、たくさん試合で行っていますが、いつもサポーターの皆さんが温かいことや、新潟はご飯が美味しいイメージがあります。 新潟の地で皆さんと共に、1年でJ1に上がれるよう、自分の持っている力を100%出すので、厳しく、そして愛のある応援をよろしくお願いします」 2018.01.20 12:21 Sat
twitterfacebook
thumb

【Jリーグ移籍情報/1月19日】鹿島FW豊川雄太がKASオイペンへ移籍! 札幌のMF石井謙伍はサムットサコンへ...新潟にブラジルからFWターレスが加入!

▽1月19日(金)に決定したJリーグの移籍情報を全てまとめて紹介。 ▽J1では、鹿島アントラーズのリオ五輪世代のFW豊川雄太がベルギー1部のKASオイペンへの移籍が決定。北海道コンサドーレ札幌からはMF石井謙伍がタイ2部のサムットサコンFCへ活躍の場を移した。J2では、15年ぶりにJ2降格となったアルビレックス新潟にブラジルの名門ヴァスコ・ダ・ガマからFWターレスが加入した。 ▽1月19日(金) 【J1】 ◆鹿島アントラーズ 《OUT》 FW豊川雄太(23) [KASオイペン(ベルギー1部)→完全移籍] ◆北海道コンサドーレ札幌 《OUT》 MF石井謙伍(31) [サムットサコンFC(タイ2部)→完全移籍]<div style="text-align:center;"><img src="http://image.ultra-soccer.jp/800/image/get20180119_18_tw.jpg" style="max-width: 100%;"></div><div style="text-align:right;font-size:x-small;">Getty Images<hr></div> ◆ヴァンフォーレ甲府 《OUT》 MF若杉好輝(22) [栃木ウーヴァFC→完全移籍] 【J2】 ◆アルビレックス新潟 《IN》 FWターレス(22) [ヴァスコ・ダ・ガマ(ブラジル1部)←完全移籍] ◆大分トリニータ 《OUT》 DF佐藤昂洋(21) [ラインメール青森FC(JFL)→期限付き移籍] 【J3】 ◆Y.S.C.C.横浜 《契約更新》 FW北原大奨(23) DF西山峻太(28) 2018.01.20 08:00 Sat
twitterfacebook
thumb

札幌退団のMF石井謙伍がタイ2部のサムットサコンFCへ完全移籍

▽北海道コンサドーレ札幌は19日、昨シーズン限りで契約満了となっていたMF石井謙伍(31)がタイ2部のサムットサコンFCへ完全移籍することを発表した。 ▽石井は、札幌の下部組織出身で2005年にトップチームへ昇格。2010年から2013年までは愛媛FCでプレーしたが、2014年に札幌へ復帰していた。2017シーズンは明治安田生命J1リーグで4試合に出場。YBCルヴァンカップで7試合、天皇杯で1試合の出場に留まっていた。 2018.01.19 17:17 Fri
twitterfacebook
thumb

鹿島、FW豊川雄太のKASオイペン完全移籍を発表! 「海外でプレーすることは小さい頃からの夢」

▽鹿島アントラーズは19日、FW豊川雄太(23)のジュピラー・プロ・リーグのKASオイペンへの完全移籍を発表した。 ▽2016年リオ・デ・ジャネイロ オリンピック世代の豊川は、大津高校から2013年に鹿島入りすると、2016年からファジアーノ岡山に期限付き移籍。初年度の明治安田生命J2リーグで10ゴール(38試合出場)を挙げ、昨シーズンは8ゴール(35試合出場)をマークした。 ▽オイペンへの移籍が決定した豊川は、クラブ公式サイトで以下のようにコメントしている。 「2013年に新人として加入してから今まで、本当にお世話になりました。鹿島アントラーズでプレーできたことはすごく幸せでしたし、とても有意義な時間を過ごすことができました。一緒に戦ったチームメート、スタッフ、プロになるきっかけを与えてくれたスカウトの方々には心から感謝しています」 「サポーターの皆さんは常に力強い声援を送ってくれ、特に2014年開幕戦でスタメン出場した時の温かいサポートは、今でも忘れることができません。海外でプレーすることは小さい頃からの夢で、言葉や生活を含めて、いつか厳しい環境に身を置いてサッカーをやりたいと思っていました」 「今回、ベルギーでプレーするチャンスがもらえたので、自分の持ち味であるアグレッシブさや動き出し、シュートまで持っていく積極的なプレーをどんどん出していきたいです。壁にぶち当たっても、これまでと同じように一歩一歩、成長できたらと思います。自分のキャラクターを生かして頑張りますので、海外に行っても是非応援してもらえるとうれしいです」 ▽オイペンは現在、ジュピラー・プロ・リーグで16チーム中最下位。現役時代にレアル・マドリーやチェルシー、フランス代表などで活躍したクロード・マケレレ氏が監督としてオイペンの指揮を執っている。 2018.01.19 14:20 Fri
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース