ヘント久保がPKで2試合連続弾! チームは終盤に追いつかれドロー《ベルギー・ジュピラーリーグ》2017.02.06 10:39 Mon

twitterfacebookhatenalinegplus
photo
Getty Images
▽5日、ベルギ・ジュピラーリーグ第25節のズルテ・ワレヘムvsヘントが行われ、1-1の引き分けに終わった。ヤング・ボーイズから加入した日本代表FW久保裕也は2戦連続で先発出場し77分までプレー。69分に2試合連続となるゴールを記録した。

▽前節の首位クラブ・ブルージュ戦では直接FKを沈めチームの勝利に貢献した久保。この日は3位のズルテ・ワレヘムとの試合となったが、2戦連続の先発出場となった。

▽2列目の中央で出場した久保は積極的にボールに絡むプレーを見せるも、上位対決ということもあり得点が動かないまま前半を終える。

▽すると迎えた68分、ハーフウェイライン付近でこぼれ球を拾ったデヤーゲレのロングボールに久保が抜け出すと、ボックス内でトラップ。そのままシュートに持ち込もうとしたところ、飛び出したGKと接触しPKを獲得。自らキッカーを務めると、冷静にGKの逆を突いてネットを揺らし2試合連続のゴールを記録した。

▽久保は77分に交代しピッチを去るとチームの2連勝が見えてきた89分、左CKがボックス内で混戦となると、最後はダルスゴーアが押し込み、ズルテ・ワレヘムが土壇場で追いつく。結局そのまま試合は終了し、1-1のドローに終わった。

ズルテ・ワレヘム 1-1 ヘント
【ズルテ・ワレヘム】
ダルスゴーア(後44)
【ヘント】
久保裕也(後24)[PK]

コメント

関連ニュース

thumb

DF酒井宏樹先発のマルセイユ、昇格組相手に3-3のドロー《リーグ・アン》

▽日本代表DF酒井宏樹が所属するマルセイユは15日、リーグ・アン第8節のストラスブール戦に臨み、3-3で引き分けた。酒井は85分までプレーした。 ▽敵地に乗り込んだ3連勝中のマルセイユは、6分にパイエのゴールで幸先良く先制したが、32分に失点。48分にオウンゴールで再びリードしたものの、60分と75分にも失点を重ね、逆転を許してしまう。 ▽それでも、85分に酒井をベンチに下げたマルセイユは、88分にミトログルのゴールで同点。だが、勝ち越しとはならず、昇格組相手に痛いドローという結果に終わっている。 ストラスブール 3-3 マルセイユ 【ストラスブール】 アフル(前32) B・コネ(後15) ライナール(後30) 【マルセイユ】 パイエ(前6) OG(後3) ミトログル(後43) 2017.10.16 08:55 Mon
twitterfacebook
thumb

MF堂安律、2戦連続フル出場でPK獲得 フローニンヘン2戦未勝利《エールディビジ》

▽MF堂安律が所属するフローニンヘンは15日、エールディビジ第8節のAZ戦に臨み、1-1で引き分けた。堂安律は2試合連続の先発フル出場を果たしている。 ▽AZをホームで迎え撃ったフローニンヘンは、トップ下でプレーする堂安が38分にミドルレンジからシュートを放つなど攻撃面で躍動した。 ▽前半終了間際にリードを許したフローニンヘンだが、53分にボックス内に仕掛けた堂安がPKのチャンスを獲得。これをマヒが決めて追いついた。 ▽その後も堂安を軸に攻め立てたフローニンヘンだったが、1-1で試合終了。2試合未勝利という結果に終わった。 フローニンヘン 1-1 AZ 【フローニンヘン】 マヒ(後8) 【AZ】 ジャハンバクシュ(前45+1) 2017.10.16 08:40 Mon
twitterfacebook
thumb

インテルがダービー制す! イカルディ圧巻トリプレッタで“カルチョのスカラ座”で劇的フィナーレ《セリエA》

▽セリエA第8節、インテルvsミランによるミラノ・ダービーが15日にジュゼッペ・メアッツァで行われ、ホームのインテルが3-2で勝利した。なお、インテルのDF長友佑都は、左サイドバックでフル出場した。 ▽名将スパレッティ監督を迎えたインテルは、7試合を終えて6勝1分けと好スタートを切っている。代表ウィーク明け初戦となる今回の一戦に向けては、前節のベネヴェント戦でドッピエッタもクロアチア代表で負傷したブロゾビッチに代えてガリアルディーニを起用し、ボルハ・バレロをトップ下に入れた。また、長友は引き続き左サイドバックで先発した。 ▽対する大型補強を敢行したミランは、格下にこそ着実に勝利しているものの、ローマやラツィオといった強豪に力負けし、すでに3敗を喫している。モンテッラ監督の去就問題も叫ばれる中で必勝が求められるダービーに向けては、代表ウィーク前に行われた直近のローマ戦から先発2人を変更。出場停止のチャルハノールに代わってボナヴェントゥーラを起用したほか、負傷のカリニッチに代えてスソをアンドレ・シウバの相棒に据えた。 ▽ホームチーム、インテルの好調や大型補強を敢行したミランへの期待感から8万枚以上のチケットが売れた新時代に突入した注目のミラノ・ダービー。立ち上がりから互いに集中した入りを見せるが、現時点での地力で勝るインテルが主導権を掴む。 ▽13分にはボルハ・バレロからパスを受けたカンドレーバがボックス中央で精度の高い右足のシュートを放つが、これは惜しくもクロスバーを叩く。さらに23分には左サイドでFKの流れたボールを回収したペリシッチからのクロスをファーのミランダが打点の高いヘッドで合わすが、これは枠の右に外れる。 ▽その後はケシエとボナヴェントゥーラの豊富な運動量と激しいプレスに苦戦し始めたインテルだったが、ダービーに相性が良い名クロッサーがエースのゴールを演出する。28分、右サイドのハーフウェイライン付近でボールを奪ったダンブロージオのスルーパスに抜け出したカンドレーバがゴール前のスペースに絶妙なクロスを供給。2センターバックの間から抜け出したイカルディが見事な右足のワンタッチでゴール左隅に流し込んだ。 ▽相手の見事な連係プレーで先手を奪われたミランは、ボナヴェントゥーラやケシエの推進力を活かした中央からの仕掛けにスソがアクセントを付けていくが、全体を押し上げ切れず、攻撃に厚みを加えられない。それでも、44分には相手陣内中央でルーズボールに反応したケシエが鋭い反転から持ち上がってDF長友の背後を取ったボリーニへスルーパス。ボリーニはボックス右角度のないところから右足を振るが、これはGKハンダノビッチに読まれて弾き出された。 ▽1点ビハインドで前半を終えたミランは、ケシエを下げてハーフタイム明けにクトローネを投入。この交代でクトローネがアンドレ・シウバと2トップを組み、スソがインサイドハーフに入る攻撃的な布陣でゴールを目指す。 ▽すると、この交代で前線の収まり、スソの前向きな仕掛けが増えたことで、両ウイングバックも高い位置を取って相手を押し込むミランは、49分にボックス右からカットインしたアンドレ・シウバの左足シュートが左ポストを叩く。このこぼれ球をムサッキオが蹴り込むが、ここはオフサイドの判定でゴールは認められず。 ▽その後も続けて決定機を作り出すミランは56分、ボックス手前右でボールを持ったスソが右を追い越すボリーニをおとりにカットインから得意の左足シュートをゴール左隅に流し込んだ。 ▽早い時間帯の同点ゴールでこのまま一気にミランペースかと思われたが、前半に続いてインテルの頼れるエースがミランゴールをこじ開ける。63分、相手陣内中央で同胞ビリアからボールを奪ったイカルディが左サイドに走り込むペリシッチにボールを預けてゴール前に飛び出すと、ペリシッチからの難しいクロスを見事な右足脛を使ったダイレクトボレーで右隅に流し込み、すぐさま勝ち越しに成功した。 ▽後半は完全に優勢に運びながらも再び追う展開となったミランは、足が止まり始めたインテルに対して、引き続き攻勢を強める。78分にはセンターバックのロマニョーリを下げてロカテッリを投入。この交代でボナヴェントゥーラが左ウイングバック、ロドリゲスが左センターバックにポジションを移り、ロカテッリがインサイドハーフに入る。すると81分には、右サイドでボリーニが入れたクロスをボックス左に飛び込んだボナヴェントゥーラが懸命にスライディングで合わせると、GKハンダノビッチが一度は弾き出すも、自身のヒザに当たったボールがそのまま跳ね返ってゴールネットを揺らした。 ▽再び振り出しに戻った試合は試合終盤にかけてより激しさを増す。ホームで勝ち切りたいインテルはカンセロに続きエデルをピッチに送り出すと、88分にはヴェシーノとイカルディの見事なダイレクトパスからボックス右に抜け出したエデルに決定機も、ここはDFロドリゲスの決死のシュートブロックに遭う。 ▽このままドローでの幕引きも想定されたが、“カルチョのスカラ座”は最後の最後に劇的なフィナーレを迎える。89分、インテルの右CKの場面でDFロドリゲスがダンブロージオを抱え倒してしまい、インテルにPKが与えられる。これをキッカーのイカルディが冷静に流し込み、決勝点となるトリプレッタを達成した。 ▽そして、白熱のダービーはこのまま3-2のスコアでタイムアップを迎え、エースの圧巻のトリプレッタで競り勝ったインテルが開幕8戦無敗を継続し単独2位に浮上した。一方、善戦しながらも敗れたミランは痛恨の3連敗となり、いよいよモンテッラ監督の去就が騒がしくなってきた。 2017.10.16 06:01 Mon
twitterfacebook
thumb

吉田がフル出場も3試合ぶりの白星を狙う両者の一戦は痛み分けのドロー…《プレミアリーグ》

▽プレミアリーグ第8節のサウサンプトンvsニューカッスルが15日に行われ、2-2の引き分けに終わった。サウサンプトンのDF吉田麻也はフル出場を果たしている。 ▽前節ストーク・シティに惜敗した12位サウサンプトン(勝ち点8)が、9位ニューカッスル(勝ち点10)をホームに迎えた一戦。サウサンプトンは、前節からデイビスに代えてガッビアディーニをスタメンで起用。吉田はファン・ダイクとのコンビで先発に名を連ねている。 ▽試合はボールポゼッションで優位に立つサウサンプトンのペースで進む。だが、先に決定機を作り出したのはニューカッスル。9分、右CKのこぼれ球をボックス内で拾ったアツがボックス左から左足を振り抜いたが、これはゴール左に逸れた。 ▽対するサウサンプトンのチャンスは16分、スルーパスで左サイドを突破したレドモンドのクロスをファーサイドのタディッチが頭で合わせたが、これは枠の上に外れた。 ▽前半半ばにかけて一進一退の展開が続く中、20分にニューカッスルがスコアを動かす。リッチーの左クロスをボックス中央のアツがボレーシュート。これは吉田にブロックされたが、こぼれ球をペナルティアーク手前のヘイデンがダイレクトシュートで合わせると、これがゴール左隅に決まった。 ▽迎えた後半、1点を追うサウサンプトンが早い時間に同点ゴールを奪う。49分、レドモンドのロングフィードをボックス内で受けたガッビアディーニが相手DFを背負いながらボールキープ。ガッビアディーニは上がってきた味方を囮に使うとカットインから左足でシュート。これがゴール右隅に吸い込まれた。 ▽同点とされたニューカッスルだが、直後のプレーで再び勝ち越しに成功する。51分、ヘイデンのパスを右サイドで受けたリッチーがワンタッチでボックス右のスペースへスルーパスを供給。これに反応したアヨセ・ペレスがボックス右からダイクレトシュート。一度はGKフォースターに弾かれるも、こぼれ球をアヨセ・ペレスが押し込みゴールネットを揺らした。 ▽まずい試合運びで再びリードを許したサウサンプトンは、58分レドモンドを下げてブファルを投入。さらに67分にもロメウを下げてデイビスをピッチに送り出した。すると74分、ブファルとのパス交換でボックス左に侵入したロングが、ルジューヌに倒されPKを獲得。このPKをガッビアディーニがゴール右隅に沈め、サウサンプトンが同点に追いついた。 ▽82分、両指揮官が3点目奪取に向け、最後の交代カードを切る。サウサンプトンのペジェグリーノ監督は、ロングを下げてオースティンを投入。対するニューカッスルのベニテス監督はホセルを下げてゲイルをピッチに送り出した。 ▽試合終盤、チャンスを迎えたのはニューカッスル。89分、リッチーの左CKをゴール前のルジューヌがヘディングシュート。これがゴール左隅を捉えるも、ボールはゴールライン手前でデイビスのクリアに阻まれた。 ▽結局、試合は2-2でタイムアップ。互いに3試合ぶりの白星を目指した一戦は、痛み分けのドローで終了した。 2017.10.16 02:12 Mon
twitterfacebook
thumb

FW本田圭佑、今季2度目先発も不発…パチューカは首位モンテレイに力負け《リーガMX》

▽日本代表FW本田圭佑が所属するパチューカは日本時間15日、リーガMX前期第13節のモンテレイ戦に臨み、0-2で敗れた。本田は1トップでシーズン2度目の先発。フル出場を果たしたが、ゴールとはならなかった。 ▽首位のモンテレイと13位のパチューカが激突した一戦。23分、スルーパスをボックス右のスペースで受けたパボンの折り返しからロゲリオ・フネス・モリがネットを揺らして、モンテレイが先制する。 ▽先制を許したパチューカは、本田が26分にダイビングヘッドでゴールに迫れば、28分に枠の右を捉えた直接FKで反撃。だが、いずれも相手GKの牙城を破れず、追いつくことができない。 ▽1点ビハインドで後半を迎えたパチューカは前半と同じく本田にボールを集めるが、ゴールが遠い。すると、67分にはモンテレイがカウンターからウルタドが決め、パチューカを引き離した。 ▽より苦しい状況に陥ったパチューカは、交代カードを切りながら反撃に講じるが、86分に後半から出場のハラが一発退場。3試合ぶりの黒星で2試合未勝利という結果に終わっている。 モンテレイ 2-0 パチューカ 【モンテレイ】 ロゲリオ・フネス・モリ(前23) ウルタド(後22) 2017.10.15 10:53 Sun
twitterfacebook


欧州移籍情報
Jリーグ移籍情報
hikari

アクセスランキング

新着ニュース